元リーマン社員がFXツールでドル円予想

リーマンブラザーズに勤務した経験からビリオネアになる最短の方法はトレードしかないと確信し、トレードの中でも。最も少額で始められて、かつ、最もレバレッジが高くできるFXで財を成す事を決意しました。現在、ドル円をFXツールを駆使して予想し、その結果から売買するシステムトレードちっくな手法で売買を行い、まずは、ミリオネアへの道を目指しております。FXツールはFXプライム byGMOのぱっと見テクニカルを使っております。

 
 売買レート・チャート・リアルタイム売買比率表示ツールはみんなのFXより
0.3銭原則固定(例外あり)  外為どっとコム
0.3銭原則固定  GMOクリック証券
 FXトレーディングS
 YJFX!
 DMMFX
0.6銭原則固定  FXプライム byGMO
0.9銭原則固定  ライブスター証券
0.7〜1銭  アイネット証券
オススメ  ひまわり証券

FXライブぱっと見ディールスコープ

DMM FX

ユーロ円予想 1月18日午後10時30分 by ぱっと見テクニカル、FXライブ、みらいチャート

1月18日午後10時のユーロ円の予想を下記のツールを駆使して行った結果
を掲載します。

■■■ 13年1月18日の各種予想 ■■■

 ⇒ ドル円予想
 ⇒ 昨日の米国市場・昼のアジア市場のマーケット


投資する際の目安につかってください。

■ 各FX業者が無料で提供するFX予測ツール一覧 ■

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカル
 ⇒ セントラル短資FXみらいチャート
 ⇒ セントラル短資FXFXライブ
 ⇒ 外為オンラインディールスコープ

 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 13年1月18日のユーロ円予想 ■■■

午後10時の為替相場をキャプチャしました。

SBIFXTRADEスプレッド評判01_18ab

※参考までにスプレッド比較1位のSBIFXTRADEの取引画面からキャプチャ

 ⇒ SBIFXTRADEの評判

ユーロ円は119円台後半。ドル円も89円台後半。
どちらも大台にのせそうな勢いで円安がすすんでおります。

同じくSBIFXTRADEのチャート画面を検証。

■■■ ユーロ円10分足・1時間・4時間・1日足チャート

SBIFXTRADEチャートeur01_18_13


10分あしみると直近でストンと円高へふれたのがわかります。
これだからFXは難しい。今後どうなるかFXプライムのぱっと見テクニカルで予想します。

■■■ ユーロ円10分足予想 *FXプライムぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur01_18a


10分足の予想では3本ともばらばらにいくユーロ高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur01_18b


1時間足の予想では1本がユーロ高、2本が円高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur01_18b


4時間足の予想では2本が横ばい、1本がユーロ高のユーロ円予想です。

ではぱっと見テクニカルのテクニカル指標売買ランキングです。

ぱっと見テクニカルeur01_18c


ユーロ円は売りが12位、買いが3位。ここはユーロ円買いのシグナル
が強烈に発生している状況です。

次にセントラル短資FXみらいチャート予想です。

 ⇒ みらいチャートとは?
 
■■■ みらいチャート ユーロ円予想 5分足

みらいチャート01_18_13eur_1

5分足では、2本がユーロ高、1本が円高のユーロ円予想。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1時間足

みらいチャート01_18_13eur_3


1時間足では、2本が横ばい、1本が少し円高へいくユーロ円予想です。

次に同じくFXライブでユーロ円のテクニカル指標ランキングを・・・

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近24時間+5分足

FXライブeur01_18_13b


直近24時間+5分足のパフォーマンスランキング1位は移動平均
12回の取引で+277pipsの勝利。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近1週間+5分足

FXライブeur01_18_13c


直近1週間+5分足でみたパフォーマンスランキング1位はボリンジャーバンド。
92回の取引で+473pipsの勝利。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近1週間+1時間足

FXライブeur01_18_13c


直近1週間+1時間足でみたパフォーマンスランキング1位は移動平均。
2回の取引で+709pipsの勝利。

続いて、シグナルを同じくFXライブで検証。

FXライブeur01_18_13

ユーロ円の移動平均のシグナルは下記のとおり。
 5分足 ・・・ 買いシグナル
 1時間足 ・・・買いシグナル
 日足 ・・・ 買いシグナル
 週足 ・・・ 売りシグナル


では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

■■■ ディールスコープ 1時間足【外為オンライン

ドル円の個人投資家のポジション動向を1時間足で検証。

ディールスコープeur01_18_13


ユーロ円の個人投資家のポジションの動向は昨日から変化なし。

<1月17日のユーロ円ポジション数>

ユーロ円買いのポジション数 ・・・ 358,120,000
ユーロ円売りのポジション数 ・・・ 420,880,000

ユーロ円買いの投資家数 ・・・  4,909
ユーロ円売りの投資家数 ・・・  5,513

<1月18日のユーロ円ポジション数>

ユーロ円買いのポジション数 ・・・ 332,870,000
ユーロ円売りのポジション数 ・・・ 396,010,000

ユーロ円買いの投資家数 ・・・  4,883
ユーロ円売りの投資家数 ・・・  5,265


ユーロ円は個人投資家がユーロの買いが減った後、再び増加中。

 ⇒ ディールスコープとは

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

ドル円予想 1月17日朝10時 by ぱっと見テクニカル、FXライブ、みらいチャート

おはようございます。FXトレードは何においても、負けているときのロスカット
のタイミングが重要です。ただ、いくらロスカットが大事だといっても、その
判断の根拠となる相場の読みが毎回ぶれてしまうようでは、負けっぱなしです。

■■■ 13年1月17日の各種予想 ■■■

 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 昨日の米国市場・昼のアジア市場のマーケット


何事もぶれない羅針盤が必要なのです。しかも毎回違う羅針盤を見ていては
混乱してしまいます。最強かつ低コストの羅針盤を投資家はもつべきなのです。

そして、羅針盤のシグナルをもとに素直にトレードしていけば自ずと勝率は
50%をこえる事でしょう。

だからこそ、FX業者は巨額の開発費を投じて羅針盤たるFXツールを開発してい
るのです。業者も個人投資家がもうかってくれれば、取引が増大してもっと
もうかりますから。

