元リーマン社員がFXツールでドル円予想

リーマンブラザーズに勤務した経験からビリオネアになる最短の方法はトレードしかないと確信し、トレードの中でも。最も少額で始められて、かつ、最もレバレッジが高くできるFXで財を成す事を決意しました。現在、ドル円をFXツールを駆使して予想し、その結果から売買するシステムトレードちっくな手法で売買を行い、まずは、ミリオネアへの道を目指しております。FXツールはFXプライム byGMOのぱっと見テクニカルを使っております。

 
 売買レート・チャート・リアルタイム売買比率表示ツールはみんなのFXより
0.3銭原則固定(例外あり)  外為どっとコム
0.3銭原則固定  GMOクリック証券
 FXトレーディングS
 YJFX!
 DMMFX
0.6銭原則固定  FXプライム byGMO
0.9銭原則固定  ライブスター証券
0.7〜1銭  アイネット証券
オススメ  ひまわり証券

FXライブ 検証 評判

DMM FX

FXライブで予想した結果、ロングしたドル円が100万円の利益を突破!!

木曜も夕方になりました。

FXプライム byGMOのぱっと見テクニカルのドル円予想結果から取得したドル円のロングポジションですが、今となっては100万程度のプラスとなっております。

 ⇒ ドル円ロングをした時の記事と予想はコチラ
 ⇒ ぱっと見テクニカルの評判・クチコミはコチラ

さて、今日も、このドル円ロングのポジションを利食いするか否か、セントラル短資FXのみらいチャートとFXライブを駆使して、予想していきます。

 ⇒ セントラル短資FXのみらいチャートの説明はコチラ
 ⇒ セントラル短資FXのFXライブの説明はコチラ

■■■ GMOクリック証券 取引画面
GMOクリック証券_取引画面_20140424
 ※ GMOクリック証券の取引画面

101円70銭あたりでとったドル円のロングポジションですが、現在、102円までドル高が進行し、100万円を超える利益が出ております。

現在の為替レートの値を確認しつつ、チャートを検証し、ドル円のトレンドを見ておきましょう。

■■■ GMOクリック証券 為替相場一覧
GMOクリック証券_取引画面_20140424
 ※ GMOクリック証券の取引画面

ドル円は102円30銭程度、ユーロ円は141円台。

■■■ ドル円チャート by MT4@FXCM証券
FXCM証券_MT4_20140424a
FXCM証券のMT4のチャート画面より

左上から時計周りに週足、日足、4時間足、1時間足となっておりますが、すべてのチャートでドル高トレンドとなっております。

では、早速ですが、セントラル短資FXのみらいチャートで今後のドル円を予想します。

 ⇒ セントラル短資FXのみらいチャートの説明はコチラ

■■■ みらいチャート予想 @5分足 by セントラル短資FX
みらいチャート_ドル円_0424a

A ドル高予想 103円程度まで
B ドル高予想 103円40銭程度まで
C ドル高予想 103円程度まで


なんと、5分足を使った予想では、3本ともにドル高の予想結果。

■■■ みらいチャート予想 @ 1時間足 by セントラル短資FX
みらいチャート_ドル円_0424b

A ドル高予想 102円50銭まで
B 円高予想 101円50銭まで
C 円高予想 101円50銭まで


1時間足を使ったドル円予想の結果は、1本がドル高、2本が円高。
円高がつよいものの、ドル高の予想はかなりの値です。

■■■ みらいチャート予想 @ 1日足 by セントラル短資FX
みらいチャート_ドル円_0424c

A 横ばい予想
B 横ばい予想
C 横ばい予想


日足のみらいチャート予想では、3本ともに横ばいのドル円予想結果です。

以下まとめを前回の予想結果と比べると、

■ 4月24日のドル円予想
5分足予想 ドル高3本 円高0本 横ばい0本
1時間足予想 ドル高1本 円高2本 横ばい0本
1日足予想 ドル高0本 円高0本 横ばい3本
合計 ドル高4本 円高2本 横ばい3本


■ 4月12日のドル円予想
5分足予想 ドル高1本 円高1本 横ばい1本
1時間足予想 ドル高1本 円高2本 横ばい0本
1日足予想 ドル高1本 円高2本 横ばい0本
合計 ドル高3本 円高5本 横ばい1本


■ 4月10日のドル円予想
5分足予想 ドル高0本 円高3本 横ばい0本
1時間足予想 ドル高2本 円高0本 横ばい1本
1日足予想 ドル高0本 円高3本 横ばい0本
合計 ドル高2本 円高6本 横ばい1本


■ 4月8日のドル円予想
5分足予想 ドル高1本 円高1本 横ばい1本
1時間足予想 ドル高1本 円高1本 横ばい1本
1日足予想 ドル高0本 円高2本 横ばい1本
合計 ドル高2本 円高4本 横ばい3本


