元リーマン社員がFXツールでドル円予想

リーマンブラザーズに勤務した経験からビリオネアになる最短の方法はトレードしかないと確信し、トレードの中でも。最も少額で始められて、かつ、最もレバレッジが高くできるFXで財を成す事を決意しました。現在、ドル円をFXツールを駆使して予想し、その結果から売買するシステムトレードちっくな手法で売買を行い、まずは、ミリオネアへの道を目指しております。FXツールはFXプライム byGMOのぱっと見テクニカルを使っております。

 
 売買レート・チャート・リアルタイム売買比率表示ツールはみんなのFXより
0.3銭原則固定(例外あり)  外為どっとコム
0.3銭原則固定  GMOクリック証券
 FXトレーディングS
 YJFX!
 DMMFX
0.6銭原則固定  FXプライム byGMO
0.9銭原則固定  ライブスター証券
0.7〜1銭  アイネット証券
オススメ  ひまわり証券

FXライブ売買シグナル

DMM FX

ドル円予想 1月23日昼12時 by ぱっと見テクニカル、FXライブ、みらいチャート

昨晩からトレンドが見えづらいドル円相場ですが、そんな時こそツールが役に
立ちます。

早速ですが、私が参考としている下記のドル円予想を公開してまいります。

FX初心者は確認する事は、必ずプラスになりますので、確認しておく事を
おすすめします!

■■■ 13年1月23日のドル円予想につかったツール ■■■

FXプライムぱっと見テクニカル
セントラル短資FXみらいチャート
セントラル短資FXFXライブ
外為オンラインディールスコープ


現在のドル円相場は・・・

■■■ 13年1月23日のドル円予想 ■■■

本日昼12のドル円相場。

SBIFXTRADEスプレッド評判01_23

※参考までにスプレッド比較1位のSBIFXTRADEの取引画面からキャプチャ

SBIFXTRADEの評判

ドル円は88円台。ユーロ円も118円台。ついに大台のレベルに達した後
円高へ反発しております。

■■■ ドル円ユーロ円10分足・1時間・4時間・1日足チャート

SBIFXTRADEチャート1_23_13


ドル円もユーロ円もこうみると、円に足しては似たような動きをしている事が
わかります。どちらも直近では円高トレンドです。

では今後のドル円をぱっと見テクニカルを使って検証します。
ぱっと見テクニカルFXプライムが提供する分析ツールです。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd01_23a


10分足の予想は3本ともにドル高へむかうドル円予想。

ぱっと見テクニカルとは?

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd01_23b


1時間足の予想では2本が円高、1本がドル高のドル円予想。

■■■ ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd01_23c


4時間足の予想では1本が円高、2本がドル高のドル円予想。

ではぱっと見テクニカルで売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル01_10aya


ドル円売りはなんと2位から最下位へと大転落です。。
そしてドル円買いも10位から9位へ1ランクアップしておりますが、
この結果から、ドル円買いが若干強いといったドル円予想の結果です。

つぎに、ぱっと見テクニカルのパターン分析のドル円予想結果を見ると、

ぱっと見テクニカル01_10az


ドル円は長い時時間軸で買いALL一色のシグナルが発生しております。

次にセントラル短資FXのみらいチャートで、同じく値動きを予想。

みらいチャートとは?

■■■ みらいチャート ドル円予想 5分足

みらいチャート01_23_13ba


みらいチャートの5分足の予想は2本
が円高、1本がドル高のドル円予想結果。

■■■ みらいチャート ドル円予想 1時間足

みらいチャート01_23_13ba


みらいチャートの1時間足の予想は1本
が円高、2本が横ばいのドル円予想結果。

では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近24時間+5分足

FXライブusd01_23_13


直近24時間+5分足でみたテクニカルチャートのランキング1位は
ボリンジャーバンド。ただ、負けてます。

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近1週間+5分足

FXライブusd01_23_13b


直近1週間+5分足でみたテクニカルチャートのランキング1位は
同じくMACD。9回の取引で+143pipsの勝利。

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近1週間+1時間足

FXライブusd01_23_13c


直近1週間+1時間足でみたテクニカルチャートのランキング1位も
同じくMACD。2回の取引で+152pipsの勝利。

それでは、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

FXライブusd01_23_13c


MACDのシグナルは下記のとおり。
5分足 ・・・ 買いシグナル
1時間足 ・・・売りシグナル
日足 ・・・ 売りシグナル
週足 ・・・ 買いシグナル


最後に冒頭でも紹介したドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

■■■ ディールスコープ 1時間足【外為オンライン

ドル円の個人投資家のポジション動向を1時間足で検証。

ディールスコープusd01_21_13


個人投資家のポジションの動向を検証。

<1月19日朝7時の様子>

ドル円買いのポジション数 ・・・ 1,010,170,000
ドル円売りのポジション数 ・・・ 546,570,000

ドル円買いの投資家数 ・・・ 10,732
ドル円売りの投資家数 ・・・ 6,073

<1月23日昼12時の様子>

ドル円買いのポジション数 ・・・ 1,417,340,000
ドル円売りのポジション数 ・・・ 495,590,000

ドル円買いの投資家数 ・・・ 14,916
ドル円売りの投資家数 ・・・ 5,087


おお。ドル円買がずっと増加している。。これは再び90円台を突破する
という個人投資家の強い意志の表れかもしれません。

ディールスコープとは

■■■ 2013年1月23日のマーケットコメント ■■■

では、本日のマーケットコメントをDMMFXから抜粋。

DMMFX評判評価

【23日の東京市場】

・23日の東京外国為替市場でドル円は買い一服。12時時点では88.67−72円とニューヨーク市場の終値(88.70円)とほぼ同水準だった。仲値に向けた買いが一巡すると、日経平均株価の買い戻しが一服した影響もあって上値が重くなった。半面、市場からは「国内輸入企業が散発的に買いを入れていた」との声も聞かれており、下げ幅も限定的。88.70円を挟んだレンジ内でのもみ合いとなった。