では本日朝の下記のツールのドル円予想結果を大公開していきます。

FXプライムぱっと見テクニカル
セントラル短資FXみらいチャート
セントラル短資FXFXライブ
外為オンラインディールスコープ

では、下記に各ツールの結果をそのままキャプチャし大公開しておりますので、
投資する際の目安につかってください。

■■■ 13年1月17日のドル円予想 ■■■

本日朝9時のドル円相場です。。

SBIFXTRADEスプレッド評判01_17

※参考までにスプレッド比較1位のSBIFXTRADEの取引画面からキャプチャ

SBIFXTRADEの評判

ドル円は88円台後半、ユーロ円は117円台中盤。昨晩からすこし円安へ
ふれました。チャートを確認してみます。

■■■ ドル円10分足・1時間・4時間・1日足チャート

円高反発の動きはチャートをみても一目瞭然です。

SBIFXTRADEチャート60分足01_17_13


昨晩は円高トレンドを描いていた10分足チャートですが、朝になって
一転、ドル高トレンドを形成しております。また、長い時間軸のチャート
ではあいかわらずのドル高トレンドのチャート。

今後のドル円をぱっと見テクニカルを使って検証します。
※ ぱっと見テクニカルFXプライムが提供する分析ツールです。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd01_17a


10分足の予想は2本がドル高、1本が横ばいのドル円予想。

ぱっと見テクニカルとは?

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd01_17b


1時間足の予想では2本がドル高、1本が円高のドル円予想。

■■■ ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd01_17c


4時間足の予想では2本がドル高、1本が円高のドル円予想。
ではぱっと見テクニカルで売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル01_10aya


ドル円売りは7位から11位と4ランクダウン。
ドル円買いは9位から7位へと2ランクアップ。

すこしですが、ドル円買いが強いドル円予想となってきました。

同様に、ぱっと見テクニカルのパターン分析のドル円予想結果を見ると、

ぱっと見テクニカル01_10az


あいからず円安トレンドのシグナルが長期のチャートで出現しておりますが
昨晩よりすくなくなっております。

次にセントラル短資FXのみらいチャートで、同じく値動きを予想。

みらいチャートとは?

■■■ みらいチャート ドル円予想 5分足

⇒ 人に金貸して金利をGETするならソーシャルレンディング

みらいチャート01_17_13ba


みらいチャートの5分足の予想は2本
が円高、1本がドル高のドル円予想。

■■■ みらいチャート ドル円予想 1時間分足

みらいチャート01_17_13ba


みらいチャートの1時間足の予想は2本
が円高、1本がドル高のドル円予想結果。

では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近24時間+5分足

FXライブusd01_17_13


直近24時間+5分足でみたテクニカルチャートのランキング1位は
MACD。2回の取引で+111pipsの勝利をあげる結果です。

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近24時間+1時間足

FXライブusd01_17_13b


直近24時間+1時間足でみたテクニカルチャートのランキング1位はDMI
3回の取引で+34pipsの勝利をあげる結果です。

それでは、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

FXライブusd01_17_13c


DMIのシグナルは下記のとおり。
5分足 ・・・ 買いシグナル
1時間足 ・・・買いシグナル
日足 ・・・ 買いシグナル
週足 ・・・ 買いシグナル

なんと、ALL買いシグナルです!


最後にドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

■■■ ディールスコープ 1時間足【外為オンライン

ドル円の個人投資家のポジション動向を1時間足で検証。

ディールスコープusd01_17_13


個人投資家のポジションの動向を検証。

<1月16日昼11時の様子>

ドル円買いのポジション数 ・・・ 1,440,900,000
ドル円売りのポジション数 ・・・ 464,940,000

ドル円買いの投資家数 ・・・ 14,294
ドル円売りの投資家数 ・・・ 4,987

<1月17日朝10時の様子>

ドル円買いのポジション数 ・・・ 1,397,640,000
ドル円売りのポジション数 ・・・ 510,460,000

ドル円買いの投資家数 ・・・ 13,997
ドル円売りの投資家数 ・・・ 5,256


直帰で動きはないですね。少しだけドル円買いがへった程度。これは、
ドル高による利食いでしょう。

ディールスコープとは

■■■ 2013年1月17日のマーケットコメント ■■■

では、本日のマーケットコメントをDMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【17日の東京市場】

・17日の東京外国為替市場でドル円はやや買いが先行。8時時点では88.53−58円とニューヨーク市場の終値(88.37円)と比べて16銭程度のドル高水準だった。早朝の商いの薄い時間帯に一時88.59円まで値を上げた。もっとも、特段材料は伝わっておらず、東京の市場参加者の参入と日本株の取引開始待ちの状況となっている。

・ユーロ円もやや買いが先行。8時時点では117.69−74円とニューヨーク市場の終値(117.42円)と比べて27銭程度のユーロ高水準だった。朝方に一時117.75円まで値を上げた。ドル円に似た動きとなった。

・ユーロドルはもみ合い。8時時点では1.3291−96ドルとニューヨーク市場の終値(1.3287ドル)とほぼ同水準だった。新規の手掛かり材料に欠けたことで1.3290ドル前後での推移となった。

 → ソーシャルレンデイングとは?

【16日のNY市場】

・ユーロドルは小幅続落。ノボトニー・オーストリア中銀総裁が16日、CNBCとのインタビューで「ユーロ相場は現在主要な懸念事項ではない」などと述べると、ユンケル・ルクセンブルク首相(ユーログループ議長)のユーロ高けん制発言をはやして前日に売りが加速しただけに買い戻しが強まり、1.3325ドルの高値まで上げた。ただ、時間外のダウ先物が下げ幅を拡大すると投資家がリスク回避姿勢を強め、1.32565ドルの安値まで一転下落した。その後、1.3200ドルにかけて断続的に観測されている買いオーダーをバックに押し目買いが入り1.3309−12ドルまで上げたが、日通し高値の1.3325ドルを上抜け出来ず1.3270ドル台まで失速するなど、売買が交錯した。

