元リーマン社員がFXツールでドル円予想

リーマンブラザーズに勤務した経験からビリオネアになる最短の方法はトレードしかないと確信し、トレードの中でも。最も少額で始められて、かつ、最もレバレッジが高くできるFXで財を成す事を決意しました。現在、ドル円をFXツールを駆使して予想し、その結果から売買するシステムトレードちっくな手法で売買を行い、まずは、ミリオネアへの道を目指しております。FXツールはFXプライム byGMOのぱっと見テクニカルを使っております。

 
 売買レート・チャート・リアルタイム売買比率表示ツールはみんなのFXより
0.3銭原則固定(例外あり)  外為どっとコム
0.3銭原則固定  GMOクリック証券
 FXトレーディングS
 YJFX!
 DMMFX
0.6銭原則固定  FXプライム byGMO
0.9銭原則固定  ライブスター証券
0.7〜1銭  アイネット証券
オススメ  ひまわり証券

2011年11月

DMM FX

水曜日昼のFXツール予測結果を大公開。ドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想。

こんににちは。水曜日の六本木です。
今日は少し寒さが和らいだ感があります。

しかし、世間は師走。金が入用なのは間違いありません。一発、FXで100万円
稼いで年末を楽しく乗り切りたいものです。

その願いをかなえるべく、今日も元リーマン社員はFX業者の無料ツールを駆使
して、ドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想を行っていきます。

■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル
・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

■■■ 11年11月30日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 30日午前のアジア・オセアニア外国為替市場・29日のNY市場


ドル円から予想していきます。

■■■ 11年11月30日のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

DMMFXは新キャンペーンを開始!

DMMFXスプレッドキャンペーン


■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFX11_11_30

↑クリックすると拡大します。

 ⇒ FX業者の取引画面を比較

77円93銭。ドル高基調です。
チャートをチェックしてみると・・・

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート11_11_30a

* DMMFXからチャートを抜粋。

昨日の午後は円高に戻したものの、夜から朝にかけてはドル高です。

■■■ ドル円1時間チャート

DMMFXチャート11_11_30b


1時間足でみれば、直近、ドル高トレンドが続いていることがわかります。

では大手商社の伊藤忠系列のFXプライムのぱっと見テクニカルで、
今後のドル円を徹底予想します。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd11_11_30a


1本がドル高、2本が横ばいのドル円予想です。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd11_11_30b


1本が円高、2本がドル高のドル円予想です。

■■■ ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd11_11_30c


2本がドル高、1本が円高のドル円予想です。

売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル11_11_30


ドル円売りは7位から首位へランクアップ!
ドル円買いは最下位から12位へ若干ランクアップ。

これは、ドル円売りが強いシグナル展開となっております。

では、パターン分析も検証してみると・・・

ぱっと見テクニカル11_11_30b


ドル円は総合評価では圏外ですが、1時間と20分足でシグナルが発生し
ております。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

直近24時間について5分足でのランキングを検証してまいります。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブusd11_11_30


直近24時間・5分足のパフォーマンス1位はボリンジャーバンドで
+21pips。

では、売買シグナルをFXライブで検証すると、

FXライブusd11_11_30a


ボリンジャーバンドはALL100%がドル円買いの予想。

また、この前から使用しておりますセントラル短資みらいチャート
使ってドル円を予想します!

みらいチャート11_11_30


5分足での予想ですが、2本がドル高、1本が円高のドル円予想。

ドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd11_11_30b


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 13,573人
■ ドル円売り ・・・  7,236人


ジョジョにですが、ドル円買いが減り、売りもまた減っております。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年11月30日のユーロ円予想 ■■■


次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur11_11_30a


2本はユーロ高、1本は円高のユーロ円予想。

■■■ ユーロ円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur11_11_30b


1本は円高、1本は横ばい、1本は上に下にふったあげくユーロ高にいく
ユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur11_11_30c


2本が円高、1本が円高なもののその後ユーロ高に戻すユーロ円予想です。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは?

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブeur11_11_30


直近24時間、5分足でシミュレートした場合のトップのテクニカル指標は
ボリンジャーバンドが1位ですが、+119pipsのパフォーマンス。

FXライブの売買シグナルを確認すると、

FXライブeur11_11_30a


ボリンジャーバンドは半半のユーロ円予想結果。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

また、セントラル短資のみらいチャートも検証してみると、

みらいチャートeur11_11_30


1本が円高、2本が横ばいのユーロ円予想結果となりました。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur11_11_30


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 6,551人
■ ユーロ円売り ・・・ 3,797


個人投資家のユーロ円のポジション動向は、売りが減っております。
逆に買いが増えております。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年11月30日の豪ドル円予想 ■■■


では水曜日最後の為替予想は豪ドル円です。12月はがっつり稼げる事を
祈りましょう。
まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud11_11_30a


3本ともに豪ドル高の豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud11_11_30b


2本は豪ドル高、1本は横ばいの豪ドル円予想です。

■■■ 豪ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud11_11_30c


2本は円高、1本は横ばいの豪ドル円予想。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは?

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブaud11_11_30


豪ドル円で直近24時間・5分足で最も稼いだテクニカル指標は、
ボリンジャーバンドで+88pips。

では、同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブaud11_11_30a


ボリンジャーバンドは75%が豪ドル円売りの予想。

また、セントラル短資のみらいチャートも検証してみると、

みらいチャートaud11_11_30


2本が豪ドル高、1本が円高の豪ドル円結果です。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud11_11_30a


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 10,755人
■ 豪ドル円売り ・・・  2,987人


豪ドル円の個人投資家のポジション動向は若干買いが減少。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 30日午前のアジア・オセアニア外国為替市場・29日のNY市場 ■■■


では、30日午前のアジア・オセアニア外国為替市場・29日のNY市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【30日午前のアジア・オセアニア外国為替市場】

・30日午前のアジア・オセアニア外国為替市場で円は下値が堅い。本日は事業法人の仲値決済が集中しやすい月末の5・10日(ゴトー日)にあたり、仲値に向けて対ドルで円売りが出て、その他通貨にも円売りが波及した。しかし、仲値を通過すると徐々に下値を切り上げた。「国内輸出企業から円買い・ドル売りが入った」との指摘があり、その他通貨に対しても円の買い戻しが進んだ。時間外の米株価指数先物や30日午前の上海総合指数が下げ幅を拡大したことを受けて、リスクポジション解消目的の円買いも入っている。

【ドル・円】【ユーロ・円】
ドル・円は仲値に向けた買いで一時1ドル=78円12銭前後まで値を上げたが、仲値通過後は国内輸出企業からの売りに押し下げられた。11時過ぎに77円88銭前後まで値を下げた。ユーロ・円はドル・円相場の上昇につれて1ユーロ=104円13銭前後まで上げたものの、ドル・円の失速と共に上値を切り下げ、12時過ぎに103円80銭前後と日通し安値を付けた。

【ユーロ・ドル】
上値が重い。対円でのドル売りが支えとなり1ユーロ=1.3359ドル前後まで上げる場面があったが、時間外の米株価指数先物と上海総合指数が下げ幅を拡大するとリスク資産圧縮目的で売られ上値が切り下がった。

[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

【29日のNY市場】

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は続伸。イタリア国債の入札が堅調だったことから、欧州債務不安が和らぎ買いが優勢となった。ユーロ圏財務相会合やEU財務相理事会で、債務危機への新たな対策が示されるとの期待も相場を支えた。米大手民間調査機関のコンファレンス・ボードが発表した11月米消費者信頼感指数が予想を上回ったことが分かると、ダウ平均は一時100ドル超上昇した。もっとも、アメリカン航空とその親会社である米AMRが連邦破産法第11条の適用を申請したことなどが相場の重しとなり、引けにかけて上げ幅を縮めた。ダウ構成銘柄で値上がり率1位はホームデポ、2位はシェブロン、3位はファイザーだった。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は反落した。

・米国債券相場で長期ゾーンは3日続落。米大手民間調査機関のコンファレンス・ボードが発表した11月米消費者信頼感指数が市場予想を上回ったことを受けて、「安全資産」とされる米国債に売りが出た。ただ、ユーロ圏財務相会合で欧州債務問題への対策の協議が難航するとの警戒感が根強く、債券買いが優勢となる場面もあった。

・原油先物相場は3日続伸。イタリアの国債入札を無難に通過したことが好感され、欧州株が上昇すると投資家心理の改善を意識した原油買いが入った。また、米大手民間調査機関のコンファレンス・ボードが29日発表した11月の米消費者信頼感指数が56.0と市場予想平均の44.0程度を上回り、原油需要増加への思惑が広がったことも相場を支えた。イランの首都テヘランにある英大使館が29日、核開発問題を巡る英国の追加経済制裁に反発したデモ隊の襲撃を受け、地政学リスクの高まりによる将来の供給ひっ迫を懸念した買いが入った面もあり、一時100.15ドルまで値を伸ばした。

・金先物相場は上昇。手掛かり材料に乏しいなか、本日のユーロ圏財務相会合の結果待ちの状態となり、1715ドルを挟んで方向感のない取引が続いた。ただ、フロアー取引終了後はじり高に。ダウ平均の上昇を背景に損失補てん目的の換金売り圧力が後退するなか、WTI原油先物相場が堅調に推移したことなどが相場を支え、フロアー取引終了後には1724.1ドルまで上げた。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

火曜昼のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想。

こんにちは。
お昼の六本木から気合を入れて、ドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想
を徹底検証します。



 ⇒ みんなのFX評判口コミ

■■■ 11年11月29日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 29日の東京外国為替市場


まずはドル円予想から。

■■■ 11年11月29日のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

DMMFXは新キャンペーンを開始!

