元リーマン社員がFXツールでドル円予想

リーマンブラザーズに勤務した経験からビリオネアになる最短の方法はトレードしかないと確信し、トレードの中でも。最も少額で始められて、かつ、最もレバレッジが高くできるFXで財を成す事を決意しました。現在、ドル円をFXツールを駆使して予想し、その結果から売買するシステムトレードちっくな手法で売買を行い、まずは、ミリオネアへの道を目指しております。FXツールはFXプライム byGMOのぱっと見テクニカルを使っております。

 
 売買レート・チャート・リアルタイム売買比率表示ツールはみんなのFXより
0.3銭原則固定(例外あり)  外為どっとコム
0.3銭原則固定  GMOクリック証券
 FXトレーディングS
 YJFX!
 DMMFX
0.6銭原則固定  FXプライム byGMO
0.9銭原則固定  ライブスター証券
0.7〜1銭  アイネット証券
オススメ  ひまわり証券

2011年08月

DMM FX

木曜朝のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想をディールスコープ、ぱっと見テクニカル、FXライブを駆使して徹底検証!

おはようございます。25日木曜日の朝7時です。
今日の六本木は曇り気味です。

プライベートな事ですが、遂に人生、年貢の納め時か!というライフイベント
がおこりそうです。

ただ、どう生きていくとしても、マネーが必要な事にはかわりない。
いつかは資産100億円。ってそれは、ジェイコム男ばりじゃないか。
でも、100億目指してたらひょっとすると10億は作れるかもしれません。

夢はでかく。

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

では、今日もドル円、ユーロ円、豪ドル円の相場を下記のツールを用いて
予想していきます。

■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ
・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル


 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ FX業者ツール比較

朝の為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

ちなみにDMMFXは現在キャンペーン中です。

DMMFXスプレッドキャンペーン


■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFX825


昨晩からドル高へ反発しました。チャートを見てみましょう。

最新スワップ金利ランキングでも売った場合でのランキング1位の
DMMFXからチャートを抜粋。

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート825


昨晩から2回のドル高の波がきております。

■■■ ドル円60分足チャート

DMMFXチャート825a


60分足でみても、そのドル高の反発の大きさがわかります。

では、今後のドル円を伊藤忠グループであるFXプライムが無料で
提供するぱっと見テクニカルで予想します。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0825


2本がドル高、1本がよこばいにいくドル円予想。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0825a


2本が円高、1本が横ばいのドル円予想です。
売買シグナルランキングを見ると、

ぱっと見テクニカルusd0825a


ドル円売4位、ドル円買3位と、久しぶりに買いと売りが逆転しました。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブusd0825a


直近24時間でみたドル円5分足でのテクニカル指標ランキングは、
ストキャスティクスが1位でよい勝ち方をしております。

同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

FXライブusd0825b


綜合判断、ストキャスティクスともに75%が買い予想です。

個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd0825a


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 21,097人
■ ドル円売り ・・・  4,751人


さすがに利食いした人が増加したのか、ドル円買のポジションが昨晩から
へっております。かわりに売りが増加。

次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0825a


1本は円高、1本はよこばい、1本はユーロ高のあと戻すユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0825ba


1本がよこばい、2本がユーロ高のユーロ円予想。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブeur0825a


直近24時間でみたユーロ円5分足でのテクニカル指標ランキングは、
MACDが+86pipsで1位です。
同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

FXライブeur0825b


MACDは75%が売りのシグナル。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur825a


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 5,397人
■ ユーロ円売り ・・・ 2,952人


ユーロ円買いが減り、売りが増加の流れが止まりません。

では木曜日朝のFX予想のラストを飾るのは豪ドル円です!
まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud825aa


3本ともに円高にいく豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud825ab


2本が豪ドル高、1本が円高の豪ドル円予想。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェック。

FXライブaud0825a


直近24時間でみた豪ドル円5分足でのテクニカル指標ランキングは、
MACDが+23pipsでかろうじてプラスの指標です。
同じくFXライブで売買シグナルを見てみると、

FXライブaud0825b


MACDは75%が買いのシグナルです。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud0825aa


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 10,183人
■ 豪ドル円売り ・・・  1,789人


個人投資家は若干豪ドル円買いが減少。売りは横ばい。

では、24日のニューヨーク外国為替市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【24日のニューヨーク外国為替市場】

