元リーマン社員がFXツールでドル円予想

リーマンブラザーズに勤務した経験からビリオネアになる最短の方法はトレードしかないと確信し、トレードの中でも。最も少額で始められて、かつ、最もレバレッジが高くできるFXで財を成す事を決意しました。現在、ドル円をFXツールを駆使して予想し、その結果から売買するシステムトレードちっくな手法で売買を行い、まずは、ミリオネアへの道を目指しております。FXツールはFXプライム byGMOのぱっと見テクニカルを使っております。

 
 売買レート・チャート・リアルタイム売買比率表示ツールはみんなのFXより
0.3銭原則固定(例外あり)  外為どっとコム
0.3銭原則固定  GMOクリック証券
 FXトレーディングS
 YJFX!
 DMMFX
0.6銭原則固定  FXプライム byGMO
0.9銭原則固定  ライブスター証券
0.7〜1銭  アイネット証券
オススメ  ひまわり証券

2012年01月

DMM FX

来週1週間のドル円ユーロ円豪ドル円をFXライブとみらいチャート、ディールスコープで徹底予測!

おはようございます!

ここの所、極寒が続く六本木ですが、懐はあったかい。今週後半はFXのツール
を駆使して随分稼がせてもらいました。

来週も稼げるようセントラル短資のFXライブ、みらいチャートと、
外為オンラインのディールスコープを駆使して、ドル円予想、ユーロ円予想
豪ドル円予想を行っていきます。

 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年1月21日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 20日のマーケットコメント


■■■ 12年1月21日のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

DMMFXFX年間取引高1位!感謝キャンペーン中。
DMMFXスプレッドキャンペーン


 ⇒ DMMFXの評判

では、現在のスプレッドを見てみましょう。

更に今、元リーマンブラザーズ社員的にも心強い対応っぷりのDMMFX
DMMFX_iphone_andoroid

↑クリックするとDMMFXの公式WEBへ。

■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFXスプレッド12_01_21

 ※ スプレッド比較1位のDMMFXの取引画面からキャプチャ
 ⇒ DMMFXの評判
 ⇒ FX業者の取引画面を比較

76円99銭。2日前から、10銭程度、ドル高に戻した程度。
チャートを見ていきます。

■■■ ドル円1時間足チャート

DMMFXチャート12_01_21


直近でドル高に急激にあがった後、円高へ。

■■■ ドル円4時間足チャート

DMMFXチャート12_01_21


動いていないようにみえて、チャートをみると、かなり動いております。

■■■ ドル円1日足チャート

DMMFXチャート12_01_21b


1日足で見ると、直近、動きはくすぶっております。

では、ドル円予想をセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

今週1週間で1時間足でのランキングを検証します。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブusd12_01_21


直近1週間・1時間足でみた場合のテクニカル指標パフォーマンスランキング
1位はRSIで2回の取引で+80pipsという結果。

シグナルマップを見てみると・・・

FXライブusd12_01_21c


RSIは50%がドル円買、50%がドル円売の売買シグナルです。

また、この前から使用しておりますセントラル短資みらいチャート
使ってドル円を予想します!

みらいチャート12_01_21usd


1時間足での予想は2本が円高、1本がドル高の予想となっております。

ドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd12_01_21b


個人投資家のドル円ポジション動向は直近で買いが減少して、売りが増加して
おりましたが、反発中です。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年1月21日のユーロ円予想 ■■■


次に、ユーロ円をセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブeur12_01_21


直近1週間・1時間足でみた場合のパフォーマンスシミュレーションランキ
ング1位は、移動平均で+271pipsの勝利。

FXライブの売買シグナルを確認すると、

FXライブeur12_01_21


移動平均は75%がユーロ円売のユーロ円予想結果。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

また、セントラル短資のみらいチャートも検証してみると、

みらいチャート12_01_21eur


結局3本ともに横ばいのユーロ円予想となっております。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur12_01_21


個人投資家のユーロ円ポジション動向は売りが急増しております。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年1月21日の豪ドル円予想 ■■■