・ドル円は続落。欧州株の下落に押され一時87.79円まで値を下げたが、ノボトニー・オーストリア中銀総裁の発言を材料にユーロ円の買い戻しが加速すると、つれる形で88円台前半まで値を戻した。欧州株が引けにかけて底堅く推移したうえ、ダウ平均が下げ幅を縮小すると、クロス円とともに買い戻しが続いた。米長期金利の低下幅縮小も相場を支え、88.66−69円まで値を戻した。この日発表された11月対米証券投資動向や12月米鉱工業生産、1月全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅市場指数などに対する市場の反応は薄かった。なお、米地区連銀経済報告(ベージュブック)では「米経済活動は全地区で穏やかに拡大している」などの見解が示された。

・ユーロ円は続落。欧州株の下落を横目に116.47円まで売りが先行した後、ノボトニー・オーストリア中銀総裁の発言を好感して117.61−66円までショートカバーが進んだ。時間外のダウ先物が下げ幅を拡大すると116.65−70円まで下押ししたが、欧米株価が下げ幅を縮小すると118.01−06円まで値を伸ばした。もっとも、118円台での滞空時間が短く頭の重さが嫌気されて117.30円台まで下げるなど、荒い値動きとなった。

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は6営業日ぶりに反落。新鋭中型機「787」の機体トラブルが相次いだボーイングが3%超下落し、指数の重しとなった。前日までに5日続伸した反動から、利益確定の売りが出やすい面もあった。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに反発した。時価総額の大きいアップルが4%超高となり指数を押し上げた。

・米国債券相場で長期ゾーンは4日続伸。米連邦債務の上限引き上げを巡る与野党協議が難航するとの懸念が根強いなか、安全資産としての債券買いが見られた。ただ、米国株が下げ幅を縮小したうえ、米地区連銀経済報告(ベージュブック)で「米経済活動は全地区で穏やかに拡大している」との見解が示されたため、債券需要が後退し上値が切り下がった。

・原油先物相場は反発。93ドル台半ばでのもみ合いが続いていたが、週間在庫統計の発表をきっかけに上昇。原油在庫が前週比95万バレル減少と市場予想平均の前週比220万バレル増加に反して減少したことなどを受けて、需給逼迫懸念を意識した買いが入った。フロアー取引では一時94.36ドルまで上昇する場面があった。

・金先物相場は3営業日ぶりに反落。対ユーロでドル買いが進んだことを受けて、ドルの代替資産とされる金に売りが出た。時間外取引では一時1673.0ドルまで下押し。もっとも、フロアー取引ではドルが戻り売りに押された影響で前日終値付近まで下値を切り上げる展開に。手掛かり材料に乏しかったこともあり、やや方向感を欠いた動きとなった。

⇒ ディールスコープとは
⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

ユーロ円予想 1月10日午後6時 by ぱっと見テクニカル、FXライブ

1月10日午後6時のユーロ円の予想を下記のツールをつかってだした結果を
公開します。

投資する際の目安につかってください。

■■■ 13年1月10日の各種予想 ■■■

 ⇒ 午後10時におこなった長期のドル円予想
 ⇒ 午後2時におこなった長期のドル円予想
 ⇒ 昨日の米国市場・昼のアジア市場のマーケット
 ⇒ 本日のアジア市場・欧州市場


■ 各FX業者が無料で提供するFX予測ツール一覧 ■

FXプライムぱっと見テクニカル
セントラル短資FXみらいチャート
セントラル短資FXFXライブ
外為オンラインディールスコープ

 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 13年1月10日のユーロ円予想 ■■■

午後6時ちょっと前の為替相場をキャプチャしました。

SBIFXTRADEスプレッド評判01_10a

※参考までにスプレッド比較1位のSBIFXTRADEの取引画面からキャプチャ

 ⇒ SBIFXTRADEの評判

同じくSBIFXTRADEのチャート画面を検証。

ユーロ円は115円台。ドル円は88円台の為替相場です。昨日からくらべて
若干の円安モード。では、チャート形状を検証。

■■■ ユーロ円10分足・1時間・4時間・1日足チャート

SBIFXTRADEチャートeur01_10_13


直近で円安がすすんだユーロ円です。ただし、それももはや息切れ。
今後をFXプライムのぱっと見テクニカルで予想します。

■■■ ユーロ円10分足予想 *FXプライムぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur01_10a


2本が円高、1本がユーロ高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur01_10b


1時間足の予想では3本ともユーロ高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur01_10c


4時間足の予想では2本がユーロ高、1本が円高のユーロ円予想です。

次にセントラル短資FXみらいチャート予想です。

 ⇒ みらいチャートとは?
 
■■■ みらいチャート ユーロ円予想 5分足

みらいチャート01_10_13eur_2


5分足では、2本が横ばい、1本が円高のユーロ円予想です。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1時間足

みらいチャート01_10_13eur_3


1時間足では、2本がユーロ高、1本が円高へいくユーロ円予想です。

次に同じくFXライブでユーロ円のテクニカル指標ランキングを・・・

 ⇒ FXライブとは?

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近1週間+5分足

FXライブeur01_10_13b


直近1週間+5分足でみたパフォーマンスランキング1位はMACD。
28回の取引で+172pipsの勝利。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近1ヶ月間+5分足

FXライブeur01_10_13c


直近1ヶ月間+5分足でみたパフォーマンスランキング1位はMACD。
467回の取引で+328pipsの勝利。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近1週間+1時間足

FXライブeur01_10_13a


直近1週間+1時間足でみたパフォーマンスランキング1位は移動平均。
5回の取引で163pipsのパフォーマンスをあげております。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近1ヶ月間+1時間足

FXライブeur01_10_13c


直近1ヶ月間+1時間足でみたパフォーマンスランキング1位は移動平均。
14回の取引で+715pipsのパフォーマンスをあげております。

続いて、シグナルを同じくFXライブで検証。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近1年間+1時間足

FXライブeur01_10_13c


直近1年間+1時間足でみたパフォーマンスランキング1位は移動平均。
971回の取引で+1702pipsのパフォーマンスをあげております。

ではこれらの売買シグナルを検証します。

FXライブeur01_10_13


MACDの予想は売・買・売・買のユーロ円予想。
移動平均の予想は買・買・買・売のユーロ円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

