元リーマン社員がFXツールでドル円予想

リーマンブラザーズに勤務した経験からビリオネアになる最短の方法はトレードしかないと確信し、トレードの中でも。最も少額で始められて、かつ、最もレバレッジが高くできるFXで財を成す事を決意しました。現在、ドル円をFXツールを駆使して予想し、その結果から売買するシステムトレードちっくな手法で売買を行い、まずは、ミリオネアへの道を目指しております。FXツールはFXプライム byGMOのぱっと見テクニカルを使っております。

 
 売買レート・チャート・リアルタイム売買比率表示ツールはみんなのFXより
0.3銭原則固定(例外あり)  外為どっとコム
0.3銭原則固定  GMOクリック証券
 FXトレーディングS
 YJFX!
 DMMFX
0.6銭原則固定  FXプライム byGMO
0.9銭原則固定  ライブスター証券
0.7〜1銭  アイネット証券
オススメ  ひまわり証券

DMMFX

DMM FX

DMMFX 評判 評価 by 元リーマン社員

ローラさんをイメージキャラクターにして絶好調のDMMFX
なんと口座開設数40万人突破で世界第一位に躍り出ました。

実際にDMMFXが評判のとおり、勝てるFX業者なのか検証します。 最も特徴的なのは圧倒的な低スプレッドと東大式FX必勝法が一番の評判評価です。また、60億円の資本金に36億円の資本準備金がある事も投資家の評判
に繋がっております。

⇒ 東大式FXアービトラージ法

dmmfx


DMMFXの評判をまとめると

dmmfx


① 圧倒的FX業界No1のスプレッド
・ 東大式FXアービトラージ法
・ 携帯・iPhone・iPodtuch・iアプリ・Android対応
・ 約370の提携金融機関より24時間リアルタイム入金可能
・ 平日24時間のコールセンター

となります。

DMMFX評判評価212


■ DMMFX実際のスプレッドの評判評価

DMMFXへ口座開設して見た実際のスプレッド画面が下図。

DMMFX評判評価2


で、開いた取引画面が下図。

DMMFX評判評価


ドル円0.3銭原則固定ユーロ円0.7銭原則固定と圧倒的なスプレッドです。

DMMFX評判のスプレッド

■ DMMFXのスプレッドの評判評価

他のFX業者とスプレッドを比較するとDMMFXの評判のスゴサがわかる。

FX業者最小スプレッド比較ランキング*2011年5月2日調べ
FX業者名 スプレッド(pips)
ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 ユーロ
ドル
合計
DMMFX 0.3銭原則固定 0.7銭原則固定 1.2銭原則固定 1.0銭原則固定 0.6pips 4.3
サイバーエージェントFX 0.8 1.8 3.0 1.8 1.0 8.4
外為オンライン 1.0 2.0 5.0 5.0 1.0 14.0

■ DMMFXのスワップ金利の評判評価

DMMFXのスワップ金利の特性をいかして、東大卒のプロFXディーラー
が考案したのが東大式FXアービトラージ法です。のスワップ金利の評判は徹底して短期売買向けになっている所。

FX業者スワップ金利比較(売り) *2011年2月12日調べ
FX業者名 ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZ円 ランド円 合計
DMMFX -1 -9 -13 -101 -45 -15 -184
みんなのFX -1 -30 -20 -101 -45 -20 -217
FXブロードネット -8 -16 -21 -108 -29 -21 -233

■ DMMFXの資本金他比較

DMMFXの評判が高い理由にはそれなりにデカイ企業である
為に資本金が郡を抜いて多い事です。

1位 DMMFX 60億円
2位 FXプライム 13.6億円
3位 セントラル短資FX 13.1億円


・・・2位と1位の差が歴然です。

■ DMMFXの取引画面の評判評価

インターネットからログインして取引する場合の画面が下
図になります。DMMFXの取引画面はカスタマイズ制抜群な所
が評判がよい点です。

DMMFXの取引画面の評判評価

■ チャート画面の評判評価

4画面表示で各チャートに色々なテクニカル指標チャート
を表示させる事が可能です(表示可能なテクニカル指標は
末尾参照)。

DMMFXのチャート4画面の評判評価

ディスレプイの解像度が高ければ最高20チャートの画面
を同時に表示できます(下図は12チャート)。

DMMFXのチャート12画面の評判評価

また、実際に表示できるテクニカルチャートは、

DMMFXで表示できるチャートの評判評価

■ マーケット情報一覧(経済指標一覧含む)

DMMFXでは、経済指標も下図のように一覧で表示可能
です。予測と結果も表示されるので、便利ですね。

DMMFXの経済指標一覧画面の評判評価

■ DMMFXのスペック

・レバレッジ 25倍
・通貨ペア 20種類
・最低取引通貨単位 1万通貨
・手数料 無料
・クイック入金 三井住友銀行 、イーバンク銀行等全国約370の金融機関
・初回入金額 5万円

■ DMMFXのキャンペーンの評判

DMMFXでは現在、下記のキャンペーンを行っております。
◆ スマホだけで500Lot取引で+10,000円
  口座開設+10万入金+500Lot取引で1万円

dmmfx
続きを読む
DMM FX

DMMFXとローラさんのコラボ

こんにちは。

 ※ 1月30日のドル円予想はこの下です!

昨晩、ご紹介したとおり、テレビをつけるとローラさんがDMMFXのコマーシャル
に出演しております!
 
 ┌─★☆DMMFX × ローラ☆★──────────────────────┐
 │ 今後DMMFXのキャラクターとして、ファッションモデルの      │
 │ ローラさんが決まりました!!!                      │
 │                                          │
 │ ローラさんとのコラボレーションでちょっと強烈な?            │
 │ インパクトのがとても強いCMです・・・!                  │
 │ 皆様のFXトレードに、少しでもよい影響が出ますと幸いです!    │
 │  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━     │
 │ DMMFXはFX会社第一位に選ばれました※楽天リサーチ調べ     │
 └──────────────────────────────────────────┘




◆◇ 全┃20┃通┃貨┃ペ┃ア┃業┃界┃最┃狭┃水┃準┃!┃!┃ ◇
   ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

  USD/JPY 原則固定0.3銭 ◆ EUR/JPY 原則固定0.7銭
  GBP/JPY 原則固定1.2銭 ◆ AUD/JPY 原則固定1.0銭


 ■ 取引手数料いつでも0円!断然お得!(クイック入金のみ無料)
 ■ 抜群の操作性!使いやすいオリジナル取引ツール!
 ■ 業界最狭水準のスプレッドを提供!
 ■ 『全額信託保全』安心・安全!
 ■ 平日24時間電話サポート

 ※ 万が一、当社が破綻した場合でも、日証金信託銀行株式会社及び
    ソシエテジェネラル信託銀行株式会社に金銭信託された、お客様
    の資金は全額保全されます。

DMMFX評判のローラ

◆◇   新規口座開設→初回入金で【15,000円!!】  ◇◆

┏━┓┏…┓┏━┓┏…┓┏━┓┏…┓┏…┓┏━┓┏…┓┏━┓
┃口┃┃座┃┃開┃┃設┃┃キ┃┃ャ┃┃ン┃┃ペ┃┃ー┃┃ン┃
┗…┛┗━┛┗…┛┗━┛┗…┛┗━┛┗━┛┗…┛┗━┛┗…┛

 口座開設キャンペーンへの参加で10,000円キャッシュバック!

