元リーマン社員がFXツールでドル円予想

リーマンブラザーズに勤務した経験からビリオネアになる最短の方法はトレードしかないと確信し、トレードの中でも。最も少額で始められて、かつ、最もレバレッジが高くできるFXで財を成す事を決意しました。現在、ドル円をFXツールを駆使して予想し、その結果から売買するシステムトレードちっくな手法で売買を行い、まずは、ミリオネアへの道を目指しております。FXツールはFXプライム byGMOのぱっと見テクニカルを使っております。

 
 売買レート・チャート・リアルタイム売買比率表示ツールはみんなのFXより
0.3銭原則固定(例外あり)  外為どっとコム
0.3銭原則固定  GMOクリック証券
 FXトレーディングS
 YJFX!
 DMMFX
0.6銭原則固定  FXプライム byGMO
0.9銭原則固定  ライブスター証券
0.7〜1銭  アイネット証券
オススメ  ひまわり証券

2014年10月

DMM FX

ドル円150枚ロングで213万1,050円の儲け!!

数日前のドル円予想がズパリ的中し200万円以上の利益!!を一撃で稼ぎ出しております。。

image  
GMOクリック証券のはっちゅう君FXの画面をキャプチャ

・・・よだれが出る時間帯ですが、大勝する時にどれだけ大勝できるかが、かなり重要だったりします。

気を引き締めて、いきましょう。

まずは最新の為替相場の状況から。

■ 2014年10月29日(水)午後4時あたりの為替相場

 image GMOクリック証券の画面よりキャプチャ

ここ数日間のドル円の値動きをFXプライムbyGMOのChartNaviPrimeでチェックします。
※ 移動平均に加えて、ストキャスティクスとMACDもあわせて検証。しております

■ ドル円チャート

★ 5分足(移動平均線・MACD・ストキャスティクス)imageFXプライムbyGMOのChartNaviPrimeよりキャプチャ
※ MACDとは移動平均線の長期と短期の差をあらわしたテクニカル指標。短期の移動平均線が長期のそれよりも値が高い場合がこのMACDが正の値となり、為替のトレンドが上昇である事と同義となります。逆にMACDの値が負の値の場合には、トレンドが下降を示します。
※ ストキャスティクスとは為替の「売られ過ぎ」、「買われ過ぎ」を判断するためのテクニカル指標です。為替と日数の振幅を、一定期間(一般的に9日)の高値・安値と、当日の終値を元に、計算します。先行するライン「%K」と、遅行するライン「%D」という動きが異なる二本のラインを描く指標があり、2つの指標を元に、買われすぎ(割高)か売られ過ぎ(割安)かを判断しする指標です。一般的には30%以下にラインがある状態を売られ過ぎ、70%以上にラインがある場合を買われ過ぎの水準と判断します。

5分足を使ってみたここ数日間のチャートですが、チャートにトレンドラインをひきまくった感じ、ドル高へいきそうなチャート形状です。

★ 1時間足(移動平均線・MACD・ストキャスティクス)  image

1時間足でみたチャート形状もまだまだドル高ムード。

★ 月足(移動平均線・MACD・ストキャスティクス)  image

最後に月足でもって、2002年の1ドル135円までつけた時まで含めたチャートで、トレンドライン等をひいてみました。こう見ると、円高トレンドで半値戻しをしているだけともみえますが・・・そろそろ再び円高のトレンドへ巻き戻してもチャート形状的にはありえそうな気もしますが・・・

思うだけでは、NGですよね。もちろんFX予想ツールを使った分析結果もチェックします。

★ ぱっと見テクニカルツールとは、FXプライムbyGMOが提供するFXの値動きを予想するツールで過去のチャート形状から現在のチャート形状ににている箇所を探してきて、過去のチャート形状から今度の値動きを予想するツール。 → ぱっと見テクニカルの詳細な説明はコチラ