DMMFXスプレッドキャンペーン


■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFXスプレッド11_11_29_02


 ⇒ FX業者の取引画面を比較

78円19銭。朝からドル高にむかっております。チャートを確認です。

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート11_11_29_02

* DMMFXからチャートを抜粋。

綺麗にドル高トレンド継続中。欧州の経済不安が後退したことから安全資産
である円が売られる展開でしょうか?

では大手商社の伊藤忠系列のFXプライムのぱっと見テクニカルで、
今後のドル円を徹底予想します。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd11_11_29_02a


2本はドル高、1本は横ばいのドル円予想です。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd11_11_29_02b


1本がドル高、2本が円高のドル円予想です。

■■■ ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd11_11_29_02c


2本が円高、1本が微妙にドル高のドル円予想です。

売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル11_11_29_02


ドル円売りは朝と同様9位。
また、ドル円買いは11位から5位にランクアップ。
ここにきて、ドル円買いのシグナルが強くたっている状態です。

では、パターン分析も検証してみると・・・

ぱっと見テクニカル11_11_29_02b


ドル円は総合評価で圏外で、月足で売りシグナル、8時間足で買いの
シグナルが発生中。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

直近24時間について5分足でのランキングを検証してまいります。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブusd11_11_29_02


直近24時間・5分足のパフォーマンス1位は移動平均で
+28pips。

では、売買シグナルをFXライブで検証すると、

FXライブusd11_11_29_02a


移動平均は75%がドル円買いの予想。

また、この前から使用しておりますセントラル短資みらいチャート
使ってドル円を予想します!

みらいチャート11_11_29_02


5分足での予想ですが、2本がドル高、1本が横ばいのドル円予想。

ドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd11_11_29_02b


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 13,017人
■ ドル円売り ・・・  7,989人


1時間足でみた個人投資家のドル円のポジション動向ですが、
直近では動きなし。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年11月29日のユーロ円予想 ■■■


次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur11_11_29_02a


3本とも円高のユーロ円予想。

■■■ ユーロ円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur11_11_29_02b


1本はジョジョに円高、1本はユーロ高、1本は横ばいのユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur11_11_29_02c


2本は円高、1本はユーロ高のユーロ円予想です。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは?

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブeur11_11_29_02


直近24時間、5分足でシミュレートした場合のトップのテクニカル指標は
DMIが1位で+85pipsのパフォーマンス。

FXライブの売買シグナルを確認すると、

FXライブeur11_11_29_02a


DMIは75%がユーロ円買のユーロ円予想結果。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

また、セントラル短資のみらいチャートも検証してみると、

みらいチャートeur11_11_29_02


3本とも横ばいのユーロ円予想結果。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur11_11_29_02


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 6,287人
■ ユーロ円売り ・・・ 4,180人


 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年11月29日の豪ドル円予想 ■■■


では火曜日お昼の為替予想最後は豪ドル円です。
まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud11_11_29_02a


2本は円高、1本は横ばいの豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud11_11_29_02b


1本は円高、1本は横ばい、1本は豪ドル高の豪ドル円予想です。

■■■ 豪ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud11_11_29_02c


1本は豪ドル高、2本は横ばいの豪ドル円予想。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは?

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブaud11_11_29_02


豪ドル円で直近24時間・5分足で最も稼いだテクニカル指標は、
移動平均で+176pips。

では、同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブaud11_11_29_02a


移動平均は75%が豪ドル円売りの予想。

また、セントラル短資のみらいチャートも検証してみると、

みらいチャートaud11_11_29_02


3本ともに横ばいの豪ドル円結果です。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud11_11_29_02a


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 11,224人
■ 豪ドル円売り ・・・  2,695人


 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 29日の東京外国為替市場 ■■■


では、29日の東京外国為替市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【29日の東京外国為替市場】

・29日の東京外国為替市場でユーロドルは強含み。12時時点では1.3315−20ドルとニューヨーク市場の終値(1.3318ドル)とほぼ同水準だった。1.3280ドル台での底堅さを確認すると、10時過ぎに1.3320ドル台まで下値を切り上げた。もっとも、日経平均株価などアジア株式相場が全般に伸び悩んだほか、時間外の米株価指数先物がさえない動きとなったため、投資家のリスク志向改善を意識した買いは続かず、上値も限られた。

・ドル円は上値が重い。12時時点では78.15−20円とニューヨーク市場の終値(77.95円)と比べて20銭程度のドル高水準だった。10時過ぎには一時78.29円まで値を上げたものの、78.50円より上に並んでいる売り注文が意識されると上値を押さえられた。なお、安住淳財務相は「為替の適正な水準確保へ努力していきたい」と発言したが、目立った反応は見られなかった。

[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

・ユーロ円は12時時点では104.06−11円とニューヨーク市場の終値(103.81円)と比べて25銭程度のユーロ高水準だった。10時過ぎに104.178円まで値を上げたが、ドル円やユーロドルが上昇一服となったことに伴い、一巡後は104円台前半で伸び悩む場面が目立った。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

火曜朝4時のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想 by FX業者無料ツール類

こんばんわ。いやおはようございますでしょうか?
随分変な時間に目が覚めてしまった元リーマンブラザーズ社員です。

・・・いまだに10年つきあった前の女が夢に出てきてしまい、くそ〜って
感じです。いつか、億万長者になったら、復縁サービスでも利用して、
いくらでも復縁してやるっていう強い気持ちを胸に今日もFXで
億万長者を目指します。

では、火曜超早朝のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想をFX業者の
無料ツールを駆使して、徹底検証してまいります。



 ⇒ みんなのFX評判口コミ

■■■ 11年11月29日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 28日のヨーロッパ市場


まずはドル円予想から。

■■■ 11年11月29日のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

DMMFXは新キャンペーンを開始!

DMMFXスプレッドキャンペーン


■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFX11_11_29

↑クリックすると拡大します。

 ⇒ FX業者の取引画面を比較

77円66銭。ジョジョにドル高に戻している相場。
月曜市場のチャートを確認です。

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート11_11_29

* DMMFXからチャートを抜粋。

あいかわらずドル高トレンド継続中のチャート。

■■■ ドル円1時間チャート

DMMFXチャート11_11_29b


それは1時間足でみても、同様です。

■■■ ドル円4時間足チャート

DMMFXチャート11_11_29c


4時間足でも、いい感じに直近ドル高にいきつつあるチャート。

では大手商社の伊藤忠系列のFXプライムのぱっと見テクニカルで、
今後のドル円を徹底予想します。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd11_11_29a


3本ともに横ばいのドル円予想です。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd11_11_29b


1本がドル高、2本が円高のドル円予想です。

■■■ ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd11_11_29c


3本ともに円高のドル円予想です。

売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル11_11_29


ドル円売りは3位から9位にランクダウン。
また、ドル円買いは8位から11位にランクダウン。
ドル円売買ともにどちらも、動きに乏しいランキングです。

では、パターン分析も検証してみると・・・

ぱっと見テクニカル11_11_29b


ドル円は総合評価で圏外ですが、月足で売りシグナル、2時間足で買いの
シグナルが発生中。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

直近24時間について5分足でのランキングを検証してまいります。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブusd11_11_29


直近24時間・5分足のパフォーマンス1位はDMIで
+43pips。

では、売買シグナルをFXライブで検証すると、

FXライブusd11_11_29a


DMIは75%がドル円買いの予想。

また、この前から使用しておりますセントラル短資みらいチャート
使ってドル円を予想します!

みらいチャート11_11_29


5分足での予想ですが、連続で、3本ともほぼ横ばいのドル円予想。

ドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd11_11_29b


8時間足でみた個人投資家のドル円のポジション動向ですが、
ドル円売りが増えて、買いが減っております。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年11月29日のユーロ円予想 ■■■


次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur11_11_29a


3本とも横ばいのユーロ円予想。

■■■ ユーロ円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur11_11_29b


1本はジョジョにユーロ高、2本は円高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur11_11_29c


2本は円高、1本はユーロ高のユーロ円予想です。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは?

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブeur11_11_29


直近24時間、5分足でシミュレートした場合のトップのテクニカル指標は
DMIが1位で+152pipsのパフォーマンス。

FXライブの売買シグナルを確認すると、

FXライブeur11_11_29a


DMIは半半のユーロ円予想結果。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

また、セントラル短資のみらいチャートも検証してみると、

みらいチャートeur11_11_29


3本とも横ばいのユーロ円予想結果。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur11_11_29


個人投資家のユーロ円のポジション動向は、買いが急減し、売りが急増中。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年11月29日の豪ドル円予想 ■■■


では火曜日早朝の為替予想最後は豪ドル円です。
まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud11_11_29a


1本は円高、1本は横ばい、1本は豪ドル高の豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud11_11_29b


1本は円高、2本は横ばいの豪ドル円予想です。

■■■ 豪ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud11_11_29c


1本は若干円高、2本は若干豪ドル高の豪ドル円予想。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは?

