元リーマン社員がFXツールでドル円予想

リーマンブラザーズに勤務した経験からビリオネアになる最短の方法はトレードしかないと確信し、トレードの中でも。最も少額で始められて、かつ、最もレバレッジが高くできるFXで財を成す事を決意しました。現在、ドル円をFXツールを駆使して予想し、その結果から売買するシステムトレードちっくな手法で売買を行い、まずは、ミリオネアへの道を目指しております。FXツールはFXプライム byGMOのぱっと見テクニカルを使っております。

 
 売買レート・チャート・リアルタイム売買比率表示ツールはみんなのFXより
0.3銭原則固定(例外あり)  外為どっとコム
0.3銭原則固定  GMOクリック証券
 FXトレーディングS
 YJFX!
 DMMFX
0.6銭原則固定  FXプライム byGMO
0.9銭原則固定  ライブスター証券
0.7〜1銭  アイネット証券
オススメ  ひまわり証券

2013年06月

DMM FX

ドル円50枚ショートはロスカットだが今日のツール予想結果がガッツリドル高だったので200枚ロングしたったー!

昨日はひさしぶりにドル円をショートしてしまい、ロスカットをくらって、
へこんでしまいました・・・

が、全戦全勝できる分析ツール等ありません。勝率はそれほど関係なく、ポイ
ントは結果としてどれだけプラスを積み重ねられるかが大事です。

今日もはりきっていきましょう!まず現在の相場状況から確認していきます。

■■■ 現在のFX相場 by SBIFXTRADE


SBIFXTRADE_usd06_28

※ ドル円スプレッド0.10銭のSBIFXTRADEより抜粋。

98円56銭とドル高です。

■■■ ドル円のチャート by SBIFXTRADE


SBIFXTRADE_usd06_28b

SBIFXTRADEの評判はコチラ

チャートを検証すると、ドル高のトレンドとなっております。
日足/8時間足を見ると円高へ向っている最中の半値戻しのようにも見えます。

では、早速ですが、FXプライムのぱっと見テクニカルを使って、
今後のドル円を予想していきましょう。

※ ぱっと見テクニカルとは、FXプライムが無料で提供するツールで、過去
12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想するツール


ぱっと見テクニカルの評判
FXツールの比較

■ ぱっと見テクニカルツール予想 10分足 by FXプライム


ぱっと見テクニカル_usd06_28


まずは10分足のドル円予想ですが、3本ともドル高のトレンド
を予想しております。ドル高へむかう順から、98円70銭、
98円55銭、98円50銭までの予想です。

■ ぱっと見テクニカルツール予想 1時間足 by FXプライム


ぱっと見テクニカル_usd06_28b


次に1時間足チャートを駆使したドル円予想の結果ですが、こちらは1本が
99円60銭までのドル高を、もう1本は97円90銭まで円高になった後、
98円40銭までドル高に戻し、結果、横ばい。最後の1本はずっと変化な
しの予想結果となっております。

■ ぱっと見テクニカルツール予想 4時間足 by FXプライム


ぱっと見テクニカル_usd06_28c


次にドル円予想ですが、4時間足です。こちらは3本ともに綺麗に
右肩上がりでドル高の予想になっております。高い順から、101円弱、
100円弱、99円程度となっております。

今日はTGIFで週末である事から1日足でのドル円予想も検証しましょう。

■ ぱっと見テクニカルツール予想 1日足 by FXプライム


ぱっと見テクニカル_usd06_28d


1日足での予想は綺麗に分かれる結果となりました。
2本が102円弱、1保温が96円とドル高2本、円高1本の予想結果。
最も一致率が高い予想結果は円高ですが、一致率は82%・82%・81%
で、3本ともほとんどかわりがありません。

今日のぱっと見テクニカルのドル円予想結果より、がっつりドル円ロングの
ポジションをとりました!しかも気合の200枚!

GMOクリック証券FX_usd06_28

※ スマホで取引するならIClickNEO/FXroidが使用可能なGMOクリック証券
GMOクリック証券の評判

ではFXプライムで経済指標を確認しつつ、DMMFX
昨晩のニューヨーク相場の動き、本日の東京市場の動きをチェックします。

DMMFX評判評価

■■■ 本日発表される重要な経済指標


FXプライム_経済指標_06_28


■■■ 2013年6月28日のマーケットコメント ■■■


本日のマーケットコメントを世界第二位のDMMFXから抜粋。

【東京FX市場】


・28日の東京外国為替市場でドル円は小高い。8時時点では98.47−52円とニューヨーク市場の終値(98.33円)と比べて14銭程度のドル高水準だった。前日の海外時間に上昇した影響が残り、朝方から買いが先行した。一時98.52円と昨日高値の98.575円に迫る水準まで上げた。なお、8時30分には5月完全失業率や5月有効求人倍率、5月全国消費者物価指数などが発表されるほか、8時50分には5月鉱工業生産動向(速報)や5月商業販売統計の発表が予定されている。

・ユーロ円も小高い。8時時点では128.33−38円とニューヨーク市場の終値(128.18円)と比べて15銭程度のユーロ高水準だった。ドル円の上昇につれて買いが進み、昨日高値の128.39円付近まで上昇した。

・ユーロドルは8時時点では1.3033−38ドルとニューヨーク市場の終値(1.3036ドル)とほぼ同水準。方向感に乏しく、1.3030ドル台で値動きが細った。

話題沸騰中のソーシャルレンディングとは?

【ニューヨークFX市場】


・ドル円は反発。市場では「ロンドン8時(日本時間16時)のフィキシングに絡んで、外貨建て投信の新規設定に伴う円売り・外貨買いが入った」との指摘があり、欧州時間には98.38円まで値を上げた。その後、98.15円前後で方向感を欠いたが、前週分の米新規失業保険申請件数が市場予想より若干弱かったことがわかると、97.82−85円まで下押しした。

 ただ、結果は予想の範囲内との見方もあり、売りは長続きしなかった。5月米住宅販売保留指数が予想を上回り、米長期金利が低下幅を縮小。欧米株式相場も上げ幅を拡大したため買われる展開に。「ロンドン16時(日本時間24時)のフィキシングに絡んだ買いが入った」との声もあり、98.575円まで強含んだ。

 フィキシング通過後は買い圧力が後退。一目均衡表基準線が位置する98.68円や24日の高値98.72円がレジスタンスとなり、98.12−15円まで失速する場面もあった。

シストレ24ブログはコチラ!

・ユーロドルは3営業日ぶりに反発。1−3月期英国内総生産(GDP)確定値が前年同期比で予想を下回り、欧州時間はポンド売りが活発化。ポンドに対してユーロとドルが同時に買われた影響から、1.3030ドル前後で方向感が出なかった。その後、米住宅指標が予想を上回ったほか、ロンドン16時のフィキシングに絡んだドル円の上昇が重しとなり、1.3000ドルまで下押しした。

 ただ、前日の安値1.29845ドルがサポートとして意識されると、下げ渋る展開に。ロックハート米アトランタ連銀総裁が「米連邦公開市場委員会(FOMC)後のバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の発言は政策の大幅な変更を意味するものではない」「FRBの政策はかなり長期間極めて緩和的である必要」と発言したことに買いで反応し、一時1.3058ドルまで持ち直した。

・ユーロ円は5営業日ぶりに大幅反発。外貨建て投信の新規設定に伴う買いが先行したほか、欧米株高も好感され128.39円まで値を伸ばした。米雇用指標が若干弱く、ドル円が下押ししたタイミングで127.51−56円まで下げたが、総じて堅調地合いが続いた。

インヴァスト証券では、現在、キャッシュバックキャンペーン中となり
口座を開設し取引を1回以上する事で最大1万円のキャッシュバックを行って
おります。

インヴァスト証券で人気沸騰中のシストレ24の評判はコチラ

シストレ24_05_17
DMM FX

昨日とったドル円ロング50枚はポジションクローズし、逆に50枚ショート!

