元リーマン社員がFXツールでドル円予想

リーマンブラザーズに勤務した経験からビリオネアになる最短の方法はトレードしかないと確信し、トレードの中でも。最も少額で始められて、かつ、最もレバレッジが高くできるFXで財を成す事を決意しました。現在、ドル円をFXツールを駆使して予想し、その結果から売買するシステムトレードちっくな手法で売買を行い、まずは、ミリオネアへの道を目指しております。FXツールはFXプライム byGMOのぱっと見テクニカルを使っております。

 
 売買レート・チャート・リアルタイム売買比率表示ツールはみんなのFXより
0.3銭原則固定(例外あり)  外為どっとコム
0.3銭原則固定  GMOクリック証券
 FXトレーディングS
 YJFX!
 DMMFX
0.6銭原則固定  FXプライム byGMO
0.9銭原則固定  ライブスター証券
0.7〜1銭  アイネット証券
オススメ  ひまわり証券

2012年07月

DMM FX

7月最後のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想結果 by FXツール

おはようございます!

今日も元気に7月31日朝8時のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想を
行います。

セントラル短資FXライブ
 ⇒ テクニカル指標ランキング
 ⇒ みらいチャート予想
 ⇒ 各テクニカル指標の朝の売買シグナル
外為オンラインディールスコープ
 ⇒ 個人投資家の売買動向

 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年7月31日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年7月31日のドル円予想 ■■■



ドル円・ユーロ円のスプレッドトップのSBIFXTRADE
からスプレッドをキャプチャ。

SBIFXTRADE_スプレッド_12_07_31


 ⇒ SBIFXTRADE評判口コミ
 ⇒ SBIFXTRADE実際の取引画面

ドル円は78円16銭。ユーロ円は95円後半。昨晩より更に円高が進行。

ちなみにのSBIFXTRADEでは下記のキャンペーンを行っており、口座開設するなら、
スワップポイント、スプレッド共にキャンペーン期間中に行うべきでしょう。

SBIFXTRADEキャンペーン

SBIFXTRADEキャンペーン


ではチャートを検証します。

■ ドル円10分・1時間足・日足・週足チャート

同様にSBIFXTRADEでドル円のチャートをチェックします。

SBIFXTRADE_チャート_12_07_31


ではセントラル短資みらいチャートで、同じく値動きを予想。

 ⇒ みらいチャート

■■■ みらいチャート ドル円予想

みらいチャートの5分足の予想です。

みらいチャート_12_07_31



では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近24時間+5分足

FXライブusd12_07_31


MACDでのシミュレーションがTOP。

■■■ FXライブ ドル円予想

それでは、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

FXライブusd12_07_31c


ドル円予想の最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ドル円の個人投資家のポジション動向を直近の動きで8時間足で見てみます。

ディールスコープusd12_07_31


 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

さすがに今日は少しドル高へ反発するといったところか。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年7月31日のユーロ円予想 ■■■



■ ユーロ円10分・1時間足・日足・週足チャート

同様にSBIFXTRADEでユーロ円のチャートをチェックします。

SBIFXTRADE_チャート_12_07_31b


次にセントラル短資みらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 5分足

みらいチャート_12_07_31_eur


 ⇒ みらいチャートとは?

つぎはユーロ円のテクニカル指標ランキング。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近24時間+5分足

FXライブeur12_07_31b3


続いて、シグナルを同じくFXライブで検証。

FXライブeur12_07_31


では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

ディールスコープeur12_07_31


直近でユーロ円ロングが減少しておりますしたが、増加中。
ドル円同様に、ユーロ円も今日は若干ユーロ高へ反発予想?

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年7月31日の豪ドル円予想 ■■■



最後は豪ドル円。

次にセントラル短資みらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 5分足

みらいチャート_12_07_31_aud


 ⇒ みらいチャートとは?

FXライブで豪ドル円のテクニカル指標ランキングを検証。

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 直近24時間+5分足

FXライブaud12_07_31


すべてマイナスですね・・
次に各テクニカル指標の現在の売買シグナルをチェックします。

FXライブaud12_07_31c


では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

ディールスコープaud12_07_31


こちらは豪ドル円ロング減少に歯止めはかかったものの、
個人投資家は様子見といったところか。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

■■■ 7月31日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【マーケットコメント】

ニューヨーク市場

・ユーロドルは4営業日ぶりに反落。欧州中央銀行(ECB)による追加金融緩和への思惑からユーロが全般売られた流れに沿って、一時1.2225ドルまで値を下げた。欧州の取引時間帯には、「欧州債の償還に絡んだユーロ売りが出た」「ドイツが依然欧州共同債に反対の姿勢を示していることもユーロ売り要因」との声が聞かれた。ただ、今週は米連邦公開市場委員会(FOMC)やECB理事会、7月米雇用統計などの重要イベントが相次ぐため、様子見姿勢も強く一本調子で下落する展開にはならなかった。なお、ガイトナー米財務長官とショイブレ独財務相は30日、会談後に「ユーロ圏諸国が債務危機の克服に必要な改革を実行することを確信している」と表明したほか、ガイトナー米財務長官はモスコビシ仏財務相と電話会談し、金融システムの安定化に向けた欧州の取り組みについて協議した。ただ、これらに対する相場の反応は限定的だった。

・ドル円は反落。月末を控えた日本の輸出企業などの円買い・ドル売りが先行したあとは、米長期金利の低下などをながめ円買い・ドル売りが進んだ。一時78.115円まで値を下げた。ただ、今週予定の重要イベントを前に動きづらい状況となるなか、全般方向感に乏しかった。ニューヨーク時間の高値は78.32円前後で値幅は21銭程度だった。

・ユーロ円は4日ぶりに反落。ECBの追加金融緩和観測を背景にユーロ売りが先行し、前週末の安値95.65円を下抜けると一時95.54円まで下げた。ただ、そのあとは95円台後半でのもみ合いが続いた。ユーロドルにつれた動きとなった。

⇒ ソーシャルレンディング

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は4日ぶりに小反落。FOMCやECB理事会、7月米雇用統計などの重要イベントを控えて様子見ムードが強く、相場は方向感が出なかった。前週末までの大幅上昇で短期的な過熱感があるなか、JPモルガン・チェースやヒューレット・パッカード、メルク、インテルなどが売られ指数の重しとなった。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は3日ぶりに反落した。

・米国債券相場で長期ゾーンは4日ぶりに反発。31−1日開催のFOMCを前に、ポジション調整目的の買いが優勢となった。

・原油先物相場は5日ぶりに反落。ECBの追加金融緩和期待から対ユーロでドル買いが進行したため、ドル建てで決済される原油相場も割高感から売りに押された。時間外取引では一時90.95ドルまで上昇する場面があったが、節目の91ドル手前での上値の重さを確認すると、戻り売りに押されて89.33ドルまで値を下げた。

・金先物相場は上昇。欧米の中央銀行が金融緩和に踏み切るとの見方から、金先物相場への資金流入期待が引き続き相場を支えた。もっとも、明日以降のFOMCの結果を見極めたいとの思惑で様子見ムードも強く、積極的な取引は手控えられた。

⇒ SBIFXTRADEの評判・口コミ
⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

5,000円投資で、負けても勝っても最低5,000円ゲットする方法。

現在、FX業界でかなりはやっているのが、ご存知のとおり、
FXトレードフィナンシャルが提供する『HIGH・LOW』バイナリーオプション。

要は、FXが上にいくか下にいくか、賭ける投資方法です。

HighLow


FXトレードフィナンシャルでは今だけキャンペーンを展開中で、
初回に5000円以上投資するだけで、勝っても負けても5000円プレゼント

・・・もし投資が当たった場合は、当選金の9000円と5000円の
合計14,000円がゲットできます!