 ⇒ DMMFXに口座開設はコチラ

 ⇒ DMMFX評判はコチラ
DMM FX

8/9木曜日のお昼のドル円、ユーロ円、豪ドル円予想 by みらいチャート、テクニカル指標ランキング

ついに木曜日のお昼となりました。
土曜日まで後1日です。

テレビでは毎日オリンピックの模様が華やかに伝えられていますが、
国際情勢に目を転じるとシリアでは激変がおきています。

シリアと言えば、ローマ時代の遺跡パルミラが大変有名で、他にも十字軍時代
の城クラック・デ・シュバリエなど世界遺産も数多く、中東では有数の観光地
でしたが、残念ながらとても旅行にいくには、かなりの覚悟が必要な国になって
しまいました。

そもそもの原因は、圧政を続けてきたアサド大統領に問題があるのですが、
大統領の出身母体がイスラム教少数派のアラウィー派であるため、シリア国民
の多数を占めるスンニー派との宗派抗争の意味合いも帯びつつあるようです。

現在政府側にはロシア・イランをはじめとする反米国家が支援を行い、対する
反政府の自由シリア軍には湾岸産油国が直接支援し、旧西側諸国が間接的に
バックアップしている構図であると言われています。

なんだか昔の冷戦を思い出す構図です。ただ、こういう政変がおきるときこそ
稼ぐチャンスなのかもしれません。平時では英雄はうまれてこないですから。

では、今日のドル円ユーロ円豪ドル円の予想をセントラル短資FXライブ
みらいチャートをつかって検証していきます。

具体的にはみらいチャートで今度のチャートの形を予想します。
また、FXライブで直近24時間の間に最もパフォーマンスがよい
テクニカル指標を検証し、そのテクニカル指標の最新の売買シグナルを
検証します。

そして、最後に、個人投資家の売買動向を検証します。

まずは各通貨のスプレッド、チャートを検証です。

DMMFX_チャート_12_08_9_hiru

※1 DMMFXよりキャプチャ

 ⇒ DMMFXのスワップ金利を活用した東大式FX必勝法はこちら

DMMFX_チャート1_12_08_9_hiru


 ⇒ DMMFX評判評価

ドル円は78円40銭台。

では今後のドル円を、セントラル短資FXライブで検証します。

 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年8月9日お昼の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年8月9日お昼のドル円予想 ■■■



ではセントラル短資みらいチャートで、同じく値動きを予想。

 ⇒ みらいチャート

■■■ みらいチャート 5分足 ドル円予想

みらいチャート_12_08_9_hiru


3本ともに円高のドル円予想になっております。

つぎに同じセントラル短資FXライブ
で直近24時間+5分足のテクニカル指標ランキングを
FXライブでみてましょう。

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング

FXライブusd12_08_9


1位はDMI。つぎに、そのテクニカル指標の売買シグナルを見ると・・・

■■■ FXライブ テクニカル売買シグナル

FXライブusd12_08_9a


DMIは売りが75%が売りの売買シグナル。

ドル円予想の最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ドル円の個人投資家のポジション動向を直近の動きで1時間足で見てみます。

ディールスコープusd12_08_3


ドル円の個人投資家のポジション動向に、直近では変化はありません。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年8月9日お昼のユーロ円予想 ■■■



同様にセントラル短資みらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート 5分足 ユーロ円予想

みらいチャート_12_08_9_hiru_eur


3本ともに横ばいのユーロ円予想です。

 ⇒ みらいチャートとは?

つぎに同じセントラル短資FXライブ
で直近1ヶ月間のテクニカル指標ランキングを
FXライブでみてましょう。

■■■ FXライブ ユーロ円 テクニカル指標ランキング

FXライブeur12_08_9


1位は移動平均。

つぎに、そのテクニカル指標の売買シグナルを見ると・・・

■■■ FXライブ ユーロ円 テクニカル売買シグナル

FXライブeur12_08_9a


移動平均は75%が売りの売買シグナル。

ユーロ円予想の最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ユーロ円の個人投資家のポジション動向を直近の動きで5分足で見てみます。

ディールスコープeur12_08_9


いったん利食で減少したユーロ円ロングは少しずつ減少をつづけています。。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年8月9日お昼の豪ドル円予想 ■■■



最後は豪ドル円の今後を予想します。

次にセントラル短資みらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート 5分足 豪ドル円予想

みらいチャート_12_08_9_hiru_aud


FXライブの豪ドル円予想は2本が円高、1本が豪ドル高の豪ドル円予想。

 ⇒ みらいチャートとは?

最後にセントラル短資FXライブ
で直近24時間のテクニカル指標ランキングを
FXライブでみてましょう。

■■■ FXライブ 豪ドル円 テクニカル指標ランキング

FXライブaud12_08_9


1位はボリンジャーバンドです。
つぎに、そのテクニカル指標の売買シグナルを見ると・・・

■■■ FXライブ 豪ドル円 テクニカル売買シグナル

FXライブaud12_08_9a


DMIは75%が買いの売買シグナル。

豪ドル円予想の最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

豪ドル円の個人投資家のポジション動向を直近の動きで1時間足で見てみます。

ディールスコープaud12_08_9


すこしだけ豪ドル円ロングは減少です。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 8月9日お昼のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【マーケットコメント】

アジア・オセアニア外国為替市場

9日午前のアジア・オセアニア外国為替市場で円は下値が堅い。前場の日経平均株価が上げ幅を拡大したことを手掛かりに円売りが見られた。強い豪雇用指標を材料に対豪ドルで円売りが強まったことも重しとなった。ドルに対しては「海外勢から円売りが出ていた」との指摘があった。一方でドルやユーロに対しては国内輸出企業からの円買いが入ったことから円全体の下値は限定的だった。更に、日銀が金融政策決定会合で、政策金利である無担保コール翌日物金利の誘導目標を0−0.1%のまま据え置くことを全会一致で決め、資産買い入れ等の基金の規模と内訳も変更しなかったことが分かると、追加金融緩和の思惑から円売りを進めていた一部海外勢が円買いに動き切り返した。

【ドル・円】【ユーロ・円】
ドル・円は一時1ドル=78円57銭前後まで上げたが、日銀の金融政策決定会合後に78円30銭前後まで失速した。
ユーロ・円は1ユーロ=97円29銭前後まで買われたものの、日銀が追加金融緩和を見送ると一時96円95銭前後まで売られた。

【その他クロス円】
豪ドル・円はしっかり。オーストラリア(豪)連邦統計局が9日発表した7月の豪雇用統計で、失業率が5.2%と市場予想平均の5.3%よりも強かったうえ、新規雇用者数も1万4000人増と市場予想平均の1万人増を上回ったため、豪ドル買いが強まった。一時1豪ドル=83円24銭前後まで上げた。

【ユーロ・ドル】
強含み。ユーロ・円や豪ドル・米ドルの買いが支えとなり10時30分過ぎに1ユーロ=1.23878ドル前後まで上げた。
もっとも、取引材料が乏しかったほか、円絡みの取引が中心となったため値動き自体は小さい。安値は1.23615ドル前後で値幅は0.0026ドル程度。

⇒ ソーシャルレンディング

NYマーケット

・ユーロドルは下落。米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)がスペインの4つの銀行をネガティブウォッチに指定したことを受けて、ユーロ売り・ドル買いが先行。スペインの国債利回りが上昇し欧州株相場が下落すると、投資家がリスク回避姿勢を強め売りが加速した。目先下値の目処として意識されていた6日の安値1.2342ドルを下抜けると、一時1.23265ドルまで下げ足を速めた。ただ、そのあとはスペイン国債利回りの上昇が一服し、安く始まった米国株相場が底堅く推移したため、投資家のリスク回避姿勢が後退した。市場では「中東勢のユーロ買い・ドル売りが入った」との指摘もあり、1.2377ドル付近まで値を戻す場面があった。

・ドル円は反落。お盆休みを控えた日本の輸出企業の円買い・ドル売り注文が意識されるなか、市場では「日本の政局不安をはやして円売りを進めた海外勢が円の買い戻しに動いた」との指摘があり一時78.235円まで値を下げた。ただ、売り一巡後は買い戻しが優勢に。昨日の安値78.157円を下抜け出来なかったことでショートカバーが入ったほか、ユーロ安・ドル高につれた円売り・ドル買いが出て78.53円付近まで持ち直した。米10年物国債の入札が「低調だった」と受け止められ米長期金利が上昇すると、日米金利差拡大への思惑から円売り・ドル買いが出た。

・ユーロ円は反落。一時96.564円まで値を下げた。ただ、そのあとはドル円の持ち直しなどにつれて97円台前半まで買い戻された。

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は小動き。米連邦準備理事会(FRB)や欧州中央銀行(ECB)など主要中央銀行による政策対応への期待から買いが入ったものの、上値は重かった。新規材料に乏しく積極的な商いが手控えられるなか、相場は約3カ月ぶりの高値圏にあるため利益確定の売りが出やすかった。一方、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は4営業日ぶりに小反落した。前日までに5月3日以来約3カ月ぶりの高値を更新したあとだけに、利食い売りなどに押された。