今日はとてもよいお天気!天気と同じくらいスッキリ勝って本日もヨロシクし
たいものです。さて、現在のドル円相場ですが、昨日のドル円予想で多くみか
けた”横ばい”で推移している為替相場です。

ちなみに昨日とったドル円ロングポジションは数万円で利食いしました。
ちょっとずつでも利益を積み重ねるというよりかは、マイナスになる前に
ポジションを閉じたというべきでしょうか。

■■■ 現在のFX相場 by SBIFXTRADE


SBIFXTRADE_usd06_27

※ ドル円スプレッド0.10銭のSBIFXTRADEより抜粋。

97円75銭。チャートを見てみましょう。

■■■ ドル円のチャート by SBIFXTRADE


SBIFXTRADE_usd06_27b

SBIFXTRADEの評判はコチラ

ドル高反発も一服、10分足では二番天井のような様相を呈しております。
また60分足では横ばい。4時間足ではまた二番天井のよう。

日足にいたってはまさにドル高トレンドがくじかれて、円高トレンドへ
反転しているかの如く見えます。

では、本日もFXプライムのぱっと見テクニカルを使って、今後のドル円
を予想します。

※ ぱっと見テクニカルとは、FXプライムが無料で提供するツールで、過去
12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想するツール


ぱっと見テクニカルの評判
FXツールの比較

■ ぱっと見テクニカルツール予想 10分足 by FXプライム


ぱっと見テクニカル_usd06_27


10分足でのドル円予想です。2本がドル高で98円40銭と98円10銭程
度までの予想。もう1本は(最も一致率が高いのですが)97円35銭程度の
円高の結果です。

■ ぱっと見テクニカルツール予想 1時間足 by FXプライム


ぱっと見テクニカル_usd06_27b


そして1時間足チャートでの予想ですが・・・
なんと3本ともぴったり横ばいのドル円予想結果。

■ ぱっと見テクニカルツール予想 4時間足 by FXプライム


ぱっと見テクニカル_usd06_27c


最後に4時間足なんですが、2本が円高で96円まで、もう1本が
99円〜98円程度のドル高を予想する結果となっております。

・・・今日は1時間足での予想結果が激しかったぱっと見テクニカルの予想
結果です。ただ4時間足を見ると円高へも行く気配がします。

・・・なので、ドル円を50枚ショートします。

GMOクリック証券FX_usd06_27

※ スマホで取引するならIClickNEO/FXroidが使用可能なGMOクリック証券
GMOクリック証券の評判

ではFXプライムで経済指標を確認しつつ、DMMFX
昨晩のニューヨーク相場の動き、本日の東京市場の動きをチェックします。

DMMFX評判評価

■■■ 本日発表される重要な経済指標


FXプライム_経済指標_06_27


■■■ 2013年6月27日のマーケットコメント ■■■


本日のマーケットコメントを世界第二位のDMMFXから抜粋。

【東京FX市場】


・27日の東京外国為替市場でドル円は小高い。8時時点では97.78−83円とニューヨーク市場の終値(97.68円)と比べて10銭程度のドル高水準だった。昨日の引けにかけて買い戻された影響が残り、7時30分過ぎには97.85円まで値を上げた。半面、昨日のニューヨーク時間高値の97.90円が意識されると伸び悩み。徐々に日本株の取引開始待ちのムードが強まっている。なお、8時50分には対外対内証券売買契約等の状況が公表される。

・ユーロ円も小高い。8時時点では127.23−28円とニューヨーク市場の終値(127.07円)と比べて16銭程度のユーロ高水準だった。ドル円につれて買いが先行しており、127円台前半での底堅い動きとなった。

・ユーロドルは8時時点では1.3012−17ドルとニューヨーク市場の終値(1.3011ドル)とほぼ同水準。

話題沸騰中のソーシャルレンディングとは?

【ニューヨークFX市場】



・ユーロドルは続落。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が「例外的な金融政策からの出口は依然として遠い」「金融政策は予見できる将来において緩和的な姿勢を維持する」と述べたことが売り材料視された。バリアオプションが観測されていた1.3050ドルを下抜けるとストップロスを巻き込み、欧州時間には1.3014ドルまで値を下げた。

 1−3月期米国内総生産(GDP)確定値が予想を下回ったことがわかると、全般ドル安が進み1.3053−56ドルまで買い戻されたが、市場では「海外ヘッジファンドから売りが出た」との声が聞かれ、戻りは限られた。ノワイエ・フランス中銀総裁が「緩和的な金融政策は必要な限り継続し、経済回復を支えるべき」「ECBは必要に応じて行動する用意がある」と発言したため、ユーロ売りが再開。1.3000ドルを割り込み、3日以来の安値となる1.29845ドルまで下げ足を速めた。

 もっとも、一目均衡表雲下限の1.2971ドルや一目均衡表雲上限の1.2993ドルが目先のサポートとして意識されると、1.3010ドル前後で次第に方向感を欠いた。

シストレ24ブログはコチラ!

・ドル円は小幅反落。ドラギECB総裁の発言を嫌気したユーロドルの下落につれて買いが進み、97.87−90円まで値を上げた。ただ、1−3月期米GDP確定値が予想を下回ったため、一転売りが優位に。ノワイエ・フランス中銀総裁の発言を受けたユーロ円の下落も重しとなり、97.235円まで下押しした。もっとも、売り一巡後はダウ平均や日経平均先物の上げ幅拡大を支えに97.85−88円まで買い戻された。米長期金利の低下幅縮小に伴う買い戻しも見られた。

・ユーロ円は4日続落。ECB当局者が緩和的な金融政策を継続する姿勢を相次いで示し、ユーロが全面安となった流れに沿った。一時126.57円まで売り込まれた。ただ、株価が上げ幅を拡大するとドル円とともに買い戻しが進み、127.30円台まで下値が切り上がった。

インヴァスト証券では、現在、キャッシュバックキャンペーン中となり
口座を開設し取引を1回以上する事で最大1万円のキャッシュバックを行って
おります。

インヴァスト証券で人気沸騰中のシストレ24の評判はコチラ

シストレ24_05_17
DMM FX

ドル円予想の結果から50枚とったロングが20万円の利益!

ドル高です。

■■■ 現在のFX相場 by SBIFXTRADE


SBIFXTRADE_usd06_26

※ ドル円スプレッド0.10銭のSBIFXTRADEより抜粋。

昨日のドル円予想の結果からとったドル円ロングのポジションが
20万円程度の利益を出しとりまっす!

