元リーマン社員がFXツールでドル円予想

リーマンブラザーズに勤務した経験からビリオネアになる最短の方法はトレードしかないと確信し、トレードの中でも。最も少額で始められて、かつ、最もレバレッジが高くできるFXで財を成す事を決意しました。現在、ドル円をFXツールを駆使して予想し、その結果から売買するシステムトレードちっくな手法で売買を行い、まずは、ミリオネアへの道を目指しております。FXツールはFXプライム byGMOのぱっと見テクニカルを使っております。

 
 売買レート・チャート・リアルタイム売買比率表示ツールはみんなのFXより
0.3銭原則固定(例外あり)  外為どっとコム
0.3銭原則固定  GMOクリック証券
 FXトレーディングS
 YJFX!
 DMMFX
0.6銭原則固定  FXプライム byGMO
0.9銭原則固定  ライブスター証券
0.7〜1銭  アイネット証券
オススメ  ひまわり証券

FX業者 ツール 比較

DMM FX

FX業者ツール徹底比較 by 元リーマン社員

■■■ 元リーマン社員がFX予想に使うツール

元リーマンブラザーズ社員は、トレードの判断を下す際、FX業者が無料で提供するFXツールの予想結果を参考にしております。特に私が信頼し、日日のトレードブログでも活用し、検証しているツールは下記の通りです。

【自動売買ツール】

 ⇒ インヴァスト証券のトライオートの詳細はコチラ

【為替予想ツール】

 ⇒ FXプライム byGMOのぱっと見テクニカルの詳細はコチラ
 ⇒ セントラル短資のFXライブの詳細はコチラ
 ⇒ セントラル短資のみらいチャートの詳細はコチラ
 ⇒ 外為オンラインのディールスコープの詳細はコチラ

■■■ なぜFXツールを使うのか?

FX取引する上で最も大事になるのは資金管理です。

私は色々な人がFXで損をして市場から退場していったのを見ています。
退場者に共通していた事はたったの一つ。それは、資金管理が出来ていなかった事につきます。

たまたま雇用統計の日に予想がはずれて、大損をしてしまい、そのネガティブなイメージが次のトレードの判断に影響を及ぼしてしまい、結果、正常な判断が出来ずに、ずるずると負けていくのです。
簡単にいうと負けがこんで、負けを取り返そうとして、身の丈に会わないレバレッジで取引をしてしまい、破綻するのです。

だからといって、誰もがそのような鉄の心を持っているわけではありません。
そこで、FXツールを使う事で、取引の判断に感情をあまり挟まずにタンタンとトレードする事をお勧めします。

それでは、下記に各業者が提供するFXツールをまとめてみました。

■■■ FX業者が提供するFXツールの一覧

業者名 ツール名称 概要 画像







F
X
ミラートレーダー ミラートレーダーは選択型システムトレードツールの一つで自動で売買を行うツール。鏡に映したかのようにプロのトレーダーの売買システムを利用できる事が、ミラー(鏡)トレードと呼ばれる理由となっています。
FXツール比較_セントラル短資のミラートレーダー
シストレ広場 シストレでどの売買システムがランキング上位なのか、検索できる機能です。
FXツール比較_セントラル短資のシストレ広場
みらいチャート 過去のチャートの形状から、今後のチャートの形状を予想するツールです。
FXツール比較_セントラル短資のみらいチャート
FXライブ 各期間においてどのテクニカル指標が最も稼いだのかをランキングする機能。
FXツール比較_セントラル短資のFXライブ
14通貨ペア対応のシグナルマップ。
FXツール比較_セントラル短資のFXライブ2
売買シグナルのチャート表示およびメール配信。  
ニュース・レポート等 GI24リアルタイムニュース、FISCOリアルタイムニュース、FISCOマンスリーレポート
FXツール比較_セントラル短資のFXライブ3
1日の売り買い材料をTwitter感覚で見れるデイリー投資戦略室。  
為替基礎データ・基本分析レポート。  







by
G
M
O
ぱっと見テクニカル 過去のチャートの形状から、今後のチャートの形状を予想するツールです。
FXツール比較_FXプライム byGMOのぱっと見テクニカル
ミラートレーダー 自動売買システム。  
ニュース・レポート等 戦士のひらめき、セミナーライブラリ、今夜のイチ押し。
FXツール比較_FXプライム byGMOのツール類
チャートのささやき、プライムストラテジー、MarketWin24。
FXツール比較_FXプライム byGMOのツール類b
Global-Info24携帯メール配信サービス、井戸端為替会議。  
柳澤浩のわかりやすい外為道場  
外為
オン
ライ
ディールスコープ 他人の売買ポジションを確認する事ができるツールです。
FXツール比較_外為オンラインのディールスコープ
ニュース・レポート等 今日のアナリストレポート  
兵ブログ
FXツール比較_外為オンラインの兵ブロガー
FX
CM
ジャ
パン
ミラートレーダー 自動売買システム。  
MT4 「Expart Advisor(EA)」を利用することで行う、システムトレード。
FXツール比較_FXCM証券_MT4
外為
どっ
とコ
ぴたんこテクニカル 指定した通貨ペア・足種に対し複数テクニカル分析を適用した結果を売買シグナルとして一覧表示する「お天気シグナル」と、直近時点のチャートと形が近似する過去の相場変動データを基に指定した通貨ペア・足種の今後の値動きを予測。
FXツール比較_外為どっとコムのぴたんこテクニカル
ひま
わり
証券
ニュース・レポート等 デイトレNAVIGATION・山岡和雅の今週のタクティクス・GIweekly。  
エコトレFX 自動売買システム。  
イン
ヴァ
スト
証券
シストレFX(ミラートレーダー) 自動売買システム
FXツール比較_インヴァスト証券のシストレFX24公式サイト
自動売買システム トライオート
FXツール比較_インヴァスト証券のトライオート
ニュース・レポート等 シストレ24公式攻略サイト等
FXツール比較_インヴァスト証券のシストレFX24公式サイト


■■■ FX業者毎のFXツールについて

FX業者ツール比較
ツール名 FX業者名
トライオート インヴァスト証券
ツール画面
トライオート トライオート
自動売買システムですが、通常のシステムトレードと違う点は、トレンドの概要は自分で選び(たとえば、ここ数年のドル高トレンドを織り込む意味で)、システムは基本、そのトレンドにしたがって自動で取引を行なう点です。
インヴァスト証券へ口座開設

FX業者ツール比較
ツール名 FX業者名
ディールスコープ 外為オンライン
ツール画面
外為オンラインディールスコープツール比較
ディールスコープとは外為オンラインで取引する個人投資家がどのようにトレードしているかを統計的に表示するチャートツールです。これは他社では見る事が出来ない非常に有益なツールです。ある意味これを見たいが為に外為オンラインに口座を持っている位です。もちろん市場は投資家の期待の総和で動いており大口の投資家がどういう風に考えているかを知ることはとても重要です。そこで、ここ何年かの間FX業者取引高1位の座を保守している外為オンラインの顧客の売買動向にはとても意味があるのです。また個人投資家の8割は負け越していると言いますが、ディールスコープを見るとそれも一目瞭然です。トレンドに乗ってポジションをとるのはよいのですが、どうも利食いするのがプロより遅いのです。一旦は利益がのったけれども利食いするポイントが遅かったが為に損した個人投資家が多いという証拠になると思います。それを念頭において、このツールを使って他人のポジション推移を見ると自分の居場所がよくわかりどこへ向かうべきかを教示してくれるとても偉大なツールです。
外為オンラインへ口座開設 ◆外為オンライン評判評価 ◆ディールスコープとは

