元リーマン社員 スワップ金利が高い業者はどこだ!? 東大FXいわく『FXCMジャパン証券以外はほぼ一緒』 。

⇒ 東大式FXスワップ金利裁定取引実践中

というわけで、一時的なスワップキャンペーンなどで投資家の皆さんを困惑
させていることもあるようなのですが、 結局のところ、長年ずーっと好条件
をキープし続けているのはFXCMジャパン証券ということのようです。

さらに、もっと詳しく、話を聞くと、スワップキャンペーンでユーザーを
集めるだけ集めておいて、集まった後はどんどんスワップが下がっていく
ということも普通ということなので、気をつけて下さい。

1月はFXCMジャパン証券外為オンラインIDO証券の3強状態
なのですが、結局のところ長い期間高いスワップを払い続けているのは
FXCMジャパン証券なので、他の2社は短期的にスワップを払えて
いるが今後はたぶん下がっていくでしょう。(と言っていました。)

スワップ=FXCMジャパン証券というのは業界の定説ということで、
あえて比べる必要もないということですが、いちおう軽く比較してみました。

  米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NYドル/円 ランド/円
FXCMジャパン証券 2 10 11 112 50 16
外為オンライン 3 15 12 112 50 18
IDO証券 4 15 12 112 50 18
クリック証券 1 17 10 100 47 15
セントラル短資 1 20 10 100 48 15
YJFX! 0 23 11 112 50 15
トレイダーズ証券 1 20 5 103 45 15
MJ 2 15 14 102 47 16
DMM FX 1 9 14 101 45 15

FXCMジャパン証券のドル円のスワップは小さいですが、ドル円の
スワップ狙いと言うのも無いでしょうし、その分売りスワップも低いので、
ここは低くて問題ないでしょう。※フォーランドは買いと売りのスワップ
が一緒です。

で、さらに、ちょっとFX業界ではちょっとした面白い状況になっている
というので、その話も紹介しましょう。

DMMFXの売りスワップを見てみましょう。

  米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NYドル/円 ランド/円
DMM FX -1 -9 -13 -101 -45 -15


ピンときましたでしょうか?

DMMFXの売りスワップとFXCMジャパン証券などの買いスワップが
逆転しているものがあるのにお気づきでしょうか?

ということは、、、これを利用すると、、、、

⇒ 東大式FXスワップ金利裁定取引実践中

例えば、

DMMFXで豪ドル円売り、FXCMジャパン証券で豪ドル円買いという
ポジションを同じタイミングで持てば、112−101=11のスワップポイント
がノーリスクで手に入るわけです。

いわゆる、スワップ裁定というやつですね。
初めて耳にした方も多いかもしれませんが、結構一般的な発想ですので、
スワップ派で長期的にコツコツ貯めていきたい人は、この方法を使った方
がいいでしょう。

ちなみに、もし、スワップ裁定のやるのであれば、
買いスワップは長期間安定的に高いスワップを払い続ける
FXCMジャパン証券で、売りスワップは今のところDMM FX以外でや
るのは難しそうということです。

まぁ、これは余談程度の情報ですが、興味がある人はやってみてください。