元リーマン社員がFXツールでドル円予想

リーマンブラザーズに勤務した経験からビリオネアになる最短の方法はトレードしかないと確信し、トレードの中でも。最も少額で始められて、かつ、最もレバレッジが高くできるFXで財を成す事を決意しました。現在、ドル円をFXツールを駆使して予想し、その結果から売買するシステムトレードちっくな手法で売買を行い、まずは、ミリオネアへの道を目指しております。FXツールはFXプライム byGMOのぱっと見テクニカルを使っております。

 
 売買レート・チャート・リアルタイム売買比率表示ツールはみんなのFXより
0.3銭原則固定(例外あり)  外為どっとコム
0.3銭原則固定  GMOクリック証券
 FXトレーディングS
 YJFX!
 DMMFX
0.6銭原則固定  FXプライム byGMO
0.9銭原則固定  ライブスター証券
0.7〜1銭  アイネット証券
オススメ  ひまわり証券

2012年05月

DMM FX

17日木曜日 ツールを駆使して最新のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想!

もうすぐ木曜日の夕方をむかえる六本木。

今宵もFXでがっつり稼ぐ為、ドル円、ユーロ円、豪ドル円を無料FXツール
を駆使して徹底的に予想してまいります。

■■ 元リーマンブラザーズ社員の無料FX予測ツール一覧 ■■


 ⇒ セントラル短資みらいチャート
 ⇒ セントラル短資FXライブ
 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカル
 ⇒ 外為オンラインディールスコープ

 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年5月17日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年5月17日のドル円予想 ■■■



まず、直近の為替相場をDMMFXから。

■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFXスプレッド12_05_17


ドル円は80円前半。
では、今後のドル円の値動きをDMMFXのチャートで見ていきましょう。

■■■ ドル円1時間足チャート

DMMFXチャート4時間足12_05_17


1時間でみたドル円チャートは直近ではドル高トレンド。

■■■ ドル円4時間足チャート

DMMFXチャート60分足12_05_17


4時間足では、円高もそこをいったんうって、ドル高へ反発しているムード。

では、伊藤忠グループであるFXプライムの最強の予想ツール”ぱっと見テクニカル”で、
検証してまいります。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd05_17ab


2本は円高、1本はドル高のドル円予想です。

■■■ ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd05_17abc


1本が円高、2本がドル高のドル高予想。

■■■ ドル円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd05_17abcd


3本とも一旦はドル高にいった後、結局は円高へ戻すドル円予想。

では売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル05_17aya


ドル円売りは4位から11位へ激しくランクダウン。
ドル円買いは逆に9位から4位へ大躍進。
よってドル円買が強いドル円予想結果ですね。

ぱっと見テクニカル05_17az


パターン分析での各為替予想は、ドル円は圏外。

ではセントラル短資みらいチャートで、同じく値動きを予想。

 ⇒ みらいチャート

■■■ みらいチャート ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_05_17b


みらいチャートの1時間足の予想は3本ともドル高。

■■■ みらいチャート ドル円予想 1日足

みらいチャート12_05_17ba


みらいチャートの1日足の予想は1本がドル高。
2本が横ばい。

では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近1週間+1時間足

FXライブusd12_05_17


直近1週間で見た1時間足でのテクニカルチャートのランキング1位は、
移動平均で5回の取引で+53pipsの結果を叩き出しております!

それでは、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

FXライブusd12_05_17c


移動平均は50%50%のドル円予想結果。

最後にドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ドル円の個人投資家のポジション動向を直近の動きで
検証するため、4時間足で見てみます。

ディールスコープusd12_05_17b


個人投資家のポジションの動向は1日足で検証した場合は、変化なし。
よこばいです。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年5月17日のユーロ円予想 ■■■



次に、ユーロ円をFXプライムのぱっと見テクニカルで予想します。

■■■ ユーロ円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur05_17aa


2本が円高、1本がユーロ高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur05_17ab


2本が円高、1本がユーロ高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur05_17ac


1本が円高、1本がユーロ高、1本が横ばいのユーロ円予想です。

次にセントラル短資みらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1時間足

みらいチャート12_05_17eur_2


1時間足でみたみらいチャート
3本ともにユーロ高のユーロ円予想です。

 ⇒ みらいチャートとは?
 
■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1日足

みらいチャート12_05_17eur_2


1本がユーロ高、2本が円高のユーロ円予想です。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近1週間+1時間足

FXライブeur12_05_17b


直近1ヶ月間+1時間足でみたパフォーマンスランキング1位は、
移動平均にで8回の取引で+4pips。前回とかわらずですね。

続いて、シグナルを同じくFXライブで検証。

FXライブeur12_05_17


移動平均はユーロ円売りが100%の予想シグナルとなっております!

