元リーマン社員がFXツールでドル円予想

リーマンブラザーズに勤務した経験からビリオネアになる最短の方法はトレードしかないと確信し、トレードの中でも。最も少額で始められて、かつ、最もレバレッジが高くできるFXで財を成す事を決意しました。現在、ドル円をFXツールを駆使して予想し、その結果から売買するシステムトレードちっくな手法で売買を行い、まずは、ミリオネアへの道を目指しております。FXツールはFXプライム byGMOのぱっと見テクニカルを使っております。

 
 売買レート・チャート・リアルタイム売買比率表示ツールはみんなのFXより
0.3銭原則固定(例外あり)  外為どっとコム
0.3銭原則固定  GMOクリック証券
 FXトレーディングS
 YJFX!
 DMMFX
0.6銭原則固定  FXプライム byGMO
0.9銭原則固定  ライブスター証券
0.7〜1銭  アイネット証券
オススメ  ひまわり証券

FXライブ 評判 評価

DMM FX

FXライブ 評判 by 元リーマン社員が検証

セントラル短資FXFXライブの最大の評判は、無料でテク
ニカル指標のランキングとシグナル状況を検証
できる事。

FXライブ評判検証


FXライブでは、過去のデータを元に、色々な通貨で各種
テクニカル指標を素にトレードした場合の勝率をランキング
してくれます。そして、そのテクニカル指標の現在のシグ
ナル状況を検証する事が可能なのです!

元リーマン社員もFXライブの評判を聞くまでは、収益が
安定しませんでしたが、FXライブを検証する事で、
月間数百pips(額にして数十万円)の利益を稼ぎ出せる

ようになりました。

直近ではドル円のストキャスティクスが勝率1位かつ、
売買シグナルがオール”売り”の時に91.26円でドル円を
売った所
87.59円で利食いする事に成功し約40万円
稼ぎました。これが私にとってのFXライブの最大の評判
です。

 ⇒ FX業者ツール比較

□■FXライブで実際に稼いだ様子■□

セントラル短資FXのFXライブで稼いだ例を検証すると・・・

・ ドル円を91.26円売り
・ 87.59円で利食い
  ※ 2013年11月時点

で、+367pips、36万7千円の儲けを出しました。

この時のFXライブのテクニカルランキングは、

・FXライブ24時間でのテクニカル指標ランキング
FXライブ評判検証g

  ※ 2013年11月時点

・FXライブ1週間でのテクニカル指標ランキング
FXライブ評判検証h

  ※ 2013年11月時点

どちらのランキングでもストキャスティクスが1位です。
そのストキャスティクスの売買シグナルは、

FXライブ評判検証i

  ※ 2013年11月時点

全面売りです!!
これを理由にドル円を売った所、その後は、下記のように
円高が綺麗に進行し、利益を得たのです。

FXライブ評判検証j


↓↓口座開設はコチラから↓↓
ウルトラFX


□■FXライブ テクニカル指標ランキング■□

セントラル短資FXのFXライブでは、

・ドル円を始めとする14種類の通貨ペア
・移動平均やMACD等の6種類のテクニカル指標
・5分足・1時間足・日足・週足


の組み合わせにて、直近の24時間、1ヶ月間、1年間、
5年間で最もパフォーマンスのよいテクニカル指標を
自動的にランキングしてくれます。

例としてFXライブにてドル円での過去5年間・日足に
おけるテクニカル指標ランキングを検証すると、

FXライブ評判検証b

 ※ 2013年11月時点

1位はストキャスティクス。
27回の取引の結果、+5,989pipsで勝率85%

FXライブ評判検証c

 ※ 2013年11月時点

驚異的な結果です。今度は趣向を変えて全通貨・5分足で
直近1ヶ月間でのテクニカル指標ランキングをFXライブ
で検証すると・・・

FXライブ評判検証d

 ※ 2013年11月時点

ポンド円+RSIが1位の結果となっております。

FXライブ評判検証e

 ※ 2013年11月時点

□■FXライブ テクニカル指標売買シグナル■□

ドル円の各テクニカル指標をFXライブで検証すると、

FXライブ評判検証f

 ※ 2013年11月時点

ストキャスティクス

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 買い
■ 週足 ・・・ 売り
 ※ 2013年11月時点

といった結果です。基本的には、総合判断とランキング
1位の売買シグナルが概ね同じであれば、元リーマン社員
はポジションを取ります


□■FXライブのスマホ利用の評判■□

また、FXライブでは予めテクニカル指標やアドレスを
設定する事で、売買シグナルが発生すると同時にメール
で教えてくれる機能も評判です。

FXライブ評判検証k


FXライブ評判検証ac


FXライブを活用する事で、携帯・PCのアドレスを登録する
だけで無料で売買シグナルを配信
してくれます!

また、セントラル短資FXは創業100年以上のセントラル
短資の子会社です。信託保全・分別管理もしっかり行って
おり、大事な資金を預けるには相応しいFX業者です。

↓クリックすると口座開設画面とキャンペーン詳細へ。
ウルトラFX
DMM FX

最新のテクニカル指標パフォーマンスランキングの発表!

今日は、FXプライム byGMOのぱっと見テクニカルを駆使した、ドル円予想結果が、
若干の円高予想であった事から、ドル円ショート50枚は保有し続けておりま
すが、他方、元リーマンブラザーズ社員が分析の際に力点を置いている、
セントラル短資FXが提供するFXライブでの分析予想結果もチェックしてお
きましょう。

本日のぱっと見テクニカルを駆使したドル円予想はコチラ

※ FXライブとはセントラル短資FXに口座を持てば無料で利用できるツールで、
今回、検証に用いるのはFXライブの機能の一部となります。過去1ヶ月等の期間
において、それぞれのテクニカル指標が発するシグナルに沿ってトレードした
場合のパフォーマンスをランキングしてくれる機能となります。他にも、過去
のチャートから現在のチャートと似たパフォーマンスを示すチャートを使って
未来のチャートを予想する未来チャートといった昨日もあります。


FXライブとは?
FXツールの比較

では、早速ですが、各通貨・各期間でのランキングをチェックしていきます。

■■■ 直近1年間・1時間足・ドル円 指標ランキング by セントラル短資FX


FXライブ_10_09


まずは、直近1年間で、ドル円でもって、1時間足で最も稼いだテクニカル
指標は移動平均となっております。なんと、249回の取引の結果、2千銭
以上もの利益を生み出しておりますね!

2位のDMIですら、394回の取引の結果、1,126銭も利益を上げてい
る。

ちょっと、興味深いので結果をクローズアップしてみましょう!

