元リーマン社員がFXツールでドル円予想

リーマンブラザーズに勤務した経験からビリオネアになる最短の方法はトレードしかないと確信し、トレードの中でも。最も少額で始められて、かつ、最もレバレッジが高くできるFXで財を成す事を決意しました。現在、ドル円をFXツールを駆使して予想し、その結果から売買するシステムトレードちっくな手法で売買を行い、まずは、ミリオネアへの道を目指しております。FXツールはFXプライム byGMOのぱっと見テクニカルを使っております。

 
 売買レート・チャート・リアルタイム売買比率表示ツールはみんなのFXより
0.3銭原則固定(例外あり)  外為どっとコム
0.3銭原則固定  GMOクリック証券
 FXトレーディングS
 YJFX!
 DMMFX
0.6銭原則固定  FXプライム byGMO
0.9銭原則固定  ライブスター証券
0.7〜1銭  アイネット証券
オススメ  ひまわり証券

FX初心者必勝ツール◆,僂辰噺テクニカル分析

DMM FX

40億稼いだ人や1億損した人が出る中、今度のドル円をFXツールを使って予想した結果・・・

一瞬で40億円稼いだ人や1億円損した人まで出た大動乱の為替市場ですが、私は人生初の欧州旅行に出かけておりました。

ドイツ〜デンマーク〜オランダ〜フランス〜スペイン〜フランス〜イタリア〜スイス〜ドイルと二か月間かけて周遊してきました。ユーロ円が1ユーロ=1円になれば・・・なんて、あほな事を考えたくなるくらい物価が高い事をひしひしと感じました。

特にイビザ島のクラブへいった際、1ドリンク17ユーロで、ジンをダブルで頼んだら34ユーロでJPYで45000円を超えていたのには本当にたまげました。ヨーロッパで引退人生を過ごそうと思ったら、10億は必要になると思った次第。

私も40億とはいわないまでも10億程度は資産を作れるよう、トレードに精を出していかなければと思いました。

では、まずは現在の為替レートとドル円のチャートを確認していきます。

USD_JPY_GMOCLICK_15829GMOクリック証券より

■ ドル円のチャート

★ 10分足USD_JPY_CHART1_15829GMOクリック証券より

★ 1日足
USD_JPY_CHART2_15829

ドル円のレートは121円後半。1時間足に谷があるように、一時は116円台まで円高が急伸した後に121円台まで一気に戻しております。そして、円高に戻したポイントが1日足で見た場合の上昇トレンドのラインに接触した所で円高からドル高へ転じている事からも、やはり、市場はまだまだドル高だと思います。

・・・なので、ここはやはりドル円ロングかと思いますが、FXツールでの予想結果に従った売買を提唱しているサイトである事からも、ツールを使って今後のドル円の値動きを予想していきます。

★ ぱっと見テクニカルツールとは、FXプライムbyGMOが提供するFXの値動きを予想するツールで過去のチャート形状から現在のチャート形状ににている箇所を探してきて、過去のチャート形状から今度の値動きを予は想するツール。

ぱっと見テクニカルの詳細な説明はコチラ
FXツール比較はコチラ

激しい値動きをした後なので、中長期でのドル円予想を行う事で、以前ドル高トレンドなのか、確認していこうと思います。

■ FXツール(ぱっと見テクニカル)のドル円の予想結果

★月足チャートを指定して、ドル円の今後を、FXツールを使って予想した結果 
image   
 
円高の予想 2本 ドル高の予想 1本 横ばいの予想 0本

★週足チャートを指定して、ドル円の今後を、FXツールを使って予想した結果  image       円高の予想 2本 ドル高の予想 1本 横ばいの予想 0本

★日足チャートを指定して、ドル円の今後を、FXツールを使って予想した結果  image      円高の予想 3本 ドル高の予想 0本 横ばいの予想 0本

★8時間足チャートを指定して、ドル円の今後を、FXツールを使って予想した結果image          円高予想 0本 ドル高の予想 1本 横ばいの予想 2本

★4時間足チャートを指定して、ドル円の今後、FXを使って予想した結果image       円高の予想 0本 ドル高の予想 0本 横ばいの予想 3本

★2時間足チャートを使った場合の予想結果  image      円高の予想 0本 ドル高の予想 2本 横ばいの予想 1本

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 まとめ

結果

合計

月足

週足

日足

8時間足

4時間足

2時間足

円高

7本

2本 2本 3本 0本 0本 0本
ドル高

5本

1本 1本 0本 1本 0本 2本
変化無

6本

0本 0本 0本 2本 3本 1本

・・・円高もドル高も変化無も拮抗した予想結果になりました。まぁ、月足から日足にかけて、円高の予想が強く出ており、長期的なトレンドはドル高というチャート分析の結果と反対の結果になりました。

ツールの予想からすれば、円高のポジションをとるべきですが、チャートを見た所、とてもドル円ショートする気持ちにはなれません。。

週明けの動き次第で、ドル円ショートするという戦略で動きます。

DMM FX

FXライブは短期ドル高予想 元リーマン社員

□■元リーマン社員のポジション■□
取ったポジション : ドル円ロング(買)84.67円
現在の価格 : 84.68円 
ロスカット価格 : 84.00円

昨日とったポジションは一旦は損切り間近に迫りましたが、
そこからドル高へ急回復。

□■現在の相場状況(外為オンライン調べ)■□

外為オンライン評判スプレッド20100827

 ⇒ FX スプレッド 比較

◆10分足ドル円チャート
外為オンライン評判チャート100827b

外為オンラインから掲載
 ⇒ 外為オンライン 評判

また、フォレックストレードのアレグロチャートで
最近の金、原油、米株等とドル円の動きをチェック!
フォレックストレード評判アレグロチャート100827b

フォレックストレードから掲載
 ⇒ フォレックストレード 評判

あいかわらず金だけが上昇しているのが見て取れます。

そしてこのままドル高へかけるかどうか・・・

まずは個人投資家の動向
外為オンラインディールスコープで見ると、

□■外為オンラインディールスコープドル円個人投資家動向■□
外為オンラインディールスコープ100827b


個人投資家の動向
■ ドル円買い ・・・ 17,464人
■ ドル円売り ・・・  3,076人


 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

この一瞬のドル高を見逃さなかった個人投資家連中がど
うやら結構いるようですね。私も負けてはいれません。
今後の動向を見極める為に、セントラル短資のFXライブ
でテクニカル指標ランキング1位とその売買シグナルを
検証。

では、早速ですが、現在の相場に適したテクニカル指標を
セントラル短資FXライブでランキング。

□■FXライブ ドル円 直近24時間5分足テクニカルランキング■□
セントラル短資FXライブ直近24時間テクニカルランキング100827


ドル円5分足は現在の相場ではDMIが調子がよいようです。
が、他のテクニカル指標は全敗です。

ではDMIの売買シグナルをFXライブで検証。

 ⇒ FXライブとは

□■FXライブ ドル円 シグナルマップ■□
セントラル短資FXライブテクニカル指標シグナル100827


ドル円 売買シグナル DMI

■ 5分足 ・・・ 買い
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 売り

ドル円 売買シグナル総合判断

■ 5分足 ・・・ 売り有利
■ 60分足 ・・・ 買い有利
■ 日足 ・・・ 買い有利
■ 週足 ・・・ 売り有利


 ⇒ セントラル短資へ口座開設
 ⇒ FX業者ツール比較
 ⇒ FXライブ評判

ばらばらの結果。ですが、短期的にはDMIは買いを
指しております。ちょっと、利食いのファイティング
ポーズを取りながら金曜日の午後を過します。

ではアジア時間の動きをDMMFX
で検証します。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■NY時間の各種相場の動き■□

