元リーマン社員がFXツールでドル円予想

リーマンブラザーズに勤務した経験からビリオネアになる最短の方法はトレードしかないと確信し、トレードの中でも。最も少額で始められて、かつ、最もレバレッジが高くできるFXで財を成す事を決意しました。現在、ドル円をFXツールを駆使して予想し、その結果から売買するシステムトレードちっくな手法で売買を行い、まずは、ミリオネアへの道を目指しております。FXツールはFXプライム byGMOのぱっと見テクニカルを使っております。

 
 売買レート・チャート・リアルタイム売買比率表示ツールはみんなのFXより
0.3銭原則固定(例外あり)  外為どっとコム
0.3銭原則固定  GMOクリック証券
 FXトレーディングS
 YJFX!
 DMMFX
0.6銭原則固定  FXプライム byGMO
0.9銭原則固定  ライブスター証券
0.7〜1銭  アイネット証券
オススメ  ひまわり証券

FX初心者必勝ツール セントラル短資FXのFXライブ

DMM FX

全通貨ペアでのテクニカル指標ランキングを発表!by FXライブ

六本木にも日曜日がやってきた。
しかも、夏もおわりの六本木。

・・今年の夏は非常にxxxがたくさんありました。
人生いろいろです。

しかし、共通していえる事は大金さえ稼げば全て事たりるという事です。
なので、FXで稼ぎましょう!

今日は、セントラル短資のFXライブから、全通貨ペアx全テクニカル指標
のくみあわせのなかからパフォーマンスのランキングを検証しました。

■■■ 11年9月10日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 9日のニューヨーク市場


■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ

 ⇒ FXライブとは
 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 全通貨ペア5分足直近1ヶ月間 by セントラル短資

FXライブ0910zz


■■■ 全通貨ペア1時間足直近1ヶ月間 by セントラル短資

FXライブ0910za


■■■ 全通貨ペア1時間足直近1年間 by セントラル短資

FXライブ0910za


■■■ 全通貨ペア1日足直近5年間 by セントラル短資

FXライブ0910za


以上セントラル短資のFXライブから。

 ⇒ トップに戻る

⇒ FXスプレッド比較[2011/8/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX
[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング
DMM FX

原発異常事態時のドル円を徹底予測 短期でショート・長期でロング予想!

今晩は。いやオハヨウございますでしょうか。相変わらず3連休初日の朝4時
に目が覚めた元リーマン社員です。

現在のドル円相場は81円付近です。

スプレッドランキング1位のDMMFXから抜粋。
DMMFX20110313a


 ⇒ DMMFX評判評価

この1週間は私にとって忘れられないものとなりました。なんといっても、
今回の地震は地震そのものよりも地震によって引き起こされた2次災害の
方がはるかに影響が大きいといえるでしょう。

日本の原子力政策に影響を及ぼすのは必須とし、退陣間際だった菅首相は、
息を吹き返し、千石も元に戻る。更には、そんなこんなしている内に、
次々の原子炉の燃料棒は溶解し、スリーマイル異常チェルノブイリ以下の
原発事故に発展。米軍は半径80KMに退避命令。

そんな状況下、ドル円は一時戦後最高値まで進み、その後、急激に値を
戻しました。

DMMFX20110313ab



そのおかげで、レバレッジを挙げてドル円をロングしていた個人投資家は
ほぼ全滅の事態。この元リーマン社員でさえも、一時、非常に危ない状況
でした。

では、そんな異常な相場をクールにいつも通り、FXツールを駆使して
ドル円を予想します。こんな時だからこそ、機関投資家相手にファンダ
メンタルで勝負するのは情報の質、早さ、正確さともにアマチュアが
勝てるはずがありません。

こういった時こそ、FXプライムぱっと見テクニカルと、
セントラル短資FXライブをドル円予想の羅針盤とすべきです。

まずはこの一週間で最もパフォーマンスがよかったテクニカル指標を
FXライブを使って検証します。

FXライブ20110313a


この一週間では、ドル円の1時間足で見た場合、ボリンジャーバンドが
ドル円を予想する上で最もパフォーマンスがよいようです。
16回の取引で488pipsも勝利を挙げております。

続いては、同じ一週間でもドル円の5分足で見た場合のパフォーマンス
1位は、、

FXライブ20110313b


FXライブ20110313c


・・・なんと、最もオーソドックスな移動平均がナンバーワンです!
65回の取引で587pipsも勝利を挙げております!

すげー。その移動平均とボリンジャーバンドの現在のシグナル状況を
同じくセントラル短資FXライブで検証すると、

FXライブ20110313d


FXライブ売買シグナル ボリンジャーバンド

■ 5分足 ・・・ 買い
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 買い

FXライブ売買シグナル 移動平均

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 買い

FXライブ売買シグナル  総合判断

■ 5分足 ・・・ 売りやや有利
■ 60分足 ・・・売り有利
■ 日足 ・・・ 売り有利
■ 週足 ・・・ 買い有利


・・・短期的にはドル円売り(ドル高予測)ですが、長期的には
ドル円買い(円高予想)です。

では、FXプライムぱっと見テクニカルを駆使したドル円予想の
結果は如何でしょうか?

まずは、各ドル円の時間足で直近の動きをチャートに重ねる形でドル円を
予想する形状比較を数パターンの時間足で見ていきます。

ぱっと見テクニカル20110313b


ぱっと見テクニカル20110313ba


ぱっと見テクニカル20110313bd


ぱっと見テクニカル20110313bg


 ⇒ FXプライム
 ⇒ FX業者ツール比較

 ◆ 10分足では1本が円高の予想
 ◆ 30分足では1本が円高の予想
 ◆ 60分足では1本が円高の予想
 ◆ 1日足では2本がドル高の予想


・・・なかなか難しい結果ですが、概ね直近では円高だが、その後ドル高
となるドル円予想結果


では、ぱっと見テクニカルでのシグナル発生状況を見ていくと、

ぱっと見テクニカル20110313bag


パターン分析では、短期的にはドル高で、長期で円高を示唆。

ぱっと見テクニカル20110313bghg


ぱっと見テクニカル20110313bhjhg


また、各通貨での売買シグナルランキングをぱっと見テクニカルで検証する
と、ドル円が売りランキング1位となっており。特に8時間足では、
3つの指標でドル円売りシグナルが発生しております。

・・・これらFXツールを勘案してドル円を総合的に予想すると、直近ではド
ル円を売っておき、ある程度利益がのった所で利益確定し、その後、
円高に戻す事を予想して、ドル円を買う、戦略をオススメします。


では欧州アジアオセアニア相場の動きをDMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■欧州アジアオセアニア相場の動き■□

