元リーマン社員がFXツールでドル円予想

リーマンブラザーズに勤務した経験からビリオネアになる最短の方法はトレードしかないと確信し、トレードの中でも。最も少額で始められて、かつ、最もレバレッジが高くできるFXで財を成す事を決意しました。現在、ドル円をFXツールを駆使して予想し、その結果から売買するシステムトレードちっくな手法で売買を行い、まずは、ミリオネアへの道を目指しております。FXツールはFXプライム byGMOのぱっと見テクニカルを使っております。

 
 売買レート・チャート・リアルタイム売買比率表示ツールはみんなのFXより
0.3銭原則固定(例外あり)  外為どっとコム
0.3銭原則固定  GMOクリック証券
 FXトレーディングS
 YJFX!
 DMMFX
0.6銭原則固定  FXプライム byGMO
0.9銭原則固定  ライブスター証券
0.7〜1銭  アイネット証券
オススメ  ひまわり証券

2013年02月

DMM FX

ユーロ円の直近1ヶ月で最も稼いだテクニカル指標、ユーロ円の見通し他。

本日はドル円の予想に続いてユーロ円の見通しも予想していきいます。

■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ
・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル


 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ FX業者ツール比較

まずは現在の為替相場を確認しておきます。

SBIFXTRADE_eur02_28

※ユーロ円スプ0.59銭のSBIFXTRADEより。 ※SBIFXTRADEの評判コチラ

ユーロ円は121円台。朝からみると、円安方向へふれております。
チャートを確認しておきましょう。

SBIFXTRADE_eur02_28

※ スプレッドと同様SBIFXTRADEより

ユーロ円のチャートをTICK、5分足、10分足、30分足、1時間足、4時間足、
日足、週足とならべて検証すると、調整局面いりしているもの、直近では
円安ユーロ高へふれていることがわかります。

では、FXプライムぱっと見テクニカルツール
駆使して予想します。

FXプライムぱっと見テクニカルツール

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 10分足

ぱっと見テクニカル_eur02_28


10分足では1本がユーロ高、1本が円高、1本が横ばいのユーロ円の見通し
となってます。

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 1時間足

ぱっと見テクニカル_eur02_28


こちらも、3本ともに円高、横ばい、ユーロ高のユーロ円予想です(苦笑)。。
ただ一致率が一番高い予想はユーロ高ではあります。

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 4時間足

ぱっと見テクニカル_eur02_28


4時間足のぱっと見テクニカルツール予想も3本ともにユーロ安円高の
ユーロ円予想です。

中短期では方向感がないものの、長期では円高にふれるユーロ円の見通しと
なっておりますね。

同じくFXプライムのぱっと見テクニカルでユーロ円のパフォーマンスを
ランキングで検証します。

ぱっと見テクニカル_eur02_28


ユーロ円売のシグナルはなんと最下位!!対して、ユーロ円買は堂々の4位
いチェックインしております。

つぎに各テクニカル指標のパフォーマンスランキングをセントラル短資FXの
FXライブでチェックしておきましょう。

セントラル短資FXFXライブとは?

■■■ ドル円テクニカル指標ランキング 直近1週間

FXライブ_eur02_28


直近1週間+5分足でのテクニカル指標ランキング1位は移動平均。
60回の取引で+672pipsの勝利。

■■■ ドル円テクニカル指標ランキング 直近1ヶ月間

FXライブ_eur02_28b


直近1ヶ月間+5分足でのランキング1位は、ボリンジャーバンド。
431回の取引で+816pipsです。

■■■ ドル円テクニカル指標ランキング 直近1ヶ月間

FXライブ_eur02_28b


直近1ヶ月間+1時間足でのランキング1位は、RSI。
たったの1回の取引で+1,046pipsです。

では同じくセントラル短資FXFXライブで示唆している各テクニカル
指標の売買シグナルについてチェックします。

FXライブ_eur02_28d


移動平均は売、買、買、買のシグナル。
ボリンジャーバンドは買、売、売、買シグナルです。
RSIは買、売、買、売シグナルです。

最後に個人投資家のユーロ円のポジション動向を検証すると、直近では
それほど変化はさそうですが、若干ユーロ円買が減少。

ディールスコープeur02_28_13

外為オンラインディールスコープより

■■■ 2013年2月26日のマーケットコメント ■■■

では、本日のマーケットコメントをDMMFXから抜粋。

・28日の東京外国為替市場でドル円は上値が重い。12時時点では92.38−43円とニューヨーク市場の終値(92.21円)と比べて17銭程度のドル高水準だった。日経平均株価の上昇に下値を支えられたほか、市場では「外貨建て投信設定に絡んだ買いが入った」との指摘もあり、10時過ぎには一時92.68円まで上昇。もっとも、一目均衡表転換線の位置する92.68円や26日高値の92.75円などが上値の目処として意識されると、その後は92.30円台まで上値を切り下げた。なお、政府は日銀総裁候補に黒田東彦氏、日銀副総裁候補に岩田規久男、中曽宏の両氏を提示したが、すでに織り込み済みであったため、目立った反応は見られなかった。

DMMFX評判評価

・ユーロ円は伸び悩み。12時時点では121.42−47円とニューヨーク市場の終値(121.14円)と比べて28銭程度のユーロ高水準だった。10時過ぎに121.82円まで上げたものの、買い一巡後はドル円と同様に伸び悩む展開となり、121.30円台まで押し戻された。

話題沸騰中のソーシャルレンディングとは?

・ユーロドルは12時時点では1.3144−49ドルとニューヨーク市場の終値(1.3138ドル)と比べて0.0006ドル程度のユーロ高水準。アジア株式相場の上昇に下値を支えられた一方、対豪ドルでユーロ売りが進んだ影響も受けたため、方向感の乏しい動きに。1.31ドル台半ばでのもみ合いとなった。

SBIFXTRADE_BANNER
DMM FX

本日もドル円予想いっちゃいます!20万から18万に負け幅縮小!

おはようございます。

ドル円をロングしている元リーマン社員です。

本日もがっつりFXツールを駆使して米ドルの見通しをたて、
ドル円ロングを解消するかドテンするか、決定してまいります!

SBIFXTRADE_usd02_28

※ドル円スプ0.10銭のSBIFXTRADEより。 ※SBIFXTRADEの評判コチラ

現在ドル円は92円台、昨日の91円からすれば、円安ドル高へ向いました。

GMOクリック証券FX_usd02_28


そのおかげで、昨日は20万円を突破している損が18万円台に縮小。
ちなみにユーロ円は121円。こちらも円安方向へ。
チャートを見てみましょう。

SBIFXTRADE_usd02_28

※ スプレッドと同様SBIFXTRADEより

5分足、10分足は右肩あがりのチャート。60分足、4時間足は
右肩さがり。まー、調整局面ですね。今後の動向を検証します。

では、FXプライムぱっと見テクニカルツール
駆使して予想します。

FXプライムぱっと見テクニカルツール

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 10分足

ぱっと見テクニカル_usd02_28


2本が円高、1本がドル高のドル円予想。

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 1時間足

ぱっと見テクニカル_usd02_28


1時間足のぱっと見テクニカルツール予想では3本ともにドル高の米ドル
の見通し。

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 4時間足

ぱっと見テクニカル_usd02_28


4時間足のぱっと見テクニカルツール予想も2本が横ばい。
1本がドル高の米ドルの見通し。

短期の予想では円高へ、中期の予想ではドル高へ。長期の予想ではかわらず。

では、同じくFXプライムぱっと見テクニカルツールで、テクニカル指標のシグナル
の強さを検証します。

■■■ ぱっと見テクニカルツール 通貨ペアランキング

ぱっと見テクニカル_usd02_28z


ドル円ロング(買)は13位、ドル円ショート(売)は3位とい結果です。
こちらは売が強いドル円予想になっております。

では、セントラル短資FXのFXライブで直近で最も調子がよいテクニカル指標
とその指標の売買シグナルを検証します。

セントラル短資FXFXライブとは?

