元リーマン社員がFXツールでドル円予想

リーマンブラザーズに勤務した経験からビリオネアになる最短の方法はトレードしかないと確信し、トレードの中でも。最も少額で始められて、かつ、最もレバレッジが高くできるFXで財を成す事を決意しました。現在、ドル円をFXツールを駆使して予想し、その結果から売買するシステムトレードちっくな手法で売買を行い、まずは、ミリオネアへの道を目指しております。FXツールはFXプライム byGMOのぱっと見テクニカルを使っております。

 
 売買レート・チャート・リアルタイム売買比率表示ツールはみんなのFXより
0.3銭原則固定(例外あり)  外為どっとコム
0.3銭原則固定  GMOクリック証券
 FXトレーディングS
 YJFX!
 DMMFX
0.6銭原則固定  FXプライム byGMO
0.9銭原則固定  ライブスター証券
0.7〜1銭  アイネット証券
オススメ  ひまわり証券

2012年03月

DMM FX

過ぎ行く2011年度、やってくる2012年度 徹底ドル円予想ユーロ円予想豪ドル円予想 by みらいチャート、FXライブ、ディールスコープ

おはようございます。

本当に本当に2011年度も3月31日で最終日。
明日からは2012年度のはじまり。4月1日です。

今年度は本当にいろいろありました。たぶん、人生で最も記憶に残る1年と
なったかもしれません。

そして、とても皮肉な事にFXでの稼ぎが過去最高に達したのも今年度。
お金がなくて、お嬢様にふられたはずなのに、蓋をあけてみたら年収として
は人生過去最高額。皮肉な事です。そして、それが俺を慰めてくれている
のかもしれません。三十路の男の鎮魂歌。そんな事をいうにはまだはやい!

これからです。昨晩、六本木を歩いていたら真っ黒なポルシェカレラGT
をみました。世の中には1億円近い車でタクシーの渋滞に突っ込んでいく
わけですから、俺はまだ人生の何もつかんではおりません。

タワーの清原のように。100億円をキャッシュで!プライベートジェット
は自分で持つまではないかもしれないが、移動はすべてレンタルのそれで。

そのためにも、FXで10億円を作る!それが2012年度の目標です。

それでは、今週・今月を振り返って2012年4月のドル円予想、
ユーロ円予想、豪ドル円予想を行っていいます。使用するツールは
もう、元リーマンブラザーズが使い古して手垢がつきまくっているといい
下記のツールです。

■■ 元リーマンブラザーズ社員の必勝予測ツール一覧 ■■


 ⇒ みらいチャート
 ⇒ FXライブ
 ⇒ ぱっと見テクニカル
 ⇒ ディールスコープ

 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年3月31日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年3月31日のドル円予想 ■■■



では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

 ⇒ DMMFXの評判

■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFXスプレッド12_03_31

※ スプレッド比較1位のDMMFXの取引画面からキャプチャ
 ⇒ DMMFXの評判
 ⇒ FX業者の取引画面を比較

2011年度はどうやら82円の後半でしまりそう。

直近の値動きをDMMFXでチャートで検証します。

■■■ ドル円60分足チャート

DMMFXチャート12_03_31b


60分足でみたチャートでは直近で際立ってドル高へ反発しておる
のがわかるであろう。

■■■ ドル円4時間足チャート

DMMFXチャート12_03_31c


ただその反発も4時間でみると、どうかといったところ。
ただ、これで抜け切れなければ円高トレンドへ転換といった見方も
あろう。

■■■ ドル円 1日足チャート

DMMFXチャート12_03_31


さすがに1日足だと直近のドル高反発の動きがすごく、いったんは
円高へ戻しているだけに見えてきます。

やはり、ここでセントラル短資みらいチャートで、4が月のドル円の値動きを
予想していきます。

 ⇒ みらいチャート

■■■ みらいチャート ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_03_31


みらいチャートの1時間足の予想では1本がドル高、1本が横ばい、1本が少し円高のドル円予想結果。

■■■ みらいチャート ドル円予想 1日足

みらいチャート12_03_31


1日足のみらいチャートでは、2本が円高、1本がドル高というドル円予想。

 ⇒ みらいチャート

では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 1週間+5分足

FXライブusd12_03_31


1週間+5分足で検証した、テクニカル指標ランキングはMACDが
1位。11回の取引で+1323pipsと大漁。

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 1ヶ月+全時間足

FXライブusd12_03_31b


では直近1ヶ月間でみた全時間についてのテクニカル指標ランキング。
移動平均、MACD、ボリンジャーバンドが300PIPSオーバーと
いう結果。

それでは、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

FXライブusd12_03_31c


移動平均・MACDともに売りと買いが50%ずつ、ボリンジャーバンドは
75%が買いのドル円予想シグナルです。

最後にドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ドル円の個人投資家のポジション動向を直近の動きで
検証するため、1日足で見てみます。

ディールスコープusd12_03_31b


個人投資家は一旦は凄い勢いでドル円を買っていたポジションを利食いし、
急激に減ったものの、まだまだドル高へいくとよんでいるっぽく、
直近ではジョジョにドル円買いのポジションが増加中。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年3月31日のユーロ円予想 ■■■



次に、ユーロ円について、予想します。

セントラル短資みらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1時間足

みらいチャート12_03_31eur


1時間足でみたみらいチャートのユーロ円予想は2本ががっつりユーロ高
1本が若干のユーロ高といったユーロ円予想。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1日足

みらいチャート12_03_31eur


1日足でみたみらいチャートのユーロ円予想は1本がユーロ高、2本が横ばいのユーロ円予想。

 ⇒ みらいチャートとは?
 
つぎにユーロ円のテクニカル指標のシミュレーションのランキング結果です。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 1週間+1時間足

FXライブeur12_03_31a


MACDが1位で2回の取引で+205pipsの勝利。2位はRSIで
+!72pips、3位でも移動平均が4回で+145pipsと大漁
のユーロ円のテクニカル指標ランキング状況!

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 1ヶ月+全時間足

FXライブeur12_03_31b


やはりDMIが圧倒的に1位で1回の取引で+5,241pipsの勝利。

続いて、シグナルを同じくFXライブで検証。

FXライブeur12_03_31


そのDMIは75%が買いのユーロ円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur12_03_31


1日足でみた、個人投資家のユーロ円のポジション動向はガンガン
減っていたユーロ円ロングのポジションが直近でへりどまったと
チャート。さすがに、ここからはユーロ円ロングが増えてきそうな
個人投資家の方々です。

 ⇒ トップに戻る
 ⇒ SBIFX評判

■■■ 12年3月31日の豪ドル円予想 ■■■



2011年度もついに最後のFX予想は豪ドル円です。
2010年度末は、こんな事になるなんて想像だにしませんでした。
人生本当にいろいろとあるものです。ブセナテラスは思い出のホテルに
なってしまいました。もう一生いく事はないでしょう。もっといい女
つかまえていけばいいじゃん!なんて励まされても、もうそんな出会いは
ないでしょう。あるとしたら、10億円を手にするとき。結局は
マネーisエブリシティング。リーマンブラザーズで叩き込まれた価値観は
やはり正しかったと思うしかありません。

それでは、2012年度末には心も体も顔も、本当に幸せな状態で迎えら
れるよう気合の一撃でLASTの豪ドル円予想です!

ではセントラル短資みらいチャートで豪ドル円を予想。

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_03_31aud


1時間足でみたみらいチャートは3本とも豪ドル高の豪ドル円予想。

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1日足

みらいチャート12_03_31aud


1日足の豪ドル円予想は、上記のとおりグチャグチャ。今年度の世相を
あらわしたかのようなチャートでしめくくろう!

では、FXライブで豪ドル円のテクニカル指標ランキングを検証。

 ⇒ みらいチャート

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 1週間+1時間足

FXライブaud12_03_31


DMIが1位で6回の取引で+148pips。

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 1ヶ月+全時間足

FXライブaud12_03_31


ストキャスティクスが1位で1回の取引で+755pips。

では、それら指標の売買シグナルを検証します。

FXライブaud12_03_31c


ほぼ全てのテクニカル指標で長い部分で売り予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud12_03_31


豪ドル円の個人投資家のポジションは、買いが急増!

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 3月31日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【マーケットコメント FX関連】

・ドル円は3営業日ぶりに反発。米商務省が30日発表した2月個人所得は市場予想平均を下回り、シカゴ購買部協会が発表した3月景気指数(シカゴPMI)も62.2と市場予想平均の63.0に届かなかった。ただ、個人所得と同時に発表された2月米個人消費支出(PCE、季節調整済み)は前月比0.8%上昇と市場予想平均の0.6%程度増を上回った上、3月の米消費者態度指数(ミシガン大調べ、確報値)は76.2と速報値74.3から上方修正され、市場予想平均を上回った。米景気に影響度の大きい個人消費が改善しているとしてドルが買われた。欧州株や米国株が一時値を上げ、クロス円が上げたことも買いを促した。アジア時間に3月の決算期末に絡んで国内輸出企業などの円買い・ドル売りが膨らみ81.83円まで下落したが、期末に絡んだ売りが一巡し下落局面で便乗して形成された円買い・ドル売りポジションの一部があぶりだされて戻りが大きくなったようだ。米10年債利回りが急上昇すると買いが加速。引け間際に82.89円まで上値を伸ばした。週末・四半期末でやや薄商いとなる中で値動きが大きくなった面もあった。

・ユーロドルは反発。ユーロ圏財務相会合で、拠出済みの資金と既に実施されたギリシャ向け2国間融資を含めて8000億ユーロのファイアウォール(防火壁)を構築することが合意に至ったことが支えとなった。ロンドン16時(日本時間24時)のフィキシングに絡んだと見られる売りが出て1.3308-11ドルまで値を下げたが、フィキシング通過後は直ぐに値を戻した。週末や四半期末を控えてポジション調整が主体となったようで方向感に乏しい展開だった。

・ユーロ円は3日ぶりに反発。期末に絡んだ円買い・ユーロ売りが一巡した中で、欧米株が一時上昇したため、リスク志向の改善を意識した円売り・ユーロ買いが散発的に入り、商いの薄い中で値を上げた。ドル円と同様に、短期の円買い・ユーロ売りポジションが解消されて上昇に弾みが付いたようだ。一時110.63円まで上値を伸ばした。

⇒ ソーシャルレンディング

【マーケットコメント】

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は続伸。2月米PCEは前月比0.8%上昇と市場予想平均の0.6%程度増を上回った上、3月の米消費者態度指数(ミシガン大調べ、確報値)は76.2と速報値74.3から上方修正され、市場予想平均を上回った。米景気に強気な見方が改めて広がり株が買われた。「本日の上昇は期末特有の『お化粧買い』が含まれている」との見方もあった。一方、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は4日続落。高く始まったものの、ダウ平均と比べ年初からの上げ幅が大きく、利益確定の売りが出やすかった。指数に影響度の大きいアップルが下げたことも重しだった。

・米国債券相場で長期ゾーンは大幅反落。。2月米PCEが市場予想を上回ったことや、ミシガン大・消費者態度指数・確報値が速報値から上方修正され市場予想平均を上回ったことなどを受けて米国経済に強気な見方が広がり、債券が売られた。欧州株やダウ工業株30種平均の上昇も売りを促した。利回りは一時2.23%まで上昇した。市場参加者からは「期末でポジション調整の売りがまとまって持ち込まれた影響で下げが大きくなった」との声が聞かれた。

