元リーマン社員がFXツールでドル円予想

リーマンブラザーズに勤務した経験からビリオネアになる最短の方法はトレードしかないと確信し、トレードの中でも。最も少額で始められて、かつ、最もレバレッジが高くできるFXで財を成す事を決意しました。現在、ドル円をFXツールを駆使して予想し、その結果から売買するシステムトレードちっくな手法で売買を行い、まずは、ミリオネアへの道を目指しております。FXツールはFXプライム byGMOのぱっと見テクニカルを使っております。

 
 売買レート・チャート・リアルタイム売買比率表示ツールはみんなのFXより
0.3銭原則固定(例外あり)  外為どっとコム
0.3銭原則固定  GMOクリック証券
 FXトレーディングS
 YJFX!
 DMMFX
0.6銭原則固定  FXプライム byGMO
0.9銭原則固定  ライブスター証券
0.7〜1銭  アイネット証券
オススメ  ひまわり証券

2011年09月

DMM FX

9月最後の夜に予想するドル円、ユーロ円、豪ドル円 by ぱっと見テクニカル、ディールスコープ、FXライブ、DMMFX

今晩は。遂に六本木に9月最後の夜がやってまいりました。
とても涼しい夜です。去年の今頃を考えるとほろ苦いですが人生は常に前に
むかって進んでおります。しかし最近自分の限界に気がつきつつもあります。

私が大金を稼ぐためには全財産をトレードにつぎ込む覚悟がどうやら
必要なようです。それ以外で天文学的な富を手に入れるチャンスは
ないのではないでしょうか?そりゃあ、石油王の娘と結婚したら
話は別でしょうけど。。誕生日にF15の1機くらいはもらえる
かもしれません。

ではそんな事を夢みつつも明日の飯代を稼ぐため、今夜も
最新のデータを元にドル円、ユーロ円、豪ドル円を予想してまいります。

■■■ 11年9月30日夜8時の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 30日午後のアジア・オセアニア外国為替市場


■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル
・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

■■■ 11年9月30日夜8時のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

ちなみにDMMFXは現在キャンペーン中です。

DMMFXスプレッドキャンペーン


■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFX930_2aa


76円82銭前後。朝からほとんど変化なし。
ではチャートをDMMFXで見てみましょう。

最新スワップ金利ランキングでも売った場合でのランキング1位の
DMMFXからチャートを抜粋。

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート930_2ab


うぉっと!いっきにドル高にふれているチャート。

■■■ ドル円60分足チャート

DMMFXチャート930_2aab


60分足で見たら、ここいらでドル高反発も天井のようなチャート。

では、今後のドル円の動きを週末金曜日ハッピーフライデーナイツ!の最新
データをもとに、
伊藤忠グループであるFXプライムが無料で提供するぱっと見テクニカルツールを使って予想します。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0930_2a


2本がドル高、1本が横ばいのドル円予想です。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0930_2aa


1本は若干円高、2本はドル高(1本はその後円高に)のドル円予想。

売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル0930_2aya


ドル円売は9位から7位に2ランクアップ。
ドル円買は7位から6位に1ランクアップ。
なんともいえないどちらともいえないドル円予想です。

では次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブusd0930_2aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。ボリンジャーバンド、移動平均、MACDなどがよい結果を残しており
ます。

同じく売買シグナルをFXライブで検証すると、

FXライブusd0930_2ab


ボリンジャーバンドが半半の結果。

では個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd0930_2a


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 18,379人
■ ドル円売り ・・・  4,542人


個人投資家はドル円売りが減少しています。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年9月30日夜8時のユーロ円予想 ■■■


次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0930_2a


2本が円高、1本が横ばいのユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0930_2aa


1本は円高、2本はユーロ高のユーロ円予想です。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブeur0930_2aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。ボリンジャーバンド、DMI、MACDがよい結果を残しております。

FXライブの売買シグナルでは、

FXライブeur0930_2ab


ボリンジャーバンド・MACDともに75%が売りのユーロ円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur930_2aa2


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 7,261人
■ ユーロ円売り ・・・ 2,970


ユーロ円は売りがドンドン減少し、買いが増加しました。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年9月30日夜8時の豪ドル円予想 ■■■


では金曜朝最後のFX予想は豪ドル円です!
まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud930_2aa


1本が円高、1本が横ばい、1本が豪ドル高の豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud930_2ab


3本とも一旦は円高ですが、その後2本は豪ドル高にいく豪ドル円予想。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブaud0930_2aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。DMI、MACD、ボリンジャーバンド、ストキャスティクスが
よい結果を残しております。

では、同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

FXライブaud0930_2a2a


ボリンジャーバンドがALL100%売りの予想、MACDがALL100%
が買いの予想。綜合判断は半分が買いの予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud0930_2aa2


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 12,078人
■ 豪ドル円売り ・・・  1,498人


個人投資家は豪ドル円売りポジションが減り、買いが増加。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 30日午後のアジア・オセアニア外国為替市場 ■■■


では、30日午後のアジア・オセアニア外国為替市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【30日午後のアジア・オセアニア外国為替市場】

30日午後のアジア・オセアニア外国為替市場で円は一進一退。後場の日本株や時間外の米株価指数先物が下げ幅を縮小したため、持ち高調整の円売りが見られた。その後、欧州勢が参入してくると弱い独小売指標や欧州株安を背景に対ユーロ中心に円買いが強まり円全般が値を上げたが、「コンピューターで売買の好機を判断するモデル系ファンドから円売り・ドル買いが持ち込まれた」との指摘があり、円・ドル相場が値を下げると円全体の上値が切り下がった。

【ドル・円】【ユーロ・円】

ドル・円は18時前に1ドル=76円88銭前後まで上げた。一方、ユーロ・円は1ユーロ=103円40銭まで売り込まれた。「ロンドン8時(日本時間16時)のフィキシングに向けて、半期末に絡んだユーロ売りのフローが出た」との指摘があった。

【ユーロ・ドル】

さえない。8月独小売売上高指数が前月比2.9%低下と市場予想平均の前月比0.5%低下を下回ったことや時間外の米株価指数先物の下げ幅拡大を手掛かりに売りが出た。昨日安値1.3520ドル前後を下抜けると下げ足を速め16時過ぎに1ユーロ=1.3488ドル前後まで下落した。

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

・日経平均株価は4営業日ぶりに小幅反落。ドイツ連邦議会が欧州金融安定ファシリティー(EFSF)の機能拡充を承認したことで欧州の財政・金融不安が和らぎ、前日の米国株式相場が上昇した流れを引き継いだ。市場では「株式先物買い・債券先物売りが出た」「午後に国内年金筋からまとまった規模の買いが入るとの噂が広がった」との声が聞かれ、一時50円超上昇した。ただ、ギリシャ第1次支援の第6弾融資獲得に不透明感が残るなか、前日までの3日続伸に対する反動が出て午後には40円超安まで失速した。もっとも、週末を控えて持ち高を一方向に傾けにくい雰囲気となるなか、さらに下落する展開にもならず、次第に前日終値を挟んで一進一退となった。

・債券先物相場は大幅反落。来週4日に10年債入札を控えて持ち高調整目的の売りが膨らんだ。市場では「株式先物買い・債券先物売りのフローに押された」「実質的な下半期入りを意識した売りが持ち込まれた」との声があり、軟調に推移した。

⇒ FXスプレッド比較[2011/8/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX
[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

9月最後の朝のドル円、ユーロ円、豪ドル円をぱっと見テクニカル、FXライブ、ディールスコープを駆使して徹底予想。

オハヨウございます。
10年も人生をささげて手に入れたはずのものを失うのはとても辛い事です。
しかも10年前に人生の最悪を味わっていた時にやっと手に入れた蜘蛛の糸。
それさえも失い結局は私は鬼畜生の世界で一生這えずりまわって、生きていく
しかないのでしょうか?もうパリに別荘があったり、長者番付の話ができる
事は一生ないのでしょうか?

否。スティーブンジョブスはなんと養子だったっていう話を聞きました。
なんでも、自分で稼いだ金を派手に使うからこそ楽しいもの。
やっぱり、ガッツリFXで10億ドルくらい稼げば、鬼畜生の世界から、
ランクアップができるかもしれません。

では、そんな意気込みで今日もドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想
を行ってまいります。

■■■ 11年9月30日朝8時の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 29日のNY市場


・・・しかし、もう9月もいってしまうんですね。これから寒い季節になり
人肌恋しくなる季節です。

■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル
・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

■■■ 11年9月30日朝8時のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

ちなみにDMMFXは現在キャンペーン中です。

DMMFXスプレッドキャンペーン


■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFX930aa


76円80銭と昨晩から20銭ほどドル高に。
ではチャートをDMMFXで見てみましょう。

最新スワップ金利ランキングでも売った場合でのランキング1位の
DMMFXからチャートを抜粋。

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート930ab


ドル高にゆるやかにふれているチャートです。

■■■ ドル円60分足チャート

DMMFXチャート930aab


しかし60分足でみるとここあたりで前回も円高に反発したので、
ポイントではないでしょうか?