■ ぱっと見テクニカルを使ったドル円の予想結果

★月足チャートを使った場合の予想結果image  円高の予想 2本 ドル高の予想 1本 横ばいの予想 0本

★1時間足チャートを使った場合の予想結果image   円高の予想 2本 ドル高の予想 1本 横ばいの予想 0本

★30分足チャートを使った場合の予想結果image   円高の予想 0本 ドル高の予想 2本 横ばいの予想 1本

★20分足チャートを使った場合の予想結果image   円高の予想 2本 ドル高の予想 1本 横ばいの予想 0本

★15分足チャートを使った場合の予想結果image   円高の予想 1本 ドル高の予想 0本 横ばいの予想 2本

★10分足チャートを使った場合の予想結果image   円高の予想 1本 ドル高の予想 0本 横ばいの予想 2本

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 まとめ

結果

合計

月足

1時間足

30分足

20分足

15分足

10分足

円高

8本

2本 2本 0本 2本 1本 1本
ドル高

5本

1本 1本 2本 1本 0本 0本
横バイ

5本

0本 0本 1本 0本 2本 2本

なんとチャートにトレンドラインをひいた分析結果とは間逆の、円高予想が8本という、円高の予想結果になってしまいました。

なので、結局、昨日と同じく、いつでも利食いする姿勢で、少しでも円高へトレンドが反転しそうならば、ドル円ロング(買)もちのポジションをアンワインドする予定です。

■ 本日のドル円のポジション

image

DMM FX

ツールで予想したドル円の値動きがずっぽし!!50万円荒稼ぎ!

こんにちは。連敗が続いておりましたが、昨日のドル高予想では、名誉挽回、ガッツリ、50万円程度の利益を稼ぎ出しました。

GMO_Click_FX_20141022b_positionGMOクリック証券のはっちゅう君FXの画面をキャプチャ

ただ、昨日からの値動きと最新の為替の状況を確認すると、なんだか、ちょっと危ない感じ。利食いした方がよさげな感じではあります。

■ 2014年10月22日(水)午後2時あたりの為替相場

GMO_Click_FX_20141022_spread GMOクリック証券の画面よりキャプチャ

チャートはFXプライムbyGMOのChartNaviPrimeでチェックします。移動平均に加えて、ストキャスティクスとMACDもあわせて検証。

■ ドル円チャート

★ 10分足(移動平均線・MACD・ストキャスティクス)FXPrime_ChartNaviPrime_20141022_10m FXプライムbyGMOのChartNaviPrimeよりキャプチャ
※ MACDとは移動平均線の長期と短期の差をあらわしたテクニカル指標。短期の移動平均線が長期のそれよりも値が高い場合がこのMACDが正の値となり、為替のトレンドが上昇である事と同義となります。逆にMACDの値が負の値の場合には、トレンドが下降である事を示します。
※ ストキャスティクスとは為替の「売られ過ぎ」、「買われ過ぎ」を判断するためのテクニカル指標です。為替と日数の振幅を、一定期間(一般的に9日)の高値・安値と、当日の終値を元に、計算します。先行するライン「%K」と、遅行するライン「%D」という動きが異なる二本のラインを描く指標があり、2つの指標を元に、買われすぎ(割高)か売られ過ぎ(割安)かを判断しする指標です。一般的には30%以下にラインがある状態を売られ過ぎ、70%以上にラインがある場合を買われ過ぎの水準と判断します。
※ 一目均衡表については外為オンラインのWEBでわかりやすく説明しております。

トレンドラインをひいていて思ったのですが、全体としては、まだまだ、ドル高トレンドな気がします。

★ 1時間足(移動平均線・MACD・ストキャスティクス)  FXPrime_ChartNaviPrime_20141022_1H

そして、ドル高のトレンドである事は1時間足でみても、間違いはなさそう。

ただ、チャートのトレンド分析だけでは、その日の感情の波にトレードが左右されてしまう事から、エントリーのタイミングを逃してきた元リーマンブラザーズ社員。今では、FXの今後のチャート形状を過去のデータから予想するぱっと見テクニカル(FXプライムbyGMOが無料で提供)のドル円予想結果に従って、取引を行う事で心の平穏が保てるようになり、結果、正しいエグジットのタイミングをとれるようになりました。では、本日も・・・

★ ぱっと見テクニカルツールとは、FXプライムbyGMOが提供するFXの値動きを予想するツールで過去のチャート形状から現在のチャート形状ににている箇所を探してきて、過去のチャート形状から今度の値動きを予想するツール。 → ぱっと見テクニカルの詳細な説明はコチラ

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 1時間足

FXTool_pattomi_technical_20141022_1h  円高予想2本 ドル高予想1本 横ばい予想0本

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 30分足

FXTool_pattomi_technical_20141022_30m  円高予想1本 ドル高予想2本 横ばい予想0本

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 20分足

FXTool_pattomi_technical_20141022_20m  円高予想2本 ドル高予想1本 横ばい予想0本

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 15分足

FXTool_pattomi_technical_20141022_15m 円高予想2本 ドル高予想1本 横ばい予想0本

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 10分足

FXTool_pattomi_technical_20141022_10m  円高予想0本 ドル高予想3本 横ばい予想0本

予想結果をまとめてみると、

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 まとめ

結果

合計数

1時間足

30分足

20分足

15分足

10分足

円高

7本

2本 1本 2本 2本 0本
ドル高

8本

1本 2本 1本 1本 3本
横バイ

0本

0本 0本 0本 0本 0本

ドル高が8本予想なのに対して、円高が7本予想。ドル高トレンドであるかと思うのですが、ツールの予想結果はドル高と円高の予想結果が拮抗した状態であります。

・・・なので、ちょっとでも、円高へふれそうなら利食いする戦略で、いきましょう!