では本日最後の為替予想は豪ドル円です。

セントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブaud12_01_21


豪ドル円で直近1週間・1時間足ではストキャスティクスで+65pips
の結果。

同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブaud12_01_21


ストキャスティクスは50%が豪ドル円買いの豪ドル円予想。

また、セントラル短資のみらいチャートも検証してみると、

みらいチャート12_01_21aud


1時間足での豪ドル予想では1本が円高、2本が豪ドル高の豪ドル円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud12_01_21


豪ドル円の個人投資家のポジション動向は横ばい。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 20日のマーケットコメント ■■■


では、20日のマーケットコメントをDMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【20日のNY市場】

・ ユーロドルは4営業日ぶりに反落。欧州債務危機への懸念が和らぐなか一時1.29866ドルと4日以来の高値を付けたものの、そのあとは「ロシア勢からの売りが出た」「米系ネームのユーロ売りが持ち込まれた」との声が聞かれ、一転売りが優勢となった。ポルトガルの10年物国債利回りがユーロ導入来最高水準を付けたことなどが相場の重しとなり、一時1.2887ドルまで値を下げた。もっとも、市場では「ギリシャ債務再編をめぐる協議の行方を見定めたい」との指摘があり、一方向に値が振れることはなかった。ニューヨーク市場では、ポンドやオセアニア通貨に対してドル安が進んだ影響を受け、1.29ドル台半ばまで値を戻す場面があった。市場関係者からは「1.28ドル台後半には買い注文が観測されている」との声も聞かれた。なお、ポンドドルは一時1.5579ドルまで急伸したほか、豪ドル米ドルは一時1.0489米ドル、NZドル米ドルは0.8064米ドルまで上昇した。

・ドル円は反落。欧州通貨やオセアニア通貨絡みの取引が中心となり、しばらくは77円台前半での小動きが続いた。ただ、ポンドやオセアニア通貨に対してドル売りが強まると、対円でもドル売りが出て一時76.915円まで値を下げた。

・ユーロ円は4日ぶりに反落。欧州市場序盤に一時昨年12月30日以来の高値となる100.33円まで値を上げたものの、欧州株の失速などをながめ次第に円買い・ユーロ売りが強まった。ユーロドルの下落につれた売りも出て一時99.45円まで値を下げた。そのあとはギリシャと国際金融協会(IIF)の債務交換に向けた交渉の行方を見極めたいとの雰囲気が広がり、徐々に値動きが小さくなった。

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は4日続伸。昨年7月21日以来、約半年ぶりの高値を付けた。欧州債務危機への懸念が和らぐなか、良好な四半期決算を発表したIBMやマイクロソフト、インテルが買われ指数を押し上げた。市場では「発表が本格化している米企業の決算が改善するとの期待から買いが優勢となった」との指摘があった。なお、IBMは4.43%、マイクロソフトは5.65%、インテルは2.93%の上昇となった。一方、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は4日ぶりに小反落した。

・米国債券相場で長期ゾーンは3日続落。ギリシャの債務スワップ協議が合意に近づいているとの期待から、欧州債務危機に対する過度の懸念が後退。安全資産とされる米国債に売りが出た。来週予定されている2年、5年、7年物国債の入札を前に、需給悪化を警戒した売りも出た。

・原油先物相場は3日続落。1月HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)が低調な結果となり、エネルギー需要に対する悲観的な見方が広がった。また、対ユーロでドルの買い戻しが進み、ドル建てで決済される原油相場に割高感が生じたことも相場の重しに。フロアー取引では一時97.91ドルまで下落し、終値ベースでも昨年12月20日以来、約1カ月ぶりの安値水準で終了した。

・金先物相場は反発。時間外取引で1645.2ドルまで値を下げる場面があったが、1650ドル割れ水準では押し目買い意欲も根強く、売り一巡後は次第に買い戻しが優勢となった。また、市場では「旧正月の連休を前に中国などが現物の金買いを拡大した結果、先物相場が支えられた面もある」との指摘があった。終値としては昨年12月12日以来の高値水準となった。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

