元リーマン社員がFXツールでドル円予想

リーマンブラザーズに勤務した経験からビリオネアになる最短の方法はトレードしかないと確信し、トレードの中でも。最も少額で始められて、かつ、最もレバレッジが高くできるFXで財を成す事を決意しました。現在、ドル円をFXツールを駆使して予想し、その結果から売買するシステムトレードちっくな手法で売買を行い、まずは、ミリオネアへの道を目指しております。FXツールはFXプライム byGMOのぱっと見テクニカルを使っております。

 
 売買レート・チャート・リアルタイム売買比率表示ツールはみんなのFXより
0.3銭原則固定(例外あり)  外為どっとコム
0.3銭原則固定  GMOクリック証券
 FXトレーディングS
 YJFX!
 DMMFX
0.6銭原則固定  FXプライム byGMO
0.9銭原則固定  ライブスター証券
0.7〜1銭  アイネット証券
オススメ  ひまわり証券

2012年12月

DMM FX

カブドットコム証券のシストレFX

東京三菱銀行グループのカブドットコム証券が、売買ロジックを選択するだけで、全自動で売買してくれるシステムトレード”シストレFX”のサービスを開始しました。

更に、元リーマンブラザーズ社員限定で、下記よりカブドットコム証券に口座開設した方に、1000円キャッシュバックとなります。

カブドットコム証券システムFX


◆ 三菱UFJフィナンシャルグループのカブドットコム証券のスレッド

カブドットコム証券システムFXaa


カブドットコム証券は国内最強商業銀行である三菱UFJフィナンシャルグループの証券会社となります。

◆ カブドットコム証券のスレッド

カブドットコム証券システムFXa


カブドットコム証券のスプレッドは、下記のとおり。

 ドル円   ・・・ 0.5銭 ※例外あり
 ユーロ円  ・・・ 0.9銭 ※例外あり
 豪ドル円  ・・・ 1.4銭 ※例外あり
 ポンド円  ・・・ 1.8銭 ※例外あり
 NZドル円  ・・・ 2.2銭 ※例外あり
 ユーロドル ・・・ 0.8pips ※例外あり

◆ カブドットコム証券のスマホ対応

カブドットコム証券システムFXbb


カブドットコム証券では国内最大手金融グループだけにスマホ対応状況もOKです。

◆ カブドットコム証券のシステムトレFX

カブドットコム証券システムFXa


なぜシステムトレードなのか?

FXプレイヤーで利益をあげられるのは全体の1割程度といわれております。

勝てない原因はズバリ・・・

⇒ 投資判断の際の「希望的観測」や「臆病さ」といった人間的な感情

です。

トレードとは結局は、「意志との戦い」なのです。そして、それは、システムトレードを用いることで自動に売買を行う事で、人間の意志に頼らないトレードができるのです。

人間なら誰でも持っている心理的弱点を克服し、トレードで着実な利益を出し続ける突破口。それがシステムトレードです。

◆ システムトレードのメリット

[メリット1]

相場観を持たずに売買ができる

構築した、または購入したシステムは、そのルールに従って機械的に売買を行っていきます。そこには一切の感情は無く、ルールに応じた利益確定や損切りの判断をあなたに代わって淡々と遂行されます。

[メリット2]

感情によって生じる余分なリスクを回避できる

人間は潜在的に自分自身が正しくありたいという欲求があります。例えば私たちは、自分が立てた予想に対して反する行動を自我が許さないといった心理状態になりがちです。しかしそれでは相場のセオリーを踏み外してしまうかもしれません。マーケットと同様、自分自身をコントロールするのは至難の業です。だからルールを身につけて、それに従って潜在的な欲求から自分自身をコントロールしていく必要があります。つまりマーケットで成功する基本的なセオリーを実行する為に、感情や潜在的欲求に左右されずに売買を実現できることが、システムトレードの最大のメリットなのです。

DMM FX

12月21日早朝のFX予想 by ぱっと見、FXライブ、みらいチャート、ディールスコープ

夜更けから朝方へ向かおうとしている六本木です。

自民党大勝で結構な種類の通貨に対して円安を続ける為替相場ですが、
今後の動きをFX業者が無料で提供するツールを駆使して検証していきます。

また、昨日の東京時間には、日銀金融政策会合が開催されました。
NY時間には、新規失業保険申請件数、フィラデルフィア連銀製造業景気指数
景気先行指数の発表が予定されています。

「財政の崖」協議も煮詰まってきている模様です。
クリスマス休暇前のポジション調整の動きにご注意ください。

 ⇒ 全自動シストレFXでカブドットコム証券【口座開設のみで1000円CB】

■ 元リーマンブラザーズ社員の無料FX予測ツール一覧 ■


FXプライムぱっと見テクニカル
セントラル短資みらいチャート
セントラル短資FXライブ
外為オンラインディールスコープ

 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年12月21日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年12月21日のドル円予想 ■■■


まず、現在の最新の為替相場からチェックします。

最新スプレッドランキング1位の
SBIFXTRADEから。

■■■ 最新の為替相場(SBIFXTRADEから抜粋)

SBIFXTRADEスプレッド評判12_21


ドル円は84円27銭あたり、ユーロ円は111円57銭付近と
さすがに怒涛の円安トレンドも一服といった所です。

チャートを検証します(同じくSBIFXTRADEのチャート画面から)。

■■■ ドル円10分足・1時間・4時間・1日足チャート

SBIFXTRADEチャート60分足12_21_12


10分足では円安一服感のあるチャートですが、ほかはまだまだ、
円安トレンドなチャートです。

では、伊藤忠グループであるFXプライムの最強の予想ツール”ぱっと見テクニカル”で、
検証してまいります。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd12_21a


10分足の予想は2本が円安ドル高、1本が円高ドル安のドル円予想。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd12_21b


1時間足の予想は1本が円高へ2本がドル高へいくドル円予想。

■■■ ドル円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd12_21ab


1日足の予想では3本が円高のドル円予想。

では売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル12_21aya


ドル円売りは再開から4位まで急浮上!
ドル円買いは最上位から3位へと2ランクダウン。

ぱっと見テクニカル12_21az


パターン分析での各為替予想では、円はほかの通貨に対して
全面買いの方向。

ではセントラル短資みらいチャートで、同じく値動きを予想。

 ⇒ みらいチャート

■■■ みらいチャート ドル円予想 1日足

みらいチャート12_21_12ba


みらいチャートの1日足の予想は2本が
横ばい、1本がドル高のドル円予想。

では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近24時間+5分足

FXライブusd12_21_12FXライブusd12_21_12c


RSI+5分足の売買シグナルは売りシグナル。

最後にドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ドル円の個人投資家のポジション動向を1日足で検証。

ディールスコープusd12_21_12


個人投資家のポジションの動向はドル円ロングが減少。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年12月21日のユーロ円予想 ■■■



次に、ユーロ円です。
同じくSBIFXTRADEのチャート画面を検証。

■■■ ユーロ円10分足・1時間・4時間・1日足チャート

SBIFXTRADEチャートeur12_21_12


ドル円と同様にユーロ円も全面、円安ユーロ高へ反発しているトレンド。

では、FXプライムのぱっと見テクニカルで予想します。

■■■ ユーロ円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur12_21a


2本がユーロ高、1本が円高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur12_21ac


1時間足は1本がユーロ高、2本が円高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur12_21aa


1日足では2本が横ばい、1本が円高のユーロ円予想です。

次にセントラル短資みらいチャート予想です。

 ⇒ みらいチャートとは?
 