・ユーロドルは伸び悩み。12時時点では1.3316−21ドルとニューヨーク市場の終値(1.3321ドル)とほぼ同水準だった。10時過ぎに1.3330ドルまで上昇したものの、その後は伸び悩み。豪ドル米ドルなどの下げにつれて1.3310ドル台まで下押しした。なお、豪ドル米ドルはスワン豪副首相兼財務相が「抑制されたインフレが豪準備銀行(RBA)に利下げの余地を与えている」と発言したことを手掛かりに売りが進み、一時1.0527米ドルまで下落する場面があった。
・ユーロ円は12時時点では118.08−13円とニューヨーク市場の終値(118.19円)と比べて11銭程度のユーロ安水準。10時過ぎに118.34円まで上げたが、その後は株安などが重しとなって117.97−118.02円まで戻り売りに押された。

話題沸騰中のソーシャルレンディングとは?

【21日のNY市場】

・ユーロドルは3営業日ぶりに小幅反発。「独大手銀行が投資銀行業務の分割を求められた」との報道や、「バイトマン独連銀総裁が辞任する」との噂が伝わると、欧州株や時間外のダウ先物の下げ幅拡大とともに売りが加速した。一時1.3267ドルまで急落した。ただ、独連銀がバイトマン総裁辞任の噂を否定したうえ、1月独ZEW景況感指数がプラス31.5と市場予想のプラス12.0を上回ったことが分かると、1.3365−68ドルまで一転買い戻された。

・もっとも、欧州時間の高値1.3372ドルを上抜けることが出来ず、株価も戻りの鈍い展開となったため、1.33ドル台前半まで失速した。ユーロポンドの下げが加速した影響も受けたうえ、市場では「リアルマネーやCTA(商品投資顧問)の売りが散見された」との指摘があり、1.3277−80ドルまで下押しした。その後、欧州時間の安値1.3267ドルをサポートとした買いに下値を支えられたほか、ダウ平均の上げ幅拡大に伴い1.3326−29ドルまで値を戻した。

・ユーロ円は大幅に3日続落。独大手銀行絡みの報道や独連銀総裁辞任の噂が売り材料とみなされ、一時117.32円まで急落した。ただ、独連銀総裁辞任の噂が否定され、1月独ZEW景況感指数が予想を上回ったことがショートカバーを促すと118.67−72円まで値を戻した。

・22日発表された1月米リッチモンド連銀製造業景気指数はマイナス12と市場予想平均のプラス4を下回った。12月米中古住宅販売件数も494万件と市場予想平均の510万件を下回り、ドル円やダウ平均が下落すると、つれる形で117.57−62円まで下押しした。ただ、その後のダウ平均が底堅く推移したため118円台前半まで下値が切り上がった。

・ドル円は大幅続落。ユーロ円が急落した後、買い戻された流れに沿って、88.365円から88.96−99円まで値を戻した。米長期金利の上昇も相場を支えた。ただ、89.00円手前で上値の重さが確認されると、弱い米経済指標を受けて88.50−53円まで失速した。米長期金利が低下に転じたことも売りを誘ったうえ、ドイツキリスト教民主同盟(CDU)のマイスター議員が「ドイツはG20で円相場を取り上げる可能性」「日本の経済問題は構造であり、円相場に起因していない」などとコメントしたことが嫌気された面もあった。売りが一巡するとダウ平均が持ち直すにつれて88円台後半まで値を戻した。

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸。2007年12月10日以来の高値を更新した。1月米リッチモンド連銀製造業景気指数や12月米中古住宅販売件数が予想を下回ったことを受けて一時弱含んだ。ただ、米主要企業の決算内容が良好だったことを背景に上げに転じ、上げ幅を拡大した。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は反発した。2012年10月4日以来の高値を付けた。

・米国債券相場で長期ゾーンは横ばい。1月米リッチモンド連銀製造業景気指数や12月米中古住宅販売件数がいずれも予想を下回り、安全資産とされる債券買いが強まった。ただ、米国株相場の上げ幅拡大が重しとなり、上値が切り下がった。

・原油先物相場は4日続伸。終値ベースでは9月17日(96.62ドル)以来、およそ4カ月ぶりの高値水準となる。1月独ZEW景況感指数が市場予想よりも強い結果となったことや、米株相場の上昇を手掛かりに、投資家のリスク許容度改善を意識した買いが進んだ。12月米中古住宅販売件数は予想より弱い結果となったものの、相場の反応は限定的だった

・金先物相場は反発。午前中は利食い売りなどに押され、一時1684.8ドルまで下げる場面があった。その後は1月独ZEW景況感指数の大幅改善や日銀の追加金融緩和決定を意識した買いが進み、取引終盤にかけては高値圏でのもみ合いとなった。もっとも、キング牧師誕生日に伴う休場明けとあって、商いは低調だった。

DMMFX評判評価
ディールスコープとは
FX業者の取引画面を比較
FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
FXスワップ金利比較
FXスマホ比較
FXツール比較
FXスペック比較
DMMFX

トップに戻る
DMM FX

ユーロ円予想 1月15日午後5時 by ぱっと見テクニカル、FXライブ

1月15日午後5時のユーロ円の予想を下記のツールを駆使して行った結果
を掲載します。

■■■ 13年1月15日の各種予想 ■■■

 ⇒ ドル円予想
 ⇒ 昨日の米国市場・昼のアジア市場のマーケット


投資する際の目安につかってください。

■ 各FX業者が無料で提供するFX予測ツール一覧 ■

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカル
 ⇒ セントラル短資FXみらいチャート
 ⇒ セントラル短資FXFXライブ
 ⇒ 外為オンラインディールスコープ