【Overview】

日経平均株価:同244円08銭高の9206円75銭
東証株価指数(TOPIX):同19.59ポイント高の830.39
債券先物3月物:同4銭高の139円74銭
新発10年物国債利回り(15時時点):同0.010%高い1.210%
FTSE100種総合株価指数:前日比22.02ポイント高の5718.13
ドイツ株式指数(DAX):同7.52ポイント高の6664.40
10年物英国債利回り(19日3時時点):同0.037%低い(価格は高い)3.509%
10年物独国債利回り(19日3時時点):同0.019%高い(価格は安い)3.188%

18日午後のアジア・オセアニア外国為替市場で円は下げ渋り。野田財務相が18日午前、主要7カ国(G7)緊急電話会議後に協調介入を行うことを明らかにしたこともあって、海外時間での円売り介入を期待した売りが出た。欧州時間にむけて、欧州中央銀行(ECB)やイングランド銀行(BOE)の介入への期待が高まると、下げ幅が広がった。その後、英・独の株取引開始の日本時間17時にECBやBOEが円売り介入を行ったため、下げ幅は一段と広がったが、断続的な円売り介入の動きは見られなかった。介入期待で円売りを進めた参加者から一転円の買い戻しが強まり、円の下値が切り上がった。

【主な経済指標】

(主な経済指標) <発表値> <前回発表値>
1月景気動向指数改定値(CI)(日本)
先行指数 101.5 101.9
一致指数 105.9 106.2
2月独生産者物価指数(PPI、前月比) 0.7% 1.2%
2月スイス生産者輸入価格(前月比) 0.2% 0.1%
1月ユーロ圏経常収支 7億ユーロの赤字 125億ユーロの赤字・改
1月ユーロ圏貿易収支 148億ユーロの赤字  5億ユーロの赤字

【ドル・円】

ドル円は上値が重い。主要7カ国(G7)は18日朝、財務相・中央銀行総裁による電話会議を開き協調介入を実施することで合意した。アジア市場で、日本政府・日銀が円売り・ドル買い介入に踏み切り、円安・ドル高が進んだ流れを引き継いで始まった。欧州の取引時間帯に入り、欧州の中銀やイングランド銀行(BOE)が円売り介入を実施すると一時82.00円まで上値を伸ばした。ただ、その後は次第に上値を切り下げた。ドル円の上値では実需筋の売り注文が厚いうえ、断続的な介入ではなく予想されたよりも規模が小さかったため失望売りが出た。ニューヨーク市場でも、米連邦準備理事会(FRB)とカナダ中央銀行(BOC)が円売り協調介入に参加したものの、戻りは鈍く一時80.75−78円まで下押しした。

野田佳彦財務相が「日本当局の要請に基づき協調介入に参加で合意」「午前9時に協調介入を実施」「介入対象はドル円」「それぞれの当局はそれぞれの市場オープン時から行動」などと述べると、買いが優勢に。G7声明として「日本当局からの要請に基づき、米国、英国、カナダ当局及び欧州中央銀行は、2011年3月18日に、日本とともに為替市場における協調介入に参加する」「我々は、為替市場をよく注視し、適切に協力する」など伝わったことも買いを後押しした。16時前には81.93円まで上げ幅を広げた。もっとも、市場関係者からは「81.50−82.00円にかけては国内輸出企業などからの売り注文が厚い」との声が聞かれ、81.50円を上抜けてからの上昇の勢いは緩やかだった。

【ユーロ・ドル】

ユーロドルはしっかり。一時2010年11月5日以来の高値となる1.4184ドルまで値を上げた。欧州中銀による円売り・ユーロ買い介入につれてユーロ買い・ドル売りが先行。その後伸び悩む場面もあったが、市場では「米大手銀がユーロドルを買い推奨したことを手掛りにユーロ高が進んだ」との指摘があり持ち直した。トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁が「『強い警戒』の文言を撤回するつもりはない」と述べると、改めて欧利上げ観測が強まりユーロ買いが優勢となった。市場関係者からは「ECBによるポルトガル国債買い入れ観測を背景に、ポルトガルとドイツ国債の利回り格差が縮小したこともユーロ買いにつながった」との声も聞かれた。

【ユーロ・円】

ユーロ円は一進一退。G7各国の為替協調介入を受け一時115.56円まで値を上げたものの、買いが一巡するともみ合いの展開に。ドル円の失速を受けた円買い・ユーロ売りが入る半面、ユーロドルの上昇に伴う円売り・ユーロ買いが出たため相場は方向感が出なかった。

【株式、債券、金、原油等の市場】

・日経平均株価は大幅反発。G7が協調介入で合意したことを受け、外国為替市場で円安が進行したことが投資家心理の改善につながった。市場では「海外勢からの買いが目立った」との声が聞かれ、日経平均株価は300円超高となった。ただ、「原発事故への懸念が根強い中、3連休を前に持ち高を傾けにくい」との指摘もあり、買い一巡後は伸び悩んだ。個別では、東京電力の18%超高、太平洋セメントの15%超高が目立った。

・債券先物相場は3営業日ぶりに小幅反発。強い米経済指標を背景に、前日の米長期債が下落した流れを引き継いだ。G7の協調介入合意を背景にした日本株高も重しとなり、安く始まった。ただ、売り一巡後は日本株の伸び悩みや3連休を意識した買い戻しが入り、午後には上げに転じた。

・ロンドン株式相場は続伸。日本経済成長の安定に向けてG7が協調介入を実施したことや、「リビアが全ての軍事活動を停止すると宣言した」との報道が好感され買いが優勢となった。リオ・ティントやBHPビリトンなど素材株の上昇が目立ったほか、ロイヤル・ダッチ・シェルやBPなどエネルギー株の一角に買いが入った。

・フランクフルト株式相場は小幅ながら続伸。日本経済成長の安定に向けてG7が協調介入を実施したことや、「リビアが全ての軍事活動を停止すると宣言した」との報道が好感され買いが入った。個別では、ダイムラー(2.28%高)やBMW(2.16%高)、フォルクスワーゲン(1.30%高)など自動車株の上げが目立った。半面、イーオン(1.55%安)やアリアンツ(1.20%安)、ミュンヘン再保険(1.64%安)などが売られ指数の重しとなった。

・欧州債券相場は下落。株高や米債安を受けた。

FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

FXライブ売買シグナルではドル円売りシグナル!