■■■ ディールスコープ 1時間足【外為オンライン

ドル円の個人投資家のポジション動向を1時間足で検証。

ディールスコープeur01_10_13


ユーロ円の個人投資家のポジションの動向は昨日から変化なし。

<1月9日のユーロ円ポジション数>

ユーロ円買いのポジション数 ・・・ 470,160,000
ユーロ円売りのポジション数 ・・・ 451,250,000

ユーロ円買いの投資家数 ・・・  6,260
ユーロ円売りの投資家数 ・・・  4,940

<1月10日のユーロ円ポジション数>

ユーロ円買いのポジション数 ・・・ 357,880,000
ユーロ円売りのポジション数 ・・・ 488,160,000

ユーロ円買いの投資家数 ・・・  5,132
ユーロ円売りの投資家数 ・・・  5,525


 ⇒ ディールスコープとは

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

最新のドル円ユーロ円豪ドル円予想 by ぱっと見テクニカル、FXライブ

おはようございます。
先ほどの結婚と年収と資産と放射能の考察に続いて、
ドル円ユーロ円豪ドル円を予想していきます。
個人投資家の動向から予想した記事はコチラ

・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ
・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル


 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ FX業者ツール比較

まず、現在の為替相場を確認すると、
*スワップ金利で売りの場合でランキング1位のDMMFXから抜粋。

DMMFX110710


 ⇒ DMMFX評判評価

では、ドル円の予想をFXプライムのぱっと見テクニカルを使って検証。

■■■ ドル円15分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0710aa


3本ともドル高へ反発する予想です。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0710ab


1本が円高、1本がドル高、1本が横ばい。

■■■ ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0710ac


2本が円高。ここで、売買シグナルのランキングを見てみると、

ぱっと見テクニカル0710ランキング


なんど、ドル円売が1位!ちょっと、びっくりです。
では続いて、セントラル短資のFXライブで、直近1週間で最も好調な
テクニカル指標と、その売買シグナルを検証。

FXライブusd0710ac


ストキャスティクスが唯一勝っているテクニカル指標となります。
売買シグナルは、

FXライブusd0710adc


総合判断が、全面買い有利のシグナル!
しかも、ストキャスティクスも全面買いシグナル。
これは、買いでしょう。

では、次にユーロ円を予想します。

FXプライムのぱっと見テクニカルを使って検証。

■■■ ユーロ円15分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0710aa


1本がユーロ高の予想。

■■■ ユーロ円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0710ab


2本が円高、1本がユーロ高のユーロ円予想。

■■■ ユーロ円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0710ac


3本が円高。その後1本がユーロ高へ。
では続いて、セントラル短資のFXライブで、直近1週間で最も好調な
テクニカル指標と、その売買シグナルを検証。

FXライブeur0710ac


DMI、移動平均、ボリンジャーバンドあたりがよいパフォーマンス。

FXライブeur0710adc


ただ、シグナルは総合判断ではばらばら。DMIは4つのうち3つが売り
シグナル。

豪ドル円を予想します。

FXプライムのぱっと見テクニカルを使って検証。

■■■ 豪ドル円15分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud0710aa


1本が円高の予想。

■■■ 豪ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud0710ab


3本がきれいに豪ドル高に反発する豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud0710ac


2本が円高。1本が豪ドル高。
では続いて、セントラル短資のFXライブで、直近1週間で最も好調な
テクニカル指標と、その売買シグナルを検証。

FXライブaud0710ac


ボリンジャーバンドが1位のパフォーマンス。。

FXライブaud0710adc


手前売りシグナルで、奥で買いシグナルです。

↓賞金総額505万円のFXトレードグランプリ↓
インヴァスト証券FX


FX業者スワップ金利比較
DMMFX評判
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

金曜昼のドル円ユーロ円豪ドル円最新予想 by ぱっと見、ディールスコープ、FXライブ

こんにちは。ドンドンあつくなってきた六本木です。
今週末もあつくてよいお天気らしいですね。
独りの週末というのは暇なもんです。お金を稼ぐしかないっすね。

ではでは、御昼の最新ドル円ユーロ円豪ドル円の予想いきます。

・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ
・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ FX業者ツール比較

まず、現在のドル円相場をチェック。

*私が参戦しているリアルトレードグランプリのインヴァスト証券からキャプチャ
インヴァスト証券0709a

インヴァスト証券0709aaa


ドル高のトレンドです。
では、ドル円をFXプライムのぱっと見テクニカルで予想します。

■■■ ドル円1時間分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0709aa


2本が円高へ。1本がドル高へ行く予想です。

セントラル短資のFXライブで売買シグナルは、

FXライブusd0709aa


朝と同様に総合判断で買いシグナルです。
外為オンラインのディールスコープで個人投資家のドル円売買動向を
チェック。

ディールスコープ0709ac


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 17,758人
■ ドル円売り ・・・  7,407人


朝と比べるとすこしドル円買いが増えましたね。
FXプライムで売買シグナルランキングを見ると、

ぱっと見テクニカル0709ava


ドル円買いが2位です!対して売りが9位。
次にユーロ円を予想していきます。
FXプライムのぱっと見テクニカルから。

■■■ ユーロ円1時間分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0709aa


1本が円高へ。2本がユーロ高へ行く予想です。

セントラル短資のFXライブで売買シグナルは、

FXライブeur0709aa


中立⇒買い⇒中立⇒買いの総合判断。
外為オンラインのディールスコープで個人投資家のユーロ円売買動向を
チェック。

ディールスコープ0709eac


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 5,424人
■ ユーロ円売り ・・・ 4,534人


買いが減っております。
最後に豪ドル円を予想していきます。
FXプライムのぱっと見テクニカルから。

■■■ 豪ドル円1時間分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud0709aa


1本が円高へ。2本が横ばい。

セントラル短資のFXライブで売買シグナルは、

FXライブaud0709aa


買い予想が75%をしめる総合判断です。
外為オンラインのディールスコープで個人投資家の豪ドル円売買動向を
チェック。

ディールスコープ0709aaac


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 6,070人
■ 豪ドル円売り ・・・ 3,072人


売りが増えて、買いが少し減りました。

では、午前の東京をDMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■東京市場の動き■□

【Overview】

8日の東京外国為替市場でユーロドルは小安い。10時時点では1.4352−57ドルとニューヨーク市場の終値(1.4362ドル)と比べて0.0010ドル程度のユーロ安水準だった。トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁が理事会後の記者会見でインフレへの警戒を示したほか、ポルトガル国債を引き続き担保として受け取る方針を明らかにしたことなどを受けて、前日NY時間に上昇した反動が小幅に出た。一時1.43441ドルまでじり安となった。ただ、今晩に6月米雇用統計の発表を控えて様子見気分も強く、持ち高調整の域を出なかった。