もちろん外れた場合でも、投資資金の5000円はなくなりますが、今だけ
特別に5000円がプレゼントされる事から、プラスマイナス0円です!

HighLow_2


もちろんここから二分の一の確率であてつづけて1億円にするのは、宝くじが
あたる確率よりずっと高い!

また、この5000円プレゼントは、通常の『HIGH・LOW』バイナリーオプション
でも行われているので、2度このリスク無し投資を行う事ができます。

なお、この『HIGH・LOW』バイナリーオプションに投資するには、
FXトレードフィナンシャルに通常のFX口座を開設する必要があります。
DMM FX

7/30のドル円、ユーロ円、豪ドル円をFX業者の無料ツールで予想!

7月30日お昼のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想を
セントラル短資FXライブみらいチャートを駆使して
徹底予想します。

そして、個人投資家の売買動向を外為オンラインディールスコープ
チェックします。

 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年7月30日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年7月30日のドル円予想 ■■■



ドル円・ユーロ円のスプレッドトップのSBIFXTRADE
からスプレッドをキャプチャ。

SBIFXTRADE_スプレッド_12_07_30


 ⇒ SBIFXTRADE評判口コミ
 ⇒ SBIFXTRADE実際の取引画面

ドル円は78円前半。ユーロ円は96円前半。
ちなみにのSBIFXTRADEでは下記のキャンペーンを行っており、口座開設するなら、
キャンペーン期間中に行うべきでしょう。

SBIFXTRADEキャンペーン

SBIFXTRADEキャンペーン2


ではチャートを検証します。

■ ドル円10分・1時間足・日足・週足チャート

同様にSBIFXTRADEでドル円のチャートをチェックします。

SBIFXTRADE_チャート_12_07_30


ではセントラル短資みらいチャートで、同じく値動きを予想。

 ⇒ みらいチャート

■■■ みらいチャート ドル円予想

みらいチャート_12_07_30


みらいチャートの1日足の予想です。

では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近1ヶ月+全時間足

FXライブusd12_07_30


RSI+日足でのシミュレーションがTOP。
なんと1回の取引で145pipsの勝利をえております。

■■■ FXライブ ドル円予想

それでは、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

FXライブusd12_07_30c


ドル円予想の最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ドル円の個人投資家のポジション動向を直近の動きで8時間足で見てみます。

ディールスコープusd12_07_30


 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年7月30日のユーロ円予想 ■■■



■ ユーロ円10分・1時間足・日足・週足チャート

同様にSBIFXTRADEでユーロ円のチャートをチェックします。

SBIFXTRADE_チャート_12_07_30b


次にセントラル短資みらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1日足

みらいチャート_12_07_30_eur


 ⇒ みらいチャートとは?

つぎはユーロ円のテクニカル指標ランキング。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近1ヶ月+全時間足

FXライブeur12_07_30b3


続いて、シグナルを同じくFXライブで検証。

FXライブeur12_07_30


では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

ディールスコープeur12_07_30


直近でユーロ円ロングが減少しております。まだまだ円高へいく予想を
個人投資家はしている模様。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年7月30日の豪ドル円予想 ■■■



最後は豪ドル円。

次にセントラル短資みらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1時間足

みらいチャート_12_07_30_aud


 ⇒ みらいチャートとは?

FXライブで豪ドル円のテクニカル指標ランキングを検証。

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 直近1ヶ月間+全時間足

FXライブaud12_07_30


MACDがこの1ヶ月間に、12回の売買シグナルを発生し、+529pips
の勝利をえております。
次に各テクニカル指標の現在の売買シグナルをチェックします。

FXライブaud12_07_30c


では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

ディールスコープaud12_07_30


こちらも豪ドル円ロングが急激に減少中。まだまだ、円高が進行するという予
想が個人投資家の間では多いことがわかります。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

■■■ 7月30日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【マーケットコメント】

アジア・オセアニア市場

30日午前のアジア・オセアニア外国為替市場で円は買い戻し。時間外の米株価指数先物が軟調に推移したことや、前場の日経平均株価が高寄り後に上げ幅を縮めたことなどを受けて、リスク志向が後退し円が買い戻された。ユーロに対しては、米格付け会社ムーディーズが「欧州中央銀行(ECB)は欧州債務危機を解決できない」などの見解を示したことが円買いを誘った。前週末欧米市場で円売りが進んでいたこともあり、利益確定の円買いが入りやすい面もあった。

【ドル・円】【ユーロ・円】
ドル・円は1ドル=78円36銭前後、ユーロ・円は1ユーロ=96円27銭前後まで下落。ドル・円に関しては「仲値後に国内輸出企業から月末絡みの売りが散発的に出た」との声が聞かれた。

【ユーロ・ドル】
弱含み。11時前に1ユーロ=1.22832ドル前後まで売られた。ムーディーズの見解や日本株が上値の重い展開となったことを受けた。欧州の要人から債務問題に積極的に対応する旨の発言が相次いでいるものの、具体的な内容が伝わっていないため、実現性に対する懸念が残っていることも重しとなっているようだ。

⇒ ソーシャルレンディング

先週末のNY市場

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸し、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は続伸した。4−6月期の米GDP速報値が予想よりも強い結果となったことを受けて米景気に対する慎重な見方が後退し、買いが先行した。ドラギECB総裁に加えて、メルケル独首相やオランド仏大統領からもユーロ圏防衛に積極的な姿勢が伝わり、債務問題の解決期待が高まったことも買いを後押しした。ダウ平均の上げ幅は220ドルを超した。決算がアナリスト予想を上回ったメルクやシェブロンが物色されたほか、アマゾン・ドット・コムは7.8%高と上昇が目立った。一方で、26日の取引終了後に発表した決算が赤字となったフェイスブックは10%超の下落となり上場来安値を更新した。

・米国債券相場で長期ゾーンは3日続落。欧州要人が連日、債務危機に積極的に対応する姿勢を示したため、投資家のリスク回避姿勢が大幅に後退。これまで安全資産として物色されてきた米国債には売りが膨らんだ。4−6月期の米GDP速報値が予想よりも強い結果となったことも相場を圧迫した。利回りは一時1.59%まで上昇した。

・原油先物相場は4日続伸。独仏首脳が「ユーロ圏を守るためにあらゆることを行う用意がある」との見解を示したことを受けて、欧州債務問題の進展期待が高まった。投資家のリスク志向が改善したことで、リスク資産である原油も買いが優勢に。また、4−6月期の米GDP速報値が市場予想よりも強い結果となり、米景気の減速懸念が緩和したことも原油の買いを誘った。一時90.45ドルまで上昇し、その後も底堅く推移した。

・金先物相場は3日続伸。独仏首脳が「ユーロ圏を守るためにあらゆることを行う用意がある」との見解を示したことを受けて、対ユーロでドル売りが進んだ影響から、ドルの代替資産とされる金相場には買いが入った。一時は1628.6ドルと6月19日以来の高値まで上昇。もっとも、買い一巡後は伸び悩む動きに。4−6月期の米GDP速報値が市場予想よりも強い結果となったことで、米連邦公開市場委員会(FOMC)の追加金融緩和期待が後退。金先物相場への資金流入期待がしぼんだことが重しとなった。

⇒ SBIFXTRADEの評判・口コミ
⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

7/20 みらいチャートでドル円、ユーロ円、豪ドル円を徹底予想!