さて、1週間ぶりとなりますが、セントラル短資
FXライブでドル円の売買シグナルをチェック。

 ⇒ FXライブとは
 ⇒ FX業者ツール比較

まずは現在の相場状況をセントラル短資でチェックすると、

□■現在の相場状況■□

FXライブ売買シグナル20101214

 ⇒ FX スプレッド 比較

と83円前半まで円高へ戻しております。では、現在の
相場で稼いでいるテクニカル指標をFXライブでチェック。

□■FXライブ売買シグナル ドル円5分足■□

◆FXライブ売買シグナル 指標ランキング 24時間
FXライブ売買シグナル1214a


直近24時間では移動平均が1位。損益曲線的には
ボリンジャーバンドもありでしょう。

◆FXライブ売買シグナル 指標ランキング 1週間
FXライブ売買シグナル1214b


・・・続いてはちょっと中期の時間軸で見た場合の
ランキングですが、なんとボリンジャーバンドが1位
です!!ここはボリンジャーバンドの売買シグナルを
FXライブで検証するべきです。

□■FXライブ売買シグナル ドル円■□
FXライブ売買シグナル1214c


FXライブ売買シグナル ボリンジャー

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 買い

FXライブ売買シグナル  総合判断

■ 5分足 ・・・ 売り有利
■ 60分足 ・・・ 買い有利
■ 日足 ・・・ 売り有利
■ 週足 ・・・ 買い有利


総合判断はバラバラな結果ですが、ボリンジャーは売り!
短期的なドル円売りを狙っていくべきでしょう。

FXブロードネット×元リーマン社員
3万入金で山根亜希子のハイブリッドFX
ドル円スプレッド0.5銭千通貨OK
FXトレーディングシステムズ

FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者スプレッド比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較

↓他のFXの猛者どもが参加するランキングです!↓
元リーマン社員ブログ
DMM FX

来週のドル円相場を元リーマン社員がツールを駆使してぶった切る!

さて、少々早起きしてしまった土曜日の朝ですが、どこ
ぞのボンボンのようにカリフォルニアで箱根の別荘に早
朝ドライブ等しゃれ込みたいところですが、男どもが昨
晩から飲んで、雑魚寝している部屋で、一人、FX相場を
ツールを駆使して予測します。

まず、現在の相場状況から検証していきます。

□■現在の相場状況■□

クリック証券評判スプレッド20101126

クリック証券から掲載
 ⇒ FX スプレッド 比較

◆クリック証券 10分足チャート
クリック証券評判チャート20101126b


◆クリック証券 60分足チャート
クリック証券評判チャート20101126c


◆クリック証券 1日足チャート
クリック証券評判チャート20101126dc


クリック証券から掲載
 ⇒ クリック証券 評判

どのチャートからみても、明からに円高トレンドからドル
高トレンドへの転換がハッキリとわかります。

あとはこのトレンドがいつまで続くかを予測していくのが
、肝でしょう。

では、個人投資家はこのようなドル高トレンドへの移行中
にどのような売買を行ったのか、外為オンライン
ディールスコープを使って見て見ましょう。

 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

□■外為オンラインディールスコープドル円個人投資家動向■□

◆1時間足ドル円ディールスコープチャート
外為オンラインディールスコープ101127


◆1日足ドル円ディールスコープチャート
外為オンラインディールスコープ101127b


個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 14,588人
■ ドル円売り ・・・  8,600人


1時間足、1日足どちらでみても、個人投資家は今まで持っ
ていたドル円の買い持ちポジションを利食いしているがわ
かります。これ以上のドル高はないだろうと見ているとい
う事です。反対にドル円売りはジョジョに増えつつありま
す。

では、来週のドル円相場をセントラル短資FXライブ
予測します。具体的にはFXライブのテクニカルランキング
ツールを駆使して、現在の相場で最も勝率がよいテクニカル
指標を確認して、そのテクニカル指標の売買シグナルを
同じくFXライブで確認するといった流れです。

 ⇒ FXライブとは
 ⇒ FXライブを活用した事例
 ⇒ FX業者ツール比較

では、直近1ヶ月、1週間、24時間のスパンでドル円
5分足でのテクニカル指標ランキングを確認します。

□■FXライブ ドル円 5分足テクニカルランキング■□

◆FXライブ テクニカル指標ランキング 24時間
セントラル短資FXライブ直近24時間テクニカルランキング101127


RSI、ストキャスティクスが好調。

◆FXライブ テクニカル指標ランキング 1週間
セントラル短資FXライブ直近1週間テクニカルランキング101127


MACDとストキャスティクスが圧倒的な戦績。

◆FXライブ テクニカル指標ランキング 1ヶ月間
セントラル短資FXライブ直近1ヶ月間テクニカルランキング101127


MACDが直近鋭く儲かっているのがよくわかります。

・・・という事で今日の注目のMACDは、

◆FXライブ MACD 詳細
セントラル短資FXライブMACD詳細101127


1ヶ月で43回のトレードで195pips勝っており
ます。勝率は65.1%!

さて、その売買シグナルを同じくFXライブで確認すると、

□■FXライブ ドル円 シグナルマップ■□
セントラル短資FXライブテクニカル指標シグナル101127b


ドル円 売買シグナル FXライブ MACD

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 買い
■ 週足 ・・・ 買い

ドル円 売買シグナル FXライブ 総合判断

■ 5分足 ・・・ 売りやや有利
■ 60分足 ・・・ 売り有利
■ 日足 ・・・ 売り有利
■ 週足 ・・・ 買い有利


MACDと総合判断が真っ向から売りと買いに分かれ
ました。・・・これは、いままではドル高トレンド転換
でドル買いドンドンだったのが、さすがにここまでドル
が戻すとそろそろ反発を意識せざるをえない直感と
ピタリ一致しております。

ここは様子見でしょう。

では昨晩の米国市場の動きをDMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■米国相場の動き■□

【Overview】

ダウ工業株30種平均
 :同95ドル28セント安の11092ドル00セント
ナスダック総合株価指数
 :同8.56ポイント安の2534.56
10年物米国債利回り
 :同0.04%低い(価格は高い)2.87%
WTI原油先物1月限
 :同0.10ドル安の1バレル=83.76ドル
金先物12月限
 :同10.60ドル安い1トロイオンス=1362.40ドル

26日のニューヨーク外国為替市場で円は売り先行後、もみ合い。欧州の財政・金融不安や朝鮮半島情勢の緊迫化などを背景に、欧州市場では円が対ユーロ中心にリスク回避的に買われた。もっとも、欧州・オセアニア通貨に対してドルが買われたことにつれて円売り・ドル買いが出たことが円全体を押し下げる形となり、円の上値は切り下がった。

【ドル・円】【ユーロ・円】

ドル円は3日続伸。欧財政不安を受けユーロに対してドル買いが入ったことや、朝鮮半島の緊迫化に伴い、欧州・オセアニア通貨に対して安全資産としてドルを買う動きが進んだことがドル円を押し上げた。途中、ノックアウトオプションの観測された84.00円で防戦売りに上値を抑えられたものの、節目突破狙いの買いも加わって84.00円を突破した。一時 84.18円と9月28日以来の高値まで上昇した。

ドル・円は24時過ぎに1ドル=84円18銭前後と9月28日以来の高値水準を付けた。ユーロ・円は欧州時間に1ユーロ=110円55銭前後まで下落後、株価の下げ渋りを受けてショートカバーで111円台を回復した。