【Overview】

27日午前のアジア・オセアニア外国為替市場で円は荒い値動き。昨日の米株安を受けて、27日の日本株が下落することを見越した円買いが先行した。日本株が寄り付き後に下げ幅を広げると円買いの勢いが増した。対ユーロでは「国内輸出企業から月末に絡んだ円買いが入った」との指摘もあった。ただ、その後の日本株が下げ渋ったため、円買い圧力は徐々に後退し、上値が切り下がった。暫く、手掛かり難で小康状態が続いたが、12時過ぎに共同通信が直嶋正行経済産業相の話として「菅首相が27日に記者会見し、円高対策の対処方針を表明する」と伝えると、短期筋が円買いポジションの解消を進めたため急速に円全体が値を下げた。

【ドル・円】【ユーロ・円】

ドル円は8時30分過ぎに1ドル=84円27銭前後まで売られたものの、菅首相が円高対策の対処方針を表明するとの報道が伝わると買い戻しが強まり、12時過ぎに84円58銭前後と本日高値を付けた。ユーロ・円は9時過ぎに1ユーロ=106円99銭前後まで売られたが、12時過ぎは107円54銭前後までショートカバーが進んだ。

【ユーロ・ドル】

もみ合い。日本株安とユーロ円の売りが重しとなり9時過ぎに1ユーロ=1.2692ドル前後まで下げたものの、ユーロ円の戻りにつれて1.27ドル台を回復している。

FXブロードネット×元リーマン社員
3万入金で山根亜希子のハイブリッドFX
ドル円スプレッド0.5銭千通貨OK
FXトレーディングシステムズ

FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者スプレッド比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較

↓他のFXの猛者どもが参加するランキングです!↓
元リーマン社員ブログ
DMM FX

今晩の元リーマン社員のドル円予測

お昼にとったポジションは・・・

□■元リーマン社員の現在のポジション■□
取ったポジション : ドル円ロング(買)85.40円
現在の価格 : ドル円 85.14円
現在の損益 : −26pips
ロスカット価格 : 84.50円


□■元リーマン社員の現在のポジション■□
取ったポジション : カナダ円ロング(買)81.39円
現在の価格 : カナダ円 81.40円
現在の損益 : +1pips
ロスカット価格 : 80.00円


□■現在の相場状況(外為オンライン調べ)■□

DMMFX評判スプレッド20100823b

 ⇒ FX スプレッド 比較

◆10分足ドル円チャート
DMMFX評判チャート201008232b


◆10分足カナダ円チャート
DMMFX評判チャート201008232c


外為オンラインから掲載
 * DMMFXより抜粋
 ⇒ DMMFX 評判

・・ここは堪えどころでしょうか?個人投資家の動きを
外為オンラインのディールスコープでチェックします。

 ⇒ ディールスコープとは?評判
 ⇒ 外為オンライン 評判

□■外為オンラインディールスコープドル円個人投資家動向■□
外為オンラインディールスコープ100823b


個人投資家の動向
■ ドル円買い ・・・ 17,847人
■ ドル円売り ・・・  2,992人


□■外為オンラインディールスコープカナダ円個人投資家動向■□
外為オンラインディールスコープ100823b


個人投資家の動向
■ カナダ円買い ・・・ 394人
■ カナダ円売り ・・・  64人


全体的に円を売る傾向が減った様子です。
このまま円売り外為買いを続けたい元リーマン社員。
それでは、セントラル短資でのFXライブの売買シグナル結果を
検証。

□■FXライブ ドル円 シグナルマップ■□
セントラル短資FXライブテクニカル指標シグナル100823z


売買シグナル総合判断

■ 5分足 ・・・ 買いやや有利
■ 60分足 ・・・ どちらでもない
■ 日足 ・・・ 買い有利
■ 週足 ・・・ 売り有利


□■FXライブ カナダ円 シグナルマップ■□
セントラル短資FXライブテクニカル指標シグナル100823y


売買シグナル総合判断

■ 5分足 ・・・ どちらでもない
■ 60分足 ・・・ 売り有利
■ 日足 ・・・ 売り有利
■ 週足 ・・・ 売り有利


 ⇒ FX業者ツール比較
 ⇒ FXライブ評判

カナダ円は一斉売りシグナル。ここは相場次第ではカナ
ダ円をポジション決済する可能性も多いに有りです。
ドル円はまだ、今後の展開次第です。
一応NYでのマーケットの動きをDMMFX
で検証します。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■NY時間の各種相場の動き■□

【Overview】

23日午後のアジア・オセアニア外国為替市場で円はもみ合い。昼前に仙谷官房長官が、菅首相と白川日銀総裁が電話会談を行ったものの、具体的な円高対応策は協議しなかったことを明らかにし、後場の日本株への警戒感が高まっていたが、底堅く推移したため、円買いが強まる展開にはならなかった。来月7日の定例の金融政策決定会合で金融緩和策が発表されることへの期待感も若干あったようだ。ロンドン8時(日本時間16時)のフィキシングに向け、ドル以外の通貨に対しては円売りが若干出たが、フィキシング通過後は買い戻された。対ユーロでは8月ドイツ製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値が予想よりも弱い内容だったことが嫌気されて円買いが入る場面があった。

【ドル・円】【ユーロ・円】

ドル・円はこう着。85円30銭台で値動きが細った。ユーロ・円は16時30分過ぎに1ユーロ=108円24銭前後と7月1日以来の安値まで下げた。

【ユーロ・ドル】

一進一退。欧州勢参入後に一時ドル売りが強まった流れに沿って値を上げ、15時過ぎに1ユーロ=1.2730ドル前後と本日高値を付けた。しかし、ユーロ圏景気の先行き不透明感が再燃していることもあり、積極的に上値を追っていく動きは見られなかった。16時30分に発表された8月独製造業PMI速報値が58.2と市場予想平均の60.5を下回ると売りが強まり、1.2682ドル前後と本日安値まで下げた。

FXブロードネット×元リーマン社員
3万入金で山根亜希子のハイブリッドFX
ドル円スプレッド0.5銭千通貨OK
FXトレーディングシステムズ

FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者スプレッド比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較

↓他のFXの猛者どもが参加するランキングです!↓
元リーマン社員ブログ
DMM FX

今夜のドル円ツール予測からドル円を売りました。ゴールドマンサックスとMIXIの時価総額

ここ最近本業がとても忙しくなってきた元リーマンブラ
ザーズの社員っす。まあ忙しくなってきた事は日本の景
気も回復傾向にあるといえるのでしょうか?まあしかし
我々庶民の給料は上昇する気配は一向にないですがね。