・原油先物相場は小幅ながら3日ぶりに反発。新規の取引材料に乏しかったうえ、週末や期末要因で商いが薄れたこともあり、103.25ドル前後でのもみ合いに終始した。オバマ米大統領が「世界市場にはイラン原油の輸入削減を許可するほど十分な原油がある」との認識を示し、イランに対する制裁を進めることを決定したと伝わった後に、一時104.15ドルまで上げる場面があったが買いは長続きしなかった。

・金先物相場は反発。ユーロ圏財務相会合で欧州のファイアーウォールの規模拡大が合意に達したことを支えに、欧州株や時間外の米株価指数先物が上げ幅を拡大。投資家のリスク許容度が改善し、外国為替市場でドル安が進行したことがドルの代替資産とされる金の買いを誘った。その後、ドル安の一服につれて1661.2ドルまで失速したが、フロアー取引終盤にかけて再び買いが進み1672.7ドルまで持ち直した。もっとも、週末や期末要因で積極的な売買は手控えられ、1665.0ドルを挟んで一進一退となった。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

3月29日木曜日のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想 by みらいチャート、FXライブ、ディールスコープ

こんにちは。

ここ最近、ドル高ズッポシ的中で勢いにのっている元リーマンブラザーズ社員。

今日もそのままの勢いで、同じツールを使い、木曜日の最新のドル円予想、
ユーロ円予想、豪ドル円予想を徹底検証していきます。

■■ 元リーマンブラザーズ社員の必勝予測ツール一覧 ■■


 ⇒ みらいチャート
 ⇒ FXライブ
 ⇒ ぱっと見テクニカル
 ⇒ ディールスコープ

 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年3月29日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年3月29日のドル円予想 ■■■



では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

 ⇒ DMMFXの評判

■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFXスプレッド12_03_29

※ スプレッド比較1位のDMMFXの取引画面からキャプチャ
 ⇒ DMMFXの評判
 ⇒ FX業者の取引画面を比較

現在のドル円相場は82円台後半です。

さすがに、ここのところ続いていたドル高トレンドも一服し、今度へ円高へ
いく動きになりそうです。

まず、ドル円の値動きをチャートで検証します。

では、まずは、ドル円相場の動きをDMMFXでチャートで検証。

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート12_03_29


10足でみたドル円のチャートは円高へのトレンドを描きつつあります。

■■■ ドル円60分足チャート

DMMFXチャート12_03_29b


60分足でも円高トレンドです。

■■■ ドル円4時間足チャート

DMMFXチャート12_03_29c


ついに4時間足まで見てもドル高トレンドから円高トレンドへ
転換しつつあります。

ではセントラル短資みらいチャートで、今日一日のドル円の値動きを
予想していきます。

 ⇒ みらいチャート

■■■ みらいチャート ドル円予想 5分足

みらいチャート12_03_29


みらいチャートの5分足の予想では1本がドル高、1本が横ばい、1本が少し円高のドル円予想結果。

■■■ みらいチャート ドル円予想 30分足

みらいチャート12_03_29


みらいチャートの30分のドル円予想では1本が円高、2本がドル高へいく
ドル円予想結果。

 ⇒ みらいチャート

では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 24時間+5分足

FXライブusd12_03_29


直近24時間+5分足で検証した、テクニカル指標ランキングは
ボリンジャーバンドとMACDがプラス。

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 24時間+1時間足

FXライブusd12_03_29


直近24時間+1時間足でのテクニカル指標ランキングは
移動平均とMACDがプラス。

それでは、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

FXライブusd12_03_29c


MACDは50%が売り、50%が買いのドル円予想シグナルです。

最後にドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ドル円の個人投資家のポジション動向を直近の動きで
検証するため、1時間足で見てみます。

ディールスコープusd12_03_29b


個人投資家は直近で、ドル円買が少し増加しております。
昨日は少しへっていので、外為オンラインの個人投資家さん達は、
この円高になったところでドル円買ってすぐ上で売る戦略でしょうか?

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年3月29日のユーロ円予想 ■■■



次に、ユーロ円について、予想します。

セントラル短資みらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 5分足

みらいチャート12_03_29eur


5分足でみたみらいチャートのユーロ円予想は2本がユーロ高
1本が円高のユーロ円予想。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 30分足

みらいチャート12_03_29eur


30分足でみたみらいチャートのユーロ円予想は3本ともにユーロ高のユーロ円予想。

 ⇒ みらいチャートとは?
 
つぎにユーロ円のテクニカル指標のシミュレーションのランキング結果です。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 24時間+5分足

FXライブeur12_03_29a


ボリンジャーバンドが1位で17回の取引で+109pipsの勝利。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 24時間+1時間足

FXライブeur12_03_29b


移動平均が1位で1回の取引で+62pipsの勝利。

続いて、シグナルを同じくFXライブで検証。

FXライブeur12_03_29


ボリンジャーバンドは50%50%が売り・買いの半々のユーロ円予想。
同様に移動平均も半々のユーロ円予想結果となりました。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur12_03_29


1時間足でみた、個人投資家のユーロ円のポジション動向は直近で少し増加。

 ⇒ トップに戻る
 ⇒ SBIFX評判

■■■ 12年3月29日の豪ドル円予想 ■■■



3月29日木曜日最後のFX予想は豪ドル円です。

ではセントラル短資みらいチャートで豪ドル円を予想。

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 5分足

みらいチャート12_03_29aud


5分足でみた場合は、2本が円高、1本が豪ドル高の豪ドル円予想。

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 30分足

みらいチャート12_03_29aud


30分足の豪ドル円予想は、1本が円高、1本が豪ドル高、1本が横ばい。

では、FXライブで豪ドル円のテクニカル指標ランキングを検証。

 ⇒ みらいチャート

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 24時間+5分足

FXライブaud12_03_29


移動平均が1位で10回の取引で+90pips。

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 24時間+1時間足

FXライブaud12_03_29


ボリンジャーバンドが1位で2回の取引で+93pips。

では、それら指標の売買シグナルを検証します。

FXライブaud12_03_29c


移動平均は75%が豪ドル円売りの予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud12_03_29


豪ドル円の個人投資家のポジションは、買いが増加中。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 3月29日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【マーケットコメント FX関連】

29日午前のアジア・オセアニア外国為替市場で円は堅調。日本、アジアの株式相場が軒並み下落し、リスク回避目的で低金利の円が買われた。年度末を控えた日本の輸出企業の円買い・ドル売りが入ったほか、市場では「国内機関投資家などから対外資産引き揚げ(リパトリエーション)に絡んだ円買い・外貨売りが入った」との指摘があった。

【ドル・円】【豪ドル・円】
ドル・円は昨日の安値1ドル=82円61銭前後を下抜けてストップロスを誘発すると、一時82円55銭前後まで下げ幅を広げた。豪ドル・円も昨日の安値1豪ドル=85円64銭前後を下抜けて、一時85円49銭前後まで下げ足を速めた。

【ユーロ・ドル】
もみ合い。円絡みの取引が中心だったため、方向感に乏しかった。これまでの安値は1ユーロ=1.33068ドル前後、高値は1.3331ドル前後で値幅は0.0024ドル程度だった。

⇒ ソーシャルレンディング

【マーケットコメント】

・ドル円は3営業日ぶりに反落。ニューヨーク市場の序盤に対欧州・オセアニア通貨でドル買いが入ったことや、米長期金利が一時上昇したことなどが買いを誘い、いったん83.15−18円まで上げた。しかし、ダウ工業株30種平均が一時100ドル超の下落となるなど米国株相場が軟調に推移すると資源国のクロス円中心にリスク回避目的の売りが強まり、つれてドル円も下落した。82.66−69円まで下押しする場面があった。2月米耐久財受注額は市場予想平均を下回ったものの、直接の反応は限られた。

・ユーロドルはほぼ横ばい。「ロンドン16時(日本時間24時)のフィキシングに向けてユーロ売りが持ち込まれた」との声があったほか、米国株の下落も売りを誘い一時1.3277ドルまで下落した。一部通信社が当局者の話として「G20の一部メンバーが欧州のファイアーウォール増加に関して予想される決定を茶番として見ている」と報じたことも売りを促した面があった。もっとも、30日に開催予定のユーロ圏財務相会合の草案内容として「救済基金の上限が9400億ユーロに引き上げられる」と一部通信社が報じると買い戻された。米国株相場が取引終了にかけて下げ幅を縮めたことも買い戻しを誘ったようだ。なお、欧州連合(EU)当局者の話として「救済基金の実際の融資能力は7000億ユーロを上回らない見通し」と伝わったものの、こちらへの反応は見られなかった。

・ユーロ円は4日ぶりに反落。株安を受けた売りやロンドン16時のフィキシングに向けたユーロ売りで値を下げた。一時109.865円まで下落した。しかし、救済基金の増額に関する報道や米国株の下げ渋りを支えに買い戻しが入り110円台を回復した。

・米国株式相場は続落。原油先物相場の大幅安を受けて指数に影響度の大きいエネルギー株が下げたことが重しとなった。2月米耐久財受注が市場予想を下回り、米景気に対する強気の見方が後退したことも売りを誘った。ダウ平均の下げ幅は一時120ドルを超した。「中国株が大幅安となり、中国景気に慎重な見方が広がったことが売りを誘った」「10-12月期英国内総生産(GDP)確定値が予想を下回ったことが欧景気の先行きに対する警戒感を高め、株価にマイナスとなった」との指摘があった。景気敏感株のキャタピラーが3%超の下落となったほか、シェブロンやエクソンモービルが下落した。

・米国債券相場で長期ゾーンは反落。28日に行われた米5年債入札は、応札倍率が前回から低下し、落札利回りは直前の取引利回りを上回った。低調な結果となったため、米国債が売られた。利回りは一時2.22%まで上昇した。もっとも、株式相場の下落や、2月米耐久財受注が予想を下回ったことを受けて買いが入り、利回りは2.15%まで低下する場面もあった。

・原油先物相場は4営業日ぶりに大幅反落。アジア株や欧州株が軟調に推移し、投資家心理の悪化を嫌気した売りが時間外取引では散見された。ベッソン仏産業担当相が「米国が戦略石油備蓄の放出を提案」「仏政府は提案を歓迎する」などと語り、供給ひっ迫懸念が後退するとの見方も重しとなった。2月米耐久財受注が予想を下回り、原油需要低下への思惑が広がると売りが加速。米エネルギー省が28日発表した週間在庫統計で、原油在庫が前週比710万バレル増加と市場予想平均の前週比255万バレル増加を大幅に上回ったことも売り材料視され104.67ドルまで大きく値を下げた。終盤にかけては急ピッチでの下落に対する反動が出て105ドル台半ばまで値を戻した。

・金先物相場は大幅続落。予想を下回る2月米耐久財受注を受けて欧米株価が軟調に推移し、外国為替市場でリスク回避的なドル買いが強まると、ドルと「逆相関」が生じやすいとされる金はじり安となった。フロアー取引終盤にかけて市場では「期末絡みの売りのフローが出た」との声が聞かれたほか、26日のバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の発言を受けて量的緩和第3弾(QE3)への思惑が高まり、金先物相場への資金流入期待から買いを進めていた短期筋が反対売買を迫られて下げが加速した。一時1654.0ドルまで下げ幅を広げた。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

3月28日のドル円予想・ユーロ円予想・豪ドル円予想 by みらいチャート、ディールスコープ、FXライブ

朝8時をむかえようとしている六本木です。今日は17度をこえ
暖かくなるそうです。そのかたわら格納容器の中は70シーベルトと
人は8分で絶命する高放射線。

その地面からは多量の高濃度に汚染された汚水が流れ出ているであろう。

む〜。とにもかくにも早く富を築かねば!