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur12_05_17


4時間足でみた、個人投資家のユーロ円のポジション動向はまったく変化無。

 ⇒ トップに戻る
 ⇒ SBIFX評判

■■■ 12年5月17日の豪ドル円予想 ■■■



最後は豪ドル円。
まず、FXプライムのぱっと見テクニカルから。

■■■ 豪ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1022ab


2本が円高、1本が豪ドル高の豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1022c


3本ともに豪ドル高の豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1022d


1本が豪ドル高、1本が横ばい、1本が円高の豪ドル円予想。

次にセントラル短資みらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_05_17aud_2


1時間足でみたみらいチャート
3本とも豪ドル高ですが、内、1本は円高へ戻す。

 ⇒ みらいチャートとは?
 
■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1日足

みらいチャート12_05_17aud_1


2本がユーロ高、1本が円高のユーロ円予想です。

では、FXライブで豪ドル円のテクニカル指標ランキングを検証。

 ⇒ みらいチャート

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 直近1週間+1時間足

FXライブaud12_05_17


プラスの結果のテクニカル指標はひとつもありません・・・

念のため、売買シグナルを検証します。

FXライブaud12_05_17c


総合判断は75%が豪ドル円売りの豪ドル円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud12_05_17


4時間足で豪ドル円の個人投資家のポジションはロングが少し増加。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 5月17日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【マーケットコメント 東京市場】

・ドル円は、7時過ぎに80.39円まで値を上げたが、週足ベースの一目均衡表雲の上限80.55円や2日の高値80.613円が上値の目処として意識されると、その後は80.25円まで小幅に値を下げた。もっとも、市場では「80.20−25円にかけてまとまった買い注文が観測されている」との指摘もあり、下値も限られた。なお、内閣府が発表した1−3月期の国内総生産(GDP)速報値は物価変動の影響を除いた実質で前期比、年率換算ともに市場予想を上回ったが、反応は限定的だった。

・ユーロドルは前日のニューヨーク時間に売りが進んだ反動で買い戻しが進んだ。10時過ぎには一時1.2749ドルまで上昇。もっとも、前日高値の1.27595ドルが意識されると伸び悩み、欧州勢の参入後には1.2720ドル台まで戻り売りに押されるなど方向感は乏しかった。

・ユーロ円はユーロドルにつれて10時30分過ぎに102.387円まで上げたが、その後は102円台前半でのもみ合いに。日経平均株価は売り先行後に持ち直したものの、投資家のリスク志向改善を意識した買いは鈍く、方向感の乏しい動きだった。

⇒ ソーシャルレンディング

・日経平均株価は3日ぶりに反発。昼過ぎまでは前日終値を挟んだ一進一退の展開が続いていたが、午後に入って他のアジア株式相場が上げ幅を広げると、外部環境の改善を好感した買いが優勢となった。前日までの下げがきつかったため買い戻しや自律反発狙いの買いが入ったほか、市場では「海外勢が利益確定目的の買い戻しを進めた」との声も聞かれた。個別では国内からテレビ生産の撤退を明らかにした東芝が買われたほか、コマツやファナックなど中国関連株も高かった。

・債券先物相場は反落。前日に約1年7カ月ぶりの水準まで上昇したことから、利益確定の売りが先行した。午後に入って日経平均株価が堅調に推移したことも相場の重しとなったようだ。なお、5年物国債入札は「無難な結果」との見方が広がったため、相場の押し上げ要因とはならなかった。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

5月15日のみらいチャート、ぱっと見テクニカル、ディールスコープ、FXライブのドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想の結果を完全公開!

ども!

夜8時をむかえる六本木から中長期でのドル円相場、ユーロ円相場、
豪ドル円相場の予想を各FX業者が無料で提供する万能ツールを駆使して、
予想していきます。

■■ 元リーマンブラザーズ社員の無料FX予測ツール一覧 ■■


 ⇒ セントラル短資みらいチャート
 ⇒ セントラル短資FXライブ
 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカル
 ⇒ 外為オンラインディールスコープ

 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年5月15日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年5月15日のドル円予想 ■■■



まずはともあれ、直近の為替相場から見ていきます。
直近の為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFXスプレッド評判05_15


ドル円は79円93銭あたりと80円にたっしそうです。
チャートを見ていきましょう(同じくDMMFXのチャート画面から)。

■■■ ドル円1時間チャート

DMMFXチャート60分足12_05_15


60分足と短期の時間軸でみたチャートでは、直近では少し
ドル高へ反発しつつよこばい。

■■■ ドル円4時間足チャート

DMMFXチャート4時間足12_05_15


4時間足では円高トレンド。

■■■ ドル円1日足チャート

DMMFXチャート1日足12_05_15


1日足でも円高へ。
では、伊藤忠グループであるFXプライムの最強の予想ツール”ぱっと見テクニカル”で、
検証してまいります。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd05_15abcd