・米国債券相場で長期ゾーンは続落。10年債利回りは7月2日以来の高水準。米国株が底堅く推移したことで、安全資産とされる債券に売りが出た。10年債の入札が「低調だった」と受け止められたことも売り要因。

・原油先物相場は4日ぶりに反落。FRBの追加金融緩和期待や、ECBの国債購入再開観測を背景に、原油相場への資金流入期待が高まる形で買いが先行した。米エネルギー省が8日発表した週間在庫統計で、原油在庫とガソリン在庫がいずれも予想を下回ると、供給ひっ迫が懸念され一段高に。5月15日以来の高値となる94.72ドルまで上げた。その後、94.00ドル前後でのもみ合いが続いたが、上値の重さが次第に嫌気され持ち高調整の売りに押された。引けにかけて93.00ドルを割り込む場面があった。

・金先物相場は反発。欧州株や時間外の米株価指数先物が軟調に推移し、リスク資産の一面を持つ金は売られた。対ユーロなどでのドル高進行も、ドルと逆行しやすいとされる金の売りを促し1605.9ドルまで下落した。その後、一転上昇する展開に。FRBの追加金融緩和期待や、ECBの国債購入再開観測がくすぶるなか、まとまった規模の買いが持ち込まれた。市場では「夏季休暇に入った投資家が多く、薄商いのなかで値が振れやすかった」との声もあり、1619.5ドルまで急速に持ち直した。売買が一巡すると1616ドル前後で方向感を欠いた。

⇒ SBIFXTRADEの評判・口コミ
⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

8/7夕方5時のドル円ユーロ円豪ドル円をみらいチャートとFXライブで予想!

火曜も夕方をむかえる東京です。

いったんはドル高円安えへ反発した為替相場ですが、ここにきて、また、
円高の方向に向かっております。

本日は13:30に豪準備銀行の政策金利が発表されております。

それでは、8月7日のドル円とユーロ円、豪ドル円をセントラル短資FX
ライブ
みらいチャートを駆使して、今度のチャートの形を予想します。

その後に、直近24時間で最も稼いだテクニカル指標とその最新の売買
シグナルを公開します。

そして、最後に、個人投資家の売買動向を検証します。
まずは各通貨のスプレッド、チャートを検証です。

DMMFX_チャート_12_08_7_hiru

※1 DMMFXよりキャプチャ
※2 現在、スプレッド縮小キャンペーン中!

DMMFX_チャート1_12_08_7_hiru


 ⇒ DMMFX評判評価

ドル円は78円30銭台。

では今後のドル円を、セントラル短資FXライブで検証します。

 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年8月7日夕方の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年8月7日夕方のドル円予想 ■■■



ではセントラル短資みらいチャートで、同じく値動きを予想。

 ⇒ みらいチャート

■■■ みらいチャート 5分足 ドル円予想

セントラル短資みらいチャートの予想です。

みらいチャート_12_08_7_hiru


3本ともにドル高。

つぎに同じセントラル短資FXライブ
で直近1ヶ月間+5分足のテクニカル指標ランキングを
FXライブでみてましょう。

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング

FXライブusd12_08_7


1位はストキャスティクス。
つぎに、そのテクニカル指標の売買シグナルを見ると・・・

■■■ FXライブ テクニカル売買シグナル

FXライブusd12_08_7a


ストキャスティクスは買いと売りが50%50%の売買シグナル。

ドル円予想の最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ドル円の個人投資家のポジション動向を直近の動きで1時間足で見てみます。

ディールスコープusd12_08_3


ドル円の個人投資家のポジション動向に、直近では変化はありません。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年8月7日夕方のユーロ円予想 ■■■



同様にセントラル短資みらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート 5分足 ユーロ円予想

みらいチャート_12_08_7_hiru_eur


3本ともに円高のユーロ円予想です。

 ⇒ みらいチャートとは?

つぎに同じセントラル短資FXライブ
で直近1ヶ月間のテクニカル指標ランキングを
FXライブでみてましょう。

■■■ FXライブ ユーロ円 テクニカル指標ランキング

FXライブeur12_08_7


1位はDMI。

つぎに、そのテクニカル指標の売買シグナルを見ると・・・

■■■ FXライブ ユーロ円 テクニカル売買シグナル

FXライブeur12_08_7a


DMIは75%が買いの売買シグナル。

ユーロ円予想の最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ユーロ円の個人投資家のポジション動向を直近の動きで5分足で見てみます。

ディールスコープeur12_08_7


いったん利食で減少したユーロ円ロングはそのまま横ばいの状態です。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年8月7日夕方の豪ドル円予想 ■■■



最後は豪ドル円の今後を予想します。

次にセントラル短資みらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート 5分足 豪ドル円予想

みらいチャート_12_08_7_hiru_aud


FXライブの豪ドル円予想は2本が豪ドル高、1本が円高の豪ドル円予想。

 ⇒ みらいチャートとは?

最後にセントラル短資FXライブ
で直近24時間のテクニカル指標ランキングを
FXライブでみてましょう。

■■■ FXライブ 豪ドル円 テクニカル指標ランキング

FXライブaud12_08_7


1位はボリンジャーバンドです。
つぎに、そのテクニカル指標の売買シグナルを見ると・・・

■■■ FXライブ 豪ドル円 テクニカル売買シグナル

FXライブaud12_08_7a


ボリンジャーバンドは前半50%が買い、後半50%が売りの売買シグナル。

豪ドル円予想の最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

豪ドル円の個人投資家のポジション動向を直近の動きで8時間足で見てみます。

ディールスコープaud12_08_7


あまり動きはない模様です。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 8月7日夕方のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【マーケットコメント】

東京FX市場

・7日午後の東京外国為替市場でユーロドルは堅調。17時時点では1.2420−25ドルと15時時点(1.2387ドル)と比べて0.0033ドル程度のユーロ高水準だった。欧州株式相場が買い先行となったほか、財政が不安視されるスペインやイタリアの国債利回りが低下したこともあって、投資家のリスク志向改善を意識した買いが入った。17時前には一時1.24323ドルと本日高値を更新。もっとも、市場では「前日高値の1.2444ドルが目先の上値目処として意識されているほか、1.2440ドルより上の水準には断続的に売り注文が観測されている」との指摘があった。

・ユーロ円はしっかり。17時時点では97.35−40円と15時時点(96.94円)と比べて41銭程度のユーロ高水準だった。欧州株や時間外のダウ先物が上昇したことに伴って買いが入り、97.43円の高値まで上げた。

・ドル円は小高い。17時時点では78.32−37円と15時時点(78.25円)と比べて7銭程度のドル高水準だった。ユーロ円などクロス円が全般に上昇したことにつれて円売り・ドル買いが出た。一時78.376円まで上昇した。

⇒ ソーシャルレンディング

・日経平均株価は続伸。小安く始まったものの、売り一巡後は次第に上げ幅を拡大した。市場では「目立った材料は見当たらなかったが、一部の投機マネーによる仕掛け的な買いなど需給要因が上げを主導した」との指摘があった。また、電機や電力株など業績懸念から最近売り込まれていた銘柄の自律反発も目立った。なお、9時20分過ぎには東京証券取引所のデリバティブシステムに障害が発生。東証株価指数先物や国債先物などの取引が10時55分まで停止したが、障害に対する相場の反応は限定的だった。個別では連日で下値模索が続いていたシャープが自律反発狙いの買いで反発。トヨタやソニーなども買われたほか、東北電力や関西電力などの電力株も急伸した。

・債券先物相場は続落。40年物国債入札を控えて持ち高調整目的の売りが出たほか、日経平均株価が堅調に推移したことも重しとなった。

・40年物国債の入札結果は「予想より良かった」との見方が広がったものの、国内政局の先行き不透明感で財政規律が緩むとの懸念が台頭したため、午後も売りの流れは継続。市場では「当面の利益を確定する売りも出た」との指摘があった。

⇒ SBIFXTRADEの評判・口コミ
⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

8/6月曜日のドル円ユーロ円豪ドル円をみらいチャートとFXライブで予想!!