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブaud11_11_29


豪ドル円で直近24時間・5分足で最も稼いだテクニカル指標は、
ストキャスティクスで+150pips。

では、同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブaud11_11_29a


ストキャスティクスは半分が豪ドル円買いの予想。
総合判断も半半の予想です。

また、セントラル短資のみらいチャートも検証してみると、

みらいチャートaud11_11_29


2本が豪ドル高、1本が円高の豪ドル円結果です。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud11_11_29a


豪ドル円の個人投資家のポジション動向は買いが増加していたのが
直近で減少。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 28日のヨーロッパ市場 ■■■


では、28日のヨーロッパ市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【28日のヨーロッパ市場】

・ドル円は堅調。前週末の高値77.795円を上抜けて目先のストップロスを巻き込むと、一時4日以来の高値となる78.24円まで上値を伸ばした。足もとで世界的にドル資金の需要が高まるなか、欧米株価の上昇をながめ円売り・ドル買いが優勢となった。市場では「ロンドン16時(日本時間1時)のフィキシングに向けたドル買いが入ったのではないか」との指摘があった。

・ユーロドルは頭が重かった。「国際通貨基金(IMF)がイタリア支援を準備している」とのイタリア地元紙の報道を手掛かりにユーロ買い・ドル売りが進み、一時1.3399ドルまで上昇したもののその後失速した。欧州の財政問題への警戒感が根強いなか、市場では「10月仏失業者数が1999年12月以来の高水準となったことがユーロ売りを誘った」との声が聞かれた。ラガルドIMF専務理事が「IMFはイタリアやスペインからユーロ圏債務危機の深刻化を回避するためのいかなる金融支援要請も受けていない」と発言したことも相場の重しとなった。一時1.3306−09ドルまで下押しした。

・ユーロ円は買いが先行。29日に開かれるユーロ圏財務相会合で欧州債務危機への追加対策が協議されるとの期待が高まり、欧州株価が大幅に上昇。投資家のリスク志向が改善するとの見方から円売り・ユーロ買いが優勢となった。一時15日以来の高値となる104.528円まで値を上げた。ただ、そのあとはユーロドルの失速が重しとなり、103円台後半まで上値を切り下げた。

[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

・ロンドン株式相場は大幅に続伸。29日に開かれるユーロ圏財務相会合で欧州債務危機への追加対策が協議されるとの期待が高まり、買いが優勢となった。HSBCやスタンダード・チャータード銀行など金融株の上げが目立ったほか、リオ・ティントやBHPビリトンなど素材株に買いが集まった。

・フランクフルト株式相場は大幅に続伸。29日のユーロ圏財務相会合や30日の欧州連合(EU)財務相理事会を前に、債務危機への追加対策が示されるとの観測が強まると買いが優勢となった。個別では、ダイムラー(7.89%高)やアリアンツ(7.37%高)、ドイツ銀行(7.20%高)などの上げが目立った。全30銘柄中、フレゼニウス(0.54%安)を除く29銘柄が上昇して引けた。

・欧州債券相場は下落。欧州信用不安の緩和を受け、ドイツ国債に売りが出た。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

月曜日最新のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想結果。by FX業者の無料ツール

こんにちは。今日はどんより曇った六本木の午前中です。
先週末くらいからいよいよ本格的に寒くなってきました。
そして、私の人生も遂に終局。人生の終盤で、懐が寒くならないよう
今からガッツリマネーを稼ぐためにもFXで1億円は作りたいと常々思って
おります。

・・・しかし、ふと気がつけば、その昔同じ釜の飯を食べた同期は、皆、
独り残らず、会社員を辞めて、独立の道を突き進んでおります。

やはり、人生、どこかでリスクを取らなければ、飛翔することさえ
ままならないのかもしれません。

まともな、日本の大企業に定年まで運よく勤め上げられても、手にできる
生涯所得はせいぜい数億円。

せっかく、この世に生を授かった訳ですから、それが、人生の望みというの
もまた、世知辛いものがあります。

せめて、目指すはジェイコム男くらいといいたいものです。
では、今週も神トレーダー目指して、FX業者の無料ツールで、
今週のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想結果を掲載してまいります。



 ⇒ みんなのFX評判口コミ

■■■ 11年11月28日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 28日の東京外国為替市場


月曜日一発目はドル円予想から。

■■■ 11年11月28日のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

DMMFXは新キャンペーンを開始!

DMMFXスプレッドキャンペーン


■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFX11_11_28

↑クリックすると拡大します。

 ⇒ FX業者の取引画面を比較

77円66銭。ジョジョにドル高に戻している相場。
月曜市場のチャートを確認です。

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート11_11_28

* DMMFXからチャートを抜粋。

10分足でみるかぎり、ドル高沸騰中といったチャートです。

■■■ ドル円1時間チャート

DMMFXチャート11_11_28b


1時間足でみても、直近、ドル高トレンド。

■■■ ドル円4時間足チャート

DMMFXチャート11_11_28c


4時間足で見ても、政府介入後、円高に戻していたチャートが、
ブーメランのごとくドル高に戻しつつあります。

では大手商社の伊藤忠系列のFXプライムのぱっと見テクニカルで、
今後のドル円を徹底予想します。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd11_11_28a


1本が少し円高、2本がドル高のドル円予想です。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd11_11_28b


3本ともに円高のドル円予想です。

■■■ ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd11_11_28c


3本ともに円高ですが、結局は横ばいな感じのドル円予想です。

売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル11_11_28


ドル円売りは7位から3位にランクアップしました。
また、ドル円買いは最下位から8位に復活。
ちょっと動きが出てきたランキングです。

では、パターン分析も検証してみると・・・

ぱっと見テクニカル11_11_28b


ドル円は総合評価で売りシグナル。月足でも売りシグナルが発生。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

直近24時間について5分足でのランキングを検証してまいります。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブusd11_11_28


直近24時間・5分足のパフォーマンス1位はDMIで
+37pips。

では、売買シグナルをFXライブで検証すると、

FXライブusd11_11_28a


DMIは75%がドル円買いの予想。

また、この前から使用しておりますセントラル短資みらいチャート
使ってドル円を予想します!

みらいチャート11_11_28


5分足での予想ですが、連続で、3本ともほぼ横ばいのドル円予想。

ドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd11_11_28b


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 13,618人
■ ドル円売り ・・・  7,870人


個人投資家の動向は明らかにドル円売りが増えて、買いが減りました。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年11月28日のユーロ円予想 ■■■


次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur11_11_28a


3本とも横ばいのユーロ円予想。

■■■ ユーロ円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur11_11_28b


2本はユーロ高、1本は横ばいのユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur11_11_28c


2本はユーロ高、1本は円高のユーロ円予想です。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは?

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブeur11_11_28


直近24時間、5分足でシミュレートした場合のトップのテクニカル指標は
MACDが1位で+26pipsのパフォーマンス。

FXライブの売買シグナルを確認すると、

FXライブeur11_11_28a


MACDは75%がユーロ円売りのシグナル予想結果。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

また、セントラル短資のみらいチャートも検証してみると、

みらいチャートeur11_11_28


2本がユーロ高、1本が円高のユーロ円予想結果となりました。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur11_11_28


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 6,968人
■ ユーロ円売り ・・・ 3,361


個人投資家のユーロ円のポジション動向は、買いが減りました。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年11月28日の豪ドル円予想 ■■■


では今週最初の月曜日の為替予想ラストは豪ドル円です。
まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud11_11_28a


2本は円高、1本は横ばいの豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud11_11_28b


1本は円高、2本は豪ドル高の豪ドル円予想です。

■■■ 豪ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud11_11_28c


2本は円高、1本は横ばいの豪ドル円予想。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは?

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブaud11_11_28


豪ドル円で直近24時間・5分足で最も稼いだテクニカル指標は、
ストキャスティクスですがたったの+150pips。

では、同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブaud11_11_28a


ストキャスティクスは半分が豪ドル円買いの予想。
総合判断は75%が売りの予想です。

また、セントラル短資のみらいチャートも検証してみると、

みらいチャートaud11_11_28


1本が豪ドル高、2本が横ばいの豪ドル円結果です。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud11_11_28a


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 11,443人
■ 豪ドル円売り ・・・  2,638人


豪ドル円の個人投資家のポジション動向は若干買いが減少。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 28日の東京外国為替市場 ■■■


では、28日の東京外国為替市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【28日の東京外国為替市場】

・28日の東京外国為替市場でユーロドルは弱含み。10時時点では1.3292−97ドルとニューヨーク市場の終値(1.3238ドル)と比べて0.0054ドル程度のユーロ高水準だった。早朝取引で大幅に上昇した反動が出たほか、欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのノワイエ・フランス中銀総裁が「欧州危機は大幅に悪化している」「ユーロ相場は歴史的な基準からすると依然として高い水準にある」などと発言したことも重しとなった。9時30分過ぎには1.3279−82ドルまで値を下げた。

・ドル円は伸び悩み。10時時点では77.61−66円とニューヨーク市場の終値(77.70円)と比べて9銭程度のドル安水準だった。市場では「77.50円付近で大手国内銀行からの買いが入った」との指摘があり、9時前には77.72円まで上昇する場面があった。もっとも、仲値に向けての目立った買いは見られず、その後は77円台後半で伸び悩む展開に。前週末高値の77.795円が意識されたことも重しとなったようだ。

[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

・ユーロ円は10時時点では103.16−21円とニューヨーク市場の終値(102.85円)と比べて31銭程度のユーロ高水準だった。時間外の米株価指数先物が買い先行となったことを手掛かりに8時30分過ぎには103.45円まで上昇する場面があったが、その後は戻り売りが優勢。ユーロドルの下げにつれた面もあり、103.10円台まで押し戻された。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

最新の個人投資家の動向とニューヨーク市場の結果。

おはようございます!