2本がドル高、1本が横ばいのドル円予想。

■■■ ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd05_15ab


1本はドル高、1本は横ばい、1本は円高のドル円予想です。

■■■ ドル円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd05_15abc


3本ともにゆるやかな円高のドル円予想。
では売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル05_15aya


ドル円売りは4位から9位へランクダウン。
ドル円買いも9位から12位へランクダウン。
ドル円については方向感のないドル円予想となりました。

ぱっと見テクニカル05_15az


パターン分析での各為替予想は、ドル円は買いアンテナが1本。

ではセントラル短資みらいチャートで、同じく値動きを予想。

 ⇒ みらいチャート

■■■ みらいチャート ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_05_15b


みらいチャートの1時間足の予想は2本が円高。
1本がドル高。

■■■ みらいチャート ドル円予想 1日足

みらいチャート12_05_15ba


みらいチャートの1日足の予想は1本が若干ドル高。
2本が若干円高のドル円予想。

では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近1ヶ月間+全足

FXライブusd12_05_15


直近1ヶ月間で見た全時間足でのテクニカルチャートのランキング1位は、
DMI+週足で1回の取引で+282pipsの勝利。

それでは、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

FXライブusd12_05_15c


SDMIで50%がドル円売りの予想結果で半々のドル円予想結果。

最後にドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ドル円の個人投資家のポジション動向を直近の動きで
検証するため、1日足で見てみます。

ディールスコープusd12_05_15b


個人投資家のポジションの動向は1日足で検証した場合は、ドル円ロング
増加しておりましたが、さすがに直近では足踏み状態です。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年5月15日のユーロ円予想 ■■■



次に、ユーロ円をFXプライムのぱっと見テクニカルで予想します。

■■■ ユーロ円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur05_15ac


1本が円高、2本が横ばいのユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur05_15aa


2本が円高、1本がユーロ高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur05_15ab


2本が円高、1本がユーロ高のユーロ円予想です。

次にセントラル短資みらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1時間足

みらいチャート12_05_15eur_2


1時間足でみたみらいチャート
3本がユーロ高のユーロ円予想です。

 ⇒ みらいチャートとは?
 
■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1日足

みらいチャート12_05_15eur_2


今度は1時間足とは反対の3本ともに円高のユーロ円予想です。
次に同じくFXライブでユーロ円のテクニカル指標ランキングを・・・

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近1ヶ月間+全時間足

FXライブeur12_05_15b


直近1ヶ月間+全時間足でみたパフォーマンスランキング1位は、
ストキャスティクスで6回の取引で+546pipsと凄いパフォーマンス
結果を残しております

続いて、シグナルを同じくFXライブで検証。

FXライブeur12_05_15


ストキャスティクスはユーロ円買いと売りが50%50%の予想シグナルと
なっております!

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur12_05_15


1日足でみた、個人投資家のユーロ円のポジション動向は
直近でにユーロ買いが増加していたものの足踏み状態です。

 ⇒ トップに戻る
 ⇒ SBIFX評判

■■■ 12年5月15日の豪ドル円予想 ■■■



最後は豪ドル円。
同じくFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円1時間予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1022c


3本ともに急激な円高予想となっている豪ドル円予想!

■■■ 豪ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1022ab


2本が若干の豪ドル高、1本が円高の豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1022c


1本が横ばい、1本が若干の円高、1本が円高の豪ドル円予想。

次にセントラル短資みらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_05_15aud_2


1時間足でみたみらいチャート
2本が豪ドル高、1本が円高の豪ドル円予想です。

 ⇒ みらいチャートとは?
 
■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1日足

みらいチャート12_05_15aud_2


1日足のみらいチャートの豪ドル円予想は、3本ともに豪ドル高、
ただし1本は元に戻る豪ドル円予想です。

では、FXライブで豪ドル円のテクニカル指標ランキングを検証。

 ⇒ みらいチャート

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 直近1ヶ月間+全時間足

FXライブaud12_05_15


ボリンジャーバンド+1時間足が1位で61回の取引で+452pips。
しかもきれいに右肩あがりに勝ち続けるさまはエントリーポイントさえ
ミスらなければ最高の気持ちだったでしょう!

では、それら指標の売買シグナルを検証します。

FXライブaud12_05_15c


ボリンジャーバンドは50%が豪ドル円買いと、売りとも買いとも
予想しにくい結果です。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud12_05_15


ただ、個人投資家は1日足でみた場合、豪ドル円のポジションロングが
ず〜っといい感じに右肩あがりにきているおります。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 5月15日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【マーケットコメント 欧州市場】

 15日の欧州外国為替市場でユーロドルは上値が重い。20時時点では1.2850−55ドルと17時時点(1.2863ドル)と比べて0.0013ドル程度のユーロ安水準だった。中東勢やマクロ系ファンドのユーロ買いや、欧州株の上昇を背景とした買いで欧州市場の序盤に1.28692ドルと日通し高値を付けたが、その後欧州株が失速するとユーロ買いの動きは後退した。20時から予定されているパプリアス・ギリシャ大統領と各政党党首の協議を見定めたいとの空気もあるようだ。 