■■■ ドル円テクニカル指標ランキング 直近24時間

FXライブ_usd02_28


直近24時間+5分足でのテクニカル指標ランキング1位はボリンジャー。
16回の取引で+64pipsの勝利ですが、昨日より大分、勝利幅を
下げてしまいました。

■■■ ドル円テクニカル指標ランキング 直近1週間

FXライブ_usd02_28b


直近1週間+5分足でのランキング1位は、ストキャスティクス。
3回の取引で+232pipsです。こちらは結構感じがより
パフォーマンスになっております。

■■■ ドル円テクニカル指標ランキング 直近1週間

FXライブ_usd02_28b


直近1週間+1時間足でのランキング1位も、ストキャスティクス。
1回の取引で+136pips。

上述の結果より、現在のドル円の相場にはストキャスティクスと、
ボリンジャーバンドが調子がよいようです。

では同じくセントラル短資FXFXライブで示唆している各テクニカル
指標の売買シグナルについてチェックします。

FXライブ_usd02_28d


ボリンジャーバンドは買、買、売、買シグナル、
ストキャスィクスは、買、売、売、売シグナル。

最後に個人投資家のドル円のポジション動向を検証しましょう。
昨晩から若干、ドル円ロングのポジションが減少しました。
短期で売買する筋が利食いした模様です。

ディールスコープusd02_28_13

外為オンラインディールスコープより

■■■ 2013年2月26日のマーケットコメント ■■■

では、本日のマーケットコメントをDMMFXから抜粋。

【Overview】
27日のニューヨーク外国為替市場で円は上昇後、一転して売られた。イタリア総選挙で大躍進し、今後の政局の先行きを左右する一大勢力に浮上した「五つ星運動」を率いるグリッロ氏は27日、連立協議入りに否定的な見解を示した。イタリア政局の混迷が長引くとの見方が改めて浮上したことで、投資家のリスク回避志向を意識した円買いが膨らんだ。もっとも、1月米住宅販売保留指数が予想よりも強い結果となったほか、安く始まった米国株が上昇に転じ、上げ幅を大きく拡大すると、投資家心理の改善期待から一転して円売り優位となった。なお、バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長は下院金融サービス委員会で「早急な利上げは経済成長を損なう恐れがある」「準備預金金利の引き下げは、短期資金市場に打撃を与える可能性がある」「FOMCは近い将来に出口戦略を検証」などと述べたと伝わったが、目立った反応は見られなかった。

【ドル・円】【ユーロ・円】
ドル・円は、イタリアの政局混乱が長引くとの懸念が広がるなか、23時30分過ぎに一時1ドル=91円14銭前後と日通し安値を付けた。もっとも、前日安値の91円11銭前後が目先のサポートとして意識されたほか、1月米住宅販売保留指数が市場予想を上回ったことが相場の支えとなり持ち直した。その後はユーロ・円の上昇につれてアジア時間の高値92円27銭前後を上抜けると、4時40分過ぎには92円44銭前後まで上値を広げた。ユーロ・円は、23時30分過ぎに一時本日安値となる1ユーロ=119円22銭前後まで下げたものの、ダウ平均が一時200ドル超上昇するなど大幅高となったことで、投資家のリスク志向を意識した円売り・ユーロ買いが進行した。前日高値の121円35銭前後を上抜けると上昇に弾みがつき、4時40分過ぎには121円46銭前後まで値を上げた。

【ユーロ・ドル】
堅調。イタリアやスペインの国債利回りが低下したことをながめ21時過ぎに前日高値の1ユーロ=1.3123ドル前後に面合わせしたものの、買い一巡後は上げ幅を縮めた。イタリアのグリッロ氏が連立協議入りに否定的な見解を示したことが伝わると、ユーロ売り・ドル買いで反応し一時1.3065−68ドルまで下押しした。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が「ECBの金融政策は引き続き緩和的であり、出口戦略の検討には程遠い」との見解を示したことも重荷となったが、米株高が進行しユーロ・円が上げ幅を拡大すると、つれるかたちで値を上げた。6時10分過ぎには1.3148ドル前後まで上昇した。

DMMFX評判評価

・27日の米国債券相場で長期ゾーンは続落。表面利率2.000%の10年物国債利回りは前日比0.02%高い(価格は安い)1.90%で終えた。米国株相場が大幅に上昇したことなどを受け、「安全資産」とされる米国債に売りが出た。ただ、バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言を手掛かりに、債券を買う向きもあり下値は限定的となった。

・27日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は続伸。終値は前日比175ドル24セント高の14075ドル37セントとなった。2007年10月12日以来約5年4カ月ぶりの高値を更新した。イタリアの国債入札で旺盛な需要が示され、政局混乱に直面する同国の債務問題への警戒感が和らいだ。バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言で、米国の緩和的な金融政策が当面続くとの見方が改めて強まったことも投資家心理の改善につながった。ダウ平均は一時200ドル超上昇し、史上最高値14198ドルに近づいた。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も続伸し、同32.61ポイント高の3162.26で取引を終えた。

話題沸騰中のソーシャルレンディングとは?

・27日のニューヨーク原油先物相場は3営業日ぶりに反発。ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)で、期近4月限の終値は前営業日比0.13ドル高の1バレル=92.76ドルとなった。1月米住宅販売保留指数が予想よりも強い結果となったほか、ダウ平均株価が一時200ドル超上昇するなど堅調に推移したことで、投資家がリスクを取りやすくなるとの見方から買いが進んだ。米エネルギー省が27日発表した週間在庫統計で原油在庫が前週比で113万バレル増加したことが伝わるとやや売りが出る場面もあったが、市場予想平均の前週比250万バレル増加を下回ったことで、売りは長続きしなかった。

・27日のニューヨーク金先物相場は3営業日ぶりに反落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心となる4月限は前営業日比19.8ドル安の1トロイオンス=1595.7ドルとなった。米株相場が大きく上昇したことで投資家のリスク許容度が高まり、比較的安全資産とされる金を売って、株などのリスク資産に資金を振り向ける動きが強まった。市場では「前日までに大幅に上昇したため、利益確定目的の売りが出た」との声も聞かれた。

SBIFXTRADE_BANNER
DMM FX

22万円に負け幅が拡大!やるぜ!朝5時のぱっと見テクニカル予想!

おはようございます。
ドル円をロングしている元リーマン社員ですが、さらに円高へいってしまいま
したね。やはりFXツールの結果をどのように運用するかが成功の鍵といえる
でしょう。

その意味では、既に成功への道をかけだしている訳ですから、腐らずいきまし
ょう。

SBIFXTRADE_usd02_27

※ドル円スプ0.10銭のSBIFXTRADEより。 ※SBIFXTRADEの評判コチラ

ドル円はついに91円台に突入です。
ユーロ円は120円台。今後の動向は更なる円高なのでしょうか?
だとしたら、ドル円ロングを損切りする必要が出てまりいます。

FXライブ_usd02_27

※ 7万人が使うスマホ最強取引ツールのGMOクリック証券の取引画面より
GMOクリック証券の評判評価はコチラ

94円でとったドル円ロングは22万円の損を出しております。
22万円といったら、新卒のサラリー。なかなかエッジがきいてます。
ドル円とユーロ円のチャートをみてみましょう。

SBIFXTRADE_usd02_27

※ スプレッドと同様SBIFXTRADEより

ドルもユーロも10分足では円安方向に動いております。
今日と明日の経済指標をGMOクリック証券でチェック。

GMOクリック_経済指標2_27


では、FXプライムぱっと見テクニカルツール
駆使して予想します。

FXプライムぱっと見テクニカルツール

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 10分足

ぱっと見テクニカル_usd02_27


10分足では1本がドル高へ2本が円高へむかう米ドルの見通しとなってます。

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 1時間足

ぱっと見テクニカル_usd02_27


1時間足のぱっと見テクニカルツール予想では2本が横ばい。
1本がドル高へ向うドル円予想です。

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 4時間足

ぱっと見テクニカル_usd02_27


4時間足のぱっと見テクニカルツール予想も2本が横ばい。
1本がドル高の米ドルの見通し。

うーん、どれもぱっとしない予想結果ですね。

つぎに各テクニカル指標のパフォーマンスランキングをセントラル短資FXの
FXライブでチェックしておきましょう。

セントラル短資FXFXライブとは?

■■■ ドル円テクニカル指標ランキング 直近24時間

FXライブ_usd02_27


直近24時間+5分足でのテクニカル指標ランキング1位はボリンジャー。
17回の取引で+237pipsの勝利。

■■■ ドル円テクニカル指標ランキング 直近1週間

FXライブ_usd02_27b


直近1週間+1時間足でのランキング1位は、ストキャスティクス。
2回の取引で+134pipsです。

では同じくセントラル短資FXFXライブで示唆している各テクニカル
指標の売買シグナルについてチェックします。

FXライブ_usd02_27d


ボリンジャーバンドは買、売、売、買シグナルです。

では、次にFXプライムぱっと見テクニカルツールで各通貨ペアのシグナル
の強弱を検証します。

■■■ ぱっと見テクニカルツール 通貨ペアランキング

ぱっと見テクニカル_usd02_27z


ドル円売シグナルは13位。ドル円買シグナルは4位。あいかわらず、
ドル円買が強い米ドルの見通しです。

まだ、ドル円ロングは保有する事にします。

最後に個人投資家のドル円のポジション動向を検証すると、昨日より
ドル円ロングが増加した後、さらにまた、ドル円ロングが積みあがりました。

ディールスコープusd02_27_13

外為オンラインディールスコープより

■■■ 2013年2月26日のマーケットコメント ■■■

では、本日のマーケットコメントをDMMFXから抜粋。

・26日のニューヨーク外国為替市場でドル円は下値が堅い。4時時点では91.83−88円と2時時点(91.37円)と比べて46銭程度のドル高水準だった。1時20分過ぎに本日安値となる91.12円まで値を下げたものの、前日安値の90.85円が目先のサポートとして意識されたほか、米長期金利が持ち直したことが支えとなり、徐々に下値を切り上げた。市場では「円の先安観が根強いなか、下サイドでは押し目買いなどが入った」との声が聞かれた。

DMMFX評判評価

・ユーロ円も下値が堅い。4時時点では119.82−87円と2時時点(119.26円)と比べて56銭程度のユーロ高水準だった。1時20分過ぎに118.995円と日通し安値を更新したが、その後ダウ平均が再度100ドル超上昇するなど堅調に推移したことで、下げ幅を縮めた。もっとも、さらに上値を探る勢いはなく、119.80円付近で次第に値動きは細った。

話題沸騰中のソーシャルレンディングとは?