FX業者ツール比較
ツール名 FX業者名
アレグロチャート フォレックストレード
ツール画面
フォレックストレードアレグロチャート
アレグロチャートは各国通貨と金や原油、ダウ日経平均とチャートを比較する事が可能です。インターネットが発達し、世界の色々な金融商品を等しくギャンブルの対象とする巨大ヘッジファンドが幅をきかせる今、それらの相関性が日増しに高まっております。為替と共に、金や原油、米国株価等も同じチャートで比較検討する事は投資力の向上に繋がります。
フォレックストレードへ口座開設 ◆フォレックストレード評判評価

FX業者ツール比較
ツール名 FX業者名
自己売買履歴自動分析ツール アイネットFX
ツール画面
アイネットFXのツール比較
自分が過去に取引したデータを自動
的に分析して下記の分析をしてくれます。
 ■ エントリー売買区分比率
 ■ 利用チャネル比率
 ■ 取引通貨ペア比率
 ■ 注文方法比率
 ■ 利食い・損切り比率
ツール名 FX業者名
44種類のチャート アイネットFX
チャート画面
アイネットFXツールチャート
アイネットFXへ口座開設 ◆アイネットFX評判評価

FX業者ツール比較
ツール名 FX業者名
FXライブテクニカルランキング セントラル短資
ツール画面
セントラル短資FXライブテクニカルランキングツール比較? セントラル短資FXライブテクニカルランキングツール比較?
期間ごとに、利益が大きかった売買モデルを「テクニカル指標収益ランキング」で表示します。
短期トレーダーの方は5分足を、デイトレーダーの方は1時間足を参考にするなど、お客さまご自身で参考にしたい期間を選択することができるため、取引スタイルに応じて過去の収益と損失の大きさなどを確認することができます。
売買モデルの収益履歴の詳細は「トラックレコード」で確認可能。
トラックレコードから、過去一定期間、その売買モデルの損益や勝率の傾向と信頼性をチェックできます。
ツール名 FX業者名
FXライブシグナルマップ セントラル短資
ツール画面
セントラル短資FXライブシグナルマップツール比較
各通貨・各テクニカル指標・各時間足毎に現在の売買シグナル状況を教えてくれます。更にメール配信にも対応。外出中でもテクニカル指標の変化に気づく事が可能です。
ツール名 FX業者名
FXライブ総合 セントラル短資
ツール画面
セントラル短資FXライブツール比較
セントラル短資の「FXライブ!」の特徴は、
■売買シグナルを24時間配信
■売買シグナル発生時に音声でお知らせ
初心者でも簡単に売り買いのポイントが分かるような、売買シグナルを配信しています。
・テクニカル分析・マーケット情報・マーケットレポートの3種類。
【テクニカル分析】
■シグナルチャート
6種類のテクニカル指標分析から導かれる売買サインの表示がついた為替チャート
■売買シグナル
14通貨ペア、6種類のテクニカル指標分析の売買サインの発生をリアルタイム表示
■テクニカル指標収益ランキング
252通りのテクニカル指標分析の過去の"収益"をランキング表示
■売買シグナル履歴
売買シグナルの1日の発生履歴。通貨ペア・テクニカル分析の設定表示が可能
【マーケット情報】
■マーケットニュース
セントラル短資FXと複数の情報ベンダーが提供するリアルタイムマーケット情報
■リアルタイム経済指標
各国の指標発表をリアルタイム表示。主要経済指標を直前に教えるリマインド機能搭載
■注目経済指標
為替相場に影響を及ぼすその週に発表のある重要な経済指標を解説
【マーケットレポート】
■マーケットビュー
マーケットに精通したコメンテーターが日替わりでコラムや為替相場の見通しをコメント
■マーケット情報動画レポート
グローバルインフォ (株) 代表の和田仁志氏の気になるニュース動画レポートを毎日配信
■FISCOマンスリー総合分析
日米欧、中国における政治、経済、金利、株式指標の動向を毎月レポート配信
■FISCO通貨ウォッチャー
米ドル,ユーロ,豪ドル,NZドル,南アランドなどに関する情報を毎週レポート配信。
セントラル短資へ口座開設

FX業者ツール比較
ツール名 FX業者名
ぱっと見テクニカル 形状比較 FXプライム byGMO
ツール画面
FXプライム byGMO形状比較ぱっと見テクニカル
とても直感的に為替相場の動きを予測してくれるツール。それがぱっと見テクにアルの形状比較ツールです。もちろん各通貨・各時間足での予測が可能です。過去のチャートの形状から自動で今後を予測してくれます。
FXプライム byGMOへ口座開設
DMM FX

FXツールで検証した4月初旬のドル円予想

こんばんは。金曜日の夜ですが、元リーマン社員がFXツールであれている
ドル円予想を検証していきます。

ドル円予想といっても、まずは現在のドル円相場を検証します。
下記を見てみれば一目瞭然ですが、急激なドル高円安が進行しております。

スプレッドランキング1位のDMMFX取引画面をキャプチャ。
DMMFX20110401


 ⇒ DMMFX評判評価


◆◆◆ドル円10分足チャート FX業者スプレッドランキング1位のDMMFXより
DMMFX20110401a


◆◆◆ドル円60分足チャート FX業者スプレッドランキング1位のDMMFXより
DMMFX20110401b


◆◆◆ドル円1日足チャート FX業者スプレッドランキング1位のDMMFXより
DMMFX20110401c


ここまでどの時間足でみても綺麗にドル高トレンドが見れるのは、ここ数年
でも珍しい。元リーマン社員としてはこのような状況下で個人投資家は
ドル円を売っているのか買っているのか気になります。

・・・外為オンラインディールスコープを使う事で、外為オンライン
取引する顧客のポジション動向を検証する事が可能です。

★★★ ディールスコープ 1時間足 チャート
DMMFX20110328c


★★★ ディールスコープ 日足 チャート
DMMFX20110328c


⇒ ディールスコープとは
⇒ 外為オンライン評判
⇒ FXツール比較

個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 13,136人
■ ドル円売り ・・・  6,736人


ドル円を買っていた人が急激に減っております。これは明らかに利食いで
しょう。そして、ドル円売りポジションはむしろ少し増えております

このようなドル円の相場の中、まずは現在のドル円相場で最も稼いでいる
テクニカル指標をセントラル短資FXライブを使って検証します。

セントラル短資FXライブ ドル円5分足 直近1ヶ月

セントラル短資FXライブ20110401


直近1ヶ月では移動平均が最も稼いでいるテクニカル指標です。

セントラル短資FXライブ ドル円5分足 直近1週間

セントラル短資FXライブ20110401b


直近1週間ではRSIが最も稼いでいるテクニカル指標です。

セントラル短資FXライブ ドル円5分足 直近24時間

セントラル短資FXライブ20110401v


直近24時間ではDMIと移動平均がよいテクニカル指標です。

それでは、移動平均、RSI、DMIについての今後のドル円予想を
セントラル短資FXライブで検証します。

セントラル短資FXライブ20110401d


FXライブ売買シグナル 移動平均

■ 5分足 ・・・ 買い
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 買い
■ 週足 ・・・ 買い

FXライブ売買シグナル  RSI

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 買い

FXライブ売買シグナル  DMI

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 買い
■ 週足 ・・・ 売り

FXライブ売買シグナル  総合判断

■ 5分足 ・・・ 買い有利
■ 60分足 ・・・どちらでもない
■ 日足 ・・・ 売り有利
■ 週足 ・・・ 売り有利


これは今は相場に手を出すなというFXツールの叫びかもしれません。ただ、ギャンブラーには最高に市場環境のようです!!