■ 本日のドル円のポジション

GMO_Click_FX_20141022b_position

DMM FX

前回のドル円ロングは15万9千円マイナスでロスカット。されど、ぱっと見テクニカルの予想結果から、再び150枚ロングへ。

昨日のドル円予想からショート(売)したポジションですが、ポジションをとった後、そう経たないうちに、早々にロスカットされてしまいました。

GMO_Click_FX_20141021_position GMOクリック証券のはっちゅう君FXの画面をキャプチャ

・・・ここのところ負けがたてこんでいるので新たにポジションを取ることをためらっているところですが、現在のチャートとぱっと見テクニカルの予想結果をチェックします。

■ 2014年10月21日(火)午後5時あたりの為替相場

GMO_Click_FX_20141021_spread GMOクリック証券の画面よりキャプチャ

現在のドル円は106円前半です。では、まずは、FXプライムbyGMOのChartNaviPrimeを使ってチャートにトレンドラインを引くことに加えて、移動平均線、MACDとストキャスティクスのテクニカル指標も駆使して、ドル円相場を予想していきましょう。

■ ドル円チャート

★ 4時間足(移動平均線・MACD・ストキャスティクス)FXPrime_ChartNaviPrime_20141021_4H FXプライムbyGMOのChartNaviPrimeよりキャプチャ
※ MACDとは移動平均線の長期と短期の差をあらわしたテクニカル指標。短期の移動平均線が長期のそれよりも値が高い場合がこのMACDが正の値となり、為替のトレンドが上昇である事と同義となります。逆にMACDの値が負の値の場合には、トレンドが下降である事を示します。
※ ストキャスティクスとは為替の「売られ過ぎ」、「買われ過ぎ」を判断するためのテクニカル指標です。為替と日数の振幅を、一定期間(一般的に9日)の高値・安値と、当日の終値を元に、計算します。先行するライン「%K」と、遅行するライン「%D」という動きが異なる二本のラインを描く指標があり、2つの指標を元に、買われすぎ(割高)か売られ過ぎ(割安)かを判断しする指標です。一般的には30%以下にラインがある状態を売られ過ぎ、70%以上にラインがある場合を買われ過ぎの水準と判断します。
※ 一目均衡表については外為オンラインのWEBでわかりやすく説明しております。

★ 10分足(移動平均線・MACD・ストキャスティクス) FXPrime_ChartNaviPrime_20141021_10m  
★ 1日足(移動平均線・MACD・ストキャスティクス) FXPrime_ChartNaviPrime_20141021_1D

1日足から見て、ドル高の半値戻しで一旦は円高へ向かった後に、再び、ドル高へ向かいそうな見方の出来るチャートです。各テクニカル指標からも、今までの円高の勢いも一服しドル高へ反転しそうな予想が出来ます。

では、FXの今後のチャート形状を過去のデータから予想するぱっと見テクニカル(FXプライムbyGMOが無料で提供)のドル円予想結果を見ていきます。

★ ぱっと見テクニカルツールとは、FXプライムbyGMOが提供するFXの値動きを予想するツールで過去のチャート形状から現在のチャート形状ににている箇所を探してきて、過去のチャート形状から今度の値動きを予想するツール。 → ぱっと見テクニカルの詳細な説明はコチラ