FXライブ_10_09b


総トレード数249回、勝率41.8%、最大ドローダウンは約500銭。

 → ドローダウンとは?

ちょっと最大ドローダウンがきついイメージではありますが、1年の間に
これだけの勝利を積み重ねたのは脅威の結果ですね!

それでは、直近1ヶ月・1週間と短い時間でのテクニカル指標ランキング
もチェックしておきましょう。

■■■ 直近1ヶ月・全時間足・ドル円 指標ランキング by セントラル短資FX


FXライブ_10_09


この1ヶ月間において、最もドル円のテクニカル指標で稼いだのは、
移動平均です。ただし、たった1回の取引の結果、1,342pips
の勝利となっており、あまり参考にはならなそうです。

逆にMACDは取引回数が35回と豊富にある上、損益曲線も素直に
右肩あがりになっており、使えそうな雰囲気ですね!

■■■ 直近1週間・5分足・ドル円 指標ランキング by セントラル短資FX


FXライブ_10_09bv


つぎに、直近1週間+5分足でのドル円テクニカル指標パフォーマンス
ランキングです。

1位はストキャスティクスで3回の取引の結果、161pipsの勝利。
2位はMACDで8回の取引の結果から、113pipsの勝利です。

FXライブとは?
FXツールの比較

では、上記で好調である事が判明した各テクニカル指標の最新の売買シグナル
をチェックしましょう。

■■■ 各テクニカル指標の売買シグナル by セントラル短資FX


FXライブ_10_09bv


ぱっと見た感じでは、直近の未来においては、ドル高を予想しており、
ちょっと先の未来においては、円高を予想しているシグナル分布ですね。

 ・1時間足 + 移動平均      の 売買シグナル → 買いシグナル
 ・1時間足 + DMI       の 売買シグナル → 売りシグナル
 ・5分足  + ストキャスティクス の 売買シグナル → 買いシグナル


では、同じくセントラル短資FXFXがFXライブ以外にも提供している
みらいツールを使った今度のドル円予想結果を公開しておきます。

■■■ ドル円5分足 みらいチャート予想 by セントラル短資FX


FXライブ_10_09bv


まずは、5分足を使ったドル円予想結果ですが、3本ともに円高の予想です。
97円10銭、97円、96円80銭程度まで円高が進む事を示唆しております。

■■■ ドル円1時間足 みらいチャート予想 by セントラル短資FX


FXライブ_10_09c


次は1時間足を使ったドル円予想の結果ですが、こちらは2本が円高で、
96円75銭程度まで。

あとの1本はドル高の予想結果となっております。

■■■ ドル円1時間足 みらいチャート予想 by セントラル短資FX


FXライブ_10_09c


最後は日足でのドル円予想結果です。

こちらは2本が若干の円高を示しており、96円程度まで。

あとの1本はほぼ横ばいで97円50銭程度という結果です。

本日のぱっと見テクニカルを駆使したドル円予想はコチラ
DMM FX

FXライブで直近1ヶ月・1年間のテクニカル指標ランキングを発表!

こんにちは。木曜日もお昼をむかえております。

今日は久しぶりにセントラル短資FXのFXライブというツールを駆使して、
直近1ヶ月間、1年間の間で最も稼ぎ出したテクニカル指標のランキングを発表
します!

⇒ 本日のぱっと見テクニカルのドル円予想はコチラ

※ セントラル短資FXのFXライブでは直近24時間や1ヶ月間等でシミュレーシ
ョンしたテクニカル指標のパフォーマンスをランキングを表示してくれて、か
つ最新の売買シグナルも無料で公開しております。


 ⇒ FXライブとは?
 ⇒ FXツール比較

■■■ 直近一ヶ月間テクニカル指標ランキング FXライブ


FXライブE_usd05_23


まず一ヶ月間でのテクニカル指標ランキングをFXライブで検証してみると、
1位はRSIで2回の取引の結果、+5円36銭もの利益をあげております。
ただ、ちょっと、たった2回の取引だけで勝利をえている事もあり、ちょっと
まぐれ感が強いですね。

※ 回数が少ない場合は要注意の理由は、システムトレードとは?の取引回数
等をご参照ください。

そこで、元リーマン社員がここで注目するのは取引回数が28回と比較的多く
かつ負けた回数が少ない=右肩上がりの資金曲線を描いている2位のDMIで
すね。

⇒ 取引曲線とは?

DMIの詳細を同じくFXライブで見てみましょう。

FXライブE_usd05_23b


勝率32%、最大ドローダウンは−1円程度となかなかの成績をあげてます。

⇒ 最大ドローダウンとは?

次に直近1年間+1時間足でのランキングを同じくセントラル短資FXのFXライブ
で見てみます。

■■■ 直近一年間テクニカル指標ランキング FXライブ


FXライブE_usd05_23c


さすがに1年間のランキングとなると相当印象的な資金曲線を描いております。

FXライブE_usd05_23d


1位の移動平均ではなんと直近1年で10円以上もの利益をあげてます。
さらに、。勝率も4割に達しております。

FXライブE_usd05_23e


DMIも前半こそはしぶっておりますが、後半にかけてぐぐっと資金曲線
伸びてきておりアツイ指標ですね!


自動オートトレードならインヴァスト証券のシストレ24!
今なら1回取引だけで1万円キャッシュバック中!

シストレ24_05_17


インヴァスト証券で人気沸騰中のシストレ24の評判はコチラ
DMM FX

ユーロ円予想 1月9日午前11時 by ぱっと見テクニカル、FXライブ

1月9日午前11時のユーロ円の予想を下記のツールをつかってだした結果を
公開します。

投資する際の目安につかってください。

■ 各FX業者が無料で提供するFX予測ツール一覧 ■

FXプライムぱっと見テクニカル
セントラル短資FXみらいチャート
セントラル短資FXFXライブ
外為オンラインディールスコープ

 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 13年1月9日の各種予想 ■■■

 ⇒ ドル円予想
 ⇒ 本日の経済指標などのイベントスケジュール
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 13年1月9日のユーロ円予想 ■■■

午前11時過ぎの為替相場をキャプチャしました。

SBIFXTRADEスプレッド評判01_09a

※参考までにスプレッド比較1位のSBIFXTRADEの取引画面からキャプチャ

 ⇒ SBIFXTRADEの評判

同じくSBIFXTRADEのチャート画面を検証。


ユーロ円は114円台。ドル円は87円台と、朝からくらべて円安
へもどしております。

■■■ ユーロ円10分足・1時間・4時間・1日足チャート

SBIFXTRADEチャートeur01_09_13


ユーロ円はここにきて、ドル円とはちがって、円安へもどしつつある
チャートの形状。

では、FXプライムのぱっと見テクニカルで予想します。

■■■ ユーロ円10分足予想 *FXプライムぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur01_09a


2本が横ばい、1本が円高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur01_09b


1時間足の予想では2本がユーロ高、1本が円高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur01_09c


4時間足の予想では3本ともばらばらなユーロ円予想です。

次にセントラル短資FXみらいチャート予想です。

 ⇒ みらいチャートとは?
 