ではアジア・オセアニア市場の動きをDMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■アジア・オセアニア市場市場の動き■□

【Overview】

1日午後のアジア・オセアニア外国為替市場で円は方向感が定まらなかった。米国が金融政策を正常化する時期が早まるとの観測が強まる一方、日本は金融緩和姿勢を維持するとの見方から円売り・ドル買いが出た。半面、円の下値では国内輸出企業からとみられる円買いが入ったため相場はもみ合いの展開となった。市場では「日本時間今晩の3月米雇用統計の結果を見極めたいとして、方向感が出にくい」との指摘があった。

【ドル・円】【ポンド・円】

ドル・円は1ドル=83円60銭前後でのもみ合いが続いた。市場関係者からは「200日移動平均線が位置する83円61銭前後が重要なポイントとして意識されている」との声が聞かれた。ポンド・円は欧州株が高く始まったことなどを材料に一時本日高値1ポンド=134円53銭前後まで値を上げたものの、3月英製造業購買担当者景気指数(PMI)が57.1と市場予想を下回ったことを受けて失速した。

【ユーロ・ドル】

手掛かり材料難から1ユーロ=1.41ドル台後半でのもみ合いが続いていたが、伊・仏など欧州圏の製造業PMIが予想より弱い内容となったことが伝わるとやや売りに押された。17時前に一時1.4146ドル前後まで下押しした。

相場心理学ゾーン
ゾーンは、恐怖心のない無心の状態。その境地に達するトレーダになる事の
意味と重要性その境地に至る為の啓示をまとめたバイブル本を元リーマン
社員だけで限定キャンペーンで無料でプレゼント中!

⇒ ゾーンの極意の紹介はコチラ。


FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

大地震津波原発爆発でも生き残った元リーマンブラザーズ社員の彼女

今回の津波並みの円高に耐えた元リーマン社員の彼女の状況を暴露。

*元リーマン社員がFX初心者には自信を持って薦める外為オンラインより
外為オンライン評判20110315


外為オンライン評判20110315b

⇒ 外為オンライン評判

なかなか、元リーマン社員の彼女だけあって、かなり、この急激な相場
変動時にドル円をトレードしております。他の個人投資家の動きは、
76円台まで行った円高大津波に飲み込まれて大勢の方がドル円ロング
ポジションがロスカットされてしまった事が受けて取れます。
外為オンラインディールスコープで個人投資家のポジション動向閲覧可能

ディールスコープ20110315


⇒ ディールスコープとは
⇒ FXツール比較

個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 16,107人
■ ドル円売り ・・・  3,480人


同じく外為オンラインでドル円のチャートを見てみましょう。
外為オンライン評判ch20110315b

外為オンライン評判ch20110315bd


ドル円を買っていた方はお悔やみ申すしかありません。
しかしドル円を売っていた人はどんな気分なんでしょうか?
チャートを見る限りあの急激な動きの中で、個人投資家は利食いできずにいた
のが、現状ではないでしょうか?

ある意味、資金量に優る欧米の連中が我々アジアタイムでトレードする
日本人投資家のロスカットレベルを見抜いて集中攻撃すれば、いともたやすく
レバレッジが高い日本の個人投資家が瓦解するかよくしらしめた展開です。

寝るときは出来る限りレバレッジが高いポジションは閉じるべき。
そう思った元リーマン社員です。

相場心理学ゾーン
ゾーンは、恐怖心のない無心の状態。その境地に達するトレーダになる事の
意味と重要性その境地に至る為の啓示をまとめたバイブル本を元リーマン
社員だけで限定キャンペーンで無料でプレゼント中!
DMM FX

大震災、原発爆破後のドル円を予想 by 元リーマンブラザーズ社員

週末から激変の時代を迎えている日本。原発はふっとぶし津波で1万人規模
で人がいなくなったといった情報もあります。

しかしこういったイベントはイベントドリブン型のトレーダーにとっては、
まさに千載一遇の稼ぐチャンス。事実、この地震で儲けたといった声が
多数寄せられています。

こういった一方的な事態の時はトレンドが強くでます。
そのトレンドをFXツールを駆使して、元リーマンブラザーズ社員が
ドル円を予想していきます!

ちなみに、まずはFXライブを無料で提供するセントラル短資で現状把握。
セントラル短資スプレッド


・・・81円台後半まで円高に触れています。原発が爆発しそうなこの時期
にそこの国の通貨が高くなるというのはとても不思議ですが、資本主義とは
そういうもの。

 ⇒ FX業者ツール徹底比較

続いてドル円を予想する上でも外せないチャートを見てみましょう。

◆ 日足ドル円チャート *セントラル短資から
セントラル短資チャート日足


◆ 60分足ドル円チャート *セントラル短資から
セントラル短資チャート60分足


◆ 10分足ドル円チャート *セントラル短資から
セントラル短資チャート10分足


大震災がきっかけとなり大きく円高にふれています。

こんななか、セントラル短資が無料で提供するFXツール”FXライブ
を駆使して、まずは現在のドル円に最も適したテクニカル指標を検証。

◆ FXライブ ドル円テクニカル指標ランキング *セントラル短資から
FXライブ0311a


直近1ヶ月では移動平均だけが23回の取引の末140pipsを得ておりま
す。逆にそれ以外はぱっとしない成績です。

◆ FXライブ ドル円テクニカル指標ランキングb *セントラル短資から
FXライブ0311b


5分足だとRSIが非常によいパフォーマンスをあげており、20回の取引
で180pipsも勝利を挙げております。そのRSIの戦績の詳細を見て
見ると・・・

FXライブ0311c


綺麗に右肩あがりの曲線を描いたシミュレーション結果です。
で、それらの現在の最新の売買シグナルをFXライブで検証すると・・・

FXライブ0311ca


FXライブ売買シグナル RSI

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 買い
■ 週足 ・・・ 買い

FXライブ売買シグナル  総合判断

■ 5分足 ・・・ どちらでもない
■ 60分足 ・・・買い有利
■ 日足 ・・・ 売り有利
■ 週足 ・・・ 買い有利


 ⇒ FX業者ツール徹底比較

・・全体的にFXライブではドル円を買いと予想しております。
続いて、元リーマン社員必殺のドル円予想ツールであるFXプライム
ぱっと見テクニカルツールでも今後のドル円を予想します。

ぱっと見テクニカルツールの形状比較によるドル円予想はとても、ビジュアル
なかたちで今後のドル円を予想してくれます。

◆ ぱっと見テクニカル ドル円10分足予想形状比較 *FXプライム
ぱっと見テクニカル0311a


◆ ぱっと見テクニカル ドル円60分足予想形状比較 *FXプライム
ぱっと見テクニカル0311b


◆ ぱっと見テクニカル ドル円1日足予想形状比較 *FXプライム
ぱっと見テクニカル0311c


 ⇒ FXプライム
 ⇒ FX業者ツール比較

 ◆ 10分足では1本がドル高の予想
 ◆ 60分足では2本がドル高の予想
 ◆ 1日足では2本がドル高の予想


他、同じくFXプライムぱっと見テクニカルのパターン分析

ドル円予想の結果は・・・

◆ ぱっと見テクニカル ドル円パターン分析 *FXプライム
ぱっと見テクニカルドル円パターン分析0311c


パターン分析の結果もドル円ロングです!
ここは、元リーマン社員のドル円予測はドル高でしょう。

では米国相場の動きをDMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■米国相場の動き■□

【Overview】

ドル・円相場(12日7時時点):前日比1円8銭安の1ドル=81.88円
ユーロ・円相場:同62銭安の1ユーロ=113.84円
ユーロ・ドル相場:同0.0107ドル高の1ユーロ=1.3904ドル
ダウ工業株30種平均:同59ドル79セント高の12044ドル40セント
ナスダック総合株価指数:同14.59ポイント高の2715.61
10年物米国債利回り:同0.04%高い(価格は安い)3.40%
WTI原油先物4月限:同1.54ドル安の1バレル=101.16ドル
金先物4月限:同9.3ドル高い1トロイオンス=1421.8ドル