木曜早朝のドル円予想ユーロ円予想豪ドル円予想 by ぱっと見テクニカル FXライブ ディールスコープ みらいチャート

今晩は。早速、妻の手料理で太りつつある元リーマンブラザーズ社員です。

しかし、それも、FXで稼がなければ、一夜の夢と終わります。

今夜もFX業者の無料ツールを徹底駆使してドル円予想、ユーロ円予想、
豪ドル円予想を検証していきます。

■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル
・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 12年1月19日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 18日のマーケットコメント


■■■ 12年1月19日のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

DMMFXFX年間取引高1位!感謝キャンペーン中。
DMMFXスプレッドキャンペーン


 ⇒ DMMFXの評判

では、現在のスプレッドを見てみましょう。

更に今、元リーマンブラザーズ社員的にも心強い対応っぷりのDMMFX
DMMFX_iphone_andoroid

↑クリックするとDMMFXの公式WEBへ。

■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFXスプレッド12_01_19

 ※ スプレッド比較1位のDMMFXの取引画面からキャプチャ
 ⇒ DMMFXの評判
 ⇒ FX業者の取引画面を比較

76円83銭。昨晩からは変化ありません。

ではチャートを見ていきます。

■■■ ドル円4時間足チャート

DMMFXチャート12_01_19


円高へいっております。

■■■ ドル円1日足チャート

DMMFXチャート12_01_19b


1日足で見ると、直近、動きはくすぶっております。

新春一発目のドル円予想を伊藤忠商事のFXプライムが提供する
ぱっと見テクニカルで検証します。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd12_01_19c


10分足で見たチャートは、2本が円高、1本がドル高のチャート。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd12_01_19d


1時間足で見たチャートは、3本ともドル高。

■■■ ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd12_01_19e


4時間足で見たチャートは、2本がドル高、1本が円高。

更に、ぱっと見テクニカルで売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル12_01_19


FXシグナルランキングは、ドル円売が1位で買が13位。
ダントツ売りが有利です。

ぱっと見テクニカルのパターン分析も検証してみると、

ぱっと見テクニカル12_01_19b


ドル円は圏外。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

新春一発目だけに1年間・時間足と5年間・日足のランキングを検証。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブusd12_01_19


直近24時間・1時間足でみた場合のテクニカル指標パフォーマンスランキング
1位はストキャスティクスで2回の取引で+11pipsという結果。

シグナルマップを見てみると・・・

FXライブusd12_01_19c


そのストキャスティクスは75%ドル円買の売買シグナルです。

また、この前から使用しておりますセントラル短資みらいチャート
使ってドル円を予想します!

みらいチャート12_01_19usd


なんと、ぱっと見テクニカルと同様、3本とも円高予想。

ドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd12_01_19b


個人投資家のドル円ポジション動向は直近で買いが減少して、売りが増加して
おります。円高予想ですね。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年1月19日のユーロ円予想 ■■■


次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur12_01_19aa


2本が円高、1本がユーロ高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur12_01_19a


2本が円高、1本が横ばいのユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur12_01_19b


2本がユーロ高、1本が円高のユーロ円予想です。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは?

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブeur12_01_19


直近24時間・1時間足でみた場合のパフォーマンスシミュレーションランキ
ング1位は、ストキャスティクスで+48pipsの勝利。

FXライブの売買シグナルを確認すると、

FXライブeur12_01_19


ストキャスティクスは75%がユーロ円買のユーロ円予想結果。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

また、セントラル短資のみらいチャートも検証してみると、

みらいチャート12_01_19eur


1時間足のユーロ円予想では、2本が横ばい、1本が円高のユーロ円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur12_01_19


個人投資家のユーロ円ポジション動向は売りが急増しております。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 12年1月19日の豪ドル円予想 ■■■


では本日最後の為替予想は豪ドル円です。

FXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud12_01_19b


1本が円高、1本が豪ドル高、1本が横ばいの豪ドル円予想です。

■■■ 豪ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud12_01_19c


2本が豪ドル高、1本が円高の豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud12_01_19d


3本ともに円高の豪ドル円予想。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは?

