元リーマン社員がFXツールでドル円予想

リーマンブラザーズに勤務した経験からビリオネアになる最短の方法はトレードしかないと確信し、トレードの中でも。最も少額で始められて、かつ、最もレバレッジが高くできるFXで財を成す事を決意しました。現在、ドル円をFXツールを駆使して予想し、その結果から売買するシステムトレードちっくな手法で売買を行い、まずは、ミリオネアへの道を目指しております。FXツールはFXプライム byGMOのぱっと見テクニカルを使っております。

 
 売買レート・チャート・リアルタイム売買比率表示ツールはみんなのFXより
0.3銭原則固定(例外あり)  外為どっとコム
0.3銭原則固定  GMOクリック証券
 FXトレーディングS
 YJFX!
 DMMFX
0.6銭原則固定  FXプライム byGMO
0.9銭原則固定  ライブスター証券
0.7〜1銭  アイネット証券
オススメ  ひまわり証券

2012年02月

DMM FX

SBIFX 評判・口コミ by 元リーマンブラザーズ社員

ネット証券口座開設数NO1かつ、元ソフトバンクグループのSBI証券のFX
について、評判・口コミを徹底検証。

⇒ おなじSBIグループで専業のFXサービス SBIFXTRADEの評判口コミコチラ

■ SBIFXの評判・口コミ

  人民元、ウォンが取引可能
 ◆.優奪肇丱鵐の住信SBIネット銀行との相性は抜群
  他のFX業者とは比較にならない資本力。つぶれる心配はほぼ0%。
    スワップポイント狙いの投資家にはオススメです。


   <資本金の比較>
 SBIホールディングス ・・・ 816億円
 SBI証券 ・・・ 479億円

 DMM ・・・ 82億円
 GMOクリック証券 ・・・ 43億円
 外為オンライン ・・・ 1.6億円

■ SBIFXのキャンペーン情報の評判・口コミ

現在SBIFXで行っているキャンペーンは下記の通り。一般的なFX業者が展開
するキャッシュバックキャンペーンと似たような条件となっております。

・キャンペーン概要
 口座開設・入金・取引で最大1万円CB


 仝座開設キャンペーン 5,000円
 期間:2012/2/16(木)〜2012/3/30(金)
 対象者:期間内に口座開設し、SBIハイブリッド預金へ一括で預入を
 10万円以上行い、SBIFXα口座へ振替後3Lot以上取引

◆ー莪量に応じたキャンペーン 最大 5,000円
 期間:2012/2/16(木)〜2012/3/30(金)
 条件:100Lot取引で1,000円、300Lot取引で2,000円、500Lot取引で4,000円
    1,000Lot取引で5,000円


■ SBIFXのスプレッドの評判・口コミ

2011年の7月7日より、SBIFXではスプレッドを大幅に下げた事から、他社の
FX業者と比較しても、競争力のあるスプレッドになりました。

 ドル円 ・・・ 原則1銭固定
 ユーロ円 ・・・ 原則2銭固定
 ユーロドル ・・・ 原則1pips固定
 豪ドル円 ・・・ 原則2銭固定


SBIFX_スプレッド

※ SBIFXの取り扱い通貨ペア ・・・ 20種類

■ SBIFXのスワップポイントの評判・口コミ

SBIFXで取引する方はスワップ狙いの投資家が多いかと思いますが、
スワップポイントはFX業者でも最強クラスです。

 <他社とのスワップ金利比較 ドル円>
 1位 SBIFX 13ポイント
 2位 外為オンライン 5ポイント
 3位 GMOクリック証券 3ポイント
 4位 DMMFX 1ポイント

現在のスワップポイントは下記の通り。

SBIFX_スワップ金利

■ SBIFXのスマホ対応の評判・口コミ

SBIFXのスマホの対応状況について。  .好泪杪弍

SBIFXでは、iphone、Andorid共に完全対応。
主な特徴は、最短3秒更新のレートや2WAY注文が可能。

SBIFX_スマホ

◆.皀丱ぅ訛弍

SBIFXでは、imodeなど、携帯専用アプリで完全対応。
主な特徴は、最短1秒更新のレートや2WAY注文が可能。

SBIFX_スマホ_2

■ SBIFXの通常取引画面の評判・口コミ

SBIFXのPCでの取引画面と
チャート画面です。

SBIFX_取引画面_1

SBIFX_取引画面_2

口座開設はコチラから↓
DMM FX

金曜午後のみらいチャート、FXライブ、ディールスコープのドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想結果!

もうすぐ週末までカウントダウンの時間帯になってきました。

とはいえ金曜日はまだまだこれから。FXがこれだけ動いているのもそれほど
ないチャンス。天下に気焔をあげ、ガッツリ稼ぎましょう。

そのためには現在のドル円、ユーロ円、豪ドル円のトレンド予測が必須と
なります。

では、今日もFX業者の無料で使えるツールを組み合わせる事で最大の
パフォーマンスをあげていきましょう。

特に直近でのドル高をドンピシャで予想的中した、セントラル短資
のみらいチャートでの予想を重点的に検証していきます。

■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル
・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年2月24日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年2月24日のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

 ⇒ DMMFXの評判

まず、現在のドル円相場を見てみましょう。

■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFXスプレッド12_02_24

※ スプレッド比較1位のDMMFXの取引画面からキャプチャ
 ⇒ DMMFXの評判
 ⇒ FX業者の取引画面を比較

80円台ぎりぎりのラインの攻防を昨晩から続けているドル円相場。
ここの攻防がおわったら、また、ドル高トレンドに戻るでしょう。
85円程度まではドル高に戻すと見てよいでしょう。

では、まずは、ドル円相場の動きをDMMFXでチャートで検証。

■■■ ドル円1時間足チャート

DMMFXスプレッド12_02_24A


短期の時間足でみると、まさに80円台を突き抜けようとしている
チャートです。

■■■ ドル円4時間足チャート

DMMFXスプレッド12_02_24b


4時間足では、直近で80円台に1度トライし、2度目のトライ。
まあトライは成功するでしょう。

■■■ ドル円1日足チャート

DMMFXスプレッド12_02_24c


今までは1日足だと、さすがにそれほどインパクトがあるように
みえなかった直近のドル円。しかし、ここまでくると、いい感じの右肩あがり
の曲線です。

では、セントラル短資のみらいチャートを駆使して、ドル円の動きを予想
していきます。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

■■■ みらいチャート ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_02_24usd


みらいチャートの1時間足でのドル円の予想結果は2本がドル高、1本が円高
といった予想結果。

■■■ みらいチャート ドル円予想 1日足

みらいチャート12_02_24_b_usd


みらいチャートのドル円予想(1日足)でが、1本が極端な円高予想。
2本が横ばいのドル円予想結果となりました。

では、同じくFXライブで、直近1ヶ月間で全ての時間のうち最も
パフォーマンスがよかったテクニカル指標を検証します。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブusd12_02_24


1位は、昨日と同様にDMIで23回の取引の結果、+294pipsの勝利。
では今週1週間で1時間足でのシミュレーションランキングは、

FXライブusd12_02_24b


移動平均が1位で+94pipsの勝利。
最後に直近24時間、5分足でのランキングは、

FXライブusd12_02_24c


1位はボリンジャーバンドという結果。
ただし、19回の取引で+11pips。

では好調なボリンジャーバンドについて、同じくFXライブのシグナルマップ
で現在のシグナルをチェックすると、

FXライブusd12_02_24c


ボリンジャーバンドはALL100%買いの予想です。

ドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd12_02_24b


ドル円のポジションは、個人投資家が利食いをして一旦は激減した
ドル円の買いポジションですが、直近ではドル円ロングが増加中。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年2月24日のユーロ円予想 ■■■



次に、ユーロ円をセントラル短資のみらいチャートでユーロ円を予想。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1時間足

みらいチャート12_02_24eur


1時間足でみたみらいチャート予想では、2本が円高、1本がユーロ高の
ユーロ円予想結果となりました。次に、1日足で予想してみると、

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1日足

みらいチャート12_02_24eurb


1日足では、2本が円高、1本が若干のユーロ高で昨日と同様の予想結果。

では、同じくFXライブで直近1ヶ月間かつ全ての時間足でみた場合の
パフォーマンスシミュレーションランキングをチェック。

FXライブeur12_02_24


昨日から変わらずボリンジャーバンドが1位で同様に、399回の取引
で+418pipsの勝利。昨日より減ったものの不動の1位。

次に1週間+1時間分足でみたランキングは、

FXライブeur12_02_24_b


DMIが1位。直近1週間において、23回の取引を行い+294pips
をゲットしております。最後に、直近24時間、5分足でのランキングは、

FXライブeur12_02_24_c


移動平均が1位で11回の取引で+46pipsの結果。
最後に、FXライブのシグナル予想を見てみましょう。

FXライブeur12_02_24_d


移動平均は75%が買いのユーロ円予想結果。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証します。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur12_02_24


個人投資家のユーロ円ポジション動向ですが、1日足でみると、右肩下がりに
綺麗に減っております。まさにギリシャ不安からはじまったユーロ不安を
如実にあらわしております。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年2月24日の豪ドル円予想 ■■■