【主な米経済指標】

(主な米経済指標) <発表値> <前回発表値>
2月米小売売上高(前月比) 1.0% 0.7%・改
3月米消費者態度指数(ミシガン大調べ)速報値
 68.2 77.5
1月米企業在庫(前月比) 0.9% 1.1%・改
※改は改定値、▲はマイナスを表す。

【ドル・円】

ドル円は4営業日ぶりに反落。節目の82.00円を下抜けストップロスを巻き込むと、一時2日以来の安値となる81.65円まで値を下げた。東日本巨大地震を受け積み上がっていた円売り・ドル買いポジションを解消する動きが優勢となったほか、市場では「日本の保険会社が保険金支払いのため対外資産引き揚げ(リパトリエーション)を行うとの思惑から円買いが入った」との指摘があった。安く始まった米国株相場が持ち直したことを背景に、対欧州・オセアニア通貨中心にドル売りが進んだ影響も受けた。

【ユーロ・ドル】

ユーロドルは反発。欧州の取引時間帯では、欧州株の下落を受け投資家がリスク回避姿勢を強めるとの見方からユーロ売り・ドル買いが広がり、一時1.3752ドルまで下げた。ただ、売りが一巡すると買い戻しが優勢に。3月の米消費者態度指数(ミシガン大調べ、速報値)が市場予想を下回ったことがドル売り材料とみなされたほか、市場では「米カストディアン系銀行からの買いが入った」との指摘があった。米国株価が持ち直したうえ、ユーロに関する協定を巡りユーロ圏首脳会議が原則合意に至ったことが買い戻しを誘い、一時1.3916ドルまで上値を伸ばした。

【ユーロ・円】

ユーロ円は続落。欧州時間に、リスクポジション解消目的の売りが強まり一時112.929円まで売り込まれた影響が残った。ただ、ニューヨークの取引時間に限れば下値は堅かった。ユーロ高・ドル安につれた円売り・ユーロ買いが出たほか、米国株の上昇に伴う買いが入ったため114円台を回復する場面もあった。

【株式、債券、金、原油等の市場】

・米国株式相場は3日ぶりに反発。東日本巨大地震や中国のインフレ懸念などが嫌気され、売りが先行したものの売り一巡後は持ち直した。サウジアラビアで本日予定されていた反政府派デモが予想より小規模だったことなどを理由に原油先物価格が下落すると、景気回復への懸念が後退し株が買われた。市場では「前日の大幅下落の反動で買い戻しが入りやすかった」との指摘があった。ダウ平均は一時100ドル超上昇した。「日本の大地震により倒壊した建物の復興需要の思惑からキャタピラーなどが買われ、指数の押し上げ要因となった」との声も聞かれた。

・米国債券相場は3日ぶりに反落。日本の大地震により、日本の保険会社が保険金支払いのためリパトリエーションを行うとの思惑から米国債に売りが出た。サウジアラビアで本日予定されていた反政府派デモが、予想より小規模だったとの見方から債券売りが出た面もある。

・原油先物相場は大幅に4日続落。東日本で巨大地震が頻発したことを受けて、景気の先行き不透明感や投資家心理の悪化を意識した売りが優勢となった。また、サウジアラビアでは本日を「怒りの日」として反政府派の集会が呼びかけられていたが、集会阻止に向けて警官隊などがパトロールを強化した。原油供給のひっ迫懸念が後退するとの見方も売りを誘い、一時99.01ドルまで大きく値を下げる場面があった。

・金先物相場は反発。中東・北アフリカの政情不安が長期化していることにくわえ、日本の大規模地震を受けて景気の先行き不安が広がり、安全資産としての金需要が高まった。外国為替市場でドル安が進行したことも、ドルと逆行しやすいとされる金の支えとなった。一時1424.6ドルまで値を伸ばした。

FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

元リーマン社員が15日の夜にドル円をFXツールを使って予想。

さて、リーマンFXやうそっぱちが丸見えな現役ゴールドマンサックス社員の
FXブログはさておき、私は、いつも通りクールに最強のFX業者のツール
駆使して、今後のドル円を予想していきます。

◆創業以来一度もスプレッドが変動した事がないFXプライムから抜粋

FXプライム11015


現状はドル高へ触れております。今後のドル円を最強のFXツール、
ぱっと見テクニカルを駆使して、予想します。

FXプライムぱっと見テクニカル ドル円の今後の予想

ぱっと見テクニカル形状比較
FXプライムぱっと見テクニカル0215


 ◆ 10分足では2本が円高の予想
 ◆ 30分足では1本が円高の予想
 ◆ 1時間足では1本が円高の予想
 ◆ 1日足では2本が円高の予想


となっております。

⇒ FXプライムぱっと見テクニカルの評判
⇒ FXプライム評判口コミ

また、今後のドル円の予想を同じく、
FXプライムぱっと見テクニカルで予想します。

ぱっと見テクニカル売買シグナルでドル円の今後を予想

FXプライムぱっと見テクニカル0215aa


FXプライムぱっと見テクニカル0215abc


FXプライムぱっと見テクニカル0215ab


これは、短期に軸足を置くか、長期のトレードに軸足を置くかで今後の
ドル円の売買戦略に影響を及ぼしそうな結果です。

元リーマンブラザーズ社員はひとまずルックです。

ここで、DMMFXを使って、今までのFX相場の動きをチェックします。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■ニューヨーク相場の動き■□

【Overview】

15日の欧州外国為替市場で円は軟調。ドルに対しては米長期金利が上昇し日米金利差拡大への思惑から円売りが出たほか、ポンドに対してはキング英中銀(BOE)総裁がインフレ警戒色の強い発言をしたことが円売りを誘った。対ユーロでは、独・ユーロ圏経済指標の結果やギリシャの国債入札を理由に円が売られた。

【ドル・円】【ポンド・円】

ドル・円は堅調。上値の目処として意識されていた前週末の高値1ドル=83円68銭前後や、1月7日の高値83円70銭前後を上抜けてストップロスを誘発。22時過ぎに一時昨年12月20日以来の高値となる83円93銭前後まで上値を伸ばした。ポンド・円は、BOEのキング総裁がオズボーン英財務相にあてた書簡の中で「インフレ率は今後数カ月で5%に向けて上昇する」などと表明したことを受け、ポンド買いが優勢に。22時過ぎに一時昨年8月11日以来の高値となる1ポンド=135円35銭前後まで値を上げた。