ユーロ円は3営業日ぶりに反落。欧財政・金融不安や朝鮮半島の情勢不安を背景に売られた。もっとも、ドル円が上昇したことが支えとなり、26日の欧州市場で付けた安値110.55円からは下げ幅を縮小した。

【ユーロ・ドル】

ユーロドルは大幅反落。26日の欧州市場で、アイルランドの財政不安がスペイン、ポルトガルに波及するとの懸念からユーロが売られた流れを引き継いだ。米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が26日、アングロ・アイリッシュ銀行の格付けを「BBB」から6段階引き下げて、ジャンク級にしたと発表したこともユーロドル相場の重しとなった。米国と韓国が合同軍事演習を28日から計画しており「朝鮮半島の緊張が一段と高まる可能性があり、リスク回避目的のユーロ売り・ドル買いも出た」との指摘もあった。

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は26日、アングロ・アイリッシュ銀行の格付けを「BBB」から6段階引き下げて、ジャンク級にしたと発表。欧財政・金融不安が引き続き重しとなったが、欧州株が下げ渋ったほか、ダウ工業株30種平均が100ドルを超す下落で始まったものの下値は限られたため、散発的に買い戻しが入った。

アジア市場からの下げがきつく、欧州株や米国株が一時底堅く推移したこと手掛かりに1.3262-65ドルまで買いが入ったものの、買い戻しの域を出ず戻りは限定的だった。

【株式、債券、金、原油等の市場】

・米国株式相場は反落。アイルランドの財政問題が、スペイン、ポルトガルに飛び火するとの懸念が高まり、投資家のリスク回避姿勢が高まった。全米小売業協会が、週末の買い物客数が前年を上回るとの見通しを発表し、年末商戦への期待が市場で高まったが、相場の支えとはならなかった。IBMやシェブロン、ユナイテッド・テクノロジーズの下げが大きかった。JPモルガン・チェースやバンク・オブ・アメリカなど金融株も下落。本日は感謝祭翌日で短縮取引だった。

・米国債券相場は反発。ユーロ圏の財政・金融に対する警戒感が高まっており、安全資産として米国債が物色された。北朝鮮と韓国の間で緊張が高まっていることも買いを誘った。米格付け会社S&Pがアイルランドの銀行を格下げしたことも投資家心理を冷やし、債券買いにつながった。利回りは一時2.83%まで低下した。

・原油先物相場は反落。欧州の財政・金融問題への懸念がくすぶる中で、時間外取引中に外国為替市場ではドルが対ユーロなどで堅調に推移し、ドル建てで決済される原油の割高感から売られた影響が残った。もっとも、フロアー取引ではダウ工業株30種平均が100ドルを超す下落で始まったものの下値は限られたうえ、週末を控えていることもあって、買い戻しで下値を切り上げた。

・金先物相場は続落。アイルランドの信用不安がポルトガルなど一部の欧州諸国に波及することが懸念され、時間外の外国為替市場ではドルが対ユーロなどで上昇。ドルと逆行しやすいとされる金に売りが出ると、一時1350.1ドルまで大幅に下落した。感謝祭の翌日で市場参加者が少なく、値が振れやすい面もあった。

FXブロードネット×元リーマン社員
3万入金で山根亜希子のハイブリッドFX
ドル円スプレッド0.5銭千通貨OK
FXトレーディングシステムズ

FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者スプレッド比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較

↓他のFXの猛者どもが参加するランキングです!↓
元リーマン社員ブログ
DMM FX

元リーマンのFXライブ予想はドル円短期売り長期買い。

さて、早速ですが、今日から元リーマン社員もFXへ復活★
ガンガン、今後のドル円をFX業者の無料ツールを賢く使って
儲けていきます。

・・・今日はビックニュースがあります。それは、
外為オンラインが遂に新しい取引画面へ移行した事です。

外為オンライン評判101122_02

 ⇒ 外為オンライン評判

外為オンライン評判101121a

*画面は彼女が使っている外為オンラインの取引画面。

以前の取引画面と比較して、ユーザーの自由度が高くな
った事や視認性が若干よくなった事がポイントです。

で、肝心の相場自体は83円を超えた後は84円までは
届かずといった所。これも新しくなった外為オンライン
のチャート画面からご紹介。

◆10分足チャート
外為オンライン評判チャート20101122a


◆1日足チャート
外為オンライン評判チャート20101122b


日足で見れば、直近でドル高へいい感じに反発している
事がわかります。

・・・これで、私の彼女は大負けして友人は大勝した訳
です。FX相場とはとても難しい。両者の違いはなん
だったんでしょうか。

で、そういう訳で、彼ら個人投資家の動向を、
外為オンラインディールスコープで検証します。

 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

□■外為オンラインディールスコープドル円個人投資家動向■□

◆1時間足ドル円ディールスコープチャート
外為オンラインディールスコープ101122


◆1日足ドル円ディールスコープチャート
外為オンラインディールスコープ101122b


個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 16,545人
■ ドル円売り ・・・  8,797人


・・・日足でみると、ドルが売られているのがわかります。
が直近では横バイで個人投資家の動きはまだまだドル売り
優勢でしょう。

では、そんな動きの中、セントラル短資FXライブ
を使って今度のドル円相場予測。

 ⇒ FXライブとは
 ⇒ FXライブを活用した事例
 ⇒ FX業者ツール比較

直近1ヶ月5分足で最もパフォーマンスをあげた
テクニカル指標は・・・

□■FXライブ ドル円 直近1ヶ月間5分足テクニカルランキング■□
セントラル短資FXライブ直近24時間テクニカルランキング101122


直近は鈍いですが、今月はRSIが強い月といえるでし
ょう。では、そのRSIのパフォーマンスに着目すると

セントラル短資FXライブ直近24時間テクニカルランキング101122c


289pipsも勝利を得ている事がわかります。
それでは、そのRSIの売買シグナルを検証します。

□■FXライブ ドル円 シグナルマップ■□
セントラル短資FXライブテクニカル指標シグナル101122b


ドル円 売買シグナル FXライブ RSI

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 買い
■ 週足 ・・・ 買い

ドル円 売買シグナル FXライブ 総合判断

■ 5分足 ・・・ 売り有利
■ 60分足 ・・・ 売り有利
■ 日足 ・・・ 買い有利
■ 週足 ・・・ 買い有利


・・・おお〜、ある意味短期では売り、長期では買いと
いう意味深でかつ合理的で判り易い結果が出ました。

という事は目先円高へ反発するもその後はドル高基調へ
戻すという事をセントラル短資は示しております。

FXブロードネット×元リーマン社員
3万入金で山根亜希子のハイブリッドFX
ドル円スプレッド0.5銭千通貨OK
FXトレーディングシステムズ

FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者スプレッド比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較

↓他のFXの猛者どもが参加するランキングです!↓
元リーマン社員ブログ
DMM FX

元リーマン一押しのFXツールであるFXライブとディールスコープを駆使した最新予測結果はドル円売り!!

