元リーマン社員がFXツールでドル円予想

リーマンブラザーズに勤務した経験からビリオネアになる最短の方法はトレードしかないと確信し、トレードの中でも。最も少額で始められて、かつ、最もレバレッジが高くできるFXで財を成す事を決意しました。現在、ドル円をFXツールを駆使して予想し、その結果から売買するシステムトレードちっくな手法で売買を行い、まずは、ミリオネアへの道を目指しております。FXツールはFXプライム byGMOのぱっと見テクニカルを使っております。

 
 売買レート・チャート・リアルタイム売買比率表示ツールはみんなのFXより
0.3銭原則固定(例外あり)  外為どっとコム
0.3銭原則固定  GMOクリック証券
 FXトレーディングS
 YJFX!
 DMMFX
0.6銭原則固定  FXプライム byGMO
0.9銭原則固定  ライブスター証券
0.7〜1銭  アイネット証券
オススメ  ひまわり証券

FX為替業界の最新情報・ニュース

DMM FX

昨日からのFXの動き 総まとめ


↓直近のニュース一覧 By DMMFX
DMMFX評判評価昨日からの相場の動き091111


昨日からの市場の動きをDMMFXで検証しました。

【Overview】

10日のニューヨーク外国為替市場で円は買い先行後、伸び悩み。時間外のダウ先物が下げ幅を広げたため、リスクポジションを解消する目的の円買いが入った。米長期金利が一時低下し対ドルで円買いが強まると、円全体の重しとなった。ただ、ダウ工業株30種平均が底堅く推移したことを受けて徐々に円売りに押された。

【各通貨Comment】

【ドル・円】【ユーロ・円】

ドル・円は米長期金利が低下したことを背景とした円買い・ドル売りで、一時1ドル=89円71−74円まで値を下げた。売り一巡後は、もみ合って推移した。ユーロ・円はユーロ・ドルの売りを受けた円買い・ユーロ売りで、一時1ユーロ=134円13銭前後まで下落した。

【ユーロ・ドル】

一進一退。米国株が底堅く始まったことを受けて買いが入り、一時1ユーロ=1.5001−06ドル前後まで値を上げた。もっとも、1.50ドル台では売りが厚かったほか、WTI原油先物相場が下げに転じたことも重しとなり、1.4938ドル前後まで値を下げた。市場関係者からは「1.5100ドルにノックアウトオプションが設定されており、1.5050−90ドルには防戦売り注文が見られる」との声が聞かれた。売り一巡後は、一時マイナス圏で推移したダウ工業株30種平均が持ち直したため、ショートカバーで値を戻した。

★ DMMFXにカンタン口座開設で5千円ゲット1万円

【各市場の動き】

(9日終値)
ドル・円相場(11日7時時点)
 :前日比12銭安の1ドル=89.79円

ユーロ・円相場
 :同27銭安の1ユーロ=134.62円

ユーロ・ドル相場
 :同0.0007ドル安の1ユーロ=1.4992ドル

ダウ工業株30種平均
 :同20ドル03セント高の10246ドル97セント

ナスダック総合株価指数
 :同2.98ポイント安の2151.08

10年物米国債利回り
 :同0.01%低い(価格は高い)3.47%

WTI原油先物12月限
 :同0.38ドル安の1バレル=79.05ドル

金先物12月限
 :同1.1ドル高い1トロイオンス=1102.5ドル

(各市場の動き)

・ユーロドルは小反落。欧州市場では、時間外のダウ先物が下げ幅を縮小したことなどを背景に、一時1.5021ドルまで上昇し昨日高値に面合わせする場面があった。ただ、その後は売りに押される展開に。1.5ドル台では利食い売りなどが厚かったほか、市場関係者からは「1.5100ドルにはノックアウトオプションが設定されており、1.5050−90ドルには防戦売り注文が観測されている」との声が聞かれた。原油先物価格が失速したことなども重しとなり、一時1.4938ドルまで値を下げた。もっとも、引けにかけてはNYダウが持ち直したため、下げ幅を縮小して取引を終えた。

・ドル円は反落。欧州市場では、アジア時間にポンド円の下落につれて一時89.68円まで下落した反動で、ショートカバーが強まり90.19円まで値を上げる場面があった。ただ、ドル円の上値では戻り売り意欲が強いほか、クロス円の下落につれた売りが重しとなり89.71−74円まで押し戻された。