【ユーロ・ドル】

下値が堅い。仏・独の10−12月期国内総生産(GDP)速報値が市場予想を下回ったことを受け、17時前に1ユーロ=1.3460ドル前後まで値を下げた。ただ、売りが一巡すると買い戻しが優勢に。ZEWが発表した2月の独景況感指数は、プラス15.7と市場予想を下回ったが、「事前に一部市場で独ZEWが弱い結果になるとの噂があった」との声が聞かれ、指標を受けた売りは一時的。同時に発表された2月のユーロ圏景況感指数がプラス29.5と予想を上回ったことや、ギリシャ政府が実施した13週物Tビルの入札で、平均落札利回りが前回を下回り、応札倍率が前回を上回ったことなどを背景にユーロ買いが進んだ。21時過ぎに一時本日高値となる1.3551ドル前後まで上げる場面があった。

 ⇒ DMMFX評判評価

FXブロードネット×元リーマン社員
3万入金で山根亜希子のハイブリッドFX
ドル円スプレッド0.5銭千通貨OK
FXトレーディングシステムズ

FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

元リーマン社員がFXライブを駆使してドル円を予想

彼女がドル円を必死にロングしている中、元リーマン社員も今後のドル円を
FXライブセントラル短資提供の無料分析ツール)を駆使して予想します。

FXライブの説明はコチラ。 他のFXツールの比較はコチラ

まずは現在の相場を見ます。

現在のドル円の状況 *セントラル短資より

FXライブ110125a


セントラル短資では、チョコッと”よくばり”キャンペーンを実施中!

◆1日足ドル円チャート
FXライブ110125bb


長期で見ると円高トレンドですね。短期では彼女がドル円ロングなので、
ドル高へいってほしいものですが・・

今晩、明日のドル円がどうなるのか早速FXライブを駆使して予測します。
まずは、FXライブのテクニカル指標ランキングを使って、現在のドル円相場
で最も調子がよいテクニカル指標を探ります。

テクニカル指標ランキング

◆ドル円 5分足 直近24時間 テクニカル指標ランキング
ドル円予想FXライブ0125


◆ドル円 5分足 直近1週間 テクニカル指標ランキング
ドル円予想FXライブ0125b


◆ドル円 5分足 直近1ヶ月間 テクニカル指標ランキング
ドル円予想FXライブ0125c


直近24時間・一週間ともに移動平均が好調です。
一ヶ月間でも移動平均が2位。

それでは移動平均の現在の売買シグナルをFXライブで検証します。

ドル円予想FXライブ0125d


FXライブ売買シグナル 移動平均

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 売り

FXライブ売買シグナル  総合判断

■ 5分足 ・・・ 売り有利
■ 60分足 ・・・ どちらでもない
■ 日足 ・・・ 買い有利
■ 週足 ・・・ 売り有利


売り有利!!!彼女がドル円をロングしている手前とても寂しい・・・

FXブロードネット×元リーマン社員
3万入金で山根亜希子のハイブリッドFX
ドル円スプレッド0.5銭千通貨OK
FXトレーディングシステムズ

FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

お正月明け4日のドル円相場をFXツールを駆使して予想

彼女がボロボロでも、ドル円ロングで奮闘、再起を目指す中私もドル円を予想
します。

まずは現在の相場をFX業界史上最強のDMMFXで軽くチェック。

◆ドル円スプレッド DMMFXより
DMMFXの評判のスプレッド0104


・・・相変わらずですが、高金利通貨のDMMFXのスプレッドは物凄く狭い。
更に、ショートポジションを持った際のマイナススワップ金利が最も少ない
実はこのマイナススワップ金利が超低い事を活用した東大式スワップ金利アー
ビトラージ法
が現在、大いに力を発揮しております。

で、チャートを10分足で見てみます。

◆ドル円10分足チャート DMMFXより
DMMFXの評判のチャート10分足0104


ドル高の波が2回来ているのがわかります!彼女がドル円ロングな事より、
このまま行って貰いたいが・・・

早速セントラル短資FXライブを駆使して今後のドル円を予想していきます。

FXライブの説明はコチラ
FX業者ツール比較はコチラ

◆ドル円 FXライブ 直近24時間 テクニカル指標ランキング
ドル円予想FXライブ20110104


1位のDMIは1発屋なのでともかく2位のボリンジャーバンドはいいですね。
ドル円予想FXライブ20110104b


24時間の間に13回のシグナル発生で50pipsも稼いでおります。
では、そのボリンジャーバンドの最新の売買シグナルをFXライブで検証し、
それをもとにドル円を予想していきましょう。

ドル円予想FXライブ20110104


FXライブ売買シグナル ボリンジャーバンド

■ 5分足 ・・・ 買い
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 買い

FXライブ売買シグナル  総合判断

■ 5分足 ・・・ 買い有利
■ 60分足 ・・・ 売り有利
■ 日足 ・・・ 売り有利
■ 週足 ・・・ 買い有利


短期的にはドル円買いという予想で間違いないでしょう!!

では年明けの米国相場の動きをDMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■米国相場の動き■□

【Overview】

ドル・円相場(4日7時時点):前営業日比58銭高の1ドル=81.70円
ユーロ・円相場:同61銭高の1ユーロ=109.14円
ユーロ・ドル相場:同0.0021ドル安の1ユーロ=1.3359ドル
ダウ工業株30種平均:同93ドル24セント高の11670ドル75セント
ナスダック総合株価指数:同38.65ポイント高の2691.52
10年物米国債利回り:同0.05%高い(価格は安い)3.33%
WTI原油先物1月限:同0.17ドル高の1バレル=91.55ドル
金先物2月限:同1.5ドル高い1トロイオンス=1422.9ドル

【主な米経済指標】

(主な米経済指標) <発表値> <前回発表値>
12月米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景気指数
57.0 56.6
11月米建設支出(前月比)0.4% 0.7%
※改は改定値、▲はマイナスを表す。

【ドル・円】

ドル円は6営業日ぶりに反発。アジアの取引時間帯では、前週末安値の80.95円を下抜け一時80.93円と2010年11月9日以来の安値まで下落した。ただ、欧米市場では底堅い展開に。米長期金利が上昇し日米金利差の拡大への思惑から円売り・ドル買いが出ると、前週末高値の81.53円を上抜けて一時81.75円まで上値を伸ばした。米国株価の上昇に伴いクロス円が上昇したことも相場の押し上げ要因となった。米商務省が発表した11月の米建設支出は前月比0.4%増と市場予想を上回った一方、米サプライマネジメント協会(ISM)が発表した12月製造業景気指数は57.0と市場の予想通りとなった。これら指標に対する直接的な反応は目立たなかった。

【ユーロ・ドル】

ユーロドルは4日ぶりに反落。英国市場が休場で市場参加者が少なく商いが薄い中、欧州市場序盤に一時1.3250ドルまで売り込まれた影響が残った。ただ、その後は独・仏の株価指数や時間外の米株価指数先物の上昇を受けて次第に買い戻しが優勢に。対ポンドでユーロ高が進んだ影響も受けて一時1.3396ドルまで値を上げた。市場では「ロンドン16時(日本時間1時)のフィキシングに絡んだ買いが入った」との指摘があった。

【ユーロ・円】

ユーロ円は3日続伸。欧米株価の上昇を背景に、投資家がリスクを取りやすくなるとの見方から円売り・ユーロ買いが優勢となった。前週末の高値108.91円を上抜けてストップロスを巻き込むと、一時109.28円まで上値を伸ばした。