こんにちは。今日はとても涼しい東京です。昨日までの暑さはどこへやら。

まあFXに集中するにはよい気候です。

では20日金曜日夕方最新のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想を
セントラル短資FXライブみらいチャートを駆使して
徹底予想します。

そして、個人投資家の売買動向を外為オンラインディールスコープ
チェックします。

 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年7月20日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年7月20日のドル円予想 ■■■



現在、スプレッドナンバー1のSBIFXTRADEから
スプレッドをキャプチャしました。

SBIFXTRADE_スプレッド_12_07_20


 ⇒ SBIFXTRADE評判口コミ
 ⇒ SBIFXTRADE実際の取引画面

現在、ドル円は78円50銭付近。ユーロ円は96円台!
ユーロ安がここまで進むとは、ユーロ円が200円に届こうとしているとき、
誰が考えたでしょうか?

SBIFXTRADEキャンペーン


SBIFXTRADEキャンペーン2


ではチャートを検証します。

■ ドル円10分・1時間足・日足・週足チャート

同様にSBIFXTRADEでドル円のチャートをチェックします。

SBIFXTRADE_チャート_12_07_20


ではセントラル短資みらいチャートで、同じく値動きを予想。

 ⇒ みらいチャート

■■■ みらいチャート ドル円予想

みらいチャート_12_07_20


みらいチャートの1時間足の予想です。

では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近1週間+1時間足

FXライブusd12_07_20


移動平均が1位。

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近24時間+5分足

FXライブusd12_07_20b


DMIが1位。

■■■ FXライブ ドル円予想

それでは、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

FXライブusd12_07_20c


ドル円予想の最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ドル円の個人投資家のポジション動向を直近の動きで8時間足で見てみます。

ディールスコープusd12_07_20


 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年7月20日のユーロ円予想 ■■■



■ ユーロ円10分・1時間足・日足・週足チャート

同様にSBIFXTRADEでユーロ円のチャートをチェックします。

SBIFXTRADE_チャート_12_07_20b


次にセントラル短資みらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1時間足

みらいチャート_12_07_20_eur


 ⇒ みらいチャートとは?

つぎはユーロ円のテクニカル指標ランキング。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近1週間+1時間足

FXライブeur12_07_20b3


■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近24時間+5分足

FXライブeur12_07_20b3


ストキャスティクスで3回の取引の結果、+80pips。

続いて、シグナルを同じくFXライブで検証。

FXライブeur12_07_20


では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

ディールスコープeur12_07_20


さすがにここまで円高が進行すると反発狙いでユーロ円ロングが急激に増加。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年7月20日の豪ドル円予想 ■■■



最後は豪ドル円。

次にセントラル短資みらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1時間足

みらいチャート_12_07_20_aud


 ⇒ みらいチャートとは?

FXライブで豪ドル円のテクニカル指標ランキングを検証。

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 直近1週間+1時間足

FXライブaud12_07_20


■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 直近24時間+5分足

FXライブaud12_07_20


次に各テクニカル指標の現在の売買シグナルをチェックします。

FXライブaud12_07_20c


では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

ディールスコープaud12_07_20


 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

■■■ 7月20日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【マーケットコメント】

東京市場

・20日午後の東京外国為替市場でユーロドルは軟調。15時時点では1.2254−59ドルと12時時点(1.2278ドル)と比べて0.0024ドル程度のユーロ安水準だった。14時30分過ぎに一時本日安値となる1.22471ドルまで値を下げた。欧州債務問題への懸念が根強いなか、日経平均が100円超下落したためリスク回避的なユーロ売り・ドル買いが出た。

・ドル円は小動き。15時時点では78.58−63円と12時時点(78.57円)とほぼ同水準だった。ドルと円が欧州・オセアニア通貨に対して同時に売買されており、ドル円自体の方向感は乏しい。

・ユーロ円はさえない。15時時点では96.30−35円と12時時点(96.48円)と比べて18銭程度のユーロ安水準だった。15時過ぎに一時96.245円と日通し安値を付けた。日本株安を背景に、投資家がリスクを取りにくくなるとの見方から円買い・ユーロ売りが入った。

⇒ ソーシャルレンディング

NY市場

・米国株式相場は3日続伸。18日の取引終了後に発表されたIBMの決算が予想を上回り、同社株が堅調に推移したことが支えとなった。ダウ平均の上げ幅は一時60ドルを超した。セクターではIT、素材、一般消費財・サービスが高かった。ただ、19日に発表された7月フィラデルフィア連銀製造業景気指数や6月米中古住宅販売件数が弱い結果となったこともあり伸び悩んだ。

・米国債券相場で長期ゾーンは反落。株式相場が上昇したほか、WTI原油先物相場が大幅高となったため、投資家のリスク許容度が改善し売りが出た。利回りは一時1.52%まで上昇した。もっとも、19日に発表された米経済指標が軒並み弱い内容だったこともあり、下値は堅かった。

・原油先物相場は7日続伸。シリアの首都ダマスカスで18日、反体制派による爆破テロがありラジハ国防相など複数の政権高官が殺害されたほか、軍が報復攻撃を行った。また、ブルガリアの空港で18日、イスラエル人観光客を乗せたバスが爆発し死傷者が出たうえ、イスラエルのネタニヤフ首相は「(核問題などでイスラエルと対立する)イランによるテロだ。断固とした対応を取る」と語った。中東での地政学リスクが高まるなか、原油供給がひっ迫するとの懸念から断続的な買いが入った。5月22日以来の高値となる92.94ドルまで大きく値を伸ばした。

・金先物相場は4営業日ぶりに反発。中東の地政学リスクが高まり、供給ひっ迫懸念からWTI原油先物相場が上げ幅を広げた影響を受けたほか、安全資産とされる金が物色された。前週分の新規失業保険申請件数が38万6000件と市場予想平均の36万5000件程度より弱かったことがわかると、18日の議会証言でバーナンキ米FRB議長が「雇用に十分な進展がないと結論付けられれば、FRBは追加措置を講じることが可能」と述べたこともあり、金相場への資金流入期待が高まった。一時1591.5ドルまで値を伸ばした。ただ、1600ドルが上値の目処として意識されるなか、ダウ平均が下げに転じた場面でリスク資産の一面を持つ金は売りに押し戻された。

⇒ SBIFXTRADEの評判・口コミ
⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

SBIFXTRADEのスプレッド更なる縮小 恐るべし

SBIグループが絶対の自信をもって、サービスを開始したSBIFXTRADE

 ⇒ SBIFXTRADE評判口コミ
 ⇒ SBIFXTRADE実際の取引画面

もともと株式でも手数料業界最安値を誇っているだけに、FXでも、
脅威のスプレッド!

