ここで吐露してよいのか・・・
非常に迷うのですが、この事実を胸に刻みたくあえて、メインの
ブログにてアップいたします。


・・・


先日、母がマンションより飛び降りて自殺してしまいました。

私としては、まだ、現実感がなく、遺体はすぐに警察署へ移動、
その後、葬儀社によって安置されている事から、警察から見せら
れたデジカメの画像一枚程度で、それほど現実感がないまま時が
過ぎております。
が、これから、段々と身にしみてきて、ふと、寂しくなる日がく
るのかと思うと、胸がつまってしまい、涙がとまらなくなる事が
度々あります・・・

しかし、私は幸せな家庭を持って、子供に囲まれて幸せな老後を
送るという夢があります。人生は常に前に向かって進んでおり、
休んでいる暇はそうはないのです。

母も死ぬ直前に、「しっかり生きなさい」とコメントしていた事
が脳裏に焼きついております。また、恨むなら会社を恨めとコメ
ントしていた事も、事後の、私の精神的な状況を鑑みて、してく
れた事なのかもしれません。私が自分自身をせめないように・・

・・そして、私がはやくこの事実から立ち直れるように。

・・・だから、私も死ぬときまで精一杯、人生を全うする決心を
再度、固めました。

そこで、この事件について、一部始終を吐露しておかないと、こ
の先、絶対に、精神的にきつくなる気がして、吐いてしまいます
。。気を悪くした方がおりましたら、誤ります。



・・・母がマンションから飛び降りる寸前に、私が寝ている足元
まできて、

「最後の晩餐をしよう!目の前にさくらっていう焼肉屋ができた
ので、それを食べに行こう。それを食べたら自殺して死ぬぞ!」

と、同じく練炭自殺にてこの世をさったお爺さん(母の父上)の

”人生を重く捉えず軽快に、ちょっとは、バカにしてしまう位の
明るい口調”

で、何度もかたりかけられたものの、眠くて返答しないで寝てい
ると(いつも、「自殺してやる」って話していたので、いつもの
冗談かと思い・・・)、そのうち、ベランダから声がして、その
直後、悲鳴が聞こえた後、コンクリートに重いものが落下する音
を聞いた記憶がうっすらあり・・・

その当時は、夢の中で、母親が棚からAV機器等の重いものをお
としてしまったのかな?その後、声がきこえないから、下敷きに
はなっていないだろうから問題ないだろう・・・

とそのまま、眠りに落ちました。

そして、警察官からのチャイムと、警察署からの電話で目が覚めました。



・・・こんな死に様ですから、当初は遺体のデジカメの画像1枚
だけでもトラウマになっていたので、遺体を見ることなく、火葬
だけしてもらった方がよいかと、思っておりました。

が、上述の記憶が、母との最期の記憶として、今後の人生をずっと生
きていくのは、いろいろな意味で後悔すると思い、告別式だけでも執り
行う事にしました。

遺体の損傷が激しいのですが、納棺師へオプション料を支払って死に
化粧を施しましたので、最後のお別れを母とする予定です。

・・・今後ともよろしくお願いいたします。

応援してくださる方は下記よりFX口座を開設していただければ、
本当に本当に心強い思いです。

 → YJFX!

 → 外為ドットコム

 → GMOクリック証券