そういった強い思いで今日もドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想
をおこないます。つかうツール類は下記のとおり。

■■ 元リーマンブラザーズ社員の必勝予測ツール一覧 ■■


 ⇒ みらいチャート
 ⇒ FXライブ
 ⇒ ぱっと見テクニカル
 ⇒ ディールスコープ

 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年3月28日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年3月28日のドル円予想 ■■■



では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

 ⇒ DMMFXの評判

では、急激なドル高への反発が進むドル円相場より予想していきます。

■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFXスプレッド12_03_28

※ スプレッド比較1位のDMMFXの取引画面からキャプチャ
 ⇒ DMMFXの評判
 ⇒ FX業者の取引画面を比較

現在のドル円相場は83円16銭前後。さらにドル高がすすんだカッコウ。

では、値動きをチャートで検証します。

では、まずは、ドル円相場の動きをDMMFXでチャートで検証。

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート12_03_28


10足では直近はうごきがそれほどなし。

■■■ ドル円60分足チャート

DMMFXチャート12_03_28b


60分足でもトレンドがつかみにくい。

■■■ ドル円4時間足チャート

DMMFXチャート12_03_28c


4時間足まで広げてみると、いまだまだドル高のトレンドで
ある事がわかってきます。

ではセントラル短資みらいチャートで、今日一日のドル円の値動きを
予想していきます。

 ⇒ みらいチャート

■■■ みらいチャート ドル円予想 30分足

みらいチャート12_03_28


みらいチャートの30分足予想は1本がドル高、1本が横ばい、1本が少し円高のドル円予想結果。

■■■ みらいチャート ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_03_28


みらいチャートの1時間予想では2本が円高、1本がドル高へいく
ドル円予想結果。

 ⇒ みらいチャート

では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 24時間+5分足

FXライブusd12_03_28


直近24時間+5分足で検証した、テクニカル指標ランキング1位は
ストキャスティクス。1回の取引で+15pipsのパフォーマンス。

それでは、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

FXライブusd12_03_28c


ストキャスティクスは75%が売りのドル円予想シグナルです。

最後にドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ドル円の個人投資家のポジション動向を直近の動きで
検証するため、1時間足で見てみます。

ディールスコープusd12_03_28b


個人投資家は若干、ドル円買のポジションが減少しました。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年3月28日のユーロ円予想 ■■■



次に、ユーロ円について、予想します。

セントラル短資みらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 30分足

みらいチャート12_03_28eur


30分足でみたみらいチャートのユーロ円予想は3本がユーロ高
のユーロ円予想。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1時間足

みらいチャート12_03_28eur


1時間足でみたみらいチャートのユーロ円予想は2本が円高、1本がユーロ高のドル円予想。

 ⇒ みらいチャートとは?
 
つぎにユーロ円のテクニカル指標のシミュレーションのランキング結果です。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 24時間+1時間足

FXライブeur12_03_28b


RSIが1位で1回の取引で+172pipsの勝利。

続いて、シグナルを同じくFXライブで検証。

FXライブeur12_03_28


RSIは75%が売りのユーロ円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur12_03_28


1時間足でみた、個人投資家のユーロ円のポジション動向は直近で若干
減少しております。

 ⇒ トップに戻る
 ⇒ SBIFX評判

■■■ 12年3月28日の豪ドル円予想 ■■■



3月28日水曜日の朝、最後のFX予想は豪ドル円です。

ではセントラル短資みらいチャートで豪ドル円を予想。

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 30分足

みらいチャート12_03_28aud


2本が豪快に豪ドル高へ、1本も豪快に円高の豪ドル円予想。

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_03_28aud


2本が円高、1本が豪ドル高の豪ドル円予想です。

では、FXライブで豪ドル円のテクニカル指標ランキングを検証。

 ⇒ みらいチャート

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 24時間+1時間足

FXライブaud12_03_28


DMIが1位で1回の取引で+51pips。

では、それら指標の売買シグナルを検証します。

FXライブaud12_03_28c


DMIは75%が豪ドル円売りの予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud12_03_28


豪ドル円の個人投資家のポジションは、昨晩から買いが若干
へりました。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 3月28日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【28日のNYマーケット】

・ドル円は続伸。市場に「米系シンクタンクが『日銀がインフレ目標を達成するため追加の金融緩和を検討している』とのレポートを出した」との噂が広がり、思惑的な円売り・ドル買いが進んだ。節目として注目されていた一目均衡表の転換線83.07円を上抜けて、一時83.39円まで上値を伸ばした。もっとも、米10年債利回りが大幅に低下したことを背景に、日米金利差縮小を意識した円買い・ドル売りが入ったため一段の上昇には歯止めがかかった。27日に発表された米経済指標や、バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長と複数の地区連銀総裁の発言に対する反応は薄かった。

・ユーロドルは3営業日ぶりに反落。ロンドン16時(日本時間24時)のフィキシングに絡んだユーロ売りが散見されたほか、米国株の下落を受けてリスクポジション解消目的で対豪ドルで米ドルを買い戻す動きが強まったこともユーロドルの重しとなった。売買一巡後は取引材料が乏しかったこともあり、狭い値幅で方向感の定まらない動きになったが、引け間際に下げ幅をじりじりと広げ1.33111ドルまで下げた。

・ユーロ円は3日続伸。日銀の追加金融緩和の憶測を背景に、思惑的な円売りがユーロに対しても進んだ。一時111.25円まで上げた。ただ、ドル円の上昇ペースが鈍化した上、ユーロドルや豪ドル円の下げにつれた円買い・ユーロ売りが入ったため伸び悩んだ。

⇒ ソーシャルレンディング

【NYマーケット(株、債券、原油、金)】

・米国株式相場は3日ぶりに反落。前日終値付近で方向感の定まらない展開が続いたが、前日に大幅高になったこともあって引けにかけては利益確定の売りがやや優位になり指数はマイナス圏に沈んだ。もっとも、米追加金融緩和期待が再燃しており、下値は限定的だった。金融、エネルギーセクターが売られたものの、ヘルスケアとITセクターが上昇し相場を支えた。バンク・オブ・アメリカやJPモルガン・チェース、シェブロン、エクソンモービルが売られた一方で、景気動向の影響を受け難いファイザーやジョンソン・エンド・ジョンソンなどが物色された。

・米国債券相場で長期ゾーンは反発。米2年債の入札が好調だったことを受けて長期債にも買いが入った。バーナンキ米FRB議長が26日に金融緩和を継続する姿勢を改めて示したことも引き続き相場を支えた。市場参加者からは「このところ下落していたため、値ごろ感から買いが入りやすい」「米消費者信頼感指数が前月から低下したことが買いを誘った」などの声が聞かれた。利回りは一時2.17%まで低下した。

・原油先物相場は3日続伸。欧州株や時間外の米株価指数先物の上昇に伴い、投資家心理の改善を意識した原油買いが進み時間外取引では107ドル台半ばまで上げた。その後、株価の失速につれて106ドル台後半まで下げたが、フロアー取引ではまとまった買いが入り107.73ドルまで持ち直した。もっとも、米エネルギー省高官の話として「米国の戦略石油備蓄の放出が検討されている」と伝わると、供給ひっ迫懸念が後退し106.52ドルまで一転下落した。ただ、売りの勢いは長続きせず、次第に107ドル台半ばまで買い戻されるなど、一進一退となった。

・金先物相場は3営業日ぶりに小幅反落。26日にバーナンキ米FRB議長が追加金融緩和の必要性に言及し、量的緩和第3弾(QE3)への期待が再燃するなか、金先物相場への資金流入期待から引き続き買いが入った。半面、1700.0ドルの節目を意識した利食い売りや戻り売りが厚く、1690ドルを挟んで方向感が定まらなかった。本日の高値は1696.9ドル、安値は1679.5ドルで値幅は17.4ドル程度だった。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

3月27日のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想 by みらいチャート、FXライブ、ディールスコープ

おはようございます。

8時の六本木。朝はとても静かなものです。

昨晩からドル円は20銭程度ではありますがドル高方向へ動きました。

・・・昨日のドル円予想が20銭程度ではありますが、的中しました。

今日のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想を下記のツールを使って、
検証していきます。

■■ 元リーマンブラザーズ社員の必勝予測ツール一覧 ■■


 ⇒ みらいチャート
 ⇒ FXライブ
 ⇒ ぱっと見テクニカル
 ⇒ ディールスコープ

 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年3月27日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年3月27日のドル円予想 ■■■



今日もプラチナチャートが使えるGMOクリック証券の取引画面から為替相場
を検証(デモ画面から!)。

 ⇒ GMOクリック証券デモ
 ⇒ GMOクリック証券評判口コミ

■■■ 最新の為替相場(GMOクリック証券から抜粋)

GMOクリック証券チャート12_03_27b

※ GMOクリック証券のプラチナムチャート4時間足からキャプチャ
 ⇒ GMOクリック証券評判口コミ
 ⇒ GMOクリック証券デモ
 ⇒ FX業者の取引画面を比較

現在のドル円相場は82円85銭前後。昨晩は70銭あたりだったので
若干のドル高。

では、値動きをチャートで検証します。

では他のチャートをGMOクリック証券のプラチナムチャートでドル円チャートを検証。

■■■ ドル円10分足チャート

GMOクリック証券チャート12_03_27a


10分足のドル円チャートでは、直近動きなし。
昨晩の夜にドル高へ動いた程度です。

■■■ ドル円1時間足チャート

DMMFXチャートa12_03_27c


1時間足でみると、直近でドル円の動きが停滞しているのが
よくわかります。

■■■ ドル円4時間足チャート

DMMFXチャートa12_03_27c


ただ4時間足ではまだまだドル高へいきそうばチャートです。

4時間足をみるところ、まだドル高へいきそうですが、まずは、
セントラル短資みらいチャートで、今日一日のドル円の値動きを
予想していきます。

 ⇒ みらいチャート

■■■ みらいチャート ドル円予想 5分足

みらいチャート12_03_27


みらいチャートの5分足予想は1本がドル高、2本が横ばいのドル円予想結果。

■■■ みらいチャート ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_03_27


みらいチャートの1時間予想では2本がドル高、1本が円高へいく
ドル円予想結果。

 ⇒ みらいチャート

では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 24時間+5分足

FXライブusd12_03_27


直近24時間+5分足で検証した、テクニカル指標ランキング1位は
昨晩と同様にMACD。1回の取引で+29pipsのパフォーマンス。

次に1時間足でランキングを再検証します。

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 24時間+1時間足

FXライブusd12_03_27b


直近24時間+1時間足だと、ストキャスティクスが1位で、
1回の取引で+26pipsのパフォーマンス。
こちらも昨晩から変化なし。

それでは、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

FXライブusd12_03_27c


ストキャスティクス、MACDともに50%50%が売り買いと
折半シグナル。これも昨晩から変化ありません。

最後にドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ドル円の個人投資家のポジション動向を直近の動きで
検証するため、1時間足で見てみます。

ディールスコープusd12_03_27b


やはり相場が動いていないため、個人投資家のドル円のポジション動向
も変化ありません。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年3月27日のユーロ円予想 ■■■



次に、ユーロ円について、予想します。

セントラル短資みらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 5分足

みらいチャート12_03_27eur


5分足でみたみらいチャートのユーロ円予想は2本がユーロ高、1本が円高
のユーロ円予想。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1時間足

みらいチャート12_03_27eur


1時間足でみたみらいチャートのユーロ円予想は2本が円高、1本がユーロ高のドル円予想。

 ⇒ みらいチャートとは?
 