ここのところ気温は低下する一方ですが、晴天に恵まれている六本木です。


 ⇒ みんなのFXの評判口コミ

それにしても、ヨーロッパの状況はすごい事になっております。
国債の入札がわれるなんてことは、なかなかショッキングな事態です。

ディールスコープeur11_11_26a


しかし、外為オンラインディールスコープ
で個人投資家の動きを調べると
ユーロ円買が増えて売りが減っております。

さすがに、これ以上の円高ユーロ安はなく、しばらくはユーロ高に反転すると
にらんでの事でしょうか?

週末の引け値をチェックすると、

DMMFX11_11_26a

スプレッド比較ランキングで1位のDMMFXより抜粋(DMMFXの評判

とドル円は随分ドル高にふれております。
ついでにチャートも見てみましょう。

DMMFX11_11_26b


DMMFX11_11_26c


DMMFX11_11_26d


DMMFX11_11_26d


1日足まで長い時間軸で見なければ明らかにドル高トレンドを描いております
。1日足的にももうちょっとはドル高に反発しそうです。が、やはり長い時間
軸で見ると円高トレンドの真っ最中の域を超えてないでしょう。

では、ユーロ円、豪ドル円の個人投資家のポジション動向についても、
外為オンラインディールスコープでチェックしておきましょう。

ディールスコープusd11_11_26d


ディールスコープaud11_11_26d



■■■ 25日のニューヨーク市場 ■■■


では、25日のニューヨーク市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【25日のニューヨーク市場】

・ユーロドルは下落。一時10月4日以来の安値となる1.32125ドルまで値を下げた。欧州債務問題が深刻化しているとの見方が広がるなか、この日実施されたイタリアの国債入札が不調だったことを受けてユーロ売り・ドル買いが優勢となった。ニューヨークの取引時間帯では、ダウ平均が一時100ドル超上昇したことなどが好感され、1.3299ドル付近まで値を戻す場面があった。1.3200ドルに観測されているオプションのバリアに絡んだ防戦買いや、週末を控えたポジション調整に伴うユーロ買いなども入った。ただ、欧州財政問題への懸念は根強く、ダウ平均が失速すると再び上値を切り下げた。米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)がベルギーを格下げしたことも相場の重しとなり、1.32ドル台前半まで押し戻された。

・ユーロスイスフランは頭が重かった。「スイス国立銀行(中央銀行、SNB)が日本時間26日1時に声明を発表する」との出所不明の噂が広がり、思惑的なユーロ買い・スイスフラン売りが優勢に。一時1.2381スイスフランまで急伸した。ただ、そのあとはSNBの声明が発表されなかったことで失望売りが強まり、1.22スイスフラン台後半まで急速に上値を切り下げた。

・ドル円は反発。欧州債務不安を背景に対ユーロ中心にドル高が進んだため、対円でもドル買いが優勢となった。23日の高値77.58円を上抜けてストップロスを誘発すると、一時10日以来の高値となる77.795円まで上値を伸ばした。市場では「世界的にドル資金の需要が高まっている」との指摘があった。なお、主要通貨に対するドルの値動きを示すドルインデックスは一時79.702と10月4日以来の高水準を付けた。

・ユーロ円は横ばい。欧州信用不安を背景としたユーロ売りが先行し、一時102.492円と10月10日以来の安値を付けたもののその後持ち直した。ドル円の上昇につれた円売り・ユーロ買いが出たほか、欧州株相場が上昇したことが買い戻しを誘い103円台前半まで値を上げた。ただ、米国株が下げたため戻りも限定的だった。

[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は4日続落。足もとで相場下落が続いたあとだけに、値ごろ感から買い戻しが先行。欧州株式相場の反発も投資家心理の改善につながり、ダウ平均は一時100ドル超上げた。ただ、欧州債務問題への懸念は根強い。欧州各国の債券相場が下落するなか、米格付け会社S&Pがベルギーを格下げしたと伝わると相場は下げに転じた。結局、10月7日以来の安値で取引を終えた。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は7日続落した。10月4日以来の安値水準。

・米国債券相場で長期ゾーンは4営業日ぶりに反落。足もとで相場上昇が続いたあとだけに、目先の利益を確定する目的の売りが優勢となった。市場では「短期的な過熱感が出ていたため、利益確定機運が高まった」との指摘があった。なお、この日は感謝祭の翌日で短縮取引だった。

・原油先物相場は反発。この日実施されたイタリアの国債入札が不調だったことを受けてユーロ売り・ドル買いが優勢となったため、ドル建てで決済される原油に割高感が生じ、時間外取引では売りが先行した。ただ、心理的節目の95.00ドルが意識されると、一転して買い戻しが優勢に。ドル買いの動きが一服したほか、ダウ平均が一時100ドル超高まで上昇し、投資家のリスク志向改善を意識した買いも入った。フロアー取引では一時97ドル台半ばまで上昇。その後はダウ平均がマイナス圏に沈んだことに伴って95ドル台後半まで上値を切り下げたが、フロアー取引後に97.55ドルまで買い戻されるなど、一進一退の動きを続けた。

・金先物相場は続落。イタリアの国債入札が不調に終わったとの見方が広がり、欧財政懸念の高まりから時間外の米株価指数先物がさえない動きとなったため、時間外取引では換金売りが優勢となった。売り一巡後は現物の米国株が買い先行となったことで1698.9ドルまで上昇したものの、節目の1700ドルが意識されると戻り売りに押される展開に。米国株がマイナス圏に沈んだことも売り材料視され、小幅安で引けた。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX
DMM FX

木曜午後3時の最新ドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想。

もうすぐ夕方になる六本木です。
今日もとても寒い一日でした。そろそろコートが必要な季節です。
そして、独り身にはとても辛いクリスマスの時期が到来します。

地獄の沙汰も金次第とはよくいったもの。
たとえ独り身だとしても、億万長者であれば、なにも怖いものなどありません。
金さえあれば、独り身だろうがなんだろうが、人はよってきます。

金を作る為にも今宵もFX業者のツールを駆使して、ドル円予想、
ユーロ円予想、豪ドル円予想を徹底検証していきます。



 ⇒ みんなのFX評判口コミ

■■■ 11年11月24日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 24日の東京市場・23日のNY市場


ではまずドル円予想からまいります。

■■■ 11年11月24日のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

DMMFXは新キャンペーンを開始!

DMMFXスプレッドキャンペーン


■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFX11_11_24

↑クリックすると拡大します。

 ⇒ FX業者の取引画面を比較

77円13銭。76円まで円高が進んだ後、ちょっとドル高に戻した感が
ありますね。

チャートをチェックしてみると・・・

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート11_11_24

* DMMFXからチャートを抜粋。

本日の朝からドル高にジリジリとあげております。

■■■ ドル円1時間チャート

DMMFXチャート11_11_24b


1時間足でみると、直近で緩やかなドル高トレンドを描いているのが
わかります。

■■■ ドル円4時間足チャート

DMMFXチャート11_11_24c


4時間足です。さすがにここまで長いチャートだと、ドル高トレンド反転
とは言いがたい。

では大手商社の伊藤忠系列のFXプライムのぱっと見テクニカルで、
今後のドル円を徹底予想します。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd11_11_24a


1本がドル高、2本が横ばいのドル円予想です。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd11_11_24b


1本が円高、2本がドル高のドル円予想です。

■■■ ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd11_11_24c


2本がドル高、1本が円高のドル円予想です。

売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル11_11_24


ドル円売りは昨日と同じ7位のランク。
ドル円買いは6位から最下位へとランクダウンです。

では、パターン分析も検証してみると・・・

ぱっと見テクニカル11_11_24b


ドル円は総合評価では圏外ですが、20分足と月足でそれぞれシグナルが
出ております。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

直近24時間について5分足でのランキングを検証してまいります。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブusd11_11_24


直近24時間・5分足のパフォーマンス1位はボリンジャーバンドで
+43pips。

では、売買シグナルをFXライブで検証すると、

FXライブusd11_11_24a


ボリンジャーバンドは75%がドル円買いの予想。

また、この前から使用しておりますセントラル短資みらいチャート
使ってドル円を予想します!