では、今後のドル円の動きを週末金曜日ハッピーフライデーの朝の最新
データをもとに、
伊藤忠グループであるFXプライムが無料で提供するぱっと見テクニカルツールを使って予想します。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0930a


2本が円高、1本はドル高のドル円予想です。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0930aa


1本は円高、2本は横ばいのドル円予想。

売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル0930aya


ドル円売は昨晩と同様9位。
ドル円買は5位から7位に2ランクダウン。
全体的にどちらともいえない状況です。

では次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブusd0930aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。ボリンジャーバンドがよい結果を残しております。

同じく売買シグナルをFXライブで検証すると、

FXライブusd0930ab


ボリンジャーバンドが半半の結果。

では個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd0930a


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 18,151人
■ ドル円売り ・・・  4,946人


個人投資家はドル円買が更に減少し、売りが更に増加。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年9月30日朝8時のユーロ円予想 ■■■


次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0930a


1本が円高、1本が横ばい、1本が若干のユーロ高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0930aa


1本は円高、2本は横ばいのユーロ円予想です。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブeur0930aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。MACD、ボリンジャーバンド、DMIがよい結果を残しております。

FXライブの売買シグナルでは、

FXライブeur0930ab


MACD・ボリンジャーバンドともに半半、DMIは75%が買いの
ユーロ円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur930aa2


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 6,539人
■ ユーロ円売り ・・・ 3,832


ユーロ円は売りが減りました。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年9月30日朝8時の豪ドル円予想 ■■■


では金曜朝最後のFX予想は豪ドル円です!
まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud930aa


3本ともに豪ドル高の予想。

■■■ 豪ドル円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud930ab


1本が豪ドル高、1本が横ばい、1本が少し円高の豪ドル円予想。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブaud0930aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。MACD、DMI、移動平均、ボリンジャーバンドともによい結果を
残しております。

では、同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

FXライブaud0930a2a


MACDは75%が買いの予想。対して、DMIは75%が売りの
予想。綜合判断は半分が買いの予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud0930aa2


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 11,640人
■ 豪ドル円売り ・・・  1,648人


個人投資家は豪ドル円売りポジションを続けて減らしており、
また、買いも続けて増加しています。。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 29日のNY市場 ■■■


では、29日のNY市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【29日のNY市場】

・ユーロドルは反発。欧州の取引時間帯では、ドイツ連邦議会が欧州金融安定ファシリティー(EFSF)の機能拡充を承認したことで、欧州の財政不安が和らぎユーロ買いが優勢だった。9月独雇用統計が予想よりも強い内容だったこともユーロ買いを後押し、一時1.36799ドルまで値を上げた。ただ、「ドイツによるEFSF機能拡充の承認は織り込み済み」との見方から一段とユーロを買い進める動きはみられず、次第に上値を切り下げた。前日の高値1.36909ドルをバックに戻りを売る動きも出た。ニューヨークの取引時間帯では、「10月3日に開催されるユーロ圏財務相会合で、EFSFのレバレッジ活用が決定される可能性は低い」との一部報道をきっかけにユーロ売りが活発化。高く始まった米国株相場が下げに転じたタイミングで、一時1.3551−54ドルまで下押しした。NZドル米ドルの下落につれたユーロ売り・ドル買いも相場の重し。なお、NZドル米ドルは一時0.7652米ドルまで下落した。格付け会社フィッチがニュージーランドの格付けを「AA+」から「AA」に引き下げたことがNZドル売りを誘った。

・ドル円は反発。ドイツによるEFSF機能拡充の承認を受け、投資家のリスク回避姿勢が後退。全般に円売りが進むなか、4−6月期米国内総生産(GDP)確定値や前週分の新規失業保険申請件数が予想より良好な結果となったことを材料に円売り・ドル買いが優勢に。市場では「米系シンクタンクが『日銀は10月に追加の金融緩和策を決める』との見通しを示したことも円売り・ドル買いを後押しした」との指摘があり、一時77.03円まで上値を伸ばした。ただ、77円台での滞空時間は短く、その後は徐々に上値を切り下げた。米国株の失速に伴う円買い・ドル売りなどが入った。もっとも、市場では「政府・日銀による円売り介入への警戒感が根強い」との声も聞かれ、下値も限定的だった。

・ユーロ円は反発。欧州の財政不安が和らいだことで買いが先行。日銀による追加金融緩和への期待も相場の押し上げ要因となって、一時104.932円まで値を上げた。ただ、買い一巡後は上げ幅を縮める展開に。250ドル超上昇したダウ平均がマイナス圏に沈んだことが相場の重しとなったほか、EFSFのレバレッジ活用に関する報道が嫌気されて103円台後半まで下押しした。ただ、その後ダウ平均が持ち直したため、104円台半ばまで戻して引けた。

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は反発。ドイツ連邦議会がEFSFの機能拡充を承認したことで、欧州の財政不安が和らぎ買いが優勢となった。4−6月期米GDP確定値や前週分の新規失業保険申請件数が予想より強い内容となったことも投資家心理の改善につながった。ダウ平均は一時250ドル超上げた。ただ、相場の値動きは荒く、その後は好材料出尽くし感からハイテク株などを中心に売られ下げに転じる場面もあった。市場では「中国の景気が大幅に減速するとの思惑が浮上し売りが膨らんだ」との指摘があった。もっとも、引けにかけては買い戻しが入り、再びプラス圏に浮上した。一方、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は続落した。前日に業績見通しを下方修正したアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)が大きく下げ、相場の押し下げ要因となった。

・米国債券相場で長期ゾーンは小幅ながら5日続落。米国株相場がプラス圏で推移した場面で「安全資産」とされる米国債に売りが出た。ドイツ連邦議会がEFSFの機能拡充を承認したことで欧州の財政不安が和らいだほか、この日発表された米経済指標が軒並み予想を上回ったことから、投資家が運用リスクを回避する姿勢を弱めた。もっとも、「中国の景気が今後数年で大幅に減速すると予想する投資家は多い」との米紙報道が伝わり、相場は下げ渋った。7年物国債の入札は「低調だった」と受け止められたものの、相場への影響は限定的だった。

・原油先物相場は反発。EFSFの機能拡充法案をドイツ議会が可決。欧州債務問題への対応が進展するとの思惑から、投資家のリスク志向改善を意識した買いが入った。また、4−6月期の米GDP確定値が改定値から上方修正され、新規失業保険申請件数が前週から大幅に減少するなど、米経済指標が軒並み強い結果となったことも買い材料視されたようだ。フロアー取引では一時83.98ドルまで値を上げる場面があった。

・金先物相場は小幅続落。ドイツ議会がEFSFの機能拡充法案を可決したと伝わったことを受けて、欧州債務問題への対応が進むとの見方から買いが先行した。もっとも、フロアー取引では買いも一服。トロイカ(EU、IMF、ECB)調査団のギリシャ財政削減措置に関する審査など、欧債務不安に対する不透明感は根強く、積極的に買い入れる動きとはならなかった。米国株式相場の失速に伴ってユーロなどに対してドル買い戻しが進んだことも、ドルの代替資産とされる金相場の重しとなったようだ。

⇒ FXスプレッド比較[2011/8/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX
[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

木曜朝のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想 by ぱっと見テクニカル、ディールスコープ、FXライブ

今晩は。もうすぐ10月になりそうな六本木の夜。

10年つきあった埼玉の不動産王の娘と離別としてはや4ヶ月。
結構濃い4ヶ月を過ごしました。

泣いても笑っても人生は一度きり。悔いがないように生きるべ
きです。私は結局、人生で何を求めているのか真剣に考えさせられた
期間でした。

やはり男は田んぼに力ではないですがお金がなければ存在する価値
さえないのかもしれません。

では今日もいまだ資金レバッレジがかかるFXで億万長者を目指して
トレードする為のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想を
おこなってまいまります。

■■■ 11年9月29日夜9時の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 29日の欧州外国為替市場


■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル
・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

■■■ 11年9月29日夜9時のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

ちなみにDMMFXは現在キャンペーン中です。

DMMFXスプレッドキャンペーン


■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFX929_2aa


76円60銭前後。昼からほとんど変化がないドル円です。
ではチャートをDMMFXで見てみましょう。

最新スワップ金利ランキングでも売った場合でのランキング1位の
DMMFXからチャートを抜粋。

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート929_2ab


しかし、チャートを見ると朝からじょじょに円高にいった後、一旦ドル高
に急激にふれ、其の後、結局円高になって、元のドル円の水準に戻った事
がわかります。

■■■ ドル円60分足チャート

DMMFXチャート929_2aab


その動きは60分足で見ればとてもよくわかります。
いってこいの動きです。

では、今後のドル円の動きを木曜朝の最新データをもとに、
伊藤忠グループであるFXプライムが無料で提供するぱっと見テクニカルツールを使って予想します。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0929_2a


