元リーマン社員がFXツールでドル円予想

リーマンブラザーズに勤務した経験からビリオネアになる最短の方法はトレードしかないと確信し、トレードの中でも。最も少額で始められて、かつ、最もレバレッジが高くできるFXで財を成す事を決意しました。現在、ドル円をFXツールを駆使して予想し、その結果から売買するシステムトレードちっくな手法で売買を行い、まずは、ミリオネアへの道を目指しております。FXツールはFXプライム byGMOのぱっと見テクニカルを使っております。

 
 売買レート・チャート・リアルタイム売買比率表示ツールはみんなのFXより
0.3銭原則固定(例外あり)  外為どっとコム
0.3銭原則固定  GMOクリック証券
 FXトレーディングS
 YJFX!
 DMMFX
0.6銭原則固定  FXプライム byGMO
0.9銭原則固定  ライブスター証券
0.7〜1銭  アイネット証券
オススメ  ひまわり証券

FX業者ツール

DMM FX

手堅く利食いした元リーマンB社員の彼女

どうも、先程、今週のドル円を予想したばかりの元リーマン社員ですが、
気がついたら、彼女は利食いしておりました。

◆元リーマン社員の彼女の戦績
*下記は外為オンラインの実際の取引画面をキャプチャ
外為オンライン評判の成績110220

⇒ 外為オンラインの評判

外為オンライン評判の成績110220b


ちなみに、チャートと個人投資家のポジション動向をディールスコープ
チェックすると、

◆1時間足ドル円チャート
外為オンライン評判110220


◆1日足ドル円チャート
外為オンライン評判110220b


◆1時間足ドル円ディールスコープチャート
ディールスコープ110220


◆1日足ドル円ディールスコープチャート
ディールスコープ110220b


ディールスコープとは?
FX業者ツール比較

個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 17,614人
■ ドル円売り ・・・  7,0121人


個人投資家はドル円買いに動いている模様。

FXブロードネット×元リーマン社員
3万入金で山根亜希子のハイブリッドFX
ドル円スプレッド0.5銭千通貨OK
FXトレーディングシステムズ

FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

元リーマン社員の彼女は現在ドル円ロング中。

さて、今年もほぼラストの週となりました!
しかも、今週末はクリスマス。メリークリスマス!

って感じです。

で、その彼女は現在、ドル円を2枚売り、3枚買いで
差し引き1枚のロング(買い)ポジションで踏ん張って
おります。

私が彼女に進めた外為オンラインから、彼女の現在の
ポジションを大公開!!

外為オンライン評判101220


 ⇒ 外為オンライン評判
 ⇒ FX業者スプレッド比較

外為オンライン評判101220b


では、実際の相場の動きは、

◆1時間足ドル円チャート(外為オンラインより)
外為オンライン評判チャート101220


直近では84円台でもみ合っております。ドル円ロング
するにはちょっと勇気がいるチャートですが他の個人投資
家の動きを外為オンラインディールスコープでチェック。

◆1時間足ドル円ディールスコープチャート
外為オンラインディールスコープ101220


個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 15,035人
■ ドル円売り ・・・  6,501人


買いはかわらず横ばいですが、売りが少し減りました。

◆ FX業者スワップ金利比較
◆ FX業者スプレッド比較

FXブロードネット×元リーマン社員
3万入金で山根亜希子のハイブリッドFX
ドル円スプレッド0.5銭千通貨OK
FXトレーディングシステムズ
DMM FX

元リーマン今晩最新のFX業者ツール予測

今宵も夜が更けてまいりました。
元リーマン社員の今後のドル円予測を恒例どおり行います。
今後はドル円は円高なのかドル高なのかをFX業者のツールを
フルに駆使して検証します。

 ⇒ FX業者ツール比較

まずは今の相場状況はやはり長期円高トレンドである事
に間違いはありません!