ユーロ円はもみ合い。10時時点では116.64−69円とニューヨーク市場の終値(116.66円)とほぼ同水準だった。ユーロドルの下落につれた売りで、9時30分過ぎには116.591円まで小幅に下げる場面もあった。

ドル円は10時時点では81.26−31円とニューヨーク市場の終値(81.23円)と同水準。

↓賞金総額505万円のFXトレードグランプリ↓
インヴァスト証券FX


FX業者スワップ金利比較
DMMFX評判
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

金曜朝一のドル円ユーロ円豪ドル円予想 by ぱっと見、ディールスコープ、FXライブ

おはようございます。今週も週末がやってきました。
少々、曇り気味の六本木です。

週末にかけてFXで最後のひと稼ぎ♪
朝一の最新のドル円予想・ユーロ円予想・豪ドル円予想をやります。

・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ
・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ FX業者ツール比較

ドル円をFXプライムのぱっと見テクニカルで予想します。

■■■ ドル円1時間分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0709a


円高のシグナルが2本出ておりますね。
セントラル短資のFXライブで売買シグナルは、

FXライブusd0709a


総合判断では買い有利多しです。
外為オンラインのディールスコープで個人投資家のドル円売買動向を
チェック。

ディールスコープ0709c


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 17,468人
■ ドル円売り ・・・  7,336人


売りが増えておりますね。
また、FXプライムで売買シグナルランキングを見ると、

ぱっと見テクニカル0700a


ドル円は売りが6位で買いが8位の結果です。
しかし個人投資家の動きを尊重するならば、ドル円は売り予想ですか。
ただ、円高は一時的ですぐ利食いした方がよさそうです。

次にユーロ円をFXプライムのぱっと見テクニカル予想します。

ぱっと見テクニカルeur0709a


横ばい2本、円高1本のシグナルですね。
セントラル短資のFXライブで売買シグナルは、

FXライブeur0709a


総合判断では売り⇒買い・買いといった形。
外為オンラインのディールスコープで個人投資家のユーロ円売買動向を
チェック。

ディールスコープ0709b


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 5,455人
■ ユーロ円売り ・・・ 4,365人


ユーロ円買いが一気に減りました。
最後に豪ドル円を予想します。

まずFXプライムのぱっと見テクニカル予想します。

ぱっと見テクニカルaud0709a


円高2本のシグナルですね。
セントラル短資のFXライブで売買シグナルは、

FXライブaud0709a


総合判断では売りから買いへのシグナル。
外為オンラインのディールスコープで個人投資家のユーロ円売買動向を
チェック。

ディールスコープ0709a


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 6,047人
■ ユーロ円売り ・・・ 3,232人


ユーロ円と同様に豪ドル円も買っている人が減っております。

では、昨晩のNY市場をDMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■NY市場の動き■□

【Overview】

(7日終値)

ドル・円相場(8日6時時点):前日比33銭高の1ドル=81.23円
ユーロ・円相場:同87銭高の1ユーロ=116.66円
ユーロ・ドル相場:同0.0045ドル高の1ユーロ=1.4362ドル
ダウ工業株30種平均:同93ドル47セント高の12719ドル49セント
ナスダック総合株価指数:同38.64ポイント高の2872.66
10年物米国債利回り:同0.03%高い(価格は安い)3.14%
WTI原油先物8月限:同2.02ドル高の1バレル=98.67ドル
金先物8月限:同1.4ドル高い1トロイオンス=1530.6ドル

(主な米経済指標) <発表値> <前回発表値>
6月ADP全米雇用報告 15万7000人 3万6000人・改
前週分の米新規失業保険申請件数 41万8000件 43万2000件・改
※改は改定値を表す。▲はマイナス。

・ユーロドルは3営業日ぶりに反発。欧州の取引時間帯に、米格付け会社ムーディーズがポルトガルの銀行の政府保証債を格下げしたことを理由にユーロ売りが進んだ流れを引き継いだ。米国の雇用関連指標の改善を受けて全般ドル買いが強まると、一時1.4220ドルまで値を下げた。ただ、売りが一巡すると買い戻しが優勢に。トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁は理事会後の記者会見で「金融政策のスタンスは依然として緩和的」「物価上昇リスクを考えれば利上げは必要」「インフレの上振れリスクを非常に注意深く監視する(monitor very closely)」などと述べ、利上げ余地があるとの認識とインフレへの警戒を示した。同時に「ECBはポルトガル国債に対する担保規制の適用中止する」として、格付けが引き下げられたポルトガル国債を引き続き担保として受け取る方針を決めた。欧米株価の上昇に伴うユーロ買い・ドル売りも入り、一時1.4375ドルまで値を上げた。なお、米給与計算サービス会社オートマチック・データ・プロセッシング(ADP)が発表した6月の全米雇用リポートで、政府部門を除く非農業部門雇用者数は前月比15万7000人増と予想の7万人程度増を上回ったほか、米労働省が発表した前週分の新規失業保険申請件数は41万8000件と予想の42万件程度よりも強い結果となった。

・ドル円は反発。欧金融イベントや米重要指標の発表などを控え、しばらくは80円台後半でのもみ合いが続いていたが、6月ADP全米雇用報告が予想より強い内容となったことをきっかけに買いが優勢となった。前日の高値81.12円を上抜けて、一時81.419円まで上値を伸ばした。もっとも、トリシェECB総裁の定例会見後にユーロドルが持ち直すと、対円でもドル売りが出て次第に上値を切り下げた。
・ユーロ円は3日ぶりに反発。ユーロ安・ドル高につれて一時115.533円まで値を下げたものの、売りが一巡すると買い戻しが広がった。トリシェECB総裁の発言をきっかけにユーロ買い戻しが入ったほか、欧米株高を背景に投資家のリスク許容度が改善するとの見方から円売り・ユーロ買いが進んだ。アジア時間の高値116.18円を上抜けて、一時116.809円まで値を上げた。