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 1時間足

FXTool_pattomi_technical_20141021_1h  円高予想1本 ドル高予想1本 横ばい予想1本

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 30分足

FXTool_pattomi_technical_20141021_30m  円高予想 1本 ドル高予想 2本 横ばい予想 0本

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 20分足

FXTool_pattomi_technical_20141021_20m  円高予想 1本 ドル高予想2本 横ばい予想0本

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 15分足

FXTool_pattomi_technical_20141021_15m  円高予想1本 ドル高予想1本 横ばい予想1本

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 10分足

FXTool_pattomi_technical_20141021_10m  円高予想0本 ドル高予想2本 横ばい予想 1本

予想結果をまとめてみると、

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 まとめ

結果

合計数

1時間足

30分足

20分足

15分足

10分足

円高

4本

1本 1本 1本 1本 0本
ドル高

8本

1本 2本 2本 1本 2本
横バイ

3本

1本 0本 0本 1本 1本

昨日と変わらず、ドル高予想が強く出ている予想です。懲りないですが、再びドル円をロング(買)します。しかも、1.5倍の150枚。

■ 本日のドル円のポジション

GMO_Click_FX_20141021b_position

DMM FX

前回のドル円予想結果で数十万円利食い。最新の結果はドル高。100枚ロング。

こんばんわ。ドル円の為替相場は、下記に掲載する画面の如く、一旦105円台まで円高にタッチした後107円台までドル高に戻しております。

その結果、前回のドル円の予想結果から106円中盤でとったドル円ショートポジション(売)は無事に105円台後半で利食いする事が出来、50万円程度の利益をGET。

■ 2014年10月20日(月)午後5時あたりの為替相場

GMO_Click_FX_20141020_spread GMOクリック証券の画面よりキャプチャ

■ ドル円チャート

★ 4時間足(移動平均線・MACD・ストキャスティクス)FXPrime_ChartNaviPrime_20141020_4H FXプライムbyGMOのChartNaviPrimeよりキャプチャ
※ MACDとは移動平均線の長期と短期の差をあらわしたテクニカル指標。短期の移動平均線が長期のそれよりも値が高い場合がこのMACDが正の値となり、為替のトレンドが上昇である事と同義となります。逆にMACDの値が負の値の場合には、トレンドが下降である事を示します。
※ ストキャスティクスとは為替の「売られ過ぎ」、「買われ過ぎ」を判断するためのテクニカル指標です。為替と日数の振幅を、一定期間(一般的に9日)の高値・安値と、当日の終値を元に、計算します。先行するライン「%K」と、遅行するライン「%D」という動きが異なる二本のラインを描く指標があり、2つの指標を元に、買われすぎ(割高)か売られ過ぎ(割安)かを判断しする指標です。一般的には30%以下にラインがある状態を売られ過ぎ、70%以上にラインがある場合を買われ過ぎの水準と判断します。
※ 一目均衡表については外為オンラインのWEBでわかりやすく説明しております。

4時間足のチャートとなります。ドル円は下降トレンドから上昇トレンドへと反転しているように見えますが・・・
実際にFXプライムbyGMOのChartNaviPrimeを使ってMACDとストキャスティクスをチェックしておくと・・・
MACDは上昇トレンドを、反対にストキャスティクスは買われすぎを示しております。

★10分足(移動平均線・MACD・ストキャスティクス)FXPrime_ChartNaviPrime_20141020_10m10分足のドル円チャートでは明らかに上昇トレンド。ストキャスティクスは買われすぎでも売られすぎでもどちらでもない。MACDもトレンドなし。

★1時間足(移動平均線・MACD・ストキャスティクス)FXPrime_ChartNaviPrime_20141020_1H
1時間足では、ストキャスティクスは買われすぎを、MACDは上昇トレンドを示しております。チャート自体は円高からドル高へ反転しているトレンド。

★1日足(移動平均線・MACD・ストキャスティクス)FXPrime_ChartNaviPrime_20141020_1D最後に1日足。ストキャスティクスはかろうじて上昇トレンド、MACDは買われすぎでも売られすぎでもどちらでもない。チャート自体は半値戻しな感。

総じてドル高へいきそうなチャートですね。それではFXツール”ぱっと見テクニカル”を使って、今度のドル円を予想し結果をチェック。・・

★ ぱっと見テクニカルツールとは、FXプライムbyGMOが提供するFXの値動きを予想するツールで過去のチャート形状から現在のチャート形状ににている箇所を探してきて、過去のチャート形状から今度の値動きを予想するツール。 → ぱっと見テクニカルの詳細な説明はコチラ

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 1時間足

FXTool_pattomi_technical_20141020_1H 円高予想 2本 ドル高予想1本 横ばい予想0本

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 30分足

FXTool_pattomi_technical_20141020_30m 円高予想 1本 ドル高予想 2本 横ばい予想 0本

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 20分足

FXTool_pattomi_technical_20141020_20m 円高予想 1本 ドル高予想2本 横ばい予想0本

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 15分足

FXTool_pattomi_technical_20141020_15m 円高予想2本 ドル高予想1本 横ばい予想0本

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 10分足

FXTool_pattomi_technical_20141020_10m 円高予想0本 ドル高予想3本 横ばい予想 0本

予想結果をまとめてみると、

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 まとめ

結果

合計数

1時間足

30分足

20分足

15分足

10分足

円高

6本

2本 1本 1本 2本 0本
ドル高

9本

1本 2本 2本 1本 3本
変化無

0本

0本 0本 0本 0本 0本

ドル高へ向かう予想結果です。では、ドル円100枚ロング(買)で。

■ 本日のドル円のポジション

GMO_Click_FX_20141020_position

DMM FX

ドル円ロング(買)100枚 → ドル円ショート(売)100枚 ドテン売り!