□■現在の相場状況■□

クリック証券評判スプレッド20101013b

 ⇒ FX スプレッド 比較

◆10分足チャート ドル円
クリック証券評判チャート101013bbb


◆1日足チャート ドル円
クリック証券評判チャート101013bbbb


クリック証券から掲載
 ⇒ クリック証券 評判

短期的には一旦はドル高へ反発しているように見えますが、
長期では明らかに円高トレンド継続中です。

こんな中、個人投資家のドル円のポジション推移が気にな
ります。*外為オンラインディールスコープ調べ。

 ⇒ ディールスコープとは

□■外為オンラインディールスコープドル円個人投資家動向■□

◆1時間足ドル円チャート
外為オンラインディールスコープ101013b


個人投資家の動向
■ ドル円買い ・・・ 21,735人
■ ドル円売り ・・・  3,495人


なんとドル円を買っている個人投資家の動きは変化あり
ませんが、ドル円を売っている個人投資家が前より
500人程度増えました!これは何かとんでもない動
きの前兆かもしれません。

では、今後の動きをセントラル短資FXライブで検証。
まず、現在の相場に最も適したテクニカル指標を検証。

 ⇒ FXライブとは
 ⇒ FX業者ツール比較

□■FXライブ ドル円 直近24時間5分足テクニカルランキング■□
セントラル短資FXライブ直近24時間テクニカルランキング101013


現状の短期でのドル円相場にはストキャスティクス以外
はあっていません。

□■FXライブ ドル円 シグナルマップ■□
セントラル短資FXライブテクニカル指標シグナル101013


ではその売買シグナルは、

ドル円 売買シグナル ストキャスティクス

■ 5分足 ・・・ 買い
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 買い
■ 週足 ・・・ 買い

ドル円 売買シグナル総合判断

■ 5分足 ・・・ 買い有利
■ 60分足 ・・・ 買い有利
■ 日足 ・・・ 買い有利
■ 週足 ・・・ 買い有利


・・・ここの所、毎回ドル円買いシグナルをオール連発し
ている事といい、何か相場に急激な変化が起こる前触れな
ような気がしてなりません。

ここは機を見てドル円勝負買いでタイミングを見ていく
予定です。

政府介入も十分ありえるでしょう。

では13日の欧州市場をDMMFXから抜粋です。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■アジアの動き■□

【Overview】

13日の欧州外国為替市場で円は下値が堅い。欧州株や時間外のダウ先物が上昇していることを背景に、投資家がリスクを取りやすくなるとの見方から低金利の円が売られた。資源国通貨に対しては、原油や金などコモディティ価格の上昇を理由に円売りが出た。ただ、売りが一巡するとじりじりと値を戻した。ドルに対して欧州通貨やオセアニア通貨が売られたため、円買い・欧州通貨売り、円買い・オセアニア通貨売りが入り円全般が値を上げた。

【ドル・円】【ユーロ・円】

ドル・円はもみ合い。1ドル=81円台後半での値動きが続いた。一方、ユーロ・円は上値が重い。17時過ぎに一時本日高値となる1ユーロ=114円69銭前後まで値を上げたものの、その後失速。22時過ぎに一時113円台後半まで下押しした。

【ユーロ・ドル】

頭が重い。株高を受けて18時過ぎに一時本日高値となる1ユーロ=1.4002ドル前後まで上げたものの、1.40ドル台での戻り売りが厚く徐々に押し戻された。先週後半に1.40ドル台に乗せた際、ユーロ圏要人からユーロ高・ドル安をけん制する発言が伝わったことが引き続き意識されている面もあった。22時過ぎに一時1.39ドル台前半まで下押しした。市場関係者からは「中東勢からの売りが出た」との指摘があった。

サクソバンクFX
ウォールストリートジャーナル半年無料

FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者スプレッド比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較

↓他のFXの猛者どもが参加するランキングです!↓
元リーマン社員ブログ
DMM FX

[ドル円/豪ドル円/ポンド円/ユーロ円]:直近5年間テクニカル指標ランキング

今晩は。

今宵も夜が更けてきましたが、秋は夜長です。

まだまだこれからがサラリーマンFXディーラーの本領
発揮の時間帯です!

・・・という事で、今夜はセントラル短資のFXライブ
を使って、色々な通貨で最もパフォーマンスを挙げた
テクニカル指標を大発表します!