・ユーロドルは小動き。4時時点では1.3048−53ドルと2時時点(1.3051ドル)とほぼ同水準だった。ダウ平均の上昇が一服し、新規の手掛かり材料に欠いたことで、1.3050ドル付近での推移を続けた。

SBIFXTRADE_BANNER
DMM FX

20万円近く負けてしまったが個人投資家はドル円を爆買!

うおっと!昨日とったドル円ロングですが、現在20万円程度の負け越し。

FXライブ_usd02_26

 ※ 7万人が使うスマホ最強取引ツールのGMOクリック証券の取引画面より
 ※ GMOクリック証券の評判評価はコチラ

ただし、昨晩からがっつりと円高へ触れた事から、個人投資家連中はドル円を
大幅に買いこしております。

ディールスコープusd02_25_13

 ※ 外為オンラインディールスコープより

チャートといまの為替を検証します。

SBIFXTRADE_usd02_26

※ドル円スプ0.10銭のSBIFXTRADEより。 ※SBIFXTRADEの評判コチラ

ドル円は92円台、ユーロ円にいたっては119円台に突入しそうな気配。

SBIFXTRADE_usd02_25

※ スプレッドと同様SBIFXTRADEより

まさにドル円のチャートはV字型のチャート形状をしております。
今日と明日の経済指標をGMOクリック証券でチェック。

GMOクリック_経済指標2_26


では、20万円近く含み損をだしているドル円ロングを損きりするべきか、
まだ保有するべきか、FXプライムぱっと見テクニカルツール
駆使して予想します。

FXプライムぱっと見テクニカルツール

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 10分足

ぱっと見テクニカル_usd02_26


10分足では1本がドル高へ2本が円高へむかう米ドルの見通しとなってます。

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 1時間足

ぱっと見テクニカル_usd02_26


1時間足のぱっと見テクニカルツール予想では2本が横ばい。
1本が円高へ向うドル円予想です。

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 4時間足

ぱっと見テクニカル_usd02_26


4時間足のぱっと見テクニカルツール予想も2本が円高。
1本がドル高の米ドルの見通し。

うーん、どれもぱっとしない予想結果ですね。

つぎに各テクニカル指標のパフォーマンスランキングをセントラル短資FXの
FXライブでチェックしておきましょう。

セントラル短資FXFXライブとは?

■■■ ドル円テクニカル指標ランキング 直近24時間

FXライブ_usd02_26


直近24時間+5分足でのテクニカル指標ランキング1位はボリンジャー。
22回の取引で+177pipsの勝利。

■■■ ドル円テクニカル指標ランキング 直近1週間

FXライブ_usd02_26b


直近1週間+1時間足でのランキング1位は、ストキャスティクス。
2回の取引で−5pipsです。

では同じくセントラル短資FXFXライブで示唆している各テクニカル
指標の売買シグナルについてチェックします。

FXライブ_usd02_26d


ボリンジャーバンドは売りシグナルです。週足では買いシグナル。

トレンドラインをひいてみましたよ。これから見ると、トレンドはドル高?

GMOクリック証券_usd02_26z


GMOクリック証券_usd02_26z


GMOクリック証券_usd02_26z


では、次にFXプライムぱっと見テクニカルツールで各通貨ペアのシグナル
の強弱を検証します。

■■■ ぱっと見テクニカルツール 通貨ペアランキング

ぱっと見テクニカル_usd02_26z


ドル円売シグナルは11位。ドル円買シグナルは3位という結果。
こちらはドル円買の米ドルの見通しですね。

まだ、ドル円ロングは保有する事にします。

■■■ 2013年2月26日のマーケットコメント ■■■

では、本日のマーケットコメントをDMMFXから抜粋。

・ユーロ円は急反落。アジア市場では、日銀総裁人事の内定を受けて一時125.36円まで上げる場面もあったが、ニューヨーク市場では売りが優勢となった。イタリアの総選挙について、財政緊縮に反対するベルルスコーニ氏率いる中道右派が上院でリードしているとの報道が流れると、投資家がリスク回避姿勢を強め円買い・ユーロ売りが進行した。「イタリア上院で過半数勢力はない」との予想が伝わると、ストップロスを断続的に巻き込んで一時118.74円まで下げ足を速めた。高く始まったダウ平均が失速し、200ドル超下落したことも相場の重し。

・ユーロドルは下落。イタリア国債入札を無難に通過したことでユーロ買いが先行したほか、市場では「スイスネームの買いが入った」との指摘があり一時1.3319ドルまで上値を伸ばした。欧州株や時間外のダウ先物が上げ幅を拡大すると、投資家がリスクを取りやすくなるとの見方からユーロ買い・ドル売りがさらに進んだ。ただ、1.33ドル台ではいったん戻りを売りたい向きも多く滞空時間は短かった。イタリア総選挙の結果をめぐる報道を受けて同国の政局不安が強まると、ユーロ売りが活発化。アジア時間早朝の安値1.3175ドルや前週末の安値1.31445ドルを下抜けてストップロスを誘発すると、一時1.3047ドルまで下げ幅を広げた。

・ドル円は大幅に反落。日銀の次期正副総裁の人事報道を受けて、アジア時間早朝に一時94.77円まで上げたものの、ニューヨーク市場ではイタリア総選挙の結果をめぐる不透明感からリスク回避の円買い・ドル売りが優勢となった。米長期金利が低下し、日米金利差縮小への思惑から売りが出た面もあった。市場では「断続的にストップロスを巻き込んだことで下落に勢いが付いた」との指摘があり、一時90.85円まで値を下げた。

DMMFX評判評価

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に反落。日本や欧州の株式相場の上昇を受けて、米市場でも買いが先行した。ただ、イタリア総選挙の結果をめぐる報道を受けて同国の政局不安が強まると、運用リスクを避ける目的の売りが膨らんだ。ダウ平均は引けにかけて下げ幅を拡大し、ほぼ安値圏で終えた。個別では、バンク・オブ・アメリカやキャタピラー、アルコアの下げが目立った。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も反落した。

・米国債券相場で長期ゾーンは大幅に4日続伸。イタリア総選挙の結果をめぐる報道を受けて同国の政局不安が強まると、「安全資産」とされる米国債に買いが集まった。米国株の下落も債券買いを誘った。なお、米2年債の入札は「まずまず」と受け止められたものの、相場の反応は限定的だった。

話題沸騰中のソーシャルレンディングとは?

・原油先物相場は反落。イタリアの上院選挙において、緊縮財政に反対するベルルスコーニ陣営では、欧州債務危機の再燃につながりかねないとの思惑が浮上し、米株相場が下げ幅を拡大。投資家がリスクを取りにくくなるとの見方から売りが進んだ。もっとも、市場では「26日にカザフスタンで再開されるイランの核協議を控え、様子見ムードも強かった」との声が聞かれた。

・金先物相場は反発。欧州債務危機の再燃を嫌気して米株相場が下げ幅を拡大したことで、投資家のリスク回避志向が浮上。比較的安全な資産とされる金を買う動きが強まった。市場では「前週末におよそ7カ月ぶりの安値水準まで下落したことを受けて、値ごろ感からの買いが散見された」との声も聞かれた。

SBIFXTRADE_BANNER
DMM FX

遂にトレードを公開しだした元リーマンブラザーズ社員!

今日から元リーマンブラザーズ社員が実際にポジションをとっているところも
公開していく事といたします。

GMOクリック証券_usd02_25c

※7万人がダウンロードしたスマホ最強取引ツールのGMOクリック証券

ポジションをとるルールは下記のとおり。

まずは、チャートにトレンドラインをひき、全体のトレンド感を把握。
つぎにFXプライムぱっと見テクニカルツールを駆使して、今後のドル円を
予想します。その後にセントラル短資FXFXライブをつかって、最も好調
なテクニカル指標を抽出します。

そして、最後にそれらの抽出された指標が現在、どのような売買シグナルを出
しているのかを、同じくFXライブで検証していきます。

みなさんも絶対に闇雲にトレードをせず、キチンと、トレンドを把握してから
売買を行って下さい。

さもないと、折角トレードの技術力を向上させるチャンスをミスミス、
ドブに捨ててしまうような愚を冒してしまう事になりかねません。

SBIFXTRADE_usd02_25

※ドル円スプ0.10銭のSBIFXTRADEより。 ※SBIFXTRADEの評判コチラ
ドル円は93円97銭、ユーロ円は124円08付近台。
昨日からはあまり変化はありません。
チャートをチェックしてみます。

SBIFXTRADE_usd02_25

※ スプレッドと同様SBIFXTRADEより

ドル円・ユーロ円ともに、がちーんと、円安方向へ短期では向っております。
ただ、その後は円高方向へジョジョに推移中。

ここでいつもとは違ってGMOクリック証券のプラチナムチャートを駆使して
トレンドを自身で描いて見ました。

SBIFXTRADE_usd02_25

→ 7万人がダウンロードしたスマホ最強取引ツールのGMOクリック証券の評判

では、これらドル円の今後をFXプライムぱっと見テクニカルツール
駆使して予想します。

FXプライムぱっと見テクニカルツール

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 10分足

ぱっと見テクニカル_usd02_25


10分足では2本がドル高へ1本が円高へむかう米ドルの見通しとなってます。

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 1時間足

ぱっと見テクニカル_usd02_25


1時間足のぱっと見テクニカルツール予想では2本がドル高。
1本が円高へ向うドル円予想です。

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 4時間足

ぱっと見テクニカル_usd02_25


4時間足のぱっと見テクニカルツール予想も2本がドル高へ、
1本が円高の米ドルの見通し。

以上から、ドル高へ向う米ドルの見通しとなっているといえましょう。

つぎに各テクニカル指標のパフォーマンスランキングをセントラル短資FXの
FXライブでチェックしておきましょう。

セントラル短資FXFXライブとは?