jおはようございます。

昨日のドル円予想結果から取ったドル円ロング(買)ポジションですが、1円近くも一気に円高にふれた事からあえなくロスカットされてしまいました。

■ 本日の為替相場

GMO_Click_FX_20141017_spreadGMOクリック証券の画面よりキャプチャ

ドル円チャート

★ 1時間足GMO_Click_FX_20141017_chart_1h ※GMOクリック証券のプラチナムチャートよりキャプチャ

ついにチャートの形状からも円高トレンドになってきた按配です。ちなみに1時間足でのぱっと見テクニカルの予想結果を見てみると・・・

★ ぱっと見テクニカルツールとは、FXプライムbyGMOが提供するFXの値動きを予想するツールで過去のチャート形状から現在のチャート形状ににている箇所を探してきて、過去のチャート形状から今度の値動きを予想するツール。 → ぱっと見テクニカルの詳細な説明はコチラ

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 1時間足

FXTool_pattomi_technical_20141017_1H

円高予想  0本 ドル高予想 0本 横ばい予想 3本

なんと、3本ともに横ばいで変化がないドル円予想結果になっております。
・・・・ほかの時間軸でのツールの予想結果をチェックしておきます。

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 30分足

FXTool_pattomi_technical_20141017_30m

円高予想  1本 ドル高予想 1本 横ばい予想 1本

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 20分足

FXTool_pattomi_technical_20141017_20m

円高予想  1本 ドル高予想 0本 横ばい予想 2本

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 15分足

FXTool_pattomi_technical_20141017_15m

円高予想  1本 ドル高予想 1本 横ばい予想 1本

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 10分足

FXTool_pattomi_technical_20141017_10m

円高予想  2本 ドル高予想 1本 横ばい予想 0本

・・・昨日より明らかにドル高へ向かう予想結果が減少しております。予想結果をまとめてみると、

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 まとめ

ドル円予想結果 結果数
円高へ向かう予想 5本
ドル高へ向かう予想 2本
変化なし(横ばい)の予想 7本

ずっぽし円高予想結果です・・・私情を挟まずにシステマティックにトレードする事こそが勝利への近道とはいったもの。ドル円を100枚ショート(売)しちゃいました!

GMO_Click_FX_20141017_position

DMM FX

ドル円50枚ロングを損切したものの、再びドル円100枚ロング!

お昼です。ドル円は108円前半と円高の相場です。
ドル円ロング(買)ポジションが泣いております。

■ 本日の為替相場

GMO_Click_FX_20141008_positionGMOクリック証券の画面よりキャプチャ

昨日からのドル円の値動きを1分足のチャートでみると、

ドル円チャート

★ 5分足 GMO_Click_FX_20141008_chart_3s ※GMOクリック証券のプラチナムチャートよりキャプチャ

5分足でみると、円高トレンド。ほかの足でもみてみると、

★10分足GMO_Click_FX_20141008_chart_10s

10分足のドル円チャートでは、107円80銭あたりが抵抗線です。

★1時間足 GMO_Click_FX_20141008_chart_1h

1時間足では、109円30銭あたりを超えればドル高トレンド復活の様子だが、円高へつきぬける恐れがあるチャート。

これらのチャートからドル円ロングポジションを損切りしたくなる所ですが、FXプライムbyGMOのぱっと見テクニカルツールを使ったドル円予想結果チェックします。

★ ぱっと見テクニカルツールとは、FXプライムbyGMOが提供するFXの値動きを予想するツールで過去のチャート形状から現在のチャート形状ににている箇所を探してきて、過去のチャート形状から今度の値動きを予想するツール。 → ぱっと見テクニカルの詳細な説明はコチラ