今晩は。

ちょっと沖縄へいったボケが未だ戻らない元リーマン社員
です。FX業者の無料ツールを駆使したドル円の売買シグ
ナルを配信して参ります。

今晩はセントラル短資FXライブの結果、外為オンライン
ディールスコープによる個人投資家の動向の検証した結果、
ドル円売りのシグナルです。

まずは、現在のドル円相場を見ていくと・・・

□■現在の相場状況■□

クリック証券評判スプレッド20101115

クリック証券から掲載
 ⇒ FX スプレッド 比較

◆10分足チャート
クリック証券評判チャート20101115b


◆60分足チャート
クリック証券評判チャート20101115c


クリック証券から掲載
 ⇒ クリック証券 評判

・・・はい。みなさんご存知のようにドル高円安一色の流
れです。そんな中、個人投資家は更なるドル高へかけたの
かどうか、外為オンラインディールスコープで検証。
さて、そんな中個人投資家はどういった売買を行った

 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

□■外為オンラインディールスコープドル円個人投資家動向■□

◆1時間足ドル円ディールスコープチャート
外為オンラインディールスコープ101115


◆1日足ドル円ディールスコープチャート
外為オンラインディールスコープ101115b


個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 16,427人
■ ドル円売り ・・・  9,194人


・・・なんと、結構な勢いで個人投資家はドル円売りが
確実に増加しておきております。円高反発狙いの個人投
資家が増えたという事です。

では、現在のドル円で最も良いパフォーマンスをあげて
いるテクニカル指標とその売買シグナルをセントラル短資
FXライブでチェックします。

 ⇒ FXライブとは
 ⇒ FXライブを活用した事例
 ⇒ FX業者ツール比較

直近1ヶ月5分足で最もパフォーマンスをあげた
テクニカル指標は・・・

□■FXライブ ドル円 直近1ヶ月間5分足テクニカルランキング■□
セントラル短資FXライブ直近24時間テクニカルランキング101115


華麗な上昇曲線を描いているRSIが現在最強のテクニカル
指標です。その売買シグナルは・・・

□■FXライブ ドル円 シグナルマップ■□
セントラル短資FXライブテクニカル指標シグナル101115


ドル円 売買シグナル FXライブ RSI

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 買い
■ 週足 ・・・ 買い

ドル円 売買シグナル FXライブ 総合判断

■ 5分足 ・・・ どちらでもない
■ 60分足 ・・・ 売り有利
■ 日足 ・・・ 買い有利
■ 週足 ・・・ 買い有利


短期的にはドル円売りのシグナルを発しております。
これと、先程の個人投資家がドル円売りに走っている事
からもドル円売りを判断します。

ではアジア・オセアニアの動きをDMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■米国相場の動き■□

【Overview】

15日午後のアジア・オセアニア外国為替市場で円は一進一退。対ドルでストップロスを巻き込んで一時円売りが強まったため、その他通貨にも円売りが広がる場面が見られた。ただ、15日の英・独の株価指数が安く寄り付き、時間外の米株価指数先物が小幅ながら下げに転じると、リスク志向の低下した投資家から円を買い戻す動きが出て値を戻した。

【ドル・円】【ユーロ・円】

ドル・円は15時過ぎに1ドル=82円98銭前後と10月7日以来の高値まで上昇した。時間外の米10年物国債の利回りの上昇が材料視された。ユーロ・円は17時過ぎに1ユーロ=112円90−95銭まで下押しした。

【ユーロ・ドル】

軟調。17時30分過ぎに1ユーロ=1.3621ドル前後と本日安値を付けた。米長期金利の上昇を背景にドルが全般的に買われた流れに沿ってユーロ売り・ドル買いが出た。欧州株がマイナス圏で推移するとリスク資産圧縮目的の売りも出た。

FXブロードネット×元リーマン社員
3万入金で山根亜希子のハイブリッドFX
ドル円スプレッド0.5銭千通貨OK
FXトレーディングシステムズ

FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者スプレッド比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較

↓他のFXの猛者どもが参加するランキングです!↓
元リーマン社員ブログ
DMM FX

無料FXツールシグナル配信 by 元リーマン社員

今晩は。かなりドル高へ反発した夜です。

元リーマン社員も驚愕ですが、その成り行きを冷静に
FX業者のツールを駆使しながら今度のドル円相場を
予測していきます。

まずは、現在の相場状況ですが、チャートを見る限り
ドル高へ向かう歴史的な転換点となる可能性を秘めて
いるように見えます。

□■現在の相場状況■□

クリック証券評判スプレッド20101110

クリック証券から掲載
 ⇒ FX スプレッド 比較

◆10分足チャート
クリック証券評判チャート20101110b


◆60分足チャート
クリック証券評判チャート20101110c


クリック証券から掲載
 ⇒ クリック証券 評判

さて、そんな中個人投資家はどういった売買を行った
のか外為オンラインディールスコープを使って検証
します。

 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

□■外為オンラインディールスコープドル円個人投資家動向■□

◆1時間足ドル円ディールスコープチャート
外為オンラインディールスコープ101110


個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 17,215人
■ ドル円売り ・・・  9,653人


驚異的な勢いでドル円を売っている人が急増しているのが
よくわかると思います。

さて、そんな中、無料FXシグナル配信ツールとして
有名なセントラル短資FXライブで、現在のドル円
相場に最も適したテクニカル指標を探り、その売買
シグナルをチェックしていきます。

 ⇒ FXライブとは
 ⇒ FXライブを活用した事例
 ⇒ FX業者ツール比較

まず、直近1日と1週間においてドル円5分足で最も良い
パフォーマンスをあげたテクニカル指標は・・・

□■FXライブ ドル円 直近24時間5分足テクニカルランキング■□
セントラル短資FXライブ直近24時間テクニカルランキング101110


□■FXライブ ドル円 直近1週間5分足テクニカルランキング■□
セントラル短資FXライブ直近24時間テクニカルランキング101110b


1日という短期間では移動平均が最もよいパフォーマンス
となり、1週間ではRSIが最強という結果となりました。
それでは、それぞれの現在の売買シグナルは・・・

□■FXライブ ドル円 シグナルマップ■□
セントラル短資FXライブテクニカル指標シグナル101110


ドル円 売買シグナル FXライブ RSI

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 買い
■ 週足 ・・・ 買い

ドル円 売買シグナル FXライブ 移動平均

■ 5分足 ・・・ 買い
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 買い
■ 週足 ・・・ 売り