■■■ みらいチャート ユーロ円予想 5分足

みらいチャート01_09_13eur_2


5分足では、2本が横ばい、1本が円高のユーロ円予想です。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1時間足

みらいチャート01_09_13eur_3


1時間足では、1本がユーロ高、2本が円高へいくユーロ円予想です。

次に同じくFXライブでユーロ円のテクニカル指標ランキングを・・・

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近24時間+5分足

FXライブeur01_09_13b


直近24時間+5分足でみたパフォーマンスランキング1位はMACD。
6回の取引で+163pipsの勝利。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近1週間+1時間足

FXライブeur01_09_13a


直近1週間+1時間足でみたパフォーマンスランキング1位は移動平均。
5回の取引で201pipsのパフォーマンスをあげております。

続いて、シグナルを同じくFXライブで検証。

FXライブeur01_09_13


MACD+5分足の予想は買いのユーロ円予想。
移動平均+1時間足の予想は売りのユーロ円予想となっております。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

■■■ ディールスコープ 1時間足【外為オンライン

ドル円の個人投資家のポジション動向を1時間足で検証。

ディールスコープeur01_09_13


ユーロ円の個人投資家のポジションの動向は昨日より若干ですが
ユーロ円買いが増えております。

<1月8日のユーロ円ポジション数>

ユーロ円買いのポジション数 ・・・ 406,350,000
ユーロ円売りのポジション数 ・・・ 472,400,000

ユーロ円買いの投資家数 ・・・  5,707
ユーロ円売りの投資家数 ・・・  5,040

<1月9日のユーロ円ポジション数>

ユーロ円買いのポジション数 ・・・ 470,160,000
ユーロ円売りのポジション数 ・・・ 451,250,000

ユーロ円買いの投資家数 ・・・  6,260
ユーロ円売りの投資家数 ・・・  4,940


 ⇒ ディールスコープとは

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

GW中のドル円をFXツールで予想!

GW真っ只中でFX日和の中、GW中のドル円予想を元リーマン社員が初心者
必勝法と自負するFXツールを駆使して行います。

*元リーマン社員は外為オンラインディールスコープで個人投資家の動向を
検証し、セントラル短資FXライブで直近の相場に最も適したテクニカル
指標を検出、その後、同じくFXライブでそのテクニカル指標の売買シグナル
を確認し、そのシグナルをもとに、スプレッド比較1位のDMMFX
などで取引をするスタイルをとっております。


 ⇒ セントラル短資のホームページ
 ⇒ 外為オンラインのホームページ
 ⇒ DMMFXのホームページ

・・GW中という事で、時間もあるので、今日は各チャートや分析結果画面を
拡大できるようにしました(各画面はクリックすると大きくなります)

まずは、現状のドル円相場をスプレッド比較1位のDMMFXから。

◆ 各通貨のスプレッド・スワップ金利
DMMFX0502aa


81円台前半まで円高が進んでおりますが、直近では、少しドル高に反発。
その模様を同じくDMMFXのチャートで見てみると、

◆ ドル円10分足チャート
DMMFX0502


◆ ドル円60分足チャート
DMMFX0502a


◆ ドル円1日足チャート
DMMFX0502b


10分足、60分足で見ると、ドル円のトレンドが掴みづらいですが、
日足でみると、円高トレンドである事が一目瞭然です。
そして、外為オンラインディールスコープを見ても、個人投資家が
ドル円を買い増している事がよくわかります。

◆◆ 1時間のディールスコープチャート 外為オンラインディールスコープよりキャプチャ
ディールスコープ0502a


◆◆ 1日足のディールスコープチャート 外為オンラインディールスコープよりキャプチャ
ディールスコープ0502b


個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 19,198人
■ ドル円売り ・・・  3,952人


 ⇒ 外為オンラインのホームページ
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ 外為オンラインの評判

ドル円チャート同様、1時間足ではトレンドが見えませんが、1日足だと、
はっきりとドル円売りポジションが減少して、買いポジションが増加
して
いる事がわかります。

個人投資家はドル高反発狙いでドル円買いポジションを増加させている。

そして、そんな中、セントラル短資FXライブを使って、直近のドル円
相場を予想する上でも最もパフォーマンスが良いテクニカル指標を検証。

◆ ドル円直近24時間 パフォーマンスランキング
FXライブ0502a


この24時間ではボリンジャーバンドが最良の結果を残しております。

FXライブ0502b


なんと、直近24時間で5回の勝負を100%の勝率でクリアし、
40pips
近く稼いでおります。

◆ ドル円直近1週間 パフォーマンスランキング
FXライブ0502c


1週間で見ると、RSIが1位の成績を残しております。

FXライブ0502d


こちらも脅威の4回の取引で100%の勝率。結果136pipsを稼い
でおります。

最後にちょっと長いレンジとして、直近1ヶ月間で見ると・・・

◆ ドル円直近1ヶ月間 パフォーマンスランキング
FXライブ0502e


1週間に続いて1ヶ月間でもRSIが1位の成績。

FXライブ0502f


27回も取引を行い74%の勝率で、236pipsと驚異的。
これは、RSIにかけるべきでしょう。

では、RSIの売買シグナルをセントラル短資FXライブでチェックします。

FXライブ0502g


FXライブ売買シグナル RSI

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 買い
■ 週足 ・・・ 売り


なんと、RSIは直近ドル円売シグナルといった予想結果となりました。
まだまだ短期では円高にいくという事でしょうか?
たしかに1日足のドル円チャートを見る限りは、まだ円高になりそうでは
あります。
個人投資家が買っているからといっても、短期的には売りシグナルです!