■■■ ドル円テクニカル指標ランキング 1ヶ月

FXライブ_usd02_25


直近1ヶ月で最も稼いだテクニカル指標はストキャスティクス+週足で
たったの1回の取引で+1,440pipsという驚異的なパフォーマンス
をあげております。

■■■ ドル円テクニカル指標ランキング 1週間1時間足

FXライブ_usd02_25b


直近1週間で最も稼いだテクニカル指標は前回と同様にDMI。
とはいえ10回の取引で5pips程度のパフォーマンス。

■■■ ドル円テクニカル指標ランキング 1週間5分足

FXライブ_usd02_25c


直近1週間+5分足で最も稼いだテクニカル指標もDMI。
ただし、−5pipsという結果。

では同じくセントラル短資FXFXライブで示唆している各テクニカル
指標の売買シグナルについてチェックします。

FXライブ_usd02_25d


ストキャスティクス+週足はドル円売の米ドルの見通しとなっております。

では、次にFXプライムぱっと見テクニカルツールで各通貨ペアのシグナル
の強弱を検証します。

■■■ ぱっと見テクニカルツール 通貨ペアランキング

ぱっと見テクニカル_usd02_25z


ドル円売シグナルは8位。ドル円買シグナルは5位という結果。
どちらかというとドル円ロング(ドル高へ向う)米ドルの見通しとなってお
ります。

では、ラストは個人投資家の動向を外為オンラインディールスコープ
でチェックします。

ディールスコープusd02_25_13


個人投資家のポジションの動向を検証。

<2月18日午後9時の様子>

米ドルの対円での買のポジション数 ・・・ 1,272,880,000
米ドルの対円での売のポジション数 ・・・ 553,790,000

米ドルの対円での買いの投資家数 ・・・ 12,487
米ドルの対円での売りの投資家数 ・・・ 6,391

<2月22日午前8時の様子>

米ドルの対円での買のポジション数 ・・・ 1,587,720,000
米ドルの対円での売のポジション数 ・・・ 459,990,000

米ドルの対円での買いの投資家数 ・・・ 15,477
米ドルの対円での売りの投資家数 ・・・ 4,943

<2月25日午前11時の様子>

米ドルの対円での買のポジション数 ・・・ 1,131,710,000
米ドルの対円での売のポジション数 ・・・ 562,130,000

米ドルの対円での買いの投資家数 ・・・ 11,107
米ドルの対円での売りの投資家数 ・・・ 6,678


直近のドル高爆上げで、ドル円ロング組が利食いしたのか、ドル円買
のポジションが減少。

■■■ 2013年2月25日のマーケットコメント ■■■

では、本日のマーケットコメントをDMMFXから抜粋。

・25日の東京外国為替市場で豪ドル米ドルは軟調。10時時点では1.0268−73米ドルとニューヨーク市場の終値(1.0320米ドル)と比べて0.0052米ドル程度の豪ドル安水準だった。HSBCが発表した2月HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は50.4と、1月の52.3から低下し、市場予想平均の52.2を下回った。中国経済指標の悪化で同国と資源貿易関係の深い豪ドルに売りが入り、一時1.0262米ドルまで値を下げた。

DMMFX評判評価

・ドル円は下値が堅い。12時時点では94.12−17円とニューヨーク市場の終値(93.40円)と比べて72銭程度のドル高水準だった。94.00円に観測されていたストップロスをこなして10時過ぎに93.96−99円まで下押す場面があったものの、その後は次第に下値が堅くなった。前場引けにかけて日経平均株価が底堅く推移したことなどを背景に、94.20円付近まで上昇。なお、菅義偉官房長官は「日銀正副総裁候補への打診、まったくその段階ではない」「岩田氏へ首相が打診したとの報道は正式なものではない」などの見解を示した。

話題沸騰中のソーシャルレンディングとは?

・ユーロ円も下値が堅い。12時時点では124.13−18円とニューヨーク市場の終値(123.18円)と比べて95銭程度のユーロ高水準だった。ドル円と同様に124円台前半で底堅く推移した。

・ユーロドルは12時時点では1.3188−93ドルとニューヨーク市場の終値(1.3188ドル)とほぼ同水準。

SBIFXTRADE_BANNER
DMM FX

1日1分眺めるだけでFXのトレンドを把握する方法

みなさん。トレンドを把握せずにFXトレードを行うような愚の骨頂を
おかしてはおりませんでしょうか?もし、トレンドを把握しないまま、
日々のトレードを続けているのならば、今すぐにでも、私のブログを
確認してください。

もし、トレンドを把握せずに日々のトレードを続けているならば、
折角のトレード技術料の向上の機会をドブに捨ててしまう事になります。
何事も予習→実践→反省→改善のサイクルを行わなければ、いつまでも
今と同じままなのです。

しかし、トレンドを把握する為には、膨大な時間をテクニカル指標分析に
費やさなければいけないのも事実。もともと副業ではじめたはずのFXトレード
に時間をとられるあまりに、本業に支障が出ては元も子もありません。

そこで元リーマンブラザーズ社員が実践しているトレンドの把握方法を
ご紹介いたします。

それは、FX業者が無料で提供しているFXツールを活用して、トレンド
を把握する方法です。

FX業界は競争激化となっている業種です。各FX業者は必死になって顧客を
かき集めております。そしてそれには膨大な額のマーケティング費用が
投じられております。

折角大金をはらって顧客になってもらった個人投資家が損をしてFXをやらな
くなってしまったら、FX業者もまた、損をするわけです。

そこで、FX業者は素人の個人投資家でも、しょっぱなからプロと同様の
勝率をあげられるように開発されたのが、セントラル短資FXFXライブ
みらいチャートFXプライムぱっと見テクニカルツール等の、
自動テクニカル分析ツールなのです。

これらは、FX業者が保有する膨大な量のFXデータをハイスペックな
サーバーと自動解析プログラムを使用してとても高度なテクニカル分析を
自動・かつリアルタイムで行ってくれるわけです。

元リーマンブラザーズ社員もその昔は、チャートを手が真っ黒になるまで、
トレンドラインをひきまくってトレンドを検証しておりましたが、これらの
分析ツールを駆使するようになってから、ほかの分析にも時間を割けるよう
になりました。

皆さんにも是非明日からのFXトレードに活用していただきたいとおもいます。

元リーマンブラザーズ社員のFXブログで、まだ、半信半疑というトレーダー
の方達のために、自身のトレンドの把握の仕方を実際に実践していく事で、
この手法を広めていきたいと考えております。

では、来週のドル円のトレンドを検証してまいります。
まずは現在の為替相場からチェックしていきます。

SBIFXTRADE_usd02_24

※ドル円スプ0.10銭のSBIFXTRADEより。 ※SBIFXTRADEの評判コチラ
ドル円は93円40銭、ユーロ円は123円15付近台。
トレンドが把握しずらい相場となってきております。

それはチャートを確認することでより判明します。

SBIFXTRADE_usd02_24

※ スプレッドと同様SBIFXTRADEより

もはやドル高円安トレンドの形状を維持しているのは8時間足、日足、週足。
TICKと1時間足にいたってはドル安円高トレンドを形成しつつあるように
見えます。

このどっちつかずのトレンドについて、早速、セントラル短資FXのFXライブ
のみらいチャートを使ってトレンドを検証してまいります。

なお、あらゆる足での予想を掲載いたしますので、皆様がトレードする
際にみているチャートの足を参考にトレードを行ってください。

 → セントラル短資FXFXライブとは?