で、上記よりみらいチャートをつかったドル円予想の結果はドル高の結果です。

次に同じくセントラル短資FXが無料で提供しているFXライブの予想結果を見ておきましょう。

⇒ FXライブのツールの使い方や説明はコチラ

まず、すべての通貨ペアの中でもっとも稼いだテクニカル指標を検証すると・・・

■■■ FXライブの売買収益ランキング by セントラル短資FX
みらいチャート_ドル円_0424c

NZドル・USドルの週足でみたRSIが1回の取引で500pips以上の利益をあげており、ちょっと悔しい思いをするかもしれません。

次はドル円の5分足チャートで直近1週間でのパフォーマンスランキングです。

みらいチャート_ドル円_0424c

直近1週間では、オーソドックスに移動平均が67回の取引の結果、右肩を負傷しつつも、69銭の利益を積み上げております。次は1時間足でのランキング。

みらいチャート_ドル円_0424c

DMIが3回の取引の結果67銭の利益です。

それでは直近1週間で調子がよかった各テクニカル指標の最新の売買シグナルを検証します。

シグナルマップ_ル円_0424d

移動平均の1時間足は売りのシグナル
MACDの5分足は売りのシグナル

と、逆の検証結果になってしまいましたが、直近24時間での勢いをチェックし、
MACDの売りシグナルが予想結果ですね。

■■ ドル円予想結果から取得するポジションと戦略

では、本日のドル円予想の結果より、まだまだ、ドル高へいくとし、ドル円ロングポジションはそのまま持つ方向で挑む!
DMM FX

FXライブ 評判 by 元リーマン社員が検証

セントラル短資FXFXライブの最大の評判は、無料でテク
ニカル指標のランキングとシグナル状況を検証
できる事。

FXライブ評判検証


FXライブでは、過去のデータを元に、色々な通貨で各種
テクニカル指標を素にトレードした場合の勝率をランキング
してくれます。そして、そのテクニカル指標の現在のシグ
ナル状況を検証する事が可能なのです!

元リーマン社員もFXライブの評判を聞くまでは、収益が
安定しませんでしたが、FXライブを検証する事で、
月間数百pips(額にして数十万円)の利益を稼ぎ出せる

ようになりました。

直近ではドル円のストキャスティクスが勝率1位かつ、
売買シグナルがオール”売り”の時に91.26円でドル円を
売った所
87.59円で利食いする事に成功し約40万円
稼ぎました。これが私にとってのFXライブの最大の評判
です。

 ⇒ FX業者ツール比較

□■FXライブで実際に稼いだ様子■□

セントラル短資FXのFXライブで稼いだ例を検証すると・・・

・ ドル円を91.26円売り
・ 87.59円で利食い
  ※ 2013年11月時点

で、+367pips、36万7千円の儲けを出しました。

この時のFXライブのテクニカルランキングは、

・FXライブ24時間でのテクニカル指標ランキング
FXライブ評判検証g

  ※ 2013年11月時点

・FXライブ1週間でのテクニカル指標ランキング
FXライブ評判検証h

  ※ 2013年11月時点

どちらのランキングでもストキャスティクスが1位です。
そのストキャスティクスの売買シグナルは、

FXライブ評判検証i

  ※ 2013年11月時点

全面売りです!!
これを理由にドル円を売った所、その後は、下記のように
円高が綺麗に進行し、利益を得たのです。

FXライブ評判検証j


↓↓口座開設はコチラから↓↓
ウルトラFX


□■FXライブ テクニカル指標ランキング■□

セントラル短資FXのFXライブでは、

・ドル円を始めとする14種類の通貨ペア
・移動平均やMACD等の6種類のテクニカル指標
・5分足・1時間足・日足・週足


の組み合わせにて、直近の24時間、1ヶ月間、1年間、
5年間で最もパフォーマンスのよいテクニカル指標を
自動的にランキングしてくれます。

例としてFXライブにてドル円での過去5年間・日足に
おけるテクニカル指標ランキングを検証すると、

FXライブ評判検証b

 ※ 2013年11月時点

1位はストキャスティクス。
27回の取引の結果、+5,989pipsで勝率85%

FXライブ評判検証c

 ※ 2013年11月時点

驚異的な結果です。今度は趣向を変えて全通貨・5分足で
直近1ヶ月間でのテクニカル指標ランキングをFXライブ
で検証すると・・・

FXライブ評判検証d

 ※ 2013年11月時点

ポンド円+RSIが1位の結果となっております。

FXライブ評判検証e

 ※ 2013年11月時点

□■FXライブ テクニカル指標売買シグナル■□

ドル円の各テクニカル指標をFXライブで検証すると、

FXライブ評判検証f

 ※ 2013年11月時点

ストキャスティクス

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 買い
■ 週足 ・・・ 売り
 ※ 2013年11月時点

といった結果です。基本的には、総合判断とランキング
1位の売買シグナルが概ね同じであれば、元リーマン社員
はポジションを取ります


□■FXライブのスマホ利用の評判■□

また、FXライブでは予めテクニカル指標やアドレスを
設定する事で、売買シグナルが発生すると同時にメール
で教えてくれる機能も評判です。

FXライブ評判検証k


FXライブ評判検証ac


FXライブを活用する事で、携帯・PCのアドレスを登録する
だけで無料で売買シグナルを配信
してくれます!