GMOクリック証券FX_usd06_26

※ スマホで取引するならIClickNEO/FXroidが使用可能なGMOクリック証券
GMOクリック証券の評判

チャートをチェックすると・・・

■■■ ドル円のチャート by SBIFXTRADE


SBIFXTRADE_usd06_26b

SBIFXTRADEの評判はコチラ

5分足・10分足でドル高トレンドである事がみてとれます。
ただ、60分足をみると100円は突破しそうにはない感じで、99円で頭
を打ちそうな気配です。日足を見ると、長期のドル高トレンドが一旦終了し
たのがよくわかりますね。

では、このドル円ロングを利食いするべきか、持つべきか、FXプライム
のぱっと見テクニカルを駆使して検証していきましょう。

※ ぱっと見テクニカルとは、FXプライムが無料で提供するツールで、過去
12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想するツール


ぱっと見テクニカルの評判
FXツールの比較

■ ぱっと見テクニカルツール予想 10分足 by FXプライム


ぱっと見テクニカル_usd06_26


10分足のドル円予想です。2本がドル高、1本が円高のドル円予想です。
特に一致率97%では98円40銭までのドル高を示唆しております。

■ ぱっと見テクニカルツール予想 1時間足 by FXプライム


ぱっと見テクニカル_usd06_26b


1時間足のドル円予想では2本が横ばい、1本がドル高の予想です。
ただ、ドル高といっても98円10銭程度で、あまり動きはなさそう。

■ ぱっと見テクニカルツール予想 4時間足 by FXプライム


ぱっと見テクニカル_usd06_26c


次に4時間足でのドル円予想は2本が円高、1本が横ばいという結果。
一致率が最も高いドル円予想で、96円前半までの円高という結果。

今日のFXプライムのぱっと見テクニカルのドル円予想結果は、
短期的にはドル高へいきそうですが、長期的には横ばいという事では
ないでしょうか。

ではFXプライムで経済指標を確認しつつ、DMMFX
昨晩のニューヨーク相場の動き、本日の東京市場の動きをチェックします。

DMMFX評判評価

■■■ 本日発表される重要な経済指標


FXプライム_経済指標_06_26


■■■ 2013年6月26日のマーケットコメント ■■■


本日のマーケットコメントを世界第二位のDMMFXから抜粋。

【東京FX市場】


・26日の東京外国為替市場でドル円は買い先行。8時時点では98.16−21円とニューヨーク市場の終値(97.80円)と比べて36銭程度のドル高水準だった。昨日のニューヨーク時間に上昇した影響が残った。日経平均株価の上昇を見越した買いも入り、昨日高値の98.07円を上抜けると目先のストップロスを誘発して98.21円まで上げ幅を広げた。なお、市場では「本日は月末がスポット応答日にあたり、仲値に向けたドル買い需要が意識される半面、仲値後は国内輸出企業から売りが出やすい」との声もあった。

・ユーロ円も買い先行。8時時点では128.38−43円とニューヨーク市場の終値(127.87円)と比べて51銭程度のユーロ高水準だった。ドル円と同様に日本株の上昇を見越した買いが入り、一時128.43円まで値を上げた。

・ユーロドルは8時時点では1.3078−83ドルとニューヨーク市場の終値(1.3075ドル)とほぼ同水準。1.3080ドル前後での方向感に乏しい動きとなった。

話題沸騰中のソーシャルレンディングとは?

【ニューヨークFX市場】


・ドル円は小幅反発。5月米耐久財受注額や4月米ケース・シラー住宅価格指数、6月米消費者信頼感指数、5月米新築住宅販売件数、6月リッチモンド連銀製造業景気指数が軒並み予想を上回ったことを受けて、全般ドル買いが優位となった流れに沿った。米長期金利が上昇幅を拡大したうえ、ダウ平均やナイト・セッションの日経平均先物も大きく値を上げた影響から、98.01−04円まで強含んだ。ただ、アジア時間に付けた日通し高値98.07円を上抜けることが出来ず、伸び悩んだ。一目均衡表雲下限の97.93円がレジスタンスとなった面もあった。

・ユーロドルは下落。欧州株や時間外のダウ先物の上昇を支えに1.3140ドル台まで上げたが、欧州時間に付けた日通し高値1.3151ドルに上値を抑えられた。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が「経済見通しは依然として緩和的な金融政策スタンスを正当化する」と発言したことが嫌気され、失速する展開に。強い米経済指標が相次ぐとユーロ売り・ドル買いが活発化し、1.3065ドルまで下げ足を速めた。ただ、前日の安値1.3059ドルが下値の目処となったほか、200日移動平均線が位置する1.3072ドルをバックに押し目を買う動きが見られ、一時1.31ドル台を回復した。

シストレ24ブログはコチラ!

・ユーロ円は3日続落。米経済指標の発表が相次いだが、ドル絡みの取引が中心となり128.00円を意識したもみ合いに終始した。

インヴァスト証券では、現在、キャッシュバックキャンペーン中となり
口座を開設し取引を1回以上する事で最大1万円のキャッシュバックを行って
おります。

インヴァスト証券で人気沸騰中のシストレ24の評判はコチラ

シストレ24_05_17
DMM FX

シストレ24ブログ! 直近1週間でパフォーマンス・ランキング・トップ5で勝負!

お昼過ぎを迎える六本木です。

本日のぱっと見テクニカルのドル円予想はコチラ
※ 200万円を利食いしました!

先日から実際にポジションを持つことで、検証を行っているインヴァスト証券
のシストレ24ですが、今までの結果から、直近半年でのパフォーマンスがよ
い自動売買よりも、直近1週間等の直近でより高いパフォーマンスをたたき出
しているストラテの方が具合がよい事がわかってきました。

※ シストレ24とは、インヴァスト証券が提供するシステムトレードので、
売買ルール(これをストラテと呼んで、日々、ストラテの成果ランキングが
発表されております)を選ぶだけで、完全自動で売買してくれるツールです。
もちろん、インヴァスト証券がデータセンターに保有するサーバー上で売買が
行われる為、自宅が停電になったりしても、システムトレードは稼動し続け
る所がオススメの最大の理由です!


シストレ24とは?

そこで、今回からは、心機一転、直近1週間において最もパフォーマンスが高
いストラテを選択して、検証していく事にしました!

早速ですが、過去7日間で最もパフォーマンスがよいものを検索してみると・

シストレ24_usd06_25b


上位5本の損益曲線がグラフに表示されております!
下記に記載する5つのストラテです。

・ OnTheRiver +794.5銭
・ Blackhole +665.9銭
・ Qvuivvzs +699.9銭
・ FX001 +537.4銭
・ firebirds +564.1銭


早速ですが、この5つでもって、あらたに勝負をしかける事で、シストレ24
の真の成果を検証していきます。

シストレ24_usd06_25c


どうなることやら・・・

また、5つのストラテの中でも、特に損益曲線の具合がよかった2つの
ストラテについて、中身を検証しておきましょう。

 ⇒ インヴァスト証券に口座開設する方はコチラから

・ firebirds +564.1銭 の検証

シストレ24_usd06_25e


シストレ24_usd06_25f


※ The signals generated from 3 sides : economic data,K lines theories,technical analysis.Traditional tools of golden section,bolingger bands are used.Positions may stay over naights.Clients who choose this system should not over leverage.

・ OnTheRiver +794.5銭 の検証

シストレ24_usd06_25ea


シストレ24_usd06_25fa


シストレ24_usd06_25fa


※ OnTheRiverは日足の移動平均線と1時間足のウィリアム・パーセント・インディケータでトレンドを検知して、過去の高値・安値を基に内部ロジックで計算された買いストップ注文または売りストップ注文を出します。ポジション保持後、OnTheRiverは移動平均線でトレンドを検知して、トレンドが反転したときポジションを決済します。ストラテジーは勝率よりも獲得ピップ数を重視しています。私はEAのパフォーマンスを毎月改善することを主な仕事として、為替ストラテジーを対象に10年の開発経験を持つ、クラシックなトレーダーです。また国際的に有名なメディア期間で開発部門とトップを勤めたり、複数のIT企業で働いた経験を持っています。OnTheRiverはある期間中に最大利益を得るように設計された”ピップハンター”です。また、ミドルリスクのトレンドフォロー型ストラテジーです。

さて、結果はいかに!?こうご期待です。
DMM FX

本日のぱっと見テクニカルのドル円予想結果より再びドル円50枚ロング。

ドル高⇒円高とBOX相場の様相を呈しているドル円相場です。

■■■ 現在のFX相場 by SBIFXTRADE


SBIFXTRADE_usd06_25

※ ドル円スプレッド0.10銭のSBIFXTRADEより抜粋。

■■■ ドル円のチャート by SBIFXTRADE


SBIFXTRADE_usd06_25b

SBIFXTRADEの評判はコチラ

昨日のFXプライムのぱっと見テクニカルのドル円予想ではドル高を予想し、
その結果から、ドル円を50枚ロングし、数十万円の利益が出ていたのですが
その後の円高局面で旨く利食いが出来ず10万円程度の利益となってしまいま
した。

※ ぱっと見テクニカルとは、FXプライムが無料で提供するツールで、過去
12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想するツール


FXプライムのぱっと見テクニカルの予想が的中して、一度は利食いできる状
況であったとしても、利食いのポイントを見極めるのは難しいものです。

ただ、まずは利益を出さないと利食いも何もあったものではありません。
本日もぱっと見テクニカルを駆使して今後のドル円をがっつり予想して
いきます!