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は続伸。5月10日以来およそ2カ月ぶりの高値水準となった。ADPが発表した6月の全米雇用リポートや、米労働省が発表した前週分の新規失業保険申請件数が予想より強い内容となった。米雇用情勢の持ち直しで、景気の先行きに対する期待感が高まり買いが優勢となった。米小売各社が発表した6月既存店売上高が市場予想を上回ったことも相場の押し上げ要因となり、ダウ平均は一時120ドル超上げた。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は8日続伸した。4月29日の高値水準。

★ ソーシャルレンディングとは個人間金融。個人に貸して金利10%!
 ⇒ ソーシャルレンディング 比較

・米国債券相場は3日ぶりに反落。ADPが発表した6月の全米雇用リポートや、米労働省が発表した前週分の新規失業保険申請件数が予想より強い内容となり「安全資産」とされる債券に売りが出た。もっとも、明日に6月米雇用統計を控えて、売りが一巡した後は様子見ムードが広がった。

・原油先物相場は反発。ADPが発表した6月の全米雇用リポートや米労働省が発表した前週分の新規失業保険申請件数など米雇用指標がいずれも強い結果となったことを受けて、米雇用市場に対する先行き不透明感が後退すると、エネルギー需要増を期待する買いが入った。一時99.42ドルと6月15日以来の高値を付ける場面も見られた。もっとも、米エネルギー省が発表した週間在庫統計で原油在庫が前週比で88.9万バレル減少となり、市場予想平均の前週比250万バレル減少を上回ったことが明らかになると上げ幅を縮めた。

・金先物相場は3日続伸。トリシェECB総裁が定例記者会見で追加利上げ余地とインフレ警戒姿勢を示したことで、外国為替市場では対ユーロなどでドル売りが優勢に。ドルと逆相関が生じやすいとされる金に買いが入った。半面、ADPが発表した6月の全米雇用リポートが市場予想を大幅に上回る結果となり、投資家のリスク志向が高まったため、安全資産としての需要は低下。ECBが格付けを引き下げられたポルトガル国債を引き続き担保として受け入れる方針を示し、欧財政懸念がやや緩和したことも重しとなったため、上げ幅も限られた。

↓賞金総額505万円のFXトレードグランプリ↓
インヴァスト証券FX


FX業者スワップ金利比較
DMMFX評判
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

七夕昼最新ドル円ユーロ円豪ドル円予想 ドル円売り続行!

七夕の朝一でとったドル円売ポジションが若干プラスになってきた御昼です。

今日は涼し目の六本木です。御昼になって太陽が出てきてちょっとアツク
なってきましたかね。

さて、ドル円の売りポジションをどうするかも含めて、
七夕御昼のドル円ユーロ円豪ドル円の予想を行います!

・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ
・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ FX業者ツール比較

*私が参戦しているリアルトレードグランプリのインヴァスト証券からキャプチャ
インヴァスト証券0707z


インヴァスト証券0707aa


チャート的には利食いしてもよさそうなところです。
では、ドル円をFXプライムのぱっと見テクニカルで予想します。

■■■ ドル円1時間分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0707azb


1本が円高予想。ただし、結構いい勢いで円高にいく予想です。
2本がドル高予想ですね。

セントラル短資のFXライブで売買シグナルは、

FXライブusd0707zab


総合判断では全て買い有利のシグナルです。
また、FXプライムの売買シグナルランキングでは、

ぱっと見テクニカル0707aa


ドル円売りは4位に対して、買いが14位。
ここは迷う所です。FXライブの総合判断ALL買いといっても指標別
では、ちょいちょい売りがあります。

ここは、まだドル円売りを持ちます。

次にユーロ円の予想です。

FXプライムのぱっと見テクニカルで予想します。

■■■ ユーロ円1時間分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0707azb


ユーロ円は2本がかなりのユーロ高の予想です。

セントラル短資のFXライブで売買シグナルは、

FXライブeur0707zab


MACDがALL買いシグナルですね。

最後の豪ドル円の予想です。

FXプライムのぱっと見テクニカルで予想します。

■■■ 豪ドル円1時間分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud0707azb


豪ドル円は1本が円高の予想。

セントラル短資のFXライブで売買シグナルは、

FXライブaud0707zab


総合判断で手前売りから長期で買いといったシグナルです。

では、午前の東京市場をDMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■東京市場の動き■□

【Overview】

7日の東京外国為替市場で豪ドル米ドルは急伸。12時時点では1.0755−60米ドルとニューヨーク市場の終値(1.0701米ドル)と比べて0.0054米ドル程度の豪ドル水準だった。オーストラリア(豪)連邦統計局が7日発表した6月の豪雇用統計で、新規雇用者数は2万3400人増と市場予想平均の1万5000人増を上回った。豪労働市場の改善が示されたとして買いが優勢に。前日高値の1.0734米ドルを上抜け、12時過ぎには1.0761米ドルまで値を伸ばした。なお、同時に発表された豪失業率は4.9%と市場予想平均の4.9%と同じだった。

ドル円は上値が重い。12時時点では80.82−87円とニューヨーク市場の終値(80.90円)と比べて8銭程度のドル安水準だった。仲値決済に向けた実需のドル買いで、10時前には81.02円まで上げた。ただ、その後は対豪ドルでのドル売り圧力に押される展開に。「米財務省は議会が8月2日までに債務上限の引き上げに失敗した場合のデフォルト回避の手段を検討している」との一部報道を受けたドル売りも散見され、11時40分過ぎには80.80円と前日安値の80.769円に接近した。

★ ソーシャルレンディングとは個人間金融。個人に貸して金利10%!
 ⇒ ソーシャルレンディング 比較

ユーロドルは強含み。12時時点では1.4339−44ドルとニューヨーク市場の終値(1.4317ドル)と比べて0.0022ドル程度のユーロ高水準だった。米債務上限の問題を意識したユーロ買い・ドル売りで、11時40分過ぎには1.43478ドルまで上げた。ただ、欧州財政問題が再燃しているほか、今晩