また、セントラル短資FXは創業100年以上のセントラル
短資の子会社です。信託保全・分別管理もしっかり行って
おり、大事な資金を預けるには相応しいFX業者です。

↓クリックすると口座開設画面とキャンペーン詳細へ。
ウルトラFX
DMM FX

FXライブでドル円を予想!5

前回のドル円予想から大分、時間が経過しました。

其の間に、ドル円は、ドル高へすすんでおります。
GMOクリック_取引画面_0210

※ スプレッド実質業界No1のGMOクリック証券より。

チャートを見てみると、それは歴然。
GMOクリック_チャート_0214

※ GMOクリック証券より

ただし、直近では、ドル高も一服感がでておりますね。

今日はセントラル短資のFXライブを使って下記の流れでドル円を予想していきましょう!

 1.テクニカル指標ランキングを駆使して現在の相場に最もマッチングしたテクニカル指標をチェック
 2.1.で調べたテクニカル指標について、FXライブを用いて、現在のドル円の売買シグナルをチェック
 3.最後に、みらいチャートを駆使して、今後のドル円をヴィジュアルに予想


FXライブとは?
FXツールの比較

では、直近1年間・日足で最も稼いでいるテクニカル指標から検証していきます。

■■■ 直近1年間・1日足・ドル円 ランキング by セントラル短資


FXライブ_0214f


この1年間で最も稼いだテクニカル指標はボリンジャーバンドです。なんと11回の取引で1000銭以上も稼いでおります!

次は同じく1年間ですが、1時間足でのランキングです。

■■■ 直近1年間・1時間足・ドル円 ランキング by セントラル短資


FXライブ_0214e


1時間では移動平均が252回の取引の結果、1500銭以上の勝利。
では、直近24時間+5分足ではどのような結果でしょうか?

■■■ 直近24時間・5分足・ドル円 ランキング by セントラル短資


FXライブ_0214c


MACDが1位です。ただし、あまり、右肩あがりの損益曲線ではありませんねぇ。

では、各テクニカル指標の最新の売買シグナルをセントラル短資FXを駆使して、検証です。

FXライブ_0214


1日足+ボリンジャーバンドは売りの予想です。
1日足+移動平均は買いの予想です。
5分足+MACDも買いの予想です。


直近では円高へむかいそうな予想ですね。

最後にみらいチャートを駆使して、ドル円をチャートから予想します。

■■■ ドル円5分足 みらいチャート予想 by セントラル短資


セントラル短資_FXライブ04

5分足の予想ですが、

A ドル高予想 102円40銭まで
B 横ばい予想
C 横ばい予想


■■■ ドル円1時間足 みらいチャート予想 by セントラル短資


セントラル短資_FXライブ02

次は1時間足を使ったドル円予想の結果。

A ドル高予想 102円80銭付近まで
B 横ばい予想
C 円高予想 101円70銭あたり


■■■ ドル円1日足 みらいチャート予想 by セントラル短資


セントラル短資FX_FXライブ_0


1日足の予想では

A ドル高予想 104円付近まで
B 横ばい予想
C 横ばい予想


上記の結果をまとめたのが下記となります。

■ 本日のドル円予想
10分足予想 ドル高3本 円高0本 横ばい0本
60分足予想 ドル高1本 円高2本 横ばい0本
4時間足予想 ドル高2本 円高1本 横ばい0本
1日足予想 ドル高1本 円高2本 横ばい0本
合計 ドル高6本 円高5本 横ばい0本


では、今日はドル円を50枚ロング!

GMOクリック_ポジション_0214


↓ 元リーマンブラザーズ社員 x セントラル短資FX タイアップキャンペーン ↓
ウルトラFX
DMM FX

直近1週間、1ヶ月間で最も稼いだドル円のテクニカル指標を発表します!

こんばんは。今週一週間もようやく過ぎ去ろうとしております。

結構大変な世の中ですが、今週もセントラル短資FXのFXライブで
テクニカル指標のパフォーマンスのランキングを発表します。
※ 本日の最新のぱっと見テクニカルの予想はコチラ

→ セントラル短資FXのFXライブの評判
→ FXツール比較

■■■ ドル円 5分足 1週間 パフォーマンスランキング


FXライブ_usd04_19

※ セントラル短資FXのFXライブより

1位は移動平均で187回もの取引をおこなった結果、+187PIPSもの
勝利を手にしております。

2位はボリンジャーバンドで102回の取引の結果+106pipsの勝利。

■■■ ドル円 全時間足 1ヶ月 パフォーマンスランキング


FXライブ_usd04_19b

※ セントラル短資FXのFXライブより

直近1ヶ月では、1時間足+MACDのコンビが最も稼いだ模様。
なんとたったの3回の取引で537銭もの勝利をあげております!

また、2位にランキングしている5分足+移動平均も267回もの
取引シグナル発生の結果、489銭も稼いでおります。

詳細を見ると、

FXライブ_usd04_19c

※ セントラル短資FXのFXライブより

と、右肩あがりに順調に勝ち上がっており、信じてポジションを持ち続け
やすい形になっております。

しばらくは移動平均の調子がよさそうですね!
DMM FX

直近1週間・24時間でのテクニカル指標の収益ランキングと最新の売買シグナル!