ぱっと見テクニカルの評判
FXツールの比較

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 10分足


ぱっと見テクニカル_usd06_25


まずは10分足のドル円予想です。2本が97円75銭と若干のドル高を
予想しております。もう1本は97円25銭程度までの円高を予想。
最も一致率が高い予想は若干のドル高となっております。

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 1時間足


ぱっと見テクニカル_usd06_25b


1時間足のドル円予想ですが、2本がドル高で内1本は98円40銭まで
を予想しております。もう1本は96円60銭程度まで円高へいった後、
97円80銭までドル高へ戻す予想結果です。

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 4時間足


ぱっと見テクニカル_usd06_25c


次に4時間足でのドル円予想ですが、1本が若干のドル高(98円程度)
、もう2本が96円程度までの円高の予想です。

本日のFXプライムのぱっと見テクニカルの予想結果ですが、
方向感にかけるものとなっております。どちらかというと、
ドル高を予想している感じでしょうか?

という事で短期間しかもつ予定はないですが、50枚ドル円ロングを
とりました!

GMOクリック証券FX_usd06_25

※ スマホで取引するならIClickNEO/FXroidが使用可能なGMOクリック証券
GMOクリック証券の評判

ではFXプライムで経済指標を確認しつつ、DMMFX
昨晩のニューヨーク相場の動き、本日の東京市場の動きをチェックします。

DMMFX評判評価

■■■ 本日発表される重要な経済指標


FXプライム_経済指標_06_25


■■■ 2013年6月25日のマーケットコメント ■■■


本日のマーケットコメントを世界第二位のDMMFXから抜粋。

【東京FX市場】


・25日の東京外国為替市場でドル円は弱含み。8時時点では97.52−57円とニューヨーク市場の終値(97.72円)と比べて20銭程度のドル安水準だった。前日に世界的な株安傾向が見られたこともあって、朝方から日本株安を見越した円買いが入った。8時過ぎには97.48円まで下押し。なお、本日は事業法人の仲値決済が集中しやすい5・10日(ゴトー日)にあたるほか、8時50分には5月企業向けサービス価格指数の発表が予定されている。

・ユーロドルは小高い。8時時点では1.3125−30ドルとニューヨーク市場の終値(1.3117ドル)と比べて0.0008ドル程度のユーロ高水準だった。対円などでドル売りが進んだ流れに沿って底堅く推移。前日のニューヨーク時間に上昇した影響も残り、一時1.3130ドルまで上げた。

・ユーロは8時時点では128.04−09円とニューヨーク市場の終値(128.18円)と比べて14銭程度のユーロ安水準。ドル円と同様に売りが先行し、128.03円まで下押しした。

話題沸騰中のソーシャルレンディングとは?

【ニューヨークFX市場】


・ドル円は6営業日ぶりに小幅反落。岩田規久男日銀副総裁が「経済・物価のリスクは上下に存在。われわれは対応手段を持っている」「追加緩和手段の基本は国債の買い入れ」と発言したことに全般円売りで反応し、一時98.33−36円まで値を上げた。その後、まとまった売りのフローが持ち込まれると、先に買いを進めた参加者が反対売買を迫られて下げ足を速める展開に。ダウ平均が240ドル超下落したうえ、ナイト・セッションの日経平均株価も大きく下げた影響から、97.21円まで急ピッチで下げた。株安が一服すると、足もとの下落に対するショートカバーが進み、97.85−88円まで値を戻した。

・ユーロ円は続落。岩田日銀副総裁の発言を受けて、128円台前半から128.87−92円まで買い戻される場面があったが戻りは限られた。ドル円が一転下落した流れに沿って前週末の安値127.795円を下抜け、127.28円まで売り込まれた。その後、ダウ平均が下げ幅を縮小したうえ、ユーロドルが強含んだ影響から128.40−45円まで値を戻した。

シストレ24ブログはコチラ!

・ユーロドルはほぼ横ばい。スペインやイタリアの国債利回りが上昇幅を拡大するにつれて売りが先行した。市場では「マクロ系ファンドから売りが出た」との指摘もあり、1.3059ドルまで下げ足を速めた。その後は売買が交錯する神経質な値動きとなったが、次第に下値が切り上がった。ダウ平均の240ドル超安が売りを誘った半面、200日移動平均線が位置する1.3072ドルを目処に押し目を買う動きも目立った。ダウ平均が下げ幅を縮小し、米長期金利が低下に転じると全般ドル売りが優位に。欧州時間の高値1.3125ドルを上抜け、1.31445ドルまで持ち直した。

インヴァスト証券では、現在、キャッシュバックキャンペーン中となり
口座を開設し取引を1回以上する事で最大1万円のキャッシュバックを行って
おります。

インヴァスト証券で人気沸騰中のシストレ24の評判はコチラ

シストレ24_05_17
DMM FX

月曜日のドル円予想の結果、弱気ですが50枚ドル円をロング。

おはようございます。地獄の入り口月曜日の朝です・・・
早くこの地獄が抜け出す為にも今日もFXをやりつづけます。
20億円を獲得する為にも、日々のトレードが大事になってくるのです。

では、本日のドル円相場をチャートあわせて検証。

■■■ 現在のFX相場 by SBIFXTRADE


SBIFXTRADE_usd06_24

※ ドル円スプレッド0.10銭のSBIFXTRADEより抜粋。

現在のドル円は98円台。先週末からドル高予想を唱え続けていたので、
かなりズッポシ予想的中で、ホクホクな元リーマンB社員です。
チャートを検証すると・・・

■■■ ドル円のチャート by SBIFXTRADE


SBIFXTRADE_usd06_24b

SBIFXTRADEの評判はコチラ

チャートをみるとわかりますが、6月14日くらいからずっとドル高の
トレンドが続いているようにも見えますね。
このドル高のトレンドが今週も続くのか否か・・・それをFXプライム
ぱっと見テクニカルで予想していきます。

※ ぱっと見テクニカルとは、FXプライムが無料で提供するツールで、過去
12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想するツール


ぱっと見テクニカルの評判
FXツールの比較

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 10分足


ぱっと見テクニカル_usd06_24


一番短い時間軸の予想となる10分足からですが、予想3本中2本までが
ドル高を予想しております。ただ、もう1本はほぼ横ばいの予想です。
最もドル高へ向う予想では99円50銭程度まで。

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 1時間足


ぱっと見テクニカル_usd06_24b


次に1時間足での予想ですが、2本がドル高、1本が円高の予想です。
最も一致率が高い予想は円高で97円65銭程度まで。後の2本は98円
50銭、98円程度のドル高の予想です。

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 4時間足


ぱっと見テクニカル_usd06_24c


4時間足でのドル円予想では、2本がドル高、1本が横ばいのドル円予想で
す。2本が100円手前までのドル高を予想しております。

今日は週初めなので1日足でのドル円予想も見てみましょう。

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 1日足


ぱっと見テクニカル_usd06_24d


1日足での予想結果は、バラバラ。1本は102円までのドル高を、
1本が横ばい、もう1本が円高のドル円予想結果となっております。

今日のFXプライムのぱっと見テクニカルの予想結果は、まだまだ、
ドル高でしょうか。ただし、100円突破するかどうかは微妙だと
思ってはおります。

なので、本日はドル円を買いに行きます!