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 10分足

FXTool_pattomi_technical_20141008_10s

円高予想  0本 ドル高予想 0本 横ばい予想 3本

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 15分足

FXTool_pattomi_technical_20141008_15s

円高予想  1本 ドル高予想 0本 横ばい予想 2本

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 20分足

FXTool_pattomi_technical_20141008_20s

円高予想  0本 ドル高予想 2本 横ばい予想 1本

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 30分足

FXTool_pattomi_technical_20141008_30s

円高予想  2本 ドル高予想 1本 横ばい予想 0本

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 1時間足

FXTool_pattomi_technical_20141008_15s

円高予想  1本 ドル高予想 0本 横ばい予想 2本

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 まとめ

ドル円予想結果 結果数
円高へ向かう予想 4本
ドル高へ向かう予想 3本
変化なし(横ばい)の予想 8本

チャートのトレンド分析と同じく横ばいの予想が最も多い結果となりました。

DMM FX

まだまだドル高トレンドが続くと考えている元リーマンブラザーズ社員ですが

まだまだドル高トレンドが続くと考えている元リーマンブラザーズ社員ですが、
一旦は109円50銭あたりでドル円買ポジを利食いしました。

そして、現在、ドル円は108円台に突入しております。

■ 本日の為替相場

GMO_Click_FX_20141007_spreadGMOクリック証券の画面よりキャプチャ

昨日からのドル円の値動きを5分足、1時間足、1日足のチャートへトレンドラインを引くことで、元リーマンブラザーズ社員独自で分析してみます。

ドル円チャート

★ 5分足GMO_Click_FX_20141007_chart_5s ※GMOクリック証券のプラチナムチャートよりキャプチャ

5分足のチャートからは、一旦は円高へ戻した後に、再び110円をトライしそうなチャート形状になっております。

★ 1時間足GMO_Click_FX_20141007_chart_1H

★ 1日足
GMO_Click_FX_20141007_chart_1D 

1日足のチャート、1時間足のチャート形状を見る限りはドル高トレンドは継続している事がわかります。

なので、ドル円をロング(買いもち)したくなるところではありますが・・・

昔、名古屋の地場証券で株式のデイトレーダーに従事していた頃、先輩に教わった”落ちるナイフをつかむと怪我をする”という相場の格言の通りになりそうな事から、ドル円をロングよりも、ここはあえて、短期限定ですが、ドル円を売りたい所です。

ただし、今までの経験から、直感にまかせてそのままドル円をショート(売る)すると大体は損をしてしまう結果になる事から、いつもの通り、ぱっと見テクニカルツールの予想結果を検証した上で、トレードを行ってまいります。

★ ぱっと見テクニカルツールとは、FXプライムbyGMOが提供するFXの値動きを予想するツールで過去のチャート形状から現在のチャート形状ににている箇所を探してきて、過去のチャート形状から今度の値動きを予想するツール。 → ぱっと見テクニカルの詳細な説明はコチラ

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 10分足

FXTool_pattomi_technical_20141007_10s

円高予想  1本 ドル高予想 2本 横ばい予想 0本

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 1時間足

FXTool_pattomi_technical_20141007_1H

円高予想  0本 ドル高予想 3本 横ばい予想 0本

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 4時間足

FXTool_pattomi_technical_20141007_4H

円高予想  1本 ドル高予想 2本 横ばい予想 0本

■ ぱっと見テクニカルツールでドル円予想 まとめ

ドル円予想結果 結果数
円高へ向かう予想 2本
ドル高へ向かう予想 7本
変化なし(横ばい)の予想 0本

・・・落ちるナイフはとかいっておきながら、激しくドル高へ向かう予想結果が多数をしめましたね。

なので、落ちるナイフの件もあるので、いきなり100枚ドル円ロングとはいきませんが、とりま、50枚ロングしました。

GMO_Click_FX_20141007_position

※GMOクリック証券の取引画面より

ドル高へ向かう事を祈願しつつ、109円をこえてくるようならば、更に50枚、ドル円ロング(買いもち)を追加する戦略でいく予定です。

DMM FX

週明け月曜日のぱっと見テクニカルでドル円を予想した結果

大型の台風18号が上陸している六本木からこんにちは。

先週末から続けて持っているドル円ロングポジションですが、現在、80万円程度の利益となっております。

GMOクリック証券のはっちゅう君FXの取引画面よりキャプチャGMO_Click_FX_20141006_position

先週末に行ったFXプライムbyGMOのぱっと見テクニカルで予想したドル円の値動きはドル高でしたが、週明けは若干円高へふれており、利食いしようかと思います・・・

ただ、5分足チャートでドル円のトレンドを見る限り、まだまだ、ドル高へ行きそうな気配がするので、今一度、ぱっと見テクニカルの予想をチェックし、利食いするか考えます。

GMOクリック証券のプラチナムチャートからキャプチャ GMO_Click_FX_20141005_chart_5s

FXプライムbyGMOのぱっと見テクニカルのドル円予想結果よりキャプチャ
FXTool_pattomi_technical_20141006_10m

★ぱっと見テクニカルとは過去のチャート形状から現在のチャート形状に似たチャートを探して今後のチャート形状を予想するツールです。ぱっと見テクニカルと、同ツールを提供するFXプライム byGMOの口コミや評判をまとめてみました。

元リーマンブラザーズ社員がまとめたFXツール比較

ツールの予想結果は下記の通りで、2本はあまり値動きしない予想ですが、1本はドル高へ結構動く予想となっております。

A ドル高予想  110円付近まで 一致率は95%
B ほとんど変化なく横ばいの予想で一致率は91%
C 円高予想  109円50銭付近まで 一致率は95%

なのでドル高へ行った場合のみ、値動きをする結果になっている事から、ドル円ロングを持ち続けるリスクはそれほどないと判断し、ドル円が110円に再びトライするものと予想します。

ドル円のロングポジションを持ち続ける事とします!