雨が降っている月曜日です。一週間で最も過酷な1日ですが、お盆で自宅で
まったりトレードしている人もおおいのではないでしょうか?

さて、ロンドンオリンピックは日本人のメダルラッシュに目が離せませんが、
昨日、第94回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が行われました。

・・・本日の主な指標は特にありません。

それでは、8月6日のドル円とユーロ円、豪ドル円をセントラル短資FX
ライブ
を駆使して、今度のチャートの形を予想します。

また、直近1ヶ月でどのテクニカル指標が最もパフォーマンスをあげたのか。
そして、1位に君臨する指標の最新の売買シグナルを検証します。

最後に、個人投資家の売買動向を検証します。

DMMFX_チャート_12_08_6_hiru

※1 DMMFXよりキャプチャ
※2 現在、スプレッド縮小キャンペーン中!

DMMFX_チャート_12_08_6_hiru


 ⇒ DMMFX評判評価

ドル円は78円40銭台。ユーロ円は97円台。
ドル円は方向感のない動きですが、ユーロ円はユーロ高へ3円近くも反発。

ではドル円は77円台に突入するか、セントラル短資FXライブで検証します。

 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年8月6日お昼の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年8月6日お昼のドル円予想 ■■■



■ ドル円1日足チャート

SBIFXTRADE_チャート_12_08_6_hiru

※ DMMFXよりキャプチャ

ではセントラル短資みらいチャートで、同じく値動きを予想。

 ⇒ みらいチャート

■■■ みらいチャート 30分足 ドル円予想

セントラル短資みらいチャートの予想です。

みらいチャート_12_08_6_hiru


2本が円高。

■■■ みらいチャート 60分足 ドル円予想

みらいチャート_12_08_6_hiru


1本がドル高。1本がよこばい。1本が円高。

■■■ みらいチャート 1日足 ドル円予想

みらいチャート_12_08_6_hiru


2本が円高、1本がドル高。

つぎに同じセントラル短資FXライブ
で直近1ヶ月間+5分足のテクニカル指標ランキングを
FXライブでみてましょう。

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング

FXライブusd12_08_6


1位はRSI。2位は移動平均。

つぎに、そのテクニカル指標の売買シグナルを見ると・・・

■■■ FXライブ テクニカル売買シグナル

FXライブusd12_08_6a


RSIは買い優勢の売買シグナル。

ドル円予想の最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ドル円の個人投資家のポジション動向を直近の動きで8時間足で見てみます。

ディールスコープusd12_08_3


直近でドル円ロングがへりました。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年8月6日お昼のユーロ円予想 ■■■



■ ユーロ円1日足チャート

同様にDMMFXでユーロ円のチャートをチェックします。

DMMFX_チャート_12_08_6_hirub


次にセントラル短資みらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート 30分足 ユーロ円予想

みらいチャート_12_08_6_hiru_eur


2本が円高、1本がユーロ高のユーロ円予想です。

 ⇒ みらいチャートとは?

■■■ みらいチャート 60分足 ユーロ円予想

みらいチャート_12_08_6_hiru_eur


3本ともドル高のユーロ円予想です。

■■■ みらいチャート 1日足 ユーロ円予想

みらいチャート_12_08_6_hiru_eur


3本ともに円高のユーロ円予想です。

つぎに同じセントラル短資FXライブ
で直近1ヶ月間のテクニカル指標ランキングを
FXライブでみてましょう。

■■■ FXライブ ユーロ円 テクニカル指標ランキング

FXライブeur12_08_6


1位はボリンジャーバンド。2位はRSI。

つぎに、そのテクニカル指標の売買シグナルを見ると・・・

■■■ FXライブ ユーロ円 テクニカル売買シグナル

FXライブeur12_08_6a


ボリンジャーバンドは50%50%の売買シグナル。

ユーロ円予想の最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ユーロ円の個人投資家のポジション動向を直近の動きで8時間足で見てみます。

ディールスコープeur12_08_6


直近でユーロ円ロングが利益確定売りで相当減少しました。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年8月6日お昼の豪ドル円予想 ■■■



最後は豪ドル円の今後を予想します。

次にセントラル短資みらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート 30分足 豪ドル円予想

みらいチャート_12_08_6_hiru_aud


FXライブの豪ドル円予想は3本とも豪ドル高予想。ただ1本が円高へ。

 ⇒ みらいチャートとは?

■■■ みらいチャート 60分足 豪ドル円予想

みらいチャート_12_08_6_hiru_aud


FXライブの豪ドル円予想は2本が円高、1本が豪ドル高予想。

■■■ みらいチャート 1日足 豪ドル円予想

みらいチャート_12_08_6_hiru_aud


FXライブの豪ドル円予想は2本がよこばい、1本が円高の豪ドル高予想。

最後にセントラル短資FXライブ
で直近1ヶ月間のテクニカル指標ランキングを
FXライブでみてましょう。

■■■ FXライブ 豪ドル円 テクニカル指標ランキング

FXライブaud12_08_6


1位はMACD。2位はDMI。

つぎに、そのテクニカル指標の売買シグナルを見ると・・・

■■■ FXライブ 豪ドル円 テクニカル売買シグナル

FXライブaud12_08_6a


MACDは75%が売りの売買シグナル。

豪ドル円予想の最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

豪ドル円の個人投資家のポジション動向を直近の動きで8時間足で見てみます。

ディールスコープaud12_08_6


こちらもユーロ円と同様にロングが利益確定売りで相当減少しました。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 8月6日お昼のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【マーケットコメント】

東京FX市場

・6日の東京外国為替市場でユーロ円はじり安。12時時点では97.17−22円とニューヨーク市場の終値(97.11円)と比べて6銭程度のユーロ高水準だった。市場では「国内輸出企業からの売りが引き続き観測された」との指摘があり、11時過ぎには97.11円まで下押しした。なお、クーレ欧州中央銀行(ECB)理事は「ユーロは後戻りできない」「ECBは追加の非標準的措置をとる可能性がある」などの見解を示したが、目立った反応は見られなかった。

⇒ ソーシャルレンディング

・ドル円も弱含み。12時時点では78.39−44円とニューヨーク市場の終値(78.41円)とほぼ同水準だった。ユーロ円などの下げにつれたほか、ドル円にも輸出勢からの売りが観測され、一時78.341円まで値を下げた。もっとも、市場では「一目均衡表の転換線が78.34円に位置しており、目先の下値目処として意識される可能性がある」との声も聞かれた。

・ユーロドルは12時時点では1.2395−1.2400ドルとニューヨーク市場の終値(1.2385ドル)と比べて0.0010ドル程度のユーロ高水準。リアルマネーなどからの売りが一巡すると、1.2400ドルを挟んだもみ合いとなった。

⇒ SBIFXTRADEの評判・口コミ
⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

最新の個人投資家の動向とニューヨーク市場の結果。

おはようございます!

ここのところ気温は低下する一方ですが、晴天に恵まれている六本木です。


 ⇒ みんなのFXの評判口コミ

それにしても、ヨーロッパの状況はすごい事になっております。
国債の入札がわれるなんてことは、なかなかショッキングな事態です。

ディールスコープeur11_11_26a


しかし、外為オンラインディールスコープ
で個人投資家の動きを調べると
ユーロ円買が増えて売りが減っております。

さすがに、これ以上の円高ユーロ安はなく、しばらくはユーロ高に反転すると
にらんでの事でしょうか?