■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1日足

みらいチャート12_21_12eur_2


1時間足では、1本がユーロ高、2本が横ばいのユーロ円予想です。

次に同じくFXライブでユーロ円のテクニカル指標ランキングを・・・

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近24時間+5分足

FXライブeur12_21_12b


直近24時間+5分足でみたパフォーマンスランキング1位は、DMI。
21回の取引で−2pips。

続いて、シグナルを同じくFXライブで検証。

FXライブeur12_21_12


DMI+5分足のシグナルはユーロ円売の予想シグナル
となってます。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur12_21_12


4時間足でみた、個人投資家のユーロ円のポジション動向は変化なし。

 ⇒ トップに戻る
 ⇒ SBIFX評判

■■■ 12年12月21日の豪ドル円予想 ■■■



最後は豪ドル円。

まず、SBIFXTRADEのチャート画面で検証。

■■■ 豪ドル円10分足・1時間・4時間・1日足チャート

SBIFXTRADEチャートaud12_21_12


同じくFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1207c


1本が豪ドル高、2本が横ばいの豪ドル円予想です。

■■■ 豪ドル円1時間予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1207c


3本ともに横ばいの豪ドル円予想となっております。

■■■ 豪ドル円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1207ab


2本が豪ドル高、1本が円高の豪ドル円予想。

次にセントラル短資みらいチャート予想です。


 ⇒ みらいチャートとは?
 
■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1日足

みらいチャート12_21_12aud_2


1日足のみらいチャートの豪ドル円予想は、2本が豪ドル高、
1本が横ばいの豪ドル円予想。

では、FXライブで豪ドル円のテクニカル指標ランキングを検証。

 ⇒ みらいチャート

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 直近24時間+5分足

FXライブaud12_21_12


ストキャスティクスが1位で1回の取引で+13pipsの結果です。

では、それら指標の売買シグナルを検証します。

FXライブaud12_21_12c


ストキャスティクス+5分足の売買シグナルは売予想です。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud12_21_12


1日足で見た豪ドル円の個人投資家のポジションは直近では
変化なし。ただ、長期のトレンドとしては豪ドル円ロングが減少。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 12月21日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【20日のニューヨーク外国為替市場】

 20日のニューヨーク外国為替市場でドル円は上値が重い。2時時点では84.32−37円と24時時点(84.27円)とほぼ同水準だった。米10年債利回りが低下幅を縮小したことで日米金利差拡大を意識した買いが入った。市場では「明日に日銀金融経済月報や12月月例経済報告の公表を控えて、日銀の追加金融緩和期待が再び高まるとの思惑も相場を支えた」との指摘があり、1時20分過ぎには84.455円と日通し高値をつけた。もっとも、株安などをながめクロス円が伸び悩んだ影響も同時に受けたため、買い一巡後は84.30円台で上値の重い動きとなった。

 ユーロドルは軟調。2時時点では1.3224−29ドルと24時時点(1.3275ドル)と比べて0.0051ドル程度のユーロ安準だった。オセアニア通貨などに対してドル買いが進んだ流れに沿ったほか、ダウ平均の下落に伴ってリスク回避目的のユーロ売り・ドル買いも出た。1時20分過ぎには1.3213−16ドルまで値を下げた。

 ユーロ円はさえない。2時時点では111.52−57円と24時時点(111.87円)と比べて35銭程度のユーロ安水準だった。112円台での上値の重さを確認したことで戻り売りに押された。ユーロドルの下げにつれた面もあり、2時前には111.48−51円まで下押しした。

 ⇒ 人に金貸して金利をGETするならソーシャルレンディング

【20日午後のアジア・オセアニア外国為替市場】

20日午後のアジア・オセアニア外国為替市場で円は荒い値動き。日銀は20日に開いた金融政策決定会合で、政策金利である無担保コール翌日物金利の誘導目標を0−0.1%のまま据え置くことを決めたと発表。声明では「資産買入等の基金を101兆円に増額」「長期国債買入れを5兆円、国庫短期証券買入れを5兆円増額」「次回会合で中長期的な物価安定の目処について点検」「新貸出支援制度の対象先は外国銀行の在日支店を含む預金取扱金融機関」などと伝わった。追加金融緩和を受けて一時円売りが強まったが、材料出尽くしとして直後には買い戻された。

 日経平均株価が120円超安から10円超安まで下げ幅を縮めるにつれて円の上値が切り下がったが、日経平均株価が引けにかけて130円超下落すると円買いが再開。市場では「スイス系銀行から円買い・ドル売りが観測された」との指摘もあり、円全体が強含んだ。

 白川方明日銀総裁は20日、定例記者会見で「安倍自民党総裁からの2%アコード要請は委員会で十分議論したい」「物価目標の見直し、結論が決まっているわけではない」「石田委員の付利引き下げ提案、金利水準の一段の低下をうながし為替に働きかける観点」などと語ったが、特に材料視されず高値圏でのもみ合いが続いた。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

円安ずっぽし的中のツールで19日のドル円ユーロ円豪ドル円予想 by ぱっと見、FXライブ、ディールスコープ、みらいチャート

おはようございます。

 ⇒ 人に金貸して金利をGETするならソーシャルレンディング

昨日は、午前9時半に豪準備銀行の金融政策会合議事録が、英PPI,CPIが、
NYでは、米第三四半期経常収支の発表がありました。

では直近の円安を見事的中させたFXツールで今後を再び、予想します。

 ⇒ 全自動でFXを取引するならカブドットコム証券のシストレFX

■■ 元リーマンブラザーズ社員の無料FX予測ツール一覧 ■■

FXプライムぱっと見テクニカル
セントラル短資みらいチャート
セントラル短資FXライブ
外為オンラインディールスコープ

 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年12月19日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年12月19日のドル円予想 ■■■



まず、現在の最新の為替相場からチェックします。

最新スプレッドランキング1位の
SBIFXTRADEから。

■■■ 最新の為替相場(SBIFXTRADEから抜粋)

SBIFXTRADEスプレッド評判12_19


ドル円は84円20銭あたり、ユーロ円は111円40銭付近と前回の予想
どおり、さらに円安がすすんでおります!

次にチャートを見ていきましょう(同じくSBIFXTRADEのチャート画面から)。

■■■ ドル円10分足・1時間・4時間・1日足チャート

SBIFXTRADEチャート60分足12_19_12


10分足、1時間足、4時間、1日足の4つの軸のドル円チャートをチェック
しました。

きれいに、全ての時間軸で円安が計測されており、円安ドル高円安トレンド
の真っ只中です。

では、GMOグループであるFXプライムの最強の予想ツール”ぱっと見テクニカル”で、
検証してまいります。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd12_19a


10分足の予想は2本が横ばい、1本が若干の円高のドル円予想。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd12_19b


1時間足の予想は1本が円高へ2本がドル高へいくドル円予想。

■■■ ドル円4時間足予想 *FXプライムぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd12_19ab


4時間足では2本が円高、1本がドル高のドル円予想。

では売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル12_19aya


ドル円売りは7位からなんと最下位まで急激にランクダウン。
ドル円買いは7位から最上位へと、オセロのようなドル円予想結果!

ぱっと見テクニカル12_19az


ただ、パターン分析での各為替予想は、全面買いの方向。

ではセントラル短資みらいチャートで、同じく値動きを予想。

 ⇒ みらいチャート

■■■ みらいチャート ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_19_12ba


みらいチャートの1時間足の予想は2本が
横ばい、1本がドル高のドル円予想。

では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近1週間+5分足

FXライブusd12_19_12FXライブusd12_19_12c


移動平均+5分足の売買シグナルは買いシグナル。

最後にドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ドル円の個人投資家のポジション動向を直近の動きで
検証するため、4時間足で見てみます。

ディールスコープusd12_19_12


個人投資家のポジションの動向はあれだけドル高に触れたものの
あまり変化はありません。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年12月19日のユーロ円予想 ■■■



次に、ユーロ円です。
同じくSBIFXTRADEのチャート画面を検証。

■■■ ユーロ円10分足・1時間・4時間足チャート

SBIFXTRADEチャートeur12_19_12


ドル円と同様にユーロ円も全面、円安ユーロ高へ反発しているトレンド。

では、FXプライムのぱっと見テクニカルで予想します。

■■■ ユーロ円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur12_19a


3本ともにばらばらのユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur12_19ac


1時間足は2本がユーロ高、1本が横ばいのユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur12_19aa


4時間足では3本ともに横ばいのユーロ円予想です。

次にセントラル短資みらいチャート予想です。

 ⇒ みらいチャートとは?
 