2本が円高、1本は若干ドル高のドル円予想です。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0929_2aa


1本は円高、2本は横ばいのドル円予想。

売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル0929_2aya


ドル円売は9位から6位に3ランクアップ。
ドル円買は2位から5位に3ランクダウン。
ここは勢い的にはドル円売りのドル円予想です。

では次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブusd0929_2aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。RSIがよい結果を残しております。

同じく売買シグナルをFXライブで検証すると、

FXライブusd0929_2ab


RSIは75%が買いのシグナル。

では個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd0929_2a


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 18,981人
■ ドル円売り ・・・  3,990人


個人投資家はドル円買が減少し、売りが増加。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年9月29日夜8時のユーロ円予想 ■■■


次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0929_2a


1本が円高、1本が横ばい、1本が若干のユーロ高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0929_2aa


2本は円高、1本はユーロ高のユーロ円予想です。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブeur0929_2aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。ボリンジャーバンド、MACDがプラスの結果を残しております。

FXライブの売買シグナルでは、

FXライブeur0929_2ab


ボリンジャーバンド、MACDともに75%が売りのユーロ円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur929_2aa2


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 6,584人
■ ユーロ円売り ・・・ 4,230


ユーロ円売りが増加中です。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年9月29日夜8時の豪ドル円予想 ■■■


では木曜夜最後FX予想は豪ドル円です!
まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud929_2aa


3本が豪ドル高の予想。

■■■ 豪ドル円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud929_2ab


2本が豪ドル高、1本が横ばいの豪ドル円予想。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブaud0929_2aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。MACD、移動平均がよいプラスの結果を残しております。

では、同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

FXライブaud0929_2a2a


移動平均は75%が買いの予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud0929_2aa2


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 11,571人
■ 豪ドル円売り ・・・  1,978人


個人投資家は豪ドル円売りポジションを減らして、買いが若干増加。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 29日の欧州外国為替市場 ■■■


では、29日の欧州外国為替市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【29日の欧州外国為替市場】

・29日の欧州外国為替市場でユーロドルは一進一退。20時時点では1.3614−19ドルと17時時点(1.3659ドル)と比べて0.0045ドル程度のユーロ安水準だった。欧州市場の序盤は、時間外のダウ先物の上昇や、強い独雇用指標を受けて買いが入り1.36783ドルまで上げた。イタリアの10年物国債入札で落札利回りが過去最大となったことが嫌気されて、1.3620-23ドルまで失速したが、「ドイツネームの買いが入った」との声があった上、ドイツ議会が29日、欧州金融安定ファシリティー(EFSF)の機能拡充法案を可決したと伝わったこともあり、19時過ぎに1.36791ドルと本日高値を更新した。ただ、ドイツ議会の結果はある程度予想されており、結果を受けて一段と買い上がる動きは見られず再び上値を切り下げている。対円でドル買いが一時強まったこともユーロドル相場の上値を抑えた。

・ユーロ円は上値重い。20時時点では104.39−44円と17時時点(104.41円)とほぼ同水準だった。ドイツ議会がEFSFの機能拡充法案を可決したことや、ドル円の買いが強まったことなどを受けて19時過ぎに104.775円と日通し高値を更新した。もっとも、ユーロドルと同様に買いは失速。徐々に上値が切り下がっている。ドル円の買い圧力が後退したこともユーロ円の失速要因。

・ドル円は上値が重い。20時時点では76.68−73円と17時時点(76.47円)と比べて21銭程度のドル高水準。19時過ぎにまとまった買いが入ると上値を伸ばし、76.779円と本日高値を付けた。もっとも、76.70円から77.00円にかけて観測されている売りオーダーに上値を抑えられると、上値の重さが意識されて買い圧力が後退した。

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

・日経平均株価は3日続伸。足もとの上昇に対する反動から、前日の欧米株式相場が大幅に下げた流れを引き継いだ。外国為替市場で対ユーロ中心に円高が進行したことも主力輸出株の重しとなり、午前は100円を超す下げ幅となった。ただ、午後にかけては持ち直す展開に。対ユーロ中心に一転円売りが強まったことを材料に、京セラやTDKなどが底堅く推移したほか、ファーストリテイリングやソフトバンク、コナミなど内需関連株の一角が指数全体を押し上げ、引けにかけて80円超高となった。

・債券先物相場は3営業日ぶりに小幅反発。本日のドイツ下院でのEFSF機能拡充案採決を控えて様子見気分が強く、前日終値から小幅に上げた水準で値動きが細った。

⇒ FXスプレッド比較[2011/8/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX
[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

木曜朝のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想 by ぱっと見テクニカル、ディールスコープ、FXライブ

おはようございます。六本木は快晴です。
昨晩は夜の中でのFX予想でしたが、朝起きてみてもやっぱりFX。
石油王の娘とはどこで知り合えるのだろう?

ではでは、ドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想です。

■■■ 11年9月29日朝8時の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 28日のNY市場


■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル
・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

■■■ 11年9月29日朝8時のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

ちなみにDMMFXは現在キャンペーン中です。

DMMFXスプレッドキャンペーン


■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFX929aa


76円60銭前後。昨晩からは若干ドル高の水準です。
ではチャートをDMMFXで見てみましょう。

最新スワップ金利ランキングでも売った場合でのランキング1位の
DMMFXからチャートを抜粋。

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート929ab


あまり動きがないチャートです。ドル高に反発しそうで出来ない。
しかし、人のうわさによると、今日あたり介入があるかもとの事です
ので、あれ相場が見込めそう。

■■■ ドル円60分足チャート

DMMFXチャート929aab


60分足チャートで見ると77円をトライしてだめだったチャート。

では、今後のドル円の動きを木曜朝の最新データをもとに、
伊藤忠グループであるFXプライムが無料で提供するぱっと見テクニカルツールを使って予想します。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0929a


1本はよこばい、2本がドル高のドル円予想です。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0929aa


2本は横ばい、1本はドル高のドル円予想。

売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル0929aya


ドル円売は昨晩と同様9位。
ドル円買は3位から2位に1ランクアップ。
続けてドル円買のドル円予想です。

では次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブusd0929aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。DMIがよい結果を残しております。

同じく売買シグナルをFXライブで検証すると、

FXライブusd0929ab


DMIは半半のシグナル。

では個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd0929a


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 19,882人
■ ドル円売り ・・・  2,586人


個人投資家は動きはありません。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年9月29日朝8時のユーロ円予想 ■■■


次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0929a


2本が円高、1本が横ばいのユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0929aa


1本は横ばい、2本は円高のユーロ円予想です。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブeur0929aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。移動平均だけがプラスの結果を残しております。

FXライブの売買シグナルでは、

FXライブeur0929ab


移動平均は半半のユーロ円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur929aa2


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 6,867人
■ ユーロ円売り ・・・ 3,334人


ユーロ円売りが減少し、買いが若干増加しました。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年9月29日朝8時の豪ドル円予想 ■■■


では木曜朝のFX予想ラストは豪ドル円です!
まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud929aa


3本が円高の豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud929ab


1本が円高、1本が横ばい、1本が豪ドル高の豪ドル円予想。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブaud0929aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。移動平均のみがプラスの結果を残しております。

では、同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

FXライブaud0929a2a


移動平均は75%が売りの予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud0929aa2


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 11,650人
■ 豪ドル円売り ・・・  1,632人


個人投資家は豪ドル円売りポジションを減らして、買いが若干増加。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 28日のNY市場 ■■■


では、28日のNY市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【28日のNY市場】

・ユーロドルは4営業日ぶりに反落。欧州の取引時間帯では、ギリシャ向け融資への期待が高まりユーロ買いが進んだことから一時1.36909ドルまで値を上げた。ただ、「マクロ系ファンドの売り注文が控えている」との指摘があった節目の1.3700ドル手前で上値の重さを確認すると、次第に戻り売りなどに押された。欧州株相場が下げに転じ下げ幅を広げたうえ、高く始まった米国株価がマイナス圏に沈むと、投資家がリスク回避姿勢を強めるとの見方からユーロ売り・ドル買いが優勢に。アジア時間に付けた安値1.3541ドルを下抜けて、一時1.3533ドルまで下げた。

・フィンランド議会は28日、欧州金融安定ファシリティー(EFSF)の機能拡充を承認したと伝わったが、「承認されることは織り込み済み」との見方から反応は限定的だった。