世知辛い世の中です。そして、ゴールドマンサックスに
とっても米国のSECから色々とイチャモンつけられて
株価が2〜3割下がったとの事です。元々数兆円ある企
業の2割とかですから、ゴールドマンサックスの価値は
1兆円程度毀損した事になります。

・・・しかし、2年の中期でみたゴールドマンサックス
の株価チャートを見るとそんなに下がっているようには
見えないですね。

ゴールドマンサックス


確かに180ドルくらいから140ドル程度へは下が
っておりますが、チャートで見るとそれほどでもない
ような気がします。

日本のインターネットベンチャー企業なんて、もっと
値下がりしましたよ。

例えば、有名どころでMIXIなんか時価総額数千億円
あったのに今や時価総額1000億円をかなり下回って
おります。

そんな中ソフトバンクはずっと時価総額2兆円あたり
をウロウロしております。

これからの情報化時代内需だけに頼ったとしても、
それなりに売り上げも見込めて安定しているのが携帯
電話ビジネスといった所でしょうか。

・・・話はドル円から大分それましたが、そういった
マクロ的な観点もたまに考えると長期的なトレンドも
見えやすくなってきます。

さて、翻ってドル円相場を見るとそれほどニュースも
なかったのか、あまり動いておりません。

□■現在の相場状況■□

DMMFXスプレッド20100610


DMMFXチャート20100610b


DMMFXチャート20100610c

*DMMFXの取引画面よりキャプチャ
 ⇒ DMMFX評判評価

91円から92円の1円程度の幅でボックス相場に
なっております。また、ポンド円やユーロ円、豪ド
ル円等は円安方面のトレンドになっております。

個人投資家は直近ドル買だったのが、減った模様です。
外為オンラインのディールスコープにて検証

□■外為オンラインディールスコープ個人投資家動向■□
外為オンラインディールスコープ100610

 ⇒ 外為オンライン評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール徹底比較

個人投資家の動向
■ ドル円買い ・・・ 11,013人
■ ドル円売り ・・・ 4,336人


では今後のドル円予測をセントラル短資ライブで
検証します。

□■セントラル短資FXライブ24時間ドル円テクニカルランキング■□

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング100610


直近24時間ではストキャスティクス・RSIが
1勝をあげております。

□■セントラル短資FXライブ1週間ドル円テクニカルランキング■□

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング100610b


そして一週間でも、ストキャスティクスがナンバー
ワンのパフォーマンスを挙げております。

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング100610c


詳細を見ると、直近1週間で8回の売買シグナルの内、75%は勝利し、125pipsも勝っているパフォーマンス結果です。

では、各テクニカル指標の現在のシグナル状況を
検証すると・・・

□■セントラル短資FXライブ シグナルマップ■□
セントラル短資FXライブテクニカル指標シグナル100610


ストキャスティクス

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 売り

売買シグナル総合判断

■ 5分足 ・・・ どちらでもない
■ 60分足 ・・・ どちらでもない
■ 日足 ・・・ どちらでもない
■ 週足 ・・・ 売り有利


・・・総合シグナル判断とストキャスティクスのシグナル
はずれておりますが、現在最も好調なテクニカル指標であ
るストキャスティクスが売り一色です。

ここはいっとかなきゃいつ勝負する??

ドル円を売りました。

□■元リーマン社員の現在のポジション■□
現在のポジション : ドル円ショート(売)91.26円
ロスカット価格 : 92.26円


いったれ〜!!

↓円高だと思う人は応援クリック!
元リーマン社員ブログ


ちなみにストキャスティクスはじめ各種チャートをアイネットFX見てみると、

□■アイネットFX各種テクニカルチャート■□

アイネットFX評判評価チャート100610


 ⇒ アイネットFX評判評価

直近の為替相場等をニュース(DMMFX
を使って)説明します。

□■本日のFX相場の動き■□

【Overview】
10日の欧州外国為替市場で円は買い先行後、売りに押し戻された。破たん懸念が高まっているBP株が急落し欧州株が安く始まると、リスク回避姿勢が強まるとの見方から円買いが先行した。ただ、その後の欧州株が持ち直したほか、ダウ先物の上げ幅が100ドル超となったため、円は売りに押し戻された。英・欧の金融イベントを控えて暫くもみ合いの展開となったが、いったん上昇が一服していたダウ先物が上げ幅を再度拡大すると円売りが進み下げ幅が広がった。現物のダウ工業株30種平均が200ドル超の上げ幅となると一段と円売りの勢いが増している。

【ドル・円】【ユーロ・円】
22時過ぎにドル・円は1ドル=91円48銭前後、ユーロ・円は23時過ぎに1ユーロ=110円80銭前後まで上昇した。

【ユーロ・ドル】
堅調。23時過ぎに1ユーロ=1.2134ドル前後まで上値を伸ばした。市場関係者からは「スペインの3年物国債の入札が堅調だったと受け止められたことがユーロの買い戻しを誘った」との指摘があった。欧州中央銀行(ECB)は10日に開いた定例理事会で、市場の予想通り政策金利を1.00%に据え置くことを決めたと発表。トリシェECB総裁が定例記者会見で「ユーロは非常に信頼できる通貨」と発言したことも支えとなったようだ。

資本金48億円スプレッド1位DMMFX 
 ・ツール・その他全て徹底比較はコチラ
 ・スワップ金利比較はコチラ
 ・スプレッド比較はコチラ
 ・自己資本比率等スペック比較はコチラ

↓元リーマン社員に哀愁の念を感じたら応援クリック!
元リーマン社員ブログ
DMM FX

元リーマン社員の今晩のドル円予測

おいおい。本当に今週はヨーロッパに左右されっぱなし
の世界経済。

ただ、為替市場への影響はそれほどではない。

基本的にダウや原油などが買われる時はドル買いになる
傾向があります。

ただ、景気がいい時は皆いけいけじゃんじゃんで高金利
なオーストラリアやイギリスなどの通貨が買われます。

なので、ダウがあがる時というのは世界の投資家が保有
するポートフォリオが米国に比重が高くおかれている以
上、儲けが出る事からリスクが高い金融商品にマネーが
流入しがちなのです。

まあ盟友あおのり君が語っている事もまんざらではない
でしょう。

さて、肝心の直近のドル円相場はそれほど動きがなく、
ボックス相場を形成しています。

□■現在の相場状況■□

DMMFXスプレッド20100609b


DMMFXチャート20100609b

*DMMFXの取引画面よりキャプチャ
 ⇒ DMMFX評判評価

91円50銭前後を行き来している相場です。もちろん
こんな相場では、個人投資家の動きはありません。
外為オンラインのディールスコープにて検証)。

□■外為オンラインディールスコープ個人投資家動向■□
外為オンラインディールスコープ100609b

 ⇒ 外為オンライン評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール徹底比較

個人投資家の動向
■ ドル円買い ・・・ 10,456人
■ ドル円売り ・・・ 4,673人


若干ドル円売りが増えた格好でしょうか。
そして、今後のドル円をセントラル短資ライブで
検証します。

まずは、直近の相場がテクニカル分析に適しているか
直近24時間でのテクニカルパフォーマンスランキング
を検証。

□■セントラル短資FXライブ24時間ドル円テクニカルランキング■□

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング100609b


ボリンジャーバンドだけは綺麗な損益曲線を描きつつ、
利益を出しておりますが、他のテクニカル指標は全滅。
それほどテクニカル指標に適した相場とはいえないで
しょう。