■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1時間足

みらいチャート12_19_12eur_2


1時間足では、1本がユーロ高、2本が横ばいのユーロ円予想です。

次に同じくFXライブでユーロ円のテクニカル指標ランキングを・・・

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近1週間+5分足

FXライブeur12_19_12b


直近1週間+5分足でみたパフォーマンスランキング1位は、DMI。
128回の取引で+252pips。

続いて、シグナルを同じくFXライブで検証。

FXライブeur12_19_12


DMI+5分足のシグナルはユーロ円売の予想シグナル
となってます。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur12_19_12


4時間足でみた、個人投資家のユーロ円のポジション動向は変化なし。

 ⇒ トップに戻る
 ⇒ SBIFX評判

■■■ 12年12月19日の豪ドル円予想 ■■■



最後は豪ドル円。

まず、SBIFXTRADEのチャート画面で検証。

■■■ 豪ドル円10分足・1時間・4時間・1日足チャート

SBIFXTRADEチャートaud12_19_12


同じくFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1207c


2本が豪ドル高、1本が円高の豪ドル円予想です。

■■■ 豪ドル円1時間予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1207c


2本が豪ドル高、1本が横ばいの豪ドル円予想となっております。

■■■ 豪ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1207ab


2本が豪ドル高、1本が横ばいの豪ドル円予想。

次にセントラル短資みらいチャート予想です。


 ⇒ みらいチャートとは?
 
■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_19_12aud_2


1時間足のみらいチャートの豪ドル円予想は、結局は3本とも横ばい
の豪ドル円予想。

では、FXライブで豪ドル円のテクニカル指標ランキングを検証。

 ⇒ みらいチャート

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 直近1週間+5分足

FXライブaud12_19_12


DMIが全回に続けて1位で88回の取引で+157pipsの結果!

では、それら指標の売買シグナルを検証します。

FXライブaud12_19_12c


DMI+5分足の売買シグナルは買予想です。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud12_19_12


1日足で豪ドル円の個人投資家のポジションは変化なし。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 12月19日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【18日のニューヨーク外国為替市場】

 18日のニューヨーク外国為替市場でユーロ円は買い継続。4時時点では111.31−36円と2時時点(111.08円)と比べて23銭程度のユーロ高水準だった。ダウ平均が前日比で120ドル超高まで上げ幅を広げたことを受け、投資家のリスク許容度拡大を意識した買いが継続。一時111.42円と3月21日につけた年初来高値の111.43円に迫る水準まで上昇した。

 ⇒ 人に金貸して金利をGETするならソーシャルレンディング

 ドル円はじり高。4時時点では84.15−20円と2時時点(84.01円)と比べて14銭程度のドル高水準だった。ユーロ円などクロス円の上昇につれたほか、米長期金利の上昇に伴って日米金利差拡大を意識した買いも入った。3時40分過ぎには84.20円と日通し高値をつけた。なお、一部通信社はホワイトハウス報道官の話として「ベイナー下院議長の提案は信頼出来る代替案とは言えない」「オバマ米大統領は妥協は辞さないものの、原則は通す」などと伝えたものの、目立った反応は見られなかった。

 ユーロドルは底堅い。4時時点では1.3227−32ドルと2時時点(1.3220ドル)と比べて0.0007ドル程度のユーロ高水準だった。急ピッチで上昇した反動で利益確定売りなども出たが、株高を背景にした買いに支えられて底堅く推移。3時10分過ぎには1.3238ドルと5月2日以来の高値を更新する場面も見られた。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

FX業者徹底比較 by 元リーマン社員

□■FX業者スプレッド徹底比較■□

★ 2012年12月更新 ★

FX業者最小スプレッド比較ランキング 
FX業者名 スプレッド(pips)
米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 ユーロ
米ドル
合計
SBIFXTRADE 0.11 0.59 0.99 0.85 0.49 3.03
YJFX! 0.3 0.7 1.2 0.8 0.6 3.6
GMOクリック証券 0.3銭原則固定 0.7銭原則固定 1.2銭原則固定 1.0銭原則固定 0.6pips原則固定 3.8
DMMFX 0.3 0.7 1.2 1.0 0.6 3.8
外為ジャパン
※キャンペーンスプレッド
0.2 0.7 1.2 1.2 0.6 3.9
FXプライム 0.5 0.9 1.8 1.4 0.8 5.4
みんなのFX 0.3 0.9 1.6 1.9 0.9 5.6
FXトレードフィナンシャル 0.5 1.2 2.0 1.6 0.8 6.1
アイネットFX 0.7 1.4 2.0 1.5 0.6 6.2
マネックスFX 0.8 1.4 2.4 1.6 1.0 7.2
サクソバンク 0.6 1.5 3.5 1.8 0.6 8.0
FX online 0.6 1.9 3.5 2.2 1.0 9.2
FXブロードネット 0.3 0.8 4.7 3.6 0.5 9.9
セントラル短資FX 1.0 2.0 4.0 3.0 0.8 10.8
ライブスター証券 0.9 1.9 3.4 3.2 1.4 10.8
フォーランドフォレックス 0.6 1.9 4.0 5.0 0.9 12.4
外為オンライン 1.0 2.0 5.0 5.0 1.0 14.0
ひまわり証券 1.0 3.0 6.0 4.0 2.0 16.0
M2J 4.0 5.0 8.0 6.0 5.0 28.0


□■FX業者スワップ金利徹底比較■□
FX業者スワップ金利比較 *2010年9月24日更新 *マネックスFXは2012年10月調べ
FX業者名 ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZ円 ランド円 合計
フォーランドフォレックス 5 10 20 102 53 21 211
外為オンライン 6 10 20 100 52 19 207
アイネットFX 6 10 20 100 52 19 207
ライブスター証券(旧IDO証券) 6 10 20 100 52 19 207
外為どっとコム 4 10 17 101 50 18 200
セントラル短資 5 8 18 96 52 19 198
YJFX! 3 9 15 100 49 18 194
株式会社MJ 4 8 16 96 50 19 193
FXブロードネット 4 7 15 95 50 19 190
GMOクリック証券 3 8 15 97 49 18 190
みんなのFX 3 5 13 93 47 20 181
マネックスFX 2 -30 11 70 41 10 104
ひまわり証券 2 9 13 90 47 15 176
FXプライム 0 2 8 94 50 18 172
DMMFX 1 2 9 79 40 18 149

□■FX業者スペック比較徹底比較■□
FX業者自己資本比率スペック徹底比較 *2010年3月3日作成
FX業者名 スペック
取引通貨ペア数 レバレッジ 最低取引単位 初回入金額(円) 自己資本規制比率 資本金(億円) 外貨受渡
DMM.com証券
DMM FXは初心者向け
12 25 10,000 50,000 6.1% 48 ×
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
24 25 10,000 5,000 3.9% 1.6 ×
セントラル短資
22 25 10,000 20,000 4.2% 13.1
外為どっとコム 12 25 1,000 0 5.4% 7.6 ×
YJFX! 22 25 1,000 4,600(ドル円1000通貨取引の場合の取引証拠金) 1212.7% 4.9 ×
FXトレーディングシステ 24 25 1,000 30,000 4.4% 3 ×
マネックスFX 13 25 100,000 0 4.3% 18
FXプライム 13 25 100,000 1,000 4.0% 13.6 ×
FX online 65 25 10,000 50,000 3.1% 4 ×
EMCOM証券 16 25 1,000 100,000 2.6% 5.5 ×
アイディーオー 24 25 10,000 0 2.4% 21 ×
ひまわり証券 30 25 10,000 0 2.1% 20

 ・全て徹底比較はコチラ
 ・ツール徹底比較はコチラ
 ・キャッシュバック徹底比較はコチラ
 ・DMMFXの評判評価はコチラ
DMM FX

12月13日の朝の為替をぱっと実テクニカル、FXライブ、みらいチャートを駆使して徹底予想!