では今週の週末を前の最後の予想は豪ドル円です。

次はセントラル短資のFXライブのみらいチャートで検証。

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_02_24aud_a


1時間足での豪ドル予想では3本ともにばらばらの豪ドル円予想結果とな
りました。1日足での予想を見てみると、

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1日足

みらいチャート12_02_24aud_b


2本が円高、1本が豪ドル高の予想結果は昨日と同様の予想、
では直近1ヶ月で全ての時間でテクニカル指標ランキングを見てみると、

FXライブaud12_02_24


ストキャスティクス+日足の組み合わせがこの1ヶ月間で、たった1回の
取引で、438pipsの勝利を叩き出しているのは昨日と同様。
他、4位のボリンジャーバンドは損益曲線的にも綺麗なパフォーマンス。

次に直近1週間・1時間足でのテクニカル指標ランキングを見てみると、

FXライブaud12_02_24


DMIが10回の取引で+88pipsのパフォーマンス。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

では、同じくFXライブで、シグナルを見てみると、

FXライブaud12_02_24


DMIは75%が豪ドル円買いの予想となりました。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud12_02_24


豪ドル円の個人投資家のポジションは、1日足でみれば、ジョジョに
へっております。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 2月24日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【アジア・オセアニア外国為替市場】

24日午前のアジア・オセアニア外国為替市場で円は弱含み。本日は週末の実質5・10日(ゴトー日)にあたり、仲値に向けて対ドルで円売りが出たため、その他通貨に対しても円売りが見られた。仲値通過後は、「国内機関投資家から円売り・ドル買いが出た」との声が聞かれた。市場の一部では「格付け会社ムーディーズが11時に開催予定の日本国債格付けの現状についての記者懇談会で格付けを引き下げる」との噂があり、この噂をはやす格好で円売り・ドル買いを進める動きもあった。ただ、ムーディーズが「日本国債の格付けに関する発表は今日予定していない」との見解を示したこともあって、思惑的な円売りは長続きしなかった。なお、ムーディーズのバーン氏は「日本の貿易赤字はソブリン格付けの評価には影響しない」「日本の経常黒字は継続するだろう」「日本の格下げという所には至っていない」などの見方を示した。

【ドル・円】【ユーロ・円】
ドル・円は10時30分過ぎに1ドル=80円18銭前後まで上げた。ユーロ・円は一時1ユーロ=107円21銭前後と2011年11月9日以来の高値を更新した。

【ユーロ・ドル】
もみ合い。円絡みの取引が中心となり、蚊帳の外に置かれた。高値は1ユーロ=1.3380ドル前後、安値は1.3365ドルで値幅は0.0015ドル程度にとどまった。

⇒ ソーシャルレンディング

【米国マーケット】

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は反発。2008年5月19日以来およそ3年9カ月ぶりの高値水準。決算内容が嫌気されたヒューレット・パッカード(HP)が大幅安となり、相場は安く始まったものの売り一巡後は買い戻しが優勢に。前週分の新規失業保険申請件数や12月住宅価格指数が予想より強い内容となったことを受け、米景気の先行きに楽観的な見方が広がり買いが膨らんだ。個別では、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)やIBM、JPモルガン・チェースなどの上げが目立った。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は4日ぶりに反発した。

・米国債券相場で長期ゾーンは小幅続伸。米雇用情勢の改善傾向を受けて序盤は売りに押されたが、米7年債の入札が「好調だった」と受け止めれると債券買いが優勢となった。

・原油先物相場は大幅続伸。欧州委員会が2012年のユーロ圏GDP成長率予想を前回のプラス0.5%からマイナス0.3%に下方修正したことを背景に、ドイツやイタリア、スペインの株価指数が下げ幅を拡大。ダウ平均も50ドル超下落し、投資家心理の悪化を嫌気した原油売りが強まった。米エネルギー省が発表する週間在庫統計を前に調整売りが出た面もあり、一時105.45ドルまで値を下げた。ただ、売り一巡後は一転上昇する展開に。ダウ平均が50ドル超高まで持ち直したことが買い戻しを誘った。また、イランの核問題を巡る原油供給不安が根強い半面、予想より強い2月独Ifo企業景況感指数や前週分の新規失業保険申請件数を受けて需要増加への思惑が高まっており、押し目を買う動きが優勢となった。先に売りを進めた短期筋が反対売買を迫られる形で値を伸ばし、フロアー取引終了後には108.65ドルと2011年5月5日以来の高値を更新した。なお、週間在庫統計で原油在庫は前週比163万バレル増加と予想を上回った一方、ガソリン在庫は65万バレル減少と予想に反して減少した。

・金先物相場は大幅に3日続伸。ギリシャ債務問題への懸念が後退するなか、予想を上回る2月独Ifo企業景況感指数などが好感され対ユーロ中心にドル安が進行。ドルの代替資産とされる金に買いが入った。欧州株安を背景にドル安が一服した場面では失速したが、WTI原油先物相場の上昇が目立ち、インフレヘッジとしての金の魅力が高まると買いが再開した。2011年11月15日以来の高値となる1789.5ドルまで値を伸ばした。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

2月24日午後3時の最新のFXライブ、みらいチャート、ディールスコープを駆使して、ドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想。

こんにちは。

今日は午前中は雨がふり、午後にはいって晴れてきた六本木です。

ここの所、ずっと、ドル高トレンドが続いておりますが、それらを無難に
シグナル予想で当てているFXライブはたいしたものです。

特に、チャートの形状で、今後の相場を予想してくれる、みらいチャートは
秀逸なツールといえるでしょう。これらが無料で利用できるだけでも
セントラル短資に口座を作る意味はあるでしょう。

では、今後はさすがに、このドル高と連dのは終了するのか、木曜日午後2時半
の最新データと下記の無料分析ツールを徹底駆使して、検証してまいります。

■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル
・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年2月23日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年2月23日のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

 ⇒ DMMFXの評判

まず、現在のドル円相場を見てみましょう。

■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFXスプレッド12_02_23

 ※ スプレッド比較1位のDMMFXの取引画面からキャプチャ
 ⇒ DMMFXの評判
 ⇒ FX業者の取引画面を比較

遂に80円台に戻したドル円相場です。

では直近のドル円相場の動きをDMMFXでチャートで検証
しましょう。

■■■ ドル円4時間足チャート

DMMFXチャート12_02_23


4時間足でみると、昨日の朝から、ずっとドル高に向かっているチャート
が見れます。

■■■ ドル円1日足チャート

DMMFXチャート12_02_23b


1日足では、6月ごろのドル円の水準まで、戻している事がわかります。

では、セントラル短資のみらいチャートを駆使して、ドル円の動きを予想
していきます。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

■■■ みらいチャート ドル円予想 5分足

みらいチャート12_02_23usd


みらいチャートのドル円予想(5分足)の予想結果は2本が円高、1本がドル高の
予想となりました。続けて1時間足で予測すると、

■■■ みらいチャート ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_02_23usd


みらいチャートのドル円予想(1時間足)を見ると、2本は微妙に横ばい。
1本は若干のドル高といった予想結果です。

■■■ みらいチャート ドル円予想 1日足

みらいチャート12_02_23usd


みらいチャートのドル円予想(1日足)を見ると、2本はドル高、1本は
円高の想結果となりました。

では、同じくFXライブで、直近1ヶ月間で全ての時間のうち最も
パフォーマンスがよかったテクニカル指標を検証します。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブusd12_02_23


1位は、DMIで20回の取引で+295pipsの勝利といった結果です。
次に1週間+5分足について、チェックしてみると、

FXライブusd12_02_23


こちらも同じく、DMIが1位となります。

では好調なDMIについて、同じくFXライブのシグナルマップで現在のシグナルを
チェックすると、

FXライブusd12_02_23c


DMIは手前2つはドル円売り予想、後の2つはドル円買い予想といった
結果です。

ドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd12_02_23b


ドル円のポジションを持つ個人投資家のポジション動向は、ここ最近、
ドル円買が利食いの影響からか激減しておりましたが、その動きも一服し、
若干、ドル円ロングが増加しました。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年2月23日のユーロ円予想 ■■■



次に、ユーロ円をセントラル短資のみらいチャートでユーロ円を予想。

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1時間足

みらいチャート12_02_23eur


1時間足では、2本が横ばい、1本がユーロ高のユーロ円予想結果と
なりました。次に、1日足で予想してみると、

■■■ みらいチャート ユーロ円予想 1日足

みらいチャート12_02_23eur_a


1日足では、2本が円高、1本が若干のユーロ高といった予想結果。

では、同じくFXライブで直近1ヶ月間かつ全ての時間足でみた場合の
パフォーマンスシミュレーションランキングをチェック。

FXライブeur12_02_23


ボリンジャーバンドが相変わらず凄い事になっております。なんと、399回の取引
で+499pipsの勝利といった結果。

次に1週間+5分足でみたランキングは、

FXライブeur12_02_23_b


DMIが1位。直近1週間において、129回の取引を行い+161pipsの
果実をもたらした事になります。では、FXライブの売買シグナルを確認すると、

FXライブeur12_02_23


ボリンジャーバンドは半半の予想結果となりました。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur12_02_23


個人投資家のユーロ円ポジション動向ですが、ジョジョに買い持ちのポジションが
減っております。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年2月23日の豪ドル円予想 ■■■