まあそうはいっても、ボリンジャーバンドでの現在の
シグナル状況をFXライブで検証すると、

□■セントラル短資FXライブ シグナルマップ■□
セントラル短資FXライブテクニカル指標シグナル100609b


ボリンジャーバンド

■ 5分足 ・・・ 買い
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 売り

売買シグナル総合判断

■ 5分足 ・・・ どちらでもない
■ 60分足 ・・・ 買い有利
■ 日足 ・・・ どちらでもない
■ 週足 ・・・ 売り有利


今日もそれほどすっきりした予測結果ではありません。
しかしこれはテクニカル分析をもとにトレード戦略を
たてる人々にはよい羅針盤ともいえるでしょう。

蛇足ですが、そのボリンジャーバンドをアイネットFXで、
各テクニカルチャートを検証すると・・・

□■アイネットFX各種テクニカルチャート■□

アイネットFX評判評価チャート100609b


 ⇒ アイネットFX評判評価

また現在の為替相場等をニュース(DMMFX
を使って)説明します。

□■本日のFX相場の動き■□

【Overview】
9日の欧州外国為替市場で円は米国時間にかけて売りが優位。英・独の株価指数や時間外のダウ先物がマイナス圏で推移し下げ幅を拡大すると、リスク許容度が高まった際に調達通貨として利用されやすい円が買い戻された。ただ、その後の欧州株やダウ先物は持ち直し上げ幅を拡大。株価の値動きに連動する形で円売りが出て値を下げている。新規の取引材料に乏しいため、短期スタンスの参加者は株価動向だけを取引の判断材料としており、株価連動の相場展開となった。

【ドル・円】【ユーロ・円】
22時過ぎにドル・円は1ドル=91円67銭前後、ユーロ・円は1ユーロ=110円28銭前後と本日高値をつけた。

【ユーロ・スイスフラン】
下げ渋り。1ユーロ=1.3735スイスフラン前後と導入来安値を更新した。ユーロ圏の財政・金融問題が長期化するとの見方や、スイス国立銀行(SNB)がこれまで行ってきたデフレ阻止目的のユーロ買い・スイスフラン売り介入の水準が引き下げられたとの観測などを受けた。「ユーロからの資金の逃避先として選好されている」との指摘が聞かれる。もっとも、ユーロドルの買いが強まっている影響で徐々に下げ幅が縮小している。

【ユーロ・ドル】
堅調。株価動向に一喜一憂する展開が続いたが、米国時間にかけてダウ先物の上げ幅が拡大すると前日高値1.2010ドル前後を上抜けた。22時過ぎに1ユーロ=1.2041ドル前後まで上昇した。

資本金48億円スプレッド1位DMMFX 
 ・ツール・その他全て徹底比較はコチラ
 ・スワップ金利比較はコチラ
 ・スプレッド比較はコチラ
 ・自己資本比率等スペック比較はコチラ

↓元リーマン社員に哀愁の念を感じたら応援クリック!
元リーマン社員ブログ
DMM FX

元リーマン社員の今夜のDMMFX、ディールスコープ、FXライブでの最新ドル円予測結果

今晩は。

今日は激しいウェイトトレーニングをしたにも関わらず
チューハイをがぶ飲みし、これからコンビニ弁当を食べ
る事から、通風が再発しないか不安です。

そんな不安はよそに相場は円高へ戻した後、少し反発し
ているといった所。

□■現在の相場状況■□

DMMFXスプレッド20100609


DMMFXチャート20100609

*DMMFXの取引画面よりキャプチャ
 ⇒ DMMFX評判評価

まぁ全体のトレンドは円高方向でしょうか。
そこで個人投資家の売買動向を外為オンライン
のディールスコープで調べると、

□■外為オンラインディールスコープ個人投資家動向■□
外為オンラインディールスコープ100609

 ⇒ 外為オンライン評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール徹底比較

個人投資家の動向
■ ドル円買い ・・・ 11,295人
■ ドル円売り ・・・ 4,033人


この円高へ戻したのはいずれドル高へ戻すと考えた個人
投資家が多いのでしょう。ドル買いが増えております。

では、セントラル短資FXライブで現在の相場がテクニカル
分析にあっているか検証し、ついで、好調なテクニカル
指標の現在の売買シグナルをチェックします。

□■セントラル短資FXライブ24時間ドル円テクニカルランキング■□

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング100609


テクニカル指標分析のパフォーマンスはよいようです。
ストキャスティクスやボリンジャーバンド、MACDあたり
が好調。

ボリンジャーバンドの詳細を見てみると、

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング100609b


直近24時間で18回のトレードの結果、66銭のプラス。
それでは、各指標の売買シグナル状況は、

□■セントラル短資FXライブ シグナルマップ■□
セントラル短資FXライブテクニカル指標シグナル100609


ボリンジャーバンド

■ 5分足 ・・・ 買い
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 売り

売買シグナル総合判断

■ 5分足 ・・・ どちらでもない
■ 60分足 ・・・ 買い有利
■ 日足 ・・・ どちらでもない
■ 週足 ・・・ 売り有利


・・・ちょっと、ボリンジャーと総合判断の結果に差が
あります。ここは様子見。ちなみにアイネットFXで、
各テクニカルチャートを検証すると・・・

□■アイネットFX各種テクニカルチャート■□

アイネットFX評判評価チャート100609


 ⇒ アイネットFX評判評価

では最後に、直近でのドル円相場の動きをDMMFX
を使って説明します。

□■本日のFX相場の動き■□

【Overview】
8日の欧州外国為替市場で円は上値限定。英・独の株価指数が下げ幅を広げたことや、時間外のダウ先物が下げに転じたことなどを受けて、投資家のリスク許容度が低下すると、豪ドルや財政問題を抱えるユーロなどに対して円を買い戻す動きが進んだ。対ポンドでは格付け会社が英国の財政状況の厳しさを指摘したことが円買いを誘った。
もっとも、英・独の株価指数の下げ幅が縮小し、ダウ先物の再びプラス圏に浮上したため、持ち高整理目的の円売りが出て上値を切り下げた。短期スタンスの売買が目立ち反対売買も早めになっているようだ。

【ドル・円】【ユーロ・円】
ドル・円は1ドル=91円23銭前後、ユーロ・円は1ユーロ=108円69銭前後と本日安値まで売られた。

【その他クロス円】
ポンド円は下落。一時1ポンド=131円31銭前後まで売られた。格付け会社フィッチが8日、「英国の財政状況は解決が困難である」との見解を示したことを受けた。ポンドドルも1ポンド=1.4373ドル前後まで下げる場面があった。