おはようございます。

本日は、17時30分にスイス国立銀行が3カ月物銀行間取引金利の誘導目標中心値を発表しました。

■■ スイス国立銀行の発表 ■■



その結果はスイスフランの3カ月物ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)CHLBOR=ECI目標レンジも0.00―0.25%に据え置きました。また、スイス国立銀行は13日、スイスフラン相場の上限を1ユーロ=1.20フランとする政策を継続すると発表した。スイスフランが依然高水準と認識し、フラン上昇が物価の安定を脅かし、スイス経済に深刻な結果をもたらすとも指摘しました。フランの上限防衛に全力を尽くし、無制限に外貨を購入する方針を再表明した。ユーロ圏債務危機や米財政の崖問題を踏まえてスイス経済の下方リスクが引き続き大きいとし、必要ならさらなる措置を講じる姿勢も示しました。

 ⇒ ヤフーFX
 ⇒ ソーシャルレンディング

またもや今後の金利に注目があつまります。

まずは、テクニカル的な面からFX業者が無料で提供する予測ツールを駆使して
今後のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想を行って行きます。

■■ 元リーマンブラザーズ社員の無料FX予測ツール一覧 ■■


 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカル
 ⇒ セントラル短資みらいチャート
 ⇒ セントラル短資FXライブ
 ⇒ 外為オンラインディールスコープ
a

 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年12月13日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年12月13日のドル円予想 ■■■



まず、現在の最新の為替相場からチェックします。

最新スプレッドランキング1位の
SBIFXTRADEから。

■■■ 最新の為替相場(SBIFXTRADEから抜粋)

SBIFXTRADEスプレッド評判12_13


ドル円は83円61銭あたり、ユーロ円は109円30銭と前回の予想
どおり、円安ドル高へ触れております。

次にチャートを見ていきましょう(同じくSBIFXTRADEのチャート画面から)。

■■■ ドル円10分足・1時間・4時間・1日足チャート

SBIFXTRADEチャート60分足12_13_12


10分足、1時間足、4時間、1日足の4つの軸のドル円チャートをチェック
すると、ドル高円安トレンドがいい勢いですすんでおります。

では、伊藤忠グループであるFXプライムの最強の予想ツール”ぱっと見テクニカル”で、
検証してまいります。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd12_13a


10分足の予想は1本が横ばい、2本がドル高のドル円予想。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd12_13b


1時間足の予想は2本が円高へ1本がドル高へいくドル円予想。

■■■ ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd12_13ab


4時間足も1時間足と同様に2本が円高、1本がドル高ですのドル円予想。

では売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル12_13aya


ドル円売りは8位から7位へ1ランクアップ。
ドル円買いは7位と前回と同じランク。

ぱっと見テクニカル12_13az


パターン分析での各為替予想は、昨日に続けて全面円安方向。

ではセントラル短資みらいチャートで、同じく値動きを予想。

 ⇒ みらいチャート

■■■ みらいチャート ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_13_12ba


みらいチャートの1時間足の予想は1本が
横ばい、2本がドル高のドル円予想。

では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近24時間+5分足

FXライブusd12_13_12FXライブusd12_13_12c


DMI+5分足の売買シグナルは買いシグナル。

最後にドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ドル円の個人投資家のポジション動向を直近の動きで
検証するため、4時間足で見てみます。

ディールスコープusd12_13_12


個人投資家のポジションの動向は直近で若干ドル円ロング(買い持ち)
が減少。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年12月13日のユーロ円予想 ■■■



次に、ユーロ円です。
同じくSBIFXTRADEのチャート画面を検証。

■■■ ユーロ円10分足・1時間・4時間足チャート

SBIFXTRADEチャートeur12_13_12


ドル円と同様にユーロ円も全面、円安ユーロ高へ反発しているトレンド。

では、FXプライムのぱっと見テクニカルで予想します。

■■■ ユーロ円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur12_13a


3本ともにばらばらのユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur12_13ac


1時間足も10分足と同様に3本ともバラバラのユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur12_13aa


4時間足では1本がユーロ高、2本が円高のユーロ円予想です。

次にセントラル短資みらいチャート予想です。

 ⇒ みらいチャートとは?
 
■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1時間足

みらいチャート12_13_12eur_2


1時間足では、2本が緩やかなユーロ高、1本がほぼ横ばい
のユーロ円予想です。

次に同じくFXライブでユーロ円のテクニカル指標ランキングを・・・

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近24時間+5分足

FXライブeur12_13_12b


直近24時間+5分足でみたパフォーマンスランキング1位は、
移動平気。8回の取引で+168pips。

続いて、シグナルを同じくFXライブで検証。

FXライブeur12_13_12


移動平均+5分足のシグナルはユーロ円買の予想シグナル
となってます。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur12_13_12


1時間足でみた、個人投資家のユーロ円のポジション動向は直近でユーロ円ロングが
ジョジョ微増。

 ⇒ トップに戻る
 ⇒ SBIFX評判

■■■ 12年12月13日の豪ドル円予想 ■■■



最後は豪ドル円。

まず、SBIFXTRADEのチャート画面で検証。

■■■ 豪ドル円10分足・1時間・4時間・1日足チャート

SBIFXTRADEチャートaud12_13_12


同じくFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1207c


3本とも豪ドル高の豪ドル円予想です。

■■■ 豪ドル円1時間予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1207c


結局は3本とも円高の豪ドル円予想となっております。

■■■ 豪ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1207ab


2本が豪ドル高、1本ががっつり円高の豪ドル円予想。

次にセントラル短資みらいチャート予想です。


 ⇒ みらいチャートとは?
 
■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_13_12aud_2


1時間足のみらいチャートの豪ドル円予想は、1本が円高、2本が横ばい
の豪ドル円予想。

では、FXライブで豪ドル円のテクニカル指標ランキングを検証。

 ⇒ みらいチャート

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 直近24時間+5分足

FXライブaud12_13_12


DMIが1位で19回の取引で+46pipsの結果!

では、それら指標の売買シグナルを検証します。

FXライブaud12_13_12c


DMI+5分足の売買シグナルは予想です。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud12_13_12


1日足で豪ドル円の個人投資家のポジションはロングがジョジョに減少中。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 12月13日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【プロの味方】

(13日終値)

ドル・円相場(14日3時時点):13日15時時点比16銭安の1ドル=83.48円
ユーロ・円相場:同34銭安の1ユーロ=109.08円
ユーロ・ドル相場:同0.0014ドル安の1ユーロ=1.3069ドル
FTSE100種総合株価指数:前日比16.24ポイント安の5929.61
ドイツ株式指数(DAX):同32.81ポイント安の7581.98
10年物英国債利回り(14日3時時点):同0.039%高い(価格は安い)1.860%
10年物独国債利回り(14日3時時点):同0.017%高い(価格は安い)1.353%

(主な欧州経済指標)          <発表値>    <前回発表値>
11月スイス生産者輸入価格(前月比)  0.0%        ▲0.1%
スイス国立銀行(SNB、中央銀行)政策金利 0.00%に据え置き     0.00%

※改は改定値を表す。

(各市場の動き)

・ユーロドルは上値が重い。日本株の上昇などを背景に投資家が運用リスクを取りやすくなるとして買いが先行した。前日の高値1.3098ドルをわずかに上抜け、1.3100ドルまで値を上げた。ただ、市場から「5日の高値1.3127ドルがレジスタンスとして意識される」「1.31ドル台では戻り売り意欲が旺盛だ」との声が聞かれ、上値の重さを嫌気した売りに押される展開に。スイス国立銀行(中央銀行、SNB)は13日、政策金利の据え置きとともにユーロスイスフランの下限1.2000スイスフランを維持すると発表。一部市場で「SNBが下限を引き上げる」との思惑があっただけに、ユーロスイスフランが下げ足を速めたことも売りを誘った。欧州株や時間外のダウ先物の下落も重しとなり、1.3040ドルまで値を下げた。