ドル円は20時時点では79.90−95円と17時時点(79.90円)とほぼ同水準だった。米10年債利回りの上昇幅拡大を手掛かりに79.96円と日通し高値を付ける場面があったが、利回り上昇が一服したことから買いはいったん収まっている。

ユーロ円も上値が重い。20時時点では102.69−74円と17時時点(102.78円)と比べて9銭程度のユーロ安水準だった。ユーロドルと同様に欧州株の失速が上値を抑えた。

⇒ ソーシャルレンディング

・日経平均株価は反落。前日の欧米株式相場がギリシャの政局混迷を背景に下落した流れを引き継いだ。また、対ユーロで円買いが進行したことが嫌気され、輸出関連株に売りが膨らんだことも相場の重しとなった。もっとも、売り一巡後は下げの大きかった銘柄を中心に短期的な反発を狙った買いが入り、8900円を挟んだ一進一退の動きに。日銀による上場投資信託(ETF)買いへの期待も相場を下支えし、引けにかけては下げ渋った。

・債券先物相場は3営業日ぶりに反落。前日の米国債券相場が上昇した流れを引き継いで買いが先行したが、午後に入ると次第に戻り売りが優勢となった。高値警戒感から利益確定目的の売りが上値を抑えたほか、日経平均株価が下げ幅を縮めたことも重しとなったようだ。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

5月10日のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想 by ぱっと見テクニカル、ディールスコープ、みらいチャート、FXライブ

こんばんは。

FXで飯を食う元リーマン社員です。超長期のドル円予想、ユーロ円予想、
豪ドル円予想をおこないます。

■■ 元リーマンブラザーズ社員の無料FX予測ツール一覧 ■■


 ⇒ セントラル短資みらいチャート
 ⇒ セントラル短資FXライブ
 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカル
 ⇒ 外為オンラインディールスコープ

 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年5月10日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年5月10日のドル円予想 ■■■



為替相場を見ていきましょう。
直近の為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFXスプレッド12_05_10


ドル円は79円後半。
では、今後のドル円の値動きをDMMFXのチャートで見ていきましょう。

■■■ ドル円4時間足チャート

DMMFXチャート4時間足12_05_10


4時間足では円高トレンド。

■■■ ドル円1日足チャート

DMMFXチャート60分足12_05_10


1日足でも円高へ。

■■■ ドル円1週間足チャート

DMMFXチャート60分足12_05_10


1週間足でも円高へ。

では、伊藤忠グループであるFXプライムの最強の予想ツール”ぱっと見テクニカル”で、
検証してまいります。

■■■ ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd05_10ab


2本はドル高、1本は横ばいのドル円予想です。

■■■ ドル円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd05_10abc


2本が円高、1本がドル高のドル高予想。

■■■ ドル円1週間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd05_10abcd


2本がドル高、1本が横ばいのドル円予想。

では売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル05_10aya


ドル円売りは8位から4位へ。
ドル円買いは10位から9位へ。
ドル円売り予想。

ぱっと見テクニカル05_10az


パターン分析での各為替予想は、ドル円は圏外。

ではセントラル短資みらいチャートで、同じく値動きを予想。

 ⇒ みらいチャート

■■■ みらいチャート ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_05_10b


みらいチャートの1時間足の予想は2本が円高。
1本が横ばい。

■■■ みらいチャート ドル円予想 1日足

みらいチャート12_05_10ba


みらいチャートの1日足の予想は1本がドル高。
2本が横ばい。

■■■ みらいチャート ドル円予想 週足

みらいチャート12_05_10ba


みらいチャートの1日足の予想は3本が円高。

では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近1ヶ月間+1時間足

FXライブusd12_05_10


直近1ヶ月間で見た1時間足でのテクニカルチャートのランキング1位は、
ストキャスティクスで1回の取引で+90pipsの結果を叩き出しております!

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近1年間+1時間足

FXライブusd12_05_10b


直近1年間で見た全時間足でのテクニカルチャートのランキング1位は、
ボリンジャーバンドで1回の取引で+2,072pipsの結果を叩き出して
おります!

それでは、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

FXライブusd12_05_10c


ボリンジャーバンドで75%がドル円売りの予想結果です。

最後にドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ドル円の個人投資家のポジション動向を直近の動きで
検証するため、1日足で見てみます。

ディールスコープusd12_05_10b


個人投資家のポジションの動向は1日足で検証した場合は、ドル円ロング
増加です。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年5月10日のユーロ円予想 ■■■



次に、ユーロ円をFXプライムのぱっと見テクニカルで予想します。

■■■ ユーロ円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur05_10aa


2本が横ばい、1本が円高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur05_10ab


1本が円高、2本がユーロ高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円週足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur05_10ac


1本が円高、2本がユーロ高のユーロ円予想です。

次にセントラル短資みらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1時間足

みらいチャート12_05_10eur_2


1時間足でみたみらいチャート
1本が横ばい、2本がユーロ高のユーロ円予想です。

 ⇒ みらいチャートとは?
 