 ⇒ セントラル短資のホームページ

アジア市場の動きをDMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■アジア相場の動き■□

【Overview】

2日午前のアジア・オセアニア外国為替市場で円は荒い値動き。豪ドル・米ドルが一時上昇したことにつれる格好で円・ドル相場が上昇すると、その他通貨に円買いが波及する場面があった。しかし、対ドルの上値では戻り売りが厚かったほか、国際テロ組織アルカイダの最高指導者ウサマ・ビンラディン容疑者が死亡したと伝わると対ドルで円売りが膨らみ、円全体が値を下げた。

【ドル・円】【ユーロ・円】

ドル・円は9時30分過ぎに1ドル=81円00銭前後まで下落したものの、ウサマ・ビンラディン容疑者死亡の報道が伝わるとドル買いが強まり、12時過ぎに1ドル=81円69銭前後まで上げた。

ユーロ・円は12時前に1ユーロ=120円71銭前後まで上昇した。

【ユーロ・ドル】

軟調。豪ドル・米ドルが一時1豪ドル=1.1011米ドル前後と変動相場制移行後の最高値を更新したことにつれて値を上げる場面があったものの、ウサマ・ビンラディン容疑者が死亡したと伝わるとドル買いが優位になった。12時過ぎに1ユーロ=1.4762ドル前後と本日安値をつけた。

FXプライムと元リーマン社員のキャッシュバック企画1


FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

FXライブで4月後半のドル円を予想

土曜日の朝です。元リーマンブラザーズ社員がFXライブを使って、
4月後半のドル円を予想していきます。

元リーマンブラザーズ社員のドル円予想は、FXライブで、現在のドル円相場
でシミュレーションの結果が最もよいテクニカル指標を検証し、その仕様の
売買シグナルを元に予想します。

FXライブとはドル円などの各通貨ペア毎(14種類)に下記の条件で
トレードした場合の結果をランキングしてくれるツールです。

セントラル短資が無料で提供するツールです。

・ドル円・ユーロ円など14種類の通貨ペア
・移動平均・MACD・ボリンジャーバンドなど6種類のテクニカル指標
・5分足・1時間足・日足・週足のチャート
・シミュレーション期間 24時間 1週間 1ヶ月間 1年間

上記組み合わせで累計211種類のテクニカル指標を自動でランキング
してくれのがFXライブです。


⇒ FXライブはセントラル短資が無料で提供するツール

今の相場をFX業者スプレッドランキング1位のDMMFXから見てみると、
DMMFX421


 ⇒ DMMFX評判評価

82円を切る水準まで円高が進行しています。チャートを同じくDMMFX
見ると・・・

◆ ドル円10分足チャート
DMMFX421b


◆ ドル円1日足チャート
DMMFX421c


直近でいきなりドル高と円高が交差している奇妙なチャートですが、
長いチャートで見れば着実で円高トレンド。こんな中ドル円相場で
最もシミュレーション結果がよいテクニカル指標をFXライブ
検証します。

⇒ FXライブはセントラル短資が無料で提供するツール

◆◆ 直近24時間ドル円5分足のシミュレーション結果(FXライブ)
FXライブ0421a


◆◆ 直近1週間ドル円5分足のシミュレーション結果(FXライブ)
FXライブ0421b


◆◆ 直近1ヶ月間ドル円5分足のシミュレーション結果(FXライブ)
FXライブ0421a


と、ストキャスティクスが一番いいようです。
詳細を見てみると・・・

FXライブ421ac


直近1週間で6回のシグナルをはっして、66%の勝率、92pipsの
勝利を得ている結果です。

では、ストキャスティクスの売買シグナルをFXライブでチェックすると、

FXライブ421aac


FXライブ売買シグナル ストキャスティクス

■ 5分足 ・・・ 買い
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 買い


直近ドル高に戻すも結果円高に。でも結局はドル高に戻すというウェーブな
ドル円予想結果です。

⇒ FXライブはセントラル短資が無料で提供するツール
DMM FX

火曜日お昼のドル円をFXライブとディールスコープで予想

遂に福島第一原発がチェルノブイリ原発事故と同じレベル7に到達しました。
大都市東京から200キロ程度しか離れていない所での未曾有の大惨事。
震災そのものと同様に日本にかなりの影響を長期的に及ぼす事は間違いない
でしょう。

そんな中、ドル円の相場はどのように動くのか、いつも通り、
ディールスコープで個人投資家のドル円の売買動向を参考に、
FXライブを使って、ドル円を予想していきます。

⇒ FXツール比較

まず、直近のドル円相場をチェックします。

スプレッドランキング1位のDMMFXの取引画面からキャプチャ。
DMMFXDMMFX20110412


急激に円高が進行しております。83円中盤。
チャートを見ても、円高トレンドに転換した事がわかります。

◆◆ 10分足のチャート DMMFXよりキャプチャ
DMMFXDMMFX20110412a


◆◆ 60分足のチャート DMMFXよりキャプチャ
DMMFXDMMFX20110412b


◆◆ 1日足のチャート DMMFXよりキャプチャ
DMMFXDMMFX20110412c


で、円高に動いたドル円相場の中で、個人投資家はドル円を買ったのか売っ
たのか、外為オンラインディールスコープでチェックします。

◆◆ 1日足のチャート 外為オンラインディールスコープよりキャプチャ
外為オンライン評判110412a


◆◆ 1時間のチャート 外為オンラインディールスコープよりキャプチャ
外為オンライン評判110412b


個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 15,806人
■ ドル円売り ・・・  5,281人


⇒ ディールスコープとは
⇒ 外為オンライン評判
⇒ FXツール比較

個人投資家は円高と同時にドル円を若干買っている模様です。
では、セントラル短資FXライブで直近のドル円相場で最も稼いでる
テクニカル指標とその最新の売買シグナルでドル円を予想します。

直近24時間で最もパフォーマンスがよいテクニカル指標は、

FXライブ110412a


ストキャスティクスです。

また、直近1週間では、

FXライブ110412b


ボリンジャーバンドもいい感じです。

特にボリンジャーバンドは24時間では芳しくないものの安定した
パフォーマンスを発揮。

FXライブ20110412ac


じゃあ、それらの指標の最新売買シグナルをFXライブで検証。

FXライブ20110412aac


FXライブ売買シグナル ボリンジャー

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 買い
■ 週足 ・・・ 買い

FXライブ売買シグナル ストキャスティクス

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 買い


⇒ FXライブとは?
⇒ FXツール比較

むむむ、FXライブでのドル円予想は目先は売(円高)その後は買(ドル高)。

では、東京・昨晩のNY市場の動きをDMMFXで検証。

 ⇒ DMMFX評判コチラ

□■東京・昨晩のNY市場の動き■□

【Overview】

12日午前のアジア・オセアニア外国為替市場で円は堅調。先週末から大きい余震が頻発していることや、原子力安全・保安院が12日、東京電力福島第1原子力発電所の事故を、原発事故の深刻度を示す国際指標「国際原子力事象評価尺度(INES)」で最悪の「レベル7」に引き上げたことなど背景に、投資家のリスク許容度が低下し、投機的に積み上げられていた円売りポジションが断続的に解消された。市場参加者からは「放射性物質の放出量がチェルノブイリを超える可能性があると伝わり、海外勢の円買いが加速した」との声が聞かれた。