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブaud12_01_19


豪ドル円で直近24時間・1時間足では全てマイナスのパフォーマンス。

同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブaud12_01_19


総合判断は75%が豪ドル円買いの豪ドル円予想。

また、セントラル短資のみらいチャートも検証してみると、

みらいチャート12_01_19aud


1時間足での豪ドル予想では2本が円高、1本が豪ドル高の豪ドル円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud12_01_19


豪ドル円の個人投資家のポジション動向は横ばい。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 18日のマーケットコメント ■■■


では、18日のマーケットコメントを
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【18日の欧州市場】

【Overview】

・18日の欧州外国為替市場で円は上値が重い。格付け会社フィッチがイタリアの2段階格下げの可能性を示したことから、対ユーロ中心に円買いが先行した。ただ、国際通貨基金(IMF)が融資向け原資を1兆ドル拡大することを提案しているとの報道を受け、一転円売り・ユーロ買いが強まった。その後、IMFの融資能力拡大の修正報道で再び円買い・ユーロ売りが入る場面もあったが、反応は一時的だった。

【ドル・円】【ユーロ・円】

・ドル・円は下値が堅い。アジア時間に一時1ドル=76円66銭前後まで値を下げたものの、そのあとは徐々に下値を切り上げた。ユーロ・円などクロス円の上昇につれた円売り・ドル買いが出た。ユーロ・円は底堅い動き。フィッチの見解を受けて一時1ユーロ=97円70銭前後まで下げたものの、IMFの融資能力拡大観測を手掛かりに一時98円63銭前後まで上げた。

【ユーロ・ドル】

・フィッチがイタリアの格付けについて2段階引き下げる可能性を示唆したことで一時1ユーロ=1.27345ドル前後まで値を下げたものの、市場では「アジア中銀の買いが入った」「中東勢から断続的に買いが入った」との指摘が聞かれ切り返した。IMFの融資能力拡大に絡んだ観測記事が伝わると、欧州債務問題に進展が見られることを期待してユーロ買いが加速。22時30分過ぎに一時1.2846ドル前後まで上値を伸ばした。

【18日の米国株式市場】

・18日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は上げ幅を拡大。1時10分時点では前日比64.45ドル高の12546.52ドルで推移している。また、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同23.55ポイント高の2751.63で推移している。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
 東大式FX攻略法

みんなのFX

元リーマン社員限定タイアップ企画

FXプライム[直トレFX]

アイネットFX
元LB社員が取引に使うFX業者
SBIFXTRADE評判  ドル円0.27銭SBIFXトレード
豪ドル円0.99/ユロ円0.69/ポン円1.19
1$から取引可/スプレッド4桁表示
住信SBIネット銀行50%出資のSBIG

GMOクリック証券FX評判  株も売買可GMOクリック証券
米ドル/円0.3銭原則固定
YAHOO出資企業/資産2000億円
8万人使用iClickFXNEO/FXroid
最新キャッシュバック特集
カテゴリー別の記事
livedoor プロフィール
免責事項
当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び私に関係する全ての方は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。

外為どっとコム
DMM FXは初心者向け
ドル円予想に使うFXツール
FXツール FXプライム byGMOのぱっと見テクニカル

過去12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想する機能
ぱっと見テクニカルツールa
⇒ ぱっと見テクニカルの評判評価
ドル円スプレッド比較
原則固定
(例外あり)
FX業者名
0.3銭  外為どっとコム
0.3銭 GMOクリック証券評判 GMOクリック証券
0.3銭 YJFX評判 YJFX!
0.3銭原則固定 DMMFX評判 DMMFX
0.4銭 みんなのFX評判 みんなのFX
0.6銭原則固定 FXプライム評判 FXプライム byGMO
0.7-1.0銭 アイネットFX評判 アイネット証券
0.9銭 ライブスター証券
株もFXも GMOクリック評判 GMOクリック証券
カブドットコム評判 カブドットコム証券

元リーマン社員がメディア掲載
元リーマンブラザーズ社員が取材①元リーマンブラザーズ社員が取材②
雑誌「BIG TOMORROW」5月号で取材受けて記事になりました。
⇒ 現在4.5万人超フォロワー!
元気の源!為替ブログランキング
皆様のクリックが・・・
元リーマン社員を救います!!


人気ブログランキング
最高、17位でファイト!

為替ブログ村
為替日記は、最高8位!
くりっく365のFX業者比較
  • ライブドアブログ