こんばんは。今日は週のはじまりであるので、定例となる、直近1週間・
24時間で最も稼いだテクニカル指標のランキングを発表します!

※ 本日のぱっと見テクニカルツールによるドル円予想はコチラ

もちろん使うツールはセントラル短資FXのFXライブの売買モデル収益ランキング。

※ セントラル短資FX・FXライブの売買モデル収益ランキングの機能は、
過去一定期間の収益が大きかった336通りの売買モデルをランキング表示。
過去、高いパフォーマンスを出した売買モデルをひとめで簡単に確認すること
ができます。また参考にしたい売買モデルでのシグナルの発生を、パソコン・
携帯メールへ迅速にお知らせいたします。

FXライブの評判
FXツール比較

■ ドル円テクニカル指標ランキング 直近24時間+5分足


FXライブ_usd03_25


1位はRSIで2回の取引の結果、47pipsの勝利をあげております。
また、2位はMACD。1回の取引で35pipsの勝利です。

■ ドル円テクニカル指標ランキング 直近1週間+5分足


FXライブ_usd03_25b


直近1週間では移動平均が最もパフォーマンスがよかった結果となります。
69回の取引の結果、107銭もの勝利をドル円相場からもぎ取っております。
詳細を同じくセントラル短資FXのFXライブで検証しておきます。

FXライブの評判

FXライブ_usd03_25c


勝率は34.5%となっておりますが、最大ドローダウンもそれほどは、
キツクはなく、まぁまぁ、右肩上がりの成果となっており、しばらくは
移動平均をベースにトレードしてもよい感じですね。

→ 最大ドローダウンとは?

■ドル円テクニカル指標ランキング 直近1週間+1時間足


FXライブ_usd03_25d


こちらはボリンジャーバンドが17回の取引の結果、201pipsの
勝利をあげております。かなりいいパフォーマンスとなっておりますので
詳細を検証します。

FXライブ_usd03_25e


こちらは勝率が58.8%と50%を超えており、また最大ドローダウンも
32銭程度とかなり良好なパフォーマンスをあげております。

→ 最大ドローダウンとは?

こちらもしばらくは、ボリンジャーバンドを目安にトレードしてもよさげ
な印象ですね。

■ドル円テクニカル指標ランキング 直近24時間+1時間足


FXライブ_usd03_25f


さすがに直近24時間となると、取引回数は激減してしまうので、1回の取引
の結果42pipsの勝利をあげております。

では最後に、それらのシグナルを同じくセントラル短資FXのFXライブで
チェックしておきましょう。

■ ドル円テクニカル指標 売買シグナル


FXライブ_usd03_25g


ボリンジャーバンド+1時間足は売シグナル。
移動平均+5分足は買シグナルといった結果となります。

※ 本日のぱっと見テクニカルツールによるドル円予想はコチラ
DMM FX

1月29日午後4時のドル円予想 by FXライブのテクニカル指標ランキング

皆さん。

FXを投資する際にテクニカル指標を参考にしている人は多いかと思いますが、
そのテクニカル指標が直近でどれだけのパフォーマンスをあげているか確認し
ているでしょうか?

もしチェックしていないのであれば、今すぐにでも確認をしてください。
過去負けっぱなしで調子が悪いテクニカル指標をメインに検証しながら
トレードし結果大敗してしまうことを未然に防ぐ事が可能です。

⇒ テクニカル指標パフォーマンスランキングを提供するFXライブとは?
※ FXライブセントラル短資FXが無料で提供する分析ツール

直近24時間におけるドル円5分足のテクニカル指標ランキングです。

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近24時間+5分足

FXライブusd01_29_13b


直近24時間+5分足でみたテクニカルチャートのランキング1位は
ボリンジャーバンド。20回の取引で+37pipsの勝利をあげております。

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近1週間+5分足

FXライブusd01_29_13b


直近1週間+5分足でみたチャートはボリンジャーバンドです。
94回の取引で+83pipsの勝利。

なお詳細を検証してみると、

FXライブusd01_29a


36.2%の勝率、最大ドローダウンは‐0.88円となっております。

※ ドローダウンとはシステムトレードの用語となります。コチラで説明。

次に1時間足でのランキングを見てみます。

⇒ テクニカル指標パフォーマンスランキングを提供するFXライブとは?
※ FXライブセントラル短資FXが無料で提供する分析ツール

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近1週間+1時間足

FXライブusd01_29_13c


直近1週間+1時間足ではMACDが堂々の1位!
2回の取引で+242pipsの勝利。

これらのシグナルを同じくFXライブで確認します。

FXライブusd01_29_13c


ボリンジャーバンドは売⇒売⇒買⇒買のシグナル結果です。
では、ここからローラのDMMFXのプラチナチャートとセントラル短資FX
みらいチャートを駆使して直近のドル円を予想してまいります。