■■■ みらいチャート予想 5分足

FXライブ_usd02_24


5分足予想では1本がドル高へむかうもののその後、元に戻す米ドルの見通し
となっております。他の2本については横ばいのドル円予想。

■■■ みらいチャート予想 30分足

FXライブ_usd02_24c


30分足の予想は3本ともにドル高へ向かう見通し。

■■■ みらいチャート予想 1時間足

FXライブ_usd02_24b


1時間足の予想は2本が円高へ、1本が少しドル高へ向う米ドルの見通し。

■■■ みらいチャート予想 4時間足

FXライブ_usd02_24b


4時間足の予想は1本が横ばい、2本がドル高へ向う米ドルの見通し。

■■■ みらいチャート予想 日足

FXライブ_usd02_24b


日足の予想では3本ともに円高へ向う米ドルの見通し。

では次に同じくチャートの形状を予想するFXプライムのぱっと見テクニカル
ツールを駆使して、同様に米ドルの見通しを検証していきましょう。

 → FXプライムぱっと見テクニカルツール

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 10分足

ぱっと見テクニカル_usd02_24


10分足では3本ともに円高ドル安へ向う米ドルの見通しとなっております。

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 1時間足

ぱっと見テクニカル_usd02_24


1時間足のぱっと見テクニカルツール予想では3本ともにドル高へ向う米ドル
の見通しとなっております。

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 4時間足

ぱっと見テクニカル_usd02_24


4時間足のぱっと見テクニカルツール予想も3本ともにドル高へ向う米ドル
の見通し。

■■■ ぱっと見テクニカルツール予想 1日足

ぱっと見テクニカル_usd02_24


1日足のぱっと見テクニカルツール予想は3本ともに円高のドル円予想です。

つぎに各テクニカル指標のパフォーマンスランキングをセントラル短資FXの
FXライブでチェックしておきましょう。

 → セントラル短資FXFXライブとは?

■■■ ドル円テクニカル指標ランキング 1ヶ月

FXライブ_usd02_24


直近1ヶ月で最も稼いだテクニカル指標はボリンジャーバンド+5分足です。
388回の取引で+379pipsといった結果をたたき出しております。

■■■ ドル円テクニカル指標ランキング 1週間1時間足

FXライブ_usd02_24b


直近1週間で最も稼いだテクニカル指標はDMI。
とはいえ10回の取引で5pips程度のパフォーマンス。
直近にはいって調整局面入りしたことを如実に表しております。

■■■ ドル円テクニカル指標ランキング 1週間5分足

FXライブ_usd02_24c


直近1週間+5分足で最も稼いだテクニカル指標は移動平均。
69回の取引で+46pipsといった結果を残しております。

では同じくセントラル短資FXFXライブで示唆している各テクニカル
指標の売買シグナルについてチェックします。

FXライブ_usd02_24d


ボリンジャーバンド+5分足はドル円買の米ドルの見通しとなっております。

では、次にFXプライムぱっと見テクニカルツールで各通貨ペアのシグナル
の強弱を検証します。

■■■ ぱっと見テクニカルツール 通貨ペアランキング

ぱっと見テクニカル_usd02_24z


ドル円売シグナルは12位。ドル円買シグナルは4位という結果。
米ドルの今後はドル高円安を予想という結果になりました。

■■■ ぱっと見テクニカルツール パターン分析

ぱっと見テクニカル_usd02_24cz


こちらはドル円買シグナルが若干でております。

では、ラストは個人投資家の動向を外為オンラインディールスコープ
でチェックします。

ディールスコープusd02_24_13


個人投資家のポジションの動向を検証。

<2月18日午後9時の様子>

米ドルの対円での買のポジション数 ・・・ 1,272,880,000
米ドルの対円での売のポジション数 ・・・ 553,790,000

米ドルの対円での買いの投資家数 ・・・ 12,487
米ドルの対円での売りの投資家数 ・・・ 6,391

<2月22日午前8時の様子>

米ドルの対円での買のポジション数 ・・・ 1,587,720,000
米ドルの対円での売のポジション数 ・・・ 459,990,000

米ドルの対円での買いの投資家数 ・・・ 15,477
米ドルの対円での売りの投資家数 ・・・ 4,943

<2月23日午前7時の様子>

米ドルの対円での買のポジション数 ・・・ 1,408,560,000
米ドルの対円での売のポジション数 ・・・ 503,620,000

米ドルの対円での買いの投資家数 ・・・ 13,883
米ドルの対円での売りの投資家数 ・・・ 5,491


ドル円ロングが減少しております。

■■■ 2013年2月23日のマーケットコメント ■■■

では、本日のマーケットコメントをDMMFXから抜粋。

・ユーロドルは横ばい。欧州株が高く始まったほか、2月独Ifo景況感指数が107.4と予想の104.9を上回ったことを受けて、欧州時間には1.3246ドルまで上げた。ただ、欧州委員会が22日、2013年のユーロ圏成長率見通しをプラス0.1%からマイナス0.3%に下方修正したことがわかると、売りに押される展開に。欧州中央銀行(ECB)は「2回目の3年物長期資金供給オペ(LTRO)を通じた資金供給のうち、27日の返済額は611億ユーロ」と発表。市場予想の1225億ユーロを下回ったことも売り材料視され、1.3157ドルまで下げ足を速めた。

 その後、市場では「アジア系ソブリンネームの買いが観測された」との声が聞かれ、1.3200ドル手前まで下げ渋った。「バリアオプションの設定されていた1.3150ドルの下抜けを狙った売りが出た」との指摘があり、1月10日以来の安値となる1.31445ドルまで下押しする場面もあったが、ダウ平均の100ドル超高を背景に1.3190−93ドルまで買い戻されるなど、下値の堅さも目立った。

・ドル円は反発。予想を上回る2月独Ifo景況感指数を受けたユーロ円の上昇が相場を支えたほか、弱い12月カナダ小売売上高を材料に米ドルカナダドルが強含んだ影響が波及した。一時93.52円まで値を上げた。ただ、米長期金利の低下に伴い、日米金利差縮小を意識した売りが上値を抑えたうえ、日米首脳会談を控えて様子見気分が強く、総じて93.30円前後で方向感が出なかった。

 日米首脳会談後の記者会見で、オバマ米大統領は「日米同盟は、米国の対アジア政策の基盤を成している」「米国と日本の最優先課題は経済成長」などと語ったほか、安倍晋三首相は「日本と米国は北朝鮮の核計画を容認しない」などと述べた。ただ、両首脳とも通貨に対するコメントを控えたため、相場への影響は限定的。週末とあって市場参加者が次第に減少し、終盤にかけては93.40円前後で値動きが細った。

・ユーロ円は4営業日ぶりに反発。強い独経済指標を好感して欧州時間に123.78円まで上げたが、欧州委員会が2013年のユーロ圏成長率見通しを下方修正したほか、LTRO返済額が予想を下回ったことが嫌気され122.66−71円まで失速した。ドル円の上昇を支えに123.21−26円まで値を戻す場面もあったが、ユーロドルが仕掛け的な売りに押された影響から122.57円まで再び下げた。もっとも、ダウ平均の100ドル超高をながめ123.30−35円まで買い戻されるなど、方向感が定まらなかった。

DMMFX評判評価

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに大幅反発。2月独Ifo景況感指数が予想を上回ったことが好感され、欧州株式相場が大きく上昇した影響が波及した。ヒューレット・パッカード(HP)などの四半期決算が予想を上回り、米企業業績の回復期待が高まったことも投資家心理の改善につながった。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに大幅反発した。

・米国債券相場で長期ゾーンは3日続伸。ECBによるLTROの早期返済額が予想を下回り、欧州金融システムの改善期待が後退。安全資産としての米国債需要がやや高まった。半面、米国株相場の大幅上昇が相場の重しとなり、総じて方向感が出なかった。

話題沸騰中のソーシャルレンディングとは?

・原油先物相場は反発。2月独Ifo景況感指数が予想よりも強い結果となったことで、ユーロ圏経済の減速懸念が和らいだことや、欧米株相場が堅調に推移したことで、投資家がリスクを取りやすくなるとの見方から買いが進んだ。

・金先物相場は反落。中心限月の終値としては、2012年7月以来、おそよ7カ月ぶりの安値水準となった。欧米株式相場が上昇したことで、投資家のリスク志向が回復。比較的安全な資産とされる金を売る動きが強まった。米国の金融緩和が早期に終了し、余剰資金の金市場への流入が細るとの見方が根強いことも重しとなった。

SBIFXTRADE_BANNER
DMM FX

土曜早朝のドル円のトレンドをぱっと見テクニカルで検証しました!

皆さん、元リーマンブラザーズ社員が常々提訴している、トレンドを把握した
後に売買判断を下すといった事を徹底しておりますでしょうか?