■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1日足

みらいチャート12_05_10eur_2


3本が円高のユーロ円予想です。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近1ヶ月間+1時間足

FXライブeur12_05_10b


直近1ヶ月間+1時間足でみたパフォーマンスランキング1位は、
RSIで1回の取引で+565pips。前回とかわらずですね。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近1年間+1時間足

FXライブeur12_05_10b


直近1年間+1時間足でみたパフォーマンスランキング1位は、
ボリンジャーバンドで983回の取引で+2,072pips。

続いて、シグナルを同じくFXライブで検証。

FXライブeur12_05_10


RSIはユーロ円買いと売りが50%50%の予想シグナルと
なっております!

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur12_05_10


1日足でみた、個人投資家のユーロ円のポジション動向は
直近でにユーロ買いが増加。

 ⇒ トップに戻る
 ⇒ SBIFX評判

■■■ 12年5月10日の豪ドル円予想 ■■■



最後は豪ドル円。まずの値動きを
セントラル短資でチャートで見ていきましょう。

■■■ 豪ドル円60分足、日足チャート

セントラル短資FXチャート60分足12_05_10aaa


豪ドル円も円高であることをみると、全面的に円高傾向です。

まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1022ab


2本が豪ドル高、1本が横ばいの豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1022c


2本が横ばい、1本が円高の豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円1週間予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1022c


2本が横ばい、1本が円高の豪ドル円予想。

では、FXライブで豪ドル円のテクニカル指標ランキングを検証。

 ⇒ みらいチャート

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 直近1ヶ月間+1時間足

FXライブaud12_05_10


ストキャスティクスが1位で10回の取引で+496pips。

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 直近1年間+1時間足

FXライブaud12_05_10


1位はボリンジャーバンドで、787回の取引で2,065pipsの勝利。

では、それら指標の売買シグナルを検証します。

FXライブaud12_05_10c


ボリンジャーバンドは75%が豪ドル円買いの豪ドル円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud12_05_10


1日足で豪ドル円の個人投資家のポジションはロングが長いスパンで増加し
ております。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 5月10日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【マーケットコメント 欧州市場】

【Overview】

10日の欧州外国為替市場で円は弱含み。10日の欧州株相場が堅調に推移し、投資家のリスク回避姿勢が後退するとの見方が広がると、円の買い持ちを解消する動きが強まった。財政が不安視されるスペインやイタリアの国債利回りの上昇が一服していることも投資家心理の改善につながった。なお、五十嵐文彦財務副大臣は10日、「(円高に関し)投機的な目に余る動きには介入もあり得る」「為替の急激な変化は問題であり、注意深く見る必要」などと述べたと伝わった。「五十嵐文彦財務副大臣の発言を受けて、市場はやや神経質になっているようだ」との声が聞かれた。

【ドル・円】【ポンド・円】

ドル・円は堅調。前日の高値を上抜けて、22時過ぎに一時本日高値となる1ドル=79円94銭前後まで値を上げた。

 ポンド・円はしっかり。イングランド銀行(英中央銀行)は10日、市場の予想通り政策金利と資産買取プログラムの規模を据え置いたと発表した。ただ、市場の一部では「資産買取プログラムの規模が拡大される」と期待していた向きもあっただけに、ポンドを買い戻す動きが強まっている。22時過ぎに一時本日高値となる1ポンド=129円33銭前後まで値を上げた。

【ユーロ・ドル】

欧州株の上昇を背景に、投資家のリスク回避姿勢が後退するとの見方からユーロ買い・ドル売りが先行。「ギリシャで連立政権交渉が進展するとの期待が高まった」との声も聞かれ、22時過ぎに一時1ユーロ=1.29771ドル前後と日通し高値を付けた。なお、ユーロ・ポンドの下落に伴うユーロ売り・ドル買いが出て、20時過ぎに一時1.29248ドル前後とアジア時間に付けた日通し安値1.2924ドル前後に迫る場面もあった。

⇒ ソーシャルレンディング

・日経平均株価は続落。ギリシャの政局不安が欧州債務問題をさらに悪化させるとの思惑から売りが先行し、一時前日比59.16円安の8985.90円と2月14日以来の安値を更新した。ただ、9000円割れの達成感から売り方の買い戻しが入ったほか、市場では「先物市場に断続的な買いが入った」との声が聞かれ、30円超高まで持ち直した。前日発表の決算内容が好感されたトヨタ自動車が上昇したほか、景品表示法に抵触する可能性が浮上した「コンプリート(コンプ)ガチャ」廃止を発表したディー・エヌ・エーやグリーなどソーシャルゲーム関連銘柄の上昇が目立ち、投資家心理が改善した面もあった。ただ、外国為替市場での円高傾向をながめ主力輸出株が上値の重い展開となるなか、後場の日経平均株価は再びマイナス圏に沈み、引けにかけて30円超下落した。