□■各通貨ペア 5年間で戦績1位のテクニカル指標■□

ドル円 ・・・ ストキャスティクスで60円稼ぐ
豪ドル円 ・・ ボリンジャーバンドで73円程度+
ポンド円 ・・ 移動平均で100円程度荒稼ぎ
ユーロ円 ・・ 移動平均で42円程度地味稼ぎ


 ⇒ セントラル短資
 ⇒ FXライブとは
 ⇒ FX業者ツール比較

□■ドル円 5年間で戦績1位のテクニカル指標■□

セントラル短資FXライブドル円 5年間で戦績1位のテクニカル指標


まず、ドル円で最もよいパフォーマンスを出している
のは一目瞭然でストキャスティクスです。

セントラル短資FXライブドル円 5年間で戦績1位のテクニカル指標2


過去5年間でなんと6,000pips=60円分も
儲かっているのがストキャスティクス。

・・・ストキャスティクス信者はそれこそ
主婦FXディーラー1億円脱税なんて事になる位
もうかったと言えるでしょう。

□■豪ドル円 5年間で戦績1位のテクニカル指標■□

セントラル短資FXライブ豪ドル円 5年間で戦績1位のテクニカル指標


続いて豪ドル円ではボリンジャーバンドが物凄い
パフォーマンスを挙げております。

セントラル短資FXライブ豪ドル円 5年間で戦績1位のテクニカル指標2


先程のドル円を上回る7,388pipsもの
勝利を得ております。

□■ポンド円 5年間で戦績1位のテクニカル指標■□

セントラル短資FXライブポン円 5年間で戦績1位のテクニカル指標


続いて更に物凄いポンド円。こちらは
オーソドックスに移動平均が1位。

セントラル短資FXライブポンド円 5年間で戦績1位のテクニカル指標2


なんと9,889pips・・・約100円も勝利を
あげております!

□■ユーロ円 5年間で戦績1位のテクニカル指標■□

セントラル短資FXライブユーロ円 5年間で戦績1位のテクニカル指標


最後に地味なユーロ円ですが、今後、世界の基軸通貨
となっていく以上大注目です。1位はなんと移動平均!

セントラル短資FXライブユーロ円 5年間で戦績1位のテクニカル指標2


42円程度の勝利となっております。

・・・と、元リーマン社員もセントラル短資FXライブ
は迷った時の羅針盤として有効に使えていると思います。

また、無料で使えるのがスゴイなぁといつも思います。

セントラル短資FX
DMM FX

FX業者ツールで比較!ドル円最新予測 by 元リーマン社 22日昼間

こんにちは。円高が昨晩から進行する中、暑くて体がバ
ターのように溶けてしまいそうな元リーマン社員です。

あおのり先生もアツい最中、頑張っているのでしょうね。

私も頑張ります。今日もドル円相場と向き合っていきます。

何事も積み重ねが大事です。

□■現在の相場状況■□

クリック証券評判スプレッド20100722


クリック証券評判20100722

クリック証券の取引画面よりキャプチャ
 ⇒ クリック証券 評判松本のTVCMも。

このまま円高が更に進行するのでしょうか。

個人投資家のドル円のポジション動向の推移を
外為オンラインのディールスコープにて検証します。
 ⇒ ディールスコープとは?評判

□■外為オンラインディールスコープ個人投資家動向■□
外為オンラインディールスコープ100722

 ⇒ 外為オンライン 評判

個人投資家の動向
■ ドル円買い ・・・ 17,749人
■ ドル円売り ・・・  2,484人


円高が進行する中、個人投資家連中は皆静かに円安反発を
狙っているようです。

では、毎度おなじみ元リーマン社員のツァーリボンバー
であるセントラル短資のFXライブで現在の相場に適し
たテクニカル指標とそのシグナルを検証します。

□■FXライブ 直近24時間テクニカルランキング■□
セントラル短資直近24時間テクニカルランキング100722


我々の最強無料FX分析ツールFXライブではこの1日では
ボリンジャーバンドが最も最高のパフォーマンスを上げて
おります。

セントラル短資直近24時間テクニカルランキングb100722


直近1日で16回の取引で19pipsを勝利している事
となりますね。

□■セントラル短資ライブ シグナルマップ■□
セントラル短資FXライブテクニカル指標シグナル100722


直近の好調なテクニカル指標のシグナル売買は・・

ボリンジャーバンド

■ 5分足 ・・・ 買い
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 売り

売買シグナル総合判断

■ 5分足 ・・・ 売りやや有利
■ 60分足 ・・・ どちらでもない
■ 日足 ・・・ 買い有利
■ 週足 ・・・ 売り有利


 ⇒ FXライブ 評判

3回連続一貫性がないシグナルですが、現在好調なボリン
ジャーバンドが5分足を除いて売り一色である事から、
ちょっとドル円を売ってみたくなりますが・・・

ちょっと、ドル円ショートするには機を逸したような気
がします。

今後はドル高反発狙いでエントリーポイントを探っていく
元リーマン社員です。

各テクニカル指標チャートをアイネットFXでチェック
します。

□■アイネットFX各種テクニカルチャート10分足■□

アイネットFX評判評価チャート100722a


□■アイネットFX各種テクニカルチャート1時間足■□

アイネットFX評判評価チャート100722b


 ⇒ アイネットFX評判評価

では、昨晩からの動きをDMMFXのニュース配信機能
を利用して検証します。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■重要指標■□