みらいチャート11_11_24


5分足での予想ですが、昨日と同じく、3本ともほぼ横ばいのドル円予想。

ドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd11_11_24b


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 14,391人
■ ドル円売り ・・・  6,334人


ドル円売りが更に減ったような・・・

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年11月24日のユーロ円予想 ■■■


次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur11_11_24a


2本は横ばい、1本はユーロ高のユーロ円予想。

■■■ ユーロ円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur11_11_24b


1本は円高、1本は横ばい、1本はユーロ高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur11_11_24c


3本ともに円高にいくユーロ円予想です。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは?

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブeur11_11_24


直近24時間、5分足でシミュレートした場合のトップのテクニカル指標は
ボリンジャーバンドが1位ですが、−10pipsのパフォーマンス。

FXライブの売買シグナルを確認すると、

FXライブeur11_11_24a


ボリンジャーバンドは半半のユーロ円予想結果。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

また、セントラル短資のみらいチャートも検証してみると、

みらいチャートeur11_11_24


2本が円高、1本がユーロ高のユーロ円予想結果となりました。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur11_11_24


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 7,553人
■ ユーロ円売り ・・・ 2,598


個人投資家のユーロ円のポジション動向は、売りが急減、買いが急増。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年11月24日の豪ドル円予想 ■■■


では木曜最後の為替予想は豪ドル円です。明日の金曜日に願いをこめて・・・
まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud11_11_24a


1本は円高、1本は豪ドル高、1本は横ばいの豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud11_11_24b


2本は円高、1本は豪ドル高の豪ドル円予想です。

■■■ 豪ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud11_11_24c


2本は円高、1本は豪ドル高の豪ドル円予想。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは?

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブaud11_11_24


豪ドル円で直近24時間・5分足で最も稼いだテクニカル指標は、
ストキャスティクスですがたったの+16pips。

では、同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブaud11_11_24a


ストキャスティクスは75%が豪ドル円買いの予想。
総合判断は75%が売りの予想です。

また、セントラル短資のみらいチャートも検証してみると、

みらいチャートaud11_11_24


1本が豪ドル高、1本が横ばい、1本が円高の豪ドル円結果です。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud11_11_24a


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 12,068人
■ 豪ドル円売り ・・・  2,444人


豪ドル円の個人投資家のポジション動向は若干買いが増加。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 24日の東京市場・23日のNY市場 ■■■


では、24日の東京市場・23日のNY市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【24日の東京市場】

・ドル円は売り一服。本日は感謝祭の祝日で米国市場が休場とあって、仲値決済に向けた実需のドル買いは目立たなかった半面、仲値前から月末を控えた国内輸出企業の売りが強まった。前日NY時間安値の77.14円レベルを下抜け、一時77.02円まで値を下げた。その後は手掛かり材料に乏しく77.05円前後で動意に欠ける展開が続いたが、14時過ぎからやや買い戻される展開に。米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)の小川隆平氏がブルームバーグとのインタビューのなかで「日本の財政は1日1秒ごとに悪くなっている」「ダウングレードに近くなるというのはそうなのかもしれない」との認識を示したことを受けて円売り・ドル買いが小幅に入り、77.15−18円まで値を戻した。

・ユーロドルは伸び悩み。ドイツ10年債入札が不調だったことや、格付け会社フィッチが「危機が拡大すればフランスの『AAA』格付けにリスクが生じる」との見解を示したことなどを受けて、前日海外時間に欧州債務危機の深刻化を嫌気した売りが優勢となった反動が出た。ドル円の下落につれたユーロ買い・ドル売りも相場を支え、1.3384ドルまでじり高となった。ただ、時間外の米株価指数先物の上げ幅縮小や日経平均株価の戻りの鈍さが重しとなり、午後にかけては1.33ドル台半ばまで伸び悩んだ。

・ユーロ円はもみ合い。仲値前からドル円の売りが強まった流れに沿って、前日安値の103.07円を下抜け、10月10日以来の安値となる102.93円まで下げた。ただ、売り一巡後はユーロドルのショートカバーや、S&P小川氏の発言を受けたドル円の上昇が下値を支えに103.199円まで持ち直した。もっとも、株価のさえない値動きが重しとなり上値は限られた。なお、本日の値幅は27銭程度だった。

・日経平均株価は4日続落。欧州財政問題がドイツやフランスに波及するとの見方から、前日の欧米株式相場が下落した流れを引き継いだ。寄り付き後には150円を超す下げ幅となった。ただ、市場では「国内年金勢などから買いが入った」との声が聞かれたほか、上海総合指数などアジア株全般が底堅く推移したことが相場を支え、100円超安まで下げ幅を縮めた。もっとも、S&P小川氏が日本国債格下げの可能性を示唆したことが売り材料視されると、再び150円超下落した。引けにかけて8157.39円と2009年4月1日以来の安値を更新した。個別では野村ホールディングスや新生銀行など金融関連株の下げがきつかった。

・債券先物相場は3日続落。欧州債務危機の拡大を背景に、前日の米国債券相場で長期ゾーンが質への逃避的に買われた影響から買いが先行した。ただ、日経平均株価が一時下げ幅を縮小したことが上値を抑えたほか、市場では「米国市場が感謝祭の祝日で休場となり、不透明感が漂うなかで利益確定の売りが出た」との声が聞かれ、午後には下げに転じた。また、S&P小川氏の見解が伝わると売りが加速した。

[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

【23日のNY市場】

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に3日続落。ドイツ10年物国債の入札が札割れとなり、欧州債務危機に対する懸念が高まった。中国の製造業指数が悪化したことも投資家心理を冷やし、株式を売る動きが強まった。ダウ構成銘柄で値下がり率1位はバンク・オブ・アメリカ、2位はアルコア、3位はJPモルガン・チェースだった。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は6日続落した。

・米国債券相場で長期ゾーンは3日続伸。欧州の債務危機が深刻化しているとの見方から、「安全資産」とされる米国債に買いが入った。米国株の下落も相場の支えとなったほか、7年物国債の入札が「好調だった」と受け止められたことも債券買いを誘った。10年債利回りは一時1.87%と約1カ月半ぶりの低水準を付けた。

・原油先物相場は反落。11月のHSBC中国製造業購買担当者指数(PMI)が分岐点となる50を下回ったことで、同国の原油需要の減退懸念が高まったため、時間外取引から売りに押される展開となった。また、ドイツ国債の入札が不調に終わったことなどから欧州財政問題に対する懸念が高まり、投資家のリスク志向が低下したことも重し。フロアー取引では一時95.35ドルまで下落する場面があった。もっとも、米エネルギー省が発表した週間在庫統計で原油在庫が市場予想以上の減少となったことから、売り一巡後は下げ渋る動きとなった。

・金先物相場は反落。ドイツ国債の入札が不調に終わったことを受けて、欧米株式相場が大幅安となった影響から金に損失補てん目的の換金売りが広がった。対ユーロでドル買いが進んだこともドルと逆行しやすいとされる金相場の重し。ただ、売りが一服すると買い戻しが入った原油相場につれてやや下げ幅を縮めた。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

労働感謝の日のがっぽり儲ける為のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想。

おはようございます。今日はとても晴れ晴れしている六本木の朝です。
ただ、昨日くらいからスゴク冷え冷えしてきました。

10年つきあった元彼女はスゴク山奥に住んでるので、もっと寒いんだろうな
ぁなんて、独り寂しく思う独身男性1人暮らしの朝です。

むかしは、もう今頃は引退するほど金もってるつもりでしたが、
現実は甘くはありません。引退どころか、馬車馬のように稼がないと生活が
成り立たない現状。

やはり最後の頼みの綱はFXで一攫千金を狙うしかありません。
あ〜、わが人生にいっぺんの悔いなしといって死にたいものです。

では、今日は祝日ということもあり、じっくりとFXとむきあえる絶好
の日ですので、はりきって、ドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想を
行ってまいります。

⇒ 元リーマンブラザーズ社員と、みんなのFXがタイアップ!

みんなのFX に口座開設し、10万円以上入金して1万通貨取引するだけで
“テクニカル投資の基礎講座(2,940円) ”をプレゼント。
みんなのFX評判cd

みんなのFX評判cd元リーマンブラザーズ社員がFX初心者にまずは知ってもらいたいテクニカル分析についての知識が凝縮されたテクニカル投資の基礎講座(2,940円)

勝つために必要なテクニカル投資を非常に分かりやすく書いており、知る人ぞ知る名著です。もちろん、テクニカル分析書では一番お薦め

実践的に勝てる為のテクニカル分析に的が絞られてます。

 ⇒ みんなのFX評判口コミ


■■■ 11年11月23日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 21日の東京外国為替市場


ドル円予想からいきましょう〜!

■■■ 11年11月23日のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

DMMFXは新キャンペーンを開始!