【株式、債券、金、原油等の市場】

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は続伸。2008年8月28日以来の高値水準だった。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は3日ぶりに反発した。ISMが発表した12月の製造業景気指数が57.0と前月から改善。米景気の先行きに対する期待感が高まり買いが優勢となった。ダウ平均は一時130ドル超上昇した。アジアや欧州の株価がおおむね堅調だったことも、相場の下支え要因となった。個別では、フレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)やファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)との住宅ローン買い戻し問題で、解決に向けて現金支払いなどで合意したことを明らかにしたバンク・オブ・アメリカが6%を超える大幅上昇となった。同業のJPモルガン・チェース(2.73%高)やシティ・グループ(3.59%高)、ゴールドマン・サックス(2.91%高)などにも買いが集まった。

・米国債券相場は長期ゾーンが反落。米国株相場が上昇したほか、社債発行の増加で需給が悪化するとの思惑から債券売りが出た。ただ、米連邦準備理事会(FRB)が国債買い入れを実施したこともあって、中盤以降は下げ幅を縮めている。

・原油先物相場は続伸。12月米ISM製造業指数が前月から改善するなど米景気回復期待が高まる中、需要拡大期待を背景に一時92.58ドルと、2008年10月以来の高値を付けた。ただ、その後は足もとの上昇を受けた利益確定の売りに押されて伸び悩んだ。

・金先物相場は小幅続伸。2営業日連続で終値ベースでの史上最高値を更新した。英紙テレグラフの報道で欧州の財政懸念が再び意識される中、時間外取引では「安全資産」として金を買う動きが先行した。もっとも、外国為替市場ではドルが対ユーロなどで堅調に推移したため、ドルと逆行しやすいとされる金は上値も重かった。

FXブロードネット×元リーマン社員
3万入金で山根亜希子のハイブリッドFX
ドル円スプレッド0.5銭千通貨OK
FXトレーディングシステムズ

FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

2011年お正月最終日にFXツールを駆使して長期的なドル円を予想

元リーマンブラザーズ社員ことリーマンFXです。
さて、掲題の通り、お正月という事で脇を締め気を引き締め、長期的なドル円
FX業者のツールを駆使して予想して行きます。

FX業者ツール比較はコチラ。

★元リーマン社員のFXツールを使ったドル円予想の方法★

元リーマン社員はFX業者の各種ツールを駆使してドル円を予想していきます。
基本はセントラル短資FXライブを使って、トレードするドル円相場において
最も勝率が高いテクニカル指標をチェック、そのテクニカル指標の売買シグナル
FXライブで見て、今後のドル円を予想します。

実際にトレードする前には必ず外為オンラインディールスコープで他の
個人投資家の売買動向を参考にします。


まずはドル円の長期的なチャートと相場状況を現在ブッチギリで、
スプレッドランキング1位のDMMFXより。DMMFXの評判はコチラ

◆スプレッド圧倒的1位で評判のDMMFXの取引顔面より
DMMFXの評判のスプレッド0103


ドル円は81円を切りそうな勢いでしたが一旦はドル高へ跳ね返しました。
・・しかしDMMFXは売りのスワップ金利が他社と比較して極端に低い。
これを利用したアービトラージが東大式アービトラージです。

ドル円の長期的な予想をする上で、週足等のチャートを見てみましょう。

◆ドル円1週間足チャート *DMMFXから
DMMFXの評判のチャート1週間足0103


◆ドル円1ヶ月間足チャート *DMMFXから
DMMFXの評判のチャート1ヶ月間足0103


・・やはり長期的に見て円高トレンドである事に間違いはないようです。
他の経済指標とドル円のチャートを比較したチャートをフォレックストレード
のアレグロチャートで見てみましょう。

◆金・原油・ダウ等とドル円とのチャート *フォレックストレードから
フォレックストレードの評判のアレグロチャート0103


円高と金高がよくわかります!!!!!これは世界的に見て、日本円が金と
同じ程、安全な資産と捉えられているからに違いありません。
こういったリーマンFXのツボに入るフォレックストレードの評判はコチラ

では、長期的な個人投資家のドル円のポジション動向を外為オンライン
ディールスコープで見てみましょう。(外為オンラインの評判はコチラ

◆1ヶ月足ドル円ディールスコープチャート
外為オンラインディールスコープ110103


◆1週間足ドル円ディールスコープチャート
外為オンラインディールスコープ110103b


個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 10,543人
■ ドル円売り ・・・  8,138人


驚くべき事にここ3年でみた時で買いと売りの差し引きが急激に売りへ傾いて
い降ります。これは長期的に見ていずれ反発するでしょう。

では、セントラル短資FXライブで過去5年という長期的な時間で見た場合の
テクニカル指標ランキングを見てみましょう。

FXライブの説明はコチラ
FX業者ツール比較はコチラ

◆ドル円 FXライブ 過去5年間 テクニカル指標ランキング
ドル円予想FXライブ20110103b


おおFXライブのシミュレーションによるとストキャスティクス信奉者はこの
5年間で5424pipsを順調に勝ち得た事
になります!!

ドル円予想FXライブ20110103bc


ストキャスティクス・日足でドル円を予想し売買していれば、勝率81%で、
順調に5年間で5000pips以上も稼いでいる
事となります。

今の売買シグナルを念のためFXライブより予想します。

ドル円予想FXライブ20110103abc


FXライブ売買シグナル ストキャスティクス

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 買い

FXライブ売買シグナル  総合判断

■ 5分足 ・・・ 買い有利
■ 60分足 ・・・ どちらでもない
■ 日足 ・・・ 売り有利
■ 週足 ・・・ 買い有利


・・・ここで見るべきは長期的な指標です。どちらも買いという事は、
FXライブでは、長期的にはドル高へ反発するという事を予想しております。

では年明けの欧州相場の動きをDMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■年明け3日の欧州相場の動き■□

 3日の欧州外国為替市場でユーロドルは買い戻されている。20時時点では1.3321-26ドルと17時時点(1.3271ドル)と比べて0.0050ドル程度のユーロ高水準となった。独・仏の株式指数が1%を超す上昇幅となり、リスク許容度の改善を意識した参加者から買い戻しが入った。12月のユーロ圏製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値が57.1と、前回値、市場予想平均を上回ったことも買い材料とされたうえ、ユーロポンドが一時0.86161ポンドまで上昇するなど堅調に推移していることも支えとなっている。

 ドル円は小高い。20時時点では81.37-42円と17時時点(81.31円)と比べて6銭程度のドル高水準で推移した。アジア時間早朝に付けた81.39円を上抜けて、19時過ぎに81.45円と本日高値を更新した。ポンドドルがストップロスを付けて、一時1.5448ドルまで下げ足を速めたことを受けて、小幅ながら買いが入った。

 ユーロ円は買い戻し。20時時点では108.44-49円と17時時点(107.91円)と比べて53銭程度のユーロ高水準だった。ユーロドルと共にショートカバーが入り、一時108.46-51円と日通し高値の108.53円に接近している。

FXブロードネット×元リーマン社員
3万入金で山根亜希子のハイブリッドFX
ドル円スプレッド0.5銭千通貨OK
FXトレーディングシステムズ

FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

12月28日お昼のドル円予想をFXツールを駆使して予想

こんにちは。元リーマン社員です。
今日はお天気もよくお正月まで待ちわびた子供の頃を懐かしく思い出します。
早くFXでリタイアしたい・・・

そういった想いでFX初心者でも億万長者になれる可能性を秘めたFXの
必勝法を編み出すべく、FXライブというFX業者のツールを使って年末の
ドル円を予想していきます。