つぎにユーロ円のテクニカル指標のシミュレーションのランキング結果です。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 24時間+5分足

FXライブeur12_03_27b


DMIが1位で29回の取引で+72pipsの勝利。

続いて、シグナルを同じくFXライブで検証。

FXライブeur12_03_27


DMIは75%が買いシグナル!のユーロ円予想です。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur12_03_27


1時間足でみた、個人投資家のユーロ円のポジション動向は直近で若干
減少しております。

 ⇒ トップに戻る
 ⇒ SBIFX評判

■■■ 12年3月27日の豪ドル円予想 ■■■



3月27日月曜日の最後のFX予想は豪ドル円です。

ではセントラル短資みらいチャートで豪ドル円を予想。

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 5分足

みらいチャート12_03_27aud


1本が豪快に豪ドル高へ、2本も豪快に豪ドル高の豪ドル円予想。

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_03_27aud


2本が豪ドル高、1本が横ばいの豪ドル円予想です。

では、FXライブで豪ドル円のテクニカル指標ランキングを検証。

 ⇒ みらいチャート

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 24時間+5分足

FXライブaud12_03_27


昨晩と同じくMACDが1位で3回の取引で+126pips。
昨晩から2回の取引を重ねてどちらも勝利をたたき出した模様。

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 24時間+1時間足

FXライブaud12_03_27b


1時間足で直近24時間について再検証すると、RSIが1位。
1回の取引ですが、+89pips。

では、それら指標の売買シグナルを検証します。

FXライブaud12_03_27c


なんとMACDがALL100%豪ドル円売りの予想と昨晩からずっと
豪ドル円売り予想。続いてなんとRSIも100%売り予想!

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud12_03_27


豪ドル円の個人投資家のポジションは、昨晩から買いが若干
へりました。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 3月27日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【26日のNYマーケット】

・ユーロドルは続伸。バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が26日、全米企業エコノミスト協会(NABE)の会合で「ここ最近の失業率の低下は、かなり緩やかな経済成長のペースと幾分一致していない」「労働市場は正常からは程遠いままだ」「雇用市場に大きな進展をもたらすために金融緩和は必要とされる」などの見解を示した。米雇用市場に慎重な見方と、その改善に金融緩和が必要であるとの見解を示したため、量的緩和第3弾(QE3)に対する期待が再燃し、ユーロ買い・ドル売りが進んだ。欧米の株高も買いを後押しした。シュナイダー・アマン・スイス経済相の話として「ユーロスイスフランの下限は1.35−1.40に引き上げられるべき」「ユーロスイスフランは1.3500スイスフランが好ましいだろう」などと伝わり、ユーロスイスフランに買いが入ったことにつれる場面もあった。引けにかけてユーロ買い・ドル売りが加速すると2月29日以来の高値となる1.3368ドルまで上昇した。なお、市場参加者からは「メルケル独首相が、ユーロ圏の債務問題の拡大を防ぐためにファイアウォールの増強について前向きな姿勢を示したこともユーロ買いを誘った」との声も聞かれた。

・ドル円は4営業日ぶりに反発。米10年債利回りが上昇した場面では日米金利差拡大を意識した円売り・ドル買いが出た。欧米株高を背景にリスク志向の高まった投資家から資源国通貨に対して円売りが出たこともドル円の買いを誘った。もっとも、米10年債利回りの上昇幅が引けにかけて縮まったほか、欧州・オセアニア通貨に対してはドル売りが進んだ影響も受けたため上値は限られた。

・ユーロ円は大幅続伸。一時110.76円まで上げた。米追加金融緩和期待が高まり欧米株が上昇したため、円売り・ユーロ買いが続いた。

⇒ ソーシャルレンディング

【NYマーケット(株、債券、原油、金)】

・米国株式相場は続伸。バーナンキ米FRB議長が26日、米雇用市場に慎重な見方と、雇用の改善に金融緩和を継続する必要があるとの見解を示したため、QE3に対する期待が再燃。幅広い銘柄に買いが入った。ユナイテッド・テクノロジーズやJPモルガン・チェース、アメリカン・エキスプレスが2%超の上昇となった。ハイテクではアップル、マイクロソフト、クアルコムの上昇が目立った。

・米国債券相場で長期ゾーンは5日ぶりに反落。先週上昇が続いたため利益確定の売りが先行した。3月独IFO企業景況感指数が予想を上回り、欧州の景気に対する警戒感が緩和したことも、安全資産としての米国債の重しとなった。利回りは一時2.28%まで上昇した。ただ、バーナンキ米FRB議長が米雇用市場に悲観的な見方を示し、雇用市場の改善に金融緩和を続けることが必要であるとの見解を披露したため、下値は限定的だった。

・原油先物相場は続伸。欧州株や時間外の米株価指数先物が上値の重い展開となるなか、外国為替市場でのドル高進行に伴い、ドル建てで決済される原油に割高感が生じるとして時間外取引では106.19ドルまで値を下げた。ただ、その後の株価が持ち直したうえ、バーナンキ米FRB議長が追加金融緩和の必要性に言及し株高やドル安が加速。つれる形で107.32ドルまで持ち直した。もっとも、売買が一巡すると次第に107.00ドル前後で値動きが細った。

・金先物相場は反発。バーナンキ米FRB議長が26日、米雇用市場改善に向けた追加金融緩和の必要性に言及し、QE3への期待が再燃。金先物相場への資金流入期待も高まり、堅調地合いが継続した。フロアー取引終了後には13日以来の高値となる1693.4ドルまで上げ幅が広がった。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

2011年度最終週をみらいチャート、FXライブ、ディールスコープでドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想!

こんにちは。夕方から夜になろうとしている六本木です。

まだまだドル高へいくだろうといった声が強くきかれますが、
FXツールではどのような予想結果になっているのか、検証していきます。

■■ 元リーマンブラザーズ社員の必勝予測ツール一覧 ■■


 ⇒ みらいチャート
 ⇒ FXライブ
 ⇒ ぱっと見テクニカル
 ⇒ ディールスコープ

 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年3月26日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年3月26日のドル円予想 ■■■



今日もプラチナチャートが使えるGMOクリック証券の取引画面から為替相場
を検証(デモ画面から!)。

 ⇒ GMOクリック証券デモ
 ⇒ GMOクリック証券評判口コミ

■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

GMOクリック証券チャート12_03_26b

※ GMOクリック証券のプラチナムチャート4時間足からキャプチャ
 ⇒ GMOクリック証券評判口コミ
 ⇒ GMOクリック証券デモ
 ⇒ FX業者の取引画面を比較

現在のドル円相場は82円70銭前後。

また、上記のチャートは4時間足ですがいったんは、ドル高も一服し円高へ戻
しましたが、82円ジャストあたりで抵抗線に跳ね返され、現在ドル高のトレ
ンドに戻っております。

では他のチャートをGMOクリック証券のプラチナムチャートでドル円チャートを検証。

■■■ ドル円10分足チャート

GMOクリック証券チャート12_03_26a


10分足でみたド短期のチャートでもドル高トレンドが見てとれます。

■■■ ドル円1日足チャート

DMMFXチャートa12_03_26c


ただ1日足ではまさにマダマダドル高トレンドのチャート。

※ 上記チャートはGMOクリック証券からキャプチャしております。

これらのチャートを見る限りはまだまだドル高へいくと予想できますが、
セントラル短資みらいチャートではどのようなドル円予想となって
いるか検証します。

まずはドル円の動きを予想していきます。

 ⇒ みらいチャート

■■■ みらいチャート ドル円予想 5分足

みらいチャート12_03_26


みらいチャートの1時間足予想では2本は円高、1本は横ばい
へいくドル円予想結果。

■■■ みらいチャート ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_03_26


みらいチャートの1時間予想では1本が円高、2本がドル高へいく
ドル円予想結果。

 ⇒ みらいチャート

では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 24時間+5分足

FXライブusd12_03_26


直近24時間+5分足で検証した、テクニカル指標ランキング1位は
MACD。1回の取引で+29pipsのパフォーマンス。

次に1時間足でランキングを再検証します。

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 24時間+1時間足

FXライブusd12_03_26b


直近24時間+1時間足だと、ストキャスティクスが1位で、
1回の取引で+26pipsのパフォーマンス。

それでは、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

FXライブusd12_03_26c


ストキャスティクス、MACDともに50%50%が売り買いと
折半シグナル。

最後にドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ドル円の個人投資家のポジション動向を直近の動きで
検証するため、1時間足で見てみます。

ディールスコープusd12_03_26b


放物線を描くようにドル買が増加後、緩やかに減少しております。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年3月26日のユーロ円予想 ■■■



次に、ユーロ円について、予想します。

セントラル短資みらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 5分足

みらいチャート12_03_26eur


5分足でみたみらいチャートのユーロ円予想は2本がユーロ高、1本が円高
のユーロ円予想。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1時間足

みらいチャート12_03_26eur


1時間足でみたみらいチャートのユーロ円予想は3本ともに円高。

 ⇒ みらいチャートとは?
 
つぎにユーロ円のテクニカル指標のシミュレーションのランキング結果です。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 24時間+5分足

FXライブeur12_03_26b


ボリンジャーバンドが1位で6回の取引で+20pipsの勝利。

続いて、シグナルを同じくFXライブで検証。

FXライブeur12_03_26


ボリンジャーバンドは50%が売り、50%が買いシグナル。
ただし、手前売り、後が買いといったユーロ円予想となっております。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur12_03_26


1時間足でみた、個人投資家のユーロ円のポジション動向は直近では変化無。

 ⇒ トップに戻る
 ⇒ SBIFX評判

■■■ 12年3月26日の豪ドル円予想 ■■■



3月26日月曜日の最後のFX予想は豪ドル円です。

ではセントラル短資みらいチャートで豪ドル円を予想。

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 5分足

みらいチャート12_03_26aud


1本が豪快に豪ドル高へ、2本が横ばいの豪ドル円予想。

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_03_26aud


3本とも横ばいの豪ドル円予想です。

では、FXライブで豪ドル円のテクニカル指標ランキングを検証。

 ⇒ みらいチャート

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 24時間+5分足

FXライブaud12_03_26


MACDが1位で1回の取引で+66pips。
では、それら指標の売買シグナルを検証します。

FXライブaud12_03_26c


なんとMACDがALL100%豪ドル円売りの予想です。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud12_03_26


豪ドル円の個人投資家のポジションは、直近では動きありません。。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 3月26日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【26日午後の東京外国為替市場】

・26日午後の東京外国為替市場でユーロドルは下値が堅い。17時時点では1.3251−56ドルと15時時点(1.3255ドル)とほぼ同水準だった。週明けの欧州株が上値の重い展開となったほか、時間外のダウ先物が一時下げに転じたことを手掛かりに投資家のリスク志向低下を意識した売りが出た。市場では「ロシア系からの売りが観測された」との指摘もあり、一時1.3233ドルと本日安値を更新。もっとも、売り一巡後は買い戻しが優勢に。3月独Ifo景況感指数が109.8と市場予想の109.6を上回ったことが好感されると買いの勢いが増し、17時過ぎには1.3261−64ドルまで値を上げた。