 藤井裕久財務相は10日、都内でガイトナー米財務長官との会談し「強いドル」を支持するとの考えを示したが、為替市場への反応は特に見られなかった。

・ユーロ円は反落。欧州時間に一時135.40円まで値を上げた後は、売りに押される展開に。米国株がさえない値動きとなったことや原油安などを材料に、持ち高解消の売りが進み一時134.13円まで値を下げた。

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は小幅ながら5日続伸。前日に昨年10月3日以来の高値を更新していたこともあって、利益確定の売りが先行。前日に赤字決算を発表した米金融保証会社(モノライン)大手MBIAが26%ほど下落したことがその他の金融株の売りを誘い相場の重しとなった。ただ、下値では米低金利政策の長期化観測を背景にした押し目買いも根強く、引けにかけて持ち直した。

 一方、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は4営業日ぶりに反落した。シスコシステムズやアムジェン、コムキャストなどが下げた。

・米国債券相場は小幅ながら3日続伸。予想を下回る独経済指標を受けて、海外市場で買われた流れを引き継いだ。10年物国債の入札はまずまずの結果と受け止められたものの、明日がベテランズデーの祝日で休場となるため、持ち高調整の売りが出て上値は重かった。

・原油先物相場は反落。国際エネルギー機関(IEA)が原油需要は中期的に増加を続けるとの見通しを発表したことを受けて買いが入った。ただ、熱帯性低気圧「アイダ」が勢力を弱め、メキシコ湾岸の石油関連施設が操業再開の準備を始めたことを受けて売りに押され、下げに転じた。

・金先物相場は小幅ながら7日続伸。外国為替市場でドルが対ユーロなどで伸び悩み、ドルと逆行しやすいとされる金が底堅く推移した。ただ、この日まで連日で史上最高値を更新したことから、上値では利益確定の売りが出やすかった。

 ⇒ DMMFXに口座開設で5000円キャッシュバック
DMM FX

週末FXニュースまとめ。米国にて失業率が10.2%を記録した等。

★ DMMFXにカンタン口座開設で5千円ゲット1万円

⇒ 今月だけ口座開設8000円。急げMJへ!
⇒ 更にイーモバ契約でノートPC+フラッシュメモリ

■ やはり、米国にて失業率が10.2%を記録した事か
ら、米国の政策金利は来年も超低金利が続くであろうと見
方から、ドルが対円で売られております。

■ ただ、欧州の中央銀行のトリシェ総裁は、昨日、景気
対策として緊急に導入した流動性供給措置の一部を引き揚
げる方針を示し、ECBの非伝統的措置の中心である1年
物資金の無制限供給について、12月を最後とし継続しない
意向をしめした。ECBは政策金利を過去最低の1%で据
え置いた。

■ 市場では、今回の米国の雇用統計が悪化した事に対す
る市場の注目度は長くは続かず結果として、リスク志向に
なるだろうとの声も聞かれました。また、ドルはユーロに
対して、年末までに1ユーロ1.5ドルまで下落するだろ
うと予測されている模様。

↓直近のニュース一覧 By DMMFX
DMMFX昨日からの相場の動き091107


⇒ 各市場の動きを文字で読む場合はつづき
⇒ 元リーマン社員のブログの順位をチェック続きを読む
DMM FX

最新の相場に関するニュース。元リーマン社員。

★ DMMFXにカンタン口座開設で5千円ゲット1万円

⇒ モバイルならFXトレーディングシステムズに開設5000円ゲット!

■ ドルと円が主要通貨の大半に対して買われました。
午前に発表された米国の9月の新築住宅販売が予想より
も悪かった事から、高利回り資産への需要が後退しキャ
リートレードの巻き戻しが起こった事が大きな要因です。

■ また、ドルは対ユーロに対しても買われました。
10月12日以来初の1ユーロ=1.47ドル越えとなります。

■ 米国にて発表された新築住宅販売統計では、米政府
による住宅購入者への税優遇措置が終了すると米国の住
宅市場の回復も勢いを失う可能性が示された。

■  世界各国の政府が講じた措置が取り除かれたら、
景気は再び悪化し、高リスク資産は売られやすいといっ
た声が聞こえた。

■ また、やはりドルは長期的には価値が下がるとした
声も聞こえた。その主な要因は、中国やアジア諸国が過
剰にドルを保有している状態があまりにも長く続いてい
る。各国によるドルの保有はさらに拡大しており、これ
に伴い保有通貨としての価値は下がるのではないか。