・24日のニューヨーク外国為替市場でドル円は反発。終値は76.97−77.02円と前営業日NY終値(76.64円)と比べて33銭程度のドル高水準となった。米商務省が24日発表した7月の米耐久財受注額(季節調整済みで半導体は除く)は前月比4.0%増加し、市場予想平均の前月比2.0%増を上回ったうえ、変動の大きい輸送関連を除いた受注額は前月比0.7%増で、市場予想平均の前月比0.5%減に反して増加したため、米景気に対する過度の警戒感が後退。米国債相場が下落し米10年債利回りが急上昇すると、日米金利差拡大を意識した円売り・ドル買いが出た。一時77.078円まで上昇した。もっとも、77円台には断続的に売り注文が観測されており、上値は限定的だった。

・ユーロドルは小反落。終値は1.4413−18ドルと前営業日NY終値(1.4440ドル)と比べて0.0027ドル程度のユーロ安水準だった。米国市場の序盤に米株高を背景に買いが入り1.4482ドルまで値を上げた。ただ、ロンドン16時(日本時間24時)のフィキシングに向けて全般的にドル買いが進むとその流れに沿ってユーロ売り・ドル買いが出て値を下げた。1.4388-91ドルまで下げる場面があった。ポンドドルの下げが大きかったことも重しとなった。

・ユーロ円は4日続伸。終値は110.90−95円と前営業日NY終値(110.67円)と比べて23銭程度のユーロ高水準。米株高や対ドルで円売りが進んだことを受けた。一時10日以来の高値となる111.151円まで上昇した。

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

【NY市場】

(各市場の動き)

・ 24日の米国株式相場は3日続伸。ダウ工業株30種平均の終値は前営業日比143ドル95セント高の11320ドル71セントだった。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同21.63ポイント高の2467.69で取引を終えた。7月の米耐久財受注が市場予想を上回ったことが好感された。このところ弱い米経済指標が目立っていた中で強い指標が伝わり、米景気に対する懸念が緩和した。著名アナリストがバンク・オブ・アメリカ(BOA)について「増資の必要はない」との見解を示したことが好感されて同社が10%超の上昇となったほか、JPモルガン・チェースが3%超、シティ・グループが4%超の上昇となるなど、金融セクターが上げた。「米連邦準備理事会(FRB)の追加金融緩和観測も引き続き株式相場の支えとなった」との声もあった。反面、NY金先物相場が100ドル超の下落となったことが嫌気されて、ニューモント・マイニングが1.62%安となったほか、原油先物相場の下落を受けてエクソン・モービルが小幅に下げた。

・24日の米国債券相場は3日続落。表面利率2.125%の10年物国債利回りは前営業日比0.15%高い(価格は安い)2.30%で終えた。7月の米耐久財受注が市場予想を上回る内容となったことを受けて、米景気に対する慎重な見方が後退。安全資産としての債券には売りが強まった。米5年債入札の落札利回りは、過去最低水準で需要が確認されたものの、債券相場の反応は薄かった。

⇒ FXスプレッド比較[2011/8/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX
◆[新型の金融商品] ソーシャルレンディング
DMM FX

水曜朝一のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想をぱっと見テクニカル、ディールスコープ、FXライブで徹底検証。

おはようございます。やはり一人では寂しい朝です。
いつかは億万長者になる!そんな夢を追い求めた20代。
30代は決意ですか。by シティーバンク

では、今日もドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想を下記のツールで。

■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ
・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル


 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ FX業者ツール比較

まず現在の為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

ちなみにDMMFXは現在キャンペーン中です。

DMMFXスプレッドキャンペーン


■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFX824


昨晩からそれほど動きはありません。
では、チャートを見ましょう。

最新スワップ金利ランキングでも売った場合でのランキング1位の
DMMFXからチャートを抜粋。

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート824


昨晩からはそうはいっても若干のドル高です。

■■■ ドル円60分足チャート

DMMFXチャート824a


ただ、1日でみるとそれほどの動きはありません。

では、今後のドル円を伊藤忠グループであるFXプライムが無料で
提供するぱっと見テクニカルで予想します。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0824


2本が円高、1本がドル高にいくドル円予想。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0824a


2本が円高、1本がドル高のドル円予想です。
売買シグナルランキングを見ると、

ぱっと見テクニカルusd0824a


ドル円売り1位、ドル円買い13位と、きのうから更にドル円売りが
相対的に強い結果となりました。

次はセントラル短資のFXライブで売買シグナルを見てみると、

FXライブusd0824b


綜合判断は50%が買い、50%が売り
個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd0824a


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 22,736人
■ ドル円売り ・・・  2,921人