しかも、サービス開始当初から間もないというのに、他社が対抗して
スプレッドを値下げしたことにも即座に対応し、スプレッドを縮小
させる。

SBIFXTRADEスプレッド縮小1


SBIFXTRADEスプレッド縮小2


SBIFXTRADEスプレッド縮小3


これは、資本金800億円以上と、他社とは比較できない資金力を
ほこるSBIグループであるところが大きい。

一度、口座を開設して、その脅威のスプレッドをお試しあれ。

しかも今なら最大12,000円のキャッシュバックキャンペーン中

SBIFXTRADEスプレッド縮小3
DMM FX

7/18朝7時のドル円ユーロ円豪ドル円予想 by みらいチャート、FXライブ

水曜日の朝を迎える六本木。FXでがっつり稼いで引退し南の島を旅するの
をつかみとる為、18日朝7時前の最新のドル円予想、ユーロ円予想、
豪ドル円予想をセントラル短資FXライブみらいチャートを駆使して徹底予想します。

そして、個人投資家の売買動向を外為オンラインディールスコープ
チェックします。

 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年7月18日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年7月18日のドル円予想 ■■■



現在、スプレッドナンバー1のSBIFXTRADEから
スプレッドをキャプチャしました。

SBIFXTRADE_スプレッド_12_07_18


 ⇒ SBIFXTRADE評判口コミ
 ⇒ SBIFXTRADE実際の取引画面

現在、ドル円は79円付近。ユーロ円は97円付近。
昨日からあまり動きはないようですが。。

SBIFXTRADEキャンペーン


SBIFXTRADEキャンペーン2


チャートを検証

■ ドル円10分・1時間足・日足・週足チャート

同様にSBIFXTRADEでドル円のチャートをチェックします。

SBIFXTRADE_チャート_12_07_18


ではセントラル短資みらいチャートで、同じく値動きを予想。

 ⇒ みらいチャート

■■■ みらいチャート ドル円予想

みらいチャート_12_07_18


みらいチャートの1時間足の予想です。

では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近24時間+1時間足

FXライブusd12_07_18


おぉ。ボリンジャーバンドが2回のシグナル発生で+49pipsの
勝利。では、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

■■■ FXライブ ドル円予想

それでは、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

FXライブusd12_07_18c


ドル円予想の最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ドル円の個人投資家のポジション動向を直近の動きで8時間足で見てみます。

ディールスコープusd12_07_18


 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年7月18日のユーロ円予想 ■■■



■ ユーロ円10分・1時間足・日足・週足チャート

同様にSBIFXTRADEでユーロ円のチャートをチェックします。

SBIFXTRADE_チャート_12_07_18b


次にセントラル短資みらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1時間足

みらいチャート_12_07_18_eur


 ⇒ みらいチャートとは?

つぎはユーロ円のテクニカル指標ランキング。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近24時間+1時間足

FXライブeur12_07_18b3


続いて、シグナルを同じくFXライブで検証。

FXライブeur12_07_18


では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

ディールスコープeur12_07_18


 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年7月18日の豪ドル円予想 ■■■



最後は豪ドル円。

次にセントラル短資みらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1時間足

みらいチャート_12_07_18_aud


 ⇒ みらいチャートとは?

FXライブで豪ドル円のテクニカル指標ランキングを検証。

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 直近24時間+1時間足

FXライブaud12_07_18


次に各テクニカル指標の現在の売買シグナルをチェックします。

FXライブaud12_07_18c


では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

ディールスコープaud12_07_18


 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

■■■ 7月18日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【マーケットコメント】

ニューヨーク市場

・17日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルは3日続伸。終値は1.2293−98ドルと前日NY終値(1.2270ドル)と比べて0.0023ドル程度のユーロ高水準となった。バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長は17日、上院銀行住宅都市委員会で半期金融政策報告を行い、「FRBはより力強い景気回復を促進するため、適切に一段の行動をとる用意がある」と述べた。しかし、量的緩和第3弾(QE3)など具体的な金融緩和には言及しなかったためユーロ売り・ドル買いが強まった。「量的緩和はリスクをもたらし、安易に活用されるべきでない」と述べたと伝わると売りが加速。一時1.2189ドルまで値を下げた。もっとも、その後は買い戻しが強まり切り返した。バーナンキFRB議長が「超過準備への付利水準引き下げも可能」と発言したことや、米国株が上昇に転じ上げ幅を拡大したことなどが買い戻しを促した。

・ドル円は4営業日ぶりに反発。終値は79.05−10円と前日NY終値(78.84円)と比べて21銭程度のドル高水準だった。バーナンキFRB議長の証言を前にポジション調整の買いが入り、ニューヨーク市場の序盤に79.172円まで上げた。ただ、バーナンキFRB議長の議会証言以降はドルと円が欧州・オセアニア通貨に対してほぼ同時に売買されたことが影響し方向感を欠いた。なお、ロンドン16時(日本時間24時)のフィキシングに絡んだ売りが出た場面では78.94−97円まで下押した。17日に発表された米経済指標への反応はなかった。

・ユーロ円は反発。終値は97.18−23円と前日NY終値(96.74円)と比べて44銭程度のユーロ高水準。バーナンキFRB議長が追加の金融緩和に慎重な姿勢を示したことを受けて米国株が一時大幅安となるとユーロ円は売りに押され96.411円まで下げる場面があった。しかし、株価が上昇に転じたほか、ユーロドルの買い戻しが進んだこともあってユーロ円も持ち直した。

⇒ ソーシャルレンディング

・17日の米国債券相場で長期ゾーンは反落。表面利率1.750%の10年物国債利回りは前営業日比0.04%高い(価格は安い)1.51%で終えた。バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が議会証言で、具体的な追加金融緩和策を示さなかったため、緩和期待が後退し米国債が売られた。株式相場の反発も相場の重しとなった。

・17日のニューヨーク金先物相場は続落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心となる8月限は前日比2.1ドル安の1トロイオンス=1589.5ドルとなった。米追加金融緩和観測がくすぶるなか、外国為替市場でのドル安進行に伴い、ドルの代替資産とされる金は時間外取引で1598.8ドルまで上げた。ただ、1600ドルを戻りの目処とした売りが厚く、次第に上値が切り下がった。バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が議会証言で追加金融緩和に踏み込んだ発言をせず、金先物相場への資金流入期待が後退すると、ドルの急伸とともに売りが優勢に。一時1571.0ドルまで急速に下げ幅を広げた。もっとも、ダウ平均が一転上昇するにつれて、リスク資産の一面を持つ金は買い戻された。ドルが再び売られたことも相場を支え、1592.2ドルまで値を戻した。

・17日のニューヨーク原油先物相場は5日続伸。ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)で、期近8月限の終値は前営業日比0.79ドル高の1バレル=89.22ドルだった。前日に伝わった「アラブ首長国連邦沖のペルシャ湾で、米海軍艦船が警告を無視した小型船を銃撃し1人が死亡、3人が負傷した」との報道が引き続き供給ひっ迫懸念を高めるなか、89.28ドルまで値を上げた。ただ、バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が議会証言で具体的な追加金融緩和に言及しなかったため、外国為替市場でドルが全面高に。ドル建てで決済される原油に割高感が生じるとして87.41ドルまで急落した。もっとも、ダウ平均が80ドル超安から100ドル超高まで一転上昇し、投資家心理が改善するにつれて買い戻しが優勢となった。一時89.46ドルまで持ち直した。

⇒ SBIFXTRADEの評判・口コミ
⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX
DMM FX

7/17午後5時のドル円・ユーロ円・豪ドル円をみらいチャートで予想!

こんにちは。

3連休の後の火曜日はとっても、だるい印象です。しかも、ものすごいあつさ。

・・・ちなみに丁度1年前のブログを読み返すと、昨年は飛行機にのって、
福岡へ旅立ってたわけですね。

まぁ、そんな暑さもFXで大勝してふっとばしましょう!