FX業者ツール比較はコチラ

フォレックス・トレードの画面からスプレッドとチャートをチェックします。

◆現在のドル円他のスプレッド(フォレックストレード)
フォレックストレード評判のドル円他スプレッド101228

フォレックストレードの評判はスプレッドの狭さにあります。
⇒ FX業者をスプレッドで比較(12月更新済み)

◆現在のドル円チャート(フォレックストレード)
フォレックストレード評判のドル円チャート101228b


ガリガリと円高が進行しておるのがよくわかります。今度のドル円予想も
円高トレンドがこのまま続くのでしょうか?その前に、ドル円と他の各種
チャートとの比較を同じくフォレックス・トレードのアレグロチャートでチェック。

◆ドル円と他のチャートとの比較(アレグロチャート)
フォレックストレード評判のアレグロチャート101228b


ドル円と他の各種チャートが逆相関を描いているのがよくわかります。
相関性が高いのでしょう。

アレグロチャートの説明等フォレックストレードの評判はコチラ

では、いよいよセントラル短資FXライブを使って年末のドル円を予想
していきます。

FXライブの説明はコチラ
FX業者ツール比較はコチラ

★元リーマン社員のFXツールを使ったドル円予想の方法★

元リーマン社員はFX業者の各種ツールを駆使してドル円を予想していきます。
基本はセントラル短資FXライブを使って、トレードするドル円相場において
最も勝率が高いテクニカル指標をチェック、そのテクニカル指標の売買シグナル
FXライブで見て、今後のドル円を予想します。

実際にトレードする前には必ず外為オンラインディールスコープで他の
個人投資家の売買動向を参考にします。


◆ドル円予想 FXライブ 直近1ヶ月 テクニカル指標ランキング
ドル円予想FXライブ売買シグナル年末28日


この1ヶ月ではボリンジャーバンドが物凄い勝率になっております。
この1ヶ月で320回も取引を行い+350pipsも稼いでおります。

ドル円予想FXライブ売買シグナル年末28日b

いい感じに右肩あがりの損益曲線を描いております。
このようなテクニカル指標を予想する事が出来れば億万長者=早期リタイア
に繋がっていくのでしょう。

次に直近1週間を見てみましょう。

◆ドル円予想 FXライブ 直近1週間 テクニカル指標ランキング
ドル円予想FXライブ売買シグナル年末28日c

ただ、一週間で見るとMACDと移動平均もよいパフォーマンスを挙げてる。

ドル円予想FXライブ売買シグナル年末28日d

移動平均なんかはFX初心者にもとっつきやすいテクニカル指標でしょう。
では、いよいよ、各テクニカル指標の売買シグナルをもとにドル円を予想します。

ドル円予想FXライブ売買シグナル2010年


FXライブ売買シグナル ボリンジャーバンド

■ 5分足 ・・・ 買い
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 買い

FXライブ売買シグナル  総合判断

■ 5分足 ・・・ 買いやや有利
■ 60分足 ・・・ 買い有利
■ 日足 ・・・ 売り有利
■ 週足 ・・・ 買い有利


直近ではドル円を買い、中期で売り、長期で買いといったドル円予想結果。

昨晩の米国市場の動きをDMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■米国相場の動き■□

【Overview】
ダウ工業株30種平均
 :同18ドル46セント安の11555ドル03セント
ナスダック総合株価指数
 :同1.67ポイント高の2667.27
10年物米国債利回り
 :同0.05%低い(価格は高い)3.33%
WTI原油先物2月限
 :同0.51ドル安の1バレル=91.00ドル
金先物2月限
 :同2.40ドル高の1トロイオンス=1382.90ドル

【ドル・円】【ユーロ・円】

ドル円は下落。米金利低下が重しとなった。米2年債の入札を前に82.94-97円まで上げたが、米2年債の入札が好調と受け止められて米金利が低下したため、日米金利差縮小を意識した円買い・ドル売りが入り下げに転じた。もっとも、取引材料に乏しかった上、依然休暇中の市場参加者も多く、積極的な売買は目立たなかった。

ユーロ円は上昇。対ドルでユーロが買われたことを受けた動き。

【ユーロ・ドル】

ユーロドルは3日続伸。取引材料に乏しく方向感が定まらなかったが、米金利の低下幅が広がると引けにかけてドル売りがやや優位になった。欧州市場に付けた高値1.3171ドルに接近する場面があった。

【株式、債券、金、原油等の市場】

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反落。中国が先週末、政策金利を引き上げたため、中国の経済成長のペースが鈍化するとの懸念から売りが出た。キャタピラーやボーイング、アルコアなどの景気敏感株の下げが目立った。原油安を嫌気してシェブロン、エクソン・モービルなどの石油株も安い。半面、アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)が大幅高となったことを支えに、JPモルガン・チェースやバンク・オブ・アメリカなどの金融株は上昇。一方、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は小幅に反発。株価が割安な水準にあることが指摘されたシスコシステムズが2%超の上昇となったことや、アップル、オラクルなどが買われたことなどが支えとなった。

・米国債券相場は長期ゾーンが3日ぶりに反発。米2年債入札が好調と受け止められて債券が買われた。3.32%まで利回りが低下する場面があった。米2年物国債入札は、応札倍率が前回から小幅ながらも上昇した。落札利回りは前回からは上昇したものの、直前の取引利回りを下回った。休暇中の市場参加者が依然多く、需要が小さいとの警戒感があったため、入札結果は好調と受け止められた。

・原油先物相場は4営業日ぶりに反落。時間外取引では25日の中国人民銀行による貸し出し金利や預金金利の引き上げが、中国の景気拡大の重しとなるとの見方から売りが出たが、米北東部が大雪に見舞われたことを受けて、暖房用燃料の需要増加を見込んだ買いが入ると一時2008年10月7日以来となる91.88ドルまで値を上げるなど、買いが優位だった。もっとも、米国株式相場が安く始まり、取引開始が遅れたフロアー取引では中国の利上げが蒸し返されたため、再び下げに転じた。

・金先物相場は3日ぶりに反発。時間外取引中に外国為替市場ではドル対ユーロなどで一時軟調に推移し、ドルと逆行しやすいとされる金が買われた影響が残った。フロアー取引は、ニューヨークが大雪で交通機関が混乱した影響もあって、日本時間28日1時に遅れて取引を開始。市場参加者が引き続き少ない中で、持ち高調整の売りで一時下げに転じた。ただ、米2年債入札後に米長期金利が低下したことを受けて全般的にドル売りが広がると再び買われ、プラス圏で取引を終えた。