ドル円 売買シグナル FXライブ 総合判断

■ 5分足 ・・・ 売りやや有利
■ 60分足 ・・・ 売り有利
■ 日足 ・・・ 買い有利
■ 週足 ・・・ 買い有利


む〜ここまでバラけた結果は久方ぶり。ここは様子見です。

ではヨーロッパの動きをDMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■米国相場の動き■□

【Overview】

10日の欧州外国為替市場で円は軟調。英中銀イングランド銀行(BOE)は9日、四半期ごとの物価報告(インフレリポート)を発表。市場の一部では弱い内容になるとの観測があったものの、「インフレ期待は中期的には目標値付近にあることを示している」との認識が明らかになると、対ポンドで円売りが優勢に。他の通貨に対しても円売りが波及した。その後、米長期金利が上昇し日米金利差拡大への思惑から円売り・ドル買いが広がると、円は下げ足を速めた。損失確定の円売り注文を断続的に巻き込んだ。

【ドル・円】【ポンド・円】

ドル・円は堅調。心理的節目である1ドル=82円00銭を上抜けてストップロスを巻き込むと、21時45分過ぎに一時10月8日以来の高値となる82円42銭前後まで値を上げた。ポンド・円はしっかり。英インフレリポートが弱い内容となるとの思惑からこれまでに円買い・ポンド売りを進めた参加者が反対売買を迫られると、一時1ポンド=132円54銭前後まで急速に値を上げた。

【ユーロ・ドル】

上値が重い。18時前に一時本日高値となる1ユーロ=1.3826ドル前後まで値を上げたものの、その後失速。英インフレリポートを受けてユーロ・ポンドが1ユーロ=0.85511ポンドまで売り込まれた影響を受けたほか、米長期金利の上昇がドル買い材料とみなされたため徐々に上値を切り下げた。一時1.37ドル台半ばまで下押しした。

FXブロードネット×元リーマン社員
3万入金で山根亜希子のハイブリッドFX
ドル円スプレッド0.5銭千通貨OK
FXトレーディングシステムズ

FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者スプレッド比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較

↓他のFXの猛者どもが参加するランキングです!↓
元リーマン社員ブログ
DMM FX

元リーマン社員のFXツールを使った最新相場予測。

沖縄のブセナテラルボケが治らない元リーマン社員ですが、ドル円
相場はもちろん動いております。今晩も今後のドル円をFX
業者のツールを駆使して検証していきます。

 ⇒ FX業者ツール比較

□■現在の相場状況■□

クリック証券評判スプレッド20101108

クリック証券から掲載
 ⇒ FX スプレッド 比較

◆日足チャート
クリック証券評判チャート20101108b


クリック証券から掲載
 ⇒ クリック証券 評判

・・・直近では円高が一服しているように見えますが、
まだまだ長期的には円高トレンドのチャートを呈してお
ります。


個人投資家のポジション動向を外為オンライン
ディールスコープで検証です。

 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

□■外為オンラインディールスコープドル円個人投資家動向■□

◆1時間足ドル円ディールスコープチャート
外為オンラインディールスコープ101108


◆日足ドル円ディールスコープチャート
外為オンラインディールスコープ101108b


個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 19,278人
■ ドル円売り ・・・  6,470人


・・・ドル円売りが急激に増えております。
個人投資家はこのまま戦後最高値を更新して円高が進行
する程の予測をたてているのかもしれません。

それでは、テクニカル指標の自動分析ツールの
セントラル短資FXライブを使って、直近のドル円
で最もパフォーマンスがよい指標を検証し、かつ
そのテクニカル指標の現在の売買シグナルを見ていこう
と思います。

 ⇒ FXライブとは
 ⇒ FXライブを活用した事例
 ⇒ FX業者ツール比較

直近1日でドル円5分足で最強のテクニカル指標は・・・

□■FXライブ ドル円 直近24時間5分足テクニカルランキング■□
セントラル短資FXライブ直近24時間テクニカルランキング101108


MACDがかろうじてプラスに転じている程度で、ドル円
は直近24時間はあまり動きがなかったせいか、それほど
プラスではありません。

直近1週間では、

□■FXライブ ドル円 直近1週間5分足テクニカルランキング■□
セントラル短資FXライブ直近1週間テクニカルランキング101108


直近1週間ではRSIが驚異的なパフォーマンスを挙げ
ております。

セントラル短資FXライブ直近1週間テクニカルランキング101108b


RSIは直近1週間で7回のトレードシグナルを出し、
85%の勝率で278銭もの勝利を得ております。

では、RSIの売買シグナルを検証すると・・・

□■FXライブ ドル円 シグナルマップ■□
セントラル短資FXライブテクニカル指標シグナル101108


ドル円 売買シグナル FXライブ RSI

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 買い
■ 週足 ・・・ 買い

ドル円 売買シグナル FXライブ 総合判断

■ 5分足 ・・・ 売り有利
■ 60分足 ・・・ どちらでもない
■ 日足 ・・・ 買い有利
■ 週足 ・・・ 買い有利


・・・シグナル予測結果は時間軸において、短期で円高、
その後、ドル高へ行くシグナル結果となりました。

明日の出方を見て一旦はドル円を売る戦略をとろうと
決意した元リーマン社員です。

ではアジア・オセアニア外国為替市場をDMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■米国相場の動き■□

【Overview】

8日午後のアジア・オセアニア外国為替市場で円はもみ合い。午後に入り動意の乏しい展開が続いた。8日の日本株や中国株が上昇したことを手掛かりに、欧州勢参入後に散発的に円売りが出たものの、追随する動きは見られず直ぐに買い戻された。ドイツやスイスの経済指標が伝わったが、特に目立った反応はなかった。

【ドル・円】【ユーロ・円】

ドル・円は欧州勢参入後に1ドル=81円33−36銭前後まで値を上げた。ユーロ・円は16時30分過ぎに1ユーロ=113.54−59銭前後まで買われた。

【ユーロ・ドル円】

もみ合い。欧州勢からの買いで1ユーロ=1.3973−78ドル前後まで上げたが、アジア時間にストップロスを巻き込んで下げ足を速めた1.4000ドルを目処として戻りを売る動きが見られたこともあって、上値は限定的だった。

FXブロードネット×元リーマン社員
3万入金で山根亜希子のハイブリッドFX
ドル円スプレッド0.5銭千通貨OK
FXトレーディングシステムズ

FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者スプレッド比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較

↓他のFXの猛者どもが参加するランキングです!↓
元リーマン社員ブログ
DMM FX

最新のドル円最強FXツール予測 by 元リーマン社員

今晩は。

今日のドル円相場は一気に81円台中盤までドル高が進行
した後、結局元に戻るという醜態をさらしております。

当初は日銀の介入かと思われた動きですが、噂によると
どこかの銀行の誤発注によるものだと。

結局、ドル円は一瞬はドル高へいったものの現在は、
80円前半まで戻しております。

□■現在の相場状況■□

クリック証券評判スプレッド20101101

クリック証券から掲載
 ⇒ FX スプレッド 比較

◆Tick10分足1時間足1日足ドル円プラチナムチャート
クリック証券評判チャート20101101b


クリック証券から掲載
 ⇒ クリック証券 評判

各時間軸でドル円のチャートを一斉比較してみても、
円高ドル安トレンド継続中である事が見てとれます。

個人投資家はこんな状況の下、ドル円を更に買い進んだ
のでしょうか?それとも耐え切れずドル円ロングを
損切りしたのでしょうか?