 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 13年1月15日のユーロ円予想 ■■■

午後6時ちょっと前の為替相場をキャプチャしました。

SBIFXTRADEスプレッド評判01_15a

※参考までにスプレッド比較1位のSBIFXTRADEの取引画面からキャプチャ

 ⇒ SBIFXTRADEの評判

同じくSBIFXTRADEのチャート画面を検証。

ユーロ円は118円台。ドル円は88円台の為替相場。朝からくらべて若干
の円高。

■■■ ユーロ円10分足・1時間・4時間・1日足チャート

SBIFXTRADEチャートeur01_15_13


ユーロ円は円高へ反発しました。

今後をFXプライムのぱっと見テクニカルで予想します。

■■■ ユーロ円10分足予想 *FXプライムぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur01_15a


2本が横ばい、1本がユーロ高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur01_15b


1時間足の予想では2本がユーロ高、1本が円高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur01_15c


4時間足の予想では2本がユーロ高、1本が円高のユーロ円予想です。

次にセントラル短資FXみらいチャート予想です。

 ⇒ みらいチャートとは?
 
■■■ みらいチャート ユーロ円予想 5分足

みらいチャート01_15_13eur_2


5分足では、1本が横ばい、1本が円高、1本がユーロ高のユーロ円予想。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1時間足

みらいチャート01_15_13eur_3


1時間足では、1本がユーロ高、2本が円高へいくユーロ円予想です。

次に同じくFXライブでユーロ円のテクニカル指標ランキングを・・・

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近1週間+5分足

FXライブeur01_15_13b


直近1週間+5分足でみたパフォーマンスランキング1位はボリンジャー
バンド。110回の取引で+443pipsの勝利。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近1週間+1時間足

FXライブeur01_15_13c


直近1週間+1時間足でみたパフォーマンスランキング1位は移動平均。
3回の取引で+616pipsの勝利。
続いて、シグナルを同じくFXライブで検証。

FXライブeur01_15_13

ボリンジャーバンドのシグナルは下記のとおり。
 5分足 ・・・ 売りシグナル
 1時間足 ・・・売りシグナル
 日足 ・・・ 買いシグナル
 週足 ・・・ 買いシグナル


では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

■■■ ディールスコープ 1時間足【外為オンライン

ドル円の個人投資家のポジション動向を1時間足で検証。

ディールスコープeur01_15_13


ユーロ円の個人投資家のポジションの動向は昨日から変化なし。

<1月15日のユーロ円ポジション数>

ユーロ円買いのポジション数 ・・・ 428,530,000
ユーロ円売りのポジション数 ・・・ 380,320,000

ユーロ円買いの投資家数 ・・・  5,721
ユーロ円売りの投資家数 ・・・  4,797


ユーロ円は個人投資家がユーロの買いを増やし続けております。

 ⇒ ディールスコープとは

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

物凄いツールでドル円予想 1月12日午前7時

FX御者提供の物凄いツールが日本にはあります。

テクニカルチャートの自動分析ツールです・・・

FX投資で最も重要な

”トレンド”

を自動で分析してくれます。

トレンドがわかると、そのトレンドに対して投資する事で莫大な金を稼ぐ事

が出来るだけでなく、自然とテクニカル分析の感覚がみにつく事が出来る訳

です。

無料ですので、これは確実にGETして確認した後に投資をするべきです。

FXプライムぱっと見テクニカル
セントラル短資FXみらいチャート
セントラル短資FXFXライブ
外為オンラインディールスコープ

では、そんなツールのドル円予想結果を大公開していきます。

みなさん予想結果をしっかり見極めて取引してまいりましょう。

※ 各ツールの結果をそのままキャプチャし大公開しておりますので、
  投資する際の目安につかってください。

■■■ 13年1月12日のドル円予想 ■■■

今週はひたすら円安へうごいた為替相場です。まわりには数百万円を稼いだ輩も多いでs。

SBIFXTRADEスプレッド評判01_12

※参考までにスプレッド比較1位のSBIFXTRADEの取引画面からキャプチャ

 ⇒ SBIFXTRADEの評判

ドル円は90円台にはいたりませんでしたが89円です。
昨晩はユーロ円が激しく円安へ動きました。

■■■ ドル円10分足・1時間・4時間・1日足チャート

では、チャートを確認すると、

SBIFXTRADEチャート60分足01_12_13


ドル円は直近で横ばいです。ただそれでも長い時間軸でチャートをみると、
ドル高へすすんでおります。

今後のドル円の動きをGMOグループのFXプライムぱっと見テクニカル
の予想結果から検証します。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd01_12a


10分足の予想は2本が円高、1本がドル高円安のドル円予想。

 ⇒ ぱっと見テクニカルとは?

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd01_12b


1時間足の予想では2本がドル高、1本が円高のドル円予想。

■■■ ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd01_12c


4時間足の予想では1本が円高、2本がドル高のドル円予想。

10分足の予想以外はドル高の予想となっております。
ではぱっと見テクニカルで売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル01_10aya


ドル円売りは7位から5位と2ランクダウン。
ドル円買いは9位から10位へと1ランクダウン。

売りも買いも強いシグナルではなく、どっちつかずのドル円予想です。
まさしく力強いドル高トレンドも一服して迷走状態の相場にはいる
事を予想した結果です。

同様に、ぱっと見テクニカルのパターン分析のドル円予想結果を見ると、

ぱっと見テクニカル01_10az


あいかわらず長い所で買いのシグナルが多くなっております。
これも短いところではシグナルが発生していない事から、いままでの
ドル高トレンドのチャートをひきづった形状を元にテクニカル分析
を行っているので、そうなるのでしょう。

次にセントラル短資FXのみらいチャートで、同じく値動きを予想。

 ⇒ みらいチャートとは?