まずは現在の為替レベルをDMMFXでチェックします。

セントラル短資FXusd01_29aa


91円をわったところです。ユーロ円は122円台。
このこう着状態がいつ動き始めるのか?それをFXライブのドル円予想で
探っていきます。

・・ちなみにDMMFXのユーザーインターフェースはよいですね!
特にプラチナチャートの使い勝手が最高です。

セントラル短資FXusd01_29a


やっぱり4つの時間軸を並べてみるとジョジョにではありますが、
円安トレンドがおわりつつあります。

ちなみにDMMFXでは、下記の6パターンでのチャートの表示が可能です。

セントラル短資FXusd01_29b


では、セントラル短資FXみらいチャートで今後のドル円を予想してまいります。

セントラル短資FXusd01_29c


みらいチャート予想の5分足では2本がドル高、1本が円高の後、元に戻す
ドル円予想。

セントラル短資FXusd01_29d


1時間足の予想も同様に2本がドル高、1本が円高の後、元に戻す
ドル円予想でした。

セントラル短資FXusd01_29d


1日足の予想では2本がドル高、1本が円高のドル円予想。

次にセントラル短資FXのFXライブで各テクニカル指標の現在の売買シグナル
を掲載します。

FXライブusd01_29_13c


ボリンジャーバンドのシグナルは、

5分足  ・・・ 売
1時間足 ・・・ 売
日足   ・・・ 買
週足   ・・・ 買

となっております。


では、ラストは個人投資家の動向を外為オンラインディールスコープ
でチェックします。

ディールスコープusd01_21_13


個人投資家のポジションの動向を検証。

<1月29日13時の様子>

ドル円買いのポジション数 ・・・ 1,085,050,000
ドル円売りのポジション数 ・・・ 614,720,000

ドル円買いの投資家数 ・・・ 11,565
ドル円売りの投資家数 ・・・ 6,926


おお。ドル円買が増加しておりましたが、直近で減少。
今日1日相場がくすぶっていた事から、ロスカットしたのでしょうか?

ディールスコープとは

■■■ 2013年1月29日のマーケットコメント ■■■

では、本日のマーケットコメントをDMMFXから抜粋。

DMMFX評判評価

【29日の東京市場】

・ドル円は一進一退。海外短期勢からの売りに押されて9時前に90.40円まで下落したが、その後は買い戻しが優勢となった。安く始まった日経平均株価が持ち直し、上げ幅を拡大したことで全般に円売りが優勢となったほか、市場では「CTA(商品投資顧問)の買いが観測された」との指摘もあり、12時30分過ぎには91.025円まで上昇。もっとも、前日NY時間高値の91.10円が意識されると再度売りが強まり、90円台後半まで上値を切り下げた。引けにかけて日経平均株価が失速したことも重しだ。

・ユーロ円も一進一退。日経平均株価が前日比で100円超上昇したことを手掛かりに12時30分過ぎには122.45円まで値を上げたが、買い一巡後は日経平均株価の失速を背景に円の買い戻しが強まった流れに沿って121.80円台まで上値を切り下げる場面も見られた。総じて日本株の動向に振らされた動きだった。

・ユーロドルは円絡みの取引が中心となったため、1.34ドル台半ばでの小動きに終始した。本日の高値は1.3460ドル、安値は1.34435ドルで、値幅は0.0017ドル程度と狭かった。

話題沸騰中のソーシャルレンディングとは?

・日経平均株価は反発。好業績観測を背景に大幅高となった銀行株が相場の上げを主導したほか、円相場が一時円安基調を強めたことも追い風となった。午後に入って円安を手掛かりにトヨタなどの輸出関連株が強含んだ場面では一時1万900円台に乗せる場面もあったが、市場では「米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて目先の利益を確定する動きが強まった」との指摘もあり、引けにかけては伸び悩んだ。なお、東証株価指数(TOPIX)も反発。時価総額の大きい銀行株が買われたことで昨年来高値を2営業日ぶりに更新した。個別では前日の下げを主導したファナックが反発したほか、ホンダやコマツなどが堅調。一方、連日で商いを伴って上昇していたソニーは4日ぶりに反落した。

・債券先物相場は続落。前日の米国債券相場が下落した影響が残ったほか、安く始まった日経平均株価が持ち直したことも重しとなった。市場では「現物債市場で10年物国債を中心に売りが膨らみ、先物に波及した」との指摘もあり、13時過ぎには一時143円99銭と15日以来2週間ぶりに144円を割り込む場面も見られた。

DMMFX評判評価
ディールスコープとは
FX業者の取引画面を比較
FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
FXスワップ金利比較
FXスマホ比較
FXツール比較
FXスペック比較
DMMFX

トップに戻る
DMM FX

FXライブでチェックするテクニカル指標ランキング

おはようございます。

今朝はセントラル短資FXライブを使って直近のドル円相場で最も調子がよい
テクニカル指標を検証していきます!

 ⇒ FXライブとは?
 ⇒ FXツール比較

◆◆ 全通貨ペアの中でのランキング1位 セントラル短資FXライブ

FXライブa


ドル円がないかわりにユーロ円や豪ドル円でよいパフォーマンスをあげており
ます。

・・・また、ドル円で見た場合で1ヶ月ではかった場合、最もよかったのは、

MACDでした。

FXライブaa


なんと、1週間で計測してみてもランキング1位はMACD。

FXライブaaa


FXプライムと元リーマン社員のキャッシュバック企画1


FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

FXライブでGW終盤のドル円予想

さて、現在のドル円相場(GMOクリック証券)個人投資家の売買動向をディールスコープで検証
してきましたが、GW終盤のドル円の予想をセントラル短資FXライブで行います。

当サイト右上にもあるようにドル円予想は以下の要領で行います!