DMM FX

週明けに100万3,100円プラスのドル円ロングポジションを利食いするべきか!?ぱっと見テクニカルで予想

台風が近づきつつある六本木からこんにちは。
結局ドル円は109円台後半で終了しております。

GMO_Click_FX_20141005_spread

そして、2日前にFXプライムbyGMOの予想ツール"ぱっと見テクニカル"を駆使してドル円予想を行った結果、100万円程度の利益が出てホクホクな元リーマンブラザーズ社員です。

■ 現在のポジション

→ 2日前のドル円予想はコチラ

GMOクリック証券の取引画面よGMO_Click_FX_20141005_position 

ぱっと見テクニカルとFXプライムbyGMOの口コミや評判、概要はコチラ

そろそろ利食いをしたくなっている所ですが、キチンと今後のドル円について、チャートの分析やFXツールを使った予想を行った結果をもとにトレードを行うと決めているので、そこをぐっと堪えて、分析していきましょう。

■ 元リーマンブラザーズ社員のFXツールでドル円予想

短いチャートから検証していきます。

●ドル円チャート TCIK

GMOクリック証券のプラチナムチャート画面より 
GMOクリック_プラチナムチャート_20141005

ティックでのドル円チャートは上記のように三角持ち合いになりつつある所を円高へ突き抜けそうになった所で終了しております。

・・・もしかすると、いったんは円高へふれそうです。

●ドル円チャート 5分足

GMOクリック証券のプラチナムチャート画面より 
GMOクリック_プラチナムチャート_20141005

次に5分足チャートをチェックすると、直近の上値である110円あたりでドル高が抑えられている状態になっております。これもいったんは円高へ戻しそうな気配・・・

それでは、FXツールを使ったドル円予想結果をみていきましょう。

●ぱっと見テクニカルでドル円予想 10分足 by FXプライムbyGMO

ぱっと見テクニカル_ドル円予想_10分足_20141005

10分足でのドル円予想結果です。

A ドル高予想  109円90銭付近まで 一致率は67%
B ドル高予想  109円85銭付近まで 一致率は57%
C 円高予想  109円50銭付近まで 一致率は59%

2本がドル高で1本が円高の予想ですね。。一致率は低いです。ちなみにぱっと見テクニカルの予想方法とは、過去のチャートから、現在のチャートに似た部分を探してきて、過去のチャート形状から今後のドル円の値動きを予想するというものです。

で、過去のチャート形状とどの程度、似ているかを示している指標が一致率なのです。

ぱっと見テクニカルとFXプライムbyGMOの口コミや評判、概要はコチラ

次に1時間足でチャートとツール予想結果をチェックします。

●ドル円チャート 1時間足

GMOクリック証券のプラチナムチャート画面より 
GMOクリック_プラチナムチャート_20141005

●ぱっと見テクニカルでドル円予想 1時間足 by FXプライムbyGMO

ぱっと見テクニカル_ドル円予想_1時間足_20141005

3本ともに横ばいの予想結果
あまり値動きしない予想結果になっております。最後に比較的長い4時間足の予想結果を見ておきましょう。

●ぱっと見テクニカルでドル円予想 4時間足 by FXプライムbyGMO

ぱっと見テクニカル_ドル円予想_1時間足_20141005

A ドル高予想  111円付近まで 一致率は65%
B 円高予想  109円20銭付近まで 一致率は49%
C ドル高予想  110円60銭付近まで 一致率は61%

10分足のツール予想結果と同じで、2本がドル高で1本が円高の予想ですね。。相変わらず一致率は低いですが・・・

結局、ドル高へ行く予想が強めにでている結果となったので、更なるドル高を狙っていこうと思います。ただし、円高へいったんは反転しそうでもある事から、利食いを念頭にやっていく事とします。

●10月6日発表される経済指標

GMOクリック証券の取引画面より 
GMOクリック_経済指標_20141005

DMM FX

ドル円予想でドル円ロング100万円もぎとった!

こんにちは!

昨日行ったトレード復帰一発目のドル円予想がピッタンシカンカンでガッツりあたり100万円程度の利益が出ております。

s

■ 本日のFXポジション

GMOクリック証券の取引画面よりGMOクリック_ドル円ポジション_20141004

さて、これをすぐにでも利食いするべきか否か。?

いつものごとく、チャート分析とぱっと見テクニカルを駆使して今後のドル円を予想していきましょう。

■ 元リーマンブラザーズ社員のFXツールでドル円予想

まずは直近のFX相場をチェックしておきましょう!