・ドル円は反落。9月中間期末を控えた日本の輸出企業の円買い・ドル売りが入ったほか、ユーロドルが日通し高値を付けたタイミングで一時76.339円まで円高・ドル安が進んだ。ただ、売り一巡後は下げ渋った。前日の安値76.26円が下値の目処として意識されたほか、「76.10円には買い注文が観測されている」との指摘があり、いったん買い戻す動きが出たようだ。市場では「政府・日銀による円売り介入への警戒感が根強い」との声も聞かれた。

・ユーロ円は反落。欧州時間に一時104.505円まで上げたものの、その後失速した。欧米株価の下落に伴うリスク回避的な売りが優勢となり、一時103.50円まで下げた。ユーロドルと似た動きとなった。

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は4日ぶりに反落。ドイツ議会で29日にEFSF機能強化案が採決されることから、慎重姿勢が広がり売りが優勢となった。市場では「欧州の債務問題をめぐる不透明感を背景に売りが出た」との指摘があった。ダウ平均は前日までの3日続伸で450ドル近く上昇しており、利益確定の売りが出やすい面もあった。なお、序盤は8月米耐久財受注が市場予想を上回ったことなどを手がかりに買いが入り、100ドル超上昇する場面があった。

・ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も4日ぶりに反落した。ただ、タブレットへの参入を発表したアマゾン・ドット・コムは堅調だった。

・米国債券相場で長期ゾーンは小幅ながら4日続落。米国株相場がプラス圏で推移した場面で、「安全資産」とされる米国債に売りが出た。10年債利回りは一時2.06%まで上昇した。市場では「5年物国債の入札を控えて需給悪化への警戒感から売りが出た」との指摘があった。

・ただ、5年物国債の入札が好調だったと分かると、相場は急速に下げ幅を縮めた。「事前の警戒感が強かった分、買い戻しが優勢になった」との声が聞かれた。

・原油先物相場は3日ぶりに反落。時間外取引でこそ底堅い動きとなったものの、フロアー取引後は一転して軟調な展開に。欧米株安を受けて、投資家のリスク志向が低下するとの思惑から売りが出たほか、前日の大幅上昇に対する反動から利益確定の売りも出たようだ。また、対ユーロなどでドル買い戻しが進み、ドル建てで決済される原油に割高感が生じたことも重し。フロアー取引後には一時80.54ドルまで値を下げた。

・金先物相場は反落。前日に大幅上昇した反動で利益確定の売りが出たほか、ドルが対ユーロなどに対して上昇したこともドルの代替資産とされる金相場の重しとなった。銀先物などが大幅に下落したことを受けて、この損失を埋める目的での換金売りも目立ち、フロアー取引後は下げ足を速める展開に。3時過ぎには一時1600.5ドルまで下落する場面があった。

⇒ FXスプレッド比較[2011/8/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX
[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

水曜夜8時のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想 by ぱっと見テクニカル、ディールスコープ、FXライブ

今晩は。
六本木にいつものとおり夜の帳がおりてまいりました。
なんとも情けない三十路。10年前は既にモルディブも飽きて、
そろそろ、南極へ冒険でもいく予定でした。

というか、石油王の娘と結婚する予定だったんですがねぇ。
そんな事はやはり、夢物語だったのでしょう。
しょうがないから、FXに夢を見るしかありません。
ねぇ?王子さん?

では、今宵もやります。ドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想。

■■■ 11年9月28日夜8時の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 28日の欧州外国為替市場


■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル
・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

■■■ 11年9月28日朝8時のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

ちなみにDMMFXは現在キャンペーン中です。

DMMFXスプレッドキャンペーン


■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFX928_2aa


76円30銭。朝からは円高へ。
ではチャートをDMMFXで見てみましょう。

最新スワップ金利ランキングでも売った場合でのランキング1位の
DMMFXからチャートを抜粋。

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート928_2ab


円高に戻しているチャートです。

■■■ ドル円60分足チャート

DMMFXチャート928_2aab


60分足チャートで見るとドル高に抜け切れなかったチャートが見れます。

では、今後のドル円の動きを水曜夜の最新データをもとに、
伊藤忠グループであるFXプライムが無料で提供するぱっと見テクニカルツールを使って予想します。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0928_2a


2本はよこばい、1本がドル高のドル円予想です。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0928_2aa


1本は円高、1本は横ばい、1本はドル高のドル円予想。

売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル0928_2aya


ドル円売は7位から9位にまたまた、ランクダウン。
ドル円買は2位から3位へ。
まだまだドル円買のドル円予想です。

では次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブusd0928_2aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。DMIがよい結果を残しております。

同じく売買シグナルをFXライブで検証すると、

FXライブusd0928_2ab


DMIは75%が売りのシグナル。

では個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd0928_2a


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 20,144人
■ ドル円売り ・・・  2,598人


個人投資家はドル円売が減少、買いが増加しました。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年9月28日夜8時のユーロ円予想 ■■■


次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0928_2a


結局、3本ともに円高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0928_2aa


1本はユーロ高、1本は横ばい、1本は円高のユーロ円予想です。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブeur0928_2aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。移動平均とボリンジャーバンドがプラスの結果を残しております。

FXライブの売買シグナルでは、

FXライブeur0928_2ab


移動平均・ボリンジャーバンドともに半半のユーロ円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur928_2aa2


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 6,813人
■ ユーロ円売り ・・・ 3,744人


ユーロ円売りが減少し、買いが若干増加しました。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年9月28日夜8時の豪ドル円予想 ■■■


では水曜夜のFX予想ラストは豪ドル円です!
まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud928_2aa


1本が円高、2本が横ばいの豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud928_2ab


1本が円高、2本が豪ドル高の豪ドル円予想。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブaud0928_2aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。移動平均がよい結果を残しております。

では、同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

FXライブaud0928_2a2a


移動平均は半半の予想です。
総合判断は75%が買いの予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud0928_2aa2


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 11,474人
■ 豪ドル円売り ・・・  2,147人


 ⇒ トップに戻る

■■■ 28日の欧州外国為替市場 ■■■


では、28日の欧州外国為替市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【28日の欧州外国為替市場】

・28日の欧州外国為替市場でユーロドルは堅調。20時時点では1.3673−78ドルと17時時点(1.3634ドル)と比べて0.0039ドル程度のユーロ高水準だった。一時1.3690ドルまで上昇した。欧州委員会が28日、トロイカ(欧州連合(EU)、国際通貨基金(IMF)、欧州中央銀行(ECB))の調査団が29日にギリシャに再訪し、調査を再開することを明らかにした。また、10月に臨時のユーロ圏財務相会合を開催し、ギリシャ問題とギリシャ向けの第6次融資について話し合うことも示された。ギリシャ向け融資への期待が高まりユーロ買いが膨らんだ。市場参加者からは「米系金融機関からのユーロ買いが入った」との指摘が聞かれた。

・20時過ぎにフィンランド議会が欧州金融安定ファシリティー(EFSF)の機能拡充を承認したと伝わったが、承認されることが予想されていたこともあって、反応は見られない。

・ ドル円は神経質な展開。20時時点では76.36−41円と17時時点(76.40円)とほぼ同水準だった。対ユーロでドル売り圧力が高まると、ドル円も売りに押された。19時過ぎに76.34円と日通し安値を更新した。もっとも、欧州株や時間外の米株価指数先物の上昇を手掛かりにクロス円が買われており、つれる格好で円売り・ドル買いも出ているため下値は限られている。

・ ユーロ円はしっかり。20時時点では104.41−46円と17時時点(104.19円)と比べて22銭程度のユーロ高水準だった。欧州委員会の発表や欧州株や時間外のダウ先物の上昇を受けた動き。一時104.50円と日通し高値を更新した。

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

・日経平均株価は小幅続伸。欧州債務危機が改善に向けて進展するとの期待感から、前日の欧米株式相場が大幅高となった影響を受けた。9月期末の配当落ち分(約70円)を埋め、一時50円超高まで買いが先行した。ただ、外国為替市場での円高進行を背景に京セラやTDKなど主力輸出株の一角が売られたうえ、時間外の米株価指数先物の下落が重しとなり、午後に入り下げに転じた。その後は前日終値を挟んで動意を欠いた。本日はフィンランド、明日はドイツで欧州金融安定ファシリティー(EFSF)機能拡充案の採決が行われる予定となっており、様子見気分が強まった。

・債券先物相場は小幅続落。フィンランドやドイツでのEFSF機能拡充案の採決を見定めたいとして様子見を決め込む参加者が多く、前日終値前後でのもみ合いに終始した。

⇒ FXスプレッド比較[2011/8/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX
[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

水曜朝最新のデータを元にドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想 by ぱっと見テクニカル、FXライブ、ディールスコープ

おはようございます。
昨晩はユカイなナカマ達と旨い魚をたべてきました。
ユカイなナカマ達は皆、リッチで人生を非常に楽しんでいる様子でした。

やはり新橋あたりを歩いているジメジメした日系企業サラリーマンを見ると
うつに入りますね。とても人生を楽しめるとは思えません。
なので、FXで稼いでカリブ海にヨットを浮かべるまでは、
ドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想を行っていきます。

A380を買うのは無理でも、プライベートジェット1回チャーターくらい
だったら数百万円といっきに現実的です。

では、今日もイキマショウ!