*元リーマン社員は外為オンラインディールスコープで個人投資家の動向を
検証し、セントラル短資FXライブで直近の相場に最も適したテクニカル
指標を検出、その後、同じくFXライブでそのテクニカル指標の売買シグナル
を確認し、そのシグナルをもとに、スプレッド比較でこの前まで1位だったDMMFX
などで取引をするスタイルをとっております。


 ⇒ セントラル短資のホームページ
 ⇒ 外為オンラインのホームページ
 ⇒ DMMFXのホームページ

まずは直近のドル円相場に最も適したテクニカル指標は・・・

◆◆ 直近24時間 ドル円相場テクニカルランキング FXライブより

FXライブ0506a


直近24時間では、5分足すべてのテクニカル指標でマイナス。

FXライブ0506ab


1時間足で見た場合のテクニカル指標はプラスとなっております。
RSI、DMIあたりがプラスの指標ですね。
・・・ただ、直近で有効な指標はそれほどなさげです。

◆◆ 直近1ヶ月間 ドル円相場テクニカルランキング FXライブより

FXライブ0506abc


と、こちらはRSIとストキャスティクスが絶好調のようです。
中期的にドル円を予想して売買するならば、RSIとストキャスティクスを参考と
するべきです。

では、それらの指標の売買シグナルをセントラル短資のFXライブで検証。

FXライブでドル円予想0506a


FXライブ売買シグナル RSI

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 買い
■ 週足 ・・・ 売り

FXライブ売買シグナル ストキャスティクス

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 買い


む〜、まだまだ短期的にはドル円売りシグナルが予想結果です!

 ⇒ セントラル短資のホームページ

NY市場の動きをDMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■NY相場の動き■□

【Overview】

ドル・円相場(6日6時時点):前日比53銭安の1ドル=80.06円
ユーロ・円相場:同3円11銭安の1ユーロ=116.36円
ユーロ・ドル相場:同0.0291ドル安の1ユーロ=1.4534ドル
ダウ工業株30種平均:同139ドル41セント安の12584ドル17セント
ナスダック総合株価指数:同13.51ポイント安の2814.72
10年物米国債利回り:同0.07%低い(価格は高い)3.15%
WTI原油先物6月限:同9.44ドル安の1バレル=99.80ドル
金先物6月限:同33.9ドル安い1トロイオンス=1481.4ドル

(主な米経済指標) <発表値> <前回発表値>
前週分の米新規失業保険申請件数 47万4000件 43万1000件・改
1−3月期米非農業部門労働生産性速報値
前期比 1.6% 2.9%・改
※改は改定値を表す。▲はマイナス。

【ドル・円】【ユーロ・円】

・ドル円は3日続落。欧州の取引時間帯では、時間外の米株価指数先物や欧州株が軟調になりリスク回避のマネーが円に流れたため、一時79.57円と主要7カ国(G7)が協調介入を実施した3月18日以来の安値を付けた。ただ、ニューヨーク市場では下値の堅さが目立った。対ユーロや資源国通貨で全般にドル買い戻しが進んだ流れに沿って、一時80.37円付近まで値を戻した。なお、野田佳彦財務相は5日、訪問先のハノイで記者団に対して「3月18日とは違う動きだ」と指摘したうえで、「外国為替市場を注意深く監視している」などと述べたと伝わった。一段と円高が進んだ際の介入の可能性については「仮定の話はできない」と語ったという。

・ユーロ円は大幅に3日続落。一時3月29日以来の安値となる116.15円まで売り込まれた。ECB理事会後のトリシェ総裁の会見を受け、次回会合での利上げ期待がはく落しユーロ全面安の流れとなった。米国株価が大幅に下落すると、投資家がリスク回避姿勢を強め円買いが活発化した。

【ユーロ・ドル】

・ユーロドルは大幅安。目先のストップロスを断続的に巻き込んで、一時4月26日以来の安値となる1.4510ドルまで下げ足を速めた。トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁は5日、理事会で政策金利の据え置きが決まった後の記者会見で「全ての進展について非常に注意深く監視する(monitor very closely)」と述べ、市場の一部で期待されていた「強い警戒(strong vigilance)」との文言を使わなかった。「次回会合での追加利上げがないことが示唆された」として、これまでに積み上がったユーロの買い持ちを解消する動きが優勢となった。原油相場が1バレル=100ドル割れとなるなど商品相場が大幅に下落し、資源国通貨に対してドル買い戻しが進んだ影響も受けた。

【その他NY市場】

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は続落。米労働省が発表した前週分の新規失業保険申請件数が予想より弱い内容となったことを受け、米景気の先行きに対する懸念が強まると株式への売りが膨らんだ。原油相場が急落し、指数に影響度の大きいシェブロンやエクソンモービルなどのエネルギー株が売られ相場を押し下げた面もあった。金属相場安で素材株にも売りが集まり、ダウ平均は一時200ドルを超える下げとなった。市場では「再編期待から足もとで上昇が目立っていたベライゾン・コミュニケーションズやAT&Tなど通信大手にも利益確定の売りが出た」との指摘があった。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は4日続落した。