個人投資家のポジション動向を外為オンライン
ディールスコープで検証です。

 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

□■外為オンラインディールスコープドル円個人投資家動向■□

◆1時間足ドル円チャート
外為オンラインディールスコープ101101


個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 20,791人
■ ドル円売り ・・・  3,960人


若干ドル円買いが減り売った人が結構増えました。
・・・個人投資家はやはりしばらくはドル高へはいか
ないと読んだのでしょうか。

それでは、テクニカル指標の自動分析ツールの
セントラル短資FXライブを使って、直近のドル円
で最もパフォーマンスがよい指標を検証し、かつ
そのテクニカル指標の現在の売買シグナルを見ていこう
と思います。

 ⇒ FXライブとは
 ⇒ FXライブを活用した事例
 ⇒ FX業者ツール比較

直近1日でドル円5分足で最強のテクニカル指標は・・・

□■FXライブ ドル円 直近1週間5分足テクニカルランキング■□
セントラル短資FXライブ直近24時間テクニカルランキング101101


ランキング1位のボリンジャーバンドが使い物になりそ
うなテクニカル指標といえそうです。

では、そのボリンジャーバンドの現在の売買シグナルは・・

□■FXライブ ドル円 シグナルマップ■□
セントラル短資FXライブテクニカル指標シグナル101101


ドル円 売買シグナル FXライブ ボリンジャーバンド

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 売り

ドル円 売買シグナル FXライブ 総合判断

■ 5分足 ・・・ 買い有利
■ 60分足 ・・・ 買い有利
■ 日足 ・・・ 買い有利
■ 週足 ・・・ 買い有利


おおおおおおおおおお!!!!!!!!!
なんと、この前の予測に引き続き最新の最強指標と総合
判断の結果が全く正反対に分かれました!!!

こんなんじゃあ、とても売買をする気にはなりません。
あくまで”様子見”を貫きます。

ではアジア・オセアニア外国為替市場をDMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■米国相場の動き■□

【Overview】

1日午後のアジア・オセアニア外国為替市場で円は神経質な展開。午前中に乱高下した後とあって、午後に入り様子見ムードが強まったものの、日本株が引けにかけて弱含んだため徐々に下値を切り上げた。市場では「円の下値では輸出企業からの円買い注文が意識される」との指摘があった。半面、政府・日銀の為替介入への警戒感が上値を抑え、方向感が出なかった。一方、欧州勢が加わる時間帯になるとスイスフラン売りが優勢に。対スイスフランで円買いが強まったため他の通貨に対しても円買いが波及した。市場では「ロンドン8時(日本時間17時)のフィキシングに向けたスイスフラン売りのフローが出たのではないか」との見方があった。

【ドル・円】【スイスフラン・円】

ドル・円は1ドル=80円台半ばでの値動きが続いた。一方、スイスフラン・円は軟調。17時過ぎに一時本日安値となる1スイスフラン=81円36銭前後まで値を下げた。対ドルやユーロでスイスフラン売りが膨らんだ影響を受けた。

【ユーロ・ドル円】

伸び悩み。前週末から再び米量的緩和観測が強まっていることがドル売りを誘い、15時過ぎに一時本日高値となる1ユーロ=1.4012ドル前後まで値を上げた。ただ、「1.40ドル台には断続的に売りが観測されている」との指摘もあって、上値の重さを嫌気した売りが強まると1.39ドル台半ばまで押し戻されている。

FXブロードネット×元リーマン社員
3万入金で山根亜希子のハイブリッドFX
ドル円スプレッド0.5銭千通貨OK
FXトレーディングシステムズ

FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者スプレッド比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較

↓他のFXの猛者どもが参加するランキングです!↓
元リーマン社員ブログ
DMM FX

元リーマン社員のFXツールを駆使した来週のドル円相場最新予測!

元リーマンブラザーズ社員が今後のドル円を予測していきます。
まずは、直近のドル円相場とチャートを分析。

□■現在の相場状況■□

クリック証券評判スプレッド20101031

クリック証券から掲載
 ⇒ FX スプレッド 比較

◆Tick10分足1時間足1日足ドル円プラチナムチャート
クリック証券評判チャート20101031b


クリック証券から掲載
 ⇒ クリック証券 評判

どの時間軸で見てもドル安トレンドとなっているのが
よくわかると思います。今週は70円台に入るような
気がしてならない元リーマン社員。

では、そんな相場の中個人投資家のポジション動向を
外為オンラインディールスコープで検証します。

 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

□■外為オンラインディールスコープドル円個人投資家動向■□

◆1時間足ドル円チャート
外為オンラインディールスコープ101031


個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 21,362人
■ ドル円売り ・・・  2,899人


・・・お〜、かなり個人投資家はドル高へ反発すると
みているようです。では、元リーマン社員のFX初心者
必勝法でもあるセントラル短資FXライブで現在の
ドル円の売買シグナルを検証していきましょう。

 ⇒ FXライブとは
 ⇒ FXライブを活用した事例
 ⇒ FX業者ツール比較

まずは、先週1週間で最も調子がよかったテクニカル
指標を検証すると・・・

□■FXライブ ドル円 直近1週間5分足テクニカルランキング■□
セントラル短資FXライブ直近24時間テクニカルランキング101031


直近1週間ではDMIと移動平均がかなり調子がよかった。
特に移動平均線のパフォーマンスはかなりイイ。

セントラル短資FXライブ直近24時間テクニカルランキング101031b


ではその売買シグナルは?

□■FXライブ ドル円 シグナルマップ■□
セントラル短資FXライブテクニカル指標シグナル101018


ドル円 売買シグナル FXライブ 移動平均

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 売り

ドル円 売買シグナル FXライブ 総合判断

■ 5分足 ・・・ どちらでもない
■ 60分足 ・・・ 買い有利
■ 日足 ・・・ 買い有利
■ 週足 ・・・ 買い有利


・・・む〜、この元リーマンブラザーズ社員をもってしても
うなる結果。現在最も好調な移動平均と総合判断が
正反対のシグナル結果。

こういう時は様子見ですな・・・

では先週末の米国相場をDMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■米国相場の動き■□

【Overview】

29日のニューヨーク外国為替市場で円はドルに対して堅調。7−9月期米国内総生産(GDP)速報値は実質で前期比年率2.0%増と市場予想平均と同じ結果だった。米連邦準備理事会(FRB)による追加金融緩和の規模への期待が残り改めて円買い・ドル売りが入った。市場参加者からは「ロンドン16時(日本時間24時)のフィキシングに向けて買いが入ったようだ」との指摘があったほか、米10年物国債利回りが低下幅を広げ日米金利差の縮小が意識されたことも買いを誘い、堅調に推移した。米UPS貨物機から不審物が見つかり、オバマ米大統領が会見で「米国へのテロの脅威で信頼できる情報」、「米国行きの荷物2つに爆発の可能性があった」などと述べたことが伝わると、米国に対するテロへの警戒感から引けにかけて再び値を上げ、一時1ドル=80円37銭前後と1995年4月以来の高値を付けた。一方、ドル以外の通貨に対してはもみ合い。7−9月期米GDP速報値が市場予想と同じ結果となると、欧州通貨やオセアニア通貨がドルに対して買われたことを受けて円売り・欧州通貨買い、円売り・オセアニア通貨買いが出た。ただ、ロンドン16時に向けてドルに対して円買いが強まると円全体が下値を支えられ、売り圧力が後退した。