GMOクリック証券の取引画面より GMOクリック_取引画面_スプレッド_20141004

ドル円は109円後半までドル高が進んでおります。
まだまだ、ドル高が進みそうではありますが・・・・
利食いするべきかどうかは、FXプライムbyGMOのぱっと見テクニカルツールを使って今後のドル円を予想した上で、決定していきましょう。
ぱっと見テクニカルとFXプライムbyGMOの口コミや評判、概要はコチラ

ドル円チャート 4時間足 by GMOクリック証券

GMOクリック証券のプラチナムチャート画面より 
GMOクリック_プラチナムチャート_20141004

直近で円高へいきそうだったものの、凄い勢いでドル高へ戻しております。5人のFX戦士達も下記の通りドル円を売って利食いしている輩がおりますが、ここはグッと堪えてまだ、ドル円をロングしたくなる相場です。が、キチンとツールを使った予想結果を鑑みた上で、決定します。

ぱっと見テクニカルでドル円予想 4時間足 by FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMOのぱっと見テクニカルよりぱっと見テクニカル_20141004

A ドル高予想  111円付近まで 一致率は65%
B ドル高予想  110円付近まで 一致率は52%
C ドル高予想  110円程度 一致率は58%
うお!一致率こそ低迷しているものの3本ともにドル高へ向かう予想結果になっております!

次に5分足・10分足の短期間のチャートでのドル円予想をチェックしていきます!

ドル円チャート 5分足 by GMOクリック証券

GMOクリック証券のプラチナムチャート画面より 
GMOクリック_プラチナムチャート_20141004

5分足のチャートを見てみると、やはりドル高トレンドが強くでる環境である事がわかります

ぱっと見テクニカルでドル円予想 10分足 by FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMOのぱっと見テクニカルよりぱっと見テクニカル_20141004

A ドル高予想  111円付近まで 一致率は69%
B ドル高予想  110円付近まで 一致率は65%
C ドル高予想  110円程度 一致率は65%

10分足でのドル円予想も3本共にドル高へ向かう予想結果に。では1日足でのドル円予想結果を確認し、今朝のドル円予想をエンドにします。

ぱっと見テクニカルでドル円予想 1日足 by FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMOのぱっと見テクニカルよりぱっと見テクニカル_20141004

A ドル高予想  112円付近まで 一致率は99%
B ドル高予想  111円付近まで 一致率は99%
C ドル高予想  110円程度 一致率は95%

上述の予想結果から、まだまだ、ドル高トレンド継続中と判断し、ドル円ロングを続けます。

 東大式FX攻略法

みんなのFX

元リーマン社員限定タイアップ企画

FXプライム[直トレFX]

アイネットFX
元LB社員が取引に使うFX業者
SBIFXTRADE評判  ドル円0.27銭SBIFXトレード
豪ドル円0.99/ユロ円0.69/ポン円1.19
1$から取引可/スプレッド4桁表示
住信SBIネット銀行50%出資のSBIG

GMOクリック証券FX評判  株も売買可GMOクリック証券
米ドル/円0.3銭原則固定
YAHOO出資企業/資産2000億円
8万人使用iClickFXNEO/FXroid
最新キャッシュバック特集
カテゴリー別の記事
livedoor プロフィール
免責事項
当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び私に関係する全ての方は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。

外為どっとコム
DMM FXは初心者向け
ドル円予想に使うFXツール
FXツール FXプライム byGMOのぱっと見テクニカル

過去12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想する機能
ぱっと見テクニカルツールa
⇒ ぱっと見テクニカルの評判評価
ドル円スプレッド比較
原則固定
(例外あり)
FX業者名
0.3銭  外為どっとコム
0.3銭 GMOクリック証券評判 GMOクリック証券
0.3銭 YJFX評判 YJFX!
0.3銭原則固定 DMMFX評判 DMMFX
0.4銭 みんなのFX評判 みんなのFX
0.6銭原則固定 FXプライム評判 FXプライム byGMO
0.7-1.0銭 アイネットFX評判 アイネット証券
0.9銭 ライブスター証券
株もFXも GMOクリック評判 GMOクリック証券
カブドットコム評判 カブドットコム証券

元リーマン社員がメディア掲載
元リーマンブラザーズ社員が取材①元リーマンブラザーズ社員が取材②
雑誌「BIG TOMORROW」5月号で取材受けて記事になりました。
⇒ 現在4.5万人超フォロワー!
元気の源!為替ブログランキング
皆様のクリックが・・・
元リーマン社員を救います!!


人気ブログランキング
最高、17位でファイト!

為替ブログ村
為替日記は、最高8位!
くりっく365のFX業者比較
  • ライブドアブログ