ドル・円相場(22日6時時点)
 :前日比46銭安の1ドル=87.03円
ユーロ・円相場
 :同1円65銭安の1ユーロ=111.00円
ユーロ・ドル相場
 :同0.0124ドル安の1ユーロ=1.2752ドル
ダウ工業株30種平均
 :同109ドル43セント安の10120ドル53セント
ナスダック総合株価指数
 :同35.16ポイント安の2187.33
10年物米国債利回り
 :同0.06%低い(価格は高い)2.88%
WTI原油先物9月限
 :同1.02ドル安の1バレル=76.56ドル
金先物8月限 
 :同0.1ドル高い1トロイオンス=1191.8ドル

□■米国時間のFX相場の動き■□

【ドル・円】
ドル円は3営業日ぶりに反落。欧州時間に、ユーロ圏の資金繰り懸念からユーロ円が下落し、一時86.86円まで売られた影響が残った。ニューヨーク市場では、昨日の安値86.66円が下値の目処として意識されて一時87.36円付近まで買い戻される場面があった。ただ、バーナンキFRB議長の議会証言をきっかけに米国株が下落すると、投資家がリスク回避姿勢を強めるとの見方から売りが強まり、一時86.89円まで下押しした。米長期金利の低下に伴う円買い・ドル売りも入った。もっとも、同時に対ユーロなどでドルが買われたため、一方的に円高・ドル安が進む展開にはならなかった。

【ユーロ・円】
ユーロ円も3日ぶりに反落。欧州時間に一時111.21円まで売り込まれた反動でショートカバーが先行。一時111円台後半まで値を戻したものの、バーナンキFRB議長の議会証言をきっかけに米国株が下落すると再び売りが優勢となった。心理的節目の111.00円を下抜けて、一時110.79円まで値を下げた。

【ユーロ・ドル】
ユーロドルは続落。欧州の取引時間帯に、ポルトガルやドイツの国債入札が低調だったとの見方からユーロ圏の資金繰り懸念が意識され、全般的にユーロ売りが進んだ流れを引き継いで始まった。ニューヨークの取引時間帯に入ると、しばらくはバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言を前に、1.28ドル台前半でのもみ合いが続いたものの、引けにかけて売り込まれた。バーナンキFRB議長は議会証言で「米経済見通しは引き続き異常に不透明」との認識を示した一方で、追加緩和については「必要に応じて一段の政策行動をとる用意がある」と述べるにとどまった。ダウ平均が160ドル超下落しリスクポジション解消目的のユーロ売り・ドル買いが強まると、サポートとして意識されていた一目均衡表雲の上限が位置する1.2782ドルを下抜けてストップロスを誘発。一時1.2732ドルまで下げ足を速めた。

【米国株式相場】
米国株式相場は3日ぶりに反落。バーナンキFRB議長は21日、上院銀行委員会で「経済見通しは引き続き異常に不透明」「FRBは必要に応じて一段の政策行動をとる用意がある」などと述べた。株式市場では、追加緩和実施についてバーナンキFRB議長がより踏み込んだ発言をするとの思惑があったため、失望感から売りが優勢となった。ダウ平均は一時160ドル超下落した。ジョンソン・エンド・ジョンソンやIBM、JPモルガン・チェース、ヒューレット・パッカードなどの下げが目立った。半面、モルガン・スタンレーやアップルなど好決算を発表した銘柄は買われた。

【米国債券相場】
米国債券相場は続伸。バーナンキFRB議長が上院銀行委員会での議会証言で「経済見通しは引き続き異常に不透明」「FRBは必要に応じて一段の政策行動をとる用意がある」との見方を示したため、債券買いが優勢となった。米国株が大幅に下落したことも相場の押し上げ要因となった。10年債利回りは一時2009年4月以来の水準となる2.85%まで低下した。金融政策の影響を受けやすい2年債利回りは一時0.55%まで低下し、過去最低水準を付けた。