【ドル・円】

ドル円は続落。米商務省が29日発表した7−9月期の米国内総生産(GDP)速報値は実質で前期比年率2.0%増と市場予想平均と同じ結果となったため、来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)での金融緩和の規模の見通しに大きな変化が起きず、改めてドルを売る動きが出た。米長期金利の低下も日米金利差縮小が意識されて円買い・ドル売りを促した。「ロンドン16時(日本時間24時)のフィキシングに向けて円買いが入った」との指摘もあった。

また、米物流大手UPSの貨物機3機の積み荷から不審物が見つかったと伝わり、テロへの警戒が高まったこともドル売り要因となったようだ。オバマ米大統領が29日、「米国へのテロの脅威で信頼できる情報」「米国行きの荷物2つが爆発の可能性があった」「米政府はこの脅威を深刻に受け止めている」などと述べたと伝わると、じりじりと下げ幅を広げ、引け間際に 80.37円と1995年4月以来の安値を更新した。

【ユーロ・円】

ユーロ円は反落。ユーロドルの買いにつれてNY市場の前半に 112.38−43円まで上げたものの、ドル円の下げ幅が広がると円買い・ユーロ売りが優位になって値を下げた。111.68−73円まで下げる場面があった。

【ユーロ・ドル】

ユーロドルは小幅に続伸。米GDPが予想通りとなり、米追加金融緩和が実施される見通しに変化がないとしてドル売りが出た。途中、週末を控えて持ち高整理目的の売りが出て1.39ドル台を割り込む場面があったが、米国に対するテロへの警戒が高まったこともあって、取引終了間際に買いが強まり29日のアジア時間に付けた高値1.3952ドルに接近した。

【株式、原油、金その他市場】

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反発し、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は8日続伸した。来週のFOMCを前に、積極的な持ち高形成は見られず、方向感の乏しい展開となった。1株利益が予想を下回ったことが嫌気されてシェブロンが売られたため、ダウ平均は40ドル近く下げる場面があった。運航する貨物機から不審物が発見されたと伝わったUPSも下落した。ただ、金融緩和で株価が下支えされるとの見方から押し目買いが入ったため指数は持ち直した。IBMやキャタピラー、アルコアなどが上昇したことが指数を支えた。利益・売上高が市場予想を上回ったマイクロソフトも高い。

・米国債券相場で続伸。7-9月期米GDP速報値が実質で前期比年率2.0%増と市場予想平均と同じで、追加の金融緩和の規模の見通しに変化が起きなかったため、債券が買われた。10月米消費者態度指数(ミシガン大調べ、確報値)が予想を下回ったことも債券の支えとなった。

・原油先物相場は反落。10月米消費者態度指数・確報値が67.7と速報値から下方修正されたほか、市場予想も下回った。米景気への懸念から需要の減少を見越した売りで、一時80.56ドルまで下げ足を速めた。ただ、外国為替市場ではドルが対ユーロなどで売られたとあって、ドル建てで決済される原油の割安感から押し目を買う動きもあり、下値を切り上げた。

・金先物相場は続伸。7−9月期の米GDP速報値は実質で前期比年率2.0%増と、市場予想平均と同じ結果となった。米連邦準備理事会(FRB)の追加金融緩和の規模の見通しに変化はないとの見方から、外国為替市場ではドルが対ユーロなどで売られ、ドルと逆行しやすいとされる金には買いが入った。イエメンからシカゴに向っていた米UPS貨物機に爆発物が積み込まれたとの疑いで同機がロンドンの空港で差し止められたことが伝わり、テロへの警戒が徐々に意識される中で「安全資産」としての金を物色する動きが広がった面もあるようだ。

FXブロードネット×元リーマン社員
3万入金で山根亜希子のハイブリッドFX
ドル円スプレッド0.5銭千通貨OK
FXトレーディングシステムズ

FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者スプレッド比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較

↓他のFXの猛者どもが参加するランキングです!↓
元リーマン社員ブログ
 東大式FX攻略法

みんなのFX

元リーマン社員限定タイアップ企画

FXプライム[直トレFX]

アイネットFX
元LB社員が取引に使うFX業者
SBIFXTRADE評判  ドル円0.27銭SBIFXトレード
豪ドル円0.99/ユロ円0.69/ポン円1.19
1$から取引可/スプレッド4桁表示
住信SBIネット銀行50%出資のSBIG

GMOクリック証券FX評判  株も売買可GMOクリック証券
米ドル/円0.3銭原則固定
YAHOO出資企業/資産2000億円
8万人使用iClickFXNEO/FXroid
最新キャッシュバック特集
カテゴリー別の記事
livedoor プロフィール
免責事項
当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び私に関係する全ての方は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。

外為どっとコム
DMM FXは初心者向け
ドル円予想に使うFXツール
FXツール FXプライム byGMOのぱっと見テクニカル

過去12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想する機能
ぱっと見テクニカルツールa
⇒ ぱっと見テクニカルの評判評価
ドル円スプレッド比較
原則固定
(例外あり)
FX業者名
0.3銭  外為どっとコム
0.3銭 GMOクリック証券評判 GMOクリック証券
0.3銭 YJFX評判 YJFX!
0.3銭原則固定 DMMFX評判 DMMFX
0.4銭 みんなのFX評判 みんなのFX
0.6銭原則固定 FXプライム評判 FXプライム byGMO
0.7-1.0銭 アイネットFX評判 アイネット証券
0.9銭 ライブスター証券
株もFXも GMOクリック評判 GMOクリック証券
カブドットコム評判 カブドットコム証券

元リーマン社員がメディア掲載
元リーマンブラザーズ社員が取材①元リーマンブラザーズ社員が取材②
雑誌「BIG TOMORROW」5月号で取材受けて記事になりました。
⇒ 現在4.5万人超フォロワー!
元気の源!為替ブログランキング
皆様のクリックが・・・
元リーマン社員を救います!!


人気ブログランキング
最高、17位でファイト!

為替ブログ村
為替日記は、最高8位!
くりっく365のFX業者比較
  • ライブドアブログ