【ドル・円】【ユーロ・円】

ドル・円は1ドル=83円47銭前後、ユーロ・円は1ユーロ=120円16銭前後まで売り込まれた。

【ユーロ・ドル】

軟調。ユーロ・円の売りが重しとなった。時間外の米株価指数先物が下げ幅を拡大していることも売りを誘い、12時30分過ぎに1ユーロ=1.4377ドル前後まで下げた。

【NYの株式債券等】

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに小反発。今日から本格化する米企業決算を見極めたいとして様子見ムードが広がり、方向感のない値動きに終始した。米与野党が9日、2011会計年度予算を巡る協議で基本合意に達したことを好感した買いが入る場面もあったが、「財政運営は今後も紆余曲折が見込まれる」との見方から買いの勢いは長続きしなかった。個別では、トラベラーズやクラフトフーズ、ファイザーなどの上昇が目立った一方、原油相場の下落を背景にシェブロンやエクソンモービルなどの下げが目立った。一方、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は3日続落した。

・米国債券相場で長期ゾーンは横ばい。今週予定されている米国債の入札や重要指標の発表を前に、様子見ムードが広がり相場は方向感に乏しい展開となった。イエレンFRB副議長が「食品と燃料の価格上昇がインフレや個人消費に与える影響は一時的であり、金融緩和策の変更を正当化するものではない」と述べたと伝わると、10年債利回りは一時3.55%まで下げた。ただ、同副議長は「もともとハト派」とみられていたこともあって反応は一時的だった。

・原油先物相場は4日ぶりに大幅反落。時間外取引で一時113.46ドルと2008年9月以来の高値をつけたこともあり、利益確定の売りが先行した。また、外国為替市場でドル高が進行したことにより、ドル建てで決済される原油に割高感が生じたほか、リビアのカダフィ政権がアフリカ連合の停戦案を受け入れたと伝わったことも重しに。フロアー取引で一段安となると、取引後も下げ幅を拡大し、一時108ドル台後半まで値を下げた。

・金先物相場は6日ぶりに反落。10日夜の電子取引で一時1478.0ドルと史上最高値を更新したことから、利益確定の売りが終始優勢だった。リビアのカダフィ政権がアフリカ連合の停戦案を受け入れたと伝わり、同国の政情不安が緩和するとの思惑が高まったことも、安全資産である金の売り材料となった模様。原油先物相場の大幅下落も売りを誘い、フロアー取引後には1460.2ドルまで値を下げる場面があった。

相場心理学ゾーン
ゾーンは、恐怖心のない無心の状態。その境地に達するトレーダになる事の
意味と重要性その境地に至る為の啓示をまとめたバイブル本を元リーマン
社員だけで限定キャンペーンで無料でプレゼント中!

⇒ ゾーンの極意の紹介はコチラ。


FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

今週末のドル円予想 by 元リーマンブラザーズ社員

昨晩は夜遅くに地震があり、円高にふれたドル円相場ですが、その後、
そして今週末から来週にかけてのドル円をFXツールで予想していきます。

まず、現在のドル円の状況を検証。

スプレッドランキング1位のDMMFXの取引画面よりキャプチャ。
DMMFX20110408


ドル円 10分足チャート
DMMFX20110408a


ドル円 60分足チャート
DMMFX20110408b


ドル円 1日足チャート
DMMFX20110408c


 ⇒ DMMFX評判コチラ

どのチャートで見ても、ドル高トレンドの末期に見えます。
このような相場環境で個人投資家がドルを売っているのか、買っているのか
外為オンラインディールスコープでチェックしてみましょう。

◆◆◆個人投資家動向 1時間足 外為オンラインディールスコープ調べ
外為オンライン20110408a


◆◆◆個人投資家動向 1日足 外為オンラインディールスコープ調べ
外為オンライン20110408b


ディールスコープの説明はコチラ外為オンラインの評判コチラ

個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 14,602人
■ ドル円売り ・・・  5,980人


ドル円を買っている人は長期でみれば、一気に減少しております。
というか、市場参加者自体が一時的ではあるでしょうが、減少している事が
ディールスコープを見る事でよくわかります。

このような環境下において、セントラル短資FXライブを使って、ドル円を
予想します(まず、現在の相場に最も適したテクニカル指標を探り、
その指標の最新の売買シグナルを元にドル円を予想します。)。

まずは、直近24時間において、ドル円5分足で最も調子がよいのは、
ストキャスティクス。

FXライブ20110408a


また、1週間で見た場合は、ボリンジャーバンドがなんとかプラス。

FXライブ20110408b


上記2つの結果は心もとないですが、1週間+1時間足で見た場合には、
DMI、ボリンジャー、移動平均がいい感じの結果をたたき出している。

FXライブ20110408c


特にDMIはお見事。9回の取引で+150pipsの勝利。

FXライブ20110408D


では、セントラル短資FXライブで指標の最新のシグナルをチェック。

FXライブ20110408E


FXライブ売買シグナル DMI

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 買い
■ 週足 ・・・ 売り

FXライブ売買シグナル ボリンジャー

■ 5分足 ・・・ 買い
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 買い
■ 週足 ・・・ 買い

FXライブ売買シグナル 移動平均

■ 5分足 ・・・ 買い
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 買い
■ 週足 ・・・ 買い


・・・これは、現在、最も好調な指標を元にドル円予想を行うと、
ドル円買シグナルという事ですね!!


では、東京市場の動きをDMMFXで検証。

 ⇒ DMMFX評判コチラ

□■東京市場の動き■□

【Overview】

ドル円(15時時点):前日NY終値比21銭のドル高の1ドル=85.10円
ユーロ円:同1円2銭のユーロ高の1ユーロ=122.47円
ユーロドル:同0.0082ドルのユーロ高の1ユーロ=1.4389ドル
日経平均株価:同177円15銭高の9768円08銭
東証株価指数(TOPIX):同12.03ポイント高の853.13
債券先物6月物:同10銭安の138円62銭
新発10年物国債利回り(15時時点):同0.010%高い1.315%
ユーロ円TIBOR3カ月物:同横ばいの0.33429%

【経済指標】

(主な国内経済指標) <発表値> <前回発表値>
2月国際収支速報
経常収支 1兆6410億円の黒字 4619億円の黒字
貿易収支 7233億円の赤字 3945億円の赤字
3月景気ウオッチャー調査(現状判断指数) 27.7 48.4
※改は改定値を表す。▲はマイナス。