■■■ みらいチャート ドル円予想 5分足

⇒ 人に金貸して金利をGETするならソーシャルレンディング

みらいチャート01_12_13ba


みらいチャートの5分足の予想は1本
がドル高、2本が円高のドル円予想。

■■■ みらいチャート ドル円予想 1時間分足

みらいチャート01_12_13ba


みらいチャートの1時間足の予想は1本
が少しの円高、2本が少しのドルというあまり変化なしなドル円予想結果。

では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近24時間+5分足

FXライブusd01_12_13


直近24時間+5分足でみたテクニカルチャートのランキング1位はボリン
ジャーバンド。15回の取引で+83pipsの勝利をあげる結果です。

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近1週間+5分足

FXライブusd01_12_13


直近1週間+5分足でみたテクニカルチャートのランキング1位は
ボリンジャーバンド。
82回の取引で+130pipsの勝利をあげる結果です。

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近1週間+1時間足

FXライブusd01_12_13


直近1週間+1時間足でみたテクニカルチャートのランキング1位は
DMI。
4回の取引で+135pipsの勝利をあげる結果です。

それでは、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

FXライブusd01_12_13c


ボリンジャーバンド+5分足のシグナルは売りシグナルです。
DMI+1時間足のシグナルは買いシグナルです。

最後にドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

■■■ ディールスコープ 1時間足【外為オンライン

ドル円の個人投資家のポジション動向を1時間足で検証。

ディールスコープusd01_12_13


個人投資家のポジションの動向を検証。

<1月11日午後9時の様子>

ドル円買いのポジション数 ・・・ 1,127,550,000
ドル円売りのポジション数 ・・・   555,330,000

ドル円買いの投資家数 ・・・ 11,203
ドル円売りの投資家数 ・・・  5,622

<1月12日朝7時の様子>

ドル円買いのポジション数 ・・・ 1,073,580,000
ドル円売りのポジション数 ・・・   515,420,000

ドル円買いの投資家数 ・・・ 11,185
ドル円売りの投資家数 ・・・  5,512


ドル円の個人投資家のポジション動向はずっとドル円買いの
ポジションが減少しております。さすがにドル円がわかりやすく
ドル高へうごいた時期が終了しつつある事を示唆しております。

というか個人投資家はそのように予想しておりますね。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 2013年1月12日の経済指標等のイベントスケジュール ■■■



-

■■■ 2013年1月12日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【11日のNY市場】

・ユーロドルは続伸。前日のドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁の発言を受けて、ECBの利下げ観測が後退しユーロが買われやすい地合いが続いた。市場では「大手米銀がユーロ買い・ドル売りを推奨したことが話題となり、ユーロ高が進んだ」「日本時間22時15分のECBフィキシングに向けたユーロ買いが入った」との指摘もあった。バリアオプションが観測されていた1.3300ドル、1.3350ドルを上抜けてストップロスを誘発すると、一時2012年4月3日以来の高値となる1.3366ドルまで上値を伸ばした。

・ドル円は3日続伸。日銀が21−22日の金融政策決定会合で追加の金融緩和を決めるとの期待が根強いなか、米長期金利の上昇に伴う円売り・ドル買いが先行。アジア時間の高値89.35円を上抜けて、一時89.45円と2010年6月28日以来の高値を付けた。ただ、そのあとは米長期金利が低下に転じたため、頭が重くなった。89.50円に設定されているバリアオプションに絡んだ防戦売りに上値を抑えられたほか、週末を控えたポジション調整に伴う円買い・ドル売りが出て88.87−90円まで下押しした。

・ユーロ円は3日続伸。ECBの利下げ観測が後退するなか、日銀の金融緩和観測が引き続き円売り材料となり一時2011年5月5日以来の高値となる119.345円まで値を上げた。

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は小幅ながら3日続伸。2012年10月18日以来の高値を連日で更新した。週末を控えて利益確定の売りなどが先行し、指数はマイナス圏で推移する場面もあった。ただ、米企業業績への期待は根強く、下値を売り込む動きにはならなかった。個別ではIBMやシェブロン、エクソンモービルなどの上昇が目立った。一方、新型中型機「787」の不具合が相次いでいるボーイングは2.5%下落した。

 ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も3日続伸した。

・米国債券相場で長期ゾーンは反発。足もとの相場下落を受けて、値ごろ感から買いが入った。今週実施された3年、10年、30年国債の入札を波乱なく通過したことで、買い安心感が広がった面もある。

・原油先物相場は反落。前日に昨年9月19日以来の高値を更新した後だけに、利益確定の売りが出やすかった。また、市場では「12月中国消費者物価指数(CPI)が予想より強い結果となり、同国の追加金融緩和期待が後退したことも売り材料視された」との指摘があり、一時92.65ドルまで下押し。一巡後は米株が持ち直したことで投資家のリスク許容度改善を期待した買い戻しが入ったが、プラス圏を回復するには至らなかった。

・金先物相場は反落。前日の大幅上昇を受けて、週末を前に当面の利益を確定する売りが先行。原油など他の商品相場安につれた面もあり、フロアー取引では一時1653.1ドルまで下押しした。引けにかけては下げ渋る場面も見られたが戻りは鈍く、総じてさえない展開となった。

 ⇒ ディールスコープとは

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

全通貨ペアでのテクニカル指標ランキングを発表!by FXライブ

六本木にも日曜日がやってきた。
しかも、夏もおわりの六本木。

・・今年の夏は非常にxxxがたくさんありました。
人生いろいろです。

しかし、共通していえる事は大金さえ稼げば全て事たりるという事です。
なので、FXで稼ぎましょう!