 その後、欧州株が下げ止まり、ダウ先物が持ち直すにつれて次第に買い戻された。「日本時間22時15分の欧州中央銀行(ECB)フィキシングに絡んだ買いが入った」との指摘があったうえ、ダウ平均が一時プラス圏に浮上したことも支えとなり1.3100ドルと日通し高値に面合わせした。

 もっとも、1.31ドル台での戻り売りは依然として厚く、再び押し戻された。米共和党のベイナー下院議長が「オバマ米大統領は財政の崖を回避するための歳出削減に関して真剣ではない」と発言するなど、「財政の崖」への警戒感が根強いなかでダウ平均が70ドルを超す下げ幅に。米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が英国の格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げ、ポンドドルの売りが加速した影響も受け、1.3060ドルまで失速した。

・ユーロ円も上値が重い。日本株高や日銀の追加金融緩和期待を背景に、アジア時間から買いが膨らんだ影響が残った。4月4日以来の高値となる109.55円まで値を上げた。ただ、欧州株が下落したうえ、ユーロスイスフランが下げ足を速めた影響から108.65円まで一転下落した。その後、ユーロドルの上昇を支えに109.42−47円まで再び上げたが、一時持ち直したダウ平均が70ドル超下落すると109.00円付近まで失速した。S&Pによる英格付け見通し引き下げを受け、ポンド円が下押ししたことも相場の重しとなった。

・ドル円は下値が堅い。アジア時間には83.67円と3月21日以来の高値を更新したが、市場では「84.00円に設定されているバリアオプションの防戦売りが83.70円から並んでいる」との指摘があり、頭の重さが嫌気された。米長期金利の低下も売りを誘い、83.23−26円まで値を下げた。ただ、その後の米長期金利が上昇に転じ上昇幅を拡大したため、83.60円付近までじりじりと値を戻した。

 ⇒ ソーシャルレンディング

 この日発表された米経済指標で、11月米小売売上高は前月比0.3%増と市場予想平均の前月比0.5%増を下回った一方、前週分の新規失業保険申請件数は34万3000件と市場予想平均の36万9000件程度より強い結果となった。強弱入り混じる内容となったため、市場への影響は限定的だった。

・ロンドン株式相場は7営業日ぶりに反落。バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が昨日の定例記者会見で「FRBは『財政の崖』からの転落による影響を相殺する手段を有していない」などと語り、「財政の崖」に対する警戒感が改めて高まったことが嫌気された。前日までに6日続伸した反動から、利益確定の売りが出やすい面もあった。アストラゼネカやグラクソ・スミスクラインなどヘルスケアセクターの下落が指数の重しとなった。半面、ボーダフォンやBTグループなど電気通信サービスセクターは堅調だった。

・フランクフルト株式相場は4営業日ぶりに反落。バーナンキFRB議長が昨日の定例記者会見で「FRBは『財政の崖』からの転落による影響を相殺する手段を有していない」などと語り、「財政の崖」問題が改めて懸念された。前日までに3日続伸し、2008年1月15日以来の高値を更新した反動も出て軟調に推移した。個別では、ドイツ銀行(2.71%安)や投資判断が引き下げられたRWE(2.65%安)、アディダス(2.08%安)などの下げがきつかった。半面、ルフトハンザ(0.66%高)やミュンヘン再保険(0.56%高)などは上げた。

・欧州債券相場は下落。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2012/12更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

ヤフーが買収したFX業者 サイバーエージェントFXからYJFX!へ

昨今、SBIがSBIFXTRADEを開始するなど、それなりにFX業界にインパクトが大きいニュースはありましたが、あのヤフーがFXに参入するのは大きな事件です。

ヤフーFX


ここにきて、金融をゆうする楽天グループに後塵をはいしてはいけないと思ったのか、ヤフーは、いままで決済サービスしか手を出していなかった金融事業を一気にてがけるとのことです。

その第一弾として、YJFX!(旧サイバーエージェントFX)。買収額は210億円ですね。

・・・・ヤフーはご存知のとおり、ソフトバンクグループです。ソフトバンクは過去に金融事業たるSBIグループを叩き売った事は記憶に懐かしい。

そのSBIの時価総額は1000億円ちょっと。

ヤフーが本気になれば、SBIだって買収できそうです。

とにもかくにも、ヤフーグループのFX業者たるスペックはSBIを下回ると思いますが、ヤフーポイントとの連携やヤフーファイナンス掲示板との連携など、色々とヤフーグループ入りしたメリットを最大限活かしたサービスをYJFX!(旧サイバーエージェントFX)は提供していく事でしょう。

ここにきて、ついにFX業界の黒船登場といったところでしょうか。

ちなみに買収され売られるみとなったYJFX!(旧サイバーエージェントFX)のスタッフはラブホテルにかこまれた渋谷のオフィスより、洗練された三井不動産のビルMIDTOWNで働く事をステイタスに感じかもしれません。

だってスタッフの顔がいきいきしています。売られる会社の社員の顔ではありません。

ヤフーFX


サイバーのIR資料を見てみると・・・

ヤフーFX


ヤフーFX


ヤフーFX


サイバーはどうやら、SNSゲーム関連に集中投資をおこなうようですね。しかもメインはテレビ広告で会員数をゲット。

YJFX!(旧サイバーエージェントFX)をヤフー系列のFX業者として売却して得た210億円で何をするかというと、テレビ広告をフルに廻すとの事(現在、スマホでゲームするならアメーバ!って気合はいったCMでながれてるやつ。月額30億円程度らしい。)。

まさに、ネット時代のビジネスモデルといえるのではないでしょうか?

情報商材ビジネスにたとえると、まずはリスト集めを金かけてやってる感じでしょうかね?
DMM FX

12月12日 北朝鮮ミサイル発射後の為替をFX業者のツールで徹底予想

こんばんは。

本日は昼間に北朝鮮のミサイルが発射されましたね。日本には無事落下した
ものはなかったらしいですが、これで、北朝鮮のミサイル技術が一段と高度
になった事を示唆します。

マーケットもそれを受けてか円が全面的に売られて円安となっております。

そして、本日深夜、もうすぐですが、米国FOMC終了後の政策金利発表が予定
されています。

 ⇒ ソーシャルレンディング

政策金利とともにこれからの金融政策の方向にも注目が集まっています。

では、テクニカル的な面からFX業者が無料で提供する予測ツールを駆使して
今後のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想を行って行きます。

■■ 元リーマンブラザーズ社員の無料FX予測ツール一覧 ■■


 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカル
 ⇒ セントラル短資みらいチャート
 ⇒ セントラル短資FXライブ
 ⇒ 外為オンラインディールスコープ
a

 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年12月12日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年12月12日のドル円予想 ■■■



まず、現在の最新の為替相場からチェックします。

最新スプレッドランキング1位の
SBIFXTRADEから。

■■■ 最新の為替相場(SBIFXTRADEから抜粋)

SBIFXTRADEスプレッド評判12_12


ドル円は82円85銭あたり、ユーロ円は107円95銭と円安へ
触れております。

次にチャートを見ていきましょう(同じくSBIFXTRADEのチャート画面から)。

■■■ ドル円10分足・1時間・4時間足チャート

SBIFXTRADEチャート60分足12_12_12


10分足、1時間足、4時間足の3つの軸のドル円チャートをチェック
すると、ドル高円安トレンドがいい勢いですすんでおります。12時以降
の円安は北朝鮮のミサイル発射も影響あるのでしょうか?