では木曜3時のおやつではないですが、最後の為替予想は豪ドル円。

次はセントラル短資のFXライブのみらいチャートで検証。

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1時間足

みらいチャート12_02_23aud


1時間足での豪ドル予想では2本が円高、1本が若干豪ドル高にふれた後
は水平飛行の豪ドル円予想。次に1日足の予想では、

■■■ みらいチャート 豪ドル円予想 1日足

みらいチャート12_02_23aud


2本が円高、1本が豪ドル高の予想結果。
では直近1ヶ月で全ての時間でテクニカル指標ランキングを見てみると、

FXライブaud12_02_23


ストキャスティクス+日足の組み合わせがこの1ヶ月間で、たった1回の
取引で、438pipsの勝利を叩き出しております!
次は直近1週間・5分足でのテクニカル指標ランキングを見てみると、

FXライブaud12_02_23


ストキャスティクスが+49pips。前回調査時より、パフォーマンスは
劣化したものの、相変わらず、ストキャスティクスの調子はよい。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブaud12_02_23


ストキャスティクスは半半の予想。

また、
では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud12_02_23


豪ドル円の個人投資家のポジションは、直近、買いが増加しております。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 2月23日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【アジア・オセアニア外国為替市場】

23日午前のアジア・オセアニア外国為替市場で円は小高い。23日前場の日本株や時間外の米株価指数先物が下げ幅を広げたことを背景に、リスクポジション解消目的で円買い・外貨売りが入った。その後、日本株が持ち直し時間外の米株価指数先物が下げ幅を縮めたこともあって株価を材料にした円買いは収まった。しかし、対ドルでは足もとで円の売り持ちが膨らんでおり、反動で利益確定の円買いが散発的に入ったため、円全体は高止まりした。

 白川方明日銀総裁が23日午前、衆院予算委員会で「一時的な石油価格の上昇などで金融緩和を打ち切ることはない」「一時的に物価が上昇しても機械的に金融政策を運営しない」などと述べたが、特に材料視されていない。

【ドル・円】【ユーロ・円】
ドル・円は12時前に1ドル=80円11銭前後まで下げた。ユーロ・円は一時1ユーロ=106円17銭前後まで売られた。

【ユーロ・ドル】
もみ合い。株安を材料にした売りで10時過ぎに1ユーロ=1.3232ドル前後まで値を下げたものの、株の下落が収まると徐々に買い戻された。12時過ぎには1.3261ドル前後と本日高値まで上げた。

⇒ ソーシャルレンディング

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

月曜夜最新のFXライブ、みらいチャート、ディールスコープでドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想!

大分、夕方になってきた、六本木の月曜日です。

思えば10年つきあった女と別れてもうすぐ9ヶ月以上になります。

別れた後にFXで稼いだ金は1000万円を突破します。

もし、あと1年、前の女と仲がもっていたら、結婚まで無事いけて、私の義理
の父親は埼玉県長者番付3位の倉庫業でスーパーセレブとなるはずでしたが
そうは上手くいきません。

世の中にはヘッジファンドで日本の長者番付1位になる人がいるくらいです
からね(タワー投資顧問の清原氏)!そして、私はその方と面談する機会
もありました。

けっして、田舎の件の長者番付3位には負けていないはずです。
では、今宵もFXでタワーの清原氏の如く、億万長者になる気概で、
ドル円、ユーロ円、豪ドル円を予想してまいります。

■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル
・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年2月20日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年2月20日のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

 ⇒ DMMFXの評判

まず、現在のドル円相場を見てみましょう。

■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFXスプレッド12_02_20

 ※ スプレッド比較1位のDMMFXの取引画面からキャプチャ
 ⇒ DMMFXの評判
 ⇒ FX業者の取引画面を比較

現在のドル円のレートは79円53銭。ここの所、ドル高反発トレンド続行中。
80円越えも見えてきました。

では直近のドル円相場の動きをDMMFXでチャートで検証
しましょう。

■■■ ドル円4時間足チャート

DMMFXチャート12_02_20


綺麗な右肩あがりのチャートです。

■■■ ドル円1日足チャート

DMMFXチャート12_02_20b


1日足だと、まだまだドル高トレンドはこれからやってきそうな・・

では、セントラル短資のみらいチャートを駆使して、ドル円の動きを予想
していきます。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

みらいチャート12_02_20usd


みらいチャートのドル円予想(1時間足)の結果は2本が円高、1本がドル高の
予想。続けて1時間足で予測すると、

みらいチャート12_02_20usd


みらいチャートのドル円予想(1日足)の結果は2本が円高、1本が横ばいの
予想。

では、同じくFXライブで、直近1ヶ月間で全ての時間のうち最も
パフォーマンスがよかったテクニカル指標を検証します。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブusd12_02_20


1位は、ボリンジャーバンドで260回の取引で+260pipsの勝利。
次に1週間+1時間足では、テクニカル指標パフォーマン1位はDMI。
+72pipsの勝利。

ではDMIについて、同じくFXライブのシグナルマップで現在のシグナルを
チェックすると、

FXライブusd12_02_20c


DMIはALL100%、ドル円買のシグナル一色です。

ドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd12_02_20b


ドル高に一気にふれたおかげか個人投資家のドル円の買いポジションは
一気に急減しました。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年2月20日のユーロ円予想 ■■■



次に、ユーロ円をセントラル短資のみらいチャートでユーロ円を予想。

みらいチャート12_02_20eur


1時間足では、2本が円高、1本がユーロ高の結果。
1日足で予想してみると、

みらいチャート12_02_20eur


1日足では、3本とも別々の方向にいくユーロ円予想結果。

では、同じくFXライブで直近1ヶ月間かつ全ての時間足でみた場合の
パフォーマンスシミュレーションランキングをチェック。

FXライブeur12_02_20


ボリンジャーバンドがやばい事になっております。なんと、412回の取引
で+588pipsの勝利!!

次に1週間+1時間足でみたランキングは、

FXライブeur12_02_20


ストキャスティクスが1位。+173pipsの勝利をあげております。
では、FXライブの売買シグナルを確認すると、

FXライブeur12_02_20


ボリンジャーバンドは75%がユーロ円買いの予想結果。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur12_02_20


個人投資家のユーロ円ポジション動向は買いが減っておりましたが、直近で
増えました。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年2月20日の豪ドル円予想 ■■■


では月曜日の最後の為替予想は豪ドル円です。

次はセントラル短資のFXライブのみらいチャートで検証。

みらいチャート12_02_20aud


1時間足での豪ドル予想では3本ともに円高の豪ドル円予想。
1日足の予想では、

みらいチャート12_02_20aud


2本が円高、1本が豪ドル高の予想結果。
では直近1ヶ月で全ての時間でテクニカル指標ランキングを見てみると、

FXライブaud12_02_20


ボリンジャーバンドが446pipsもの成果!!
次は直近1週間・1時間足でのテクニカル指標ランキングを見てみると、

FXライブaud12_02_20


ストキャスティクスが+133pips!
同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブaud12_02_20


ストキャスティクスは半半の予想。

また、
では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud12_02_20


豪ドル円の個人投資家のポジションは、ジグザグしならジョジョに
減少。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 2月20日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【アジア・オセアニア外国為替市場】

【Overview】
20日午後のアジア・オセアニア外国為替市場で円は下げ幅を縮小。午後に入り手掛かり材料難で値動きが細っていたが、欧州の取引時間帯に入ると、日本の1月貿易赤字が過去最大の赤字となるとの観測をはやして形成された円売りポジションの一部を解消する動きが強まり円の下値が切り上がった。

 米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が20日、日本の格付けを「AA−」で据え置き、見通しを引き続き「ネガティブ」としたことや、S&Pの小川氏が20日、「日本の格下げの可能性は3分の1以上」「今後2年以内に日本が格下げされる可能性がある」「日本国債の国内保有はゆるぎない」「日本の貿易収支は黒字に戻る」などの見解を示したことなどへの直接の反応は見られなかった。

【ドル・円】【ユーロ・円】
ドル・円は17時過ぎに本日安値1ドル=79円35銭前後に接近した。ユーロ・円は17時過ぎに1ユーロ=104円63−68銭まで下げた。

【ユーロ・ドル】
上値が重い。ユーロ・円に足もとの上昇に対する利益確定の売りが出たことにつれたほか、ユーロ圏財務相会合を控えてポジション調整の売りも見られ、17時過ぎに1ユーロ=1.3183−88ドルまで下押しした。

⇒ ソーシャルレンディング

【日本市場ダイジェスト】

・日経平均株価は続伸。円安の進行や中国人民銀行が預金準備率を引き下げたことを手掛かりに、主力の輸出化関連株を中心に幅広い銘柄が買われた。日本時間今晩のユーロ圏財務相会合でギリシャが追加支援を得られるとの見方が広がり、投資家のリスク許容度が改善していることも相場を支えた。もっとも、9500円台では高値警戒感から利益確定目的の売りや戻り待ちの売りが出たため買い一巡後は伸び悩んだ。個別では東京電力が13%超高となったほか、資源価格の上昇を背景に三菱商事などの上げも目立った。

・債券先物相場は横ばい。ギリシャ債務問題の進展期待から安全資産としての債券需要が後退したほか、日経平均株価が堅調に推移したことも売りを促した。ただ、午後に入って日経平均株価が伸び悩むと徐々に買い戻しが入り、一時は上昇に転じる場面も見られた。なお、1月の貿易統計(通関ベース)についてはほぼ市場予想通りの結果となったため、反応は限定的だった。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

木曜夕方のFXライブ、みらいチャートを駆使したドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想!