ユーロ円はもみ合い。12時時点では115.89−94円とニューヨーク市場の終値(115.79円)と比べて10銭程度のユーロ高水準だった。午前の高値は116.039円、安値は115.825円で値幅は21銭程度と狭かった。

↓賞金総額505万円のFXトレードグランプリ↓
インヴァスト証券FX


FX業者スワップ金利比較
DMMFX評判
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

七夕にドル円を売った!朝一のドル円ユーロ円豪ドル円予想 by ぱっと見&FXライブ

おはようございます。七夕ですね。

七夕の六本木は曇り気味ですが雨はふってない模様。

向かいのマンションの木も風になびいてないし、無風状態です。
室内は暑がりですので、エアコンつけてるからいいですが、これで、気温が
高くむしあつかっら嫌ですね。本当に地下鉄で通勤している元彼女が痴漢に
あわないか少し心配してしまいます。よい七夕を過ごしてもらいたいです。

って、前置きが長くなりましたが、今朝の最新のドル円ユーロ円豪ドル円
の予想をFXツールを駆使して、予想していきます。

・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ
・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ FX業者ツール比較

まず、FXプライムのぱっと見で今後のドル円の予想を行います

■■■ ドル円1時間分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0707zb


2本が円高予想。

セントラル短資のFXライブで直近24時間最大パフォーマンス
テクニカル指標は・・・

FXライブusd0707zb


昨晩からボリンジャーバンドが1位です!
RSIも上昇してきました。
では売買シグナルを見てみると、

FXライブusd0707zc


2本が円高の予想。
ちなみにFXプライムでの売買シグナルランキングは、

ぱっと見テクニカル0707a


売りでドル円が3位、買いでドル円が5位と拮抗しております。
売りで出ている4つのシグナルの詳細を見てみると、、

ぱっと見テクニカル0707ab


・・・ここは円高予想で、ドル円売りか!?

ということで、ドル円を売りました。

*私が参戦しているリアルトレードグランプリのインヴァストよりキャプチャ
インヴァスト証券0707a


インヴァスト証券0707b


ロスカットは83.350円に設定。
よーそろー。このトレードの積み重ねの先には億万長者の夢が・・

次はユーロ円を予想。

■■■ ユーロ円1時間分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0707zb


2本がユーロ高予想。

セントラル短資のFXライブで直近24時間最大パフォーマンス
テクニカル指標は・・・

FXライブeur0707zb


ボリンジャーバンド、MACD、移動平均、DMIがプラス。
売買シグナルを検証すると・・・

FXライブeur0707zc


総合判断で売り有利。
最後は豪ドル円を予想。

■■■ 豪ドル円1時間分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud0707zb


直近一本が円高だが、結局2本が豪ドル高の予想。

セントラル短資のFXライブで直近24時間最大パフォーマンス
テクニカル指標は・・・

FXライブaud0707zb


MACDのみプラス。
売買シグナルを検証すると・・・

FXライブaud0707zc


売りから買いへ転換する総合判断です。

では、NY市場をDMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■NY市場の動き■□

【Overview】

6日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルは続落。終値は1.4317−22ドルと前日NY終値(1.4428ドル)と比べて0.0111ドル程度のユーロ安水準だった。一時6月28日以来の安値となる1.42858ドルまで値を下げた。欧州の財政不安が改めて意識されるなか、中国人民銀行が1年物預金金利と貸出金利を0.25%引き上げると発表。欧州株価が下落し投資家がリスク回避姿勢を強めるとユーロ売り・ドル買いが優勢となった。米サプライマネジメント協会(ISM)が発表した6月非製造業指数(NMI)が市場予想を下回り、米国株価が失速すると売りが加速した。もっとも、その後は米国株が持ち直したこともあり、1.43ドル台を回復して取引を終えた。

ドル円は反落。終値は80.90−95円と前日NY終値(81.06円)と比べて16銭程度のドル安水準となった。対ユーロや豪ドルなどでドル買いが強まった影響を受けて一時81.12円とアジア時間に付けた日通し高値に面合わせする場面もあったが、クロス円が下落したことにつれて徐々に上値を切り下げた。予想を下回る米経済指標もドル売りを誘い、一時80.769円まで値を下げた。なお、豪ドル米ドルは中国の利上げを受け、一時1.0655米ドルまで売られた。

★ ソーシャルレンディングとは個人間金融。個人に貸して金利10%!
 ⇒ SBIソーシャルレンディング

ユーロ円は続落。終値は115.79−84円と前日NY終値(116.94円)と比べて1円15銭程度のユーロ安水準。前日のポルトガル国債の格下げを受け、ユーロ周辺国の国債保証コストが上昇し相場を圧迫。中国の利上げや米経済指標が予想より弱い内容となったことも投資家のリスク回避姿勢を強めた。ダウ平均がマイナス圏に沈んだタイミングで一時115.551円まで値を下げた。

6日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は反発。終値は前日比56ドル15セント高の12626ドル02セントだった。5月12日以来およそ2カ月ぶりの高値水準となった。中国の利上げや6月米ISM非製造業指数が市場予想を下回ったことなどが嫌気されて、前日比マイナス圏に沈む場面もあったが、売りが一巡すると徐々に下値を切り上げた。世界経済や米経済の先行きに対する楽観的な見方から買いが優勢となった。市場では「ISM指数自体は予想を下回ったが、個別指数の雇用が上昇し雇用環境が持ち直しているとの見方が浮上した」との指摘があり、8日の6月米雇用統計が良好な内容になるとの期待から買いが入った面もある。個別では、IBMやキャタピラー、3Mなどの上昇が目立った。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は7日続伸し、同8.25ポイント高の2834.02で取引を終えた。5月31日の高値水準となった。

↓賞金総額505万円のFXトレードグランプリ↓
インヴァスト証券FX


FX業者スワップ金利比較
DMMFX評判
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

月曜朝一のドル円予想 by ぱっと見&ディールスコープ&FXライブ

おはようございます。
先週末はとても、充実した日々をすごせました。
あの彼女と別れて依頼、もんもんとしておりましたが、そろそろ、100%
復活といきたい所です。

さて、今朝のドル円予想を行った所、月曜日という事で、ポジションを取る
事は控えます。いったん、週末のブランクをうめるためにも、最初は、
マーケットになれる事から。
インヴァスト証券のリアルトレードグランプリに参戦中 賞金総額505万円!