【原油先物相場】
原油先物相場は3日ぶり反落。英・独の株価指数や時間外のダウ先物が堅調に推移したほか、米主要金融機関の第2四半期決算が予想より強かったため、リスク資産に対する買い安心感が広がった。一時78.57ドルまで値を伸ばした。ただ、米エネルギー省が発表した週間在庫統計で、原油在庫が予想に反して増加。ガソリン在庫も予想を上回る増加となったため、需給悪化を懸念した売りが強まった。バーナンキFRB議長の議会証言を受けて、米国株が大きく下げたことも重しとなり、フロアー取引終了後には76.20ドルまで下げ幅を広げた。

【金先物相場】
金先物相場は小幅続伸。ドイツやポルトガルの国債入札が低調だったとの見方から、ユーロ圏の資金繰り懸念が広がる中、安全資産として金を買う動きが先行した。一時1198.0ドルまで値を上げた。ただ、買い一巡後はバーナンキFRB議長の議会証言を控えて、上値を次第に切り下げた。フロアー取引終了後には、バーナンキFRB議長が米景気に慎重な見通しを示したほか、追加的な金融緩和への言及を避けたとして、米国株が大幅に下落。全般的にリスク回避的な動きが進んだ流れに沿って、1183.0ドルまで下落した。

資本金48億円スプ/スワップ1位DMMFX1万円キャッシュバック 
 ・FX業者ツール比較
 ・FX業者スワップ金利比較
 ・FX業者スプレッド比較
 ・FX業者自己資本比率比較

FXブロードネット×元リーマン社員
3万入金で山根亜希子のハイブリッドFX
ドル円スプレッド0.5銭千通貨OK
FXトレーディングシステムズ


↓元リーマン社員に哀愁の念を感じたら応援クリック!
元リーマン社員ブログ
DMM FX

今朝のFX初心者必勝法の予測結果とポジション状況。昨晩からの各市場の動き。

□■FX初心者必勝法ツールの予測結果■□
セントラル短資FXライブ : ドル高
FXプライムぱっと見テクニカル : ドル高

□■元リーマン社員の現在のポジション■□
現在のポジション : ドル円ロング90.49円
現在の価格 :90.33円
現在の損益 :−16pips(−16,000円)
エントリ日 : 2010年03月16日22時
ロスカット価格 : 89.49円

おはよ〜さん!

元リーマン社員です。

今日は昨日に比べて少し寒いですね。破綻したリーマンが
再建策を提示した事は元リーマン社員としてはとても嬉し
い事です。

ヤフーの掲示板では無残な書き込みで金の亡者呼ばわり
ですが、何が悪い?金が全てだ!イケイケほりえもん。
回転回転らいぶどあ〜。って感じでガッツリFXで金を
稼いでこのくだらない世の中にドロップキックを喰らわせ
てやります。

おっと話がそれてしまいました。

昨晩のセントラル短資のFXライブ+FXプライムぱっと見テクニカルの予測
から、ドル円をロングしましたが、利食いするタイミング
を逸してしまいました。

・・・利食いするポイントが一番難しいとマーケットの
魔術師に書いてある通りです(爆)。

DMMFXスプレッド20100317

*クリックすると現在のスワップ金利も確認できます。
*スプレッドスワップ金利最強のDMMFXより抜粋。

DMMFXチャート20100317

 ⇒ DMMFXの評判評価

FXは、ファンダメンタルではなくテクニカルです。
だから元リーマン社員はFX業者のテクニカル分析
ツールを使いまくってトレードしております。

そして、元リーマン社員的にはFXチャートだけではなく、
個人投資家の動向を確認できる外為オンラインのディール
スコープもかなり注目しております。

なぜなら普通のFX個人投資家の8割は負けている事
から個人投資家の逆張りをするのも一つのFX必勝法
であるからです。

外為オンラインディールスコープ20100317

 ⇒ 外為オンラインの評判評価

直近では外為オンラインの個人投資家の内、1万3千人
近くがドル円ロングで、7千人がショートポジションを
とっている模様です。

ただ、直近では、ドル円ロングが増えてきております。

これを見るだけで、ちょっとドル円ロングを保有する
元リーマン社員としては、損切りをしてしまいたくなり
ますが、重要な事は複数の分析ツールの予測結果が同一
になった時こそがより正確な予測です。