では、伊藤忠グループであるFXプライムの最強の予想ツール”ぱっと見テクニカル”で、
検証してまいります。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd12_12a


10分足の予想は3本とも横ばいなドル円予想。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd12_12b


1時間足の予想は2本が円高へ1本がドル高へいくドル円予想。

■■■ ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd12_12ab


4時間足も1時間足と同様に2本が円高、1本がドル高ですのドル円予想。

では売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル12_12aya


ドル円売りは2位から8位へランクダウン。
ドル円買いは9位から7位へ2ランクアップ。

ぱっと見テクニカル12_12az


パターン分析での各為替予想は、ほぼ円安方向。

ではセントラル短資みらいチャートで、同じく値動きを予想。

 ⇒ みらいチャート

■■■ みらいチャート ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_12_12ba


みらいチャートの1時間足の予想は2本が
横ばい、1本が円高のドル円予想。

では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近24時間+5分足

FXライブusd12_12_12


直近24時間+5分足でみたテクニカルチャートのランキング1位は、
ボリンジャーバンド。12回の取引で+33pipsの勝利。

それでは、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

FXライブusd12_12_12c


ボリンジャーバンド+5分足の売買シグナルは買いシグナル。

最後にドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ドル円の個人投資家のポジション動向を直近の動きで
検証するため、4時間足で見てみます。

ディールスコープusd12_12_12


個人投資家のポジションの動向は直近で若干ドル円ロング(買い持ち)
が減少。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年12月12日のユーロ円予想 ■■■



次に、ユーロ円です。
同じくSBIFXTRADEのチャート画面を検証。

■■■ ユーロ円10分足・1時間・4時間足チャート

SBIFXTRADEチャートeur12_12_12


ドル円と同様にユーロ円も全面、円安ユーロ高へ反発しているトレンド。

では、FXプライムのぱっと見テクニカルで予想します。

■■■ ユーロ円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur12_12a


3本ともに横ばいのユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur12_12ac


1本がほぼ横ばい、2本がユーロ高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur12_12aa


1時間足と同様に4時間足でも2本がユーロ高、1本が円高の
ユーロ円予想です。

次にセントラル短資みらいチャート予想です。

 ⇒ みらいチャートとは?
 
■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1時間足

みらいチャート12_12_12eur_2


1時間足では、2本が横ばい、1本が円高のユーロ円予想です。
次に同じくFXライブでユーロ円のテクニカル指標ランキングを・・・

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近24時間+5分足

FXライブeur12_12_12b


直近24時間+5分足でみたパフォーマンスランキング1位は、
ボリンジャーバンド。17回の取引で+21pips。

続いて、シグナルを同じくFXライブで検証。

FXライブeur12_12_12


ボリンジャーバンド+5分足のシグナルはユーロ円買の予想シグナル
となってます。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur12_12_12


1時間足でみた、個人投資家のユーロ円のポジション動向は直近でユーロ円ロングが
ジョジョに減少。

 ⇒ トップに戻る
 ⇒ SBIFX評判

■■■ 12年12月12日の豪ドル円予想 ■■■



最後は豪ドル円。

まず、SBIFXTRADEのチャート画面で検証。

■■■ 豪ドル円10分足・1時間・4時間足チャート

SBIFXTRADEチャートaud12_12_12


同じくFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1207c


3本とも豪ドル高、横ばい、円高とバラバラの豪ドル円予想です。

■■■ 豪ドル円1時間予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1207c


1本が豪ドル高、2本が円高の豪ドル円予想となっております。

■■■ 豪ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1207ab


1本が豪ドル高、2本が横ばいの豪ドル円予想。

次にセントラル短資みらいチャート予想です。


 ⇒ みらいチャートとは?
 
■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_12_12aud_2


1時間足のみらいチャートの豪ドル円予想は、2本が円高、1本が横ばい
の豪ドル円予想。

では、FXライブで豪ドル円のテクニカル指標ランキングを検証。

 ⇒ みらいチャート

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 直近1週間+5分足

FXライブaud12_12_12


ストキャスティクスが1位で1回の取引で+56pipsの結果!

では、それら指標の売買シグナルを検証します。

FXライブaud12_12_12c


ストキャスティクス+5分足の売買シグナルは豪ドル円売りの予想です。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud12_12_12


1日足で豪ドル円の個人投資家のポジションはロングがジョジョに減少中。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 12月12日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【プロの味方】

今晩のFOMCでの追加緩和期待から全般ドル売り基調であるが、ドル円は堅調なクロス円に支えられて底堅く推移している。明日早朝のバーナンキFRB議長の定例記者会見の発言に注意したい。今日は豪ドル円のロングを維持している。豪ドル円はここ数日86.00-10円近辺の安値が続いており、一時的なサポートレベルとなっていることもあり、ストップロスは86.00円割れに置きたい。

 ⇒ ソーシャルレンディング

【マーケットコメント 東京為替市場】

 12日午後の東京外国為替市場でドル円は高値圏でもみ合い。17時時点では82.76−81円と15時時点(82.65円)と比べて11銭程度のドル高水準だった。欧州勢が参加する時間帯に入ると、アジア時間に付けた高値の82.69円を上抜けて、一時82.81円まで上値を拡大した。目先の上値目処とされている7日高値の82.835円や11月22日高値の82.84円を上回ることは出来なかったものの、そのまま高値圏での推移を続けた。

 なお、市場では「83.00円に観測されているバリアオプションの防戦をめぐって攻防が続いている」との声があった。

 ユーロ円はもみ合い。17時時点では107.61−66円と15時時点(107.44円)と比べて17銭程度のユーロ高水準だった。17時過ぎには一時107.74円まで値を上げて、11月30日高値の107.675円を上回った。

 ユーロドルももみ合い。17時時点では1.3001−06ドルと15時時点(1.2998ドル)とほぼ同水準だった。16時40分過ぎには一時1.2996ドルまで下押しする場面があったものの、17時過ぎには前日高値の1.3015ドルに面合わせした。

 なお、12日発表になった11月の独消費者物価指数(CPI)改定値は前月比0.1%低下だった。速報値、市場予想平均の0.1%低下と同じだったことで、目立った反応は見られなかった。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

12月10日深夜のドル円、ユーロ円、豪ドル円をぱっと見テクニカル、みらいチャート、FXライブ、ディールスコープを駆使して徹底予想!

こんばんは。月曜も夜を迎える六本木です。

いきなり円高へすすんだ為替相場ですが、今後はどっちの方向へトレンドが
進むのか、FX業者の無料ツールを駆使して徹底検証。

また、今日から愛弟子がトレードする様子も合わせてウオッチします!

■■ 元リーマンブラザーズ社員の無料FX予測ツール一覧


 ⇒ セントラル短資FXみらいチャート
 ⇒ セントラル短資FXFXライブ
 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカル
 ⇒ 外為オンラインディールスコープ

 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年12月10日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年12月10日のドル円予想 ■■■



まず、現在の最新の為替相場からチェックします。

最新スプレッドランキング1位の
SBIFXTRADEから。

■■■ 最新の為替相場(SBIFXTRADEから抜粋)

SBIFXTRADEスプレッド評判12_10


ドル円は82円10銭あたり、ユーロ円は106円04銭の攻防。

次にチャートを見ていきましょう(同じくSBIFXTRADEのチャート画面から)。

■■■ ドル円10分足・1時間・4時間・1日足チャート

SBIFXTRADEチャート60分足12_12_10


1時間足から1日足までの時間足でドル円のチャートを検証すると、
円高へ進んでいるもののまだまだドル高トレンドへ行きそうです。

では、伊藤忠グループであるFXプライムの最強の予想ツール”ぱっと見テクニカル”で、
検証してまいります。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd12_10b