では、17日午後5時現在の最新のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想
セントラル短資FXライブみらいチャートを駆使して徹底予想します。

そして、個人投資家の売買動向を外為オンラインディールスコープ
チェックします。

 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年7月12日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年7月12日のドル円予想 ■■■



現在、スプレッドナンバー1のSBIFXTRADEから
スプレッドをキャプチャしました。

SBIFXTRADE_スプレッド_12_07_17


 ⇒ SBIFXTRADE評判口コミ
 ⇒ SBIFXTRADE実際の取引画面

現在、ドル円は79円付近。ユーロ円は97円付近。
前回予想時より、若干円高が進行しておりますが・・・

※ SBIFXTRADEでは、キャッシュバックキャンペーンも実施しております。

SBIFXTRADEキャンペーン


チャートを検証

■ ドル円10分・1時間足・日足・週足チャート

同様にSBIFXTRADEでドル円のチャートをチェックします。

SBIFXTRADE_チャート_12_07_17


ではセントラル短資みらいチャートで、同じく値動きを予想。

 ⇒ みらいチャート

■■■ みらいチャート ドル円予想

みらいチャート_12_07_17


みらいチャートの1時間足の予想です。

では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近1ヶ月間+全時間足

FXライブusd12_07_17


おぉ。ボリンジャーバンドが293回のシグナル発生で+178pipsの
勝利。では、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

■■■ FXライブ ドル円予想

それでは、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

FXライブusd12_07_17c


ドル円予想の最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ドル円の個人投資家のポジション動向を直近の動きで4時間足で見てみます。

ディールスコープusd12_07_17


 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年7月12日のユーロ円予想 ■■■



■ ユーロ円10分・1時間足・日足・週足チャート

同様にSBIFXTRADEでユーロ円のチャートをチェックします。

SBIFXTRADE_チャート_12_07_17b


次にセントラル短資みらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1時間足

みらいチャート_12_07_17_eur


 ⇒ みらいチャートとは?

つぎはユーロ円のテクニカル指標ランキング。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近1ヶ月間+全時間足

FXライブeur12_07_17b3


なんと、RSIがたったの1回の取引で+982pips!
続いて、シグナルを同じくFXライブで検証。

FXライブeur12_07_17


では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

ディールスコープeur12_07_17


 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年7月12日の豪ドル円予想 ■■■



最後は豪ドル円。

次にセントラル短資みらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1時間足

みらいチャート_12_07_17_aud


 ⇒ みらいチャートとは?

FXライブで豪ドル円のテクニカル指標ランキングを検証。

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 直近1ヶ月間+全時間足

FXライブaud12_07_17


こちらもユーロ円と同様にたった1回の取引で、+640pipsの勝利。
次に各テクニカル指標の現在の売買シグナルをチェックします。

FXライブaud12_07_17c


では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

ディールスコープaud12_07_17


 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

■■■ 7月12日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【マーケットコメント】

アジア・オセアニア市場

【Overview】
17日午後のアジア・オセアニア外国為替市場で円はやや弱含み。日本時間今晩のバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言を見極めたいとの雰囲気が強く、しばらくはもみ合いの展開が続いた。ただ、市場では「日本の証券会社からの円売り・ドル買いが出た」との指摘があり、夕刻にかけて小幅に値を下げた。

【ドル・円】【ユーロ・円】
ドル・円は1ドル=78円台後半での小動きが続いていたが、16時30分過ぎに一時79円06銭前後と日通し高値を付けた。豪ドル・円は底堅い動き。午前中に発表されたオーストラリア準備銀行(RBA)議事要旨の内容が引き続き意識されて、一時1豪ドル=81円40銭前後まで値を上げた。

【ユーロ・ドル】
1ユーロ=1.2300ドルを挟んだもみ合いが続いた。日本株高などを背景に投資家のリスク回避姿勢が和らぐとの見方からユーロ買い・ドル売りが入った半面、バーナンキFRB議長の議会証言を控えていることもあって、積極的に上値を追う展開にはならなかった。市場では「7月独ZEW景況感指数などユーロ圏経済指標も見定めたい」との声も聞かれた。

⇒ ソーシャルレンディング

NY市場

・米国株式相場は反落。米商務省が16日発表した6月の米小売売上高(季節調整済み)が前月比0.5%減となり、市場予想平均の前月比0.2%増に反して減少したことが嫌気された。ダウ平均の下げ幅は一時80ドルを超した。しかし、弱い小売指標が出たことでFRBが追加金融緩和を実施するとの見方が台頭したため下げ渋った。「バーナンキFRB議長の議会証言が17日に控えており、持ち高調整の買い戻しが入った」との声もあった。中国の景気減速懸念が強まっていることを受けて、中国での収益の多いキャタピラーやアルコアが下落した。前週末大幅高となったJPモルガンは下げた半面、シティ・グループは小幅に上昇した。

・米国債券相場で長期ゾーンは反発。6月米小売売上高が予想を下回ったことを受けて米景気の先行き懸念が強まり安全資産とされる米国債が物色された。米FRBが追加金融緩和を行うとの見方が広がり上げ幅が拡大した。利回りは一時1.44%まで低下し、過去最低の1.43%に接近した。

・原油先物相場は4日続伸。スペイン、イタリアの国債利回り上昇などを背景に対ユーロなどでドル買いが進むと、ドル建てで決済される原油に割高感が生じ86.41ドルまで下げた。ただ、予想より弱い6月米小売売上高を受けた米追加金融緩和観測や、「バーナンキFRB議長が超過準備への付利水準の引き下げを示唆する」との噂が広がり、一転ドル売りが優位に。つれる形で原油が買い戻された。「アラブ首長国連邦沖のペルシャ湾で、米海軍艦船が警告を無視した小型船を銃撃し1人が死亡、3人が負傷した」との報道も供給ひっ迫懸念につながり、88.48ドルまで値を伸ばした。

・金先物相場は反落。スペイン、イタリアの国債下落をながめ対ユーロなどでドル買いが進み、ドルと「逆相関」が生じやすいとされる金は1577.2ドルまで下押しした。ただ、予想より弱い6月米小売売上高を受けた米追加金融緩和観測や、「バーナンキFRB議長が超過準備への付利水準の引き下げを示唆する」との噂から一転ドル売りが加速すると、つれる形で1594.6ドルまで買い戻された。もっとも、1600ドルを戻りの目処とした売りに上値を抑えられると、1592ドル前後で次第に方向感を欠いた。

⇒ SBIFXTRADEの評判・口コミ
⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

7/12 朝のドル円ユーロ円豪ドル円予想 by ぱっと見、みらいチャート、FXライブ

おはようございます。
今日は雨がふりそうな六本木。

ココのところFX相場は激しい動きをしており、かなり収益をだしてる方も
多いことでしょう。

私もかせぎます。

それでは、7月12日朝のFX業者のツールのドル円予想結果、ユーロ円予想
結果、豪ドル円予想結果を公開していきます。

■■■ 元LB社員が使うFX業者のツール ■■■



 Αぱっと見テクニカル by FXプライム
◆ΑFXライブみらいチャート予測 by セントラル短資
・・FXライブのテクニカル指標ランキング by セントラル短資
ぁΑFXライブのシグナルマップ by セントラル短資
ァΑΑディールスコープ by 外為オンライン