■■■ 11年9月28日朝8時の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 27日のNY市場


■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル
・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

■■■ 11年9月28日朝8時のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

ちなみにDMMFXは現在キャンペーン中です。

DMMFXスプレッドキャンペーン


■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFX928aa


76円70銭あたり。昨晩からドル高へ。
ではチャートをDMMFXで見てみましょう。

最新スワップ金利ランキングでも売った場合でのランキング1位の
DMMFXからチャートを抜粋。

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート928ab


むむむ。これは、また、ドル高にいきそうなチャート。

■■■ ドル円60分足チャート

DMMFXチャート928aab


60分足チャートで見ると、ドル高へのトレンドにきているのがわかります。

では、今後のドル円の動きを月曜夜の最新データをもとに、
伊藤忠グループであるFXプライムが無料で提供するぱっと見テクニカルツールを使って予想します。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0928a


1本はよこばい、2本がドル高のドル円予想です。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0928aa


2本は円高、1本は横ばいのドル円予想。

売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル0928aya


ドル円売は3位から7位にまた、ランクダウン。
ドル円買は2位をキープ。
これは、いまだ、ドル円買がよいというシグナル。すなわち、ドル高の
ドル円予想です。

では次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブusd0928aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。MACDがよい結果を残しております。

同じく売買シグナルをFXライブで検証すると、

FXライブusd0928ab


MACDは75%買いのシグナル。

では個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd0928a


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 18,705人
■ ドル円売り ・・・  4,268人


個人投資家はドル円売が増加。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年9月28日朝8時のユーロ円予想 ■■■


次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0928a


1本が円高、2本がユーロ高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0928aa


3本が円高のユーロ円予想です。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブeur0928aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。ボリンジャーバンド、ストキャスティクスがよい結果を残しております。

FXライブの売買シグナルでは、

FXライブeur0928ab


ボリンジャーバンドは75%が売りのユーロ円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur928aa2


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 6,556人
■ ユーロ円売り ・・・ 3,985人


ユーロ円売りが増加しました。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年9月28日朝8時の豪ドル円予想 ■■■


では水曜朝のFX予想ラストは豪ドル円です!
まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud928aa


1本が円高、1本が横ばい、1本が豪ドル高の豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud928ab


1本が円高、2本が豪ドル高の豪ドル円予想。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブaud0928aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。ボリンジャーバンドがよい結果を残しております。

では、同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

FXライブaud0928a2a


ボリンジャーバンドは100%が売りの予想です。
総合判断も50%が売りの予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud0928aa2


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 11,145人
■ 豪ドル円売り ・・・  2,312人


 ⇒ トップに戻る

■■■ 27日のNY市場 ■■■


では、26日のNY市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【27日のNY市場】


・ドル円は反発。前日の高値76.763円や23日の高値76.89円を上抜けて、一時76.94円まで値を上げた。欧州当局による債務危機回避に向けた対応への期待感が強まるなか、欧米の株価が大幅に上昇。投資家のリスク志向が改善するとの見方が拡大し、クロス円中心に円売りが進んだ流れに沿った。

・なお、米スタンダード・アンド・プアーズ (S&P)が発表した7月のS&Pケース・シラー住宅価格指数、米リッチモンド連銀が発表した9月の製造業景気指数はそれぞれ市場予想を上回ったものの、米大手民間調査機関のコンファレンス・ボードが発表した9月の米消費者信頼感指数は予想を下回った。強弱入り混じる内容だったこともあって、為替相場への影響は限定的だった。

・ユーロ円は上昇。欧米株価の上昇を受け円売り・ユーロ買いが先行。市場では「ロンドン16時(日本時間24時)のフィキシングに向けて、まとまった規模のクロス円の買いが入る」との噂があり、先回りして円売り・ユーロ買いを進めた参加者もいた。ダウ平均が300ドル超上昇すると、買いの勢いが増し一時104.963円まで上値を伸ばした。ただ、引けにかけてはユーロドルの伸び悩みにつれて上げ幅を縮めた。

・ユーロドルは3日続伸。長期化する欧債務危機の解決に向けて欧州当局が決定的な行動を取るとの楽観論が広がり、ユーロ買いが膨らんだ。メルケル独首相がギリシャ支援に前向きな発言をしたことでダウ平均が300ドル超上昇すると、一時1.3669ドルまで値を上げた。ただ、英フィナンシャルタイムズ(FT)が「ユーロ圏諸国の間でギリシャ救済をめぐる条件に関して意見が割れている」と報じると、急速に上げ幅を縮めた。

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸。欧州金融安定ファシリティー(EFSF)の融資能力拡大に関する報道を受け、欧州の債務危機への対応が進むとの期待が高まった。欧州株相場が急伸し、投資家が運用リスクを取りやすくなるとの見方から米国株にも買いが集まった。メルケルドイツ首相が「ギリシャの目標達成のため、支援の用意がある」「EFSFの機能拡充をめぐる議会採決で、連立与党が過半数票を獲得できると確信」などと述べたと伝わると、ダウ平均は300ドル超上昇する場面があった。もっとも、取引終了前に英FTが「ユーロ圏諸国の間でギリシャ救済をめぐる条件に関して意見が割れている」と報じると、金融株が伸び悩んだため指数は上げ幅を縮めた。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も3日続伸した。

・米国債券相場で長期ゾーンは3日続落。ギリシャ議会が財政緊縮策の一環である不動産特別税の導入を承認したほか、メルケル独首相がギリシャ支援に前向きな発言をしたことで、欧債務危機の解決に向けた動きが進んでいるとの見方が広がった。米国株が大幅に上昇し、安全資産とされる米国債には売りが集まった。10年債利回りは一時2.01%まで上昇した。

・原油先物相場は大幅続伸。EFSFの規模拡大の可能性が伝わるなど欧債務問題の先行き不安が後退するとの思惑から、投資家のリスク志向が改善し、原油相場に買いが入った。また、対ユーロでドル売りが進み、ドル建てで決済される原油に割安感が生じたことも下支え材料となったようだ。フロアー取引後には一時84.77ドルまで値を上げた。

・金先物相場は5営業日ぶりに大幅反発。前日までの4営業日で200ドル超の下落となった反動で、値ごろ感からの買いが入った。また、欧米株式相場が堅調な展開となったことを受けて、他の金融資産の損失を埋める目的での換金売りが一服したことも支援材料。時間外取引で1679.2ドルまで上昇した後は伸び悩んだものの、総じて1600ドル台半ばでの底堅い推移を維持した。

⇒ FXスプレッド比較[2011/8/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX
[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

火曜朝8時のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想 by ぱっと見テクニカル、ディールスコープ、FXライブ

おはようございます。
火曜日という何の変哲もない人生のとある一日の朝がやってまいりました。
今日もFX業者の無料ツールを駆使してドル円、ユーロ円、豪ドル円を予想。

■■■ 11年9月27日朝8時の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 26日のNY市場


■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル
・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

■■■ 11年9月27日朝8時のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

ちなみにDMMFXは現在キャンペーン中です。

DMMFXスプレッドキャンペーン


■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFX927aa


76円30銭。昨晩からは変化なし。
ではチャートをDMMFXで見てみましょう。

最新スワップ金利ランキングでも売った場合でのランキング1位の
DMMFXからチャートを抜粋。

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート927ab


いってこいの相場ですね。

■■■ ドル円60分足チャート

DMMFXチャート927aab


60分足チャートで見ると、あまり動いていない事がよくわかります。

では、今後のドル円の動きを月曜夜の最新データをもとに、
伊藤忠グループであるFXプライムが無料で提供するぱっと見テクニカルツールを使って予想します。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0927a


1本が円高、2本が若干ドル高のドル円予想です。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0927aa


2本は若干ドル高、1本は横ばいのドル円予想。

売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル0927aya


ドル円売は首位から3位にランクダウン。
ドル円買は10位から一気に2位へ!
下克上です。ドル円買いシグナルです。

では次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブusd0927aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。RSI・MACDがよい結果を残しております。

同じく売買シグナルをFXライブで検証すると、

FXライブusd0927ab


MACDは75%買いのシグナル、RSIも同様。

では個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd0927a


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 20,504人
■ ドル円売り ・・・  2,305人


個人投資家は若干ドル円買が増加。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年9月27日朝8時のユーロ円予想 ■■■


次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0927a


2本が円高、1本がよこばいのユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0927aa


2本がドル高、1本が横ばいの予想です。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブeur0927aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。DMIがよい結果を残しております。

FXライブの売買シグナルでは、

FXライブeur0927ab


DMIの結果は半半。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur927aa2


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 7,106人
■ ユーロ円売り ・・・ 3,007人


ユーロ円売りが増加しましたか?