FXブロードネット×元リーマン社員
3万入金で山根亜希子のハイブリッドFX
ドル円スプレッド0.5銭千通貨OK
FXトレーディングシステムズ

FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

最新ドル円予想は全面売り by 元リーマン社員xFX業者のツール

最新のドル円をFX業者のツールを駆使して予想していきます。
明日は日本は祝日ですが、世界の市場はオープンしております。
油断しなでい行きましょう。

では、まず、現在の相場状況は、

◆現在の相場状況
クリック証券評判sp20101222

 ⇒ FX スプレッド 比較
 ⇒ FX スワップ金利 比較

彼女がドル円ロングをしている身分としては、どうして
もドル高へ行ってほしく思います。チャートを見ると、

◆ドル円チャート
クリック証券評判ch20101222

クリック証券のプラチナムチャートから抜粋
 ⇒ クリック証券評判

直近でドル高へ反発した後、跳ね返されあまり動いておりません。
久しぶりに為替と他の相場との値動きをフォレックス・トレード

アレグロチャートで見てみると、

◆アレグロチャート
フォレックストレード評判20101222

 ⇒ フォレックストレード評判

・・・ドルがあがると、全ての相場上昇しているように見えます。
やはり、全ての指標は何がしかの相関性があるんですねぇぇぇ。

では、今週のドル円相場の値動きをセントラル短資FXライブ
使って予想していきます。まずは、現在のドル円の相場で最も勝率が
よいテクニカル指標を検証すると、

 ⇒ FXライブとは
 ⇒ FX業者ツール比較

◆FXライブ売買シグナル 指標ランキング 24時間
FXライブ売買シグナル1222a


直近24時間では、ボリンジャーバンドが1位で13回の取引で
38pipsを稼ぎ出しておりますが、インパクトに欠けますねぇ。
そこで、1ヶ月で見てみたら、

◆FXライブ売買シグナル 指標ランキング 1ヶ月間
FXライブ売買シグナル1222b


直近1ヶ月間では、ストキャスティクスが27回で4円以上も
稼いでいる。こちらの方がパフォーマンスにインパクトがあります。

FXライブ売買シグナル1222b


特に11月後半から12月上旬にかけての荒稼ぎ具合は驚愕です。
では、そのテクニカル指標の売買シグナルは・・・

FXライブ売買シグナル1222c


FXライブ売買シグナル ストキャスティクス

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 買い

FXライブ売買シグナル  総合判断

■ 5分足 ・・・ 売りやや有利
■ 60分足 ・・・ 売り有利
■ 日足 ・・・ 売り有利
■ 週足 ・・・ 売り有利


ストキャスティクスの結果はばらけておりますが、総合判断では、
オールドル円売りシグナル発生!!

・・・円高進行前のシグナルという事か!?

昨晩の米国市場の動きをDMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■米国相場の動き■□

【Overview】

ダウ工業株30種平均 
 :同55ドル03セント高の11533ドル16セント
ナスダック総合株価指数
 :同18.05ポイント高の2667.61
10年物米国債利回り
 :同0.03%低い(価格は高い)3.30%
WTI原油先物2月限
 :同0.45ドル高の1バレル=89.82ドル
金先物2月限
 :同2.70ドル高い1トロイオンス=1388.80ドル

【ドル・円】【ユーロ・円】

ドル円は小幅続落。米国勢がドル売りで参入すると一時 83.50円まで下げた。その後、米10年物国債利回りが一時上昇に転じたことや、対ユーロでドル買いが強まったことを背景とした買いが入り83.91円まで上げた。ただ、米10年物国債利回りは低下に転じたほか、対ユーロで円買いが入ったことが重しとなり小幅に下げて引けた。

ユーロ円は5日続落。一時109.62円まで下げた。欧財政不安を背景に売られた。

【ユーロ・ドル】

ユーロドルは3日続落。ユーロ圏の財政問題が引き続きユーロの重しとなった。格付け会社フィッチが21日、ギリシャの長期発行体デフォルト格付け(IDR)「BBB−」について「ジャンク級」への引き下げを検討していると発表すると売りが加速。昨日安値1.3094ドルを下抜けて1.3073ドルと2日以来の安値まで下落した。もっとも、米国の市場参加者の参入直後は、全般的にドル売りが進んだ流れに沿って1.3191−94ドルまで値を上げる場面が見られた。なお、ユーロは対スイスフランでも売られた。ユーロスイスフランは一時1.2547スイスフランとユーロ導入来安値を連日で更新した。

【株式、債券、金、原油等の市場】

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反発。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は4日続伸。カナダのTDバンクがクライスラー・ファイナンシャルをファンドから買収すると発表。企業の合併・買収(M&A)が増加し業績が押し上げられるとして金融株が物色された。決算が好感されてアドビ・システムズが買われたことがハイテク株の支えとなった。CEOによる自社株買いが伝わったデルや、アップルTVの売上げが今週中に100万台に達すると報じられたアップルも高い。
・米国債券相場は長期ゾーンが上昇。株式相場がしっかりとした展開だったことを背景に売りが出て利回りは3.37%まで上昇する場面があった。ただ、米連邦準備理事会(FRB)が米国債の買入を行ったことを受けて切り返し、利回りは低下に転じた。ユーロ圏の財政問題を背景に安全資産として米国債を買う動きも出たようだ。

・原油先物相場は上昇。終値としては2008年10月7日以来の高値水準を付けた。クリスマス前で薄商いの中、米国株式相場が上昇したことを受けて買いが続いた。90.00ドルに接近した場面では売りに押されたが、22日に米エネルギー省が発表する原油在庫統計について、市場では原油在庫の取り崩しが見込まれていることも支えとなった。

・金先物相場は3日続伸。格付け会社ムーディーズは21日、ポルトガルの格付けを引き下げ方向で見直すと発表。欧州の信用不安が意識され安全資産としての金に買いが入り、一時1393.0ドルと4営業日ぶりに1390ドル台を回復した。外国為替市場でドルがユーロなどに対して買い戻され、ドルと「逆相関」が生じやすいとされる金はマイナス圏に沈む場面があったが、引け際に格付け会社フィッチがギリシャの長期発行体デフォルト格付け(IDR)について「ジャンク級」への引き下げを検討していると伝わり、再び買いが入るとプラス圏で取引を終えた。

FXブロードネット×元リーマン社員
3万入金で山根亜希子のハイブリッドFX
ドル円スプレッド0.5銭千通貨OK
FXトレーディングシステムズ

FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者スプレッド比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
 東大式FX攻略法

みんなのFX

元リーマン社員限定タイアップ企画

FXプライム[直トレFX]

アイネットFX
元LB社員が取引に使うFX業者
SBIFXTRADE評判  ドル円0.27銭SBIFXトレード
豪ドル円0.99/ユロ円0.69/ポン円1.19
1$から取引可/スプレッド4桁表示
住信SBIネット銀行50%出資のSBIG

GMOクリック証券FX評判  株も売買可GMOクリック証券
米ドル/円0.3銭原則固定
YAHOO出資企業/資産2000億円
8万人使用iClickFXNEO/FXroid
最新キャッシュバック特集
カテゴリー別の記事
livedoor プロフィール
免責事項
当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び私に関係する全ての方は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。

外為どっとコム
DMM FXは初心者向け
ドル円予想に使うFXツール
FXツール FXプライム byGMOのぱっと見テクニカル

過去12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想する機能
ぱっと見テクニカルツールa
⇒ ぱっと見テクニカルの評判評価
ドル円スプレッド比較
原則固定
(例外あり)
FX業者名
0.3銭  外為どっとコム
0.3銭 GMOクリック証券評判 GMOクリック証券
0.3銭 YJFX評判 YJFX!
0.3銭原則固定 DMMFX評判 DMMFX
0.4銭 みんなのFX評判 みんなのFX
0.6銭原則固定 FXプライム評判 FXプライム byGMO
0.7-1.0銭 アイネットFX評判 アイネット証券
0.9銭 ライブスター証券
株もFXも GMOクリック評判 GMOクリック証券
カブドットコム評判 カブドットコム証券

元リーマン社員がメディア掲載
元リーマンブラザーズ社員が取材①元リーマンブラザーズ社員が取材②
雑誌「BIG TOMORROW」5月号で取材受けて記事になりました。
⇒ 現在4.5万人超フォロワー!
元気の源!為替ブログランキング
皆様のクリックが・・・
元リーマン社員を救います!!


人気ブログランキング
最高、17位でファイト!

為替ブログ村
為替日記は、最高8位!
くりっく365のFX業者比較
  • ライブドアブログ