 ⇒ FX業者ツール比較


■■■ 12年7月12日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 7月12日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【マーケットコメント】

NY市場

・11日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルは戻りが鈍い。4時時点では1.2222−27ドルと2時時点(1.2252ドル)と比べて0.0030ドル程度のユーロ安水準だった。24時過ぎに1.2227ドルまで下げたものの、9日に付けた2年ぶり安値1.2225ドルが目先のサポートとして意識されたほか、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(6月19−20日分)の公表を前に買い戻しが進み、1.2272−75ドルまで上げた。

・FOMC議事要旨では「更なる刺激策がおそらく必要になると数人が主張」「債券購入は国債市場を阻害する可能性があると数人のメンバーが指摘した」「数人のメンバーが緩和はインフレリスクを引き起こすと指摘した」「緩和の新たな手段を検討するべきとの意見があった」などの見解が示された。量的緩和第3弾(QE3)への思惑を高める内容ではなかったとしてユーロ売り・ドル買いが優位に。ダウ平均の一時110ドル超安も重しとなり、3時過ぎには1.22121ドルと2010年7月1日以来の安値を更新した。

・もっとも、市場では「1.2200ドルにはバリアオプションが観測されている」との指摘があり、防戦買いに下値を支えられる形でいったん下げ止まった。

・ユーロ円は失速。4時時点では97.35−40と2時時点(97.55円)と比べて20銭程度のユーロ安水準だった。ユーロドルが買い戻された後、売りに押された流れに沿って、97.743円の高値から97.26−31円まで下げ足を速めた。

・ドル円は4時時点では79.65−70円と2時時点(79.62円)とほぼ同水準だった。FOMC議事要旨公表後に全般ドル買いが強まった影響から、3時過ぎには79.70−73円まで小幅に上げる場面があった。

⇒ ソーシャルレンディング

・11日の米国株式市場でダウ工業株30種平均の終値は前日比49ドル35セント安の12603ドル77セント、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同14.35ポイント安の2887.98だった。

・11日の米10年物国債利回りは低下幅縮小。3時56分時点では前日比0.0068%低い1.4947%前後で推移している。

■■■ 12年7月12日のドル円予想 ■■■



現在、スプレッドナンバー1のSBIFXTRADEから
スプレッドをキャプチャしました。

SBIFXTRADE_スプレッド_12_07_12


 ⇒ SBIFXTRADE評判口コミ
 ⇒ SBIFXTRADE実際の取引画面

現在、ドル円は79.66銭あたり。
ユーロ円は97円台なかば。

※ SBIFXTRADEでは、キャッシュバックキャンペーンも実施しております。

SBIFXTRADEキャンペーン


■ ドル円10分・1時間足・日足・週足チャート

同様にSBIFXTRADEでドル円のチャートをチェックします。

SBIFXTRADE_チャート_12_07_12


FXプライムぱっと見テクニカルで、
今後のドル円結果をチェックしてまいります。

■■■ ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd07_12_10分足ドル円予想


■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd07_121間足ドル円予想


■■■ ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd07_124時間足ドル円予想


おなじくFXプライムでテクニカル指標ランキングなどをみていきます。

ぱっと見テクニカルusd_12_07_12


ぱっと見テクニカルusd_12_07_12b


ではセントラル短資みらいチャートで、同じく値動きを予想。

 ⇒ みらいチャート

■■■ みらいチャート ドル円予想

みらいチャート_12_07_12


みらいチャートの5分足の予想です。

では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近24時間+5分足

FXライブusd12_07_12


それでは、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

■■■ FXライブ ドル円予想

それでは、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

FXライブusd12_07_12c


ドル円予想の最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ドル円の個人投資家のポジション動向を直近の動きで1時間足で見てみます。

ディールスコープusd12_07_12


 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年7月12日のユーロ円予想 ■■■



■ ユーロ円10分・1時間足・日足・週足チャート

同様にSBIFXTRADEでユーロ円のチャートをチェックします。

SBIFXTRADE_チャート_12_07_12b


次に、ユーロ円をFXプライムのぱっと見テクニカルで予想します。

■■■ ユーロ円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur07_12aad


■■■ ユーロ円1時間分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur07_12axd


■■■ ユーロ円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur07_12ac


次にセントラル短資みらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 5分足

みらいチャート_12_07_12_eur


 ⇒ みらいチャートとは?

つぎはユーロ円のテクニカル指標ランキング。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近24時間+5分足

FXライブeur12_07_12b3


続いて、シグナルを同じくFXライブで検証。

FXライブeur12_07_12


では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

ディールスコープeur12_07_12


 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年7月12日の豪ドル円予想 ■■■



最後は豪ドル円。

まず、FXプライムのぱっと見テクニカルから。

■■■ 豪ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud12_07_12d


■■■ 豪ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud12_07_12c


■■■ 豪ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud12_07_12d


では、FXライブで豪ドル円のテクニカル指標ランキングを検証。

 ⇒ みらいチャート

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 直近24時間+5分足

FXライブaud12_07_12


次に各テクニカル指標の現在の売買シグナルをチェックします。

FXライブaud12_07_12c


では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

ディールスコープaud12_07_12


 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

⇒ SBIFXTRADEの評判・口コミ
⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

7/10 朝7時の最新ドル円ユーロ円豪ドル円予想 by ぱっと見、FXライブ、みらいチャート

昨日、私は大金が必要だといいました。

しかし、たいした大金ではないようです。十分、運と度胸と努力があれば
すぐにでも到達できる金額です。

年末までには目標額(必要額)だけでもプールする必要があります。

ようするにここから先は負けられない戦いが続きます。

よりいっそう、FX業者の予想結果に目を光らせて、トレードを行っていき
ます。

では、7月10日朝7時のFX業者のツールのドル円予想結果、ユーロ円予想
結果、豪ドル円予想結果を公開していきます。

■■■ 元LB社員が使うFX業者のツール ■■■



 Αぱっと見テクニカル by FXプライム
◆ΑFXライブみらいチャート予測 by セントラル短資
・・FXライブのテクニカル指標ランキング by セントラル短資
ぁΑFXライブのシグナルマップ by セントラル短資
ァΑΑディールスコープ by 外為オンライン

 ⇒ FX業者ツール比較


■■■ 12年7月10日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年7月10日のドル円予想 ■■■



現在、スプレッドナンバー1のSBIFXTRADEから
スプレッドをキャプチャしました。

SBIFXTRADE_スプレッド_12_07_10


 ⇒ SBIFXTRADE評判口コミ
 ⇒ SBIFXTRADE実際の取引画面

現在、ドル円は79.55銭あたり。
ユーロ円は97円台。

※ SBIFXTRADEでは、キャッシュバックキャンペーンも実施しております。

SBIFXTRADEキャンペーン


■ ドル円10分・1時間足・日足・週足チャート

同様にSBIFXTRADEでドル円のチャートをチェックします。

SBIFXTRADE_チャート_12_07_10


FXプライムぱっと見テクニカルで、
今後のドル円結果をチェックしてまいります。

■■■ ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd07_10_10分足ドル円予想


■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd07_101間足ドル円予想


■■■ ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd07_104時間足ドル円予想


おなじくFXプライムでテクニカル指標ランキングなどをみていきます。

ぱっと見テクニカルusd_12_07_10


ぱっと見テクニカルusd_12_07_10b


ではセントラル短資みらいチャートで、同じく値動きを予想。

 ⇒ みらいチャート

■■■ みらいチャート ドル円予想

みらいチャート_12_07_10


みらいチャートの5分足の予想です。

では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円予想

それでは、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

FXライブusd12_07_10c


ドル円予想の最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ドル円の個人投資家のポジション動向を直近の動きで8時間足で見てみます。

ディールスコープusd12_07_10


 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年7月10日のユーロ円予想 ■■■



次に、ユーロ円をFXプライムのぱっと見テクニカルで予想します。

■■■ ユーロ円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur07_10aad


■■■ ユーロ円1時間分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur07_10axd


■■■ ユーロ円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur07_10ac


次にセントラル短資みらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 5分足

みらいチャート_12_07_10_eur


 ⇒ みらいチャートとは?