【ドル・円】

ドル円は伸び悩み。本日は事業法人の仲値決済が集中しやすい週末の実質5・10日(ゴトー日)にあたり、仲値に向けて実需のドル買いが入ったほか、ユーロ円や豪ドル円などクロス円の上昇につれて、一時85.39円まで値を上げた。ただ、前日NY時間高値の85.42円が重しとなったことでその後は伸び悩み。為替市場で全般にドル売りの流れが広がると、85.00円付近まで売りに押された。

【ユーロ・円】

ユーロ円は堅調。目立った手掛かり材料に乏しかったが、国内金融機関からと見られる買いが入ると、12時30分過ぎには一時122.63円と2010年5月5日以来の高値まで値を上げる場面があった。もっとも、6日高値の122.62円が意識されたこともあって、以降は上値も限られた。

【ユーロ・ドル】

ユーロドルも堅調。米予算協議に関して与野党の合意ができていないと報じられ、政府機関が一時閉鎖される可能性が意識されたことから買いが強まった。一時1.44073ドルと2010年1月19日以来の高値を更新。「1.4410−20ドルに控えている売り注文はかなり厚い」との声が聞かれるなかで伸び悩んだが、総じて堅調な地合いは維持された。

【その他株式債券等】

・日経平均株価は大幅続伸。7日の日本時間深夜に発生した地震を懸念した売りが先行するも、前場の中ごろからは買い戻しが優位に。4月限日経225オプションSQ(特別清算指数)値を超えると買いが加速し、持ち直した。東京電力が「今後は計画停電を原則実施しない」と発表したことも下支え材料となり、午後には先物主導で前日比200円超高まで値を上げる場面があった。個別では買い戻しが入った東京電力がストップ高。また、日本製鋼所やファーストリテイリングなどの上げも目立った。

・債券先物相場は3日続落。東日本大震災の復興財源として国債増発懸念が高まっていることが重しとなった。また、安く始まった日経平均株価が堅調に推移したことも売りを促した

相場心理学ゾーン
ゾーンは、恐怖心のない無心の状態。その境地に達するトレーダになる事の
意味と重要性その境地に至る為の啓示をまとめたバイブル本を元リーマン
社員だけで限定キャンペーンで無料でプレゼント中!

⇒ ゾーンの極意の紹介はコチラ。


FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

4月4日 ツールでドル円予想を検証した結果は?

こんにちは。月曜日も午後となり、大震災後のドル円のドタバタした動きにも
一服感が出てきた相場状況の中、ツールを使ってドル円の今後を予想します。

まずは、直近のドル円のレートをDMMFXでチェックします。

スプレッドランキング1位のDMMFX取引画面をキャプチャ。
DMMFX20110404


 ⇒ DMMFX評判コチラ

ここで、個人投資家の売買動向を細かくチェックできる事から、
外為オンラインのチャートとディールスコープを見てみると、

◆◆◆ドル円10分足チャート 
DMMFX20110404a


◆◆◆ドル円60分足チャート 
DMMFX20110404a


◆◆◆ドル円1日足チャート 
DMMFX20110404a


・・・はっきりいって、ようやく大震災後のドル高に一服感が出てきた
チャート。ここで、このドル円相場の中で個人投資家が、ドル円を
買い増しているのか、売っているのかをディールスコープでチェック。

◆◆◆個人投資家動向 1時間足 外為オンラインディールスコープ調べ
DMMFX20110404a


◆◆◆個人投資家動向 1日足 外為オンラインディールスコープ調べ
DMMFX20110404b


ディールスコープの説明はコチラ外為オンラインの評判コチラ

個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 14,076人
■ ドル円売り ・・・  6,046人


ディールスコープを見れば、個人投資家は中長期で見れば、ドル円
買いが減り、売っている人が増加している事が一目瞭然です。

このような環境の中で、今後のドル円相場をFXツールを駆使して予想します。
まずは、セントラル短資FXライブを使って現在のドル円相場での、
各テクニカル指標のパフォーマンスを検証します。

まず、直近24時間で5分足でみた場合のドル円でのテクニカル指標は、

セントラル短資FXライブ ドル円5分足 直近24時間

FXライブ20110404a


と、移動平均、ボリンジャーなど、軒並みマイナスのパフォーマンスとなっ
ております。これは、現在の相場では、テクニカル指標で投資を行う場合
は、24時間以上での売買を行う方がよいという結果です。

では、直近1週間で見てみると・・・

セントラル短資FXライブ ドル円5分足 直近1週間

FXライブ20110404a


上記では、移動平均が悪い結果でしたが、1週間で見れば買っています。
直近で負けている(=直近24時間でマイナスパフォーマンス)わけですがね。
ただし、DMIについては、いいパフォーマンスといえる結果です。

セントラル短資FXライブ ドル円1時間足 直近1週間

FXライブ20110404a


・・・ただ、時間足を1時間足で見た場合には、ボリンジャーが光ってお
ります。

では、上記の結果から、DMI、ボリンジャーバンドについて、FXライブ
でのシグナル予想結果を検証し、ドル円を予想します。

セントラル短資FXライブ20110404d


FXライブ売買シグナル ボリンジャーバンド

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 買い
■ 週足 ・・・ 買い

FXライブ売買シグナル DMI

■ 5分足 ・・・ 買い
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 買い
■ 週足 ・・・ 売り


むむむ、これは、双方のシグナル結果がバラバラです。ここは様子見。

では、最後に東京市場の動きをDMMFXで検証。

 ⇒ DMMFX評判コチラ

□■東京市場の動き■□

【Overview】

ドル円(15時時点):前営業日NY終値比11銭のドル高の1ドル=84.15円
ユーロ円:同15銭のユーロ高の1ユーロ=119.76円
ユーロドル:同0.0003ドルのユーロ安の1ユーロ=1.4230ドル
日経平均株価:同10円50銭高の9718円89銭
東証株価指数(TOPIX):同2.87ポイント安の859.75
債券先物3月物:同4銭高の139円23銭
新発10年物国債利回り(15時時点):同0.020%高い1.295%
ユーロ円TIBOR3カ月物:同横ばいの0.33429%

【経済指標】

(主な国内経済指標) <発表値> <前回発表値>
3月マネタリーベース(前年比) 16.9% 5.6%
日銀・企業短期経済観測調査(短観、3月調査)
(2月24日から3月11日までの回収分)
大企業製造業の業況判断指数(DI) 7
大企業製造業DI6月見込み 3
(3月12日から3月31日までの回収分)
大企業製造業の業況判断指数(DI) 6         
大企業製造業DI6月見込み ▲2
※改は改定値、▲はマイナスを表す。