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年9月27日朝8時の豪ドル円予想 ■■■


では月曜夜のFX予想ラストは豪ドル円です!
まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud927aa


2本が円高、1本が横ばいの豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud927ab


3本ともばらばらの豪ドル円予想。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブaud0927aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。ボリンジャーバンドがよい結果を残しております。

では、同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

FXライブaud0927a2a


ボリンジャーバンドは100%が売りの予想です。
総合判断も50%が売りの予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud0927aa2


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 11,454人
■ 豪ドル円売り ・・・  1,836人


買いが減り売りが増えました。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 26日のNY市場 ■■■


では、26日のNY市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【26日のNY市場】

・ユーロドルは続伸。アジアの取引時間帯では、欧州の財務・金融不安を背景に一時1.3360ドルと1月18日以来の安値まで下落したが、売りが一巡すると買い戻しが優勢に。欧州当局者が債務問題の解決に向け幅広い手段を検討していることを示唆し、欧米の株式相場が軒並み上昇。投資家のリスク回避姿勢が和らぐとの見方からユーロの売り持ちを解消する動きが強まり、一時1.3544ドル付近まで値を上げた。

・なお、欧州中央銀行(ECB)関係者の話として「ECBはカバードボンドの購入再開を検討している」「10月6日の次回理事会では1年物融資の討議や、利下げが討議される可能性がある」と伝わったほか、ノボトニー・オーストリア中銀総裁は「欧州金融安定ファシリティー(EFSF)の規模拡大は正しい」と述べた。また、CNBCは「欧州当局者はEFSFのレバレッジ計画を検討している」と報じた。

・ドル円は反落。アジア時間に一時76.217円まで下落した影響が残った。ただ、ニューヨーク市場に限れば、ドルと円がユーロなどに対して同時に売買された影響で、方向感に乏しい展開だった。

・ユーロ円は横ばい。アジア時間に一時101.946円と2001年6月8日以来の安値まで下げたが、その後は予想を上回る独経済指標を手掛かりに買い戻しが進んだ。欧米株価の上昇に伴う円売り・ユーロ買いも出た。

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に続伸。EFSFが拡充されるとの期待感や、欧州中央銀行(ECB)の利下げ観測を背景に欧州株相場が上昇。投資家が運用リスクを取りやすくなるとの見方から米国株にも買いが入った。市場では「値ごろ感から押し目買いが入った」との指摘があった。JPモルガン・チェースやウェルズ・ファーゴ、バンク・オブ・アメリカなど銀行株の上昇が目立った。

・ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も続伸。「アップルは10−12月期にiPad向け部品の発注を7−9月期の水準から減らす」との報道が伝わると、アップル株が下落。相場は軟調に推移する場面もあった。ただ、その後アップルが下げ幅を縮めたため、指数は上昇に転じた。

・米国債券相場は続落。欧州当局者が債務問題の解決に向け幅広い手段を検討していることを示唆したことで、欧債務問題への警戒感が和らぎ米国株相場が上昇。「安全資産」とされる米国債に売りが広がった。市場では「明日から予定されている2年、5年、7年物国債の入札を前に、需給悪化を警戒した売りも出た」との指摘があった。

・原油先物相場は4営業日ぶりに反発。世界的な景気減速懸念から時間外取引では売りが先行し、一時77.11ドルと8月9日以来約1カ月半ぶりの安値を付ける場面があった。もっとも、その後は買い戻しが優勢に。欧米株式相場が堅調な展開となり、投資家のリスク志向が高まるとの思惑から買いが入ったほか、対ユーロでドル売りが進み、ドル建てで決済される原油に割安感が生じたことも支援材料となったようだ。節目の80ドルを上抜けたことで買いが加速し、フロアー取引後には81.42ドルまで上値を伸ばした。

・金先物相場4日続落。アジア株式相場が軒並み安となったことを受けて、損失を埋める目的での換金売りが時間外取引で先行。一時1535.0ドルと7月8日以来の安値を付けた。その後は欧米株式相場が堅調な展開となったことで買い戻しの動きも見られたが、ギリシャのデフォルト懸念がくすぶるなか、戻りは限られた。また、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)が23日に一部の貴金属先物の証拠金引き上げを発表したことも相場の重しとなったようだ。

⇒ FXスプレッド比較[2011/8/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX
[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

月曜夜最新のデータを元にぱっと見テクニカル、FXライブ、ディールスコープを徹底駆使して、ドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想を徹底検証!!

今晩は。
六本木にも夜がいつものとおりやってきました。
そろそろ引越しを真剣に考える元リーマン社員です。
ただ、引っ越すのもお金が必要です。

・・・本当にFXで稼げないと大変な事態になります。
しかし、ある意味ここで自分にチャレンジするいい時期かもしれません。

まずはFXで100万円を目指して、ドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円
予想を無料のFXツール(下記ご参照)を駆使して徹底予想いたします。

■■■ 11年9月26日夜9時の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 26日の欧州外国為替市場・日本株式市場


■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル
・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

■■■ 11年9月26日夜のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

ちなみにDMMFXは現在キャンペーン中です。

DMMFXスプレッドキャンペーン


■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFX926_2aa


76円30銭。ちょっと円高にふれました。
朝からのチャートをDMMFXで見てみましょう。

最新スワップ金利ランキングでも売った場合でのランキング1位の
DMMFXからチャートを抜粋。

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート926_2ab


box相場のようなチャートです。

■■■ ドル円60分足チャート

DMMFXチャート926_2aab


60分足チャートで見ると、ドル高に抜ききれなかったチャートが見えます。
これは、まだまだ、円高にきそうな予感がするチャートです。

では、今後のドル円の動きを月曜夜の最新データをもとに、
伊藤忠グループであるFXプライムが無料で提供するぱっと見テクニカルツールを使って予想します。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0926_2a


1本が円高、2本が横ばいのドル円予想です。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0926_2aa


1本はドル高、1本は横ばい、1本は円高のドル円予想。

売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル0926_2aya


ドル円売は首位を午前中から守っております!!
ドル円買は13位から3ランクUPの10位に。
ジョジョに買いのシグナルの順位があがってはおりますが、
売りはトップの座に君臨しており、あいかわらず、圧倒的ドル円売りシグナル
です。

では次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブusd0926_2aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。MACDがよい結果を残しております。

同じく売買シグナルをFXライブで検証すると、

FXライブusd0926_2ab


MACDは100%買いのシグナルとなっております!

では個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd0926_2a


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 20,387人
■ ドル円売り ・・・  2,310人


個人投資家のドル円に対してのポジションは変化ありません。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年9月26日夜のユーロ円予想 ■■■


次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0926_2a


1本が円高、1本がユーロ高、1本がよこばいのユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0926_2aa


3本が円高の予想です。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブeur0926_2aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。DMIがよい結果を残しております。

FXライブの売買シグナルでは、

FXライブeur0926_2ab


DMIの結果は半半。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur926_2aa2


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 7,496人
■ ユーロ円売り ・・・ 2,444人


ユーロ円買いが減少し、売りが増加。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年9月26日夜の豪ドル円予想 ■■■


では月曜夜のFX予想ラストは豪ドル円です!
まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud926_2aa


3本ともに横ばいの豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud926_2ab


3本ともに結局は豪ドル高の豪ドル円予想。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブaud0926_2aa


直近24時間、5分足チャートでのテクニカル指標パフォーマンスランキング
です。ボリンジャーバンドがよい結果を残しております。

では、同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

FXライブaud0926_2a2a


ボリンジャーバンドは75%が売りの予想です。
ただし、総合判断は50%が買いの予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud0926_2aa2


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 11,759人
■ 豪ドル円売り ・・・  1,625人


あまり個人投資家の動向には変化がありません。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 26日の欧州外国為替市場・日本株式市場など ■■■


では、26日の欧州外国為替市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【26日の欧州外国為替市場】

・26日の欧州外国為替市場でユーロ円は買い戻しが継続。20時時点では103.02−07円と17時時点(102.62円)と比べて40銭程度のユーロ高水準だった。時間外の米株価指数先物の上げ幅が拡大しているほか、26日のドイツ株式指数(DAX)は3%超の上昇となっているため、アジア時間にリスク回避の流れに沿って形成された円買い・ユーロ売りポジションの巻き戻しが続いている。一部通信社が、欧州中央銀行(ECB)関係者の話として「カバードボンドの購入再開を検討している」「10月6日の次回理事会では1年物融資の討議や、利下げが討議される可能性がある」などと報じると買い戻しが加速し、20時過ぎに103.20-25円まで値を上げた。ECBの金融緩和自体は通貨としてのユーロにはマイナスであるものの、ユーロ圏内のお金のフローの改善や景気の下支え効果、ECBの危機対応姿勢などを評価してユーロが買い戻されているようだ。株式相場が上げ幅を拡大していることも買いを後押ししている。