つぎはユーロ円のテクニカル指標ランキング。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近24時間+5分足

FXライブeur12_07_10b3


続いて、シグナルを同じくFXライブで検証。

FXライブeur12_07_10


では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

ディールスコープeur12_07_10


 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年7月10日の豪ドル円予想 ■■■



最後は豪ドル円。

まず、FXプライムのぱっと見テクニカルから。

■■■ 豪ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud12_07_10d


■■■ 豪ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud12_07_10c


■■■ 豪ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud12_07_10d


次にセントラル短資みらいチャート予想です。

 ⇒ みらいチャートとは?

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想5分足

みらいチャート_12_07_10_aud


では、FXライブで豪ドル円のテクニカル指標ランキングを検証。

 ⇒ みらいチャート

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 直近24時間+5分足

FXライブaud12_07_10


次に各テクニカル指標の現在の売買シグナルをチェックします。

FXライブaud12_07_10c


では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

ディールスコープaud12_07_10


 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

■■■ 7月10日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【マーケットコメント】

NY市場

9日のニューヨーク外国為替市場で円はもみ合い。ニューヨーク勢からと見られる円売りが小幅に出て、上値がやや切り下がった。ただ、本日のユーロ圏財務相会合や明日の欧州連合(EU)財務相理事会を前に様子見ムードが根強く、持ち高調整の域を出なかった。

 ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁は9日、欧州議会で「利下げはインフレ圧力の緩和を考慮に入れた」「成長に対する幾分の下振れリスクが実体化した」「(再び利下げを行うかについて聞かれ)データを注視するだろう」「ECBは金利に関して決して事前にコミットしない」などと証言した。また、ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁は9日、「米金融当局は目標達成のための政策を実施する用意がある」「MBSなどの追加債券買い入れはもっとも効果的な手段」「資産買い入れ第3弾を必要とする瀬戸際にある」などと語った。その他にも英欧米の金融当局者から発言が相次いだが、市場の反応は薄かった。

【ドル・円】【ユーロ・円】
ドル・円は1ドル=79円60銭前後でのもみ合いに終始した。ニューヨークの取引時間帯の安値は79円49−52銭、高値は79円69−72銭で値幅は23銭程度と狭かった。ユーロ・円は1ユーロ=98円ちょうど前後で値動きが細った。ユーロ・ドルの上昇を支えに98円13銭前後まで小幅に上げる場面もあった。

【ユーロ・ドル】
方向感が定まらない。市場では「ユーロ圏財務相会合を前に買い戻しが入った」との声があったほか、スペイン国債や時間外の米株価指数先物の下落幅縮小が相場を支え、1ユーロ=1.2310ドル前後に観測されていたストップロスを誘発した。1.23ドル台での滞空時間が短かったため、頭の重さが嫌気されて1.2276−79ドルまで失速したが、売り一巡後は買いが再開した。1.2320ドル前後に観測されていたストップロスを巻き込み、1.23248ドル前後まで上げた。もっとも、さらに買いを進める材料に乏しかったうえ、「1.2340−50ドルには売り注文が観測されている」との指摘があり、1.2315ドル前後で次第に方向感を欠いた。

⇒ ソーシャルレンディング

・9日の米国債券相場で長期ゾーンは3日続伸。表面利率1.750%の10年物国債利回りは前営業日比0.04%低い(価格は高い)1.51%で終えた。世界的な景気減速が懸念され、「安全資産」とされる米国債が買われた。米国株の下落も債券買いにつながった。

・9日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は3日続落。終値は前営業日比36ドル18セント安の12736ドル29セントとなった。世界的な景気減速が懸念されるなか、スペインの10年物国債利回りが危険水域とされる7%を上回ったことなどが嫌気され売りが出た。市場では「今週から発表が本格化する米企業決算への警戒感から売りが出た」との指摘もあった。ただ、前週末にかけて大きく下げていたため、売り一巡後は買い戻しが入り終盤下げ渋った。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は続落し、同5.56ポイント安の2931.77で取引を終えた。
・9日のニューヨーク原油先物相場は3営業日ぶりに反発。ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)で、期近8月限の終値は前営業日比1.54ドル高の1バレル=85.99ドルだった。8日行われたノルウェー石油最大手スタトイルや米エクソンモービルなどとノルウェー労働者との協議が失敗に終わり、ノルウェーの原油生産が全面停止するとの懸念から買いが強まった。前週末までの続落に対するショートカバーも進み、フロアー取引終了後には86.48ドルまで上げ幅が広がった。

・9日のニューヨーク金先物相場は3営業日ぶりに反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心となる8月限は前営業日比10.2ドル高の1トロイオンス=1589.1ドルとなった。WTI原油先物相場など商品相場全般が大きく上昇したことを受けて、前週末までの大幅続落に対する買い戻しが広がった。市場の一部では「中国による香港からの5月金輸入が前年比で6倍増となったことが買いを誘った」との声もあり、フロアー取引終了後には1593.1ドルまで値を伸ばした。

⇒ SBIFXTRADEの評判・口コミ
⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

7/9 最新のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想 by ぱっと見、FXライブ、みらいチャート

私にはいま大いなる野望があります。

しかし、それには大金が必要です。そして運も。

でも、挑まざるを得ない数々の事情があり、その資金を捻出する為にも、
FXでまけることはゆるされず、勝つしかないのです。

では、今晩(今朝)も最新のFX業者のツールのドル円予想結果、ユーロ円予想
結果、豪ドル円予想結果を公開していきます。

■■■ 元LB社員が使うFX業者のツール ■■■



 Αぱっと見テクニカル by FXプライム
◆ΑFXライブみらいチャート予測 by セントラル短資
・・FXライブのテクニカル指標ランキング by セントラル短資
ぁΑFXライブのシグナルマップ by セントラル短資
ァΑΑディールスコープ by 外為オンライン

 ⇒ FX業者ツール比較


■■■ 12年7月9日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年7月9日のドル円予想 ■■■



現在、スプレッドナンバー1のSBIFXTRADEから
スプレッドをキャプチャしました。

SBIFXTRADE_スプレッド_12_07_9


 ⇒ SBIFXTRADE評判口コミ
 ⇒ SBIFXTRADE実際の取引画面

現在、ドル円は79.61銭あたり。


SBIFXTRADEキャンペーン


■ ドル円10分・1時間足・日足・週足チャート

同様にSBIFXTRADEでドル円のチャートをチェックします。

SBIFXTRADE_チャート_12_07_9


ドル高へ緩やかなトレンドを描いております。

FXプライムぱっと見テクニカルで、
今後のドル円結果をチェックしてまいります。

■■■ ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd07_9_10分足ドル円予想


■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd07_91間足ドル円予想


■■■ ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd07_94時間足ドル円予想


ではセントラル短資みらいチャートで、同じく値動きを予想。

 ⇒ みらいチャート

■■■ みらいチャート ドル円予想

みらいチャートusd07_9_1時間足ドル円予想


みらいチャートの1時間足の予想です。

では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近1週間間+5分足

FXライブusd12_07_9


それでは、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

FXライブusd12_07_9c


ドル円予想の最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ドル円の個人投資家のポジション動向を直近の動きで8時間足で見てみます。

ディールスコープusd12_07_9


 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年7月9日のユーロ円予想 ■■■



次に、ユーロ円をFXプライムのぱっと見テクニカルで予想します。

■■■ ユーロ円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur07_9aad


■■■ ユーロ円1時間分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur07_9axd


■■■ ユーロ円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur07_9ac


次にセントラル短資みらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1時間足

みらいチャート_12_07_9_eur


 ⇒ みらいチャートとは?

