昨今、SBIがSBIFXTRADEを開始するなど、それなりにFX業界にインパクトが大きいニュースはありましたが、あのヤフーがFXに参入するのは大きな事件です。

ヤフーFX


ここにきて、金融をゆうする楽天グループに後塵をはいしてはいけないと思ったのか、ヤフーは、いままで決済サービスしか手を出していなかった金融事業を一気にてがけるとのことです。

その第一弾として、YJFX!(旧サイバーエージェントFX)。買収額は210億円ですね。

・・・・ヤフーはご存知のとおり、ソフトバンクグループです。ソフトバンクは過去に金融事業たるSBIグループを叩き売った事は記憶に懐かしい。

そのSBIの時価総額は1000億円ちょっと。

ヤフーが本気になれば、SBIだって買収できそうです。

とにもかくにも、ヤフーグループのFX業者たるスペックはSBIを下回ると思いますが、ヤフーポイントとの連携やヤフーファイナンス掲示板との連携など、色々とヤフーグループ入りしたメリットを最大限活かしたサービスをYJFX!(旧サイバーエージェントFX)は提供していく事でしょう。

ここにきて、ついにFX業界の黒船登場といったところでしょうか。

ちなみに買収され売られるみとなったYJFX!(旧サイバーエージェントFX)のスタッフはラブホテルにかこまれた渋谷のオフィスより、洗練された三井不動産のビルMIDTOWNで働く事をステイタスに感じかもしれません。

だってスタッフの顔がいきいきしています。売られる会社の社員の顔ではありません。

ヤフーFX


サイバーのIR資料を見てみると・・・

ヤフーFX


ヤフーFX


ヤフーFX


サイバーはどうやら、SNSゲーム関連に集中投資をおこなうようですね。しかもメインはテレビ広告で会員数をゲット。

YJFX!(旧サイバーエージェントFX)をヤフー系列のFX業者として売却して得た210億円で何をするかというと、テレビ広告をフルに廻すとの事(現在、スマホでゲームするならアメーバ!って気合はいったCMでながれてるやつ。月額30億円程度らしい。)。

まさに、ネット時代のビジネスモデルといえるのではないでしょうか?

情報商材ビジネスにたとえると、まずはリスト集めを金かけてやってる感じでしょうかね?