週末の引け値をチェックすると、

DMMFX11_11_26a

スプレッド比較ランキングで1位のDMMFXより抜粋(DMMFXの評判

とドル円は随分ドル高にふれております。
ついでにチャートも見てみましょう。

DMMFX11_11_26b


DMMFX11_11_26c


DMMFX11_11_26d


DMMFX11_11_26d


1日足まで長い時間軸で見なければ明らかにドル高トレンドを描いております
。1日足的にももうちょっとはドル高に反発しそうです。が、やはり長い時間
軸で見ると円高トレンドの真っ最中の域を超えてないでしょう。

では、ユーロ円、豪ドル円の個人投資家のポジション動向についても、
外為オンラインディールスコープでチェックしておきましょう。

ディールスコープusd11_11_26d


ディールスコープaud11_11_26d



■■■ 25日のニューヨーク市場 ■■■


では、25日のニューヨーク市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【25日のニューヨーク市場】

・ユーロドルは下落。一時10月4日以来の安値となる1.32125ドルまで値を下げた。欧州債務問題が深刻化しているとの見方が広がるなか、この日実施されたイタリアの国債入札が不調だったことを受けてユーロ売り・ドル買いが優勢となった。ニューヨークの取引時間帯では、ダウ平均が一時100ドル超上昇したことなどが好感され、1.3299ドル付近まで値を戻す場面があった。1.3200ドルに観測されているオプションのバリアに絡んだ防戦買いや、週末を控えたポジション調整に伴うユーロ買いなども入った。ただ、欧州財政問題への懸念は根強く、ダウ平均が失速すると再び上値を切り下げた。米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)がベルギーを格下げしたことも相場の重しとなり、1.32ドル台前半まで押し戻された。

・ユーロスイスフランは頭が重かった。「スイス国立銀行(中央銀行、SNB)が日本時間26日1時に声明を発表する」との出所不明の噂が広がり、思惑的なユーロ買い・スイスフラン売りが優勢に。一時1.2381スイスフランまで急伸した。ただ、そのあとはSNBの声明が発表されなかったことで失望売りが強まり、1.22スイスフラン台後半まで急速に上値を切り下げた。

・ドル円は反発。欧州債務不安を背景に対ユーロ中心にドル高が進んだため、対円でもドル買いが優勢となった。23日の高値77.58円を上抜けてストップロスを誘発すると、一時10日以来の高値となる77.795円まで上値を伸ばした。市場では「世界的にドル資金の需要が高まっている」との指摘があった。なお、主要通貨に対するドルの値動きを示すドルインデックスは一時79.702と10月4日以来の高水準を付けた。

・ユーロ円は横ばい。欧州信用不安を背景としたユーロ売りが先行し、一時102.492円と10月10日以来の安値を付けたもののその後持ち直した。ドル円の上昇につれた円売り・ユーロ買いが出たほか、欧州株相場が上昇したことが買い戻しを誘い103円台前半まで値を上げた。ただ、米国株が下げたため戻りも限定的だった。

[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は4日続落。足もとで相場下落が続いたあとだけに、値ごろ感から買い戻しが先行。欧州株式相場の反発も投資家心理の改善につながり、ダウ平均は一時100ドル超上げた。ただ、欧州債務問題への懸念は根強い。欧州各国の債券相場が下落するなか、米格付け会社S&Pがベルギーを格下げしたと伝わると相場は下げに転じた。結局、10月7日以来の安値で取引を終えた。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は7日続落した。10月4日以来の安値水準。

・米国債券相場で長期ゾーンは4営業日ぶりに反落。足もとで相場上昇が続いたあとだけに、目先の利益を確定する目的の売りが優勢となった。市場では「短期的な過熱感が出ていたため、利益確定機運が高まった」との指摘があった。なお、この日は感謝祭の翌日で短縮取引だった。

・原油先物相場は反発。この日実施されたイタリアの国債入札が不調だったことを受けてユーロ売り・ドル買いが優勢となったため、ドル建てで決済される原油に割高感が生じ、時間外取引では売りが先行した。ただ、心理的節目の95.00ドルが意識されると、一転して買い戻しが優勢に。ドル買いの動きが一服したほか、ダウ平均が一時100ドル超高まで上昇し、投資家のリスク志向改善を意識した買いも入った。フロアー取引では一時97ドル台半ばまで上昇。その後はダウ平均がマイナス圏に沈んだことに伴って95ドル台後半まで上値を切り下げたが、フロアー取引後に97.55ドルまで買い戻されるなど、一進一退の動きを続けた。

・金先物相場は続落。イタリアの国債入札が不調に終わったとの見方が広がり、欧財政懸念の高まりから時間外の米株価指数先物がさえない動きとなったため、時間外取引では換金売りが優勢となった。売り一巡後は現物の米国株が買い先行となったことで1698.9ドルまで上昇したものの、節目の1700ドルが意識されると戻り売りに押される展開に。米国株がマイナス圏に沈んだことも売り材料視され、小幅安で引けた。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX
DMM FX

日銀政府介入後の最新ドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想 by ぱっと見テクニカル、FXライブ

ども。さっき、ドル円予想を行っていたらいきなり、政府介入が実施されて、
急激にドル高にいきました。

⇒ さっきの予想でどのFX業者のシグナルがあたったかはコチラ

はっきりいって、個人投資家は凄い。政府介入しっている人いたんじゃないか
というようにズッポシ的中しておりますねぇ。

■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFX1031aa


ドル円は75円72銭から一気に78円50銭!!と3円近くもドル高に。
これ、200倍でドル買ってれば・・ってタラレバはいかんですね。
でも、これからが稼ぎ時ではないでしょうか?

まず、チャートをDMMFXで見てみましょう。

最新スワップ金利ランキングでも売った場合でのランキング1位の
DMMFXからチャートを抜粋。

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート1031aab


今までのチマチマした動きは意味ないようなチャートです。
これぞFXの真骨頂。こんな動きは株ではしないでしょう。

■■■ ドル円1日足チャート

DMMFXチャート1031ad


1日足でみてやっとまともなチャートに見えます。これはどう見ても
1円以上は円高に戻しそうなチャートです。

では、月曜日の政府介入直後のデータをもとにドル円予想、ユーロ予想、豪ドル円予想
を行います。伊藤忠グループであるFXプライムが無料で提供するぱっと見テクニカルツールを使って予想します。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd01031a


3本ともよくわからないドル円予想です。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd01031ab


2本は円高、1本がドル高あと、やっぱり円高のドル円予想。
売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル01031aya


政府介入後もまだ、ドル円売りが首位をキープしておりますが・・
ドル円買いは11位にさらに1ランクダウン。
どうなる?では、パターン分析も見てみると、

ぱっと見テクニカル01031a2


こちらも、短期では買い、長期ではドル円売りシグナル。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブusd01031aa


総合判断では75%が売りのドル円予想です。

■■■ 11年10月31日政府介入後のユーロ円予想 ■■■


次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur01031a


1本が円高、1本が横ばい、1本がユーロ高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur01031aa


2本が円高、1本がユーロ高のユーロ円予想です。

次はセントラル短資のFXライブの売買シグナルでは、

FXライブeur01031ab


総合判断が75%の買いのユーロ円予想結果。

■■■ 11年10月31日政府介入後の豪ドル円予想 ■■■


では月曜政府介入後、最後のFX予想は豪ドル円です!
まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1031aa


3本ともよくわからない豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1031ab


3本とも豪ドル高の豪ドル円予想。

次はセントラル短資のFXライブで売買シグナルを見てみると、

FXライブaud01031a2a


総合判断は75%が買いの予想。

■■■ 31日の東京外国為替市場 ■■■


では、31日の東京外国為替市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【31日の東京外国為替市場】

・ドル円は買い一服。政府・日銀による円売り介入が入り一時78.987円と8月5日以来の高値を付けたが、節目の79.00円を前にいったん上値が重くなり、77.85−88円まで押し戻された。11時5分時点では77.87−90円で推移している。

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

⇒ FXスプレッド比較[2011/8/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX
[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング
DMM FX

木曜朝のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想 by ぱっと見テクニカル FXライブ ディールスコープ DMMFX

おはようございます!
昨晩からずっと晴れ晴れしている六本木です。

・・・目が覚めたら、プーケットのビーチ沿いのホテルで海の音が聞こえる。
そんな生活をするためにもFXで稼ぎます。

戦後最高値を更新するドル円相場。こんな時こそガッツリ稼いでやれ!
ってんで、本日も木曜最新のデータを元に、ドル円予想、ユーロ円予想、
豪ドル円予想を徹底的に検証していきます。