【ドル・円】

ドル円はもみ合い。対ユーロや豪ドルでドル売りが目立った局面では84.05円まで下押す場面もあったが、新年度入り後の国内輸出企業からは目立った動きも見られず、84円台前半でのもみ合いとなった。

【ユーロ・円】

ユーロ円ももみ合い。前週末高値の119.80円を上抜けて昨年5月10日以来の120円台に乗せると、一時120.073円まで値を上げた。ただ、日経平均株価が伸び悩むなど、投資家のリスク許容度が高まらなかったこともあって、その後は119円台後半でユーロドルと同様に伸び悩んだ。

【ユーロ・ドル】

ユーロドルは上値が重い。1.4250ドルに観測されていたバリアオプションの上抜けを狙った仕掛け的な買いが入ると、9時過ぎには一時1.4269ドルと昨年11月4日以来の高値を付けた。ただ、市場では「同日高値の1.4283ドルが目先の上値目処として意識されている」との声が聞かれる中で、買い一巡後は上げ幅を縮小へ。さらなる買い材料に乏しかったこともあり、1.42ドル台前半まで押し戻されると、以降は同水準でのもみ合いとなった。

【その他株式債券等】

・日経平均株価は反発。前週末の米雇用統計が市場予想を上回る改善を示したことや、外国為替市場で対ドルやユーロで円安が進んだことを好感する買いが先行した。ただ、買い一巡後は伸び悩む展開に。東日本大震災の影響が懸念されるなかで投資家の慎重姿勢は根強く、午後に入って上げ幅を縮めると安値引けとなった。個別ではファーストリテイリングやファナックなどが上昇に寄与した一方で、GSユアサや東急不動産などの下げが目立った。

・債券先物相場は小幅反発。前週末の米長期債が反発したことが下支えとなった一方で、買い先行で始まった日経平均株価が重しとなった。午後に入って日経平均株価は伸び悩みから上げ幅を縮小したものの、市場では「明日の10年物国債入札を前に持ち高調整目的の売りが出た」との声が聞かれるなど、上値の重さも変わらずだった。

相場心理学ゾーン
ゾーンは、恐怖心のない無心の状態。その境地に達するトレーダになる事の
意味と重要性その境地に至る為の啓示をまとめたバイブル本を元リーマン
社員だけで限定キャンペーンで無料でプレゼント中!

⇒ ゾーンの極意の紹介はコチラ。


FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

土曜日更新 ツールで検証した4月初旬のドル円予想

昨晩、めっちゃ気合入れて各種FXツールを駆使して今月初旬のドル円予想を
した結果
は、各ツールの予測結果がばらばらといった事もあり、
一旦保留としました。

では、日があけて、土曜日早朝では、どのようなドル円予想結果が出るのか?

連発で元リーマンブラザーズ社員が4月のドル円予想を徹底検証します。

まず、昨晩からの動きをチェックします。

スプレッドランキング1位のDMMFX取引画面をキャプチャ。
DMMFX20110401


 ⇒ DMMFX評判コチラ

◆◆◆ドル円10分足チャート FX業者スプレッドランキング1位のDMMFXより
DMMFX20110401a


◆◆◆ドル円60分足チャート FX業者スプレッドランキング1位のDMMFXより
DMMFX20110401b


昨晩はどちらかというどドル円売りシグナルが多かった訳ですから、ドル高
も一服し、円高に若干戻しそうなこの局面でのドル円予想結果としては、
上出来な予想結果です。

では、昨晩から外為オンラインの個人投資家の投資家がドル円を売ったのか
買ったのかをディールスコープで検証します。

★★★ ディールスコープ 1時間足 チャート
DMMFX20110401za


⇒ ディールスコープとは
⇒ 外為オンライン評判
⇒ FXツール比較

個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 12,586人
■ ドル円売り ・・・  5,867人


個人投資家は昨晩と比べると買いも売りも減りました。これは、やはり、
原発関連もふくめて、週末にポジションを持ちたくない個人投資家の
売りが原因である可能性もあります。

では、今後のドル円予想をセントラル短資FXライブ していきます。

まず、直近24時間で最もドル円予想結果が的中したテクニカル指標は、

セントラル短資FXライブ ドル円5分足 直近24時間

セントラル短資FXライブ20110402


ずばり移動平均が最高の結果をたたき出しております!
詳細を検証すると・・・

セントラル短資FXライブ20110402


かなり気合の入った結果を移動平均はたたき出しております。
この24時間で9回の取引を行い1円以上の勝ちを収めたテクニカル指標。
それが移動平均
であり、それを解明してくれたのが、
セントラル短資FXライブな訳です。

そして、その移動平均の売買シグナルをFXライブで検証する
事で、今後のドル円を予想です。

セントラル短資FXライブ20110401d


FXライブ売買シグナル 移動平均

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 買い
■ 週足 ・・・ 買い


・・・まだまだ全面ドル円買い=ドル高のドル円予想を示唆しております!

ではニューヨーク市場の動きをDMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判コチラ

□■ニューヨーク市場市場の動き■□

【Overview】

ドル・円相場(2日6時時点):前営業日比92銭高の1ドル=84.04円
ユーロ・円相場:同1円96銭高の1ユーロ=119.61円
ユーロ・ドル相場:同0.0076ドル高の1ユーロ=1.4233ドル
ダウ工業株30種平均:同56ドル99セント高の12376ドル72セント
ナスダック総合株価指数:同8.53ポイント高の2789.60
10年物米国債利回り:同0.02%低い(価格は高い)3.44%
WTI原油先物5月限:同1.22ドル高の1バレル=107.94ドル
金先物6月限:同11.00ドル安の1トロイオンス=1428.90ドル

【経済指標】

(主な米経済指標) <発表値> <前回発表値>
3月米雇用統計
非農業部門雇用者数変化 21万6000人 19万4000人・改
失業率 8.8% 8.9%
3月米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景気指数
61.2 61.4
2月米建設支出(前月比) ▲1.4% ▲1.8%・改
※改は改定値、▲はマイナスを表す。