・ユーロ円は底堅い。17時時点では109.52−57円と15時時点(109.49円)とほぼ同水準だった。ユーロドルの下げにつれたほか、リスク回避目的の売りも出たことから16時30分過ぎには日通し安値の109.40円に迫る水準まで下落。ただ、独Ifo景況感指数後には109.78−83円まで買い戻されるなど下値は堅かった。

・ドル円は強含み。17時時点では82.64−69円と15時時点(82.59円)とほぼ同水準だった。ユーロ円などクロス円の上昇につれて、17時過ぎには82.90円と本日高値を更新した。

⇒ ソーシャルレンディング

【東京マーケット】

・日経平均株価は小反発。前週末の欧米株式相場が上昇した流れを引き継いで買いが先行した。対ドルやユーロで円安が進んだことも下支え要因。市場では「3月期権利付売買最終日を明日に控え、配当取りの動きが観測された」との指摘もあった。もっとも、一段の買いを誘う材料に乏しく、買い一巡後は利益確定目的の売りなどに押されて伸び悩んだ。個別では京セラやTDKなどの上昇が目立った半面、ソフトバンクやホンダが相場の重しとなった。

・債券先物相場は続伸。住宅関連指標が市場予想を下回ったことを受けて、前週末の米国債券相場が上昇した流れを引き継いだ。持ち高調整目的の売りで一時下げる場面もあったが、一巡後は持ち直すなど底堅かった。引け前に日経平均株価が上げ幅を縮小したことも買いを誘った面がある。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

3月23日朝8時のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想 by FXライブ、みらいチャート、ディールスコープ

おはようございます。少々肌寒い六本木の朝です。雨が今日はふる模様。
そんな週末ですが、懐を暖めるため、今日もFXで稼ぎます。
そしてFXで稼ぐには確固たる羅針盤が必要。

それが、元リーマンブラザーズ社員が愛用するセントラル短資のFXライブ
とみらいチャート、FXプライムのぱっと見テクニカル、外為オンライン
ディールスコープという事になるわけです。

 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

それでは今朝も、各ツールのドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想
結果を検証していきます。

■■■ 12年3月23日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年3月23日のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

 ⇒ DMMFXの評判

では、直近で、急激なドル高への反発を見せたドル円相場から予想します。

■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFXスプレッド12_03_23

※ スプレッド比較1位のDMMFXの取引画面からキャプチャ
 ⇒ DMMFXの評判
 ⇒ FX業者の取引画面を比較

昨晩から若干円高へ。現在のドル円相場は82円60銭あたり。
それではドル円を各時間足でのチャートを検証。

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート12_03_23a


10分足でみたドル円チャートは円高トレンドまっしぐら。

■■■ ドル円60分足チャート

DMMFXチャート12_03_23b


1時間足でみた短期のドル円チャートは、直近でドル高から反発し円高
にいくチャート。

■■■ ドル円4時間足チャート

DMMFXチャートa12_03_23c


4時間足だといったんは円高へ戻りそうですが、やはりドル高へ
結局は戻しそうなチャートです。

※ 上記チャートはDMMFXからキャプチャしております。

では、今後のドル円の動向について、セントラル短資のFXライブを駆使し
て徹底検証していきます。

まずはみらいチャートを駆使して、ドル円の動きを予想していきます。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

■■■ みらいチャート ドル円予想 5分足

みらいチャート12_03_23


みらいチャートの5分足予想では2本は横ばい、1本がドル高へいく
ドル円予想結果。

では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 24時間+5分足

FXライブusd12_03_23


5分足+24時間でみたランキング1位はRSI。
2回の取引で+44pips。
次に今週1週間でのランキングを検証。

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 1週間+5分足

FXライブusd12_03_23b


直近1週間でみた5分足でのテクニカル指標ランキング1位
もRSIで10回の取引で+195pipsのパフォーマンス。

それでは、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

FXライブusd12_03_23c


RSIは50%50%が売りと買いのシグナル。
ただし、昨晩から続いている全てのテクニカル指標の週足が
全て買いである事は要チェック。

最後にドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd12_03_23b


ドル円の個人投資家のポジション動向は、1時間足でみた場合、
ドル円買が増加していたものの一服。利食いか?

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年3月23日のユーロ円予想 ■■■



次に、ユーロ円について、予想します。

セントラル短資のみらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 5分足

みらいチャート12_03_23eur


5分足でみたみらいチャートのユーロ円予想は3本ともユーロ高の
ユーロ円予想。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

つぎにユーロ円のテクニカル指標のシミュレーションのランキング結果です。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 24時間+5分足

FXライブeur12_03_23b


MACDが1位で9回の取引で+76pipsの勝利。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 1週間+5分足

FXライブeur12_03_23


1位はDMI。118回の取引で+154pipsの勝利。

では、これらのテクニカル指標の最新のシグナルを検証。

FXライブeur12_03_23


MACDは75%が売り予想、DMIは半々の予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur12_03_23


個人投資家のユーロ円のポジション動向は直近でユーロ買先行。

 ⇒ トップに戻る
 ⇒ SBIFX評判

■■■ 12年3月23日の豪ドル円予想 ■■■



3月23日最後の予想は豪ドル円です。

ではセントラル短資のみらいチャートで豪ドル円を予想。

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_03_23aud


2本は横ばい、1本が豪ドル高の豪ドル円予想。
では、FXライブで豪ドル円のテクニカル指標ランキングを検証。

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 24時間+5分足

FXライブaud12_03_23


RSIが1位で+44pips。

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 1週間+5分足

FXライブaud12_03_23b


こちらもRSIが同じく1位で、10回の取引で+195pips。
では、それら指標の売買シグナルを検証します。

FXライブaud12_03_23c


RSIは75%が豪ドル円買いの予想です。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud12_03_23


豪ドル円の個人投資家のポジションは、1時間足でみると、すごい勢いで
豪ドル円を買っている人が増加しているのがよーわかります。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 3月23日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【22日のNY外国為替市場】

・ドル円は続落。一時82.329円と13日以来の安値を付けた。3月HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値やユーロ圏の製造業PMI速報値が市場予想を下回り、世界経済が減速するとの懸念が台頭。投資家がリスク回避姿勢を強め、円買い・ドル売りが優勢となった。米長期金利が低下し、日米金利差縮小への思惑から売りが出た面もある。市場では「年度末を控えた日本の企業の対外資産引き揚げ(リパトリエーション)に絡んだ円買いが意識された」との指摘があった。なお、前週分の新規失業保険申請件数が予想より強い内容となったことを受けて、83円台前半まで値を戻す場面もあったが戻りは鈍かった。

・ユーロドルは3日続落。欧州の取引時間帯に、ユーロ圏景気の先行きに対する警戒感が高まり一時1.31334ドルまで売り込まれた影響が残った。市場では「イタリアやスペインの国債相場が下落傾向にあることもユーロ売り材料」との声が聞かれた。

ただ、ニューヨークの取引時間帯に限れば下値は堅かった。ドル円の下落に伴ってユーロ買い・ドル売りが入ったほか、ロンドン16時(日本時間1時)のフィキシングに絡んだドル売りが出たことで1.32ドル台前半まで値を戻した。

・ユーロ円は続落。ユーロ圏景気の先行き不安が高まるなか、欧米株価の下落を背景にリスク回避の円買い・ユーロ売りが優勢となった。年度末に向けた日本企業の円買い需要も意識されて、一時108.489円まで下げ幅を広げた。

⇒ ソーシャルレンディング

【NYマーケット】

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は3日続落。中国とユーロ圏の景況感指標が悪化したことを受け、世界経済が減速するとの懸念が台頭。投資家がリスク回避姿勢を強め、株式への売りが優勢となった。ダウ平均は一時100ドル超下落した。金や原油など商品相場の下落を背景に、素材やエネルギー株の値下がりが目立った。アルコアやシェブロン、キャタピラー、バンク・オブ・アメリカなどが2%を超える下落。なお、米労働省が発表した前週分の新規失業保険申請件数は予想より強い内容となったものの、相場の反応は限定的だった。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は反落した。世界景気の減速を警戒し、利益確定の売りが優勢となった。

・米国債券相場で長期ゾーンは小幅ながら3日続伸。中国とユーロ圏の景況感を示す経済指標が悪化し、世界経済の先行き不透明感が高まったため、「安全資産」とされる米国債に買いが集まった。米国株の下落も債券買いを誘った。ただ、そのあとは持ち高調整の売りが出て、上げ幅を縮めた。

・原油先物相場は大幅反落。予想を下回る3月HSBC中国製造業PMI速報値やユーロ圏の製造業PMI速報値を受けて、世界景気が減速し原油需要が低下するとの思惑が高まった。フロアー取引でまとまった売りのフローが持ち込まれると、目先のストップロスを巻き込み104.50ドルまで急落した。

・金先物相場は反落。3月HSBC中国製造業PMI速報値やユーロ圏の製造業PMI速報値が予想より弱い内容となり、世界景気の先行き不安が高まるなか、外国為替市場でリスク回避的なドル買いが加速。ドルの代替資産とされる金は売りに押された。WTI原油先物相場が急落したことも重しとなり、1月13日以来の安値となる1627.5ドルまで下げ幅を広げた。ただ、売り一巡後はドル高の一服とともに買い戻しが進んだ。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

「今日から日雇い労働者になった」とドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想。

夜8時を迎えておる六本木の夜。

近くのファミマで「今日から日雇い労働者になった」という本を手にし、
衝撃をうけた。

そして、非常にブルーにはいった。下手にプライドがあると、流れ着く
先は山谷かと。最後、ドヤ街の便所で野垂れ死にか。とにもかくにも、
頭を使う職種につくのさえ昨今は難しいらしい。35歳までは事務作業
の日雇いがあるが、35歳をすぎると倉庫作業などしかなくなり50歳
をすぎると、清掃作業しか残っていない。日給6000〜9000円。
1年死ぬほどためても60万。これでは住所をもってスーツをきて正社
員の職を探すのは無理だ。でも2年ためれるほど人は頑丈ではない。そ
の前に体こわれて、貯金つかっちまう。ってか、そうこうしているうち
に精神が蝕まれて明日の職にありつけるだけの生活を延々と繰り返すよ
うになるらしい。

しかしそれでも職があるだけマシ。
もっと底辺な世界がある。
ワーキングプアーから職をとったら単なるプアーという言葉は衝撃
を受けた。その底辺に誰しもなる可能性がこのように書かれていた。

なんでも35歳をすぎると、大卒だろうが、よっぽど特殊技能がないと、
まともな職にありつけない。で、よくあるパターンが、そこそこの私大
を卒業し40歳くらいまで中堅メーカーで真面目にはたらき結構出世した
ものの、会社が傾いて首。その人はそれまでは、結構順風できたから、
プライドが高く、せっかく次の仕事先が見つかっても、すぐやめてしまう。

そうこうしてる内に、貯金も底をつき、親類縁者からは疎まれて、ひや
とい労働者へ。

でも、年齢が年齢だけに、その内、ひやといの仕事もあぶれて、ネットカ
フェ代も払えず、最後はドヤ街で野宿。

そのうち、気がつくと駅で雑誌を拾って、一日1000円。飯は炊き出し。
寝床は便所・・・

そんな事考えるととてもじゃないが貧乏になるのは死ぬほど嫌だと
おもった。

絶対に大金持ちになってやると。涙が出てくる。

世の中絶対に平等ではない。

歴史は勝者が記すものだ。そして現代の勝者とは資本を持つものと同義語
であろう。

絶対に金持ちになる。そんな想いを心に強く思った一日だった。

それでは、前置きが長くなりすぎたが、3月22日木曜日の夜のドル円
予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想を行う。