今日は、セントラル短資のFXライブから、全通貨ペアx全テクニカル指標
のくみあわせのなかからパフォーマンスのランキングを検証しました。

■■■ 11年9月10日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 9日のニューヨーク市場


■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ

 ⇒ FXライブとは
 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 全通貨ペア5分足直近1ヶ月間 by セントラル短資

FXライブ0910zz


■■■ 全通貨ペア1時間足直近1ヶ月間 by セントラル短資

FXライブ0910za


■■■ 全通貨ペア1時間足直近1年間 by セントラル短資

FXライブ0910za


■■■ 全通貨ペア1日足直近5年間 by セントラル短資

FXライブ0910za


以上セントラル短資のFXライブから。

 ⇒ トップに戻る

⇒ FXスプレッド比較[2011/8/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX
[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング
DMM FX

今後のドル円、ユーロ円、豪ドル円をFXライブで予想。また、全通貨でのテクニカル指標ランキングも発表!

日曜日です。
おはようございます。
テレビではアニメがじゃんじゃん流れる時間帯。

そんな時に、比較的長い時間帯でのテクニカル指標ランキングを発表します。
まず、現在の為替相場をセントラル短資より。

セントラル短資FXライブa


チャートも同じくセントラル短資で見てみると、

■■■ ドル円1時間足チャート

セントラル短資FXライブ0814


1時間足でみると、一旦は80円を越えるところまでドル高に反発
したのですが、其の後は、ずっと円高方向に。

■■■ ドル円1日足チャート

セントラル短資FXライブ0814a


[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

1日足という長い足でみた場合は、まだまだ円高トレンドが継続中でうある
事が一目瞭然です。

ではドル円、ユーロ円、豪ドル円の売買シグナルをセントラル短資
FXライブで検証。

 ⇒ FXライブとは

■■■ ドル円 セントラル短資FXライブ売買シグナル

セントラル短資FXライブ0814usd


■■■ ユーロ円 セントラル短資FXライブ売買シグナル

セントラル短資FXライブ0814eur


■■■ 豪ドル円円 セントラル短資FXライブ売買シグナル

セントラル短資FXライブ0814aud


では、今回はセントラル短資FXライブの機能をフルに使って、通貨ペア関係
なく、もっとも稼いだテクニカル指標と通貨ペアのランキングを検証します。

セントラル短資FXライブ0814za


セントラル短資FXライブ0814zb


セントラル短資FXライブ0814zc


[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

セントラル短資FXライブ0814usd


セントラル短資FXライブ0814usd


セントラル短資FXライブ0814usd


セントラル短資FXライブ0814usd


色々な時間軸で綜合のランキングを見てきました。
これらはセントラル短資に口座開設するだけで、いつでも最新の情報が手
に入りいます。

⇒ FXスプレッド比較[2011/8/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX
◆[新型の金融商品] ソーシャルレンディング
DMM FX

明日からのドル円予想をFXライブで徹底検証 すべて買いシグナル

今晩は。
日曜日も夜の帳がおりてきました。また、明日から月曜日がはじまります。
なのとか、FXで稼がなければ・・・。
年齢を重ねえる毎に焦りが出てきます。
しかし、ここは正念場です。
臥薪嘗胆とならないよう、精進してドル円を予想してまいります。

本日は趣向をかえて、セントラル短資のFXライブに絞って、
あらゆる角度から分析を行っていきます。

 ⇒ FXライブとは
 ⇒ 無料FXツール比較

まず、セントラル短資の取引画面からスプレッドをキャプチャ。
FXライブ0612

現在、ドル円は80円前半まできております。

チャートを同じくセントラル短資で見てみると・・・

■■■ ドル円10分足 *セントラル短資より。
FXライブ0612A

ドル高にいっております。

■■■ ドル円60分足 *セントラル短資より。
FXライブ0612b

1時間足で見ると、まさに今まで続いていた円高トレンドが80円当たり
を付近にドル高トレンドに反発しているに見えます。

■■■ ドル円1日足 *セントラル短資より。
FXライブ0612db

1日足と長期的にみても、そろそろ大きなトレンドの変換がありそうな
チャートです!

では早速、セントラル短資のFXライブを使って、直近のドル円相場に最も
適したテクニカル指標を検証します。

FXライブ0612az


* 新しい金融商品 人に金貸して金利10%を狙え!運営会社はSBI!
  ⇒ ソーシャルレンディング比較

直近1ヶ月+ドル円5分足では、RSIが11回取引で215pips
とかなりよい成績を残しております!詳細をチェックしてみると・・・

FXライブ0612dab


と、右肩あがりよい結果です。次にこのRSIの売買シグナルを
セントラル短資のFXライブで検証すると・・・

FXライブ0612aaz


!!なんとRSI、すべてドル円買いシグナルです!!
ここはドル円買いに行きたくなりました。


FX業者スワップ金利比較
DMMFX評判
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

昨年のドル円豪ドル円ポン円のFXライブでのテクニカル指標ランキング1位は?

あけましておめでとうございます。
何度も申し訳ない。
というのも、今しがた、あおのり先生からメールで年賀状が届きましたが、
今年はそれ以外の年賀状をメールではもらっていません。

年齢を重ねる毎に交友関係が狭くなっていくのは親譲りかもしれません。
それとも、このしがないFX野朗の特性でしょうか?

そんな事はさておき、昨年1年間のメジャー3通貨ペアでのテクニカル指標
ランキングを発表です!!