まさか、どらえもんののび太君の如く、昼寝ばかりして、トレンドを把握せず
期待感だけで相場をしているならば、どんなに忙しくても、今、時間をとって
今から記載する事を超気合を入れてガッツリ把握する必要があります。

なぜなら、トレンドを理解しないままにトレードをおこなってもトレードの
基礎力が上昇しないからです。これは最も大きな致命傷となります。なぜなら
私がしる限り、トレードの技術とは最も高価な技能となるにもかかわらず、
その技能の取得を疎かにしてしまうからです。

トレードとは自分の身銭をきってはじめて上達するもの。ですから、どんな
セレブでも貧乏人でも、自分のみを焦がす程度の投資を経験してこそ初めて
真のトレード能力が身につくのです。

すなわち人によって身につけるまでの金額に差があるわけですが、共通するの
はその投資が自分の持ちうる資産にインパクトを与える投資でなければ、
成長にはつながらないという事です。

【広告リンク】本屋で絶賛の秒速で1億円を稼ぐ男予沢の無料ノウハウはココ

【広告リンク】ほりえもんの無料ノウハウはココ

たとえば、1000万円の資産を持つ方と、1000億円の資産を持つ方とで
それぞれ100万円の投資を行う場合、前者は相当なプレッシャーで日々、
ポジションの事が気がかりになるとおもいますが、後者であれば、寝てても
問題ありません。

そういった所から、FX投資を行う際はからなる、自信のトレード技能を
向上させる意気込みでトレードを行っていく必要があります。

ただし、もちろん、連続でトレンドを読み違えて、市場から退場となってし
まっては元も子もありません。

ですから、元リーマンブラザーズ社員がFX初心者でもトレンドを把握しや
すいトレンドを把握する一連のツールを駆使して検証しているのです。

では、今朝も元リーマンブラザーズ社員があなたのトレードに有用なシグナル
情報を配信してまいります。

★★★ ドル円予想は下記のツールで。

FXプライムぱっと見テクニカルツール
外為オンラインディールスコープ

では、現在の為替相場をチェックします。
現在のドル円相場・ユーロ円相場は・・・

SBIFXTRADE_チャート_0214a

住信SBIネット銀行系のFX業者 SBIFXTRADEより
SBIFXTRADEの評判

ドル円は昨日の93円台前半です。ユーロ円は123円台。どちらも、
調整局面入りしており、難しい相場になっております。

SBIFXTRADE_チャート_0214a

住信SBIネット銀行系のFX業者 SBIFXTRADEより

調整局面入りしていることは、チャートの形状からもわかります。
今後のドル円の予想を行ってまいります。

FXプライムぱっと見テクニカルツールでドル円を予想します。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0214a


10分足の予想は2本が円高、1本が少しのドル高のドル円予想。

ぱっと見テクニカルとは?

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0214b


1時間足の予想では2本がドル高、1本が円高のドル円予想。

■■■ ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0214c


4時間足の予想では2本がドル高、1本が円高のドル円予想。

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル02_23aya


ドル円売りは6位から7位、そして12位に後退。
ドル円買は現在9位ですね。

つぎに、ぱっと見テクニカルのパターン分析のドル円予想結果を見ると、

ぱっと見テクニカル02_23az


シグナルはほぼ消えました。まさに踊り場!

では、ラストは個人投資家の動向を外為オンラインディールスコープ
でチェックします。

ディールスコープusd02_23_13


個人投資家のポジションの動向を検証。

<2月20日午前4時の様子>

米ドルの対円での買のポジション数 ・・・ 1,492,150,000
米ドルの対円での売のポジション数 ・・・ 492,170,000

米ドルの対円での買いの投資家数 ・・・ 14,689
米ドルの対円での売りの投資家数 ・・・ 5,414

<2月23日午前2時の様子>

米ドルの対円での買のポジション数 ・・・ 1,496,680,000
米ドルの対円での売のポジション数 ・・・ 495,550,000

米ドルの対円での買いの投資家数 ・・・ 14,257
米ドルの対円での売りの投資家数 ・・・ 5,522


若干ですが、ドル円ロングを利食いした人が増加したのか、ドル円ロング
がへりました。

ディールスコープとは

■■■ 2013年2月18日のマーケットコメント ■■■

では、本日のマーケットコメントをDMMFXから抜粋。

・22日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルは下げ渋り。2時時点では1.3162−67ドルと24時時点(1.3154ドル)と比べて0.0008ドル程度のユーロ高水準だった。市場では「バリアオプションの設定されていた1.3150ドルの下抜けを狙った仕掛け的な売りが出たのではないか」との声が聞かれ、24時過ぎには1月10日以来の安値となる1.3145ドルまで下値を広げた。もっとも、さらに下値を探る勢いはなく、底堅い米株相場などをながめ次第に買い戻された。

・ユーロ円も下げ渋り。2時時点では122.89−94円と24時時点(122.75円)と比べて14銭程度のユーロ高水準だった。24時40分過ぎに一時アジア時間に付けた安値の122.58円に面合わせした。ただ、さらに売り進める材料に欠けたことで、下値は限られた。

・ドル円はもみ合い。2時時点では93.34−39円と24時時点(93.31円)とほぼ同水準だった。週末の日米首脳会談を控え積極的な売買が手控えられるなか、93.35円付近で方向感を欠いた。

ヤフーFXの評判

・日経平均株価は反発。前日の米国株式相場が下落したことや円相場の強含みなど、外部環境の悪化を手掛かりに売りが先行した。もっとも、株価指数先物にCTA(商品投資顧問)からのまとまった買いが入ると、急ピッチで下げ幅を縮小。午後に入ってプラス圏に浮上し、結局この日の高値圏で引けた。個別では前日に大幅安となったコマツが反発。マツダやソフトバンクなども買われた。

・債券先物相場は続伸。前日に発表された欧米の経済指標が総じて低調な結果となったことを手掛かりに、安全資産とされる債券需要が高まった。一時144円60銭まで上昇し、2012年12月13日以来の高値を更新。もっとも、午後に入ると日経平均株価が持ち直した影響で伸び悩む場面も目立った。

SBIFXTRADE_BANNER
DMM FX

直近1ヶ月1週間でのドル円のテクニカル指標ランキングと米ドルの見通し

おはようございます。
元リーマンブラザーズ社員です。
今朝は”FXライブ”を駆使してドル円における最も調子がよいテクニカル指標
を検証し、その売買シグナルまで導き出します。

そして、チャートの形状からみらいを予想する”みらいチャート”でトレンド
を把握し、” ディールスコープ”を駆使して個人投資家の反応をチェックして
まいります。

よ〜くこの結果を確認してください。トレンドを把握することは非常に重要です。
もしあなたが、まだ、投資の羅針盤をみつけていないようであれば、この結果
を投資の際の羅針盤としてください。

それでは、現在の為替相場からチェックしていきます。

SBIFXTRADE_usd02_22

※ドル円スプ0.10銭のSBIFXTRADEより。 ※SBIFXTRADEの評判コチラ
ドル円は93円10銭、ユーロ円は122円70銭台。
ついに巻き戻し=調整局面がきましたね。

チャートを同じくSBIFXTRADEでチェック。

SBIFXTRADE_usd02_22


上半分のチャートが順にTICK、5分足、10分足、60分足、
下半分のチャートが4時間足、8時間足、日足、週足。

これをみるとさすがに相場が難しくなってきたのがよくわかります。

では、この状況下において、最もパフォーマンスが高いテクニカル指標
を検証してみましょう!

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近1ヶ月

FXライブ_usd02_22


直近1ヶ月間+全時間足では、前回に続けてボリンジャーバンドが1位です。
385回の取引で407pipsの勝利。若干成績をおとしましたね。
まさに難しくなっている事のあらわれでしょう。

次に直近1週間でのランキングを検証してみましょう。

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近1週間+5分足

FXライブ_usd02_22b


直近1週間+5分足でみたテクニカル指標1位もボリンジャーバンド。
98回の取引で+145pipsの勝利。

次に5分足でのランキングを見てみます。

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近1週間+1時間足

FXライブ_usd02_22c


直近1週間+1時間足でみたテクニカル指標1位はボリンジャーバンド。
22回の取引で+37pipsの勝利。

すべてのランキングでテクニカル指標のパフォーマンスが落ちております。
まさに調整局面入りした証拠です。

テクニカル指標パフォーマンスランキングを提供するFXライブとは?
FXライブセントラル短資FXで無料で利用できるツール

では、各テクニカル指標の最新の売買シグナルを検証。

FXライブ_usd02_22e


ボリンジャーバンドの売買シグナル
5分足 買
1時間足 買
日足 買
週足 買


しかし、調整局面かと思いきやボリンジャーバンドのドル円予想はALL買(笑)

では、次に現在のチャートの形状から未来を予想するみらいチャート
今後のドル円を予想します。

■■■ 米ドルの見通し 5分足 by みらいチャート

みらいチャートusd02_22a


3本ともにドル高の予想!