■■■ 12年3月22日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年3月22日のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

 ⇒ DMMFXの評判

では、直近で、急激なドル高への反発を見せたドル円相場から予想します。

■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFXスプレッド12_03_22

※ スプレッド比較1位のDMMFXの取引画面からキャプチャ
 ⇒ DMMFXの評判
 ⇒ FX業者の取引画面を比較

ドル円相場は82円後半。一時は83円台までいきましたが、さすが
にドル高一服といったところ。

ただ、まわりのディーラーからはまだまだドル高へ戻すだろう
といった声が聞こえます。

それではドル円を各時間足でのチャートを検証。

■■■ ドル円60分足チャート

DMMFXチャート12_03_22


1時間足でみた短期のドル円チャートは、まさしく、ドル高一服
といったチャート。もっと長い時間足で見てみましょう。

■■■ ドル円4時間足チャート

DMMFXチャートa12_03_22


4時間足でみたドル円のチャートはドル高トレンドへ。

■■■ ドル円1日足チャート

DMMFXチャートb12_03_22


やはり1日足でみると、まだまだドル高へいきそう。

では、今後のドル円の動向について、セントラル短資のFXライブを駆使し
て徹底検証していきます。

まずはみらいチャートを駆使して、ドル円の動きを予想していきます。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

■■■ みらいチャート ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_03_22


みらいチャートの1時間足では3本ともよこばいのドル円予想。

■■■ みらいチャート ドル円予想 1日足

みらいチャート12_03_22b


2本が円高、1本が横ばいのドル円予想結果となりました。

では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 1週間

FXライブusd12_03_22


全ての時間足でみた直近1ヶ月1位は移動平均+5分足。
物凄い勢いで右肩あがりのパフォーマンス。
268回の取引で+504pips。
脅威の結果。

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 5分足・1週間

FXライブusd12_03_22b


直近1週間でみた5分足でのテクニカル指標ランキング1位
はRSIで11回の取引で+86pipsのパフォーマンス。

それでは、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

FXライブusd12_03_22c


RSIはみたとおり。ただ、全てのテクニカル指標で週足が
全て買いである事は要チェックであろう。

最後にドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd12_03_22b


ドル円の個人投資家のポジション動向は、4時間足でみた場合は、
直近でドル円ロングが前回と同様に増加しております。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年3月22日のユーロ円予想 ■■■



次に、ユーロ円について、予想します。

セントラル短資のみらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1時間足

みらいチャート12_03_22eur


1時間足でのみらいチャートのユーロ円予想は最終的には1本が
若干のユーロ高、1本が横ばい、1本が若干の円高といった
釈然としないユーロ円予想結果となりました。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1日足

みらいチャート12_03_22eurv


1日足で予想した場合のみらいチャートはユーロ高が2本、
円高が1本といったユーロ円予想結果となりました。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

つぎにユーロ円のテクニカル指標のシミュレーションのランキング結果です。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 1ヶ月間

FXライブeur12_03_22


前回と同様に1位はDMI。+5,241pipsの勝利をこえる事は
なかなかないでしょう。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 5分足・1週間

FXライブeur12_03_22b


移動平均が直近1週間で65回の取引で+62pipsの勝利。
これも前回と同様の結果。

では、これらのテクニカル指標の最新のシグナルを検証。

FXライブeur12_03_22


移動平均は75%が売り予想となっております。
しかしこちらも週足では逆に移動平均いがいは全て買い
シグナルであることは要チェック。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur12_03_22


個人投資家のユーロ円のポジション動向は右肩さがりで減少していた
ものの直近で増加。

 ⇒ トップに戻る
 ⇒ SBIFX評判

■■■ 12年3月22日の豪ドル円予想 ■■■



3月22日最後の予想は豪ドル円です。

ではセントラル短資のみらいチャートで豪ドル円を予想。

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_03_22aud


2本が豪ドル高、1本が横ばいの豪ドル円予想。
次に1日足での予想です。

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1日足

みらいチャート12_03_22audb


3本が豪ドル円予想といった結果。
では、FXライブで豪ドル円のテクニカル指標ランキングを検証。

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 1ヶ月間

FXライブaud12_03_22


なんとボリンジャーバンドで日足、5分足の2つが500pips
オーバー。

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 5分足・1週間

FXライブaud12_03_22b


DMIが96回の取引で+81pips。
では、それら指標の売買シグナルを検証します。

FXライブaud12_03_22c


DMIの75%が豪ドル円売り予想です。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud12_03_22


豪ドル円の個人投資家のポジションは、豪ドル円ロングがずっと減少して
おりましたが、直近で増加中。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 3月22日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【22日の欧州外国為替市場】

・ 22日の欧州外国為替市場でユーロ円は大幅安。20時時点では109.11−16円と17時時点(110.10円)と比べて99銭程度のユーロ安水準。3月のフランスとドイツの製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値が市場予想平均を下回ったことを受けて、ユーロ圏の景気の先行きに対する警戒感が高まりユーロが売られた。欧州の主要株価指数や時間外の米株価指数先物が下落したことも売りを後押しした。欧州市場の序盤に110.48円と本日高値まで買われた後にユーロ売り材料が相次いだため反動で下げがきつくなった。ストップロス注文を断続的に巻き込み18時30分過ぎに108.794円と本日安値を更新した。売り一巡後は若干買い戻しが入ったものの、欧州株の下落を米国株市場がどのように消化するかを見定めたいとの空気があり、戻りは限られている。

・ドル円も軟調。20時時点では82.92−97円と17時時点(83.25円)と比べて33銭程度のドル安水準となった。欧州株や時間外の米株価指数先物の下落を背景にクロス円と共に売られた。時間外の米10年債利回りの低下も重しとなった。ストップロス注文を巻き込んで82.764円まで一時下げ幅を広げた。市場参加者からは「一目均衡表の転換線83.06円を終値で回復できるか注目している」との声が聞かれた。

・ユーロドルは軟調。20時時点では1.3158−63ドルと17時時点(1.3223ドル)と比べて0.0065ドル程度のユーロ安水準だった。弱いユーロ圏の経済指標や株式相場の下落を嫌気して売りが続いた。18時30分過ぎに本日安値となる1.31347ドルまで下落した。

⇒ ソーシャルレンディング

【日本のマーケット】

・日経平均株価は反発。内需関連株に買いが入ったほか、3月期末決算企業の配当権利落ち日を控えて権利取り狙いの買いなどが下値を支え、総じて底堅く推移した。2月貿易統計は市場予想に反して黒字となったが、一段の円高につながらなかったことから相場への影響は限定的。また、3月HSBC中国製造業PMIの悪化で午後に入って一時下げに転じる場面も見られたが、反応は中国関連株の一角が売られた程度にとどまった。個別ではソフトバンクやファーストリテイリングなどが堅調。一方、国際石油開発帝石の公募増資に絡んだインサイダー取引に関与していたことが明らかになったと伝わった野村ホールディングスは売られた。

・債券先物相場は横ばい。米住宅関連指標が低迷したことなどを手掛かりに、前日の米国債券相場が上昇した流れを引き継いで買いが先行した。もっとも買い一巡後は伸び悩む展開に。小安く始まった日経平均株価がプラス圏に浮上し、その後も底堅く推移したことを受けて徐々に上げ幅を縮めた。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

19日最新のみらいチャート、FXライブ、ディールスコープによるドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想!

こんばんは。きしくも前回の同様に夜10時のドル円予想、ユーロ円予想、
豪ドル円予想となりました。

では、ドル高をズッポシ予想したセントラル短資FXライブで今晩も予想を行います。1

■■■ 12年3月19日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年3月19日のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

 ⇒ DMMFXの評判

では、急激なドル高への反発が進むドル円相場より予想していきます。

■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFXスプレッド12_03_19

※ スプレッド比較1位のDMMFXの取引画面からキャプチャ
 ⇒ DMMFXの評判
 ⇒ FX業者の取引画面を比較

ドル円相場は83円台前半へと若干円高へ戻しております。
チャートを見てみましょう。

■■■ ドル円60分足チャート

DMMFXチャート12_03_19


ドル高一服といったチャートですが、まだまだ、このチャートでは
ドル高トレンド。もっと長い時間足で見てみましょう。

■■■ ドル円4時間足チャート

DMMFXチャートa12_03_19


長い時間足でみればさらにまだまだドル高トレンドであることが
鮮明となります。1日足を見てみると・・・

■■■ ドル円1日足チャート

DMMFXチャートb12_03_19


1日足でみた場合、あまりにもドル高の勢いがすごすぎて
逆に反発がこわくなりますね。

では、今後のドル円の動向について、セントラル短資のFXライブを駆使し
て徹底検証していきます。

まずはみらいチャートを駆使して、ドル円の動きを予想していきます。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

■■■ みらいチャート ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_03_19


みらいチャートの1時間足では2本が円高、1本がドル高のドル円予想。
つぎは1日足での予想を見てみましょう。

■■■ みらいチャート ドル円予想 1日足

みらいチャート12_03_19b


1本が円高、2本が横ばいのドル円予想結果となりました。

では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 1時間足・1週間

FXライブusd12_03_19


移動平均が135pips、MACDが106pips、
ボリンジャーバンドが104pipsの勝利の結果です。

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 5分足・1週間

FXライブusd12_03_19b


移動平均の1位で+61pipsのパフォーマンス。

それでは、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

FXライブusd12_03_19c


移動平均は75%が買いという結果です。

最後にドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd12_03_19b


ドル円の個人投資家のポジション動向は、4時間足でみた場合は、
直近でドル円ロングが前回と同様に増加しております。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年3月19日のユーロ円予想 ■■■



次に、ユーロ円について、予想します。

セントラル短資のみらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1時間足

みらいチャート12_03_19eur


1時間足でのみらいチャートのユーロ円予想は3本ともユーロ高の
ユーロ円予想結果。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1日足

みらいチャート12_03_19eurv


1日足で予想した場合のみらいチャートはユーロ高が2本、
円高が1本といったユーロ円予想結果となりました。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

つぎにユーロ円のテクニカル指標のシミュレーションのランキング結果です。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 1時間足・1週間

FXライブeur12_03_19


移動平均が1位で+81pipsの勝利となります。


■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 5分足・1週間

FXライブeur12_03_19b


DMIが直近1週間で110回の取引で+164pipsの勝利
をあげております。

では、これらのテクニカル指標の最新のシグナルを検証。

FXライブeur12_03_19


DMIは75%が買い予想となっております。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur12_03_19


個人投資家のユーロ円のポジション動向はジョジョに減少中です。

 ⇒ トップに戻る
 ⇒ SBIFX評判

■■■ 12年3月19日の豪ドル円予想 ■■■



3月19日最後の予想は豪ドル円です。

ではセントラル短資のみらいチャートで豪ドル円を予想。

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_03_19aud


3本とも円高へいくものの、3本とも豪ドル高へ反発する豪ドル円予想。
次に1日足での予想です。

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1日足

みらいチャート12_03_19audb


3本とも円高へいく豪ドル円予想結果となりました。
では、FXライブで豪ドル円のテクニカル指標ランキングを検証。

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 1時間足・1週間

FXライブaud12_03_19


移動平均が6回の取引で+120pipsの勝利。
次に5分足+直近1週間のランキングを見てみると、

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 5分足・1週間

FXライブaud12_03_19b


ストキャスティクスが+18pipsで唯一のプラスの結果。
では、それら指標の売買シグナルを検証します。

FXライブaud12_03_19c


ストキャスティクスは50%が豪ドル円売り予想です。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud12_03_19