*テクニカル指標ランキングはセントラル短資が無料で提供するFXライブ
というFXツールを駆使して検証しております。

◆メジャー3通貨 FXライブ 昨年1年間 テクニカル指標ランキング

ドル円 1位 RSI 1445pips 2位 ストキャスティクス 878pips
豪ドル円 1位 MACD 2324pips 2位 RSI 1729pips
ポンド円 1位 移動平均 2464pips 2位 ストキャスティクス 2007pips


他のFXツールはFXツール比較をご参照。また、FXライブについてはコチラ

では、実際の各通貨ペアのランキングを見ていきます。

◆ドル円 FXライブ 昨年1年間 テクニカル指標ランキング
ドル円予想FXライブ20110103


昨年1年間のドル円を振り返ってみると結局、常に安定して勝てていたテク
ニカル指標はRSI程度という結果です。ドル円はどちらも金利が低く
方向感が出にくい事を反映しているといって良いでしょう。

そのRSIのパフォーマンスを一応見てみると、
ドル円あFXライブ20110103

勝率が高い事が注目材料でしょう。過去1年間で23回の取引で1445pips。
しかも勝率は74%近い。去年はRSIで取引した人は脱税していそうな位。

ちなみにドル円の現在の相場をセントラル短資の取引画面より、
ドル円スプレッドFXライブ20110103


ドル円相場は年を越して更に円高へ戻しております。

◆ポンド円 FXライブ 昨年1年間 テクニカル指標ランキング
ポンド円予想FXライブ20110103

ドル円とはうってかわって結構素直に綺麗な損益曲線を描いております。
特にストキャスティクス等は負けも少なく綺麗に勝っているので、途中で怖く
なって勝負をやめる事もない優良なテクニカル指標です。

ポンド円予想FXライブ20110103b

では、その詳細を見てみると、こちらも勝率70%以上で2000pips
以上もの勝利をあげております。

◆豪ドル円 FXライブ 昨年1年間 テクニカル指標ランキング
豪ドル予想FXライブ20110103

そしてラストは情熱の憤怒の豪ドル円ランキング。1位はMACDで驚異的な
2324pips!!すげー結果です。

⇒ セントラル短資に資料請求はコチラから

豪ドル予想FXライブ20110103b

MACD恐るべし。2324pipsか。勝率は59%と低めだが、
勝つときガッツリ稼ぐ清清しいテクニカル指標。

では、上記メジャー3通貨の現在のFXシグナル売買結果をもれなく
正月特価大公開!!

◆FXライブ ドル円 予想 売買シグナル
FXライブ予想ドル円20110103


◆FXライブ 豪ドル円 予想 売買シグナル
FXライブ予想豪ドル円20110103


◆FXライブ ポンド円 予想 売買シグナル
FXライブ予想ポンド円20110103


⇒ セントラル短資に資料請求はコチラから
DMM FX

イブの深夜に年末のドル円を予想 by 元リーマン社員

イブの深夜、いや明け方、いや既にクリスマスの早朝に
元リーマン社員が年末のドル円相場を予想します!!

まず、現在スプレッド半額キャンペーンでブッチギリ
スプレッドNO1
DMMFXより相場とチャートをキャプチャ。

ちなみにDMMFXの評判は圧倒的な資金力に基づく無茶苦茶な
キャンペーン。このスプレッドはFX業界のギネスブック記録と
なるでしょう。

◆現在の相場状況
DMMFXで最も評判がよいスプレッド

 ⇒ FX スプレッド 比較
 ⇒ DMMFX評判

◆ドル円チャート
DMMFXで最も評判がよいチャート


・・・本当にドル円0.4銭、ポンド円1.1銭、豪ドル円1.0銭
FX業界史上最強・最狭のスプレッドとなっている事がわかります。
DMMFXの評判で最も話題になっているHOTな部分を実際に検証でき、
嬉しく思います。

さて、本題のセントラル短資FXライブを使ったドル円予想です。

 ⇒ FXライブとは

まずは、現在のドル円相場で最も勝率が高いテクニカル指標を探り
ます。(そのテクニカル指標をもとに今後のドル円を予想します)

 ⇒ FX業者ツール比較

◆FXライブ売買シグナル 指標ランキング
FXライブ売買シグナル2010年のイブの夜に


本日はクリスマスイブだけあるので、直近1ヶ月間での総合
パフォーマンスをチェック。

ボリンジャーバンドがよい結果です。

FXライブ売買シグナル2010年のイブの夜にa


この1ヶ月で、ボリンジャーバンドに忠実にトレードしていたら、
300pipsも稼いでおる事となります。

・・・今日はそれだけではつまらないので、イブの夜だけに、
プレゼント。随分長い期間でのドル円のテクニカル指標ランキング
も調査しイカツイのを見てみましょう。

FXライブ売買シグナル2010年のイブの夜にaあ


もし、仮にですよ、この5年間、日足でストキャスティクスに
人生をかけていたら5400pipsもの巨額の富を手にして
いる事となります。

・・・こちらのほうがロマンがあります。

さて、では、実際のドル円を予想するため、各テクニカル指標の
売買シグナルを同じくセントラル短資FXライブ
でチェック。

FXライブ売買シグナル2010年のイブの夜にaああ


FXライブ売買シグナル ストキャスティクス

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 買い

FXライブ売買シグナル  総合判断

■ 5分足 ・・・ 売り有利
■ 60分足 ・・・ 買い有利
■ 日足 ・・・ 売り有利
■ 週足 ・・・ 売り有利


・・・むー。短期で売りで買いは同じ。週明けにかけてドル円を
売っておいて、年末に買い戻す感じでしょうか。

FXブロードネット×元リーマン社員
3万入金で山根亜希子のハイブリッドFX
ドル円スプレッド0.5銭千通貨OK
FXトレーディングシステムズ

FX業者スワップ金利比較
FX業者ツール比較
FX業者iphone比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者スプレッド比較
DMM FX

木曜日昼のFXライブ売買シグナルのドル円の最新状況は?

お昼です。夕方にかけてのドル円の売買シグナル
をFXライブでチェックする時間です。

まず現在の相場状況をクリック証券のプラチナムチャート
でチェックします。

ちなみにクリック証券の評判はスプレッドが狭い事なので
あわせてチェックします。

□■現在の相場状況 クリック証券より■□

クリック証券評判sp20101216

 ⇒ FX スプレッド 比較

ドル円スプレッド0.8銭原則固定ですね。
相場自体は84円近辺までドル高進行後は一服。

クリック証券評判ch20101216


クリック証券のプラチナムチャートはプラチナだけあって
見やすいですね。

ジョジョに円高へトレンドが移行しつつあるのがよくわか
ります。個人投資家がドル円ロングを減らしているのと同
じ動きですね!