【ドル・円】

ドル円は7日続伸。3月の米雇用統計が改善することを期待した買いが先行した。労働省が発表した3月の米雇用統計で、非農業部門雇用者数は前月比21万6000人増と市場予想平均の前月比19万人増より強かったほか、失業率も8.8%と市場予想平均の8.9%より強い結果となった。米労働市場の改善が示唆されたとしてドル買いが加速。プロッサー・米フィラデルフィア連銀総裁やラッカー・米リッチモンド連銀総裁の発言を背景に、米国の出口戦略が改めて意識されたことも買いを後押しし、一時84.735円と2010年9月24日以来の高値水準まで上げた。ただ、その後は買いが続かず上げ幅を縮小した。ダドリー・米ニューヨーク連銀総裁が1日、「『物価安定』と『雇用促進』というFRBの二つの責務の達成までの道のりは非常に長い」「失業率は高過ぎる」「我々は成長について過剰に楽観的になりすぎてはならない」「QE2は良い政策であると証明されており、景気刺激策を解除する根拠はない」など発言し、景気に慎重な姿勢を示したため売られた。ダドリーNY連銀総裁の発言を受けて米10年物国債利回りが低下に転じたことも重しとなった。

【ユーロ・円】

ユーロ円は大幅に5日続伸。一時119.80円と2010年5月10日以来の高値水準まで上昇した。欧金利先高観や欧米株高を背景にした買いが入った。対ドルで一時円売りが加速したこともサポート要因。売り込まれていたユーロドルが切り返すとユーロ円は一段高となった。

【ユーロ・ドル】

ユーロドルは5日続伸。予想より強い米雇用統計や、米地区連銀総裁の出口戦略を意識させる発言などを受けて一時1.40613ドルまで売り込まれた。もっとも、ダドリー・米ニューヨーク連銀総裁の発言が伝わるとドル買い圧力が後退。米株高でリスク志向が高まっていたため、欧州中央銀行(ECB)の利上げ観測を背景にした買いが優位になり切り返した。昨日高値1.4233ドルを上抜けて1.4246ドルと3月22日以来の高値まで上げた。

【その他株式債券等】

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は反発。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は4日続伸た。3月米雇用統計で、非農業部門雇用者数、失業率いずれも市場予想平均よりも強い内容だったことを受けて、米雇用市場の改善期待が高まった。ダドリー米ニューヨーク連銀総裁が、早期の金融緩和策の解除や景気に慎重な見方を示し、リスクマネーのフローが継続するとの思惑が広がったことも相場を支えた。3月の新車販売台数が大幅に増加していたフォード・モーターやゼネラル・モーターズ(GM)が買われたほか、ダウ平均ではキャタピラーやIBM、シェブロンが高い。ナスダックではオラクルやコムキャスト、アドビ・システムズなどの上げ幅が大きかった。ナスダックOMXグループが買収案の提示したことを受けてNYSEユーロネクストも上昇。

・米国債券相場は反発。3月米雇用統計が市場予想平均を上回る強い結果となると、売りが先行し、利回りは一時3.52%まで上昇した。ただ、ダドリー米ニューヨーク連銀総裁が1日、「失業率は高過ぎる」「QE2は良い政策であると証明されており、景気刺激策を解除する根拠はない」など発言したと伝わると、早期の金融引き締め観測が後退して債券が買い戻されて、持ち直した。

・原油先物相場は大幅続伸。リビア紛争の長期化に伴い、供給ひっ迫懸念が引き続き意識された。また、英・独の株価指数や時間外の米株価指数先物が上昇し、投資家心理が改善するとの見方も買いを促し、107ドル台後半まで上げた。3月米雇用統計が予想より強い内容だったことがわかると、外国為替市場でドルが全面高に。ドル建てで決済される原油に割高感が生じ、106.30ドルまで下落した。ただ、その後ドルは一転売りが優勢となったうえ、米国株式相場が上げ幅を拡大。米雇用市場の改善が原油需要増加につながるとの思惑もあり、フロアー取引終了後には108.47ドルと2008年9月以来の高値を更新した。

・金先物相場は3営業日ぶりに反落。3月米雇用統計が予想より強い内容となったほか、プロッサー・米フィラデルフィア連銀総裁の発言をきっかけに米金融引き締め観測が改めて高まり、安全資産や代替資産としての金の魅力が低下した。また、外国為替市場でドル買いが優勢となり、ドルと逆行しやすいとされる金が売り込まれた。一時1413.5ドルまで急落した。ただ、その後は下げ幅を縮める展開に。ドルが一転下落したことや、原油先物相場の上昇を支えに1430ドル台を回復する場面も見られた。

相場心理学ゾーン
ゾーンは、恐怖心のない無心の状態。その境地に達するトレーダになる事の
意味と重要性その境地に至る為の啓示をまとめたバイブル本を元リーマン
社員だけで限定キャンペーンで無料でプレゼント中!

⇒ ゾーンの極意の紹介はコチラ。


FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
 東大式FX攻略法

みんなのFX

元リーマン社員限定タイアップ企画

FXプライム[直トレFX]

アイネットFX
元LB社員が取引に使うFX業者
SBIFXTRADE評判  ドル円0.27銭SBIFXトレード
豪ドル円0.99/ユロ円0.69/ポン円1.19
1$から取引可/スプレッド4桁表示
住信SBIネット銀行50%出資のSBIG

GMOクリック証券FX評判  株も売買可GMOクリック証券
米ドル/円0.3銭原則固定
YAHOO出資企業/資産2000億円
8万人使用iClickFXNEO/FXroid
最新キャッシュバック特集
カテゴリー別の記事
livedoor プロフィール
免責事項
当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び私に関係する全ての方は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。

外為どっとコム
DMM FXは初心者向け
ドル円予想に使うFXツール
FXツール FXプライム byGMOのぱっと見テクニカル

過去12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想する機能
ぱっと見テクニカルツールa
⇒ ぱっと見テクニカルの評判評価
ドル円スプレッド比較
原則固定
(例外あり)
FX業者名
0.3銭  外為どっとコム
0.3銭 GMOクリック証券評判 GMOクリック証券
0.3銭 YJFX評判 YJFX!
0.3銭原則固定 DMMFX評判 DMMFX
0.4銭 みんなのFX評判 みんなのFX
0.6銭原則固定 FXプライム評判 FXプライム byGMO
0.7-1.0銭 アイネットFX評判 アイネット証券
0.9銭 ライブスター証券
株もFXも GMOクリック評判 GMOクリック証券
カブドットコム評判 カブドットコム証券

元リーマン社員がメディア掲載
元リーマンブラザーズ社員が取材①元リーマンブラザーズ社員が取材②
雑誌「BIG TOMORROW」5月号で取材受けて記事になりました。
⇒ 現在4.5万人超フォロワー!
元気の源!為替ブログランキング
皆様のクリックが・・・
元リーマン社員を救います!!


人気ブログランキング
最高、17位でファイト!

為替ブログ村
為替日記は、最高8位!
くりっく365のFX業者比較
  • ライブドアブログ