GMOクリック証券FX_usd06_24

※ スマホで取引するならIClickNEO/FXroidが使用可能なGMOクリック証券
GMOクリック証券の評判

ではFXプライムで経済指標を確認しつつ、DMMFX
昨晩のニューヨーク相場の動き、本日の東京市場の動きをチェックします。

DMMFX評判評価

■■■ 本日発表される重要な経済指標


FXプライム_経済指標_06_24


■■■ 2013年6月24日のマーケットコメント ■■■


本日のマーケットコメントを世界第二位のDMMFXから抜粋。

【東京FX市場】


・24日の東京外国為替市場でドル円は買い先行。8時時点では98.42−47円とニューヨーク市場の終値(97.89円)と比べて53銭程度のドル高水準だった。前週末ニューヨーク時間高値の98.00円を上抜けたことで買いが強まり、一時98.50円と11日以来の高値を更新した。市場では「自民党が東京都議選に圧勝したことで、安倍政権への期待から、週明けの日本株高を見越した買いが入った面もあった」との指摘があった。

・ユーロドルは下げ渋り。8時時点では1.3103−08ドルとニューヨーク市場の終値(1.3118ドル)と比べて0.0015ドル程度のユーロ安水準だった。ギリシャでの政局不安が続いていることや、前週末の米長期金利が大幅に上昇したことなどを手掛かりに、ユーロ売り・ドル買いが先行した。早朝取引では前週末安値の1.3098ドルを下抜けて、1.3087ドルまで下押し。もっとも、売り一巡後は徐々に買い戻しが進み、1.31ドル台を回復した。

・ユーロは8時時点では128.97−129.02円とニューヨーク市場の終値(128.41円)と比べて56銭程度のユーロ高水準。円売りの流れに沿って129.065円まで上昇した。

話題沸騰中のソーシャルレンディングとは?

【ニューヨークFX市場】


・ユーロドルは大幅に3日続落。手掛かり材料に乏しいなか、欧州時間は1.3220ドル前後で方向感を欠いた。ただ、ニューヨーク勢がドル買いで参入するとユーロ安・ドル高が加速する展開に。欧州株や時間外のダウ先物の失速に伴い、投資家のリスク許容度が低下したほか、「ギリシャの民主左派党が連立政権を離脱した」と伝わり、同国の政局不安が嫌気された面もあった。米長期金利が急速に上昇幅を拡大し全般ドル買い圧力が高まったうえ、ダウ平均が90ドル超高から60ドル超安まで下落するにつれて、1.3098ドルまで売り込まれた。

 ただ、一目均衡表基準線の1.3106ドルがサポートとして意識されるとショートカバーが進んだ。ダウ平均の持ち直しも支えとなり、1.3157−60ドルまで値を戻す場面があった。

・ドル円は5日続伸。日経平均株価が300円超安から300円超高まで一転上昇し、アジア時間から買いが優位となった地合いを引き継いだ。市場では「マクロ系ファンドなどから断続的な買いが観測された」との指摘があり、欧州時間には98.14円まで値を上げた。ただ、前日の高値98.29円を上抜け出来ず、戻り売りに押された。一目均衡表雲下限の97.93円もレジスタンスとして意識され、97.25−28円まで失速した。

 その後、ニューヨーク勢がドル買いで参入した影響から下値が切り上がると、97.75円前後で方向感が定まらない展開に。ダウ平均の下落をながめ、クロス円とともに売りに押された半面、米長期金利の急上昇につれた買いが下値を支えた。

シストレ24ブログはコチラ!

・ユーロ円は5営業日ぶりに小幅反落。ドル円の買いが先行した流れに沿って欧州時間には129.70円まで値を上げたが、前日の高値129.895円がレジスタンスとなり上値が切り下がった。ユーロドルが急ピッチで下落すると、つれる形でアジア時間の安値128.24円や前日の安値127.85円を下抜け、127.795円まで下げ足を速めた。売り一巡後はダウ平均の持ち直しを支えに128.61−66円まで買い戻された。

インヴァスト証券では、現在、キャッシュバックキャンペーン中となり
口座を開設し取引を1回以上する事で最大1万円のキャッシュバックを行って
おります。

インヴァスト証券で人気沸騰中のシストレ24の評判はコチラ

シストレ24_05_17
DMM FX

昨日のドル高予想はずっぽし的中したが、今日はどうか!?

今日は雨模様の六本木ですが、昨日のドル円予想がガッツリあたってドル高へ
いっております!

■■■ 現在のFX相場 by SBIFXTRADE


SBIFXTRADE_usd06_21

※ ドル円スプレッド0.10銭のSBIFXTRADEより抜粋。

現在、ドル円は97円。ドル高へいった経緯をチャートで見ると・・・

■■■ ドル円のチャート by SBIFXTRADE


SBIFXTRADE_usd06_21b

SBIFXTRADEの評判はコチラ

昨日の夜まではドル高へいって、その後、円高に戻している最中ですね。
なかなか忙しい相場ですが、今日は再びドル高へ戻しそうな気配がします。

が、気配ではいけません。きちんとした裏づけをFXプライムのぱっと見
テクニカルでとっていかないと、自分勝手なトレードになってしまいます。

※ ぱっと見テクニカルとは、FXプライムが無料で提供するツールで、過去
12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想するツール


ぱっと見テクニカルの評判
FXツールの比較

では、今週末をしめくくる大ドル円予想を開始します。

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 10分足


ぱっと見テクニカル_usd06_21


10分足のドル円予想結果は、2本が微妙なドル高で、もう1本も微妙な
円高です。なぜかあまり変化がないドル円予想結果です。

ただ、一致率は最も高いもので87%と悪くはありません。

今日はそれほど為替相場に変化がないのでしょうか!?

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 1時間足


ぱっと見テクニカル_usd06_21b


次に1時間足でのドル円予想結果ですが、2本が横ばい、1本が強烈な
円高を予想しております。しかも、最も一致率が高い予想が94円50
銭までの円高を予想。その一致率は90%となっております。

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 4時間足


ぱっと見テクニカル_usd06_21c


次に4時間足の予想結果ですが、こちらは3本ともあまり変化がない
予想結果です。ただし、一致率は95%から88%と高く、今日は
やっぱり変化があまりない日なのでしょうか?