・ユーロドルも買い戻し継続。20時時点では1.3488−93ドルと17時時点(1.3418ドル)と比べて0.0070ドル程度のユーロ高水準で推移した。ユーロ円と同様に株価の上昇を背景にショートカバーが継続。ECBのカバードボンド購入再開の話が伝わると買いが加速し、20時過ぎに1.3534-37ドルまで戻した。

・ドル円は方向感が定まらない。20時時点では76.37−42円と17時時点(76.49円)と比べて12銭程度のドル安水準。

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

・日経平均株価は大幅続落。欧州の財政・金融システム不安や世界景気の減速懸念に改善がみられないなか、22日の欧米株式相場が大幅安となった影響が残った。市場では「先物市場にまとまった売りが持ち込まれた」との声が聞かれたうえ、アジア株全般や時間外の米株価指数先物の下げ幅拡大が重しとなり、午後には200円超安となった。外国為替市場で対ユーロ中心に円高が進行し、輸出企業の業績悪化が懸念されたことも売りを誘った面があった。個別では、KDDIやファナック、ソフトバンクが指数の下落に大きく寄与した。

・債券先物相場は小幅反発。日経平均株価の大幅安に伴い、安全資産としての債券需要が高まった。ただ、市場では「半期末を控えた投資家から損失を補てんする目的で売りが出た」との声が聞かれ、上値は限られた。

⇒ FXスプレッド比較[2011/8/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX
[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

月曜朝最新のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想 by ぱっと見テクニカル、FXライブ、ディールスコープ

おはようございます。
プーケット余韻にひたる間もなく平常の日々が戻ってきました。
今日はくもり気味の六本木の空です。

いつかは、プーケットの海辺でまったりFXして暮らす・・
そんな夢を実現する為に今日もドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想を
検証していきます。

■■■ 11年9月26日朝の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 23日のNY市場


■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル
・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

■■■ 11年9月26日朝のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

ちなみにDMMFXは現在キャンペーン中です。

DMMFXスプレッドキャンペーン


■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFX926aa


76円57銭です。チャートを見てみましょう。

最新スワップ金利ランキングでも売った場合でのランキング1位の
DMMFXからチャートを抜粋。

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート926ab


山のようなチャートです。

■■■ ドル円60分足チャート

DMMFXチャート926aab


60分足チャートで見てもドル高反発がよくわかります。
しかも其の後円高にふれつつも今日あたりはドル高に反発するかも
しれません。

では、今後のドル円の動きを金曜朝一の最新データをもとに、
伊藤忠グループであるFXプライムが無料で提供するぱっと見テクニカルツールを使って予想します。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0926a


3本ともにほぼ横ばいのドル円予想です。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0926aa


1本はドル高、2本は横ばいのドル円予想。

売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル0926aya


ドル円売は7位から首位を奪還!
ドル円買は14位から1ランクUPの13位に。
あいかわらず、圧倒的ドル円売りシグナルです。

では次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブusd0926aa


FXライブusd0926aa1


各時間軸でのランキングです。
売買シグナルをFXライブで検証すると、

FXライブusd0926ab


では個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd0926a


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 19,749人
■ ドル円売り ・・・  2,701人


個人投資家のドル円買が減少しております。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年9月26日朝のユーロ円予想 ■■■


次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0926a


2本がよこばい、1本がユーロ高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0926aa


2本が結局横ばい、1本がユーロ高のユーロ円予想です。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブeur0926aa


FXライブeur0926aa1


FXライブの売買シグナルでは、

FXライブeur0926ab


では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur926aa2


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 7,214人
■ ユーロ円売り ・・・ 2,427人


 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年9月26日朝の豪ドル円予想 ■■■


では土曜朝一のFX予想ラストは豪ドル円です!
まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud926aa


みたまんまなんともいえない豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud926ab


1本は円高、2本は横ばいの豪ドル円予想。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブaud0926aa


FXライブaud0926aa1


では、同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

FXライブaud0926a2a


では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud0926aa2


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 11,484人
■ 豪ドル円売り ・・・  1,592人


 ⇒ トップに戻る

■■■ 23日のNY市場 ■■■


では、23日のNY市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【23日のNY市場】

・ドル円は反発。ユーロ圏の財政問題やギリシャのデフォルト(債務不履行)への警戒感、世界的な景気減速懸念などを背景に今週後半から欧米の株価は大きく下落していたものの、週末を控えてひとまず下げ止まった。投資家のリスク回避姿勢もいったん和らぎ、対欧州・オセアニア通貨で進んだ円買いの動きが後退。重しがとれた格好でドル円には徐々に買い戻しが入った。22日に史上最安値を付けていたポンド円の戻りが大きくなったことが支えとなった面があった上、「米金利が上昇したことを背景に日米金利差拡大を意識した円売り・ドル買いも出た」との声もあった。途中ストップロス注文も巻き込んで76.89円まで上昇する場面があった。

・ユーロドルは3営業日ぶりに反発。23日の欧州市場で、英・独の株価指数や時間外の米株価指数先物の下落を受けて売られた流れを引き継ぐと、ニューヨーク市場の序盤に1.34181ドルまで下げた。しかし、英・独の株価指数や現物の米国株は小幅ながら上昇に転じて取引を終了した。リスク志向の低下に歯止めがかかりユーロドルにも買い戻しが入った。「『フランスが(米国がリーマンショック後に採用した)不良資産救済プログラム(TARP)のようなプログラムを採用する可能性がある』との噂を背景にしたユーロ買いが入った」との声もあり、1.3543-46ドルまで戻す場面があった。

・ユーロ円は6日ぶりに反発。ユーロドルと同様に欧州市場で売られた地合いを引き継ぐと102.25円まで下げたが、株価の反発を支えに持ち直した。ポンド円の戻りが大きくなったことにつれた円売り・ユーロ買いも見られた。一時103.74円まで値を上げた。

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は3日ぶりに反発し、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は5日ぶりに反発した。このところ大きく下げていたこともあって週末を前に持ち高調整の買い戻しが入った。「下落幅の大きかった金融株に買い戻しが入った」「欧州中央銀行(ECB)が景気下支えのため金融緩和を行うとの憶測が広がり、欧州株が下げ止まったことが米国株の買い戻しを誘った」などの指摘が聞かれた。ホーム・デポやマクドナルド、ウォルト・ディズニーなど一般消費財・サービスセクターが上げたほか、バンク・オブ・アメリカが4%超の上昇となるなど金融株も高かった。四半期決算がアナリスト予想を上回ったことが好感されたナイキも上昇。

・米国債券相場は長期ゾーンは6営業日ぶりに反落。週後半に加速した株式相場の下げが収まり、リスク回避目的で買われていた債券に売りが膨らんだ。5日続伸してきたこともあり、週末を前に利益確定の売りが出やすかった。来週米財務省が米国債の入札を行う予定となっており、需給悪化を意識した売りも見られた。利回りは一時1.84%まで上昇した。また、米2年物国債相場は4日続落し、利回りは前日比0.01%高い(価格は安い)0.21%で終えた。

・原油先物相場は3日続落。世界的な景気減速懸念から欧州株式相場が大幅に下落したため、時間外取引から売りが優勢となった。節目の80.00ドルを下抜けたことで損失覚悟の売りも巻き込み、一時77.55ドルと8月9日以来の安値を付ける場面があった。もっとも、売り一巡後は欧州株がプラス圏に浮上したほか、米国株も底堅い動きとなったため、投資家のリスク志向が改善するとの見方から下値を切り上げる展開に。値ごろ感からの買いも見られ、取引終了にかけては下げ幅を縮めた。

・金先物相場は大幅に3日続落。銀や銅先物などが大幅に下落し、この損失を埋める目的で金に利益確定の売りが出た。また、一時欧州株や米株価指数先物も大幅に下落したことから、株安による損失を埋める目的での金の換金売りも目立ったようだ。フロアー取引では一時1631.7ドルと8月2日以来約1カ月半ぶりの安値を付ける場面も見られた。

⇒ FXスプレッド比較[2011/8/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX
[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

 ⇒ トップに戻る
DMM FX

土曜朝の最新ドル円予想ユーロ円予想豪ドル円予想 by ぱっと見テクニカル、ディールスコープ、FXライブ

世界では、ニュートリノが光速を超えたとかさわいでますがどうなんでしょ
うかねぇ。

まぁ、そんな事はさておき、今日もお金を使う日です。数万円の支出を
覚悟しており、その分さえも、FXで稼ぐしかないわけです。

気合をいれて最新のFXデータを元に下記のFX業者のツールを駆使して、
ドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想を行っていきます。