【ユーロ・ドル】
下げ渋り。ユーロ圏の財政問題が重しとなる中で、英・独の株価の下げ幅拡大やダウ先物が下げに転じたことなどを受けてリスクポジションを解消する動きが進みユーロ売り・ドル買いが出た。ポンドドルの下落や、スイス国立銀行(SNB)の為替介入スタンスが後退したとの観測が高まっていることを背景にユーロスイスフランが売られたことなども重しとなり、1ユーロ=1.1901ドル前後まで下げた。その後は、欧州株が下げ渋り、ダウ先物が持ち直したことにつれてポジション調整の買い戻しが入り下げ幅が縮まった。 

資本金48億円スプレッド1位DMMFX 
 ・ツール・その他全て徹底比較はコチラ
 ・スワップ金利比較はコチラ
 ・スプレッド比較はコチラ
 ・自己資本比率等スペック比較はコチラ

↓元リーマン社員に哀愁の念を感じたら応援クリック!
元リーマン社員ブログ
DMM FX

通風元リーマン社員の痛快ドル円最新予測byディールスコープFXライブアイネットFX

通風の発作から大分回復しつつある元リーマン社員です。
お蔭様でまた、FXトレードを再開できました。
人生色々。無病息災ではなく1病息災という話もあるので、
夜のラーメンはやめる事にしました(爆)

通風とは本当に病名の通り、死ぬほど痛いです。
先週は何日か寝れない程。マジでやばかったです。
骨折は2回ありますが明らかに骨折より数倍痛かった。

これを機にビールと焼肉厳禁にしたいです。

私が通風で弱っている間に相場はどうなったかというと
それ程動いてない模様。

□■現在の相場状況■□

DMMFXスプレッド20100524


DMMFXチャート20100524

DMMFXの取引画面よりキャプチャ
 ⇒ DMMFX評判評価

ドル円は90円50銭あたりを壁に何度か円高に戻され
つつのた打ち回っている状況です。膠着状況の中、個人
投資家も動きを見せておりません。

□■外為オンラインディールスコープ個人投資家動向■□
外為オンラインディールスコープ100524

 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール徹底比較

個人投資家の動向
■ ドル円買い ・・・ 11,658人
■ ドル円売り ・・・  3,375人


数日前から外為オンラインの個人投資家でドル円を買って
いる人と売っている人の数自体に変化があまり無いのです。

このような膠着状態の時こそFX業者の無料ツール
の予測結果に興味が湧きます。

・・・という事で、本日もセントラル短資のFXライブ
での今後のドル円の予測結果を検証していきます。本日
は週はじめという事で、各テクニカル指標の直近のパフ
ォーマンスランキングを過去24時間、1週間、1ヶ月間
にて検証です。

□■セントラル短資FXライブ24時間ドル円テクニカルランキング■□

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング100524


直近24時間のFXライブランキングではボリンジャーバンドだけが勝っている状況。

□■セントラル短資FXライブ1週間ドル円テクニカルランキング■□

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング100524b


直近1週間となるとDMI・ストキャスティクスあたり
が好調。

□■セントラル短資FXライブ1ヶ月間ドル円テクニカルランキング■□

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング100524c


で1ヶ月間であるとボリンジャーバンドがかなりいい
感じです。下記にFXライブでの詳細を掲載してみま
した。

□■セントラル短資FXライブボリンジャーバンド■□

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング100524d


過去1ヶ月間で377回のシグナルの結果503PIPS
儲かっている。

ではボリンジャーバンドのチャートをアイネットFX
のチャートを掲載です。

□■アイネットFX各種テクニカルチャート■□

アイネットFX評判評価チャート100524


 ⇒ アイネットFX評判評価

それでは、FXライブでのそれら好調な各種テクニカル
指標の現在のシグナル結果です。

□■セントラル短資FXライブ シグナルマップ■□
セントラル短資FXライブテクニカル指標シグナル100524


ここでは直近1ヶ月・1週間共にランキング1位の
ボリンジャーバンドに注目です。

ボリンジャーバンド

■ 5分足 ・・・ 買い
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 売り

売買シグナル総合判断

■ 5分足 ・・・ 売りやや有利
■ 60分足 ・・・ 買い有利
■ 日足 ・・・ 売り有利
■ 週足 ・・・ 売り有利


・・・そもそも直近24時間のテクニカル指標のパフ
ォーマンスはボリンジャーバンドのみプラスと調子が
よくない上で、その短期周辺で買いシグナル後、売り
シグナル。元リーマン社員にも難しいシグナルです。

まあだからこそ、個人投資家連中は様子見なのかもし
れません。

元リーマン社員、ここは様子見とします。

↓人気ブログランキング!FX猛者共が一杯で投票オネガイ
元リーマン社員ブログ


では本日からの動きをDMMFXを使ってチェック。

□■本日のFX相場の動き■□

【Overview】

24日午後のアジア・オセアニア外国為替市場で円は方向感が定まらない。後場の日経平均株価が持ち直したことにつれて、円売りが出る場面があったものの、日経平均株価はプラス圏を維持できなかったこともあり、円売りは一時的だった。
欧州勢が参入すると、WTI原油先物相場が堅調に推移したことを背景に資源国通貨に対して円売りが出て円全般が押し下げられた。英・独の株価指数が一時上昇し、ダウ先物が持ち直したことも円売りを誘い、円は対資源国通貨では一時本日安値圏まで沈んだ。
ただ、欧州株やダウ先物の上昇は長続きしなかったため、円売りは失速。更に対ドルでユーロ売りが膨らんだことに連れて円買い・ユーロ売りが強まったこともあって、円全体が値を戻している。

【ドル・円】【ユーロ・円】

ドル・円は資源国のクロス円の上昇につれて、16時過ぎに1ドル=90円43−46銭まで値を上げたが、株価の失速やユーロ円の売りが強まった影響で押し戻されて、17時過ぎには90円台を割り込む場面も散見された。ユーロ・円は17時30分過ぎに1ユーロ=111円78銭前後まで下げた。

【ユーロ・ドル】

夕刻に売りが強まった。1.2500ドルを挟んでもみ合いが続いていたが、ダウ先物が下げに転じると売りが優位になった。市場参加者からは「米系金融機関の売りが目立った」との指摘があり、前週末安値1.2455ドル前後を下抜けて下げ足を速めた。17時30分過ぎに1ユーロ=1.2419ドル前後と本日安値を付けた。「モデル系ファンドからの売りが出ていた」との声があった。

資本金48億円スプ/スワップ1位DMMFX1万円キャッシュバック 
 ・ツール・その他全て徹底比較はコチラ
 ・スワップ金利比較はコチラ
 ・スプレッド比較はコチラ
 ・自己資本比率等スペック比較はコチラ

元リーマン社員ブログ
DMM FX

ディールスコープとFXライブが黄金シグナル!ドル円売り 元リーマン社員

□■元リーマン社員の現在のポジション■□
ポジション : ドル円売 ショート 92.70円
ストップロスオーダー : 93.50円


タイトルどおり上記でポジションテイク!

今日は元リーマンブラザーズ社員のドル円予測が午後に
ずれ込みました。

しかし、円高をあてた予想といいドル高反発をあてた予
といい、直近のドル円予想は調子がよい元リーマンブ
ラザーズ社員です!