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 1日足


ぱっと見テクニカル_usd06_21d


今日は週末なので、1日足の予想結果も注目してみましょう。
こちらは3本ともバラバラな予想結果です。

ただし最も一致率が高い予想は102円までのドル高を予想してお
ります。

上記のFXプライムのぱっと見テクニカルの予想結果より、
本日はドル円に動きはないものとみました。

・・・ただ、個人的にはドル高へいきそうな気がするのですが。

ではFXプライムで経済指標を確認しつつ、DMMFX
昨晩のニューヨーク相場の動き、本日の東京市場の動きをチェックします。

DMMFX評判評価

■■■ 本日発表される重要な経済指標


FXプライム_経済指標_06_21


■■■ 2013年6月20日のマーケットコメント ■■■


本日のマーケットコメントを世界第二位のDMMFXから抜粋。

【東京FX市場】


・21日の東京外国為替市場でドル円は上値が重い。8時時点では97.15−20円とニューヨーク市場の終値(97.24円)と比べて9銭程度のドル安水準だった。特に目立った手掛かり材料は伝わっていないものの、前日のニューヨーク市場終盤に売りが進んだ反動から買いが先行。7時過ぎに一時97.445円まで上昇した。もっとも、97.50円手前で上値の重さを確認すると、8時過ぎには96.89円まで売りに押された。市場では「本日の日経平均株価の下落を見越した売りが出た」との指摘があった。

・ユーロ円も上値が重い。8時時点では128.55−60円とニューヨーク市場の終値(128.50円)とほぼ同水準だった。ドル円と同様に朝方からショートカバーが進み128.855円まで値を上げた。ただ、ドル円が下落したことにつれて8時過ぎには128.30円まで下押しした。

・ユーロドルは強含み。8時時点では1.3234−39ドルとニューヨーク市場の終値(1.3218ドル)と比べて0.0016ドル程度のユーロ高水準だった。ドル円が下落したことに伴ってユーロ買い・ドル売りが入り、1.3247ドルまで値を上げた。

話題沸騰中のソーシャルレンディングとは?

【ニューヨークFX市場】


・ドル円は4日続伸。日米の金融政策の方向性の違いから、海外ヘッジファンド中心に断続的な買いが持ち込まれた。「自民党の参院選公約では思い切った投資減税を行い、法人税の大胆な引き下げを実行する」との報道も買い材料視された。ナイト・セッションの日経平均先物の一時250円高も買いを後押しし、欧州時間には11日以来の高値となる98.29円まで値を伸ばした。

 ニューヨーク時間に入ると、98.00円を挟んでしばらく方向感が定まらない展開に。短期間で大幅に上昇しただけに利益確定の売りが見られたほか、前週分の新規失業保険申請件数が予想より弱かったことが重しとなった。半面、6月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数や5月米中古住宅販売件数が予想を上回り、米長期金利が再び上昇幅を拡大したことが下値を支えた。市場では「ロンドン16時(日本時間24時)のフィキシングに向けた買いが入った」との声もあった。

 もっとも、ダウ平均が下げ幅を拡大し380ドル超下落すると、投資家のリスク回避姿勢が強まり97.09−12円まで失速した。

・ユーロドルは続落。米量的緩和の縮小観測からドル先高観が高まるなか、全般ドル買いが加速した流れに沿った。欧州株や時間外のダウ先物の大幅安を嫌気した売りも広がった。6月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数や5月米中古住宅販売件数が予想を上回ったことがわかると、一時1.3161ドルまでユーロ安・ドル高が進んだ。

 売り一巡後は足もとの下落に対するショートカバーが進み、1.3238−41ドルまで値を戻した。ただ、ダウ平均の大幅安を横目に売りが再開し、1.3200ドルを割り込む場面も見られた。

シストレ24ブログはコチラ!

・ユーロ円は4日続伸。ドル円が急伸した影響から、欧州時間には11日以来の高値となる129.895円まで買いが先行した。その後、欧州株や時間外のダウ先物の下落に押され129.00円を割り込んだが、ユーロドルのショートカバーを支えに129.79−84円まで持ち直した。もっとも、ダウ平均が380ドル超下落すると、つれる形で128.22−27円まで下げ足を速めた。

インヴァスト証券では、現在、キャッシュバックキャンペーン中となり
口座を開設し取引を1回以上する事で最大1万円のキャッシュバックを行って
おります。

インヴァスト証券で人気沸騰中のシストレ24の評判はコチラ

シストレ24_05_17
DMM FX

今日はドル円ロングでしょう〜!

台風が近づいている六本木ですが、がっつりドル高です。

■■■ 現在のFX相場 by SBIFXTRADE


SBIFXTRADE_usd06_20

※ ドル円スプレッド0.10銭のSBIFXTRADEより抜粋。

ドル円は96円60銭まで戻しております。どのようなチャートを描いて
ドル高反発したのか見てみましょう。

■■■ ドル円のチャート by SBIFXTRADE


SBIFXTRADE_usd06_20b

SBIFXTRADEの評判はコチラ

朝方に急激な勢いでドル高に反発しておりますね。

・・・さて、ここでドル円をロングしにいきたい所ですが、
”いきたい所”でトレードしていれば負ける確率は高くなるでしょう。
ゆるぎなきFX投資の羅針盤たる、FXプライムのぱっと見テクニカルを
駆使して今後のドル円が更なるドル高へ向うのか予想し、その結果で
トレードするのがポイントなのです。

※ ぱっと見テクニカルとは、FXプライムが無料で提供するツールで、過去
12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想するツール


ぱっと見テクニカルの評判
FXツールの比較

10分足の予想から。

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 10分足


ぱっと見テクニカル_usd06_20


10分足のドル円予想結果は、2本がドル高、1本が横ばいです。
特に最も一致率が高い予想では1円程度のドル高反発を予想しております。
が、一致率は3本の予想ともに68%とそれほど高くはありません。
また、もう1本のドル高の予想は98円までとなっております。

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 1時間足


ぱっと見テクニカル_usd06_20b


1時間足でのドル円予想結果は、2本が強烈なドル高、1本が横ばいと
なっております。最も一致率が高いチャートは91%で、97円60銭
までを予想。もう1本も同じレベルまでドル高に反発する予想結果。

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 4時間足


ぱっと見テクニカル_usd06_20c


最後に元リーマン社員が一番重要視している4時間足での予想結果です
が、こちらも3本ともにドル高の予想となっております。97円50銭
程度まで。

本日のFXプライムのぱっと見テクニカルの予想結果は非常にわかり易い
ものとなりました。まだ、ドル高へ反発するだろうとの予想です。

なので、本日はドル円を買いに行きます!

最後にFXプライムで経済指標を確認しつつ、DMMFX
昨晩のニューヨーク相場の動き、本日の東京市場の動きをチェックします。

DMMFX評判評価

■■■ 本日発表される重要な経済指標


FXプライム_経済指標_06_20


■■■ 2013年6月19日のマーケットコメント ■■■


本日のマーケットコメントを世界第二位のDMMFXから抜粋。

【東京FX市場】


・20日の東京外国為替市場でドル円は買い先行。8時時点では96.62−67円とニューヨーク市場の終値(96.42円)と比べて20銭程度のドル高水準だった。7時40分過ぎに一時96.72円まで上昇した。前日の海外市場で米連邦公開市場委員会(FOMC)声明やバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の発言を受けて買いが進んだ流れを引き継いだ。市場では「本日は5・10日(ゴトー日)にあたり、仲値に向けたドル買い需要が意識されている」との指摘もあった。

・NZドル米ドルは弱含み。8時時点では0.7859−64米ドルとニューヨーク市場の終値(0.7898米ドル)と比べて0.0039米ドル程度のNZドル安水準だった。20日発表された1−3月期のニュージーランド(NZ)国内総生産(GDP)は前期比0.3%増と市場予想平均の0.5%増を下回った。結果を受けて売りが強まり、前日の安値0.7857米ドルを下抜け、一時0.7842米ドルまで下押しした。

・ユーロ円は買い先行。8時時点では128.38−43円とニューヨーク市場の終値(128.18円)と比べて20銭程度のユーロ高水準だった。ドル円が上昇したことにつれた円売り・ユーロ買いが入り、一時128.48円まで値を上げた。

・ユーロドルは8時時点では1.3285−90ドルとニューヨーク市場の終値(1.3294ドル)と比べて0.0009ドル程度のユーロ安水準だった。ドル円の上昇に伴ってユーロ売り・ドル買いが入った。

話題沸騰中のソーシャルレンディングとは?