昨晩からは動きはありません。

次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0824a


1本は円高、2本はよこばいのユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0824ba


2本が円高、1本がユーロ高のあと結局3本とももとに戻るユーロ円予想。

次はセントラル短資のFXライブで売買シグナルを見てみると、

FXライブeur0824b


総合判断は50%が買いのシグナル。
では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur824a


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 5,764人
■ ユーロ円売り ・・・ 2,335人


ユーロ円買いが減っております。

では水曜日朝のFX予想のラストを飾るのは豪ドル円です!
まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud824aa


2本が円高、1本が円高のあとユーロ高にいく豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud824ab


2本が豪ドル高の後もとに戻し、1本が豪ドル高の豪ドル円予想。

次はセントラル短資のFXライブで売買シグナルを見ると

FXライブaud0824b


総合判断はバラバラです。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud0824aa


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 9,917人
■ 豪ドル円売り ・・・ 2,083人


個人投資家は豪ドル円買いが減りが増加。

では、24日の東京外国為替市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【24日の東京外国為替市場】

・24日の東京外国為替市場でドル円は小高い。8時時点では76.65−70円とニューヨーク市場の終値(76.64円)とほぼ同水準だった。東京勢の参入や日本株の取引開始待ちの状態となり、76.70円前後で値動きが細った。ただ、米格付け会社ムーディーズが24日、日本政府の格付けを「AA2」から「AA3」に引き下げたと発表したことを受け、8時過ぎには76.773円まで小幅に上げた。

・ユーロ円は8時時点では110.64−69円とニューヨーク市場の終値(110.67円)とほぼ同水準だった。ただ、ムーディーズによる日本政府格下げを材料に、8時過ぎには110.784円まで上げた。

・ユーロドルはもみ合い。8時時点では1.4438−43ドルとニューヨーク市場の終値(1.4440ドル)とほぼ同水準だった。

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

【NY市場】

(23日終値)
ドル・円相場(24日6時時点):前営業日比14銭安の1ドル=76.64円
ユーロ・円相場:同44銭高の1ユーロ=110.67円
ユーロ・ドル相場:同0.0084ドル高の1ユーロ=1.4440ドル
ダウ工業株30種平均:同322ドル11セント高の11176ドル76セント
ナスダック総合株価指数:同100.68ポイント高の2446.06
10年物米国債利回り:同0.05%高い(価格は安い)2.15%
WTI原油先物10月限:同1.02ドル高の1バレル=85.44ドル
金先物12月限:同30.60ドル安の1トロイオンス=1861.30ドル

(主な米経済指標) <発表値> <前回発表値>
7月米新築住宅販売件数
前月比 ▲0.7% ▲2.9%・改
件数 29万8000件 30万件・改
8月米リッチモンド連銀製造業景気指数 ▲10 ▲1
※改は改定値、▲はマイナスを表す。

(各市場の動き)

・ユーロドルは反発。23日の欧州市場で、株高や強いユーロ圏内の経済指標を材料にユーロが買われた地合いを引き継いだ。ニューヨーク市場の序盤は、前の米連邦準備理事会(FRB)議長グリーンスパン氏が「ユーロは崩壊しつつある」などと述べたことを手掛かりにユーロを売る動きが一部で見られたほか、イタリア大手銀行ウニクレディットが一時取引停止になっていたことが投資家心理を冷やし1.4374−77ドルまで値を下げた。「フィンランドのカイタネン首相が担保の差し入れが拒否された場合、同国はギリシャの救済から離脱する可能性があると言及したこともユーロの押し下げ要因となった」との指摘もあった。ただ、その後ウニクレディットは取引を再開した上、一時上値の重い展開だった米国株が大幅高になったため、再びユーロ買いが入った。

・ドル円は反落。欧州市場で対ユーロ中心にドル売りが進んだ影響を受けて値を下げた流れを引き継いだ。米国市場では一時ポンド円の下げが加速した影響で円買い・ドル売りが強まり76.47円まで下落した。もっとも、日本の金融当局の円売り介入に対する警戒感から下値を積極的に売り込む動きはなかった。米国株が大幅高となりオセアニアのクロス円に買いが入るとつれてドル円にも買いが入ったため下げ幅を縮小した。23日に発表された7月の米新築住宅販売件数(季節調整済み)や8月リッチモンド連銀製造業景気指数はいずれも市場予想平均を下回ったものの、目立った反応はなかった。