それでは、現在のドル円相場の売買シグナルをFXライブ
を使って検証していきます。

 ⇒ FXライブとは
 ⇒ FX業者ツール比較

まず現在のドル円相場で最も稼いでいるテクニカル指標は・・

□■FXライブ売買シグナル ドル円5分足■□

◆FXライブ売買シグナル 指標ランキング 24時間
FXライブ売買シグナル1216b


昨日1位だった移動平均は後退したものの2位。1位は
ボリンジャーバンドという結果です。はっきりいってこ
こ数日間はこの2つの指標を元にトレードすれば間違いない。

◆FXライブ売買シグナル ボリンジャーバンド詳細
FXライブ売買シグナル1216c


15回の取引で46pips勝利をあげております。

本日は他に、全ての時間軸でのドル円テクニカル指標
ランキングも発表します。

◆FXライブ売買シグナル 指標ランキング 1ヶ月間
FXライブ売買シグナル1216d


またしてもボリンジャーバンドの5分足が目立つ結果
となりました。

◆FXライブ売買シグナル ボリンジャーバンド詳細
FXライブ売買シグナル1216e


今度は1ヶ月間でのボリンジャーバンドの結果詳細です。
まるで崖のように右肩あがりの損益曲線。すげー。

では、ボリンジャーバンドの売買シグナルをFXライブ
でチェックします。

□■FXライブ売買シグナル ドル円■□
FXライブ売買シグナル1216f


FXライブ売買シグナル ボリンジャーバンド

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 買い

FXライブ売買シグナル  総合判断

■ 5分足 ・・・ 売りやや有利
■ 60分足 ・・・ 売り有利
■ 日足 ・・・ 売り有利
■ 週足 ・・・ 買い有利


お!綺麗に総合判断とボリンジャーバンドの結果があい
ました!

元リーマンブラザーズ社員のFXツール駆使売買シグナル
は売り!!です。

では昨晩の米国市場の動きをDMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■米国市場の動き■□

【Overview】

ダウ工業株30種平均
 :同19ドル07セント安の11457ドル47セント
ナスダック総合株価指数
 :同10.50ポイント安の2617.22
10年物米国債利回り
 :同0.06%高い(価格は安い)3.53%
WTI原油先物1月限
 :同0.34ドル高の1バレル=88.62ドル
金先物2月限
 :同18.1ドル安い1トロイオンス=1386.2ドル

【経済指標】

(主な経済指標)<発表値><前回発表値>

MBA住宅ローン申請指数(前週比)▲2.3% ▲0.9%
11月米消費者物価指数(CPI、前月比)0.1% 0.2%
エネルギーと食品を除くコア指数(前月比)0.1% 0.0%
12月米ニューヨーク連銀製造業景気指数10.57 ▲11.14
10月対米証券投資動向
 短期債を除く流入額 276億ドル 772億ドル・改
 短期債を含む流入額 75億ドル 801億ドル・改
11月米鉱工業生産指数(前月比) 0.4% ▲0.2%・改
設備稼働率 75.2% 74.9%・改
12月全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅市場指数
16 16
※改は改定値、▲はマイナスを表す。

【ドル・円】

ドル円は続伸。84円台では日本の輸出企業などからの売り注文が厚く、上値の重さが嫌気されると徐々に上値を切り下げた。一時83.63-66円まで下押しした。ただ、売りが一巡すると買い戻しが優勢に。米ニューヨーク連銀が発表した12月のニューヨーク州製造業景気指数が10.57と市場予想を上回ったことを理由にドル買いが進んだほか、スペインやベルギーを筆頭にユーロ圏の信用不安が再燃しユーロ安・ドル高が進んだことも相場の押し上げ要因となった。米上院が大型減税(ブッシュ減税)の延長や失業保険給付の延長を盛り込んだ法案を賛成多数で可決したと伝わると、米長期金利が一段と上昇。11月29日の高値84.41円を上抜けてストップロスを巻き込むと、一時9月24日以来の高値となる84.51円まで上値を伸ばした。
【ユーロ・円】

ユーロ円は4営業日ぶりに反落。ドル円の上昇につれた円売り・ユーロ買いが相場の支えとなり一時112.15円まで値を上げたものの、その後失速。欧州の財政不安が再燃していることが上値を抑えたほか、高く始まった米国株価が下げに転じたことが重しとなり一時111.22円まで値を下げた。

【ユーロ・ドル】

ユーロドルは続落。英雇用指標が予想より弱い内容となったことを理由に対ポンドでユーロ高が進んだため、1.33ドル台後半まで値を戻す場面があったが、買い戻しが一巡すると次第に上値を切り下げた。米格付け会社ムーディーズがスペイン国債の格付けを引き下げる方向で見直すと発表したことで、欧州の信用不安が改めて意識されており米国勢からもユーロ売りが出た。複数の米経済指標の改善などを受けて全般的にドルが買い戻される中、米上院が減税措置延長法案を可決したと分かると、米長期金利が上昇し一時1.3208ドルまで下げた。市場では「1.3280ドルより下の水準に観測されていたストップロスを誘発し下げ足を速めた」との指摘があった。

【株式、債券、金、原油等の市場】

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は4日ぶりに反落。12月NY連銀製造業景気指数など予想を上回る米経済指標が相次いだことが好感されて、しばらくは前日比プラス圏での推移が続いていたが終盤にかけて失速した。米格付け会社ムーディーズが15日、スペイン国債の格付けを引き下げる方向で見直すと発表したことを受け、欧州の信用不安が改めて意識されていたことが相場の重しとなったようだ。2008年9月8日以来、およそ2年3カ月ぶりの高値圏まで上昇していた反動もあって利益確定の売りが出やすかった面もある。市場では「米長期金利の上昇が嫌気された」との指摘があった。JPモルガン・チェースやバンク・オブ・アメリカなど金融株が下げたほか、シェブロンやエクソンモービルなどが弱含んだ。

 ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は反落した。個別では、イーベイや中国のインターネット検索サービスの百度(バイドゥ)の下げが目立った。

・米国債券相場は続落。前日に大幅安となった反動で買い戻しが先行したものの、買いの勢いは続かず午後に失速した。この日発表された米経済指標が予想より強い内容だったことが相場の重しとなったほか、市場では「年末で積極的な買いが入りにくい中、相場の先安観が強まり債券売りが出た」との指摘があった。米上院がブッシュ減税の延長や失業保険給付の延長を盛り込んだ法案を賛成多数で可決したと伝わると、10年債利回りは一時3.56%まで上昇し約7カ月ぶりの高水準を付けた。

・原油先物相場は反発。米エネルギー省が15日発表した週間在庫統計で、原油在庫が市場予想を大幅に下回ったことを受けて、堅調に推移した。また、11月の米鉱工業生産指数が市場予想平均を上回り、原油需要増加への思惑が広がったことも買いを促した。もっとも、外国為替市場でドルが対ユーロなどで買われたため、ドル建てで決済される原油の割高感から、引けにかけては伸び悩んだ。

・金先物相場は3日ぶり反落。米格付け会社ムーディーズがスペイン国債の格付けを引き下げる方向で見直すと発表し、外国為替市場でドルが対ユーロなどで買われると、ドルの代替投資先とされる金需要は後退し売りに押された。また、11月米消費者物価指数が市場予想平均を下回り、インフレ懸念が緩和したことも重しとなった。

★ DMMFX資料請求・口座開設はコチラ

アイネットFX評判

新マーケットの魔術師Get
現在FX業者スプレッドランキング1位!!


⇒ FX業者スプレッド比較
⇒ アイネットFX 評判
⇒ 新マーケットの魔術師 評判
DMM FX

FXライブ売買シグナルではドル円売りシグナル!

さて、1週間ぶりとなりますが、セントラル短資
FXライブでドル円の売買シグナルをチェック。

 ⇒ FXライブとは
 ⇒ FX業者ツール比較

まずは現在の相場状況をセントラル短資でチェックすると、

□■現在の相場状況■□

FXライブ売買シグナル20101214

 ⇒ FX スプレッド 比較

と83円前半まで円高へ戻しております。では、現在の
相場で稼いでいるテクニカル指標をFXライブでチェック。

□■FXライブ売買シグナル ドル円5分足■□

◆FXライブ売買シグナル 指標ランキング 24時間
FXライブ売買シグナル1214a


直近24時間では移動平均が1位。損益曲線的には
ボリンジャーバンドもありでしょう。

◆FXライブ売買シグナル 指標ランキング 1週間
FXライブ売買シグナル1214b


・・・続いてはちょっと中期の時間軸で見た場合の
ランキングですが、なんとボリンジャーバンドが1位
です!!ここはボリンジャーバンドの売買シグナルを
FXライブで検証するべきです。

□■FXライブ売買シグナル ドル円■□
FXライブ売買シグナル1214c


FXライブ売買シグナル ボリンジャー

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 買い

FXライブ売買シグナル  総合判断

■ 5分足 ・・・ 売り有利
■ 60分足 ・・・ 買い有利
■ 日足 ・・・ 売り有利
■ 週足 ・・・ 買い有利


総合判断はバラバラな結果ですが、ボリンジャーは売り!
短期的なドル円売りを狙っていくべきでしょう。

FXブロードネット×元リーマン社員
3万入金で山根亜希子のハイブリッドFX
ドル円スプレッド0.5銭千通貨OK
FXトレーディングシステムズ

FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者スプレッド比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較

↓他のFXの猛者どもが参加するランキングです!↓
元リーマン社員ブログ
 東大式FX攻略法

みんなのFX

元リーマン社員限定タイアップ企画

FXプライム[直トレFX]

アイネットFX
元LB社員が取引に使うFX業者
SBIFXTRADE評判  ドル円0.27銭SBIFXトレード
豪ドル円0.99/ユロ円0.69/ポン円1.19
1$から取引可/スプレッド4桁表示
住信SBIネット銀行50%出資のSBIG

GMOクリック証券FX評判  株も売買可GMOクリック証券
米ドル/円0.3銭原則固定
YAHOO出資企業/資産2000億円
8万人使用iClickFXNEO/FXroid
最新キャッシュバック特集
カテゴリー別の記事
livedoor プロフィール
免責事項
当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び私に関係する全ての方は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。

外為どっとコム
DMM FXは初心者向け
ドル円予想に使うFXツール
FXツール FXプライム byGMOのぱっと見テクニカル

過去12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想する機能
ぱっと見テクニカルツールa
⇒ ぱっと見テクニカルの評判評価
ドル円スプレッド比較
原則固定
(例外あり)
FX業者名
0.3銭  外為どっとコム
0.3銭 GMOクリック証券評判 GMOクリック証券
0.3銭 YJFX評判 YJFX!
0.3銭原則固定 DMMFX評判 DMMFX
0.4銭 みんなのFX評判 みんなのFX
0.6銭原則固定 FXプライム評判 FXプライム byGMO
0.7-1.0銭 アイネットFX評判 アイネット証券
0.9銭 ライブスター証券
株もFXも GMOクリック評判 GMOクリック証券
カブドットコム評判 カブドットコム証券

元リーマン社員がメディア掲載
元リーマンブラザーズ社員が取材①元リーマンブラザーズ社員が取材②
雑誌「BIG TOMORROW」5月号で取材受けて記事になりました。
⇒ 現在4.5万人超フォロワー!
元気の源!為替ブログランキング
皆様のクリックが・・・
元リーマン社員を救います!!


人気ブログランキング
最高、17位でファイト!

為替ブログ村
為替日記は、最高8位!
くりっく365のFX業者比較
  • ライブドアブログ