■■■ 特ダネFX業者現金キャッシュバック一覧!
⇒ あと5日間 ネット証券に各種口座を開設し最大2.5万円がもらえる!
⇒ 口座開設後10万円入金+オートFXで取引10万通貨すると1万円現金
他にもHIGH・LOWで初回取引額に応じて最大5万円! 
⇒ FX業者に外為オプション取引口座を開設するだけ3千円相当のポイント
⇒ 今時ありえない?口座開設+入金だけで 5000円現金プレゼント! 
⇒ 1週間の取引量合計が5万通貨以上の人を対象に30万円を対象者数で分割!
⇒ 1万通貨取引だけで5千円現金さらに5百万通貨取引で更に5千円
⇒ 安定したキャンペーンと名が高い10万入金+1回取引だけで5千円現金
⇒ 伊藤忠グループだから出来る太っ腹現金プレゼント!
口座開設と取引量に応じて最大56,000円現金プレゼント
⇒ 口座開設と取引で5,000円現金とAMAZONギフト券5,000円プレゼント

■■■ 11年10月27日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 26日のニューヨーク市場


■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル
・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

■■■ 11年10月27日のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

ちなみにDMMFXは現在キャンペーン中です。

DMMFXスプレッドキャンペーン


■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFX1027aa


ドル円は76円16銭。昨日の最高値からは若干ドル高へ戻しております。

では、チャートをDMMFXで見てみましょう。

最新スワップ金利ランキングでも売った場合でのランキング1位の
DMMFXからチャートを抜粋。

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート1027aab


たしかに、昨晩からドル高に戻しております。

■■■ ドル円60分足チャート

DMMFXチャート1027ac


しかしやはり1時間足だと、円高トレンドです。

では、木曜日(後2日で週末♪)朝のデータをもとにドル円予想ユーロ円
予想豪ドル円予想を
伊藤忠グループであるFXプライムが無料で提供するぱっと見テクニカルツールを使って予想します。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd01027a


3本とも横ばいのドル円予想です。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd01027ab


2本がドル高にいくも3本とも結局ドル高にいくドル円予想。
では売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル01027aya


ドル円売りは首位から3位に若干ランクダウン。
ドル円買いは7位から9位に。
これはドル円売り予想が以前強いドル円予想です。
パターン分析も見てみると、

ぱっと見テクニカル01027a2


ドル円は3つで売りシグナル発生です。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブusd01027aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。1位はMACDで+14pipsの結果。
同じく売買シグナルをFXライブで検証すると、

FXライブusd01027ab


昨日と同じくMACDは75%買いのドル円予想です。

では個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd01027a


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 24,542人
■ ドル円売り ・・・  2,328人


更に個人投資家はドル円買いを利食い?したのでしょうか。減りました。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年10月27日のユーロ円予想 ■■■


次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur01027a


3本がユーロ高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur01027aa


1本が円高、1本が横ばい、1本がユーロ高のユーロ円予想です。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブeur01027aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。MACDが+101pips。

FXライブの売買シグナルでは、

FXライブeur01027ab


MACDは半半のユーロ円予想結果。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur1027aa2


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 6,128人
■ ユーロ円売り ・・・ 3,571


ユーロ円の個人投資家のポジション動向に変化なしです。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年10月27日の豪ドル円予想 ■■■


では木曜朝最後のFX予想は豪ドル円です!
まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1027aa


2本が豪ドル高、1本が円高の豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1027ab


1本が円高、1本が横ばい、1本が豪ドル高の豪ドル円予想。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブaud01027aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。ボリンジャーバンドが1位で+57pipsです。

では、同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

FXライブaud01027a2a


MACDは75%が買いの予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud01027aa2


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 9,439人
■ 豪ドル円売り ・・・ 2,455人


個人投資家は豪ドル円買を更につみましたポジション動向変化。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 26日のニューヨーク市場 ■■■


では、26日のニューヨーク市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【26日のニューヨーク市場】

・ドル円は上昇。安住財務相は26日、「必要があれば断固たる措置をとる」と繰り返し述べたものの、実際には介入がなかったため海外投機筋が円買い・ドル売りを進めた。欧州の取引時間帯に、一時75.709円と過去最安値を連日で更新した。ただ、欧州連合(EU)・ユーロ圏首脳会議を控えて積極的に売り進める動きは見られず、そのあとは次第に下値を切り上げた。政府・日銀による円売り・ドル買い介入への警戒感が根強いほか、日銀が27日に開く金融政策決定会合で、追加的な金融緩和策を検討するとの観測が相場を支えた。米国株が上昇しクロス円が買われた流れに沿って、一時76.33円まで上値を伸ばした。

・ユーロドルは横ばい。独連邦下院議会がレバレッジを通じた欧州金融安定ファシリティー(EFSF)強化への動議を承認したと伝わると、欧州の債務危機対応が前進するとの期待が高まりユーロ買い・ドル売りが先行。前日の高値1.39605ドルを上抜けて、一時9月8日以来の高値となる1.39761ドルまで値を上げた。ただ、そのあとは一転売りが優勢に。市場では「1.4000ドルにはオプションのバリアが観測されている」との指摘があり、防戦売りに上値を抑えられた。「ギリシャ債損失をめぐる銀行団とEUの協議は行き詰まっている」と伝わると、ユーロ売りが加速し一時1.3798ドルまで下げ足を速めた。

 もっとも、売りが一巡すると買い戻しが優勢に。「中国がEFSFへの投資に合意した」とのAFPの記事や、「EFSFを数倍にレバレッジすることを目指す」とのユーロ圏首脳会議の声明草案が伝わり、ユーロの買い戻しが進んだ。ダウ平均が100ドル超上昇したことも相場の支えとなり、1.39ドル台前半まで持ち直した。市場では「EFSFやEU・ユーロ圏首脳会議関連の報道に一喜一憂し、相場は乱高下した」との声が聞かれた。

・ユーロ円はほぼ横ばい。ギリシャ債損失をめぐるEUと銀行団との交渉が行き詰まっていると伝わると一時104.77円まで売り込まれたものの、その後持ち直した。AFP通信の記事やユーロ圏サミットの声明草案を手掛かりに円売り・ユーロ買いが優勢となった。マイナス圏に沈んだダウ平均が再び100ドル超上昇したことも買いを促し、一時106.18円まで値を上げた。

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に反発。独連邦下院議会がレバレッジを通じたEFSF強化への動議を承認したほか、中国がEFSFへの投資に合意したと伝わった。くわえて「EFSFはリスク保証とSPVを同時に活用する柔軟性を有する見通し」「EFSFとそのリソースはIMFとの協調でさらに強化することが可能」とのユーロ圏首脳会議の声明草案が明らかになると、欧州の債務危機対応が前進するとの期待が高まり買いが優勢となった。好決算を発表したボーイングが4.5%ほど上昇したことも相場の押し上げ要因。この日発表の米経済指標が予想を上回ったことも投資家心理の改善につながった。もっとも、ギリシャ債損失をめぐるEUと銀行団との交渉が行き詰まっていると伝わると、相場は下げに転じる場面もあった。

 ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も反発した。

・米国債券相場で長期ゾーンは反落。独連邦下院議会がレバレッジを通じたEFSF強化への動議を承認したほか、中国がEFSFへの投資に合意したと伝わった。くわえて「EFSFを数倍にレバレッジすることを目指す」とのユーロ圏首脳会議の声明草案が明らかになると、欧州の債務危機対応が前進するとの期待が高まり米国株相場が上昇。「安全資産」とされる米国債に売りが出た。この日発表の米経済指標が予想を上回ったことも債券売りにつながった。もっとも、5年物国債の入札が「好調だった」と受け止められ、相場は下げ渋る場面もあった。

・原油先物相場は4営業日ぶりに反落。時間外取引では93ドル台での底堅い推移となっていたが、フロアー取引に入ると売りが優勢の展開に。米エネルギー省が発表した週間在庫統計で、原油在庫が前週比で474万バレル増加と市場予想平均の前週比148万バレル増加を大幅に上回ったことが嫌気された。ガソリン在庫の取り崩し幅も市場予想より小幅にとどまったため、一時は90.00ドルまで下落するなど、9月30日以来の大幅下落となった。