・米国債券相場で長期ゾーンは6日続伸。米労働省が発表した前週分の新規失業保険申請件数が予想より弱い内容となったことを受け、米景気の先行きに対する懸念が高まると「安全資産」としての債券に買いが集まった。米国株や商品相場の下落も相場の押し上げ要因となった。

・原油先物相場は急落。トリシェECB総裁が定例記者会見で、次回の利上げを示唆する文言として知られている「強い警戒(exercise〔strong〕vigilance)」を使用しなかったことを受けて、外国為替市場ではユーロに対してドルが急伸。ドル建てで決済される原油に割高感が生じたことが売りを促した。また、新規失業保険申請件数が市場予想を大幅に下回ったことを受けて、景気の先行き不透明感が高まり、需要懸念が意識されたことも重し。節目の100ドルを割り込むと、一時98.25ドルと3月17日以来の安値を付けた。なお、値下がり率は2009年4月20日以来で最大となった。

・金先物相場は大幅に3日続落。トリシェECB総裁が定例記者会見で次回の利上げを示唆しなかったことを受けて、外国為替市場でドルが対ユーロで急伸すると、ドルと「逆相関」が生じやすい金は売りに押された。また、原油先物相場の急落につれたほか、下落基調の続く銀相場も重しとして意識された。

FXプライムと元リーマン社員のキャッシュバック企画1


FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

先週のランキング1位の指標で今週のドル円予想

おはようございます。ゴールデンウィークまで後少しの4月半ばの
月曜日を迎えております。ゴールデンウィークの軍資金を稼ぐ為にも
ドル円をFXツールを駆使して予想していきます。

元リーマン社員は馬鹿なので、難しい事はやりやりません。
ただ、FX業者が提供するツールに沿ってトレードするだけです。
・・・でも、難しい事はいわなくても、ロスカットは難しいですよ。

なので、トレードする前に機械的にロスカットを入れて、トレードも
単に機械的にFX業者のツールに従ってトレードするのが一番簡単にドル円
でもうける方法だと確信しております。

もちろん初心者にとってはですけどね。

さて、今日も、早速、FX業者が無料で提供する下記のツールでドル円を予想
します。

 ◆ 個人投資家の動向を解析する外為オンラインのディールスコープ
 ◆ 指標のランキングと売買シグナルを解析するセントラル短資FXライブ

 ⇒ FXツール比較はコチラ
 ⇒ 外為オンラインのディールスコープ等の評判はコチラ
 ⇒ セントラル短資の詳細はコチラ

外為オンライン110418a


現在は円高も一服している感があります。
現在の市況をDMMFXから抜粋。

◆◆◆ 為替市場の概況。

18日の東京外国為替市場でユーロ円は下値が堅い。8時時点では119.82−87円とニューヨーク市場の終値(119.90円)と比べて8銭程度のユーロ安水準だった。ギリシャの債務再編に対する懸念が根強いなか、東京勢と見られる売りが先行した。一時119.761円まで値を下げた。中国人民銀行が17日、21日付けで預金準備率を0.50%引き上げると発表。中国の景気拡大ペースの鈍化が資源貿易関係の深い豪ドルの重しとなるとして、豪ドル円が87.55円まで下落した影響も受けた。ただ、前週末安値の119.69円を下抜けることが出来ず、8時過ぎには120.049円まで持ち直した。ドル円は売りに押された。前週末安値の82.95円を下抜け、82.911円まで下落。
DMMFXの評判はコチラ

◆◆◆ 10分足のドル円のチャート
外為オンライン110418b


◆◆◆ 60分足のドル円のチャート
外為オンライン110418c


◆◆◆ 1日足のドル円のチャート
外為オンライン110418d


さて、このような状況の中、個人投資家はドル円を売っているか買っているか
外為オンラインディールスコープで検証しましょう。

◆◆ 1日足のチャート 外為オンラインディールスコープよりキャプチャ
外為オンライン評判110418a


◆◆ 1時間のチャート 外為オンラインディールスコープよりキャプチャ
外為オンライン評判110418b


個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 16,777人
■ ドル円売り ・・・  4,464人


⇒ ディールスコープとは

ドル円を買っている人が増えた模様です。では、先週1週間で最も調子が
よかったテクニカル指標をFXライブでチェックすると・・・

FXライブ20110418-1


先週1週間では、RSIとストキャスティクス、MACDが相当いい
パフォーマンスです。特に形がよいMACDの詳細を見てみると、

FXライブ20110418-2


8回の取引で約200pipsの稼ぎです。では、MACDの売買シグナル
を同じくFXライブで検証すると、

FXライブ20110418-3


FXライブ売買シグナル MACD

■ 5分足 ・・・ 買い
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 買い
■ 週足 ・・・ 買い