それというのも、招き猫”もも”が我が家に来たおかげ
でしょうか?

↓クリックで猫とアヒルでブログランキング投稿↓
元リーマン社員ブログ


いえいえ、どっかの米国のトレーダーが誤発注とか、
ヘッジファンドがしかけたとか・・・

そんな中でも、ゴールドマンサックスは今回の四半期史
上初の一日もトレードで損をしなかった完全試合
を達成
した模様。

一日の平均トレード利益が23億円。100億円程度
1日で稼いだ日が35日


やはり、これからは少人数で稼ぐにはトレードするしか
ないのでしょうな。

・・という事で、今日も相場をFX業者のツールを駆使し
て探っていきます。

 ⇒ FX業者ツール徹底比較

まずは、現在の相場は93円を割り込み再び円高へジリ
ジリと戻しております。

□■現在の相場状況■□

DMMFXスプレッド20100511


DMMFXチャート20100511

*資本金48億円スプレッド1位のDMMFXより抜粋。
 ⇒ FX業者スプレッド徹底比較
 ⇒ FX業者スプレッド実際の取引画面での比較
 ⇒ DMMFXの評判評価

フォレックストレードのアレグロチャートで金やダウと為
替の動きを見てみても、比較してもその動きが如実に現れ
ております。

□■アレグロチャート■□
フォレックストレードアレグロチャート100511

 ⇒ フォレックストレードの評判評価
 ⇒ FX業者ツール徹底比較

色々な指標が今回の為替の乱高下に合わせて動いておる
のが一目瞭然。

で、ここに来て外為オンラインの個人投資家連中はドル買い
に動きだしはじめた模様。

□■外為オンラインディールスコープ個人投資家動向■□
外為オンラインディールスコープ100511

 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール徹底比較

個人投資家の動向
■ ドル円買い ・・・ 9,349人
■ ドル円売り ・・・ 4,770人


ドル円買いが多いのは以前からですが、ここにきて僅か
に増えてきております。これは更なるドル高反発を個人
は予想しているという事ですが8割の個人投資家は負け
ている事を考慮して、セントラル短資のFXライブで今後
のドル円の動きを予想します。

・・・週初めという事から、今日は1週間でのテクニカル
指標のパフォーマンスから予想です。

□■セントラル短資FXライブ1週間ドル円テクニカルランキング■□

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング100511


1週間ではMACD・ボリンジャーバンド
あの円高⇒ドル高反発と好調に儲けてます。

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング100511b


特に昨日の検証結果時から更に80銭近くも利益をつみ
増して+508pips
も利食っているボリンジャーバ
ンドが現在見るべきテクニカル指標でしょう。

□■セントラル短資FXライブ シグナルマップ■□
セントラル短資FXライブテクニカル指標シグナル100511

 ⇒ FX業者ツール徹底比較

では、各通貨のシグナルを同じくFXライブで検証。

ボリンジャーバンド
■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 売り

売買シグナル総合判断

■ 5分足 ・・・ 売りやや有利
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 売り


・・・全て売り一色。更に個人投資家の予想は買い増加。
これこそ黄金シグナル・鉄板です。

元リーマンブラザーズ社員はドル円を売ります!

□■元リーマン社員の現在のポジション■□
ポジション : ドル円売 ショート 92.70円
ストップロスオーダー : 93.50円


↓↓円高へ行くよう応援クリックお願いします↓↓
元リーマン社員ブログ


では昨日からの動きをDMMFXを使ってチェック。

□■本日のFX相場の動き■□

【Overview】

11日午前のアジア・オセアニア外国為替市場で円は底堅い動き。長期的なユーロ圏の財政問題は依然残るとの見方が根強く、対ユーロ中心に国内勢からの円買いが強まると他通貨にも波及し、円全体が値を上げた。みずほフィナンシャルグループが普通株による最大1兆円の公募増資を6月に実施する方針を固めたとの報道で、海外勢からの応募を見越した円買いも入った。ただ、更に円を買い進める材料に乏しく、一方的に円高が進む状況にはならなかった。

中国国家統計局は11日、4月中国消費者物価指数(CPI)など主要経済指標を発表したが、為替市場への反応は限られた。

【ドル・円】【ユーロ・円】

ドル・円は頭が重い。11日の日本株がさえない値動きとなったことも相場の重しとなり、一時本日安値となる1ドル=92円69銭前後まで値を下げた。

ユーロ・円は弱含み。日本時間早朝に一時1ユーロ=119円40銭前後まで値を上げた後は、売りに押された。9時過ぎに一時本日安値となる118円27銭前後まで値を下げた。

【ユーロ・ドル】

欧州の財政問題の先行き不透明感が完全には払しょくされていないこともあって、ユーロ売りが出やすい地合いだ。昨日の安値1ユーロ=1.2759ドル前後を下抜けて、一時1.2723ドル前後まで下げた。

□■昨晩米国時間のFX相場の動き■□

【5月10日の相場結果】
ドル・円相場(11日6時時点)
 :前営業日比1円77銭高の1ドル=93.27円
ユーロ・円相場
 :同2円67銭高の1ユーロ=119.24円
ユーロ・ドル相場
 :同0.0045ドル高の1ユーロ=1.2785ドル
ダウ工業株30種平均
 :同404ドル71セント高の10785ドル14セント
ナスダック総合株価指数
 :同109.03ポイント高の2374.67
10年物米国債利回り
 :同0.11%高い(価格は安い)3.54%
WTI原油先物6月限
 :同1.69ドル高の1バレル=76.80ドル
金先物6月限
 :同9.6ドル安い1トロイオンス=1200.8ドル

【5月10日の米経済指標結果】
(主な米経済指標) <発表値> <前回発表値>
特に無し
※改は改定値を表す。▲はマイナス。

【米国株式相場】
米国株式相場は5日ぶりに大幅反発。EUや国際通貨基金(IMF)などのユーロ安定策背景に、金融市場の混乱に歯止めがかかるとの見方が広がって、幅広い銘柄に買い戻しが入った。日欧の株高も買いを後押しした。ゴールドマン・サックスが投資判断を引き上げたボーイングが6%超の上昇となったほか、キャタピラーやゼネラル・エレクトリックは7%を超す上げ幅となった。ダウ構成銘柄の全てが上昇した。4月の全世界既存店売上高が増加したマクドナルドも高い。

【米国債券相場】
米国債券相場は大幅続落。EUがユーロ安定メカニズムを創設したことや、欧州中央銀行(ECB)の国債買い入れなどを受けて、ユーロ圏の財政問題への過度の警戒感が後退したため、安全資産としての米国債需要が後退し売りが出た。

【原油先物相場】
原油先物相場は5日ぶりに反発。EUがユーロ安定メカニズム創設で正式合意したことを背景にアジア株や欧州株が上昇。投資家のリスク志向が改善し買いが入ると、時間外取引で78.51ドルまで上昇した。ただ、ニューヨーク時間では米国株式相場も大幅に上昇したものの、事前に予想されたことから反応は薄く、徐々に利益確定の売りが優位となった。