1時間足の予想は3本とも別々の方向へいくドル円予想。

■■■ ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd12_10ab


4時間足で検証しても、1時間足と同様に3本ともバラバラ。

■■■ ドル円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd12_10abc


1日足でみたドル円予想は、2本が円高。1本がドル高へいくドル円予想。

では売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル12_10aya


ドル円売りは9位から2位へ大躍進!
ドル円買いは6位から9位へ3つランクダウン。

ぱっと見テクニカル12_10az


パターン分析での各為替予想は、ドル円は売りが強い予想。

ではセントラル短資FXみらいチャートで、同じく値動きを予想。

 ⇒ みらいチャート

■■■ みらいチャート ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_12_10ba


みらいチャートの1時間足の予想は2本が
ドル高、1本が円高のドル円予想。

では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近1週間+5分足

FXライブusd12_12_10


直近1週間で見た5分足でのテクニカルチャートのランキング1位は、
RSI。5回の取引で+35pipsの勝利。

それでは、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

FXライブusd12_12_10c


RSI+5分足の売買シグナルは買いシグナル。
最後にドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ドル円の個人投資家のポジション動向を直近の動きで
検証するため、4時間足で見てみます。

ディールスコープusd12_12_10


個人投資家のポジションの動向は1日足で検証した場合、ジョジョに
ドル円ロングが減少しております。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年12月10日のユーロ円予想 ■■■



次に、ユーロ円です。
同じくSBIFXTRADEのチャート画面を検証。

■■■ ユーロ円10分足・1時間・4時間・1日足チャート

SBIFXTRADEチャートeur12_12_10


ドル円と同様にユーロ円も円安ユーロ高へ反発しているトレンドです。

では、FXプライムのぱっと見テクニカルで予想します。

■■■ ユーロ円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur12_10ac


1本が円高、2本がユーロ高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur12_10aa


2本が円高、1本がユーロ高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur12_10ab


2本が円高、1本がユーロ高のユーロ円予想です。

次にセントラル短資FXみらいチャート予想です。

 ⇒ みらいチャートとは?
 
■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1時間足

みらいチャート12_12_10eur_2


1時間足では、1本がユーロ高、2本が円高のユーロ円予想です。
次に同じくFXライブでユーロ円のテクニカル指標ランキングを・・・

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近1週間+5分足

FXライブeur12_12_10b


直近1週間+5分足でみたパフォーマンスランキング1位は、
ストキャスティクス。5回の取引で+136pips。

続いて、シグナルを同じくFXライブで検証。

FXライブeur12_12_10


ストキャスティクス+5分足のシグナルはユーロ円買の予想シグナルとなってます。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur12_12_10


1日足でみた、個人投資家のユーロ円のポジション動向は直近でユーロ円ロングが
急増。

 ⇒ トップに戻る
 ⇒ SBIFX評判

■■■ 12年12月10日の豪ドル円予想 ■■■



最後は豪ドル円。

まず、SBIFXTRADEのチャート画面で検証。

■■■ 豪ドル円10分足・1時間・4時間・1日足チャート

SBIFXTRADEチャートaud12_12_10


同じくFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円1時間予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1207c


2本が豪ドル高、1本が円高の豪ドル円予想となっております。

■■■ 豪ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1207ab


3本ともにバラバラの豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1207c


3本ともに豪ドル高の豪ドル円予想。

次にセントラル短資FXみらいチャート予想です。


 ⇒ みらいチャートとは?
 
■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1日足

みらいチャート12_12_10aud_2


1日足のみらいチャートの豪ドル円予想は、1本が豪ドル高、2本が横ばい
の豪ドル円予想。

では、FXライブで豪ドル円のテクニカル指標ランキングを検証。

 ⇒ みらいチャート

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 直近1週間+5分足

FXライブaud12_12_10


MACDが1位で14回の取引で+32pipsの結果を挙げてます。

では、それら指標の売買シグナルを検証します。

FXライブaud12_12_10c


MACD+5分足の売買シグナルは豪ドル円買いの予想です。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud12_12_10


1日足で豪ドル円の個人投資家のポジションはロングが激減。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 12月10日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【マーケットコメント アジア・オセアニア市場】

【Overview】
10日午後のアジア・オセアニア外国為替市場で円は小幅高。日経平均が下げに転じたタイミングで円買い・外貨売りが入ったほか、イタリア国債の利回りが急上昇したことでリスク回避的な円買いが入った。欧州株先物の下落も円の支援材料。ただ、市場では「円の上値の重さも意識される」との指摘があり、そのあとは伸び悩んだ。

【ドル・円】【ユーロ・円】
ドル・円は早朝取引で付けた1ドル=82円41銭前後を下抜けて、16時30分過ぎに一時82円35銭前後まで値を下げた。ユーロ・円は早朝取引で付けた1ユーロ=106円15銭前後を下抜けて一時106円14銭前後と日通し安値を付けたものの、そのあとはユーロ・ドルの持ち直しにつれて下げ渋った。

【ユーロ・ドル】
イタリアのモンティ首相の辞意表明を受けて、イタリア国債が急落。欧州株先物もユーロ売りを誘い、一時1ユーロ=1.2885−88ドルまで下げた。ただ、早朝取引で付けた日通し安値1.2880ドル前後や前週末の安値1.2876ドル前後を下抜け出来なかったことで、そのあとはショートカバーが優勢に。17時過ぎに一時本日高値となる1.2917ドル前後まで値を上げた。市場では「1.2875ドルより下の水準には断続的に買い注文が観測されている」との指摘もあった。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

ソーシャルレンディングのススメ 【想定利回4%+キャッシュバック1%】

こんばんは。ここ最近、巷で注目を浴びつつあるソーシャルレンディング。

株式や社債、FXにつぐ新たな投資先として脚光を浴びております。

投資利回りは4%くらいから。

※ 何気にあしたからSBIソーシャルレンディングが人気ファンドの募集を開始します!

ソーシャルレンディング


■ ソーシャルレンディングとは?

個人が個人にネットを通じて資金を融通するシステムです。PtoPレンディングともよばれました。

簡単にいうと、ヤフーオークションのお金版です。

Aさんがネット上で自宅を改築するので500万円を7%3年間貸してくれないか?とか掲示し、それにたいして投資家が資金を出資していく・・・

といった流れです。

海外ではアメリカのプロスパーやレンディングクラブ、イギリスではZOPAなんかが有名です。

そして、日本ではSBIがSBIソーシャルレンディングという会社を創設して、サービスを提供中です。

現在、キャッシュバックキャンペーン中で、出資額の1%をキャッシュバックしている模様です!
DMM FX

2012年12月7日のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想 by ぱっと見テクニカル、FXライブ、みらいチャート

ドル円は82円台、ユーロ円も106円台の為替相場。

一時はユーロ円も90円台、ドル円は70円台まで進んだ円高をかんがみれば、
かなりの円安反発ショックです。

これから年末年始にかけての為替相場を下記のツールを駆使して
予想していきます。

■■ 元リーマンブラザーズ社員の無料FX予測ツール一覧 ■■


 ⇒ セントラル短資みらいチャート
 ⇒ セントラル短資FXライブ
 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカル
 ⇒ 外為オンラインディールスコープ

 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年12月7日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年12月7日のドル円予想 ■■■



まず、現在の最新の為替相場からチェックします。

最新スプレッドランキング1位の
SBIFXTRADEから。

■■■ 最新の為替相場(SBIFXTRADEから抜粋)

SBIFXTRADEスプレッド評判12_7


ドル円は82円40銭あたり、ユーロ円は106円79銭の相場。

ではチャートを見ていきましょう(同じくSBIFXTRADEのチャート画面から)。

■■■ ドル円10分足・1時間・4時間・1日足チャート

SBIFXTRADEチャート60分足12_12_7


1時間足から1日足までの時間足でドル円のチャートを検証すると、
ドル高円安トレンドであることがわかります。

では、伊藤忠グループであるFXプライムの最強の予想ツール”ぱっと見テクニカル”で、
検証してまいります。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd12_7b