・金先物相場は4日続伸。商務省が発表した9月の米耐久財受注額や9月の米新築住宅販売件数が市場予想を上回る結果となったことから、安全資産としての金需要が低下したため、フロアー取引では売りが先行。ただ、1700ドル付近の底堅さを確認すると引けにかけては買い戻しが優勢となった。市場では「前週末に米当局者が量的緩和第3弾(QE3)の可能性に言及したことを受けて、インフレヘッジとして需要が下値を支えている」との指摘があった。

⇒ FXスプレッド比較[2011/8/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX
[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

水曜朝の最新ドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想 by ぱっと見テクニカル、ディールスコープ、FXライヴ、DMMFX

おはようございます。
今日はとても天気がよい六本木です。
いつのまにかまた76円に戻している朝でもあります。
それでは、明日はどんなドル円になっているのか、今朝もドル円予想、
ユーロ円予想、豪ドル円予想をFX業者のツールを駆使して徹底検証
していきます。

■■■ 11年10月26日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 26日の東京外国為替市場、25日のNY市場


■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル
・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

■■■ 11年10月26日のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

ちなみにDMMFXは現在キャンペーン中です。

DMMFXスプレッドキャンペーン


■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFX1026aa


ドル円は76円08銭。昨日の朝から2銭しかかわっておりません。

では、チャートをDMMFXで見てみましょう。

最新スワップ金利ランキングでも売った場合でのランキング1位の
DMMFXからチャートを抜粋。

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート1026aab


昨日とかわっていないと思ったら、一旦は75円70銭あたりまで円高進行
した後戻ってきる相場なんですね。なんだか不思議です。為替相場には
波動があるのでしょうか?

■■■ ドル円60分足チャート

DMMFXチャート1026ac


1時間足だと、円高トレンドです。

では、水曜日朝のデータをもとにドル円予想ユーロ円予想豪ドル円予想を
伊藤忠グループであるFXプライムが無料で提供するぱっと見テクニカルツールを使って予想します。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd01026a


2本がドル高、1本が円高のドル円予想です。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd01026ab


1本が円高、1本がドル高、1本が横ばいのドル円予想。
では売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル01026aya


ドル円売りは首位から12位までランクダウン。
ドル円買いは11位から7位に。
これはドル円買予想が強くなってきました。
今日はパターン分析も見てみます。

ぱっと見テクニカル01026a2


ドル円は売りシグナルです。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブusd01026aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。1位の移動平均でさえも−1pipsの結果。
同じく売買シグナルをFXライブで検証すると、

FXライブusd01026ab


昨日と同じく移動平均は75%売りのドル円予想です。

では個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd01026a


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 25,688人
■ ドル円売り ・・・  1,355人


更に個人投資家はドル円買いが増えました。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年10月26日のユーロ円予想 ■■■


次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur01026a


3本がユーロ高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur01026aa


3本が円高のユーロ円予想です。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブeur01026aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。移動平均が+68pips。

FXライブの売買シグナルでは、

FXライブeur01026ab


移動平均は75%がユーロ円買いの結果。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur1026aa2


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 6,279人
■ ユーロ円売り ・・・ 3,541


ユーロ円は買いが増えて売りが減る個人投資家のポジション動向です。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年10月26日の豪ドル円予想 ■■■


では月曜朝最後のFX予想は豪ドル円です!
まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1026aa


1本が豪ドル高、2本が横ばいの豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1026ab


2本が円高、1本が豪ドル高の豪ドル円予想。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブaud01026aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。MACDが1位ですが−3pipsです。

では、同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

FXライブaud01026a2a


MACDは75%が買いの予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud01026aa2


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 9,102人
■ 豪ドル円売り ・・・ 2,706人


個人投資家は豪ドル円買が増えるポジション動向変化。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 26日の東京外国為替市場、25日のNY市場 ■■■


では、26日の東京外国為替市場、25日のNY市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【26日の東京外国為替市場】

・26日の東京外国為替市場でドル円はもみ合い。8時時点では76.10−15円とニューヨーク市場の終値(76.06円)とほぼ同水準だった。安住淳財務相が円高について「投機的な動きと懸念しており、やるときは断固たる措置をとる」「あらゆることにすぐ対応できるよう事務方に準備を指示」などと述べたと伝わり、政府・日銀による円売り介入への警戒感が高まったことが相場を支えた。ただ、買いの勢いは一時的で目立った値動きにはなっていない。なお、前日NY時間には時事通信が「政府・日銀は円相場が戦後最高値を付けたことを受け、円売り・ドル買いの為替介入を日本単独で実施する準備に入った」と報じたほか、日経新聞が「日銀は27日に開く金融政策決定会合で、追加的な金融緩和策を検討する」と伝えた。

・ユーロドルももみ合い。8時時点では1.3902−07ドルとニューヨーク市場の終値(1.3905ドル)とほぼ同水準だった。新規の取引材料に乏しいうえ、今晩の欧州連合(EU)首脳会議を前に様子見気分を強める参加者も多く、1.3910ドル前後でのもみ合いに終始した。

・ユーロ円は8時時点では105.81−86円とニューヨーク市場の終値(105.80円)とほぼ同水準。

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

【25日のNY市場】

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は4日ぶりに大幅反落。この日発表の米経済指標が軒並み市場予想を下回り、米景気減速への懸念が高まったことが売りを誘った。市場では「26日のEU首脳会議の結果を見極めたいとして持ち高調整目的の売りが出た」との指摘があった。予想を下回る四半期決算と業績見通しの下方修正を発表した3Mが6%超下落し、指数の押し下げ要因となった。26日に予定されていたEU財務相理事会が中止になったことで、同日のEU首脳会議での債務危機解決に向けた最終調整が難航するのではとの思惑が広がったことも相場の重し。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は3日ぶりに反落した。

・米国債券相場で長期ゾーンは4日ぶりに大幅反発。26日に予定されていたEU財務相理事会が中止になったことで、同日のEU首脳会議での債務危機解決に向けた最終調整が難航するのではとの思惑が広がり「安全資産」とされる米国債への買いが優勢となった。この日発表された米経済指標が軒並み予想を下回り、米国株が下落したことも債券買いを加速させるきっかけとなった。なお、2年物国債の入札は「順調だった」と受け止められたものの、相場への影響は限定的だった。

・原油先物相場は3日続伸。前日に節目の90ドルを上回って引けたことを手掛かりに、市場では「強気相場入りした」との見方が広がり、時間外取引から堅調な推移となった。一時は94.65ドルと8月2日以来約3カ月ぶりの高値水準を付ける場面も見られた。もっとも、米大手民間調査機関のコンファレンス・ボードが発表した10月の米消費者信頼感指数など米国経済指標が軒並み予想を下回る結果となったほか、26日に予定されていたEU財務相会合が中止されたと伝わると、投資家のリスク志向も後退。買い一巡後は伸び悩みが目立ち、フロアー取引後には92ドル台半ばまで押し戻された。

・金先物相場は大幅に3日続伸。26日に予定されていたEU財務相会合がキャンセルされたとの報道などを受けて、EU首脳会議で欧州債務危機の包括戦略が最終合意できないとの不安が高まった。また、米大手民間調査機関のコンファレンス・ボードが発表した10月の米消費者信頼感指数は2年7カ月ぶりの水準まで急低下。米景気減速懸念の高まりで投資家のリスク志向が低下すると、市場では「安全資産とされる金に資金が流入する動きが見られた」との声が聞かれ、大きく値を上げる展開となった。一時1710.7ドルと9月23日以来の高値を更新した。

⇒ FXスプレッド比較[2011/8/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX
[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

火曜日朝の最新ドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想 by ぱっと見テクニカル、FXライブ、ディールスコープ、DMMFX

おはようございます。
六本木にも朝がやってきました。今日は曇りがちです。
自分にとっては、衝撃だった夏前から、気がつけば夏が終わり秋真っ最中。
もうすぐ冬がやってきます。こうやって人生は過ぎていくのだなぁと
感慨深い朝です。

・・・感慨にはふけりたくないものです。目の前にはFXで大金を稼ぐ
夢がよこたわっているわけですから。がんばって稼いでいきましょう!
では、火曜日の最新ドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想を行います。

■■■ 11年10月25日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 24日のNY市場


■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル
・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