【金先物相場】
金先物相場は4日ぶりに反落。EUがユーロ安定メカニズム創設で正式合意したことを背景にユーロ圏諸国の財政問題への懸念が和らぎ、安全資産としての金への需要が後退したため、売りが出た。時間外取引で一時1184.4ドルまで下落した。ただ、急ピッチで下落した反動による買い戻しが入ったほか、ユーロ圏の財政問題の解決になお不透明感が残るとの見方もあって、1200ドル台を回復して引けた。

【ドル・円】
ドル円は大幅続伸。10日の日欧市場で、ユーロ圏の財政問題への警戒感がいったん後退したことを受けて、投資家のリスク志向が改善し、ユーロ円や資源国のクロス円と共に買いが入った流れを引き継いだ。

ニューヨーク市場では、ユーロ円が伸び悩んだことや、ポンド円が英政治の混迷を嫌気した売りに押されたことなどがドル円の上値を抑える場面があった。一方で、欧州通貨に対してドルが買い戻されたことにつれて円売り・ドル買いが出たため方向感が定まらなかった。

【ユーロ・円】
ユーロ円も続伸。10日の日欧市場で、欧州圏の信用不安が後退したことを受けて、買い戻しが進んだ影響が残った。ただ、ユーロドルと同様に南欧の長期的な債務削減への懸念が依然残っていることや、ムーディーズの見解が重しとなり、ニューヨーク市場では上値が重く、119円台を割り込む場面も散見された。

【ユーロ・ドル】
ユーロドルは続伸。欧州連合(EU)が10 日、ユーロ安定メカニズム創設で正式合意したことを背景に、10日の日欧市場で、これまでのユーロ売りポジションを解消する動きが進んだ地合いを引き継いだ。

ただ、ニューヨーク市場の取引時間帯では売りが優位だった。これまでの買い戻し局面で便乗して短期で買い上がった参加者から利益確定の売りが出た。今回のスキームが短期的な資金繰り不安を後退させたものの、長期的なユーロ圏の財政問題は依然残るとの見方が根強いことも重しとなった。格付け会社ムーディーズが10日、ギリシャの格付けを4週間以内にジャンク級(投機的)に引き下げる可能性や、ポルトガルの格付けをAa3に格下げする可能性などを示したことも売りを誘い、1.2763ドルまで売られる場面があった。

資本金48億円スプ/スワップ1位DMMFX1万円キャッシュバック 
 ・ツール・その他全て徹底比較はコチラ
 ・スワップ金利比較はコチラ
 ・スプレッド比較はコチラ
 ・自己資本比率等スペック比較はコチラ

元リーマン社員ブログ
DMM FX

ディールスコープ個人投資家動向とFXライブドル円今後の予測

元リーマン社員のツイッターフォロワー1000人突破!
http://twitter.com/zaq19

ゴールデンウィーク中のちょっとした夕食代にいかがですか?
今なら、みんなのFXのエンコム証券に口座開設1回取引
で8000円がもらえます。しかも、これを機にFXをはじ
める人にもオススメできるドル円スプレッド0.7銭固定。

 ⇒ FX業者キャンペーン一覧はコチラ

昨晩はあおのり校長に謁見して参りました。

あおのり先生はこの私元リーマン社員に影響されて、
猫を飼った模様。

しかも、同じ猫種であるラグドール。

しかし、そこは校長。やる事がビックリ仰天ウヒャヒャ。

縁起がよく平成22年2月22日の猫の日。

よくやりますわ。参りました。

そしてあなたの根性に乾杯いや完敗です。

それはさており、ゴールデンウィークでも為替相場は動き
ます。FX愛好家にとっては、心行くまでFXトレードを楽し
めます。

さて、ドル円は94円付近で横バイの動きを示しております。

□■現在の相場状況■□

DMMFXスプレッド20100430

*資本金48億円スプレッド1位のDMMFXより抜粋。
 ⇒ FX業者スプレッド徹底比較

DMMFXチャート20100430

 ⇒ DMMFXの評判評価

直近では目立たない動きのドル円相場ですが、為替市場全
体で見渡すと、米国にて発表された、FOMCに刺激され、
リスク資産への投資欲が高まってきている。

というのもFOMCでは米国の金利はしばらくは低金利政
策を続ける事と、雇用関連の回復が発表されたからです。

こういう、イケイケな局面では、高金利な通貨である、
オーストラリアドルや、イギリスポンド、ユーロが買われ
ます。ドル円はよくわからないのが現状なので、まずは、
外為オンラインの個人投資家動向を探って、市場の買い杉
感を探っていきます。

□■外為オンラインディールスコープ個人投資家動向■□
外為オンラインディールスコープ100430

 ⇒ FX業者ツール徹底比較

どうやら、個人投資家連中もドル円のロングポジションを
利食いしはじめた模様です。やはり、これ以上のドル高は
考えにくいのでしょうか。

そこで、FX業者のテクニカル分析ツールの検証結果を
チェックしてみると・・・

□■セントラル短資FXライブ24時間ドル円テクニカルランキング■□

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング100430


FXライブでの直近1ヶ月間5分足ではDMI
がランキング1位
。19回の取引で206pips。

□■セントラル短資FXライブ シグナルマップ■□
セントラル短資FXライブテクニカル指標シグナル100430

 ⇒ FX業者ツール徹底比較

そのDMIのシグナル状況は、

DMIの現在の売買シグナルは、

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 買い
■ 週足 ・・・ 買い


総合判断では、

売買シグナル総合判断

■ 5分足 ・・・ どちらでもない
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 売り


と、総合判断と逆の結果を出しているのがDMIです。

ここは様子見。あれ?それって、あおのり校長のポジション
と同じですね。

FXライブも中々舐めたものではありませんな。

では今朝の動きをDMMFXを使って検証。

□■Over View■□

30日午前のアジア・オセアニア外国為替市場で円は売り先行後、もみ合い。ギリシャの財政問題に対する過度の警戒感が緩和したことや昨日の米株高を背景に、連休明けの東京勢から対ユーロや豪ドルで円売りが先行し、円全般が下げた。対ドルでは仲値決済に絡んだ円売りが強まる場面があった。

 その後は、新規の取引材料に乏しく積極的な売買は見られなかった。日銀の金融政策決定会合の結果発表待ちの空気もある。

□■ドル円ユーロ円■□

ドル・円は11時過ぎに1ドル=94円19銭前後まで上げた。ユーロ・円は、昨日の休日中にギリシャ問題への過度の懸念が後退したことを背景に、東京の市場参加者からポジション調整の買いが先行し7時30分過ぎに1ユーロ=124円73銭前後まで上げた。

□■ユーロ・ドル■□

上値重い。ギリシャ情勢への過度の懸念が若干和らいだため、休み明けの東京勢から買い戻しが先行した。8時前に1ドル=1.3266ドル前後まで買われた。もっとも、ギリシャ問題の不透明感が完全に払しょくされた訳ではないため、ショートカバーの域を出ずじりじりと上値を切り下げている。

資本金48億円スプ/スワップ1位DMMFX1万円キャッシュバック 
 ・ツール・その他全て徹底比較はコチラ
 ・スワップ金利比較はコチラ
 ・スプレッド比較はコチラ
 ・自己資本比率等スペック比較はコチラ