■■■ 米ドルの見通し 60分足 by みらいチャート

みらいチャートusd02_22a


2本がドル高、1本が円高の米ドルの見通しです。

■■■ 米ドルの見通し 1日足 by みらいチャート

みらいチャートusd02_22a


3本が円高の米ドルの見通しです。

これから、直近ではいったんはドル高へいくも結局は円高に戻す
米ドルの見通しといえるでしょう。

では、ラストは個人投資家の動向を外為オンラインディールスコープ
でチェックします。

ディールスコープusd01_21_13


個人投資家のポジションの動向を検証。

<2月18日午後9時の様子>

米ドルの対円での買のポジション数 ・・・ 1,272,880,000
米ドルの対円での売のポジション数 ・・・ 553,790,000

米ドルの対円での買いの投資家数 ・・・ 12,487
米ドルの対円での売りの投資家数 ・・・ 6,391

<2月22日午前8時の様子>

米ドルの対円での買のポジション数 ・・・ 1,587,720,000
米ドルの対円での売のポジション数 ・・・ 459,990,000

米ドルの対円での買いの投資家数 ・・・ 15,477
米ドルの対円での売りの投資家数 ・・・ 4,943


直近でドル円ロングのポジションが増加しました。

■■■ 2013年2月22日のマーケットコメント ■■■

では、本日のマーケットコメントをDMMFXから抜粋。

・21日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルは大幅続落。終値は1.3188−93ドルと前日NY終値(1.3280ドル)と比べて0.0092ドル程度のユーロ安水準となった。2月独製造業・サービス部門購買担当者景気指数(PMI)速報値や2月ユーロ圏製造業・サービス部門PMI速報値が予想を下回り、欧州市場から売りが優位となった影響が残った。欧州株の一段安がリスク回避的な売りを後押しし、1月11日の安値1.3248ドルを明確に下抜け1.3168ドルまで下げ足を速めた。その後、2月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数がマイナス12.5と市場予想平均のプラス1.1を大幅に下回ったことがわかると、全般ドル売りが進み1.3229−32ドルまで値を戻した。ただ、ダウ平均が下落した影響から戻りは鈍く、1月10日以来の安値となる1.31615ドルまで再び下げた。

・ユーロ円は大幅に3日続落。終値は122.76−81円と前日NY終値(124.23円)と比べて1円47銭程度のユーロ安水準だった。予想を下回るユーロ圏経済指標が相次ぎ、欧州株安とともに断続的な売りが持ち込まれた。重要なサポートだった15日の安値122.90円を下抜けてストップロスを巻き込み、1月29日以来の安値となる122.25円まで急落した。株安が一服すると123.21−26円まで買い戻されたが、欧州景気の減速懸念を背景にした戻り売りが厚く、122.42−47円まで弱含んだ。もっとも、ダウ平均が90ドル超安から引けにかけて下げ幅を縮めると、つれる形で122.90−95円まで値を戻した。

・ドル円は下落。終値は93.09−14円と前日NY終値(93.55円)と比べて46銭程度のドル安水準だった。弱いユーロ圏経済指標を材料に、ユーロ円などクロス円が売り込まれた流れに沿って92.79円まで弱含んだ。その後、欧州株の下げ渋りやユーロ円の買い戻しを支えに93.28−31円まで下値が切り上がったが、前週分の米新規失業保険申請件数や2月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数が予想より弱かったため、米長期金利の低下幅拡大とともに売りが再開。一時92.77円まで下落した。もっとも、米長期金利やダウ平均が引けにかけて低下幅を縮小すると93.20円台まで再び上げた。

DMMFX評判評価

・21日の米国債券相場で長期ゾーンは続伸。表面利率2.000%の10年物国債利回りは前日比0.04%低い(価格は高い)1.97%で終えた。2月独製造業・サービス部門購買担当者景気指数(PMI)速報値や2月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数などが予想を下回り、欧米景気の先行き不透明感が強まったことが安全資産としての米国債需要を高めた。

話題沸騰中のソーシャルレンディングとは?

・21日の米国債券相場で長期ゾーンは続伸。表面利率2.000%の10年物国債利回りは前日比0.04%低い(価格は高い)1.97%で終えた。2月独製造業・サービス部門購買担当者景気指数(PMI)速報値や2月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数などが予想を下回り、欧米景気の先行き不透明感が強まったことが安全資産としての米国債需要を高めた。

SBIFXTRADE_BANNER
DMM FX

2/21夜11時のユーロ円予想 by ぱっと見テクニカル

こんばんば。
元リーマンブラザーズ社員です。

木曜日夜11時のユーロ円の見通しを検証しトレンドを解き明かします!

FXはトレンドを把握する事が勝つための絶対条件となりますので、
気合をいれて、検討してください。

 → 本日のドル円予想はこちら

★★★ 火曜日のユーロ円予想は下記のツールで。

FXプライムぱっと見テクニカルツール
外為オンラインディールスコープ

では、現在の為替水準とチャートから検証を始めていきます。

SBIFXTRADE_usd02_19

※ドル円スプ0.10銭のSBIFXTRADEより。 ※SBIFXTRADEの評判コチラ
ユーロ円は123円台。じょじょうに調整局面入りしてまいりました。
チャートはどうでしょうか。

SBIFXTRADE_usd02_19

※ドル円スプ0.10銭のSBIFXTRADEより。 ※SBIFXTRADEの評判コチラ
まさに調整局面入りした事をしめすチャートです。
短い時間軸では円高へ、。長い時間軸ではユーロ高のトレンド。
これははっきりいって、調整局面によくみられるチャート形状です。

それではFXプライムぱっと見テクニカルで今後のユーロ円を徹底検証
してまいります。

■ ぱっと見テクニカル10分足でのユーロ円予想
ぱっと見テクニカル_b


2本がユーロ高、1本が円高のユーロ円予想です。

■ ぱっと見テクニカル60分足でのドル円予想
ぱっと見テクニカル_c


最終的には3本ともユーロ高のユーロ円予想です。

※投資の羅針盤「ぱっと見テクニカル」はFXプライムに登録すれば活用可能。

■ ぱっと見テクニカル4時間足でのドル円予想
ぱっと見テクニカル_d


2本がユーロ高、1本が円高のユーロ円予想。
では、シグナルランキングをみてみましょう。

ぱっと見テクニカル_e


ユーロ円売りのシグナルランキングは現在10位。
ユーロ円買いのシグナルランキングは5位。
これはユーロ円買いが強い結果となりました。

ぱっと見テクニカル_f


こちらはユーロ円は売りのシグナルが多くなっております。

では、ラストは個人投資家の動向を外為オンラインディールスコープ
でチェックします。

ディールスコープusd02_21_13


個人投資家のポジションの動向を検証。

<2月19日の様子>

ユーロの対円での買のポジション数 ・・・ 408,630,000
ユーロの対円での売のポジション数 ・・・ 337,620,000

ユーロの対円での買いの投資家数 ・・・ 5,684
ユーロの対円での売りの投資家数 ・・・ 4,696

<2月21日の様子>

ユーロの対円での買のポジション数 ・・・ 561,500,000
ユーロの対円での売のポジション数 ・・・ 328,770,000

ユーロの対円での買いの投資家数 ・・・ 7,231
ユーロの対円での売りの投資家数 ・・・ 4,259


直近でユーロ円ロングが増加。個人投資家はユーロ円高へ向かうと
予想しているようです。

ディールスコープとは

■■■ 2013年2月19日のマーケットコメント ■■■

では、本日のマーケットコメントをDMMFXから抜粋。

【Overview】
21日の欧州外国為替市場で円は買い一服。2月独製造業・サービス部門購買担当者景気指数(PMI)速報値が予想を下回ったことを受けて、対ユーロ中心に円買いが先行。2月ユーロ圏製造業・サービス部門PMI速報値が予想を下回ったことも円買いを後押しした。欧州株の大幅安に伴い、投資家のリスク回避姿勢が高まったことも円の支援材料となった。ただ、株安が一服すると円買いに歯止めが掛かった。

【ドル・円】【ユーロ・円】
ドル・円は1ドル=92円79銭前後まで下げ足を速めた後、93円20銭台まで値を戻した。ユーロ・円は15日の安値1ユーロ=122円90銭前後を下抜けて売りが加速し、1月29日以来の安値となる122円26銭前後まで急落した。一巡後は123円台を回復した。

【ユーロ・ドル】
売り優勢。ユーロ圏の経済指標が軒並み予想を下回り、欧州景気の減速懸念が高まったことが嫌気された。市場では「中東勢のユーロ売り・ドル買いが観測された」との指摘があり、サポートとして意識されていた1月11日の安値1.3248ドル前後を下抜けた。1月10日以来の安値となる1.3168ドル前後まで急速に下げ幅を広げた。売り一巡後は1.3190ドル台まで値を戻した。

DMMFXの評判

・日経平均株価は反落。米量的緩和の縮小観測を手掛かりに、前日の米株式相場が下落した流れを引き継いだ。上海総合指数などアジア株式相場が軒並み安となったことにつれた面もあり、軟調な展開に終始。対ユーロで円高が進行したことも投資家心理を冷やした。個別ではコマツが米キャタピラーの世界販売不振を受けた売りで4%下落。また、キヤノンやリコーなどの輸出株も下げた。

ヤフーFXの評判

・債券先物相場は反発。日経平均株価や上海総合指数などアジア株式相場が軟調に推移し、投資家がリスク回避姿勢を強めた影響から安全資産とされる債券需要が高まった。朝方には20年物国債入札を前に持ち高調整の売りが進む場面もあったが、20年債入札は「無難な結果だった」と受け止められたため、反応は限定的だった。

SBIFXTRADE_BANNER
DMM FX

SBIFXTRADE評判口コミ 元リーマンB社員

今日は、ネット金融最大手のSBIグループが肝いりで開始した
FX専業サービスのSBIFXTRADEの評判・口コミを徹底検証します。

「SBIFXTRADEがFXの歴史を塗り替える!」

と銘うってSBIグループがだす切り札は・・・

 ⇒ 脅威のスプレッド ドル円0.10銭
 ⇒ 業界初スプレッド4桁表示!
 ⇒ 1ドル(1通貨単位)から取引可能!