DMMFXスプレッドキャンペーン


■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFX11_11_23

↑クリックすると拡大します。

 ⇒ FX業者の取引画面を比較

76円76銭。やはり、なんだかんだいっても、円高がちょっとづつ進行
しておりますね。政府介入もなんのその。同じ水準にジョジョに近づき
つつあります。

その証拠といってはなんですが、各種チャートを検証すると・・・

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート11_11_23

* DMMFXからチャートを抜粋。

チャートを見たときに感じる直感力は大事なファクターでしょう。
なかなかむずかしいものです。

■■■ ドル円1時間チャート

DMMFXチャート11_11_23b


1時間足でみると、円高トレンドも一服といった直感です。

■■■ ドル円4時間足チャート

DMMFXチャート11_11_23c


4時間足でみても円高にいかなそうな形をしてきました。
・・・少しは政府介入の効果もあったという事でしょうか?
ここの所、為替は安定しているおります。

では大手商社の伊藤忠系列のFXプライムのぱっと見テクニカルで、
今後のドル円を徹底予想します。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd11_11_23a


1本がドル高、2本が円高のドル円予想です。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd11_11_23b


3本とも横ばいという微妙なドル円予想です。

■■■ ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd11_11_23c


2本が円高、1本がドル高のドル円予想です。

売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル11_11_23


ドル円売りは8位から7位へと2日間で1ランクアップ。
ドル円買いは3位から6位へとランクダウン。

では、パターン分析も検証してみると・・・

ぱっと見テクニカル11_11_23b


ドル円は総合評価では圏外ですが、8時間足と月足でそれぞれシグナルが
出ております。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

直近24時間と1週間について5分足でのランキングを検証してまいります。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブusd11_11_23


直近24時間・5分足のパフォーマンス1位はRSIで+77pips。

FXライブusd11_11_23


直近1週間・5分足のパフォーマンス1位もRSIで+107pips。

では、売買シグナルをFXライブで検証すると、

FXライブusd11_11_23a


RSIはなんとALL100%がドル円買いの予想。

また、この前から使用しておりますセントラル短資みらいチャート
使ってドル円を予想します!

みらいチャート11_11_23


5分足での予想ですが、3本ともほぼ横ばいのドル円予想結果。

ドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd11_11_23


ディールスコープusd11_11_23b


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 14,750人
■ ドル円売り ・・・  5,715人


ドル円売りが少し減少したといった所。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年11月23日のユーロ円予想 ■■■


次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur11_11_23a


2本は円高、1本はユーロ高の後、横ばいにいくユーロ円予想。

■■■ ユーロ円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur11_11_23b


1本は円高のあと元に戻す、2本はユーロ高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur11_11_23c


1本が円高、1本はユーロ高、1本は横ばいのユーロ円予想です。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは?

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブeur11_11_23


直近24時間、5分足でシミュレートした場合のトップのテクニカル指標は
MACDが1位で+109pipsのパフォーマンス。

FXライブeur11_11_23aa


直近1週間、5分足でシミュレートした場合のトップのテクニカル指標も
ボリンジャーバンドで+148pipsのパフォーマンスです。

FXライブの売買シグナルを確認すると、

FXライブeur11_11_23a


MACDは75%がユーロ円売りの予想。
また、ボリンジャーバンドも同様に75%がユーロ円売りの予想。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

また、セントラル短資のみらいチャートも検証してみると、

みらいチャートeur11_11_23


3本ともユーロ高にいくユーロ円予想結果となりました。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur11_11_23


ディールスコープeur11_11_23v


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 6,407人
■ ユーロ円売り ・・・ 4,506


個人投資家のユーロ円のポジション動向は、8時間でみると、
買いが減り売りが増えております。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年11月23日の豪ドル円予想 ■■■


ではニッポンの労働感謝の日最後の為替予想は豪ドル円です。感謝して予想。
まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud11_11_23a


1本は円高、2本は豪ドル高が1本は円高に戻す豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud11_11_23b


1本は豪ドル高ですが2本はほぼ横ばいの豪ドル円予想です。

■■■ 豪ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud11_11_23c


2本は豪ドル高、1本は円高の豪ドル円予想。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは?

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブaud11_11_23


豪ドル円で直近24時間・5分足で最も稼いだテクニカル指標は、
ボリンジャーバンドですがたったの+8pips。

FXライブaud11_11_23b


豪ドル円で直近1週間・5分足で最も稼いだテクニカル指標は、
DMIで+132pips。

では、同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブaud11_11_23a


ボリンジャーバンド、DMIともに75%が豪ドル円売りの予想。
また、総合判断は50%が売りの予想です。

また、セントラル短資のみらいチャートも検証してみると、

みらいチャートaud11_11_23


2本が豪ドル高に1本が横ばいの豪ドル円結果です。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud11_11_23


ディールスコープaud11_11_23a


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 11,530人
■ 豪ドル円売り ・・・  2,185人


豪ドル円の個人投資家のポジション動向は8時間足でみると右肩上がりに
増えているのがわかります。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 21日の東京外国為替市場 ■■■


では、21日の東京外国為替市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【21日の東京外国為替市場】


・ユーロドルは反発。欧州株相場が高く始まったことをきっかけにユーロ買い・ドル売りが先行。市場では「中東勢からの買いが入った」との指摘があり、一時1.35689ドルまで値を上げた。ただ、買い一巡後は上値の重さが目立った。米商務省が発表した7−9月期の米国内総生産(GDP)改定値が市場予想を下回り、時間外のダウ先物や欧州株が失速。市場では「一目均衡表の雲下限が位置する1.3559ドルをバックに戻りを売る動きが出たようだ」との指摘もあり、1.34ドル台後半まで下押しした。そのあとはアジア時間に付けた日通し安値1.3469ドルがサポートとして意識されたうえ、欧州中央銀行(ECB)によるイタリア国債購入観測などを背景にユーロを買い戻す動きが広がり、1.35ドル台を回復した。国際通貨基金(IMF)が欧州の債務危機などが各国の金融市場に波及することに備えて、新たに6カ月間の短期流動性を供給する融資制度を導入すると発表したことも好感され、1.3543ドル付近まで値を戻した。

・ドル円は小幅ながら続伸。対ユーロなどでドル売りが強まったタイミングで一時76.832円まで値を下げたものの、その後持ち直した。予想を下回る米指標を受けて欧米株価が下落したため、投資家がリスク回避姿勢を強めるとの見方からドルが全般買い戻された流れに沿った。一時77.14円付近まで値を上げた。もっとも、そのあとは明日の日本の祝日を控えて様子見気分が広がったため、徐々に値動きが細った。

・米連邦準備理事会(FRB)が公表した1−2日分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、「一部メンバーは経済予測が追加緩和を正当化するとの認識を示した」「インフレ目標など金融政策の透明性向上策について議論した」ことが明らかになったが、相場への影響は限定的だった。

[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は続落。米商務省が発表した7−9月期の米GDP改定値は実質で前期比年率2.0%増と速報値から下方修正され、予想の2.5%増を下回った。米景気の先行き懸念がやや強まり、株式への売りが優勢となった。市場では「スペインの国債入札で落札利回りが上昇。同国の資金繰りへの警戒感が高まったことも相場の重しとなった」との指摘があり、ダウ平均は一時100ドル超下げた。そのあとは、IMFが新たな融資制度を導入すると発表したことなどが好感されて、相場はプラス圏を回復する場面もあったが買いは続かず結局安く引けた。ダウ構成銘柄で値下がり率1位はアルコア、2位はバンク・オブ・アメリカ、3位はボーイングだった。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は小幅ながら5日続落した。

・米国債券相場で長期ゾーンは続伸。米商務省が発表した7−9月期の米GDP改定値は実質で前期比年率2.0%増と速報値から下方修正され、予想の2.5%増を下回った。米景気の先行き懸念がやや強まり、「安全資産」とされる米国債が買われた。米国株の下落も相場の支えとなったほか、5年物国債の入札が「好調だった」と受け止められたことも債券買いを促した。

・原油先物相場は反発。IMFが新たに6カ月間の短期流動性を供給する融資制度を導入すると発表し、投資家のリスク許容度が高まったことから買い戻しが入った。また、米政府が21日に英国やカナダと協調したイランに対する経済制裁措置を発表したことを受け、イランからの石油供給が減少する可能性が高まったことも、下値を支える要因となった模様。フロアー取引では一時98.70ドルまで値を上げる場面も見られた。

・金先物相場は反発。前日に節目の1700ドルを大きく割り込んで引けた反動で、値ごろ感からの買いが入った。時間外取引からじり高基調を維持し、フロアー取引では一時1706.4ドルまで上昇。もっとも、欧州の債務不安などがくすぶっているほか、明後日に感謝祭の祝日を控えている影響から積極的に持ち高を傾ける向きは少なく、1700ドル台では上値の重さも目立った。

⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

月曜お昼の最新データでドル円、ユーロ円、豪ドル円を徹底予想。

こんにちは。

今週も為替相場がはじまりました。
年末に向けてガッツリ稼ぎたいところ。

まずは今日の一勝を積み重ねる所から、がんばりましょう。

では、今日も勝利をあげるため、FX業者の無料ツールをいろいろ駆使して、
ドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想を検証していきます。

■■■ 11年11月21日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 21日の東京外国為替市場


週初め初っ端はもちろん、ドル円予想から。

■■■ 11年11月21日のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

DMMFXは新キャンペーンを開始!