■■■ 11年9月24日朝の各種予想 ■■■


 ⇒ ドル円予想
 ⇒ ユーロ円予想
 ⇒ 豪ドル円予想
 ⇒ 23日の欧州市場


■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル
・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール比較

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

■■■ 11年9月24日朝のドル円予想 ■■■


では為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

ちなみにDMMFXは現在キャンペーン中です。

DMMFXスプレッドキャンペーン


■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFX924aa


ドル高に若干ふれましたね。チャートを見てみましょう。

最新スワップ金利ランキングでも売った場合でのランキング1位の
DMMFXからチャートを抜粋。

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート924ab


直近ではドル高トレンドにきております。

■■■ ドル円60分足チャート

DMMFXチャート924aab


60分足チャートで見てもドル高反発がよくわかります。

■■■ ドル円1日足チャート

DMMFXチャート924aab


ただ、1日足でみれば、まだまだ、一瞬のドル高反発のようにもみえ、
これからの動きに注目です。

では、今後のドル円の動きを金曜朝一の最新データをもとに、
伊藤忠グループであるFXプライムが無料で提供するぱっと見テクニカルツールを使って予想します。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0924a


3本ともにドル円予想です。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0924aa


1本は円高、2本は横ばいのドル円予想。

■■■ ドル円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0924ab


2本は円高、1本はドル高のドル円予想。

売買シグナルランキングを見てみると・・・

■■■ 売買シグナルランキング *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル0924aya


ドル円売は1位から7位に後退。
ドル円買は14位から5位に爆進!

おなじくパターン分析結果は、

ぱっと見テクニカル0924ayas


ドル円は売りの結果です。

では次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブusd0924aa


FXライブusd0924aa1


FXライブusd0924aa2


各時間軸でのランキングです。
売買シグナルをFXライブで検証すると、

FXライブusd0924ab


では個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd0924a


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 19,812人
■ ドル円売り ・・・  2,739人


 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年9月24日朝のユーロ円予想 ■■■


次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0924a


1本が円高、2本がユーロ高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0924aa


3本ともにドル高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0924av


2本が円高、1本がユーロ高のユーロ円予想です。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブeur0924aa


FXライブeur0924aa1


FXライブeur0924aa2


FXライブの売買シグナルでは、

FXライブeur0924ab


では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur924aa2


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 7,249人
■ ユーロ円売り ・・・ 2,480人


 ⇒ トップに戻る

■■■ 11年9月24日朝の豪ドル円予想 ■■■


では土曜朝一のFX予想ラストは豪ドル円です!
まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud924aa


1本は豪ドル高、2本は横ばいの豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud924ab


1本は円高、2本は横ばいの豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud924aab


1本は豪ドル高、2本は横ばいの豪ドル円予想。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブaud0924aa


FXライブaud0924aa1


FXライブaud0924aa2


では、同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

FXライブaud0924a2a


では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud0924aa2


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 11,504人
■ 豪ドル円売り ・・・  1,672人


ドル円買がへっております。

 ⇒ トップに戻る

■■■ 23日の欧州市場 ■■■


では、23日の欧州市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【23日の欧州市場】

・ユーロドルは一進一退。ユーロ圏の財政・金融システムに対する警戒感がくすぶり続ける中、世界的な景気減速懸念が台頭してきたため、23日の英FTSE100種総合株価指数とドイツ株式指数(DAX)は節目の5000を一時割り込むなど欧州株の軟調さが目立つ場面があった。ユーロドルはリスクポジション解消目的の売りに押し下げられ、21時過ぎに1.3419ドルと日通し安値を更新した。

・もっとも、欧州株が売り一巡後にひとまず買い戻されると、ユーロドルもリスク回避姿勢が緩和しショートカバーが入った。「『フランスが(米国がリーマンショック後に採用した)不良資産救済プログラム(TARP)のようなプログラムを採用する可能性がある』との噂を背景にしたユーロ買いが入った」との声もあり、1.3543-46ドルまで戻す場面もあった。

欧州株の買い戻しに関しては、「欧州中央銀行(ECB)が景気の下支え策を発表する可能性があるとの憶測を背景にショートカバーが入った」との指摘が聞かれた。

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

・ドル円は一時売られたものの、切り返した。欧州株や時間外の米株価指数先物が下げ幅を拡大した場面で、クロス円にリスク資産圧縮目的の売りが強まると、ドル円も共に売られ日通し安値となる76.151円まで下げた。

ただ、その後の主要株価は買い戻しが入りリスク回避姿勢はいったん和らいだ。クロス円の売り圧力が後退した影響で、ドル円は徐々に値を戻した。昨日史上最安値を更新したポンド円を買い戻す動きが強まっていることがドル円相場を押し上げたほか、昨日NY市場の高値76.58円を上抜けるとストップロス注文も巻き込んで戻りが大きくなっている。4時過ぎに76.77円まで上げ幅が広がった。

・ユーロ円も一進一退。欧州株や時間外のダウ先物が軟調に推移した局面で102.25円と日通し安値を付けたものの、株価の戻りやユーロ圏当局の危機対応策に関する憶測などを背景にショートカバーが入り値を戻した。4時前には103.49円と日通し高値を付けている。

・ロンドン株式相場は3営業日ぶりに反発。5000ポイントを割り込む場面も見られたが、週末を控えてポジション調整の買い戻しが入り小幅に上昇に転じた。バークレイズなど銀行株の買い戻しが進んだ。「フランス政府が、金融機関のサポート目的で対策を講じる可能性があるとの憶測が広がり、フランスの金融機関が上昇したことが支えとなった」との指摘があった。テスコは投資判断が引き上げられたことを受けて買いが入った。ボーダフォンやインマルサットなど電気通信サービスセクターも買われた。一方、ランドゴールド・リソーシズとフレスニーヨがそれぞれ4%超の下落となるなど素材株の下げが目立った

・フランクフルト株式相場は3日ぶりに反発。このところ下げがきつかったこともあって、週末を前に持ち高調整の買いが入った。ECBが追加金融緩和に踏み切るとの出所不明の噂が広がったことも買い戻しを誘ったようだ。同業のナイキの決算がアナリスト予想を上回ったことを好感してアディダスが上げたほか、UBSが投資判断を引き上げた商用車のMANも買われた。医薬品の承認を当局が推奨したことが好感されてバイエルが7%超の上昇となったほか、ドイツ銀行が5%超、コメルツバンクが4%超の上昇となるなど金融セクターも高かった。

・欧州債券相場は下落。株式相場の上昇や米国債の下落を受けた。

⇒ FXスプレッド比較[2011/8/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX
[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

 ⇒ トップに戻る
 東大式FX攻略法

みんなのFX

元リーマン社員限定タイアップ企画

FXプライム[直トレFX]

アイネットFX
元LB社員が取引に使うFX業者
SBIFXTRADE評判  ドル円0.27銭SBIFXトレード
豪ドル円0.99/ユロ円0.69/ポン円1.19
1$から取引可/スプレッド4桁表示
住信SBIネット銀行50%出資のSBIG

GMOクリック証券FX評判  株も売買可GMOクリック証券
米ドル/円0.3銭原則固定
YAHOO出資企業/資産2000億円
8万人使用iClickFXNEO/FXroid
最新キャッシュバック特集
カテゴリー別の記事
livedoor プロフィール
免責事項
当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び私に関係する全ての方は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。

外為どっとコム
DMM FXは初心者向け
ドル円予想に使うFXツール
FXツール FXプライム byGMOのぱっと見テクニカル

過去12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想する機能
ぱっと見テクニカルツールa
⇒ ぱっと見テクニカルの評判評価
ドル円スプレッド比較
原則固定
(例外あり)
FX業者名
0.3銭  外為どっとコム
0.3銭 GMOクリック証券評判 GMOクリック証券
0.3銭 YJFX評判 YJFX!
0.3銭原則固定 DMMFX評判 DMMFX
0.4銭 みんなのFX評判 みんなのFX
0.6銭原則固定 FXプライム評判 FXプライム byGMO
0.7-1.0銭 アイネットFX評判 アイネット証券
0.9銭 ライブスター証券
株もFXも GMOクリック評判 GMOクリック証券
カブドットコム評判 カブドットコム証券

元リーマン社員がメディア掲載
元リーマンブラザーズ社員が取材①元リーマンブラザーズ社員が取材②
雑誌「BIG TOMORROW」5月号で取材受けて記事になりました。
⇒ 現在4.5万人超フォロワー!
元気の源!為替ブログランキング
皆様のクリックが・・・
元リーマン社員を救います!!


人気ブログランキング
最高、17位でファイト!

為替ブログ村
為替日記は、最高8位!
くりっく365のFX業者比較
  • ライブドアブログ