もうすぐ夕方となる、六本木。
今日という一日ももうすぐ、終わります。
このまま、朽ち果てていく人生なんて真っ平だ!!

そんな思いで今日もFXに精を出す元リーマン社員です。

いつかは不労所得だけで、世界中を旅する生活を手にする為にも今はFXを
修行するときです。

そして、長年の研究の結果、下手にトレードするよい、FXの無料ツールを駆
使すれば、それも夢ではない事を実証しております!

では、今宵もFXライブとみらいチャートを駆使して、ドル円予想、ユーロ円
予想、豪ドル円予想を行ってまいります。

■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル
・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年2月16日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年2月16日のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

 ⇒ DMMFXの評判

まず、現在のドル円相場を見てみましょう。

■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFXスプレッド12_02_16

 ※ スプレッド比較1位のDMMFXの取引画面からキャプチャ
 ⇒ DMMFXの評判
 ⇒ FX業者の取引画面を比較

現在のドル円のレートは78円71銭。昨晩から更にドル高へ。

直近のドル円相場の動きをDMMFXでチャートで検証
しましょう。

■■■ ドル円60分足チャート

DMMFXチャート12_02_16


綺麗にドル高トレンドを描いております。

■■■ ドル円4時間足チャート

DMMFXチャート12_02_16b


4時間足とちょっと長い時間足だと、直近で急激にドル高へ反発している
のがわかります。

では、セントラル短資のみらいチャートを駆使して、ドル円の動きを予想
していきます。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

みらいチャート12_02_16usd


みらいチャートのドル円予想(5分足)の結果は2本が円高、1本がドル高の
予想。続けて1時間足で予測すると、

みらいチャート12_02_16usd


みらいチャートのドル円予想(1時間足)の結果は1本が円高、2本がドル高の
予想。

では、同じくFXライブで、直近1週間・1時間足で最もパフォーマンスが
よかったテクニカル指標を、ランキングをみることで、検証します。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブusd12_02_16


直近1週間・1時間足でみた場合のドル円のテクニカル指標パフォーマン1位は
MACD。+129pipsの勝利を得ております。

また、MACDについて、同じくFXライブのシグナルマップで現在のシグナルを
チェックすると、

FXライブusd12_02_16c


MACDは5分足、1時間足で売りシグナル、日足、週足で買いシグナルと、
直近では売りなものの、長期だと買いといったシグナルです。

ドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd12_02_16b


直近で個人投資家のドル円ポジション動向は一気に減少。円高で利食い
したのでしょうね。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年2月16日のユーロ円予想 ■■■



次に、ユーロ円をセントラル短資のみらいチャートでユーロ円を予想。

みらいチャート12_02_16eur


5分足では、2本が円高、1本がユーロ高の結果。
1時間足で予想してみると、

みらいチャート12_02_16eur


1時間足では、1本が円高、2本がユーロ高の結果。
では、同じくFXライブで直近1週間・1時間足でみた場合の
パフォーマンスシミュレーションランキングをチェック。

FXライブeur12_02_16


1位は、ボリンジャーバンドで+26pipsの勝利をあげております。

FXライブの売買シグナルを確認すると、

FXライブeur12_02_16


ボリンジャーバンドは半半の予想結果。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur12_02_16


個人投資家のユーロ円ポジション動向は直近買いが増加中。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年2月16日の豪ドル円予想 ■■■


では本日最後の為替予想は豪ドル円です。

次はセントラル短資のFXライブのみらいチャートで検証。

みらいチャート12_02_16aud


5分足での豪ドル予想では1本が豪ドル高、2本が円高の豪ドル円予想。
1時間の予想だと、

みらいチャート12_02_16aud


2本が円高、1本が豪ドル高の予想結果。
ではテクニカル指標ランキングを見てみると、

FXライブaud12_02_16


豪ドル円で直近1週間・1時間足ではDMIが1位で+72pips。

同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブaud12_02_16


DMIは75%が買いのシグナルといった結果となります。

また、
では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud12_02_16


豪ドル円の個人投資家のポジションは、直近で買いが増加。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 2月16日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【アジア・オセアニア外国為替市場】

16日午後のアジア・オセアニア外国為替市場で円は夕刻に売りが強まった。午後のアジア株や時間外の米株価指数先物の下落を背景に、リスクポジション解消目的で円買いが入り円全般が強含む場面が見られた。もっとも、欧州の取引時間帯に入ると「ロンドン8時(日本時間17時)のフィキシングに向けて円売りが出た」との声が聞かれ円全般が下げに転じた。

【ドル・円】【ユーロ・円】
ドル・円は17時過ぎに1ドル=78円78銭前後と2011年11月1日以来の高値まで上げた。なお、市場では「78円80銭前後より上の水準には国内輸出企業などからの売り注文が並んでいる」との声が聞かれている。ユーロ・円は、ユーロ・ドルがストップロス誘発を狙った仕掛け的な売りで下げた影響で16時過ぎに1ユーロ=101円95銭前後まで下落したが、ロンドン8時のフィキシングに向けて買いが強まり、午前中に付けた本日高値102円51銭前後に接近した。

【ユーロ・ドル】
じり安。ギリシャ問題に進展が見られないことや株式相場の下落がユーロ・ドル相場の重しとなる中、1.3000ドル前後から下サイドに観測されているストップロス注文をつける動きが強まると下げ幅を拡大。16時過ぎに1ユーロ=1.2993ドル前後と日通し安値を更新した。下値では「米系金融機関から買いが入った」との声があり、いったん1.30ドル台前半まで値を戻したものの、ドル・円相場が堅調に推移しているため戻りは鈍い。
⇒ ソーシャルレンディング

【日本市場ダイジェスト】

・日経平均株価は4営業日ぶりに反落。ギリシャ第2次支援を巡る先行き不透明感から米国株式相場が大幅安となったことを背景に、前日までの3日続伸に対する利食い売りが広がった。対ユーロなどでの円高進行に伴い、ファナックや京セラ、ニコンなど主力輸出株の一角が売られたほか、ファーストリテイリングやアステラス製薬など指数寄与度の高い内需関連株の一部も下落し、午後の日経平均株価は40円超下落した。ただ、市場では「先物市場に断続的な買いが入った」との声が聞かれ、持ち直す場面も見られるなど一方的に下落する展開にはならなかった。

・債券先物相場は3日続伸。ユーロ圏がギリシャへのャ第2次支援を延期する可能性があるとの報道を受けて、安全資産とされる債券先物相場は買いが先行した。日銀の追加金融緩和を背景に、午後の5年債入札が順調な結果となるとの期待も買いを誘った。入札結果が順調だったとの見方から買い安心感が広がったうえ、日経平均株価の下落も相場を支え堅調地合いが継続した。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

2月15日 元リーマンブラザーズ社員がFXライブ、ディールスコープを徹底駆使して、ドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想!!

お久しぶりです。
ここの所、物凄く多忙にしておった元リーマンブラザーズ社員です。

さらに、金を稼がなければいけない環境下におかれた元リーマンブラザーズ
社員です。アメックスのプラチナで容赦なくシバキ使い倒した請求が毎月、
50万円以上もくる事を考えると、FXで最低でも月額100万円は稼がなけ
ればいけません。

・・・さすが元外資系投資銀行員の金使いはわれながら天下一品といえる
でしょう。リーマンブラザーズ時代の上司はアメックスのブラックで、
月額100万円近く請求が来るといってましたが、その上司は月収1千万円。

たったの数ヶ月でちょっとした上場企業のサラリーマン社長の年収分を
稼ぐわけです。

それに比べればFX戦士たる元リーマンブラザーズ社員のアメックスの
つかいっぷりは目を見張るものがあると自負します。

そして、それは、下記に記載する、FX業者の無料ツールを駆使した戦法に
よるものです。

■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル
・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

それでは、久しぶりとなりますが、今宵も、ドル円予想、ユーロ円予想、
豪ドル円予想を徹底検証していまいります。

■■■ 12年2月15日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年2月15日のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

 ⇒ DMMFXの評判

■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFXスプレッド12_02_15

 ※ スプレッド比較1位のDMMFXの取引画面からキャプチャ
 ⇒ DMMFXの評判
 ⇒ FX業者の取引画面を比較

現在のドル円のレートは78円58銭。前回ドル円の予想を行った2月の上旬
から比較して、約2円程度、ドル高へ反発いたしました。

直近のドル円相場の動きをDMMFXでチャートで検証
しましょう。

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート12_02_15


なんと、今日一日だけで、1円以上、ドル高へ反発しているチャートです。

■■■ ドル円1時間足チャート

DMMFXチャート12_02_15b


つぎに、1時間足で見た場合、その驚きは確信にかわります。直近の数十時間
でなんと一気に2円もドル高へ反発しております。しかもその動きは実に滑ら
かに右肩あがりを示しております。

■■■ ドル円4時間足チャート

では、最後に長期の時間である4時間足でドル円のチャートを検証します。

DMMFXチャート12_02_15a


なんと、このドル高の動きを起こす前に、一度、同じ程度の価格までドル高
へ反発した後、また2円以上の円高へ。そして、その後、直近の2円以上の
ドル高を起こすといった目まぐるしい動きをしております。ここは、一発稼
ぎ屋のディーラーならば、巨万の富を手にしていそうな相場です。