DMMFXスプレッドキャンペーン


■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFX11_11_21

↑クリックすると拡大します。

 ⇒ FX業者の取引画面を比較

76円76銭。やはり、なんだかんだいっても、円高がちょっとづつ進行
しておりますね。政府介入もなんのその。同じ水準にジョジョに近づき
つつあります。

その証拠といってはなんですが、各種チャートを検証すると・・・

■■■ ドル円4時間足チャート

DMMFXチャート11_11_21

* DMMFXからチャートを抜粋。

10分足では、今朝からジリジリと円高方向に。

■■■ ドル円1時間チャート

DMMFXチャート11_11_21b


1時間足でみると、直近でもやはり円高トレンドです。

■■■ ドル円4時間足チャート

DMMFXチャート11_11_21c


4時間足でみると、政府介入前とそれほどかわらない水準まで円高に
戻しつつあることがわかります。

では大手商社の伊藤忠系列のFXプライムのぱっと見テクニカルで、
今後のドル円を徹底予想します。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd11_11_21a


3本ともに円高ですがのドル円予想です。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd11_11_21b


2本は横ばい、1本は急激にドル高のドル円予想です。

■■■ ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd11_11_21c


3本ともに円高ですが、内1本はドル高に変化するドル円予想です。

売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル11_11_21


ドル円売りは現在8位の順位となります。
ドル円買いは5位から連続ランクアップで3位につけております。

では、パターン分析も検証してみると・・・

ぱっと見テクニカル11_11_21b


ドル円は総合評価では圏外。ただし、月足で売り、
2時間足で買い予想が出ております。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

直近24時間について、5分足と1時間足の両方のランキングを検証します。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブusd11_11_21


直近24時間・5分足のパフォーマンス1位は移動平均で+9pips。

FXライブusd11_11_21


直近24時間・1時間足のパフォーマンス1位も移動平均で+12pips。

では、売買シグナルをFXライブで検証すると、

FXライブusd11_11_21a


移動平均は75%が売りの予想。

また、今日からはじめて使用するセントラル短資のみらいチャートも
使ってドル円を予想します!

FXライブusd_a_11_11_21


2\本がドル高、1本が横ばいのドル円予想となっておりますね。

ドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd11_11_21


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 15,462人
■ ドル円売り ・・・  4,430人


先週末からほとんど動きなしです。今週もこれからはじまると
いったところでしょうか?

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年11月21日のユーロ円予想 ■■■


次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur11_11_21a


1本は円高、2本は横ばいのユーロ円予想。

■■■ ユーロ円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur11_11_21b


1本は円高、2本はユーロ高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur11_11_21c


1本が円高、2本は横ばいのユーロ円予想です。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは?

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブeur11_11_21


直近24時間、5分足でシミュレートした場合のトップのテクニカル指標は
移動平均が1位で+27pipsのパフォーマンス。

FXライブeur11_11_21aa


直近24時間、1時間足でシミュレートした場合のトップのテクニカル指標も
ボリンジャーバンドですが、マイナスのパフォーマンスです。

FXライブの売買シグナルを確認すると、

FXライブeur11_11_21a


移動平均は半半のユーロ円予想。
ボリンジャーバンドは75%が売りのユーロ円の予想です。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

また、セントラル短資のみらいチャートも検証してみると、

FXライブeur11_11_21aa


では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur11_11_21


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 6,647人
■ ユーロ円売り ・・・ 3,944


個人投資家のユーロ円のポジション動向は、週明けは変化なし。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年11月21日の豪ドル円予想 ■■■


では週明最初の為替予想は豪ドル円です。しっかり予想していきます。
まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud11_11_21a


1本は円高、2本は豪ドル高の豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud11_11_21b


2本は円高ですが内1本は豪ドル高に戻し、1本は横ばいの豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud11_11_21c


2本は豪ドル高、1本はたしょう円高の豪ドル円予想。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは?

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブaud11_11_21


豪ドル円で直近24時間・5分足で最も稼いだテクニカル指標は、
MACDで+49pips。

FXライブaud11_11_21b


豪ドル円で直近24時間・1時間足で最も稼いだテクニカル指標は、
移動平均ですがマイナスのパフォーマンスです。

では、同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブaud11_11_21a


移動平均は75%が豪ドル円売りの予想。
また、総合判断も75%が売りの予想です。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud11_11_21


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 11,180人
■ 豪ドル円売り ・・・  2,119人


豪ドル円の個人投資家のポジション動向は直近で売りが減少し、買いが増加。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 21日の東京外国為替市場 ■■■


では、21日の東京外国為替市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【21日の東京外国為替市場】

・21日の東京外国為替市場でドル円は小動き。12時時点では76.80−85円とニューヨーク市場の終値(76.82円)とほぼ同水準だった。新規の取引材料に乏しかったうえ、市場では「国内勢からのフローもほとんど見られない」との指摘があり、76.85円前後で値動きが細った。午前の高値は76.93円、安値は76.73円で値幅は20銭程度だった。

・ユーロドルも小動き。12時時点では1.3521−26ドルとニューヨーク市場の終値(1.3522ドル)とほぼ同水準だった。1.3525ドル前後でのもみ合いに終始した。20日投開票されたスペイン総選挙で最大野党・国民党が勝利したほか、米議会筋の話として「米議会の超党派委員会は財政赤字削減法案を巡る合意に至らなかったと本日発表する」と伝わるなか、欧州勢の反応を見定めたい雰囲気もあった。

・ユーロ円は12時時点では103.84−89円とニューヨーク市場の終値(103.85円)とほぼ同水準。

[新型の金融商品] ソーシャルレンディング
⇒ FX業者の取引画面を比較
⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

FX業者の取引画面を徹底比較!

本日はFX業者の取引画面比較を作成!

DMMFX セントラル短資 FXCMジャパン証券
FX取引画面比較_DMMFX
FX取引画面比較_セントラル短資
FX取引画面比較_FXCMジャパン証券
ライブスター(IDO証券) FXブロードネット GMOクリック証券
FX取引画面比較_ライブスター(IDO)
FX取引画面比較_FXトレーディングシステムズ
FX取引画面比較_GMOクリック証券
外為オンライン アイネットFX FXプライム
FX取引画面比較_外為オンライン
FX取引画面比較_アイネットFX
FX取引画面比較_FXプライム
YJFX!    
FX取引画面比較_サイバーエージェントFX
 
 
DMM FX

無料ツールを使って長期のトレンドについてドル円、ユーロ円、豪ドル円で徹底予想。

おはようございます。

いつもはもっと遅くまで寝ていたいと思うのに週末となると何故か8時台に
は目が覚めてしまい、景気づけに、朝から酒を飲む羽目になる
元リーマンブラザーズ社員です。

・・・しかしアル中でいられるのもFXの無料ツールのシグナルがあたって
くれているおかげ。しいては、テクニカル分析さまさま(ツールは基本、
テクニカル分析を自動でおこなうものが多い)って所です。

では今日は週末という事もあり、ツールを使って長期のドル円、ユーロ円
豪ドル円のトレンドを予想していきましょう。

■■■ 11年11月19日の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 18日のニューヨーク市場


でははじめてにドル円の予想を執り行います。

■■■ 11年11月19日のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

DMMFXは新キャンペーンを開始!

DMMFXスプレッドキャンペーン


■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFX11_11_19

↑クリックすると拡大します。

76円93銭。ここ数日間はあまり動きがなかったドル円。
今日は、1日足も含めてチャートと予想を見ていきましょう。

■■■ ドル円4時間足チャート

DMMFXチャート11_11_19

* DMMFXからチャートを抜粋。

4時間足。直近ではドル高にはねているようにみえますが・・

■■■ ドル円1日足チャート

DMMFXチャート11_11_19b


1日足チャートでみると、まさに円高トレンド。

■■■ ドル円1週間足チャート

DMMFXチャート11_11_19c

↑クリックすると拡大します。

そして、1週間足チャートでみると、長年にわてって円高トレンドである事が
はっきりとわかります。

では大手商社の伊藤忠系列のFXプライムのぱっと見テクニカルで、
今後のドル円を徹底予想します。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd11_11_19a


3本ともに円高ですが、1本はドル高に急激に変化するドル円予想です。

■■■ ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd11_11_19b


1本は円高、1本は横ばい、1本は急激にドル高のドル円予想です。

■■■ ドル円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd11_11_19c


3本ともに円高ですが、内1本はドル高に変化するドル円予想です。

売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル11_11_19


ドル円売りは昨日と同様の7位をキープ。
・・・今週は首位になったりと目まぐるしく順位が変動しましたね。
ドル円買いは10位から5位にランクを回復しました。

では、パターン分析も検証してみると・・・

ぱっと見テクニカル11_11_19b


ドル円は総合評価で3本中1本のアンテナで売り予想。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

今日は特別に1ヶ月でのランキングも検証してみました。ちなみに
全て1時間足でのテクニカル指標パフォーマンスランキングとなります。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブusd11_11_19


1週間・1時間足のパフォーマンス1位はボリンジャーバンドで95pips。
他にストキャスティクスも調子がよかったようで90pipsの勝利。

FXライブusd11_11_19aa


次に1ヶ月間・1時間足でみた場合です。1位はストキャスティクスが
1位で519pips!2位がMACDで209pips。

・・直近1ヶ月間、テクニカル指標を信じてトレードしていれば、
これだけ勝利をものにできたということです。

こんな情報がいまやセントラル短資に口座開設するだけで手に入るとは、
コンピューターの低価格化と高性能化の賜物です。

では、売買シグナルをFXライブで検証すると、

FXライブusd11_11_19a


ストキャスティクスのシグナルは半半の予想。
MACDも同様の結果です。

ドル円予想最後に個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd11_11_19


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 15,360人
■ ドル円売り ・・・  4,313人


昨晩から動きはありませんが、1日足でみた場合の個人投資家の
ポジション動向はかなり興味深い動きをしております。

・・・ある意味個人投資家連中の深層心理を表しているといっても
過言ではないでしょう。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年11月19日のユーロ円予想 ■■■


次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur11_11_19a


1本は円高、2本はユーロ高のユーロ円予想。

■■■ ユーロ円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur11_11_19b


1本は円高、2本は横ばいのユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur11_11_19c


3本ともに円高のユーロ円予想です。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは?