・債券先物相場は反落。ギリシャの政治混迷や債務問題、スペインの金融機関に対する懸念を背景に安全資産とされる債券買いが先行した。ただ、高値警戒感が広がるなか、日経平均株価が一時底堅く推移したことが利益確定の売りを誘うと、下げに転じ軟調に推移した。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

5月5日のドル円ユーロ円豪ドル円予想 by ぱっと見テクニカル、みらいチャート、ディールスコープ、FXライブ

絶対にまけられない・・・それがFXをやるものの信条でしょう。

それには少しでも精度の高い多くの情報を取得し分析することが
肝要となってきます。

元リーマン社員は下記の無料ツールの結果を複合的に組み合わせて
トレードを行うことで、精度を高めております。

それでは、2012年5月5日の最新のドル円予想、ユーロ円予想
豪ドル円予想を行ってまいります。

■■ 元リーマンブラザーズ社員の無料FX予測ツール一覧 ■■


 ⇒ セントラル短資みらいチャート
 ⇒ セントラル短資FXライブ
 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカル
 ⇒ 外為オンラインディールスコープ

 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年5月05日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年5月05日のドル円予想 ■■■



直近の為替相場を見ていきましょう。

■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

セントラル短資スプレッド12_05_05

※ FXライブが無料で使えるセントラル短資の取引画面からキャプチャ
 ⇒ FXライブについて
 ⇒ FX業者の取引画面を比較

いまのドル円は79円84銭。ずいぶん円高に触れましたねぇ。
米国の雇用統計の影響でしょうか。

では、今後のドル円の値動きをセントラル短資でチャートで見ていきましょう。

■■■ ドル円60分足、日足チャート

セントラル短資FXチャート60分足12_05_05


では、伊藤忠グループであるFXプライムの最強の予想ツール”ぱっと見テクニカル”で、
検証してまいります。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd05_05ab


3本ともばらばらの結果となったドル円予想です。

■■■ ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd05_05abc


1本が円高、2本が横ばいのドル高予想。

■■■ ドル円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd05_05abcd


1本がドル高、2本が横ばいのドル高予想。

では売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル05_05aya


ドル円売りは10位から8位へ。
ドル円買いは7位から10位へ転落。

ぱっと見テクニカル05_05az


パターン分析での各為替予想は、ドル円は圏外。

ではセントラル短資みらいチャートで、同じく値動きを予想。

 ⇒ みらいチャート

■■■ みらいチャート ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_05_05b


みらいチャートの1時間足の予想は1本がドル高。
2本が横ばい。

■■■ みらいチャート ドル円予想 1日足

みらいチャート12_05_05ba


みらいチャートの1日足の予想は1本がドル高。
1本が横ばい。1本が円高。

■■■ みらいチャート ドル円予想 週足

みらいチャート12_05_05ba


みらいチャートの1日足の予想は3本が円高。

では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近1ヶ月間+全時間足

FXライブusd12_05_05


直近1ヶ月間で見た全時間足でのテクニカルチャートのランキング1位は、
RSIで1回の取引で+400pipsの結果を叩き出しております!

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 直近1ヶ月間+1時間足

FXライブusd12_05_05


直近1ヶ月間で見た全時間足でのテクニカルチャートのランキング1位は、
MACDで1回の取引で+100pipsの結果を叩き出しております!

それでは、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

FXライブusd12_05_05c


RSIは50%50%で半々の予想結果です。

最後にドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ドル円の個人投資家のポジション動向を直近の動きで
検証するため、8時間足で見てみます。

ディールスコープusd12_05_05b


個人投資家のポジションの動向は8時間足で検証した場合は、
あまり変化ありません。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年5月05日のユーロ円予想 ■■■



次に、ユーロ円です。まずは、ユーロ円の値動きを
セントラル短資でチャートで見ていきましょう。

■■■ ユーロ円60分足、日足チャート

セントラル短資FXチャート60分足12_05_05a


ドル円と同様に円高が直近で進んでおります。

ではFXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur05_05aa


2本が横ばい、1本が円高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur05_05ab


2本が円高、1本がユーロ高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur05_05ac


1本が円高、2本がユーロ高のユーロ円予想です。

次にセントラル短資みらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1時間足

みらいチャート12_05_05eur_2


1時間足でみたみらいチャート
2本が円高、1本がユーロ高のユーロ円予想です。

 ⇒ みらいチャートとは?
 