・ユーロ円は3日続伸。グリーンスパン氏の発言やフィンランド首相のギリシャ救済絡みの発言を嫌気した売りが出たほか、ポンド円の売りもユーロ円を押し下げ一時110.083円まで下げた。しかし、米国株が大幅高となると投資家のリスク許容度が改善。ユーロ円には買い戻しが入り持ち直した。

・米国株式相場は大幅続伸。アジア時間に発表された8月HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)が49.8と7月の49.3から改善したことや、8月独・ユーロ圏製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)がアナリスト予想を上回ったことなどを受けて世界的な景気減速懸念が緩和し買い戻しが入った。バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が、26日のジャクソンホールでの講演で、追加の金融緩和を示唆するとの期待から株を買う動きもあった。原油高を受けてシェブロンやエクソン・モービルが上げたほか、キャタピラーやIBMが3%超の上昇となった。米バージニア州で地震が起きたことを受けて売りが出たものの、下げは一時的だった。23日に発表された米経済指標は市場予想を下回る内容だったが売り材料視されなかった。

・米国債券相場は続落。株式相場の大幅高を受けて安全資産としての債券需要が後退した。米2年債入札は落札利回りが過去最低となり好調と受け止められたものの、反応は薄かった。米バージニア州で地震が発生したと伝わると安全資産として債券が買われたものの、一時的だった。

・原油先物相場は上昇。米国株式相場が大幅高となり、投資家のリスク許容度が拡大したため、原油相場にも買いが入った。また、8月HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)が前月比で改善を示したことを受け、中国での原油需要が拡大するとの見方が広がったこともサポート要因として意識された。フロアー取引では一時86.39ドルまで上昇。米バージニア州を震源とするマグニチュード(M)5.9の地震が発生したと伝わった際にはリスク回避目的の売りが出る場面もあったが、総じて底堅い展開は維持された。

・金先物相場は7営業日ぶりに大幅反落。時間外取引で一時1917.9ドルと史上最高値を更新する場面があったが、その後は伸び悩む展開。フロアー取引では連日で史上最高値を更新してきた反動から利益確定の売りが優勢となり、下げ幅を広げた。米国株式相場が大幅高となり、投資家のリスク許容度が拡大したことも、安全資産である金需要を後退させたようだ。フロアー取引後にはさらに下げ幅を広げ、一時1826.0ドルまで値を下げた。

⇒ FXスプレッド比較[2011/8/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX
◆[新型の金融商品] ソーシャルレンディング
DMM FX

火曜夜の最新のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想をぱっと見テクニカル、FXライブ、ディールスコープを徹底駆使してお届け!

今晩は。色々、人生の諸事情がありしばらくぶりの更新です。
まったくもって世の中というのはわからないものです。

なので、FXで1億円稼ぐ主婦もいるというのもうなずけます。
がんばっていきましょう。それでは、下記の方法で、
ドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想を行います。

■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ
・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル


 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ FX業者ツール比較

現在の為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

ちなみにDMMFXは現在キャンペーン中です。

DMMFXスプレッドキャンペーン


■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFX823


76円台50銭あたりは以前とかわらない相場。
この超円高ですがチャートも見てみましょう。

最新スワップ金利ランキングでも売った場合でのランキング1位の
DMMFXからチャートを抜粋。

■■■ ドル円60分足チャート

DMMFXチャート823


今週にはいってからはそれほど動きはありません。
では、今後のドル円を伊藤忠グループであるFXプライムが無料で
提供するぱっと見テクニカルで予想します。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0823


1本が円高、1本が横ばい、1本が若干ドル高にいくドル円予想。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0823a


1本が円高、2本がよこばいのドル円予想です。
売買シグナルランキングを見ると、

ぱっと見テクニカルusd0823a


ドル円売り2位、ドル円買い11位と、相変わらずドル円売り予想が強い
結果が出ております。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングを見ると、

FXライブusd_signal110823a


5分足で見た場合移動平均とボリンジャーバンドが直近24時間でプラスの
テクニカル指標です。

それらの売買シグナルをFXライブで見てみると、

FXライブusd0823b


ボリンジャーバンドも移動平均もともにALL100%売りシグナル。
個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd0823a