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブeur11_11_19


直近1週間、1時間足でシミュレートした場合のトップのテクニカル指標は
ボリンジャーバンドが1位で+54pipsのパフォーマンス。

FXライブeur11_11_19aa


直近1ヶ月間、1時間足でシミュレートした場合のトップのテクニカル指標も
ストキャスティクスで+109pipsのパフォーマンス。

FXライブの売買シグナルを確認すると、

FXライブeur11_11_19a


ストキャスティクスは75%ユーロ円買いの予想。

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープeur11_11_19


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 6,519人
■ ユーロ円売り ・・・ 3,976


個人投資家のユーロ円のポジション動向は、買いが減少。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年11月19日の豪ドル円予想 ■■■


では週末長期の為替予想の最後を飾るのは豪ドル円。がっつり稼ぎましょう。
まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud11_11_19a


2本は円高、1本は豪ドル高の豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円4時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud11_11_19b


1本は円高、2本は豪ドル高の予想。

■■■ 豪ドル円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud11_11_19c


3本とも円高ですが、3本とも豪ドル高に戻す豪ドル円予想。

 ⇒ FXプライムぱっと見テクニカルとは?

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブaud11_11_19


豪ドル円で直近1週間・1時間足で最も稼いだテクニカル指標は、
ボリンジャーバンドで+27pips。

FXライブaud11_11_19b


豪ドル円で直近1ヶ月間・1時間足で最も稼いだテクニカル指標は、
ストキャスティクスで+514pips。
ボリンジャーバンドもよく稼いでいて+484pips。

では、同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

 ⇒ セントラル短資FXライブとは

FXライブaud11_11_19a


ストキャスティクスは75%が豪ドル円買いの予想。
反対にボリンジャーバンドはALL100%が豪ドル円売りの予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

 ⇒ 外為オンラインディールスコープとは

ディールスコープaud11_11_19


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 11,018人
■ 豪ドル円売り ・・・  1,818人


豪ドル円の個人投資家のポジション動向は1日足でみると、直近で急激
に増加しているのがよくわかります。

 ⇒ ディールスコープとは

■■■ 18日のニューヨーク市場 ■■■


では、18日のニューヨーク市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【18日のニューヨーク市場】

・ユーロドルは5営業日ぶりに反発。欧州市場で、一部通信社が「救済に十分な資金を供給するために、欧州中央銀行(ECB)が国際通貨基金(IMF)に融資を行う案についての協議がまもなく始まる」と報じ、欧財政問題の進展期待からユーロ買いが進み1.3615ドルまで上げた流れを引き継いだ。しかし、ニューヨーク市場では上値の重さが目立った。1.36ドル台の乗せたところでは急伸した反動で利益確定の売りが出た上、戻り売りも散見されて上値を抑えられた。ECBがIMFに融資を行う案を協議との報道に関しては、17日のニューヨーク時間に同様の報道が伝わっていたこともあって上値を積極的に買って行きにくい面があったほか、欧州の株価指数が失速し米国株相場が頭の重い展開となったことなども売りを誘った。一時1.3494−97ドルまで下押した。

・ドル円は続落。欧州の取引時間帯に、ユーロドルの上昇につれて円買い・ドル売りが進んだ流れを引き継ぐと、ストップロスを巻き込んで一時76.575円まで下げた。ただ、76.50円にはオプションのバリアが観測されており防戦買いが下値を支えたほか、ユーロドルの買いが収まったためドル円は徐々に買い戻された。市場参加者からは「国内勢からの買いが入っていた」との指摘も聞かれ、76.98-77.01円まで値を上げる場面があった。

・ユーロ円も5日ぶりに反発。ユーロドルと同様に欧州市場で104.285円まで値を上げた地合いを引き継いだ。もっとも、米国市場では欧州株が失速しユーロドルが下げた影響で上値が重くなった。半面、ドル円が買い戻されたことが支えとなり下押しはユーロドルよりも小さかった。

[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに小反発。ECBがIMFを経由して欧州金融安定ファシリティー(EFSF)に融資する案が欧州連合(EU)内で支持を得ているとのダウ・ジョーンズ通信の報道を背景に、ユーロ圏の債務問題の進展期待が広がったことが支えとなった。このところ下げが大きかったため、週末を前に買い戻しが入った面もあったほか、10月米景気先行指標総合指数が予想よりも強かったことも支えとなった。ただ、米財政赤字削減に関する民主、共和両党間の協議が難航していることが意識されて上値は重かった。ダウ工業株30種平均採用銘柄で値上がり率1位はヒューレット・パッカード、2位はボーイング、3位はウォルト・ディズニー。値下がり率1位はシェブロン、2位はマイクロソフト、3位はベライゾン・コミュニケーションズだった。一方、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は3日続落。

・米国債券相場は長期ゾーンは4日ぶりに反落。ダウ・ジョーンズ通信が「ECBがIMFを経由してEFSFに融資する案がEU内で支持を得ている」と報じたことを受けて、ユーロ圏の債務懸念が緩和したため、米国債が売られた。10月米景気先行指標総合指数が予想よりも強かったことも重しとなった。「3日続伸してきたこともあって、週末を前に利益確定の売りが出やすかった」との声もあった。

・原油先物相場は続落。時間外取引では一時100.15ドルと節目の100.00ドルを上抜ける場面もあったが、前日に約5カ月半ぶりの高値を付けた後とあって、この日も目先の利益を確定する動きが優勢に。週末を前に持ち高調整目的の売りも出たため、フロアー取引では徐々に上値を切り下げる展開となった。市場では「12月物の取引最終日ということで取引が少なく、値動きが荒くなった」との指摘もあり、一時は96.64ドルまで値を下げる場面も見られた。

・金先物相場は3営業日ぶりに反発。「救済に十分な資金を供給するために、ECBがIMFに貸し出しを行うという案についての協議がまもなく始まる」との報道が伝わったことで、欧州の債務懸念が緩和するとの思惑が高まり、足もとで目立っていた金の換金売りは一服。また、前日に大幅に下落した反動で値ごろ感からの買いも観測された。もっとも、週末や来週の感謝祭を前に積極的に持ち高を傾ける動きは見られず、上昇の勢いも限定的。フロアー取引に入ると、原油相場が下押ししたことにつれた面もあり、やや上値が重くなった。

⇒ FXスプレッド比較[2011/10/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX

 ⇒ トップに戻る
 東大式FX攻略法

みんなのFX

元リーマン社員限定タイアップ企画

FXプライム[直トレFX]

アイネットFX
元LB社員が取引に使うFX業者
SBIFXTRADE評判  ドル円0.27銭SBIFXトレード
豪ドル円0.99/ユロ円0.69/ポン円1.19
1$から取引可/スプレッド4桁表示
住信SBIネット銀行50%出資のSBIG

GMOクリック証券FX評判  株も売買可GMOクリック証券
米ドル/円0.3銭原則固定
YAHOO出資企業/資産2000億円
8万人使用iClickFXNEO/FXroid
最新キャッシュバック特集
カテゴリー別の記事
livedoor プロフィール
免責事項
当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び私に関係する全ての方は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。

外為どっとコム
DMM FXは初心者向け
ドル円予想に使うFXツール
FXツール FXプライム byGMOのぱっと見テクニカル

過去12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想する機能
ぱっと見テクニカルツールa
⇒ ぱっと見テクニカルの評判評価
ドル円スプレッド比較
原則固定
(例外あり)
FX業者名
0.3銭  外為どっとコム
0.3銭 GMOクリック証券評判 GMOクリック証券
0.3銭 YJFX評判 YJFX!
0.3銭原則固定 DMMFX評判 DMMFX
0.4銭 みんなのFX評判 みんなのFX
0.6銭原則固定 FXプライム評判 FXプライム byGMO
0.7-1.0銭 アイネットFX評判 アイネット証券
0.9銭 ライブスター証券
株もFXも GMOクリック評判 GMOクリック証券
カブドットコム評判 カブドットコム証券

元リーマン社員がメディア掲載
元リーマンブラザーズ社員が取材①元リーマンブラザーズ社員が取材②
雑誌「BIG TOMORROW」5月号で取材受けて記事になりました。
⇒ 現在4.5万人超フォロワー!
元気の源!為替ブログランキング
皆様のクリックが・・・
元リーマン社員を救います!!


人気ブログランキング
最高、17位でファイト!

為替ブログ村
為替日記は、最高8位!
くりっく365のFX業者比較
  • ライブドアブログ