【ニューヨークFX市場】


・ドル円は大幅に3日続伸。米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて様子見気分が強まり、しばらく95.10円前後で方向感が出なかった。ただ、資源国のクロス円が強含んだほか、米長期金利が上昇した影響から95.40円台まで次第に買い戻された。

 米連邦準備理事会(FRB)は19日、FOMCを開き、政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0.0%から0.25%の範囲に据え置くことを決めたと発表。声明では「労働市場の状況はここ数ヶ月で一段の改善を示している」などと伝わったほか、経済・金利見通しで失業率見通しが前回から改善された。米量的緩和の解除時期が前倒しされるとの見方から、全般ドル買いが優勢となった。

 バーナンキFRB議長が定例記者会見で「2013年末までに資産購入ペースを緩め、2014年半ば付近で資産購入を終了する可能性」などと発言したこともドル買いを後押した。一時97.03円で上げ幅を広げ、12日の高値に面合わせした。もっとも、急ピッチでの上昇に対する反動が出たほか、ダウ平均の200ドル超安が重しとなり、96.00−03円まで失速する場面も見られた。

・ユーロドルは3営業日ぶりに反落。FOMCを前に積極的な売買が手控えられ、1.3400ドル前後での持ち高調整が続いた。市場では「ロンドン16時(日本時間24時)のフィキシングに絡んだ買いが入った」との声が聞かれ、1.3412ドルまで上げる場面があったが上値は限られた。

 FOMCの結果が明らかになると、2月20日以来の高値となる1.34175ドルまで振れた後、売りが優勢に。バーナンキFRB議長の会見内容も嫌気され、前日の安値1.3325ドルや一目均衡表転換線が位置する1.3296ドルを下抜けた。一時1.3262ドルまで急速に売り込まれた。

シストレ24ブログはコチラ!

・ユーロ円は3日続伸。FOMCを控えて127.35円前後で動意を欠いたが、資源国のクロス円の上昇を支えに127.70円付近まで値を戻した。FOMCの結果やバーナンキFRB議長の会見を受けてドル円が急伸すると、つれる形で128.80円まで大きく値を伸ばした。ただ、ユーロドルが急落し、ダウ平均が大幅安となった影響から、買い一巡後は127.68−73円まで下げ足を速めた。

インヴァスト証券では、現在、キャッシュバックキャンペーン中となり
口座を開設し取引を1回以上する事で最大1万円のキャッシュバックを行って
おります。

インヴァスト証券で人気沸騰中のシストレ24の評判はコチラ

シストレ24_05_17
DMM FX

シストレ24 途中経過発表!損益が確定したポジションは3連勝中!

水曜日も夕方になってきました。
先月位から、実証を続けている、インヴァスト証券のシストレ24について、
結果を見て行きたいと思います。

本日のぱっと見テクニカルのドル円予想はコチラ
  ※ 200万円を利食いしました!

※ シストレ24とは、インヴァスト証券が提供するシステムトレードので、
売買ルール(これをストラテと呼んで、日々、ストラテの成果ランキングが
発表されております)を選ぶだけで、完全自動で売買してくれるツールです。
もちろん、インヴァスト証券がデータセンターに保有するサーバー上で売買が
行われる為、自宅が停電になったりしても、システムトレードは稼動し続け
る所がオススメの最大の理由です!


シストレ24とは?

前回は3つで運用・実践していたストラテを1つ追加して、4つにしました。

前回の記事はコチラ

・ Slalom
・ APS SPLIT BUYS EOD
・ FXThunder
・ BlackHole


さて、結果はどうなっているでしょうか・・・ドキドキ。

シストレ24_usd06_19b


まず、上記よりすでに決済し損益が確定したポジションから。

・ Slalom ・・・ +28.7銭
・ APS SPLIT BUYS EOD ・・・ +47.1銭
・ APS SPLIT BUYS EOD ・・・ +51.5銭


APS〜は2回ポジションテイクして、連勝しております!
結構勝率高いですね。。

次に現在、ポジションテイク中の一覧です。

シストレ24_usd06_19bb


・ Slalom ・・・ +20銭
・ BlackHole ・・・ −59.4銭
・ FxThunder ・・・ +44.2銭
・ BlackHole ・・・ +58.5銭
・ BlackHole ・・・ +1.2銭
・ BlackHole ・・・ −50.7銭
・ FxThunder ・・・ +163.1銭


とBlackHoleとFxThunderが大活躍しております!
合計で+176.9銭とかなり好調です。

直近1週間で調子がよいストラテを選択した結果ではないでしょうか?

という事で、今回も懲りずに直近1週間で稼いでいるストラテを検索して
ポートフォリオにくわえて実践してみると事にします!

では、早速”直近1週間で+1000銭以上稼いでいる”ストラテで検索して
みると・・・

シストレ24_usd06_19c


5種類のストラテがヒットしましたが、この中から総取引回数が24回と
多いものを今回はチョイスしてみました!

インヴァスト証券ではストラテの特集や雑誌の発行等まで行っております!

・ System4P ・・・ +1.955銭

早速ですが、詳細を検証してみると・・・

シストレ24_usd06_19d


たしかに綺麗な右肩あがりの損益曲線で、使えそうな雰囲気のストラテです。
ドローダウンを検証してみると・・・

シストレ24_usd06_19da


最大ドローダウンは−3.20pipsと少ない事がわかります。

ドローダウンとは?

また、System4Pの過去1週間の取引履歴を見てみると・・・

シストレ24_usd06_19e


がっつりと勝っているのがわかりますね!では最後にストラテのロジックの
中身を見てみると・・・

シストレ24_usd06_19f


※ チャートの時間枠は日足、1時間足、15分足で、ストラテジーのタイプは、すべてを複合したものであるが、たいていは1日のトレンドに依存するタイプです。ストラテジーの説明:ボリンジャーバンド・とRSIを用いています。ポジションを取るか決済をするかは、経験とマーケットの動向に依存します。インジケーターは2次的な役割を果たします。例えばポジションを取ろうとした際、全てのインジケーターがその逆を指していれば、そのポジションを取る事はないでしょう。攻めても問題はないと思えた時、通常よりも多くポジションを持ちます。しかし、最も注力しているのはリスクマネジメントです。もし、予測によってポジションを取っていたとしても、マーケット自体にゴールに到達するだけの力がないと判断した場合は、そのポジションをクローズする事でしょう。オープンポジションを持っていますが市場が目標額に達するだけの力がないと思えたら、ポジションをクローズします。私はテクニカルトレーダーですので、トレードに必要な要素は全て市場の中にあると考えます。よって、チャートを見るだけでトレードは十分対応可能なのです。いつもストラテジーを変化し、最適化するよう努力しています。開発者は大学で経済学を学んできました。しかし、実際は全体の90%をトレードするPCの前で過ごし、市場をみて分析していました。7年前から債権やCFDをはじめました。結局FXにたどり着いたいのです。私にとって最もおもしろい市場でありましたし、24時間取引が可能であったからです。結局のところ、結果が大事であり、すばらしい仕事を提供したいと思っています。

・・・大学時代はずっとトレードをしていたい方のようですね。しかも、
完全なるテクニカルチャーチスト。更には結果にこだわっている姿勢が
見え隠れします。

こいつにかけました!

シストレ24_usd06_19g


どうなる事やら、こうご期待!!