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 22,829人
■ ドル円売り ・・・  2,872人


ドル円売りが減り、買いが増えております。

次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0823a


1本は円高、1本はユーロ円高、1本はよこばいのユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0823ba


2本がユーロ高、1本がよこばいのユーロ円予想。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングを見ると、

FXライブeur_signal110823a


MACDが唯一プラス。それらの売買シグナルをFXライブで見てみると、

FXライブeur0823b


MACDは売りが75%。
では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur823a


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 5,596人
■ ユーロ円売り ・・・ 2,926人


ユーロ円は売りが増加し買いが減りました。

では火曜日夜のFX予想のラストを飾るのは豪ドル円です!
まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud823aa


1本が円高、1本が豪ドル高、1本が横ばいの豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud823ab


2本が横ばい、1本が豪ドル高の豪ドル円予想。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングを見ると、

FXライブaud_signal110823a


MACDと移動平均がプラスの指標。それらの売買シグナルを
FXライブで見てみると、

FXライブaud0823b


MACD、移動平均ともに手前では売りで後で買いのシグナル。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud0823aa


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 10,158人
■ 豪ドル円売り ・・・  2,085人


個人投資家は豪ドル円買いが減り、売りが増加。

では、17日のニューヨーク外国為替市場・17日の欧州市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【23日の欧州外国為替市場】

【Overview】
23日の欧州外国為替市場で円は売り先行後、買い戻し。23日の英・独の株価指数や時間外の米株価指数先物の上げ幅拡大を受けて、円売りが先行したが、株価が伸び悩むと円売り圧力は後退し下値を切り上げた。対ユーロで円が下落した過程では、8月独・ユーロ圏製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)が市場予想平均を上回ったことや、欧州中央銀行(ECB)によるスペイン国債購入観測などを受けた円売りが出た。23日の現物の米国株が寄り付き後から上値が重くなると、円が一段と買われている。

【ドル・円】【ユーロ・円】
・ドル・円はじり安。対ユーロで一時ドル売りが進んだことがドル・円相場を押し下げた。19時過ぎに1ドル=76円50銭前後まで売られた。
・ユーロ・円は行って来い。18時過ぎに1ユーロ=111円10銭前後と日通し高値を付けたものの、株価の失速につれて値を下げた。22時30分過ぎに110円15銭前後と本日安値まで売られた。

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

【ユーロ・ドル】

・行って来い。株高を受けてリスク志向が高まりユーロが買われた。強い独・欧の経済指標やECBのスペイン国債購入観測を背景にした買いが入った上、「中東勢やアジア系ソブリンネームからのユーロ買いが入った」との指摘もあり上値を伸ばした。18時過ぎに1ユーロ=1.4500ドル前後まで上げた。

・もっとも、17日の高値1.4518ドル前後がレジスタンスとして意識されたほか、株価が失速したため買い圧力が後退。「国際機関からの売りも観測された」との声も聞かれた。更に、米国株や欧米の株価が上値が重くなると売りの勢いが増し1.44ドル台を割り込んでいる。

⇒ FXスプレッド比較[2011/8/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX
◆[新型の金融商品] ソーシャルレンディング
DMM FX

月曜の早朝にぱっと見テクニカル、FXライブ、ディールスコープの全てを駆使して長い目で見た場合のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想をはじき出す!

変な時間におきてしまった元リーマンブラザーズ社員。
為替相場では、円が更に高くなるなどいろいろあったようです。

が、この週末は私は人生の決断を半ば勢いで半分以上きめてしまった感が
あります。身の程を知る・・・、そういったネガティブな事ではなくて、
もっとポジティブなことを考えて、生きて行きたいとおもう、日曜と
月曜のハザマに紛れ込んだ三十路です。

しかしFXで1億円稼げれば、それは明るい未来になるでしょう。
そのためにも今週のドル円予想を行います。

■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ
・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル


 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ FX業者ツール比較

現在の為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

ちなみにDMMFXは現在キャンペーン中です。

DMMFXスプレッドキャンペーン


■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFX820


76円台50銭あたり。チャートも見てみましょう。

最新スワップ金利ランキングでも売った場合でのランキング1位の
DMMFXからチャートを抜粋。

■■■ ドル円60分足チャート

DMMFXチャート820


上下に振られている相場が不気味ですが、円高トレンド継続でしょう。

■■■ ドル円1日足チャート

DMMFXチャート820a


1日足で見れば、円高継続トレンド継続中である事がよくわかります。
では、今後のドル円を伊藤忠グループであるFXプライムが無料で
提供するぱっと見テクニカルで予想します。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0820