豪ドル円の個人投資家のポジションは、豪ドル円ロングがずっと減少して
おりましたが、直近で増加中。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 3月19日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【19日午後のアジア・オセアニア外国為替市場】

19日午後のアジア・オセアニア外国為替市場で円は夕刻に買い優勢。取引材料が乏しかったため動意の薄い展開が続いていたものの、欧州の取引時間帯に入ると円買いが優勢となった。時間外の米株価指数先物がマイナス圏に沈んだことを受けた円買いが入ったほか、ドルに対して市場参加者から「国内輸出企業から円買いが入った」との声が聞かれ円全体を押し上げた。対ユーロでは午前中に110円ちょうどのオプションのバリアを付けにいった影響でポジションが短期で円売りに傾いており、その反動で円の戻りが大きくなっている。

【ドル・円】【ユーロ・円】
ドル・円は1ドル=83円04銭前後、ユーロ・円は1ユーロ=109円19銭まで下落。

【ユーロ・ドル】
さえない。17時過ぎに1ユーロ=1.31421ドル前後と日通し安値を付けた。ユーロ・円の売りが強まったことが重しとなっている。

⇒ ソーシャルレンディング

【日本のマーケット】

・日経平均株価は5日続伸。終値で東日本大震災後の戻り高値を更新した。円高修正期待から輸出関連株の一角に買いが入った。もっとも、明日が春分の日の祝日で休場となるため、積極的に買い上がる動きも見られず。引けにかけては利益確定目的の売りなどに押されて上げ幅を縮めた。個別では上場来高値を更新したファナックが相場の上げをけん引。また、コマツやJTなどの上げも目立っていた。

・債券先物相場は続伸。前週末の米国債券相場で下落基調に一服感が見られたことが意識されたほか、国内債券相場でも前週に急落した反動で買いが入った。一方で、春分の日の祝日を前に投資家の様子見ムードも強く、積極的な売買は手控えられたため、上値も限られた。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

今週のみらいチャート、FXライブ、ディールスコープでのドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想の最新結果!

こんにちは。すがすがしい日曜の朝ですが、私の部屋には相変わらず日当たり
が悪いせいか、カーテンをしめて電気をつけると昼か夜かわからないです。

しかし、今週、先週は怒涛のドル高モードでした。

■■■ ドル円1日足チャート

DMMFXチャート12_03_18

※ スプレッド比較1位のDMMFXの取引画面からキャプチャ
 ⇒ DMMFXの評判
 ⇒ FX業者の取引画面を比較

■■■ ドル円4時間足チャート

DMMFXチャート12_03_18a


■■■ ドル円1時間足チャート

DMMFXチャート12_03_18b


私のまわりでもこのドル高へ全財産をかけて、チョーリッチになった輩が
何人かおります。彼らは稼いだ金でフェラーリやマンションを買う
のでしょうか?

いやいや、真のディーラーほどケチで余計な買い物をしない人種は
おりません。ヨッポド車好きや、将来かなりのリターンが望める
不動産なら出費を惜しまないかもしれませんが・・・

そんな知人も参考にしているのがFXツールの予想です。
てっとり早くFX業者数社が提供しているFXツールの予想結果
をすべて眺めるだけでテクニカル的な予想はほぼ完了したといって
差し支えないでしょう。

そんな元リーマンブラザーズ社員が現在最もアツイFX業者の
ツールで今週のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想を
徹底検証してまいります。

■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル
・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年3月18日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年3月18日のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

 ⇒ DMMFXの評判

では、急激なドル高への反発が進むドル円相場より予想していきます。

■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFXスプレッド12_03_18

※ DMMFXの取引画面からキャプチャ

ドル円相場は現在83円台前半。ドル高も一服し踊り場といったところか。

では、今後のドル円の動向について、セントラル短資のFXライブを駆使し
て徹底検証していきます。

みらいチャートを駆使して、ドル円の動きを予想していきます。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

■■■ みらいチャート ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_03_18


みらいチャートの1時間足では2本が横ばい、1本がドル高へいく
ドル円予想です。つぎに1日足での予想を検証すると、

■■■ みらいチャート ドル円予想 1日足

みらいチャート12_03_18b


2本が円高、1本が若干のドル高といったドル円予想結果。

では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 1時間足・1週間

FXライブusd12_03_18


移動平均が4回の取引で+163pips、ボリンジャーバンド
が13回の取引で+133pipsといった結果。
では、直近1ヶ月ですべての時間足でのテクニカルシミュレー
ションランキングをみると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 全時間足・1ヶ月間

FXライブusd12_03_18


前回と同様にストキャスティクスの日足が1発の取引で
+441pipsと、この結果を抜いた指標はまだないようです。
が、移動平均+5分足は270回の取引で+418pipsで
脅威の勝率でパフォーマンスも好調。
要注目の指標でしょう。
予想時と同様の結果となり、相変わらず、驚異的なパフォーマンスをあ

それでは、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

FXライブusd12_03_18c


でその移動平均がなんとALL100%買いシグナル。
ここはまだまだドル高へいくというドル円予想結果となりました。

最後にドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd12_03_18b


ドル円の個人投資家のポジション動向は、1日足でみた場合は、
直近でドル円ロングが急激に増加しておりますが長い時間で
みればここはドル円ロング減少に跳ね返されそうな
チャートですね。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年3月18日のユーロ円予想 ■■■



次に、ユーロ円について、予想します。

セントラル短資のみらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1時間足

みらいチャート12_03_18eur


1時間足でのみらいチャートのユーロ円予想は3本とも全て円高
へいくユーロ円予想。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1日足

みらいチャート12_03_18eurv


ただ1日足で検証したみらいチャートのユーロ円予想では
ユーロ高が2本、1本が円高というユーロ円予想結果。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

つぎにユーロ円のテクニカル指標のシミュレーションの
ランキング結果です。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 1時間足・1週間

FXライブusd12_03_18


前回のユーロ円テクニカル指標ランキングの結果と同様で、
移動平均が1位、+81pips。
次に1ヶ月間で、時間足を定めない場合のランキングを見てみると、

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 全時間足・1ヶ月間

FXライブeur12_03_18b


DMIが強烈で、2回連続で、1発の取引で
+5,241pipsです。この結果はなかなかぬかれないでしょうね。
宝くじなみです。

では、これらのテクニカル指標の最新のシグナルを検証。

FXライブeur12_03_18


でそのDMIがALL100%ユーロ円買い予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur12_03_18


個人投資家のユーロ円のポジション動向はジョジョに減少してます。

 ⇒ トップに戻る
 ⇒ SBIFX評判

■■■ 12年3月18日の豪ドル円予想 ■■■



3月18日最後の予想は豪ドル円です。

ではセントラル短資のみらいチャートで豪ドル円を予想。

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_03_18aud


2本は円高の後、結局豪ドル高へ、1本は豪ドル高へいく
ものの円高へ戻すどちらともとれる豪ドル円予想です。
1日足での豪ドル円予想を検証してみると、

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1日足

みらいチャート12_03_18audb


1日足での豪ドル円予想ではなんと、3本とも円高へいく豪ドル円予想。
では、FXライブで豪ドル円のテクニカル指標ランキングを検証。

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 1時間足・1週間

FXライブaud12_03_18


前回と同じくRSIが一位で75pipsの勝利。
次に1ヶ月間で、時間足を定めない場合のランキングを見てみると、

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 全時間足・1ヶ月間

FXライブaud12_03_18b


こちらも前回と同じくボリンジャーバンド+1日足が首位。
ただ、ボリンジャーバンド+5分足は422回の取引で、+457pips
の結果。これはかなり強い結果です。

では、それら指標の売買シグナルを検証します。

FXライブaud12_03_18c


そのボリンジャーバンドの豪ドル円予想は前回とは間逆の75%が
豪ドル円買予想です。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud12_03_18


豪ドル円の個人投資家のポジションは、豪ドル円ロングがずっと
減少した後いったんは買いが増加しておりましたが、直近ではまた
豪ドル円ロングが急減しております。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 3月18日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【ニューヨークの為替マーケット】

・ユーロドルは続伸。ドル円の上昇につれたユーロ売り・ドル買いが先行したあとは、ユーロポンドの下落に伴う売りが出て一時1.3049ドルまで値を下げた。ただ、そのあとは「ユーロ圏は3月末までに欧州安定メカニズム(ESM)の規模を5000億ユーロから7000億ユーロまで拡大する可能性がある」との一部報道を手掛かりに、ユーロ買い戻しが優勢に。2月米消費者物価指数(CPI)コア指数や3月米消費者態度指数(ミシガン大調べ)速報値が市場予想を下回ったことがドル売り材料とみなされて、ユーロ高・ドル安が加速した。目先のストップロスを断続的に巻き込んで、一時1.31873ドルまで上値を伸ばした。もっとも、市場では「1.3190−1.3210ドルにはまとまった規模の売り注文が観測されている」との指摘があり、中盤以降は1.31ドル台後半でのもみ合いとなった。

・ドル円は続落。時間外の米長期金利が上昇し、日米金利差拡大への思惑から円売り・ドル買いが先行。一時83.949円まで値を上げたものの、2月米CPI発表後に全般ドル売りが強まった。市場では「物価が想定よりも落ち着いているとして、米追加金融緩和の思惑が再浮上した」との指摘があった。米消費者態度指数が予想より弱い内容となったことも相場の重しとなり、一時83.179円まで下げ幅を広げた。なお、主要通貨に対するドルの値動きを示すドルインデックスは一時79.686まで低下した。

・ユーロ円は4日続伸。一時昨年10月31日以来の高値となる109.988円まで値を上げた。欧州株相場や時間外のダウ先物の上昇を背景に、投資家のリスク志向が高まるとの見方から円売り・ユーロ買いが優勢となった。ユーロ高・ドル安につれた買いも入った。

⇒ ソーシャルレンディング

【ニューヨークのマーケット】

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は8営業日ぶりに反落。前日までに7日続伸し約4年2カ月ぶりの高値を更新したあとだけに、目先の利益をひとまず確定する売りが優勢となった。3月米消費者態度指数速報値が市場予想を下回ったことも相場の重しとなった。半面、米景気の回復期待から押し目買い意欲は旺盛で、下値は限られた。個別では、ユナイテッド・テクノロジーズやマイクロソフトなどの下げが目立った。一方、バンク・オブ・アメリカは6%を超える上昇となった。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は4日ぶりに小反落した。週末を控えて利益確定の売りが出た。

・米国債券相場で長期ゾーンは下落。10年債利回りは一時2.36%と昨年10月下旬以来約4カ月半ぶりの高水準を付けた。米景気回復への期待が続き、安全資産とされる米国債に売りが出た。ただ、2月米CPIコア指数や3月米消費者態度指数速報値が市場予想を下回ったことを受けて、そのあとは下げ渋った。市場では「高利回りを好感した買いも入った」との指摘があった。