シストレ24_05_17
DMM FX

本日のぱっと見テクニカルによるドル円予想 〜200万円利食い〜

水曜日です。今日はついに円高⇒ドル高の反発したのかと思うドル円のレート
です。私が保有していたドル円ショート50枚も200万円で利食いです。

■■■ 現在のFX相場 by SBIFXTRADE


SBIFXTRADE_usd06_19

※ ドル円スプレッド0.10銭のSBIFXTRADEより抜粋。

昨日から1円近くもドル高へ反発している相場です。チャートで動きを検証
してみると・・・

■■■ ドル円のチャート by SBIFXTRADE


SBIFXTRADE_usd06_19b

SBIFXTRADEの評判はコチラ

1分足、5分足、10分足でドル高へ動いてるチャートが観測できます。
ただ、1時間足を見る限りは、このあたりがドル高反発の頭で、また、
円高に戻しそうな気配もありますが・・・

どこまで、円高が進行するのか、本日もFXプライムのぱっと見テクニカル
を使ってドル円の今後を予想してまいります。

※ ぱっと見テクニカルとは、FXプライムが無料で提供するツールで、過去
12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想するツール


ぱっと見テクニカルの評判
FXツールの比較

早速はじめましょう。

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 10分足


ぱっと見テクニカル_usd06_19


10分足のドル円予想ですが、3本とも激しく値動きをする予想です。
最終的には2本が同じ程度のレベルに、1本が95円80銭程度まで
のドル高を予想しております。

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 1時間足


ぱっと見テクニカル_usd06_19b


次に1時間足のドル円予想ですが、2本は横ばい、1本が円高の予想結果
となっております。円高は94円20銭まで。

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 4時間足


ぱっと見テクニカル_usd06_19c


次に4時間足の予想では、2本がドル高、1本が円高の予想結果です。
ドル高は96円程度まで、円高は94円まで。

今日のFXプライムのぱっと見テクニカルの予想は、横ばいです。
よって、200万円をりぐった事ですし、今日は様子見しようと
思いますが、激しく動く場面があれば、がっつりトレードしたい
と思います。

最後にFXプライムで経済指標を確認しつつ、DMMFX
昨晩のニューヨーク相場の動き、本日の東京市場の動きをチェックします。

DMMFX評判評価

■■■ 本日発表される重要な経済指標


FXプライム_経済指標_06_19


■■■ 2013年6月19日のマーケットコメント ■■■


本日のマーケットコメントを世界第二位のDMMFXから抜粋。

【東京FX市場】


・19日の東京外国為替市場でドル円は買い先行。8時時点では95.50−55円とニューヨーク市場の終値(95.32円)と比べて18銭程度のドル高水準だった。前日の海外時間に日経平均先物が上昇したことを背景に、本日の日本株の上昇を見越した円売り・ドル買いが先行。7時30分過ぎに一時95.55円まで上昇した。なお、8時50分には5月貿易統計(速報、通関ベース)の発表が予定されている。

・ユーロ円も買い先行。8時時点では127.84−89円とニューヨーク市場の終値(127.64円)と比べて20銭程度のユーロ高水準だった。全般に円売りが進んだ流れに沿った。一時127.95円まで値を上げた。

・ユーロドルは8時時点では1.3385−90ドルとニューヨーク市場の終値(1.3391ドル)と比べて0.0006ドル程度のユーロ安水準だった。取引材料に乏しく1.3385ドル前後での小動きとなった。
話題沸騰中のソーシャルレンディングとは?

【ニューヨークFX市場】


・ユーロドルは続伸。欧州株や時間外のダウ先物が上昇したほか、6月独ZEW景況感指数が予想を上回ったことを手掛かりに買いが先行した。前日の高値1.3382ドルを上抜け1.3399ドルまで値を上げた。ただ、市場では「1.1800−1.3400ドルにはダブルノータッチオプションが観測されている」との指摘があり、防戦売りにいったん上値を抑えられた。

 5月米住宅着工件数や5月米建設許可件数がいずれも予想を下回ったことがわかると、1.3400ドルまで再び買われたが、明確に1.34ドル台に乗せることが出来ず、一転下落する展開に。先に買いを進めた向きが反対売買を迫られた面もあり、1.3336−39ドルまで下げ足を速めた。

 売りが一巡すると、新規の取引材料は伝わらなかったがまとまった買いが持ち込まれた。ダウ平均の150ドル超高も買いを誘い、2月20日以来の高値となる1.3416ドルまで値を伸ばした。

・ドル円は続伸。ナイト・セッションの日経平均先物の大幅上昇に伴い、投資家がリスクを取りやすくなるとして買いが広がった。市場では「海外ヘッジファンドの買いが断続的に入った」との声が聞かれ、前日の高値95.22円を上抜けた。対ユーロやポンドでドル買い圧力が強まったタイミングで、95.50円に観測されていた売り注文をこなし、95.77円まで値を伸ばした。

 ただ、14日の高値95.80円が上値の目処として意識されると、アジア時間からの上昇に対する調整売りに押された。米長期金利が低下に転じたうえ、対ユーロやポンドでドル売りが進んだ影響から95.03−06円まで失速する場面があった。

シストレ24ブログはコチラ!

・ユーロ円は大幅続伸。株高を好感した買いが欧州時間から強まり、前日の高値126.93円を上抜けて上昇に弾みが付いた。市場では「短期投機筋中心にクロス円の買いが観測された」との声があったほか、強い6月独ZEW景況感指数が買い材料視された。ダウ平均の上げ幅拡大につれた買いも見られ、128.07円まで大きく値を伸ばした。その後、ドル円が失速した流れに沿って、一時127.40−45円まで下押しした。

インヴァスト証券では、現在、キャッシュバックキャンペーン中となり
口座を開設し取引を1回以上する事で最大1万円のキャッシュバックを行って
おります。

インヴァスト証券で人気沸騰中のシストレ24の評判はコチラ

シストレ24_05_17
 東大式FX攻略法

みんなのFX

元リーマン社員限定タイアップ企画
FXプライムbyGMO「選べるミラートレーダー」

FXプライム[直トレFX]

アイネットFX
元LB社員が取引に使うFX業者
SBIFXTRADE評判  ドル円0.27銭SBIFXトレード
豪ドル円0.99/ユロ円0.69/ポン円1.19
1$から取引可/スプレッド4桁表示
住信SBIネット銀行50%出資のSBIG

GMOクリック証券FX評判  株も売買可GMOクリック証券
米ドル/円0.3銭原則固定
YAHOO出資企業/資産2000億円
8万人使用iClickFXNEO/FXroid
最新キャッシュバック特集
カテゴリー別の記事
livedoor プロフィール
免責事項
当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び私に関係する全ての方は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。

外為どっとコム
DMM FXは初心者向け
ドル円予想に使うFXツール
FXツール FXプライム byGMOのぱっと見テクニカル

過去12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想する機能
ぱっと見テクニカルツールa
⇒ ぱっと見テクニカルの評判評価
ドル円スプレッド比較
原則固定
(例外あり)
FX業者名
0.3銭  外為どっとコム
0.3銭 GMOクリック証券評判 GMOクリック証券
0.3銭 YJFX評判 YJFX!
0.3銭原則固定 DMMFX評判 DMMFX
0.4銭 みんなのFX評判 みんなのFX
0.6銭原則固定 FXプライム評判 FXプライム byGMO
0.7-1.0銭 アイネットFX評判 アイネット証券
0.9銭 ライブスター証券
株もFXも GMOクリック評判 GMOクリック証券
カブドットコム評判 カブドットコム証券

元リーマン社員がメディア掲載
元リーマンブラザーズ社員が取材①元リーマンブラザーズ社員が取材②
雑誌「BIG TOMORROW」5月号で取材受けて記事になりました。
⇒ 現在4.5万人超フォロワー!
元気の源!為替ブログランキング
皆様のクリックが・・・
元リーマン社員を救います!!


人気ブログランキング
最高、17位でファイト!

為替ブログ村
為替日記は、最高8位!
  • ライブドアブログ