脅威のスプレッドを他社と比較した表で検証してみました。

FX業者最小スプレッド比較ランキング 
FX業者名 スプレッド(pips)
米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 ユーロ
米ドル
合計
SBIFXTRADE 0.10 0.59 0.99 0.85 0.49 3.03
GMOクリック証券 0.3銭原則固定 0.7銭原則固定 1.2銭原則固定 1.0銭原則固定 0.6pips原則固定 3.8
FXプライム 0.5銭原則固定 0.9銭原則固定 1.8銭原則固定 1.4銭原則固定 0.8銭原則固定 5.4
マネックスFX 0.8 1.4 2.4 1.6 1.0 7.2

・・・ダントツでSBIFXTRADEがドル円のスプレッド1位に入るという
恐るべき結果となりました。
SBIFXTRADE評判口コミ
↑クリックするとSBIFXTRADEの公式ページへ。

今までもSBI証券がSBIFXを提供するなどサービス自体はありました
がここまで力が入っているとさすがに一度使ってみたくなります。

そして最大手なのにどこよりもダントツで”最後発”SBIFXTRADE
開始しただけあり、今までのFX業者のサービスに対する不平・不満を
ほぼ解消している
所が余裕の王者の戦略といえるでしょう。

かくいう元リーマンブラザーズ社員もSBIFXTRADEの評判や
口コミから、早速、口座開設する予定です。

さらに今はサービス開始記念でSBIFXTRADEに口座開設し取引すれば、
最大12,000円がもらえるキャンペーンを展開中です。

SBIFXTRADEのキャッシュバックキャンペーンの評判口コミ
↑クリックするとSBIFXTRADEの公式ページへ。

もちろんSBIFXTRADEに口座開設する際の本人確認資料の提出は郵送だけでは
なく、ネットアップロードにも対応しており5分程度で開設可能です。

SBIFXTRADE評判口コミ

それでは、SBIFXTRADEの評判となっているスプレッドを他社と比較。

■ SBIFXTRADEのスプレッドの評判口コミ


SBIFXTRADEの最大の評判と口コミは業界初となる4桁表示のスプレッド
そして脅威のドル円スプレッド0.11銭

 ・ドル円   ・・・ 原則固定 0.10銭
 ・ユーロ円  ・・・ 原則固定 0.59銭
 ・ポンド円  ・・・ 原則固定 0.99銭
 ・ユーロドル ・・・ 原則固定 0.49pips


SBIFXTRADEのスプレッドの評判口コミ

しかも業界初のスプレッド4桁表示。

SBIFXTRADEのスプレッド4桁表示の評判口コミ

■ SBIFXTRADEは1通貨から取引可能!


いままで1万通貨、1000通貨単位のみで、たまに100通貨で取引できる
FX業者はありましたが、1通貨から取引できるのは衝撃的。

SBIFXTRADEの1通貨単位の評判口コミ

ドル円なんて約4円の証拠金から取引が可能です。すげー。。 そりゃ、SBIFXTRADEの評判と口コミが高いのもうなずけます。
やはり、業界最大手かつ最後発だけに全てのおいて豪勢かつ脅威的な
スペックでなければ、王者のプライドが許さなかったとみました。

■ SBIFXTRADEのマニュアルの評判口コミ


SBIFXTRADEでは口座を開設する前でもWEBページから各種マニュアルを確認
できます。

 ・ PCインストール型のトレードマニュアル
 ・ WEB画面(ASP型)でのトレードマニュアル
 ・ スマホ版のトレードマニュアル
 ・ 携帯版(ガラパゴス携帯)のトレードマニュアル

■ SBIFXTRADEの会社概要の評判口コミ


評判のSBIFXTRADEの会社概要は下記のとおり。

設立 2011年11月
金融商品取引業者登録番号 関東財務局長(金商)第2635号
所在地 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー
資本金 2億円
親会社 SBIリクイディティ・マーケット株式会社 100%
加入している協会 一般社団法人 金融先物取引業協会(会員番号 1588)
役員構成 代表取締役 佐藤 義仁(Yoshihito Sato)
取締役 井土 太良(Taro Izuchi)
取締役 河内 哲也(Tetsuya Kawachi)


SBIFXTRADEの会社概要の評判口コミ
↑クリックするとSBIFXTRADEの公式ページへ。

取締役に元SBI証券の代表取締役である井土氏がはいっているあたりが
SBIグループ肝いりで開始されたサービスである事がわかります。

もちろん、資本金は2億円となっていますが、SBIグループ100%子会社。
そういった意味で資本金を他社と比較すると・・・

<資本金の比較>
 SBIFXTRADE 【SBIホールディングス】 ・・・ 816億円
 SBI証券 ・・・ 479億円
 DMM ・・・ 82億円
 GMOクリック証券 ・・・ 43億円
 外為オンライン ・・・ 1.6億円


いままでは大口の投資家も取引コストの安さから仕方がなく資本金が小さい
会社で取引をする事を余儀なくされてましたが、これから最も安心かつ安全
なSBIグループがSBIFXTRADEを開始してくれたおかげで、悩む事も
なくなることでしょう。

■ SBIFXTRADEの取引画面スマホ対応の評判口コミ


SBIFXTRADEの取引画面はスッキリしていてわかりやすいのが評判です。

SBIFXTRADEの取引画面の評判口コミ

SBIFXTRADEの取引画面の評判口コミb
↑クリックすると拡大します。

SBIFXTRADEのレート表示画面です。
SBIFXTRADEの取引画面の評判口コミc

SBIFXTRADEのチャート画面です。
SBIFXTRADEの取引画面の評判口コミd

SBIFXTRADEの注文画面です。
SBIFXTRADEの取引画面の評判口コミe

SBIFXTRADEの取引画面の評判口コミf

ポジション一覧表示画面です。
SBIFXTRADEの取引画面の評判口コミg

総合画面です。
SBIFXTRADEの取引画面の評判口コミh

WEB画面からの取引画面です。
SBIFXTRADEの取引画面の評判口コミi

また、普通にスマホ対応(i-phone/Android)もしているあたりはSBIグループと
いったところ。

iphoneとandroid、それぞれの取引画面です。
SBIFXTRADEの取引画面の評判口コミi

SBIFXTRADEのスマホでのレート表示画面です。
SBIFXTRADEの取引画面の評判口コミj
↑クリックすると拡大します。

SBIFXTRADEのスマホでのチャート画面です。
SBIFXTRADEの取引画面の評判口コミk
↑クリックすると拡大します。

SBIFXTRADEのスマホでの注文画面です。
SBIFXTRADEの取引画面の評判口コミl
↑クリックすると拡大します。

SBIFXTRADEのスマホでの注文履歴画面です。
SBIFXTRADEの取引画面の評判口コミm
↑クリックすると拡大します。

そして口座開設までの流れも、

 .灰海鬟リック後に表示されるSBIFXTRADEの口座開設フォームに記載し
  申し込む。

◆〔筏書などの本人確認書類を提出。もちろん郵送だけでなくネットでの
  アップロードやメールでの送付に対応。

 自宅に郵送で口座情報が届き、ログイン!

とシンプルな流れです。

 ⇒ SBIFXTADEの詳しい情報は公式ページへ。
 東大式FX攻略法

みんなのFX

元リーマン社員限定タイアップ企画
FXプライムbyGMO「選べるミラートレーダー」

FXプライム[直トレFX]

アイネットFX
元LB社員が取引に使うFX業者
SBIFXTRADE評判  ドル円0.27銭SBIFXトレード
豪ドル円0.99/ユロ円0.69/ポン円1.19
1$から取引可/スプレッド4桁表示
住信SBIネット銀行50%出資のSBIG

GMOクリック証券FX評判  株も売買可GMOクリック証券
米ドル/円0.3銭原則固定
YAHOO出資企業/資産2000億円
8万人使用iClickFXNEO/FXroid
最新キャッシュバック特集
カテゴリー別の記事
livedoor プロフィール
免責事項
当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び私に関係する全ての方は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。

外為どっとコム
DMM FXは初心者向け
ドル円予想に使うFXツール
FXツール FXプライム byGMOのぱっと見テクニカル

過去12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想する機能
ぱっと見テクニカルツールa
⇒ ぱっと見テクニカルの評判評価
ドル円スプレッド比較
原則固定
(例外あり)
FX業者名
0.3銭  外為どっとコム
0.3銭 GMOクリック証券評判 GMOクリック証券
0.3銭 YJFX評判 YJFX!
0.3銭原則固定 DMMFX評判 DMMFX
0.4銭 みんなのFX評判 みんなのFX
0.6銭原則固定 FXプライム評判 FXプライム byGMO
0.7-1.0銭 アイネットFX評判 アイネット証券
0.9銭 ライブスター証券
株もFXも GMOクリック評判 GMOクリック証券
カブドットコム評判 カブドットコム証券

元リーマン社員がメディア掲載
元リーマンブラザーズ社員が取材①元リーマンブラザーズ社員が取材②
雑誌「BIG TOMORROW」5月号で取材受けて記事になりました。
⇒ 現在4.5万人超フォロワー!
元気の源!為替ブログランキング
皆様のクリックが・・・
元リーマン社員を救います!!


人気ブログランキング
最高、17位でファイト!

為替ブログ村
為替日記は、最高8位!
  • ライブドアブログ