■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1日足

みらいチャート12_05_05eur_2


3本が円高のユーロ円予想です。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近1ヶ月間+全時間足

FXライブeur12_05_05b


直近1ヶ月間+全時間足でみたパフォーマンスランキング1位は、
RSIで1回の取引で+606pips。前回とかわらずですね。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 直近1週間+1時間足

FXライブeur12_05_05b


直近1週間+1時間足でみたパフォーマンスランキング1位は、
ストキャスティクスで3回の取引で+331pips。

続いて、シグナルを同じくFXライブで検証。

FXライブeur12_05_05


RSIは75%がユーロ円買いの予想シグナルとなっております!

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur12_05_05


8時間足でみた、個人投資家のユーロ円のポジション動向は
徐々にユーロ買いが増加。

 ⇒ トップに戻る
 ⇒ SBIFX評判

■■■ 12年5月05日の豪ドル円予想 ■■■



最後は豪ドル円。まずの値動きを
セントラル短資でチャートで見ていきましょう。

■■■ 豪ドル円60分足、日足チャート

セントラル短資FXチャート60分足12_05_05aaa


豪ドル円も円高であることをみると、全面的に円高傾向です。

まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1022ab


1本が円高、2本が横ばいの豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1022c


2本が横ばい、1本が豪ドル高の豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円1日予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud1022c


3本とも豪ドル高の豪ドル円予想。

では次にセントラル短資みらいチャートで豪ドル円を予想。

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_05_05aud_b


1時間足でみたみらいチャートは3本ともに横ばいの予想。

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1日足

みらいチャート12_05_05aud_b


1時間足でみたみらいチャートは1本が急激な豪ドル高、
2本が横ばいの予想。

では、FXライブで豪ドル円のテクニカル指標ランキングを検証。

 ⇒ みらいチャート

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 直近1ヶ月間+全時間足

FXライブaud12_05_05


MACDが1位で15回の取引で+557pips。
2位がストキャスティクスで10回の取引で+473pips。

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 直近1週間+1時間足

FXライブaud12_05_05


1位はボリンジャーバンドで、20回の取引で183pipsの勝利。

では、それら指標の売買シグナルを検証します。

FXライブaud12_05_05c


ボリンジャーバンドは50%50%が豪ドル円売りと買いの豪ドル円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud12_05_05


8時間で豪ドル円の個人投資家のポジションはロングが長いスパンで増加し
ております。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 5月05日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【マーケットコメント NY市場】

(4日終値)
ドル・円相場(5日6時時点):前営業日比34銭安の1ドル=79.83円
ユーロ・円相場:同99銭安の1ユーロ=104.44円
ユーロ・ドル相場:同0.0063ドル安の1ユーロ=1.3083ドル
ダウ工業株30種平均:同168ドル32セント安の13038ドル27セント
ナスダック総合株価指数:同67.96ポイント安の2956.34
10年物米国債利回り:同0.05%低い(価格は高い)1.88%
WTI原油先物6月限:同4.05ドル安の1バレル=98.49ドル
金先物6月限:同10.40ドル高の1トロイオンス=1645.20ドル

(主な米経済指標) <発表値> <前回発表値>
4月米雇用統計
失業率                 8.1%      8.2%
非農業部門雇用者数変化        11.5万人    15.4万人・改

※改は改定値、▲はマイナスを表す。

(各市場の動き)
・ドル円は反落。米労働省が4日発表した4月の米雇用統計で、非農業部門雇用者数は前月比11万5000人増となり市場予想平均の前月比16万人増より弱い結果となったことを受けた。米長期金利の低下に伴い日米金利差縮小を意識した円買い・ドル売りが入ったほか、WTI原油先物相場の急落を背景に資源国のクロス円の下げがきつくなったことも重しとなった。引け間際に79.801円まで下げた。
ただ、同時に資源国通貨やユーロなどに対してドル買いが強まったため、一方的に下落する展開にはならなかった。
なお、米雇用統計発表後には前月分の非農業部門雇用者数が上方修正されたことや、失業率が前月の8.2%から8.1%に改善し、市場予想平均の8.2%よりも強い結果となったことを手掛かりに80.40円まで値を上げたが、米金利の低下幅拡大や、時間外の米株価指数先物が下落したことを受けたクロス円の売りなどが重しとなったため、ドル円の買いは長続きしなかった。

・ユーロドルは3日続落。4月米雇用統計で非農業部門雇用者数が予想に届かなかったことや、対豪ドルでユーロ買いが強まったことなどを背景に一時1.31791ドルまで値を上げた。
ただ、3日高値1.31809ドルを上抜け出来ず上値の重さが意識されたほか、週末にフランスの大統領選、ギリシャの総選挙などを控えてユーロロングを落とす動きが見られて徐々に上値を切り下げた。米国株相場の下げ幅が拡大するとリスクポジション解消目的の売り圧力が増し、3日安値1.3095ドルを下抜けた。一時1.30801ドルと4月19日以来の安値まで下げた。