1時間足の予想は3本とも別々の方向へいくドル円予想。

■■■ ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd12_7ab


4時間足で検証した場合、2本は円高、1本はドル高へいくドル円予想です。

■■■ ドル円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd12_7abc


1日足でみたドル円予想は、2本が横ばい。1本がドル高へいくドル円予想。

では売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル12_7aya


ドル円売りは9位、ドル円買いは6位のランク。

ぱっと見テクニカル12_7az


パターン分析での各為替予想は、ドル円は買い一色の予想。

ではセントラル短資みらいチャートで、同じく値動きを予想。

 ⇒ みらいチャート

■■■ みらいチャート ドル円予想 1日足

みらいチャート12_12_7ba


みらいチャートの1日足の予想は3本とも
円高のドル円予想。

では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近1ヶ月間+全足

FXライブusd12_12_7


直近1ヶ月間で見た全時間足でのテクニカルチャートのランキング1位は、
ボリンジャーバンド+5分足で302回の取引で+214pipsの勝利。

それでは、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

FXライブusd12_12_7c


ボリンジャーバンド+5分足の売買シグナルは売りシグナル。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年12月7日のユーロ円予想 ■■■



次に、ユーロ円です。
同じくSBIFXTRADEのチャート画面を検証。

■■■ ユーロ円10分足・1時間・4時間・1日足チャート

SBIFXTRADEチャートeur12_12_7


ドル円と同様にユーロ円も円安ユーロ高へ反発しているトレンドです。

では、FXプライムのぱっと見テクニカルで予想します。

■■■ ユーロ円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur12_7ac


2本が円高、1本がユーロ高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur12_7aa


3本ともに円高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur12_7ab


2本が円高、1本がユーロ高のユーロ円予想です。

次にセントラル短資みらいチャート予想です。

 ⇒ みらいチャートとは?
 
■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1日足

みらいチャート12_12_7eur_2


1日足では、1本がユーロ高、2本が横ばいのユーロ円予想です。
次に同じくFXライブでユーロ円のテクニカル指標ランキングを・・・

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近1ヶ月間+全時間足

FXライブeur12_12_7b


直近1ヶ月間+全時間足でみたパフォーマンスランキング1位は、
移動平均+1時間足が18回の取引で+404pips。

続いて、シグナルを同じくFXライブで検証。

FXライブeur12_12_7


移動平均+1時間足のシグナルはユーロ円売の予想シグナルとなってます。

 ⇒ トップに戻る
 ⇒ SBIFX評判

■■■ 12年12月7日の豪ドル円予想 ■■■



最後は豪ドル円。

まず、SBIFXTRADEのチャート画面で検証。

■■■ 豪ドル円10分足・1時間・4時間・1日足チャート

SBIFXTRADEチャートaud12_12_7


同じくFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円1時間予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1207c


3本ともに豪ドル高の豪ドル円予想となっております。

■■■ 豪ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1207ab


2本が豪快に豪ドル円高、1本が円高の豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1207c


3本ともに豪ドル高の豪ドル円予想。

次にセントラル短資みらいチャート予想です。


 ⇒ みらいチャートとは?
 
■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1日足

みらいチャート12_12_7aud_2


1日足のみらいチャートの豪ドル円予想は、3本ともばらばらの豪ドル円予想。

では、FXライブで豪ドル円のテクニカル指標ランキングを検証。

 ⇒ みらいチャート

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 直近1ヶ月間+全時間足

FXライブaud12_12_7


ボリンジャーバンド+日足が1位で1回の取引で+203pipsの結果を挙げてます。

では、それら指標の売買シグナルを検証します。

FXライブaud12_12_7c


ボリンジャーバンド+日足の売買シグナルは豪ドル円買いの予想です。

■■■ 12月7日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【マーケットコメント アジア・オセアニア市場】

(各市場の動き)

・ドル円は日銀による追加金融緩和への思惑などを背景に円売り・ドル買いが先行した。市場では「国内輸入企業からの散発的な買いが観測された」との指摘もあり、10時過ぎには一時82.57円まで値を上げた。ただ、買い一巡後は82円台半ば付近で伸び悩み。午後に入って日経平均株価がマイナス圏に転落、上海総合指数も上げ幅を縮めると、徐々にリスク回避目的の売りが強まり、15時過ぎには82.37円まで下押しした。

・ユーロドルはさえない。日本時間今晩に11月米雇用統計の発表を控えて積極的な売買が手控えられた結果、1.29ドル台後半でのもみ合いが続いた。もっとも、午後に日本株などが下落すると、投資家のリスク許容度低下を意識したユーロ売り・ドル買いが優勢となり1.2954ドルまで下落。前日安値の1.2950ドルに迫る動きとなった。

・ユーロ円は実需の買いに支えられて10時過ぎに107.08円まで上げたが、その後は伸び悩む展開に。アジア株式相場の失速に伴って売りが進み、15時過ぎに106.70円まで値を下げた。

・日経平均株価は3日ぶりに反落。今晩に11月米雇用統計、9日に中国の主要経済指標の発表を控えている影響から、全般に売買を見送る気分が強く、前日の終値を挟んだもみ合いとなった。ただ、引けにかけては週末を前に利益確定売りが主力株の一角に入り、やや軟調に推移した。個別では米アップルのスマートフォン「iPhone」販売の可能性が報じられたNTTドコモが上げた一方、KDDIとソフトバンクが下落。また、シャープは連日で大幅高となり、約3カ月ぶりの高値をつけた。

・債券先物相場は反落。寄り付きでの売りが一巡すると買い戻しが入り、一時145円26銭と中心限月としての過去最高値を2日連続で更新した。もっとも、連日の最高値更新で高値警戒感が強まったほか、日本時間今晩に11月米雇用統計の発表を控えている影響から、引けにかけては利益確定や持ち高調整の売りが優勢に。結局、この日の安値となる145円08銭で引けた。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2012/12更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
 東大式FX攻略法

みんなのFX

元リーマン社員限定タイアップ企画

FXプライム[直トレFX]

アイネットFX
元LB社員が取引に使うFX業者
SBIFXTRADE評判  ドル円0.27銭SBIFXトレード
豪ドル円0.99/ユロ円0.69/ポン円1.19
1$から取引可/スプレッド4桁表示
住信SBIネット銀行50%出資のSBIG

GMOクリック証券FX評判  株も売買可GMOクリック証券
米ドル/円0.3銭原則固定
YAHOO出資企業/資産2000億円
8万人使用iClickFXNEO/FXroid
最新キャッシュバック特集
カテゴリー別の記事
livedoor プロフィール
免責事項
当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び私に関係する全ての方は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。

外為どっとコム
DMM FXは初心者向け
ドル円予想に使うFXツール
FXツール FXプライム byGMOのぱっと見テクニカル

過去12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想する機能
ぱっと見テクニカルツールa
⇒ ぱっと見テクニカルの評判評価
ドル円スプレッド比較
原則固定
(例外あり)
FX業者名
0.3銭  外為どっとコム
0.3銭 GMOクリック証券評判 GMOクリック証券
0.3銭 YJFX評判 YJFX!
0.3銭原則固定 DMMFX評判 DMMFX
0.4銭 みんなのFX評判 みんなのFX
0.6銭原則固定 FXプライム評判 FXプライム byGMO
0.7-1.0銭 アイネットFX評判 アイネット証券
0.9銭 ライブスター証券
株もFXも GMOクリック評判 GMOクリック証券
カブドットコム評判 カブドットコム証券

元リーマン社員がメディア掲載
元リーマンブラザーズ社員が取材①元リーマンブラザーズ社員が取材②
雑誌「BIG TOMORROW」5月号で取材受けて記事になりました。
⇒ 現在4.5万人超フォロワー!
元気の源!為替ブログランキング
皆様のクリックが・・・
元リーマン社員を救います!!


人気ブログランキング
最高、17位でファイト!

為替ブログ村
為替日記は、最高8位!
くりっく365のFX業者比較
  • ライブドアブログ