1本が円高、1本が横ばい、1本がドル高にいくドル円予想。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0820a


2本が横ばい、1本がドル高にいくドル円予想です。
売買シグナルランキングを見ると、

ぱっと見テクニカルusd0820a


ドル円売り1位、ドル円買い12位と、ドル円売り1位がずっと1位で、
買いのランキングがどんどん落ちていまは下から3番目まできてし
まいました。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングを見ると、

FXライブusd_signal110820a


1ヶ月間1時間足で見た場合ストキャスティクス、ボリンジャーバンド
RSI、MACDが+100pips越えです。

それらの売買シグナルをFXライブで見てみると、

FXライブusd0820b


全体的に買いが多い予想結果です。特にMACDはALL100%が買い。
また1時足で見た場合も6個中4個が買い予想となっております。

個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd0820a


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 23,224人
■ ドル円売り ・・・  2,524人


ドル円の買いが個人投資家では増えております。
やはり、いったんはドル高に反発する狙いでしょうか。

次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円60足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0820a


2本は円高、1本はややユーロドル高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0820ba


最終的には、2本がユーロ高、1本がよこばいのユーロ円予想。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングを見ると、

FXライブeur_signal110820a


1ヶ月1時間足で見た場合は、ボリンジャーバンド、MACDが圧倒的な
結果を残しております。それらの売買シグナルをFXライブで見てみると、

FXライブeur0820b


1時間足のボリンジャーは売り予想。MACDは買い予想。
まっぷたつに別れる結果です。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur820a


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 5,903人
■ ユーロ円売り ・・・ 2,223人


ユーロ円は買いが減り、売りが多くなりました。ユーロ高にふれると思った
個人投資家が多い事を示唆しておりますね。

では日曜深夜もしくは月曜早朝ののFX予想最後は豪ドル円です。
まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円60足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud820aa


1本が円高、1本が豪ドル高、1本が横ばいの豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud820ab


2本が円高(其の後、1本が元に戻る展開)1本が豪ドル高の豪ドル円予想。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングを見ると、

FXライブaud_signal110820a


ボリンジャーバンド、MACD、RSIのみっつの指標が、
偉大な成果を残しております。それらの売買シグナルを
FXライブで見てみると、

FXライブaud0820b


1時間足でのそれぞれのシグナルは、上記3つとも買い!シグナル
です。ちなみに綜合判断でも75%が買いの予想シグナルです。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud0820aa


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 10,852人
■ 豪ドル円売り ・・・  1,493人


しかし、個人投資家は直近で豪ドル円買いを減らしてきております。

⇒ FXスプレッド比較[2011/8/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX
◆[新型の金融商品] ソーシャルレンディング
DMM FX

金曜日のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想 by ぱっと見テクニカル、FXライブ、ディールスコープ

ついに金曜日がやってきました。
今日は人生で最も重大な決断の一つを下す事となります。
・・・しかもあと数時間後にはその決断を下さなくてはいけません。

まぁ、それはさておきFXのお時間です。
今日もドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想を行ってまいります。
なお、予想はFX業者の無料ツールを徹底駆使して行います。詳細は下記に。

■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ
・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル


 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ FX業者ツール比較

現在の為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

ちなみにDMMFXは現在キャンペーン中です。

DMMFXスプレッドキャンペーン


■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFX819


76円台前半に突入しそなドル円。それでは、チャートも見てみましょう。

最新スワップ金利ランキングでも売った場合でのランキング1位の
DMMFXからチャートを抜粋。

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート819


■■■ ドル円60分足チャート

DMMFXチャート819a


10分足で見ると、本日朝にかけてドル高でしたが、其の後は一転円高へ。
ただし、1時間足でみると、そのドル高⇒円高の反転の激しさが伺えます。

では、まず、今後のドル円を伊藤忠グループであるFXプライムが無料で
提供するぱっと見テクニカルで予想します。

■■■ ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0819


2本が横ばい。1本がドル高にいくドル円予想。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0819a


1本が円高、2本がドル高にいく予想です。
売買シグナルランキングを見ると、

ぱっと見テクニカルusd0819a


ドル円売り1位、ドル円買い4位と、ドル円売り1位は引き続きですが、
買いの順位もあがってきました。混沌としております。
また、ドル円売り1位ですが、2時間足に5つ以上のシグナルが集まって
いるので、クリックしてみてみました。