↓直近のニュース一覧 By DMMFX
DMMFX昨日からの相場の動き091029


⇒ 各市場の動きを文字で読む場合はつづき
⇒ 元リーマン社員のブログの順位をチェック続きを読む
DMM FX

昨日から起こった相場の動きと最新ニュース

★ DMMFXにカンタン口座開設で5千円ゲット1万円

■ ドルが対ユーロで1年2カ月ぶりの安値付近にとど
まった。予想を上回る企業決算を背景に株式相場が上昇
したため、ドルを売ってリスク資産を買う動きが優勢に
なった。 マクロ経済情勢を考えると、ドルの中期的な
見通しはまだ下落方向です。

■ カナダ・ドルは米ドルに対して下落した。カナダ銀行
がカナダ・ドル売り介入はいつでも選択肢としてあると発
言したことが主な要因。

■ 南アフリカランドは対ドルで一時、1.8%安の1ドル=
7.5482ランドと、5日以来の安値。同国が自国の通貨の
安定のため、為替レート固定を含めた経済政策の「抜本的」
な修正を準備しているという噂が要因。その後南ア政府
はそのような計画はないと否定。ランドはその後、米国株
の上昇を背景に戻し、0.3%高。

↓直近のニュース一覧 By DMMFX
DMMFX昨日からの相場の動き091022


⇒ 各市場の動きを文字で読む場合はつづき
⇒ 元リーマン社員のブログの順位をチェック続きを読む
DMM FX

昨晩からの各市場の動きをDMMFXでチェック!

DMMFXに口座開設していない方はまだまだチャンス
です。1万円キャッシュバックのチャンスです。
DMMFXキャンペーン延長

↑クリックするとキャンペーン画面へ↑

★ DMMFXにカンタン口座開設で5千円ゲット1万円

■ ドルが対ユーロで反落。1年2カ月ぶりに節目の1
ユーロ=1.50ドルを割り込んだ。世界的に景気回復が勢
いを増しているとの楽観的な見方を背景に、ドルを売っ
てリスク資産を買う動きが強まった。 世界的に景気が回
復する中、米金融当局は利上げでほかの中銀に後れを取
るとの見方が多く、ドルは引き続き圧力を受けるとみら
れている。

■ ポンドは対ドルで5週間ぶりの高値を付けた。イン
グランド銀行(英中央銀行)のキング総裁による英紙へ
の寄稿文がきっかけ。同総裁は英国民に対し、金利が上
昇する可能性を「考慮に入れる」よう勧めた。

■ 欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁は19日、「
為替相場の過度の変動と無秩序な動きは、経済動向に悪
影響を与える」と発言した。

↓直近のニュース一覧 By DMMFX
DMMFX昨日からの相場の動き091022


⇒ 各市場の動きを文字で読む場合はつづき
⇒ 元リーマン社員のブログの順位をチェック続きを読む
DMM FX

昨晩からの為替市場の動きを徹底チェック!

DMMFXに口座開設していない方はまだまだチャンス
です。1万円キャッシュバックのチャンスです。
DMMFXキャンペーン延長

↑クリックするとキャンペーン画面へ↑

■ ドルが下落。主要6通貨のバスケットに対して約1
年2カ月ぶりの安値に下げた。世界経済の回復兆候が示
されたことから高リスク資産需要が高まり、ドルが売ら
れた。

■ トリシェ総裁は記者会見で、「為替相場の過度の変
動と無秩序な動きは景気と金融の安定に対して負の影響
をもたらす」と発言。

■ ガイトナー米財務長官は今月3日、イスタンブール
での7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)終了後の
記者会見で、米国にとって強いドルの継続が「非常に重
要」だと言明、トリシェ総裁も8日の記者会見で、米政
権が「強いドル」を望む考えを表明することは「重要だ
」と述べた。

■ 豪ドルは対米ドルで最大2%上昇。昨年8月以来の
高値をつけた。同国の失業率が予想外に低下したことか
ら、追加利上げ観測が高まった。

↓直近のニュース一覧 By DMMFX
DMMFX昨日からの相場の動き091009


⇒ 各市場の動きを文字で読む場合はつづき
⇒ 元リーマン社員のブログの順位をチェック続きを読む
DMM FX

円がドルに対して8ヶ月ぶりの高値

★ DMMがFXをはじめた!ドル円0銭
[ドル円0銭/ユロ円0.5銭/ポン円1.5銭/豪ドル円1.1銭]
  ⇒ 口座開設で5千円
  ⇒ 取引回数に応じて最大50万円か100万円のDMMギフト券
  ⇒ DMMFX 評判 評価