つぎはユーロ円のテクニカル指標ランキング。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近1週間+5分足

FXライブeur12_07_9b3


続いて、シグナルを同じくFXライブで検証。

FXライブeur12_07_9


では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

ディールスコープeur12_07_9


 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年7月9日の豪ドル円予想 ■■■



最後は豪ドル円。

まず、FXプライムのぱっと見テクニカルから。

■■■ 豪ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud12_07_9d


■■■ 豪ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud12_07_9c


■■■ 豪ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud12_07_9d


次にセントラル短資みらいチャート予想です。

 ⇒ みらいチャートとは?

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想1時間足

みらいチャート12_07_9_aud


では、FXライブで豪ドル円のテクニカル指標ランキングを検証。

 ⇒ みらいチャート

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 直近1週間+全時間足

FXライブaud12_07_9


次に各テクニカル指標の現在の売買シグナルをチェックします。

FXライブaud12_07_9c


では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

ディールスコープaud12_07_9


 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

■■■ 7月9日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【マーケットコメント】

NY市場

・ユーロドルは3日続落。スペインの10年物国債利回りが自力での財政再建が危ぶまれるとされる7%を再び突破し、ユーロ売り・ドル買いが先行した。6月米雇用統計で非農業部門雇用者数が前月比8万人増と予想の前月比9万5000人増を下回ったことが分かると、米雇用情勢の回復力の鈍さが意識され欧米株価が大幅に下落。投資家のリスク回避姿勢が強まるとの見方から売りが加速した。重要なサポートとして意識されていた6月1日の安値1.2288ドルを下抜けて、一時2010年7月1日以来の安値となる1.2260ドルまで下げ足を速めた。

・ドル円は反落。米重要指標の発表を控えてしばらくは方向感に欠ける動きが続いていたが、予想を下回る米雇用指標をきっかけに円買い・ドル売りが強まった。米長期金利の低下に伴う売りも出て、前日の安値79.56円を下抜けると一時79.499円まで下げた。ただ、売り一巡後は下げ渋る展開に。対ユーロなどでドル買いが強まった影響を受けたほか、79円台半ばに観測されている日本の輸入企業の円売り・ドル買いが下値を支えた。

・ユーロ円は3日続落。欧州財政問題への警戒感が根強いなか、米雇用情勢への回復期待が後退しダウ平均が一時200ドル近く下落。投資家がリスク・オフの動きを強め円買い・ユーロ売りが優勢となった。下値の目処として意識されていた6月28日の安値98.336円を下抜けてストップロスを誘発すると、一時97.634円まで値を下げた。

⇒ ソーシャルレンディング

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は続落。スペインの10年物国債利回りが自力での財政再建が危ぶまれるとされる7%を再び突破したほか、6月米雇用統計で非農業部門雇用者数が予想に届かなかったことが嫌気されて売りが優勢となった。ダウ平均は一時200ドル近く下落した。個別では、ヒューレット・パッカードやキャタピラー、アルコアなどの下げが目立った。

 ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は5営業日ぶりに反落した。

・米国債券相場で長期ゾーンは続伸。6月米雇用統計が低調な内容となったことを受けて景気の先行き不透明感が強まり、「安全資産」とされる米国債に買いが入った。スペインの10年物国債利回りが危険水域とされる7%を一時上回り、欧州財政問題への懸念が高まったことも相場の支え。

・原油先物相場は続落。6月の米雇用統計で非農業部門雇用者数が予想を下回る結果となり、米雇用市場の先行き不透明感が高まったため、原油需要が伸び悩むとの思惑から売りに押された。また、対ユーロでドル高が進み、ドル建てで決済される原油相場の割高感が意識されたことも重し。一時84.02ドルまで下げる場面があった。市場では「ノルウェー沖合の石油生産施設でのストが政府の介入によって間もなく終了するとの観測が浮上したことも、相場を下押しした」との声が聞かれた。

・金先物相場は大幅続落。6月米雇用統計が低調な結果となったことを受けて、リスク回避姿勢を強めた投資家がユーロ売り・ドル買いを進めたため、ドルの代替資産とされる金相場は売りに押された。また、市場では「米国株や原油など他の商品相場が下落したことで、損失を補てんする目的の換金売りも引き続き観測された」との指摘があった。フロアー取引では一時1576.4ドルまで下押し。一巡後の戻りも限定的だった。

⇒ SBIFXTRADEの評判・口コミ
⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
 東大式FX攻略法

みんなのFX

元リーマン社員限定タイアップ企画
FXプライムbyGMO「選べるミラートレーダー」

FXプライム[直トレFX]

アイネットFX
元LB社員が取引に使うFX業者
SBIFXTRADE評判  ドル円0.27銭SBIFXトレード
豪ドル円0.99/ユロ円0.69/ポン円1.19
1$から取引可/スプレッド4桁表示
住信SBIネット銀行50%出資のSBIG

GMOクリック証券FX評判  株も売買可GMOクリック証券
米ドル/円0.3銭原則固定
YAHOO出資企業/資産2000億円
8万人使用iClickFXNEO/FXroid
最新キャッシュバック特集
カテゴリー別の記事
livedoor プロフィール
免責事項
当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び私に関係する全ての方は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。

外為どっとコム
DMM FXは初心者向け
ドル円予想に使うFXツール
FXツール FXプライム byGMOのぱっと見テクニカル

過去12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想する機能
ぱっと見テクニカルツールa
⇒ ぱっと見テクニカルの評判評価
ドル円スプレッド比較
原則固定
(例外あり)
FX業者名
0.3銭  外為どっとコム
0.3銭 GMOクリック証券評判 GMOクリック証券
0.3銭 YJFX評判 YJFX!
0.3銭原則固定 DMMFX評判 DMMFX
0.4銭 みんなのFX評判 みんなのFX
0.6銭原則固定 FXプライム評判 FXプライム byGMO
0.7-1.0銭 アイネットFX評判 アイネット証券
0.9銭 ライブスター証券
株もFXも GMOクリック評判 GMOクリック証券
カブドットコム評判 カブドットコム証券

元リーマン社員がメディア掲載
元リーマンブラザーズ社員が取材①元リーマンブラザーズ社員が取材②
雑誌「BIG TOMORROW」5月号で取材受けて記事になりました。
⇒ 現在4.5万人超フォロワー!
元気の源!為替ブログランキング
皆様のクリックが・・・
元リーマン社員を救います!!


人気ブログランキング
最高、17位でファイト!

為替ブログ村
為替日記は、最高8位!
  • ライブドアブログ