なので、本日の各種ツールの予測結果を見ていきます。

<FX初心者必勝法ツール予測結果まとめ>

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング
急激によくなったテクニカル指標はボリンジャーバンド
です。5分足でこの24時間で86pipsも儲かって
ます。

セントラル短資FXライブシグナルマップ
ボリンジャーバンド 5分足 買いシグナル
総合判断も5分足・60分足・日足で買いシグナルです。

FXプライムぱっと見テクニカル形状比較
 短期では2本がドル高予測
 1本が円高予測

FXプライムぱっと見テクニカル売買シグナル
 1位は買いシグナル
 2〜4位は売りシグナル
 ボリンジャーバンドは売りシグナル


ぱっと見テクニカルの売買シグナルでボリンジャーが
売りシグナルなのは気がかりですが、それを除けば
概ねドル円ロングを推奨。

なので、ドル円ロングを保有しつつ利食いできればする
戦略でいきます。

■ セントラル短資FXライブ

<テクニカル指標ランキング24時間>

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング100317


セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング100317b


<シグナルチャート>

セントラル短資FXライブシグナルチャート090317


■ FXプライムぱっと見テクニカル

<形状比較>

FXプライムぱっと見テクニカル形状比較100317


<売買シグナル>

FXプライムぱっと見テクニカル売買シグナル1003017


お勉強の為に、昨晩からの各市場の動きをDMMFX
ニュース機能を使って検証します。まるでブルーンバーグ
が無料で使えるような感覚です。便利になりました。

【16日終値】

ダウ工業株30種平均
 :同43ドル83セント高の10685ドル98セント
ナスダック総合株価指数
 :同15.80ポイント高の2378.01
10年物米国債利回り
 :同0.04%低い(価格は高い)3.65%
WTI原油先物4月限
 :同1.90ドル高の1バレル=81.70ドル
金先物4月限
 :同17.1ドル高い1トロイオンス=1122.5ドル

【主な経済指標】

<発表値><前回発表値>
2月米輸入物価指数(前月比)▲0.3% 1.3%・改
2月米住宅着工件数 57万5000件 61万1000件・改
建設許可件数 61万2000件  62万2000件改
米連邦公開市場委員会(FOMC)、政策金利
 0.0%−0.25%に据え置き 0.0%−0.25%

【Overview】
16日のニューヨーク外国為替市場で円は一進一退。対豪ドルでポジション調整の円買いが膨らむと、その他通貨に対しても円買いが入った。ただ、米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が、ギリシャのクレジットウォッチを解除し、格付けを「BBB+」に維持したことが伝わると、ギリシャの財政問題に対する警戒感が後退し、ダウ平均が上昇。投資家のリスク志向が改善するとの見方から、円売りが出て押し戻された。
 米連邦準備理事会(FRB)が米連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0.0%から0.25%の範囲に据え置くことを決めたと発表した。声明で「長期に渡り、異例の低金利は正当化される」とこれまでの金融政策を維持したため対ドルで円買いが入ると、他の通貨に対しても円買いを誘い下げ渋ったが、その後ダウ平均が堅調に推移したため値を下げた。

【ドル・円】【ユーロ・円】
ドル・円はFOMC声明発表後に、1ドル=90円15−18円前後まで値を下げた。ユーロ・円は17日0時過ぎに1ユーロ=124円62銭前後まで上昇した。

【ユーロ・ドル】
堅調。米格付け会社S&Pがギリシャのクレジットウォッチを解除したことや、FRBが金融政策のスタンスを維持したことも買いを誘い、5時前に1ユーロ=1.3784ドル前後と15日高値に面合わせした。

【米国株式市場】
ダウ工業株30種平均は6日続伸。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに反発。米FOMCで低金利政策が維持されると景気が下支えされるとの見方から買いが強まった。米格付け会社S&Pがギリシャのクレジットウォッチを解除したと伝わり、ギリシャの財政に対する警戒感が後退したことも相場を支えた。増配の見通しが伝わったゼネラル・エレクトリック(GE)が4.5%高となったほか、インテルは3.8%の上昇となった。

【原油先物相場】
3日ぶりに大幅反発。外国為替市場でドルが対ユーロなどで売られ、ドル建てで決済される原油に割安感が生じたため買いが入った。米国株が上昇したことや、米格付け会社S&Pがギリシャのクレジットウォッチを解除し、ギリシャの財政問題に対する警戒感が後退したことも、投資家のリスク選好の動きを強め、一時2.8%を超す上げ幅となった