ぱっと見テクニカルusd0819b


次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングを見ると、

FXライブusd_signal110819a


RSIとMACDがプラスの結果、それらの売買シグナルを
FXライブで見てみると、

FXライブusd0819b


RSIはALL100%買いで、MACDも75%が買いの
ドル円予想です。ただし、綜合判断では逆に75%が売り。

個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd0819a


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 22,965人
■ ドル円売り ・・・  2,292人


さすがにここまで円高となると、ドル円買増加、売減少となっております。

次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0819a


1本が円高、2本はドル高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0819ba


1本が円高、2本がユーロ高のユーロ円予想。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングを見ると、

FXライブeur_signal110819a


ストキャスティクスが唯一プラスの結果、それらの売買シグナルを
FXライブで見てみると、

FXライブeur0819b


ストキャスティクスは75%買い。綜合判断も75%が買い。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur819a


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 6,705人
■ ユーロ円売り ・・・ 1,633人


ユーロ円買が多く、売りが減ったのがここ最近の動きです。

では金曜最期のFX予想は、豪ドル円です。
まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud819aa


3本が円高の豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud819ab


3本がドル高の豪ドル円予想。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングを見ると、

FXライブaud_signal110819a


MACDが唯一プラスの結果、それらの売買シグナルを
FXライブで見てみると、

FXライブaud0819b


MACDはALL100%買い。綜合判断は50%が買い。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud0819aa


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 11,402人
■ 豪ドル円売り ・・・  1,379人


買いが増えたのは同様。売りが若干へりました。

では、19日午後の東京外国為替市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【19日午後の東京外国為替市場】

・19日午後の東京外国為替市場でユーロドルは弱含み。15時時点では1.4295−00ドルと12時時点(1.4328ドル)と比べて0.0033ドル程度のユーロ安水準だった。15時前に一時本日安値となる1.4284ドルまで値を下げた。日本、アジア株相場の下落を受け、投資家がリスク回避姿勢を強めるとの見方からユーロ売り・ドル買いが出た。なお、ドイツ連邦統計局が発表した7月独生産者物価指数(PPI)は前月比0.7%上昇と予想の前月比0.1%上昇を上回ったものの、反応は限定的だった。

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

・ドル円は神経質な値動き。15時時点では76.50−55円と12時時点(76.49円)とほぼ同じ水準だった。欧米景気の先行き懸念から一時76.45円まで値を下げた後、政府・日銀による円売り介入に対する警戒感から76.65円付近まで値を戻すなど、相場は不安定な値動きとなっている。なお、14時36分頃に福島県沖を震源とする地震があったものの、相場への影響は見られなかった。

・ユーロ円は軟調。15時時点では109.36−41円と12時時点(109.61円)と比べて25銭程度のユーロ安水準だった。株価の下落やユーロ安・ドル高につれて、15時前に一時109.35円と日通し安値を付けた。

⇒ FXスプレッド比較[2011/8/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX
◆[新型の金融商品] ソーシャルレンディング
DMM FX

木曜お昼にぱっと見テクニカルとディールスコープでドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想

こんにちは。めっちゃあつい六本木です。
今日もめげずにFXの予想を下記に。

■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ
・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル


 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ FX業者ツール比較

現在の為替相場を最新スプレッドランキング1位の
DMMFXから。

ちなみにDMMFXは現在キャンペーン中です。

DMMFXスプレッドキャンペーン


■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFX818_2


76円台なかば。
最新スワップ金利ランキングでも売った場合でのランキング1位の
DMMFXからチャートを抜粋。

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート818_02


直近で、ドル高にふれているのがわかります。
では、まず、今後のドル円を伊藤忠グループであるFXプライムが無料で
提供するぱっと見テクニカルで予想します。

■■■ ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0818aa


3本がいったんドル高にいくドル円予想。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0818ba


3本が円高にいく予想です。売買シグナルランキングを見ると、

ぱっと見テクニカルusd0818a


ドル円売り3位、ドル円買い6位と、朝は売り1位だった事を
考えると、買い予想が強くなってきました。

個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd0818a


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 22,989人
■ ドル円売り ・・・  2,825人