FXライブ売買シグナル RSI

■ 5分足 ・・・ 買い
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 売り

FXライブ売買シグナル ストキャスティクス

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 買い


MACDがドル円全面買いとなっております。これは、他の指標に目をつぶると
全面ドル高に行くシグナルです。


⇒ FXライブとは?
⇒ FXツール比較

FXプライムと元リーマン社員のキャッシュバック企画1


FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

タイタニックが沈む日のドル円予想をFXライブ&ディールスコープで

こんにちは。今晩はタイタニックが沈んだ日となります。
それはさておき、円高が進行している中、FXライブとディールスコープ
を使って週末にかけてのドル円を予想していきます。

⇒ FXツール比較
⇒ FXライブとは
⇒ ディールスコープとは

* 元リーマン社員の彼女が使ってる外為オンラインから抜粋。
外為オンライン0414a


⇒ 外為オンライン評判

続いて、同じく初心者に評判の外為オンラインからドル円のチャートを抜粋

◆◆◆ 10分足のドル円のチャート
外為オンライン110414b


◆◆◆ 60分足のドル円のチャート
外為オンライン110414c


◆◆◆ 1日足のドル円のチャート
外為オンライン110414d


・・・と、これからまだまだ円高にふれそうなチャートです。
そんな中、外為オンラインで取引している個人投資家のポジションの推移を
ディールスコープでチェックすると、

◆◆ 1日足のチャート 外為オンラインディールスコープよりキャプチャ
外為オンライン評判110414a


◆◆ 1時間のチャート 外為オンラインディールスコープよりキャプチャ
外為オンライン評判110414b


個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 16,369人
■ ドル円売り ・・・  4,666人


⇒ ディールスコープとは

と円高の進行に伴い、ジョジョにですが、ドル円を買う人が増えてきました。
では、今後のドル円をFXライブで予想すると・・・

◆◆ 直近24時間のテクニカル指標ランキング
FXライブ110414a


MACDが、現在、ドル円予想で最高の指標という結果です。

◆◆ 直近1週間のテクニカル指標ランキング
FXライブ110414b


1週間ではMACDのほかにRSIとストキャスティクスがドル円予想で最高の指標という結果です。

各指標の詳細を見てみると・・・

FXライブ20110414-3


FXライブ20110414-3a


では、それらの売買シグナルをチェック。
FXライブ20110414-4

セントラル短資FXライブより。

FXライブ売買シグナル RSI

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 買い

FXライブ売買シグナル MACD

■ 5分足 ・・・ 買い
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 買い
■ 週足 ・・・ 買い

FXライブ売買シグナル ストキャスティクス

■ 5分足 ・・・ 買い
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 買い


⇒ FXライブとは?
⇒ FXツール比較

おお〜、売りと買い真っ二つにシグナルが分かれました。
ここは様子見です。


相場心理学ゾーン
ゾーンは、恐怖心のない無心の状態。その境地に達するトレーダになる事の
意味と重要性その境地に至る為の啓示をまとめたバイブル本を元リーマン
社員だけで限定キャンペーンで無料でプレゼント中!

⇒ ゾーンの極意の紹介はコチラ。


FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
 東大式FX攻略法

みんなのFX

元リーマン社員限定タイアップ企画

FXプライム[直トレFX]

アイネットFX
元LB社員が取引に使うFX業者
SBIFXTRADE評判  ドル円0.27銭SBIFXトレード
豪ドル円0.99/ユロ円0.69/ポン円1.19
1$から取引可/スプレッド4桁表示
住信SBIネット銀行50%出資のSBIG

GMOクリック証券FX評判  株も売買可GMOクリック証券
米ドル/円0.3銭原則固定
YAHOO出資企業/資産2000億円
8万人使用iClickFXNEO/FXroid
最新キャッシュバック特集
カテゴリー別の記事
livedoor プロフィール
免責事項
当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び私に関係する全ての方は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。

外為どっとコム
DMM FXは初心者向け
ドル円予想に使うFXツール
FXツール FXプライム byGMOのぱっと見テクニカル

過去12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想する機能
ぱっと見テクニカルツールa
⇒ ぱっと見テクニカルの評判評価
ドル円スプレッド比較
原則固定
(例外あり)
FX業者名
0.3銭  外為どっとコム
0.3銭 GMOクリック証券評判 GMOクリック証券
0.3銭 YJFX評判 YJFX!
0.3銭原則固定 DMMFX評判 DMMFX
0.4銭 みんなのFX評判 みんなのFX
0.6銭原則固定 FXプライム評判 FXプライム byGMO
0.7-1.0銭 アイネットFX評判 アイネット証券
0.9銭 ライブスター証券
株もFXも GMOクリック評判 GMOクリック証券
カブドットコム評判 カブドットコム証券

元リーマン社員がメディア掲載
元リーマンブラザーズ社員が取材①元リーマンブラザーズ社員が取材②
雑誌「BIG TOMORROW」5月号で取材受けて記事になりました。
⇒ 現在4.5万人超フォロワー!
元気の源!為替ブログランキング
皆様のクリックが・・・
元リーマン社員を救います!!


人気ブログランキング
最高、17位でファイト!

為替ブログ村
為替日記は、最高8位!
くりっく365のFX業者比較
  • ライブドアブログ