ではまず、ドル円の荒れ相場の行方をセントラル短資のFXライブを駆使して
徹底予想していきます。。

まず、直近24時間・5分足で最もパフォーマンスがよかったテクニカル指
標を、ランキングをみることで、検証します。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブusd12_02_15


直近24時間・5分足でみた場合のドル円のテクニカル指標パフォーマン1位は
RSI。+51pipsの勝利を得ております。

また、RSIについて、同じくFXライブのシグナルマップで現在のシグナルを
チェックすると、

FXライブusd12_02_15c


RSIは5分足、1時間足で売りシグナル、日足、週足で買いシグナルと、
直近では売りなものの、長期だと買いといったシグナルです。

そして、FXライブに新たに加わった機能である、セントラル短資みらいチャート
を使ってドル円を予想すると、

みらいチャート12_02_15usd


みらいチャートのドル円予想結果は1本が横ばい、1本がドル高、1本が円高
とこちらも混戦の予想となりました。

ドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd12_02_15b


個人投資家のドル円ポジション動向はジョジョにドル円買のポジションが減
っておりますが、直近では動きはありません。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年2月15日のユーロ円予想 ■■■



次に、ユーロ円をセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブeur12_02_15


直近24時間・5分足でみた場合のパフォーマンスシミュレーションランキ
ング1位は、ストキャスティクス。+52pipsの勝利をあげております。

FXライブの売買シグナルを確認すると、

FXライブeur12_02_15


ストキャスティクスは5分足と日足では売りシグナル、1時間足、週足では
買いシグナルといった結果となります。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

また、セントラル短資のみらいチャートも検証してみると、

みらいチャート12_02_15eur


1時間足でのユーロ円予想は、2本が横ばい、1本が円高のユーロ円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur12_02_15


個人投資家のユーロ円ポジション動向は直近変化なし。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年2月15日の豪ドル円予想 ■■■


では本日最後の為替予想は豪ドル円です。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブaud12_02_15


豪ドル円で直近24時間・5分足はストキャスティクスが1位で
+56pips。

同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブaud12_02_15


ストキャスティクスは5分足と1時間足、日足ともには売りシグナル。
週足のみ買いシグナルといった結果となります。

また、セントラル短資のみらいチャートも検証してみると、

みらいチャート12_02_15aud


1時間足での豪ドル予想では1本が豪ドル高、2本が円高の豪ドル円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud12_02_15


豪ドル円の個人投資家のポジションは、買いが減少した後は変化なし。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 2月15日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【アジア・オセアニア外国為替市場】

【Overview】
15日午後のアジア・オセアニア外国為替市場で円は売り一服。15日午後の東京市場では日経平均株価が一時9300円台を回復するなど日本株が堅調に推移したため、投資家のリスク志向が改善。対オセアニア通貨中心に円を売る動きが目立った。ただ、欧州の取引時間帯に入るとこれまでに円を売ってきた短期筋の一角から利益確定の円買いが散発的に入ったため、円の下落はいったん収まった。

【豪ドル・円】【ユーロ・円】
豪ドル・円は1豪ドル=84円41銭前後と2011年8月4日以来の高値まで上げる場面があった。ユーロ・円は16時過ぎに1ユーロ=103円49銭前後まで上昇した。

【ユーロ・ドル】
上値が重い。アジア株高や時間外の米株価指数先物の上昇を手掛かりに買いが入り、16時過ぎに1ユーロ=1.31909ドル前後と日通し高値をつけたが、1.3200ドル前後や前日高値1.32161ドル前後を手前に頭が重くなると短期で買い上がった向きが利益確定に動き上値が切り下がった。

⇒ ソーシャルレンディング

【日本市場ダイジェスト】

・日経平均株価は3日大幅続伸。前日発表された日銀の追加金融緩和が引き続き好感されるなか、外国為替市場での円安進行に伴いファナックや京セラ、本田技研工業など主力輸出株が幅広く買われた。周小川・中国人民銀行総裁の発言を受けて欧州債務問題への警戒感が後退し買い安心感が広がったほか、市場では「先物市場で大口の買いが断続的に持ち込まれた」との声が聞かれ、午後の日経平均株価は前日比262.30円高の9314.37円と2011年8月5日以来の高値を更新した。

・債券先物相場は続伸。1月米小売売上高が予想を下回ったことや、15日のユーロ圏財務相会合が電話会議に変更されたことを背景に、前日の米国債券相場で安全資産とされる長期ゾーンが買われた地合いを引き継いだ。日銀の追加金融緩和も引き続き買い材料視され、大幅高となった。ただ、午後の日経平均株価が上値を試す展開となったことが重しとなり、上値が切り下がった。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

2月4日最新のツールでドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想 by ぱっと見テクニカル、みらいチャート、ディールスコープ、FXライブ

オハヨウございます!

今週はFXツールの円高予想がずっぽしあたった事から、朝から勝利の美酒
に酔う元リーマンブラザーズ社員です。

プラスして、朝風呂したし、これから、寝る予定です!

いわゆる朝寝朝酒朝風呂。

それが叶えられるのがFXです!やはりサラリーマンでもらえる金では
幸せなんて程とおい。一生、社畜で生きるか、自分の思い描いた人生を
送るかはFXのツールを最後まで信じる事ができるかどうかです。

今日も来週をFXをツールを駆使して予想してまいります!!

■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル
・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年2月4日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年2月4日のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

DMMFXFX年間取引高1位!感謝キャンペーン中。
DMMFXスプレッドキャンペーン


 ⇒ DMMFXの評判

では、最新の為替相場を見ていきます。

■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFXスプレッド12_02_04

 ※ スプレッド比較1位のDMMFXの取引画面からキャプチャ
 ⇒ DMMFXの評判
 ⇒ FX業者の取引画面を比較

76円56銭。ちょっと円高からドル高へ反発しましたね。

ではDMMFXでチャートを見ます。

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート12_02_04


・・・直近で50銭ほどドル高へ動いております。

■■■ ドル円1時間足チャート

DMMFXチャート12_02_04b


1時間足で見ると、窓をあける程の円高⇒ドル高という動きがわかります。

■■■ ドル円4時間足チャート

DMMFXチャート12_02_04a


4時間足だと、その動きが肝になりそうな事がよくわかります。
ここでドル高トレンドに反発でしょうか?

・・・ミッションインポッシブルゴーストプロトコルを見る限り、やはり
米国が最強な事からいずれやはり、ドル高でしょうな!!

ではセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

24時間・5分足でのランキングを検証します。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブusd12_02_04


直近24時間・5分足でみた場合のドル円のテクニカル指標パフォーマン1位は
ストキャスティクスですが、すべてマイナスの結果。

念のため、シグナルマップをチェックすると、

FXライブusd12_02_04c


ストキャスティクスは75%がドル円買いの予想結果です。

また、この前から使用しておりますセントラル短資みらいチャート
使ってドル円を予想します!

みらいチャート12_02_04usd


みらいチャートのドル円予想結果は2本が横ばい、1本が円高の予想です。

ドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd12_02_04b


個人投資家のドル円ポジション動向は雇用統計発表直後のドル高で
利食いしたのか、ドル円買ポジションが減っております!

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年2月4日のユーロ円予想 ■■■



次に、ユーロ円をセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブeur12_02_04


直近24時間・5分足でみた場合のパフォーマンスシミュレーションランキ
ング1位は、ボリンジャーバンドですが、マイナスのパフォーマンス。

FXライブの売買シグナルを確認すると、

FXライブeur12_02_04


ボリンジャーバンドは75%がユーロ円買の予想結果。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

また、セントラル短資のみらいチャートも検証してみると、

みらいチャート12_02_04eur


5分足のユーロ円予想では、2本がユーロ高、1本が円高のユーロ円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur12_02_04


個人投資家のユーロ円ポジション動向はドル円同様に買いのポジションが
減っております!

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年2月4日の豪ドル円予想 ■■■


では本日最後の為替予想は豪ドル円です。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブaud12_02_04


豪ドル円で直近24時間・5分足はDMIが1位で
+48pips。

同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブaud12_02_04


DMIは半半の豪ドル円予想。

また、セントラル短資のみらいチャートも検証してみると、

みらいチャート12_02_04aud


5分足での豪ドル予想では3本ともに豪ドル円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud12_02_04


豪ドル円の個人投資家のポジション動向若干買いが減少。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 2月4日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【ニューヨーク市場】

・ドル円は上昇。米労働省が3日発表した1月の米雇用統計で、非農業部門雇用者数が前月比24万3000人増と市場予想平均の前月比14万人増を上回ったことや、失業率が8.3%と市場予想平均の8.5%より強かったことなどを受けて、円売り・ドル買いが出た。米長期金利が大幅に上昇したことも買いを後押しした。米サプライマネジメント協会(ISM)が3日発表した1月非製造業指数(NMI)が56.8となり市場予想平均の53.2を上回ると一段高となり一時76.74円まで上昇した。