元リーマン社員のドル円予想方は、下記の通りです。FX業者が無料で提供
するツールを使って予測した結果を参考にトレードしてます。

・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ
・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ FX業者ツール比較

では、早速ドル円月曜朝一の予想を行っていきます。
長期のドル円・ユーロ円・豪ドル円予想はコチラです。

インヴァスト証券からキャプチャ
インヴァスト証券0704


80円後半。

■■■ ドル円1時間足チャート*インヴァスト証券より

インヴァスト証券110704


チャートを見る限りはドル円を買いたくなるチャートです。
それでは、セントラル短資のFXライブで直近24時間で最も調子が
よかったテクニカル指標と、その売買シグナルをチェックすると、

FXライブ0704


RSIとボリンジャーバンドが1位と2位。特にボリンジャーバンドは18
回も売買しているので、信頼性が高そう。では、その売買シグナルを見ると

FXライブ0704a


総合判断は短期売り、中長期買いといった感じですが、ボリンジャーバンド
は買いのシグナル一色!

ここで、FXプライムのぱっと見テクニカルの形状比較で今後のドル円を
予想すると、

ぱっと見テクニカル0704d


売り2本買い1本の予想。ただ、買いシグナルの上昇曲線がまぶしい。
続いて、ランキングを見てみると、

ぱっと見テクニカル110704b


こちらは、ドル円買いが9位に対して、売りが5位。
・・・これだけ見ると、やはりドル円買いだと思いますが・・
最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープ
でチェック!

ディールスコープ0704e


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 18,800人
■ ドル円売り ・・・  5,038人


全体としては、ドル円を買っている人はそれほど増えてはおりません。
ただ、売っている人も同様で若干売りが減った程度です。

↓賞金総額505万円のFXトレードグランプリ↓
インヴァスト証券FX


★ ソーシャルレンディングとは個人間金融。個人に貸して金利10%!
 ⇒ ソーシャルレンディング比較
FX業者スワップ金利比較
DMMFX評判
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

水曜お昼のドル円ユーロ円豪ドル円予想 ぱっと見&FXライブ

昼もFXプライムのぱっと見テクニカルとセントラル短資のFXライブの
売買シグナルなどを見ていきましょう。

 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ FX業者ツール比較

◆◆ ドル円 FXプライムのぱっと見テクニカル 1時間足 形状比較

ぱっと見テクニカル629a


2本がドル高を予想しております。シグナルランキングは。

ぱっと見テクニカル110629aav


ドル円買いが5位に対して売りが13位。

 ⇒ ソーシャルレンディング比較

◆◆ ドル円 セントラル短資のFXライブ形状比較

ぱっと見テクニカル629a


短期では売り、長期では買いといった結果。

ユーロ円いきましょう。

◆◆ ユーロ円 FXプライムのぱっと見テクニカル 1時間足 形状比較

ぱっと見テクニカル629aa


2本がユーロ高を予想しております。

◆◆ ユーロ円 セントラル短資のFXライブ形状比較

ぱっと見テクニカル629a


売り⇒買い⇒売り⇒買いと総合判断がジグザグですね。
最後は豪ドル円です。

◆◆ 豪ドル円 FXプライムのぱっと見テクニカル 1時間足 形状比較

ぱっと見テクニカル629ada


1本が豪ドル高、1本が横ばい、1本が円高予想。

◆◆ 豪ドル円 セントラル短資のFXライブ形状比較

ぱっと見テクニカル629da


売りが目立つ予想です。

↓賞金総額505万円のFXトレードグランプリ↓
インヴァスト証券FX


DMMFXから抜粋
FX業者スワップ金利比較
DMMFX評判
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
 東大式FX攻略法

みんなのFX

元リーマン社員限定タイアップ企画
FXプライムbyGMO「選べるミラートレーダー」

FXプライム[直トレFX]

アイネットFX
元LB社員が取引に使うFX業者
SBIFXTRADE評判  ドル円0.27銭SBIFXトレード
豪ドル円0.99/ユロ円0.69/ポン円1.19
1$から取引可/スプレッド4桁表示
住信SBIネット銀行50%出資のSBIG

GMOクリック証券FX評判  株も売買可GMOクリック証券
米ドル/円0.3銭原則固定
YAHOO出資企業/資産2000億円
8万人使用iClickFXNEO/FXroid
最新キャッシュバック特集
カテゴリー別の記事
livedoor プロフィール
免責事項
当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び私に関係する全ての方は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。

外為どっとコム
DMM FXは初心者向け
ドル円予想に使うFXツール
FXツール FXプライム byGMOのぱっと見テクニカル

過去12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想する機能
ぱっと見テクニカルツールa
⇒ ぱっと見テクニカルの評判評価
ドル円スプレッド比較
原則固定
(例外あり)
FX業者名
0.3銭  外為どっとコム
0.3銭 GMOクリック証券評判 GMOクリック証券
0.3銭 YJFX評判 YJFX!
0.3銭原則固定 DMMFX評判 DMMFX
0.4銭 みんなのFX評判 みんなのFX
0.6銭原則固定 FXプライム評判 FXプライム byGMO
0.7-1.0銭 アイネットFX評判 アイネット証券
0.9銭 ライブスター証券
株もFXも GMOクリック評判 GMOクリック証券
カブドットコム評判 カブドットコム証券

元リーマン社員がメディア掲載
元リーマンブラザーズ社員が取材①元リーマンブラザーズ社員が取材②
雑誌「BIG TOMORROW」5月号で取材受けて記事になりました。
⇒ 現在4.5万人超フォロワー!
元気の源!為替ブログランキング
皆様のクリックが・・・
元リーマン社員を救います!!


人気ブログランキング
最高、17位でファイト!

為替ブログ村
為替日記は、最高8位!
  • ライブドアブログ