■ 円がドルに対して8ヶ月ぶりの高値です。色々な要
因があるかと思いますが、日本の新政権=藤井財務相が
円高を容認している発言が背景にある。ただ、藤井財務
相が海外メディアの報道に、「円高をそのまま放置しろ
とはひと言も言っていない」と述べ、円高を必ずしも容
認しているわけではないとの見方を示すと、ドルは対円
で下げ渋りました。

■ また、ドルが対ユーロに対して大幅に買われており
ます。ECBの総裁であるトリシェ氏がドルが強い事は
世界経済にとって非常に重要であると述べた事が主な要因。

■ 日銀の元理事でトヨタに天下りしている方の発言で、
日本は少子高齢化がこのままで進み、成長戦略が描けな
ければ長期的な円安がくるだろうとの見方を示した。

↓直近のニュース一覧 By DMMFX
DMMFX昨日からの相場の動き090929


⇒ 各市場の動きを文字で読む場合はつづき
⇒ 元リーマン社員のブログの順位をチェック続きを読む
DMM FX

7月13日のFX為替相場の動きと世界経済

チャートをクリックするとその時のニュースが見れる。
⇒ 外為オンラインのニュース・チャート

⇒ 説明・詳細・実際の画面はコチラ

■ 円がまだ強そうな今週です。

今週、米国にてゴールドマン・サックス(14日)、
JPモルガン・チェース(16日)など、決算の内容次第
で上下に振れやすい展開となるでしょう。

・肝心のゴールドマンサックスの決算発表は、GSへの投資
判断引き上げで安心感が広がっているものの、不良債権の
増加が商業銀行の業績を圧迫している可能性があり、どう
なるかは不明。

・また、6月米雇用統計をきっかけに景気楽観論が後退し
た事もリスク回避からの円買いとなっており、先週末はド
ル円91円75銭まで下落した。

・7月のミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)が64.6
と、予想された70.0を大きく下回った事も円買い要因

・米長期金利の低下もドル・円の重しとなっている。

■ 市場アナリストによるヤフー(YHOO)投資判断引き上げ
や、グーグル(GOOG)の新OS「クローム」に対する期待から
テクノロジーが上昇した。

⇒ 元リーマン社員のブログの順位をチェック
 東大式FX攻略法

みんなのFX

元リーマン社員限定タイアップ企画

FXプライム[直トレFX]

アイネットFX
元LB社員が取引に使うFX業者
SBIFXTRADE評判  ドル円0.27銭SBIFXトレード
豪ドル円0.99/ユロ円0.69/ポン円1.19
1$から取引可/スプレッド4桁表示
住信SBIネット銀行50%出資のSBIG

GMOクリック証券FX評判  株も売買可GMOクリック証券
米ドル/円0.3銭原則固定
YAHOO出資企業/資産2000億円
8万人使用iClickFXNEO/FXroid
最新キャッシュバック特集
カテゴリー別の記事
livedoor プロフィール
免責事項
当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び私に関係する全ての方は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。

外為どっとコム
DMM FXは初心者向け
ドル円予想に使うFXツール
FXツール FXプライム byGMOのぱっと見テクニカル

過去12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想する機能
ぱっと見テクニカルツールa
⇒ ぱっと見テクニカルの評判評価
ドル円スプレッド比較
原則固定
(例外あり)
FX業者名
0.3銭  外為どっとコム
0.3銭 GMOクリック証券評判 GMOクリック証券
0.3銭 YJFX評判 YJFX!
0.3銭原則固定 DMMFX評判 DMMFX
0.4銭 みんなのFX評判 みんなのFX
0.6銭原則固定 FXプライム評判 FXプライム byGMO
0.7-1.0銭 アイネットFX評判 アイネット証券
0.9銭 ライブスター証券
株もFXも GMOクリック評判 GMOクリック証券
カブドットコム評判 カブドットコム証券

元リーマン社員がメディア掲載
元リーマンブラザーズ社員が取材①元リーマンブラザーズ社員が取材②
雑誌「BIG TOMORROW」5月号で取材受けて記事になりました。
⇒ 現在4.5万人超フォロワー!
元気の源!為替ブログランキング
皆様のクリックが・・・
元リーマン社員を救います!!


人気ブログランキング
最高、17位でファイト!

為替ブログ村
為替日記は、最高8位!
くりっく365のFX業者比較
  • ライブドアブログ