・ユーロドルは小反発。強い米雇用統計を受けて時間外の米株価指数先物や欧州株が大幅高となると、投資家のリスク志向が改善。対資源国通貨中心にドル売りが強まった流れに沿ってユーロ買い・ドル売りが入り、米雇用統計発表後に1.32062ドルまで上げた。一方で、強い米雇用統計を素直にドル買い材料と見なす動きがあったほか、今週に入り1.32ドル台では何度も上値を抑えられたことを踏まえて戻りを売る動きが根強かったため一転値を下げる展開となった。ギリシャの債務減免交渉が難航していることを背景に戻り売りを進める市場参加者も見られた。

対資源国通貨でユーロ売りが加速したことにつれたユーロ売り・ドル買いや、市場で「パパデモス・ギリシャ首相が辞任する」との噂を手掛かりとしたユーロ売りなどが出ると下げ幅を拡大。ユンケル・ルクセンブルク首相(ユーログループ議長)が「6日にユーロ圏財務相会合は開催されない」などと語ったことも重しとなり、一時1.30655ドルまで下げた。

もっとも、その後は一部通信社が「ギリシャ政府報道官はパパデモス・ギリシャ首相が辞任するとの報道を否定した」と報じたためユーロ売りは一服し徐々に買い戻される展開となった。「ダラーラ国際金融協会(IIF)専務理事らがギリシャの債務減免交渉のため今週末にアテネ入りする」「欧州中央銀行(ECB)はギリシャ第2次支援を増強するため保有債券の活用を検討している」などと伝わったことや、ギリシャ政府の見解として「トロイカとの協議はうまくいっている」と報じられたことなども買い戻しを誘い小幅に持ち直した。1.3165-68ドルまで上げる場面があった。

・ユーロ円は反発。一時100.899円まで上げた。欧米株高を受けて資源国のクロス円が買われたことや、強い米雇用統計を材料にドル円相場が上昇したことなどがユーロ円を押し上げた。ただ、パパデモス・ギリシャ首相が辞任するとの噂や対資源国通貨でユーロ売りが強まったことなどが上値を抑える場面もあった。

⇒ ソーシャルレンディング

【株式、債券、原油、金先物】

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は大幅反発。終値は2008年5月19日以来の高値だった。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は4日続伸し、2000年12月12日以来の高値水準で取引を終えた。1月の米雇用統計が強い結果となったことや、1月ISM非製造業指数が市場予想平均を上回ったことを受けて、米景気の回復期待が高まり、幅広い銘柄に買いが入った。ダウ平均の上げ幅は一時160ドルを超した。ダウ工業30種平均構成銘柄ではアメリカン・エキスプレスやJPモルガン・チェースなど金融セクターの上昇が目立ったほか、ナスダックではアッブルの上昇が相場をけん引した。ソーシャルゲームのジンガやグルーポンの上昇も目立った。

・米国債券相場で長期ゾーンは下落。1月の米雇用統計で、失業率と非農業部門雇用者数が市場予想よりも強い結果となったことを受けて、米雇用市場の改善が継続しているとの見方が強まり債券が売られた。ISM非製造業指数が予想を上回ると一段安となった。利回りは一時1.95%まで上昇した。市場参加者からは「強い指標が相次いだため、米連邦準備理事会(FRB)の追加金融緩和観測が後退した債券が売られた」との声が聞かれた。

・原油先物相場は6営業日ぶりに反発。予想より強い1月米雇用統計や1月米サプライマネジメント協会(ISM)非製造業指数を受けて、原油需要増加への思惑が広がり買いが強まった。パパデモス・ギリシャ首相辞任の噂などから対ユーロ中心にドル高が進行した場面では、ドル建てで決済される原油に割高感が生じて上値が抑えられた。ただ、週末のギリシャ債務交換交渉の合意期待を高める報道が相次ぎ、ユーロなどに対するドル高が一服すると原油買いが再開した。一時98.03ドルまで値を伸ばした。

・金先物相場は4営業日ぶりに大幅反落。1月米雇用統計や1月米サプライマネジメント協会(ISM)非製造業指数が予想より強い内容となり、米低金利政策の長期化観測や追加金融緩和観測が後退するとの思惑が広がるなか、前日までの3日続伸に対する反動が出て金売りが優勢となった。ブラード・米セントルイス連銀総裁が「米連邦準備理事会(FRB)は2014年より前に利上げする必要がある可能性」「米国の驚くような力強さは量的緩和の可能性を弱める」などと語ったことも売り材料視され、フロアー取引終了後には1726.2ドルまで大きく値を下げた。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

2月3日のぱっと見テクニカル、みらいチャート、FXライブ、ディールスコープのドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想結果を大公開!

今晩は!

今日は六本木ヒルズのプレミアムスクリーンでミッションインポッシブル〜
ゴーストプロトコル〜を見てきました!ヤフーの映画の評価でも4点台と
かなりの高得点を叩き出しており、とても期待しておりましたが・・・

とっても最高の映画でした!やっぱ、ヤフーの口コミに間違いはないと
思いましたね。逆にこれで面白いと思わなかったら、通常の感覚ではないと
いう事かもしれません。

・・・しかしトレードとなると、その通常の感覚ではない事が必要なのかも
しれません。もし、本能の赴くままにトレードをしていたら、いつかは
破滅を迎えるでしょう。

なので、私はFX業者の無料ツールを駆使してトレードを行うのです!

では、今晩も明日のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想を下記の
要領で行っていきます。

■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル
・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年2月3日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年2月3日のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

DMMFXFX年間取引高1位!感謝キャンペーン中。
DMMFXスプレッドキャンペーン


 ⇒ DMMFXの評判

では、最新の為替相場を見ていきます。

■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFXスプレッド12_02_03

 ※ スプレッド比較1位のDMMFXの取引画面からキャプチャ
 ⇒ DMMFXの評判
 ⇒ FX業者の取引画面を比較

76円13銭。昨晩からはあまり相場は動いていないように見えますが・・・

同じくDMMFXでチャートを見ていきましょう。

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート12_02_03


10分足と短期でみたチャートを見てみると、今日はほとんど相場が
動いていないことがわかります。

■■■ ドル円1時間足チャート

DMMFXチャート12_02_03b


1時間足で見ると、先日から円高トレンドが続いております。

■■■ ドル円4時間足チャート

DMMFXチャート12_02_03a


4時間足だと、まだまだ円高が進行していくチャートの形をしております。

では金曜日週末のドル円予想を伊藤忠商事のFXプライムが提供する
ぱっと見テクニカルで検証します。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは

■■■ ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd12_02_03c


4時間足で見たチャートは、1本が横ばい、2本が円高のドル円予想。

■■■ ドル円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd12_02_03d


1日足で見たチャートは、2本が横ばい、1本が円高のドル円予想です。

■■■ ドル円1週間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd12_02_03e


1週間足で見たチャートは、3本とも円高のドル円予想。

更に、ぱっと見テクニカルで売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル12_02_03


FXシグナルランキングは、ドル円売が1位から3位に若干後退しました。
と思ったらドル円買も同順位の3位。
これは、ドル高に反発する前触れとも受け止められますね。

ぱっと見テクニカルのパターン分析も検証してみると、

ぱっと見テクニカル12_02_03b


ドル円は売り予想となっております。ただ、アンテナは1本です。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

24時間・5分足でのランキングを検証します。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブusd12_02_03


直近24時間・5分足でみた場合のドル円のテクニカル指標パフォーマン
移動平均で+14pipsという結果。やはり、相場が動いていないと大きく
勝つのは難しい。

また、シグナルマップをチェックすると、

FXライブusd12_02_03c


移動平均は半半のドル円予想結果です。

また、この前から使用しておりますセントラル短資みらいチャート
使ってドル円を予想します!

みらいチャート12_02_03usd


みらいチャートのドル円予想結果は3本ともに円高の予想です。

ドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd12_02_03b


昨晩から変わらず個人投資家のドル円ポジション動向はジョジョに
ドル円買ポジションが積みあがっております。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年2月3日のユーロ円予想 ■■■


次に、ユーロ円をFXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur12_02_03aa


3本ともに円高にいくユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur12_02_03a


1本が円高、2本がユーロ高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円1週間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur12_02_03b


3本ともに円高のユーロ円予想です。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは?

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブeur12_02_03


直近24時間・5分足でみた場合のパフォーマンスシミュレーションランキ
ング1位は、昨晩と同様にMACDですがマイナスのパフォーマンス。

FXライブの売買シグナルを確認すると、

FXライブeur12_02_03


MACDは75%がユーロ円買の予想結果。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

また、セントラル短資のみらいチャートも検証してみると、

みらいチャート12_02_03eur


5分足のユーロ円予想では、2本がユーロ高、1本が横ばいのユーロ円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur12_02_03


個人投資家のユーロ円ポジション動向は直近でユーロ円買いが少し増加
しております。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年2月3日の豪ドル円予想 ■■■


では本日最後の為替予想は豪ドル円です。

FXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud12_02_03b


1本が円高、1本が豪ドル高、1本が横ばいの豪ドル円予想です。

■■■ 豪ドル円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud12_02_03c


2本が円高、1本が豪ドル高の豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円1週間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud12_02_03d


1本が急激な円高、2本が若干の豪ドル高の豪ドル円予想。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは?