・原油先物相場は3日ぶりに反発。主要通貨に対してドル売りが進み、ドル建てで決済される原油相場に割安感が強まったため買いが入った。また、前日に米英による戦略石油備蓄の放出報道で一時大きく値を下げたことから短期的な戻りを期待する動きが見られたほか、週末を前に持ち高調整目的の買いも持ち込まれた。引け前に上げ幅を拡大し、フロアー取引後には一時107.34ドルまで値を上げる場面があった。

・金先物相場は反落。インド政府が財政収支の改善を狙って金の関税を大幅に引き上げる方針を示すと、同国の金需要が低下するとの思惑が高まり、時間外取引から売りが先行した。もっとも、フロアー取引に入ると一転買い戻しが優勢に。主要通貨に対してドル売りが進んだことを手掛かりに、ドルの代替資産とされる金相場に買い戻しが入った。一時は上昇に転じる場面もあったが、米金融緩和観測が後退するなかで上値は重く、プラス圏を維持できずに引けた。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

木曜夜最新のみらいチャート、FXライブによる、ドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想 

今晩は。もうすぐ夜10時を迎えるドル円相場ですが、物凄い勢いでドル高が
進んでおります。

ドル高をズッポシ予想したセントラル短資FXライブには感服しました。
無料のツールとはいえFX業者が威信をかけてつくったツールだけあります。

それでは、本日もドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想をセントラル短資FXライブとみらいチャートを駆使して、
徹底予想します。

また、外為オンラインディールスコープより、個人投資家の心理を探ります。
n

■■■ 12年3月15日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年3月15日のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

 ⇒ DMMFXの評判

では、急激なドル高への反発が進むドル円相場より予想していきます。

■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFXスプレッド12_03_15

※ スプレッド比較1位のDMMFXの取引画面からキャプチャ
 ⇒ DMMFXの評判
 ⇒ FX業者の取引画面を比較

ドル円相場は81円台後半から82円50銭そして現在83円43銭と
い急激にドル高円安へと反発しております。チャートを検証すると、
そのドル高への反発具合のダイナミックさが伝わってきます。

元リーマンブラザーズ社員が取引用のFX業者として愛用するDMMFX
よりチャートをキャプチャしました。

■■■ ドル円60分足チャート

DMMFXチャート12_03_15


84円までドル高反発した後は、いったんは円高へ戻してはおりますが、
まだまだドル高トレンドです。

■■■ ドル円4時間足チャート

DMMFXチャートa12_03_15


ドル高トレンドであることは4時間足でみるともっと鮮明にわかります。

■■■ ドル円1日足チャート

DMMFXチャートb12_03_15


1日足でみた場合には、直近のドル高の反発が際立つチャートとなります。

では、今後のドル円の動向について、セントラル短資のFXライブを駆使し
て徹底検証していきます。

みらいチャートを駆使して、ドル円の動きを予想していきます。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

■■■ みらいチャート ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_03_15


みらいチャートの1時間足では2本が横ばい、1本がドル高へいく
ドル円予想です。つぎに1日足での予想を検証すると、

■■■ みらいチャート ドル円予想 1日足

みらいチャート12_03_15b


2本が円高、1本がドル高を指し示すドル円予想結果となりました。

では、それらのシグナルについて同じくFXライブ
過去のパフォーマンスをシミュレーションした結果を検証すると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 1時間足・1週間

FXライブusd12_03_15


DMIが145pipsオーバーの勝利です。
さらに、ボリンジャーバンド、移動平均、MACDのすべてオーバー
100pipsの勝利となっております。
直近1週間は各種テクニカル指標に素直に従ったドル円相場であった
事がわかります。

では、次に1ヶ月間で、時間足を定めない場合のランキング
を見てみると、

■■■ FXライブ ドル円指標ランキング 全時間足・1ヶ月間

FXライブusd12_03_15


ストキャスティクスの日足が1発の取引で+441pipsにて、前回
予想時と同様の結果となり、相変わらず、驚異的なパフォーマンスをあ
げております。

また、移動平均が5分足で取引回数が272回と相当の取引回数にも
かかわらず驚異的な勝率で+391pipsの結果を残しております。

それでは、各テクニカル指標の最新のシグナルをFXライブで検証。

FXライブusd12_03_15c


ストキャスティクスは75%が売りで前回検証した時点どう同じ
シグナル結果です。また、総合判断も同様に75%が売りの予想
といった結果となりました。

最後にドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd12_03_15b


ドル円の個人投資家のポジション動向は、4時間足でみた場合は、
直近でドル円ロングが急激に増加しております。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年3月15日のユーロ円予想 ■■■



次に、ユーロ円について、予想します。

セントラル短資のみらいチャート予想です。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1時間足

みらいチャート12_03_15eur


1時間足でのみらいチャートのユーロ円予想は3本ともいったんは
円高へいきますが、その後3本ともユーロ高へ戻すユーロ円予想結果
となりました。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1日足

みらいチャート12_03_15eurv


1日足でのみらいチャートの円高が2本、ユーロ円高の予想が1本
といったユーロ円予想結果となりました。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

つぎにユーロ円のテクニカル指標のシミュレーションの
ランキング結果です。

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 1時間足・1週間

FXライブusd12_03_15


移動平均が1位で+161pipsの勝利となっております。
次に1ヶ月間で、時間足を定めない場合のランキングを見てみると、

■■■ FXライブ ユーロ円指標ランキング 全時間足・1ヶ月間

FXライブeur12_03_15b


DMIが強烈で、先日同様の結果で、1発の取引で
+5,241pipsです。

では、これらのテクニカル指標の最新のシグナルを検証。

FXライブeur12_03_15


DMIは75%が買い予想となっております。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur12_03_15


個人投資家のユーロ円のポジション動向はジョジョに減少して
おりましたが直近で若干、増加中です。

 ⇒ トップに戻る
 ⇒ SBIFX評判

■■■ 12年3月15日の豪ドル円予想 ■■■



3月15日最後の予想は豪ドル円です。

ではセントラル短資のみらいチャートで豪ドル円を予想。

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_03_15aud


1本は円高の後、2本はそもそも豪ドル高へいく豪ドル円予想です。
次に1日足での予想です。

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1日足

みらいチャート12_03_15audb


2本は若干の円高、1本は豪ドル高の予想結果。
では、FXライブで豪ドル円のテクニカル指標ランキングを検証。

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 1時間足・1週間

FXライブaud12_03_15


RSIが一位で74pipsの勝利となっております。
次に1ヶ月間で、時間足を定めない場合のランキングを見てみると、

■■■ FXライブ 豪ドル円指標ランキング 全時間足・1ヶ月間

FXライブaud12_03_15b


ボリンジャーバンドが前回予想した時点と同様に圧巻しております。

では、それら指標の売買シグナルを検証します。

FXライブaud12_03_15c


そのボリンジャーバンドは75%が豪ドル円売り予想です。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud12_03_15


豪ドル円の個人投資家のポジションは、豪ドル円ロングがずっと減少して
おりましたが、直近で増加中。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 3月15日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【12日の欧州外国為替市場】

12日午後のアジア・オセアニア外国為替市場で円はもみ合い。午前中に、日本株の上値が重かったことや上海総合指数が下落したことなどを受けて円買いが進んだ反動で、対ドル中心に円売りが出て若干上値を切り下げた。ただ、欧州勢の参入後は、時間外の米株価指数先物の下げ幅拡大や、欧州株が弱含みで推移していることなどを受けた円買いが入り、再び円全般が本日高値圏に浮上している。ギリシャ債の債務交換を通過し新たな相場材料を探している状況で、積極的な売買を手掛け難く方向感が出ていない。

【ドル・円】【ユーロ・円】
ドル・円は一進一退。一時1ドル=82円38−41銭まで買い戻されたが、ポジション調整の域を出ず、欧州勢参入後はじりじりと値を下げている。ユーロ・円も一時1ユーロ=107円87−92銭まで戻したものの、時間外の米株価指数先物や欧州株がマイナス圏で推移していることなどが嫌気されてhttp://livedoor.blogimg.jp/zaq19/imgs/7/6/7675deb0.gifを過ぎると本日安値107円51銭前後を伺う展開となっている。

【ユーロ・ドル】
下値が堅い。15時前に1ユーロ=1.3079ドル前後まで売られたが、欧州の取引時間帯に入ると「中東勢から買いが入った」との声が聞かれ1.31ドル台を回復した。一目均衡表の雲上限1.3083ドル前後を意識した買いも下値を支えたようだ。

⇒ ソーシャルレンディング

【日本のマーケット】

・日経平均株価は3営業日ぶりに反落。9日発表の2月米雇用統計で非農業部門雇用者数が予想より強く米景気回復期待が高まったほか、外国為替市場で円安が進行し外部環境の改善を意識した買いが先行した。寄り付き後に前週末比91.77円高の10021.51円と2011年8月1日以来の高値を更新した。ただ、1万円台での滞空時間が短く頭の重さが嫌気されると、足もとの急伸に対する利益確定の売りが続いた。午後には下げに転じ、30円超安の本日安値で取引を終えた。個別では、ダイキン工業やキャノン、ファーストリテイリングなどが指数全体の下落に寄与した。

・債券先物相場は続伸。日経平均株価が上げ幅を縮め、下げに転じたことが安全資産としての債券需要を高めた。ただ、市場では「明日に日銀金融政策決定会合の結果公表を控え、様子見気分を強める参加者も多かった」との声があった。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
 東大式FX攻略法

みんなのFX

元リーマン社員限定タイアップ企画

FXプライム[直トレFX]

アイネットFX
元LB社員が取引に使うFX業者
SBIFXTRADE評判  ドル円0.27銭SBIFXトレード
豪ドル円0.99/ユロ円0.69/ポン円1.19
1$から取引可/スプレッド4桁表示
住信SBIネット銀行50%出資のSBIG

GMOクリック証券FX評判  株も売買可GMOクリック証券
米ドル/円0.3銭原則固定
YAHOO出資企業/資産2000億円
8万人使用iClickFXNEO/FXroid
最新キャッシュバック特集
カテゴリー別の記事
livedoor プロフィール
免責事項
当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び私に関係する全ての方は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。

外為どっとコム
DMM FXは初心者向け
ドル円予想に使うFXツール
FXツール FXプライム byGMOのぱっと見テクニカル

過去12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想する機能
ぱっと見テクニカルツールa
⇒ ぱっと見テクニカルの評判評価
ドル円スプレッド比較
原則固定
(例外あり)
FX業者名
0.3銭  外為どっとコム
0.3銭 GMOクリック証券評判 GMOクリック証券
0.3銭 YJFX評判 YJFX!
0.3銭原則固定 DMMFX評判 DMMFX
0.4銭 みんなのFX評判 みんなのFX
0.6銭原則固定 FXプライム評判 FXプライム byGMO
0.7-1.0銭 アイネットFX評判 アイネット証券
0.9銭 ライブスター証券
株もFXも GMOクリック評判 GMOクリック証券
カブドットコム評判 カブドットコム証券

元リーマン社員がメディア掲載
元リーマンブラザーズ社員が取材①元リーマンブラザーズ社員が取材②
雑誌「BIG TOMORROW」5月号で取材受けて記事になりました。
⇒ 現在4.5万人超フォロワー!
元気の源!為替ブログランキング
皆様のクリックが・・・
元リーマン社員を救います!!


人気ブログランキング
最高、17位でファイト!

為替ブログ村
為替日記は、最高8位!
くりっく365のFX業者比較
  • ライブドアブログ