■■■ 11年10月25日のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

ちなみにDMMFXは現在キャンペーン中です。

DMMFXスプレッドキャンペーン


■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFX1025aa


ドル円は76円10銭。昨日より少し円高が進みました。

では、チャートをDMMFXで見てみましょう。

最新スワップ金利ランキングでも売った場合でのランキング1位の
DMMFXからチャートを抜粋。

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート1025aab


ただ、昨日は76円まで円高が進んだ模様。其の後の展開です。

■■■ ドル円60分足チャート

DMMFXチャート1025ac


1時間足でみると、なんだか、ドル高に反発しそうなチャートです。

では、火曜日朝のデータをもとにドル円予想ユーロ円予想豪ドル円予想を
伊藤忠グループであるFXプライムが無料で提供するぱっと見テクニカルツールを使って予想します。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd01025a


2本がドル高、1本が横ばいのドル円予想です。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd01025ab


2本がドル高、1本が横ばいのドル円予想。
では売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル01025aya


ドル円売りはなんと7位からトップに返り咲き!
ドル円買いは11位とかわらず。
これはドル円売予想が強く出ております。

では次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブusd01025aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。移動平均は昨日続けて1位で+49pipsの結果。
同じく売買シグナルをFXライブで検証すると、

FXライブusd01025ab


移動平均は75%売りのドル円予想です。

では個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd01025a


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 24,734人
■ ドル円売り ・・・  1,29*3人


すごい勢いで個人投資家はドル円買いのポジションが多い。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年10月25日のユーロ円予想 ■■■


次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur01025a


1本がユーロ高、2本が円高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur01025aa


2本が円高、1本がユーロ高のユーロ円予想です。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブeur01025aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。MACDが続けて1位で+102pips。

FXライブの売買シグナルでは、

FXライブeur01025ab


MACDは昨日と同じく半半の結果。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur1025aa2


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 6,031人
■ ユーロ円売り ・・・ 4,009


ユーロ円は個人投資家のポジション動向に変化なし。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年10月25日の豪ドル円予想 ■■■


では月曜朝最後のFX予想は豪ドル円です!
まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1025aa


3本が豪ドル高の豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1025ab


1本が豪ドル高、2本が横ばいの豪ドル円予想。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブaud01025aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。DMIがかろうじて続けて1位で+114pipsの勝利をあげている
結果です。

では、同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

FXライブaud01025a2a


DMIは半半の予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud01025aa2


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 8,727人
■ 豪ドル円売り ・・・ 3,082人


個人投資家は豪ドル円のポジション動向は変化なし。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 24日のNY市場 ■■■


では、24日のNY市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【24日のNY市場】

・ユーロドルは5日続伸。欧州の取引時間帯では、10月のユーロ圏製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)やサービス部門PMI速報値が市場予想を下回ったことでユーロ売りが優勢となった。欧州連合(EU)首脳会議が延期されるとの噂が広がると売りが加速し、一時1.3822ドルまで値を下げた。ただ、ニューヨーク市場では、米国株価の上昇を背景に投資家がリスクを取りやすくなるとの見方からユーロ買い・ドル売りが優勢に。WTI原油先物が5%超上昇し、対資源国通貨でドル安が進んだ影響も受け、一時9月8日以来の高値となる1.3957ドルまで値を上げた。AP通信が独政府筋の話として「欧州金融安定ファシリティー(EFSF)の規模は1.4兆ドル(1兆ユーロ)超になる」と報じたこともユーロの支援材料となった。

・ドル円は続落。ユーロ円が失速したタイミングで円買い・ドル売りが強まると、一時75.981円まで値を下げた。ただ、政府・日銀による円売り介入への警戒感から売りは続かず下値も限定的だった。なお、市場では「75円台にはかなりの買い注文が観測されている」との指摘があった。もっとも、株高や商品相場高を背景に全般ドル売りが進んだため、総じて頭の重い展開が続いた。

・ユーロ円はほぼ横ばい。アジア時間に一時106.47円まで上げたものの、その後失速。EU首脳会議が延期されるとの噂が相場の重しとなり、一時105.15円まで値を下げた。そのあとは欧米株価の上昇で投資家のリスク志向が改善するとの見方から、次第に円売り・ユーロ買いが入り106円台を回復した。

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸。8月1日以来およそ3カ月ぶりの高値となった。予想を上回る四半期決算と業績見通しを発表したキャタピラーが5%超上昇し、指数の押し上げ要因となった。市場では「M&A(買収・合併)の発表が相次いだことを好感し買いが広がった」との指摘があった。アジア時間に伝わった10月HSBC中国製造業PMIが前月から改善したことや、ユーロ圏の首脳陣がソブリン債務危機の解決策に向け前進していることなども買いを誘った。

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

・米国債券相場で長期ゾーンは小幅に3日続落。米国株や商品相場の上昇を背景に、「安全資産」とされる米国債に売りが出た。市場では「明日から予定されている2年、5年、7年物国債の入札を前に、需給悪化を警戒した売りが出た」との指摘もあった。

・原油先物相場は大幅続伸。前週末のEU首脳会議で債務危機対策の包括戦略をめぐって大枠での合意に至ったことが好感され、リスク志向を高めた投資家からの買いが入った。また、欧米株高などを手掛かりにユーロに対してドル安が進んだことも、ドル建てで決済される原油相場の割安感から買いを誘ったようだ。フロアー取引では一時91.88ドルと8月4日以来の高値を付ける場面があった。

・金先物相場は続伸。週末のEU首脳会議で債務危機対策の包括戦略が大枠合意されたと伝わったことなどを受けて、対ユーロなどでドル売りが優勢の展開に。ドルの代替資産として逆相関が生じやすいとされる金には買いが入った。また、アジア時間には10月HSBC中国製造業PMIが前月から改善したと伝わり、これを材料に銅価格などが上昇。市場では「銅など工業金属の急伸につれた面もあった」との指摘があった。

⇒ FXスプレッド比較[2011/8/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX
[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

 ⇒ トップに戻る
 東大式FX攻略法

みんなのFX

元リーマン社員限定タイアップ企画

FXプライム[直トレFX]

アイネットFX
元LB社員が取引に使うFX業者
SBIFXTRADE評判  ドル円0.27銭SBIFXトレード
豪ドル円0.99/ユロ円0.69/ポン円1.19
1$から取引可/スプレッド4桁表示
住信SBIネット銀行50%出資のSBIG

GMOクリック証券FX評判  株も売買可GMOクリック証券
米ドル/円0.3銭原則固定
YAHOO出資企業/資産2000億円
8万人使用iClickFXNEO/FXroid
最新キャッシュバック特集
カテゴリー別の記事
プロフィール

元リーマンブラザー...

免責事項
当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び私に関係する全ての方は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。

外為どっとコム
DMM FXは初心者向け
ドル円予想に使うFXツール
FXツール FXプライム byGMOのぱっと見テクニカル

過去12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想する機能
ぱっと見テクニカルツールa
⇒ ぱっと見テクニカルの評判評価
ドル円スプレッド比較
原則固定
(例外あり)
FX業者名
0.3銭  外為どっとコム
0.3銭 GMOクリック証券評判 GMOクリック証券
0.3銭 YJFX評判 YJFX!
0.3銭原則固定 DMMFX評判 DMMFX
0.4銭 みんなのFX評判 みんなのFX
0.6銭原則固定 FXプライム評判 FXプライム byGMO
0.7-1.0銭 アイネットFX評判 アイネット証券
0.9銭 ライブスター証券
株もFXも GMOクリック評判 GMOクリック証券
カブドットコム評判 カブドットコム証券

元リーマン社員がメディア掲載
元リーマンブラザーズ社員が取材①元リーマンブラザーズ社員が取材②
雑誌「BIG TOMORROW」5月号で取材受けて記事になりました。
⇒ 現在4.5万人超フォロワー!
元気の源!為替ブログランキング
皆様のクリックが・・・
元リーマン社員を救います!!


人気ブログランキング
最高、17位でファイト!

為替ブログ村
為替日記は、最高8位!
くりっく365のFX業者比較
  • ライブドアブログ