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブaud12_02_03


豪ドル円で直近24時間・5分足はMACDが1位で
+67pips。

同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブaud12_02_03


MACDは半半の豪ドル円予想。

また、セントラル短資のみらいチャートも検証してみると、

みらいチャート12_02_03aud


5分足での豪ドル予想では1本が円高、2本が横ばいの豪ドル円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud12_02_03


豪ドル円の個人投資家のポジション動向は変化なし。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 2月3日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【ニューヨーク市場】

・2日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルは買い戻し。24時時点では1.3142−47ドルと22時時点(1.3106ドル)と比べて0.0036ドル程度のユーロ高水準だった。ユンケル・ルクセンブルク首相(ユーログループ議長)が「1月30日の欧州連合(EU)首脳会議での合意は大きく不十分」「ギリシャの民間部門関与(PSI)交渉は極めて困難」と発言したことを背景にした売りは一巡。対資源国やポンドなどでユーロが買い戻されている流れに沿ってユーロドルも値を戻した。レーン欧州委員(経済・通貨問題担当)が「今週末までのギリシャPSI交渉の合意を予想」と発言したと伝わったが、特に材料視されていない。

・ユーロ円も買い戻し。24時時点では100.03−08円と22時時点(99.72円)と比べて31銭程度のユーロ高水準だった。主要通貨に対してユーロが買い戻されている流れに沿った動き。

・ドル円は方向感が定まらない。24時時点で76.11−16円と22時時点(76.08円)とほぼ水準だった。バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が「米景気回復は苛立たしいほど遅い」「米経済見通しは引き続き不確か」などと発言したが目立った反応はなかった。

⇒ ソーシャルレンディング

【日本市場】

・日経平均株価は3日続伸。前日の米国株式相場が上昇した流れを引き継いだほか、上海総合指数など他のアジア株が堅調に推移したことなどを背景に値を上げた。自動車など主力株を中心に上昇。もっとも、午後に入ると円の高止まりが警戒されたことで輸出関連株などが伸び悩んだ。なお、本日は東京証券取引所で情報配信システムに不具合が生じたため、午前中は241銘柄が売買停止となり、午後から再開した。個別では前日に過去最悪の最終赤字となったことを発表したシャープが16%近い急落。パナソニックやソニーなど他の電機株も総じて軟調だった。

・債券先物相場は続伸。前日の米国債券相場が下落した流れを引き継いで売りが先行した。日経平均株価が堅調な展開となったことも重しとなったが、10年物国債入札が「順調」な結果だったとの見方が広がると買い戻しが優勢に。引けにかけて持ち直した。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

2月1日夜9時最新のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想!by ぱっと見テクニカル、FXライブ、みらいチャート、ディールスコープ

今晩は。2月1日も夜になりました。

明日は2月2日で夫婦の日となります。私にとって人生初の夫婦ともに過ごす
夫婦の日です。もちろん高級レストランをばっちり予約してあります。

もちろんFXで稼いだ金でね!

では、来年は夫婦の日にマンションを現金一括で購入する為、今日もFX必勝
の為、下記のFX業者が無料で提供するツールを駆使して、ドル円予想、
ユーロ円予想、豪ドル円予想を行います。

■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル
・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年2月1日夜の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年2月1日夜のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

DMMFXFX年間取引高1位!感謝キャンペーン中。
DMMFXスプレッドキャンペーン


 ⇒ DMMFXの評判

では、2月1日夜9時の為替相場を見てみましょう。

■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFXスプレッド12_02_01_2

 ※ スプレッド比較1位のDMMFXの取引画面からキャプチャ
 ⇒ DMMFXの評判
 ⇒ FX業者の取引画面を比較

76円08銭。昨晩、FXプライムのぱっと見テクニカルが予想したとおり、
円高へ進みました。

 ⇒ 昨晩のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想
 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート12_02_01_2


10分足と短期でみたチャートでも円高が進行しているのがわかります。

■■■ ドル円1時間足チャート

DMMFXチャート12_02_01_2b


1時間足で見ると、78円30銭あたりから、右肩下がりに綺麗に円高に
いっているのがよくわかりますね。

■■■ ドル円4時間足チャート

DMMFXチャート12_02_01_2a


4時間足だと、直近の円高進行が更に際立ちます。

では明日以降のドル円予想を伊藤忠商事のFXプライムが提供する
ぱっと見テクニカルで検証します。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは

■■■ ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd12_02_01_2c


4時間足で見たチャートは、2本が横ばい、1本が若干ドル高のドル円予想。

■■■ ドル円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd12_02_01_2d


1日足で見たチャートは、2本とも円高、1本が横ばいのドル円予想です。

■■■ ドル円1週間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd12_02_01_2e


1週間足で見たチャートは、3本とも円高のドル円予想。

更に、ぱっと見テクニカルで売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル12_02_01_2


FXシグナルランキングは、ドル円売が昨晩に続いて連続で1位です!
で、同様に、ドル円買も最下位!
まだまだ円高へいくドル円予想です。

ぱっと見テクニカルのパターン分析も検証してみると、

ぱっと見テクニカル12_02_01_2b


ドル円はパターン分析でも売りシグナルが多く、総合評価で売りシグナルで
アンテナ3本たってます。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

24時間・5分足でのランキングを検証します。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブusd12_02_01_2


直近24時間・5分足でみた場合のドル円のテクニカル指標パフォーマン
ボリンジャーバンドで+26pipsという結果。

また、シグナルマップをチェックすると、

FXライブusd12_02_01_2c


そのボリンジャーバンドはALL100%がドル円売の売買シグナルです。

また、この前から使用しておりますセントラル短資みらいチャート
使ってドル円を予想します!

みらいチャート12_02_01_2usd


みらいチャートのドル円予想結果は1本がドル高、2本が横ばいのドル円予想
結果です。

ドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd12_02_01_2b


昨晩から変わらず個人投資家のドル円ポジション動向は、ぱっと見テクニ
カルの予想結果に反してドル高反発を狙っているのか、直近でドル円買い
がまだまだ増加中。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年2月1日夜のユーロ円予想 ■■■


次に、ユーロ円をFXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur12_02_01_2aa


最終的に2本が円高、1本がユーロ高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur12_02_01_2a


1本が円高、2本がユーロ高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円1週間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur12_02_01_2b


3本ともに円高のユーロ円予想です。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは?

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブeur12_02_01_2


直近24時間・5分足でみた場合のパフォーマンスシミュレーションランキ
ング1位は、MACDで+141pips!

FXライブの売買シグナルを確認すると、

FXライブeur12_02_01_2


MACDは半半のユーロ円予想結果。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

また、セントラル短資のみらいチャートも検証してみると、

みらいチャート12_02_01_2eur


5分足のユーロ円予想では、3本ともに円高のユーロ円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur12_02_01_2


個人投資家のユーロ円ポジション動向は直近ではほとんど変化なし。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年2月1日夜の豪ドル円予想 ■■■


では本日最後の為替予想は豪ドル円です。

FXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud12_02_01_2b


2本が円高、1本が豪ドル高の豪ドル円予想です。

■■■ 豪ドル円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud12_02_01_2c


2本が円高、1本が豪ドル高の豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円1週間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud12_02_01_2d


1本が急激な円高、2本が若干の豪ドル高の豪ドル円予想。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは?

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブaud12_02_01_2


豪ドル円で直近24時間・5分足はボリンジャーバンドが1位で
+102pips。

同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブaud12_02_01_2


ボリンジャーバンドは75%が売りの豪ドル円予想。

また、セントラル短資のみらいチャートも検証してみると、

みらいチャート12_02_01_2aud


5分足での豪ドル予想では1本が円高、2本が豪ドル高の豪ドル円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud12_02_01_2


豪ドル円の個人投資家のポジション動向はじょじょに買いが増加。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 2月1日夜のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【本日のアジア市場】

【Overview】
1日午後のアジア・オセアニア外国為替市場で円は一時買いが強まったものの、その後失速した。中国株式市場で上海総合指数が1%超下落したことなどをながめ円買い・外貨売りが入ったほか、市場では「信託系の円買い・ユーロ売りが入った」との指摘があり円全体を押し上げた。ただ、そのあとは欧州株が堅調に推移したこともあり、次第に円売り・外貨買いが優勢に。対ドルで、オプションに絡んだ円売りが出たことも相場の重しとなった。

【ドル・円】【ユーロ・円】
ドル・円は前日の安値1ドル=76円14銭前後を下抜けて、3カ月ぶりの安値となる76円11銭前後まで下げた。ただ、市場では「76円ちょうどに設定されているバリアオプションの防戦買いが76円10銭前後に観測されている」との指摘があり、そのあとは下げ渋っている。ユーロ・円も一時1ユーロ=99円25銭前後と1月23日以来の安値と付けたものの、売り一巡後は99円台後半まで買い戻された。

【ユーロ・ドル】
市場では「昨日から月末・月初のリバランスに絡む売りが出ている」との指摘があり、軟調な展開が続いた。欧州勢が加わる時間帯に入ると、1ユーロ=1.3050ドル前後に観測されていたストップロスを誘発し、一時1.3026ドル前後まで下げ足を速めた。中国株の下落に伴うリスク回避的なユーロ売り・ドル買いも出た。ただ、欧州株が高く始まったことなどを受けて、そのあとは買い戻しが優勢に。「国際機関からのユーロ買い・ドル売りが入った」との声が聞かれ、1.30ドル台後半まで持ち直した。

⇒ ソーシャルレンディング

・日経平均株価は小幅続伸。海外株に対する日本株の出遅れ修正が進むとの見方から日本株の先高観が持続し、1月軟調だったネット関連などの内需株を中心に物色が向かった。1月中国製造部門購買担当者景気指数(PMI)が市場予想を上回り、中国の景気拡大期待が高まったことも下支え要因。半面、円がドルやユーロなどに対して高止まりしていることやギリシャ債務交換協議が難航していることなどが消費者心理を冷やしたため、上値も重かった。個別では今期の業績見通しを下方修正したリコーが6%超下落。住友重機械工業などの下げも目立った。一方で、NTTデータやファーストリテイリングは買われた。

・債券先物相場は反発。低調な米経済指標を背景に前日の米国債券相場が上昇した流れを引き継いだ。もっとも、その後は日経平均株価が底堅く推移したことが重しとなったため伸び悩み。明日に10年物国債入札を控えていることも様子見ムードを強めたようだ。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

2月1日の最新のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想をぱっと見テクニカル、FXライブ、みらいチャート、ディールスコープを駆使して徹底検証!