【米国株式市場】
大幅に続伸。欧米株価が上昇したほか、S&Pがギリシャのクレジットウォッチを解除し、格付けを「BBB+」に維持したことなどを受けて、外国為替市場でドルが対ユーロなどで軟調に推移した。米FOMCの声明で米低金利政策が維持されたこともドルの重しとなった。ドル相場と逆行しやすいとされる金には終日買いが続き、時間外取引で1130.0ドルに接近する場面があった。

⇒ 比較で1位!比率3冠王はDMMFX
 ・スワップ金利比較はコチラ
 ・スプレッド比較はコチラ
 ・自己資本比率等スペック比較はコチラ
 ・キャッシュバックキャンペーン比較はコチラ
DMM FX

最新のFX業者ツールのテクニカル分析結果

こんにちは!

今日は朝寝坊してしまいました。

その間にドル円は円高へ進んでおります。

DMMFXスプレッド20100316

↑クリックすると現在のスワップ金利も確認できます。

DMMFXチャート20100316


ここはドル円を売りたい所です。が、いつも通りFX業者の
テクニカル分析ツールで検証してみましょう。

<FX初心者必勝法ツール予測結果まとめ>

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング
現在好調なテクニカル指標は昨晩と変わらずDMI、RSI。

セントラル短資FXライブシグナルマップ
 DMI 1時間足 売りシグナル
 RSI 1時間足 買いシグナル

外為オンラインディールスコープ
 個人投資家はドル円を買っている。


またまた、結果はバラバラです。一旦様子見です。

■ セントラル短資FXライブ

<テクニカル指標ランキング1ヶ月間>

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキングa100316


<シグナルチャート>

セントラル短資FXライブシグナルチャート090316


■ 外為オンラインディールスコープ個人投資家動向

外為オンラインディールスコープ個人投資家動向20100316


⇒ 全ての比較で1位!比率3冠王はDMMFX
 ・スワップ金利比較はコチラ
 ・スプレッド比較はコチラ
 ・自己資本比率等スペック比較はコチラ
 ・キャッシュバックキャンペーン比較はコチラ
 東大式FX攻略法

みんなのFX

元リーマン社員限定タイアップ企画

FXプライム[直トレFX]

アイネットFX
元LB社員が取引に使うFX業者
SBIFXTRADE評判  ドル円0.27銭SBIFXトレード
豪ドル円0.99/ユロ円0.69/ポン円1.19
1$から取引可/スプレッド4桁表示
住信SBIネット銀行50%出資のSBIG

GMOクリック証券FX評判  株も売買可GMOクリック証券
米ドル/円0.3銭原則固定
YAHOO出資企業/資産2000億円
8万人使用iClickFXNEO/FXroid
最新キャッシュバック特集
カテゴリー別の記事
livedoor プロフィール
免責事項
当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び私に関係する全ての方は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。

外為どっとコム
DMM FXは初心者向け
ドル円予想に使うFXツール
FXツール FXプライム byGMOのぱっと見テクニカル

過去12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想する機能
ぱっと見テクニカルツールa
⇒ ぱっと見テクニカルの評判評価
ドル円スプレッド比較
原則固定
(例外あり)
FX業者名
0.3銭  外為どっとコム
0.3銭 GMOクリック証券評判 GMOクリック証券
0.3銭 YJFX評判 YJFX!
0.3銭原則固定 DMMFX評判 DMMFX
0.4銭 みんなのFX評判 みんなのFX
0.6銭原則固定 FXプライム評判 FXプライム byGMO
0.7-1.0銭 アイネットFX評判 アイネット証券
0.9銭 ライブスター証券
株もFXも GMOクリック評判 GMOクリック証券
カブドットコム評判 カブドットコム証券

元リーマン社員がメディア掲載
元リーマンブラザーズ社員が取材①元リーマンブラザーズ社員が取材②
雑誌「BIG TOMORROW」5月号で取材受けて記事になりました。
⇒ 現在4.5万人超フォロワー!
元気の源!為替ブログランキング
皆様のクリックが・・・
元リーマン社員を救います!!


人気ブログランキング
最高、17位でファイト!

為替ブログ村
為替日記は、最高8位!
くりっく365のFX業者比較
  • ライブドアブログ