・ユーロ円は下落。米雇用統計発表後にドル円につれて乱高下したが、欧米株安や週末のイベントを意識した売りが優勢で大幅安となった。2月17日以来の安値となる104.38円まで下げる場面があった。

⇒ ソーシャルレンディング

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は3日続落し、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は続落した。4月米雇用統計で非農業部門雇用者数は前月比11万5000人増となり市場予想平均の前月比16万人増より弱い結果となったことを受けて、米景気の先行き懸念が高まり幅広い銘柄が売られた。WTI原油先物相場の急落を嫌気して指数に影響度の大きい石油株の下げがきつくなり相場を押し下げた。シェブロン、キャタピラー、JPモルガン・チェースが2%超の下落。「週末にフランス大統領選とギリシャ総選挙を控えており、欧州の政治情勢を警戒した売りが出ていた」「フェイスブックの上場に備え換金売りが出ていた」などの指摘が聞かれた。

・米国債券相場で長期ゾーンは大幅反発。4月米雇用統計で非農業部門雇用者数が予想に届かなかったため、景気の先行き不透明感が高まり安全資産としての米国債を物色する動きが強まった。株式相場が大幅安となったことも買いを後押しした。利回りは2月3日以来となる1.87%まで低下する場面があった。もっとも、失業率が前月から改善し予想よりも強かった部分に反応して発表直後は一時的に米国債が売られる場面もあった。

・原油先物相場は急落。石油輸出国機構(OPEC)のアブドラ・サレム・バドリ事務局長が3日に「高い原油価格が需要を破壊することを懸念」「原油価格は100ドルが適正水準」などと発言したことが嫌気され、時間外取引からさえない動きとなった。さらに、米労働省が発表した4月米雇用統計で非農業部門雇用者数が市場予想より弱い結果となり米景気の先行き不透明感が強まると、原油需要が後退するとの見方から売りが加速。節目の100ドルを早々に下抜けて、一時97.51ドルと2月10日以来の安値付けた。

・金先物相場は5営業日ぶりに反発。米労働省が発表した4月米雇用統計で非農業部門雇用者数が弱い結果となり、対ユーロでドル売りが進んだことから、ドルの代替資産とされる金に買いが入った。また、弱い米雇用指標を手掛かりに追加金融緩和への思惑が拡大し、商品相場への資金流入期待から買いが入った面もあった。一時は1648.0ドルまで上昇。もっとも、買い一巡後は欧米株安などを背景に対ユーロでドルの買い戻しが進んだため、戻り売りに押される展開に。一時は下げに転じる場面も見られるなど、その後は上値の重さが目立った。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
 東大式FX攻略法

みんなのFX

元リーマン社員限定タイアップ企画

FXプライム[直トレFX]

アイネットFX
元LB社員が取引に使うFX業者
SBIFXTRADE評判  ドル円0.27銭SBIFXトレード
豪ドル円0.99/ユロ円0.69/ポン円1.19
1$から取引可/スプレッド4桁表示
住信SBIネット銀行50%出資のSBIG

GMOクリック証券FX評判  株も売買可GMOクリック証券
米ドル/円0.3銭原則固定
YAHOO出資企業/資産2000億円
8万人使用iClickFXNEO/FXroid
最新キャッシュバック特集
カテゴリー別の記事
livedoor プロフィール
免責事項
当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び私に関係する全ての方は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。

外為どっとコム
DMM FXは初心者向け
ドル円予想に使うFXツール
FXツール FXプライム byGMOのぱっと見テクニカル

過去12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想する機能
ぱっと見テクニカルツールa
⇒ ぱっと見テクニカルの評判評価
ドル円スプレッド比較
原則固定
(例外あり)
FX業者名
0.3銭  外為どっとコム
0.3銭 GMOクリック証券評判 GMOクリック証券
0.3銭 YJFX評判 YJFX!
0.3銭原則固定 DMMFX評判 DMMFX
0.4銭 みんなのFX評判 みんなのFX
0.6銭原則固定 FXプライム評判 FXプライム byGMO
0.7-1.0銭 アイネットFX評判 アイネット証券
0.9銭 ライブスター証券
株もFXも GMOクリック評判 GMOクリック証券
カブドットコム評判 カブドットコム証券

元リーマン社員がメディア掲載
元リーマンブラザーズ社員が取材①元リーマンブラザーズ社員が取材②
雑誌「BIG TOMORROW」5月号で取材受けて記事になりました。
⇒ 現在4.5万人超フォロワー!
元気の源!為替ブログランキング
皆様のクリックが・・・
元リーマン社員を救います!!


人気ブログランキング
最高、17位でファイト!

為替ブログ村
為替日記は、最高8位!
くりっく365のFX業者比較
  • ライブドアブログ