今晩は。もうすぐ2012年の1月も終わる時間です。

1月は色々と忙しくしていた事もあり、あまりFX取引は出来ませんでしたが
それでも、無事、100万円近くは稼ぐ事が出来ました。

2月です。

そろそろ本気モードでFXで稼いでいかなければいけません。

FXプライムのぱっと見テクニカルツール、セントラル短資のFXライブ、
同じくセントラル短資のみらいチャート、外為オンラインのディールスコープ
を駆使して、今晩もドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想を徹底検証
していきます。

 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年2月1日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 本日のマーケットコメント


■■■ 12年2月1日のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

DMMFXFX年間取引高1位!感謝キャンペーン中。
DMMFXスプレッドキャンペーン


 ⇒ DMMFXの評判

では、現在のスプレッドを見てみましょう。

更に今、元リーマンブラザーズ社員的にも心強い対応っぷりのDMMFX
DMMFX_iphone_andoroid

↑クリックするとDMMFXの公式WEBへ。

■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFXスプレッド12_02_01

 ※ スプレッド比較1位のDMMFXの取引画面からキャプチャ
 ⇒ DMMFXの評判
 ⇒ FX業者の取引画面を比較

76円28銭。1月は随分、ドル円は動きました。チャートを見ていきます。

■■■ ドル円1時間足チャート

DMMFXチャート12_02_01


1時間足でみた場合、直近で円高に進んでいる模様です。

■■■ ドル円4時間足チャート

DMMFXチャート12_02_01


4時間足で見ると、直近で円高が進行している様子がよくわかります。

新春一発目のドル円予想を伊藤忠商事のFXプライムが提供する
ぱっと見テクニカルで検証します。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは

■■■ ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd12_02_01c


4時間足で見たチャートは、2本が横ばい、1本が若干ドル高のドル円予想。

■■■ ドル円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd12_02_01d


1日足で見たチャートは、2本とも円高、1本が横ばいのドル円予想です。

■■■ ドル円1週間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd12_02_01e


1週間足で見たチャートは、3本とも円高のドル円予想。

更に、ぱっと見テクニカルで売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル12_02_01


FXシグナルランキングは、ドル円売が1位!
ドル円買はなんと対照的に最下位!
ダントツ売りが有利です。

ぱっと見テクニカルのパターン分析も検証してみると、

ぱっと見テクニカル12_02_01b


なんとこちらはドル円予想の総合評価がドル円買!
逆のドル円予想となりました。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

24時間・5分足でのランキングを検証します。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブusd12_02_01


直近24時間・5分足でみた場合のドル円のテクニカル指標パフォーマン
スランキング1位はボリンジャーバンドで47pipsの勝利を得ている
シミュレーション結果です。

また、シグナルマップをチェックすると、

FXライブusd12_02_01c


そのボリンジャーバンドは75%がドル円売の売買シグナルです。

また、この前から使用しておりますセントラル短資みらいチャート
使ってドル円を予想します!

みらいチャート12_02_01usd


みらいチャートのドル円予想結果は1本がドル高、2本が横ばいのドル円予想
結果です。

ドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd12_02_01b


ただ、個人投資家のドル円ポジション動向は、ぱっと見テクニカルの予想結果
に反してドル高反発を狙っているのか、直近でドル円買いが綺麗に増加して
おります。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年2月1日のユーロ円予想 ■■■


次に、ユーロ円をFXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur12_02_01aa


1本が円高、2本がユーロ高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur12_02_01a


1本が円高、1本がユーロ高、1本が横ばいのユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円1週間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur12_02_01b


3本ともに円高のユーロ円予想です。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは?

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブeur12_02_01


直近24時間・5分足でみた場合のパフォーマンスシミュレーションランキ
ング1位は、移動平均で+24pipsの勝利。

FXライブの売買シグナルを確認すると、

FXライブeur12_02_01


移動平均は75%がユーロ円売のユーロ円予想結果。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

また、セントラル短資のみらいチャートも検証してみると、

みらいチャート12_02_01eur


5分足のユーロ円予想では、2本がユーロ高、1本が円高のユーロ円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur12_02_01


個人投資家のユーロ円ポジション動向は若干ですが、売りが増加。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年2月1日の豪ドル円予想 ■■■


では本日最後の為替予想は豪ドル円です。

FXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud12_02_01b


2本が円高、1本が豪ドル高の豪ドル円予想です。

■■■ 豪ドル円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud12_02_01c


2本が円高、1本が豪ドル高の豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円1週間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud12_02_01d


1本が急激な円高、2本が若干の豪ドル高の豪ドル円予想。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは?

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブaud12_02_01


豪ドル円で直近24時間・5分足はDMIが1位で+78pips。

同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブaud12_02_01


DMIは買いと売りが半半の豪ドル円予想。

また、セントラル短資のみらいチャートも検証してみると、

みらいチャート12_02_01aud


5分足での豪ドル予想では3本とも円高の豪ドル円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud12_02_01


豪ドル円の個人投資家のポジション動向はじょじょに買いが増加。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 2月1日のマーケットコメント ■■■


では、本日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【本日の欧州市場】

【Overview】
・31日の欧州外国為替市場で円は軟調。31日の欧州株や時間外の米株価指数先物の上昇を受けて投資家のリスク志向が戻り、円売り・外貨買いが出た。資源国通貨に対しては、時間外のWTI原油先物相場の上昇が円売りを促した。その後、欧州株や時間外の米株価指数先物は上昇が一服したため、円売りの勢いは弱まり下げ止まった。

【ドル・円】
・ドル・円は22時過ぎに1ドル=76円42銭前後まで上昇。

【ユーロ・円】
・ユーロ・円は20時過ぎに1ユーロ=100円88銭前後まで上げた。

【ユーロ・ドル】
・一進一退。株高を背景に対資源国通貨でドル売りが強まった流れに沿った。1月独雇用統計が予想より強い内容となったことも支えとなった。18時過ぎに1ユーロ=1.3213ドル前後まで上げた。
・ノボトニー・オーストリア中銀総裁が「ギリシャがユーロ圏に残るかどうか確信できない」と発言したことが売りを誘い1.3159−62ドルまで下押しした後、株式相場が上げ幅を広げたことを受けた買いで1.32ドル台を回復したものの、株式相場の上昇が一服しており上値が重くなっている。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
 東大式FX攻略法

みんなのFX

元リーマン社員限定タイアップ企画

FXプライム[直トレFX]

アイネットFX
元LB社員が取引に使うFX業者
SBIFXTRADE評判  ドル円0.27銭SBIFXトレード
豪ドル円0.99/ユロ円0.69/ポン円1.19
1$から取引可/スプレッド4桁表示
住信SBIネット銀行50%出資のSBIG

GMOクリック証券FX評判  株も売買可GMOクリック証券
米ドル/円0.3銭原則固定
YAHOO出資企業/資産2000億円
8万人使用iClickFXNEO/FXroid
最新キャッシュバック特集
カテゴリー別の記事
livedoor プロフィール
免責事項
当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び私に関係する全ての方は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。

外為どっとコム
DMM FXは初心者向け
ドル円予想に使うFXツール
FXツール FXプライム byGMOのぱっと見テクニカル

過去12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想する機能
ぱっと見テクニカルツールa
⇒ ぱっと見テクニカルの評判評価
ドル円スプレッド比較
原則固定
(例外あり)
FX業者名
0.3銭  外為どっとコム
0.3銭 GMOクリック証券評判 GMOクリック証券
0.3銭 YJFX評判 YJFX!
0.3銭原則固定 DMMFX評判 DMMFX
0.4銭 みんなのFX評判 みんなのFX
0.6銭原則固定 FXプライム評判 FXプライム byGMO
0.7-1.0銭 アイネットFX評判 アイネット証券
0.9銭 ライブスター証券
株もFXも GMOクリック評判 GMOクリック証券
カブドットコム評判 カブドットコム証券

元リーマン社員がメディア掲載
元リーマンブラザーズ社員が取材①元リーマンブラザーズ社員が取材②
雑誌「BIG TOMORROW」5月号で取材受けて記事になりました。
⇒ 現在4.5万人超フォロワー!
元気の源!為替ブログランキング
皆様のクリックが・・・
元リーマン社員を救います!!


人気ブログランキング
最高、17位でファイト!

為替ブログ村
為替日記は、最高8位!
くりっく365のFX業者比較
  • ライブドアブログ