元リーマン社員ブログ
DMM FX

今晩の最新FX初心者必勝法の予測結果。元リーマン社員

今晩は。火曜日の夜も大分ふけてきてました。

直近では大きくドル高に触れた後、反発して円高に戻す
チャートを辿っております。

DMMFXスプレッド20100316b

↑クリックすると現在のスワップ金利も確認できます。

DMMFXチャート20100316b


また、日経平均とドル円を比較したフォレックストレードのチャートが
下記です。日経平均、更にはダウまでもがドル高に釣られ
て上昇している事がわかります。

フォレックストレードアレグロチャート20100316b

 ⇒ フォレックストレード 評判 評価

さて直近のドル円の動きの中で儲けた個人投資家は実在し
ます。

その証拠が外為オンラインのディールスコープで一目瞭然
です。

外為オンラインディールスコープ20100316b


・・・なんとこのチャートを見る限りこの急激なドル高
を見越してドル円買いポジションを取り、うまく利食い
した奴が大勢いる事を指し示しております。

さて、こんな状況下次の一手はFX初心者には中々予測
が難しい事だと思います。まして、リーマンブラザーズ
にいた私ですら予測不可能な訳ですから、直近でFXを
はじめた人は単純にFX業者のツールに従った方が賢明。

では、火曜日夜のFX初心者必勝ツールでの予測結果を
掲載します。

<FX初心者必勝法ツール予測結果まとめ>

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング
現在好調なテクニカル指標はDMI、RSIである事にお昼か
ら変わりはありません。その変わりに全通貨でのランキング
を見たところ、ポンドドル+ストキャスティクスで5分足
で見た場合の過去の実績が凄まじい結果となりました。

セントラル短資FXライブシグナルマップ
 DMI 1時間足 買いシグナル
 RSI 1時間足 買いシグナル

外為オンラインディールスコープ
 直近のドル高⇒反発で円高で儲けた人が確実にいる事を
 物語っております。

FXプライムぱっと見テクニカル形状比較
 3本共にドル高予測

FXプライムぱっと見テクニカル売買シグナル
 1位は売りシグナルだが、2〜4位は買いシグナル


・・・ここは久しぶりに各種FX業者のテクニカル指標
予測結果がドル円買となったので、ドル円を買います。

■ ポジション ドル円のロングポジ(買い)
■ サイズ 10枚
■ エントリ日 2010年03月16日22時
■ エントリ価格 90.49円
■ ロスカット価格 89.49円


実際の検証画面は下図の通り。

■ セントラル短資FXライブ

<テクニカル指標ランキング1ヶ月間>

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング100316


セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング100316b


<シグナルチャート>

セントラル短資FXライブシグナルチャート090316


■ FXプライムぱっと見テクニカル

<形状比較>

FXプライムぱっと見テクニカル形状比較100316


<売買シグナル>

FXプライムぱっと見テクニカル売買シグナル1003016


ここでアジア市場のファンダメンタル的な相場をDMMFX
のニュースから抜粋です。

【Overview】
16日午後のアジア・オセアニア外国為替市場で円は上値
が重い。3月期末に向けた国内勢からの円買い注文が意
識される中、対ドル中心に短期筋からの円買いが入った。
対ポンドでは、英テレグラフ紙の「欧州連合(EU)は
英国の財政計画を批判」との記事を蒸し返す格好で欧州
勢から円買いが膨らんだ。ただ、買い一巡後は伸び悩む
展開に。対ドルで、短期筋から持ち高解消の円売りが出
た影響を受けたほか、16日の欧州株が高く始まったこと
などが円の重しとなり、やや上値を切り下げた。

【ドル・円】【ポンド・円】
ドル・円は下値が堅い。13時過ぎに一時本日安値となる
1ドル=89円97銭前後まで値を下げた後は、ショートカバ
ーで値を戻している。夕刻にかけては、対ポンド中心に
ドル買いが進んだ影響を受けた。ポンド・円は行って来
い。英テレグラフ紙の記事を蒸し返す格好でポンド売り
が出たほか、市場関係者からは「アジア系ソブリンネー
ムからのポンド・ドルの売りが出た」との声が聞かれ、
一時1ポンド=135円19銭前後まで値を下げた。ただ、売
り一巡後はショートカバーで値を戻し、136円台を回復し
ている。

【ユーロ・ドル】
上値が重い。15時過ぎに一時本日高値となる1ユーロ=
1.3701ドル前後まで上げたものの、「1.37ドル台には断
続的に売り注文が観測されている」との指摘があり、そ
の後は上値の重さが目立った。ポンド・ドルの下落につ
れたユーロ売り・ドル買いが強まると、一時1.3657ドル
と本日安値を更新した。

⇒ 全ての比較で1位!比率3冠王はDMMFX
 ・スワップ金利比較はコチラ
 ・スプレッド比較はコチラ
 ・自己資本比率等スペック比較はコチラ
 ・キャッシュバックキャンペーン比較はコチラ
 東大式FX攻略法

みんなのFX

元リーマン社員限定タイアップ企画

FXプライム[直トレFX]

アイネットFX
元LB社員が取引に使うFX業者
SBIFXTRADE評判  ドル円0.27銭SBIFXトレード
豪ドル円0.99/ユロ円0.69/ポン円1.19
1$から取引可/スプレッド4桁表示
住信SBIネット銀行50%出資のSBIG

GMOクリック証券FX評判  株も売買可GMOクリック証券
米ドル/円0.3銭原則固定
YAHOO出資企業/資産2000億円
8万人使用iClickFXNEO/FXroid
最新キャッシュバック特集
カテゴリー別の記事
livedoor プロフィール
免責事項
当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び私に関係する全ての方は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。

外為どっとコム
DMM FXは初心者向け
ドル円予想に使うFXツール
FXツール FXプライム byGMOのぱっと見テクニカル

過去12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想する機能
ぱっと見テクニカルツールa
⇒ ぱっと見テクニカルの評判評価
ドル円スプレッド比較
原則固定
(例外あり)
FX業者名
0.3銭  外為どっとコム
0.3銭 GMOクリック証券評判 GMOクリック証券
0.3銭 YJFX評判 YJFX!
0.3銭原則固定 DMMFX評判 DMMFX
0.4銭 みんなのFX評判 みんなのFX
0.6銭原則固定 FXプライム評判 FXプライム byGMO
0.7-1.0銭 アイネットFX評判 アイネット証券
0.9銭 ライブスター証券
株もFXも GMOクリック評判 GMOクリック証券
カブドットコム評判 カブドットコム証券

元リーマン社員がメディア掲載
元リーマンブラザーズ社員が取材①元リーマンブラザーズ社員が取材②
雑誌「BIG TOMORROW」5月号で取材受けて記事になりました。
⇒ 現在4.5万人超フォロワー!
元気の源!為替ブログランキング
皆様のクリックが・・・
元リーマン社員を救います!!


人気ブログランキング
最高、17位でファイト!

為替ブログ村
為替日記は、最高8位!
くりっく365のFX業者比較
  • ライブドアブログ