売りが少し増えております。

次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0818a


2本が円高ですが1本は結局ドル高に、反対に残り1本は最初はドル高
ですがその後円高にいくユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0818ba


2本が円高(うち1本はドル高に戻す)、1本がユーロ高で元に戻す
ユーロ円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur818a


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 5,855人
■ ユーロ円売り ・・・ 2,437人


ユーロ円買いが増加傾向です。

では木曜日昼の最期のFX予想ラストは、豪ドル円。
まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud818aa


1本が円高其の後ドル高に、2本が豪ドル高の豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud818ab


2本がドル高、1本がよこばいの豪ドル円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud0818aa


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 9,894人
■ 豪ドル円売り ・・・ 1,873人


買いが増えました。

では、18日の東京外国為替市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【18日の東京外国為替市場】

・18日の東京外国為替市場でユーロ円はさえない。12時時点では110.23−28円とニューヨーク市場の終値(110.49円)と比べて26銭程度のユーロ安水準だった。時間外のダウ先物やアジア株式相場が総じて軟調な展開となったことを受けて、リスク回避目的の円買い・ユーロ売りが出た。ユーロドルの下げにつれた面もあり、11時過ぎには110.207円まで値を下げた。
 
[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

・ドル円は小安い。12時時点では76.57−62円とニューヨーク市場の終値(76.59円)とほぼ同水準だった。ユーロ円などクロス円の下げが重しとなり、仲値後はじりじりと値を下げる展開に。11時過ぎには76.548円まで下押す場面があった。もっとも、政府・日銀による介入警戒感がくすぶっていることもあり、積極的に下値を探る動きとはならず、総じてレンジ内の狭い値動きにとどまった。

・ユーロドルは12時時点では1.4394−99ドルとニューヨーク市場の終値(1.4425ドル)と比べて0.0031ドル程度のユーロ安水準だった。節目の1.4400ドルを下抜けて目先のストップロスを巻き込むと、11時過ぎには一時1.4390ドルまで下落した。

⇒ FXスプレッド比較[2011/8/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX
◆[新型の金融商品] ソーシャルレンディング
DMM FX

木曜早朝5時のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想をぱっと見テクニカル、FXライブ、ディールスコープから。

う、ちょっと転寝した後にFXだと思っていたら、こんな時間に芽が覚めて
しまった元リーマン社員。

こんな朝4時過ぎですが、もちろん、海外のFX市場は動いております。
直近までのデータを元にFX業者の無料ツールを徹底駆使して、
今後のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想を行います。

使用する業者とツールは下記のとおり。

■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ
・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル


 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ FX業者ツール比較

まず、現在の為替相場を今月更新の最新スプレッドランキングで1位の
DMMFXから抜粋。

ちなみにDMMFXは現在キャンペーンを行っており圧倒的なスプレッド
を提供しているからこそランキング1位といえるでしょう。

DMMFXスプレッドキャンペーン


■■■ 最新の為替相場(DMMFXから抜粋)

DMMFX818


76円台50銭をきって円高に。ただ、小刻みに動いております。
同じく8月更新の最新スワップ金利ランキングでも売った場合でのランキング1位の
DMMFXからチャートを抜粋。

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート818


チャートからみても、動いてる幅は狭いです。
では、まず、今後のドル円を伊藤忠グループであるFXプライムが無料で
提供するぱっと見テクニカルで予想します。

■■■ ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0818a


1本が円高、1本がドル高その後1本が円高に。
1本がよこばいのドル円予想。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0818b


2本が円高ですが1本がドル高、1本がドル高ですが元に戻す展開。
売買シグナルランキングを見ると、

ぱっと見テクニカルusd0818


ずっとここ最近かわらずドル円売りシグナル1位です。
対してドル円買いシグナルは買いの11位。
この円極限下で更に円高が進行する事を予想しております。

では、セントラル短資のFXライブで直近のテクニカル指標ランキングを見ると、

FXライブusd_signal818


移動平均が10pipsの勝利。
同じくFXライブで売買シグナルを検証すると・・・

FXライブusd_signal818b


綜合判断は50%が買いのドル円予想。
また、移動平均はALL100%売りのドル円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd0818


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 23,830人
■ ドル円売り ・・・  2,257人


個人投資家はドル円買いを強めております。
流石に、一度は、ドル反発と思っているのでしょうか。

次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0818a


2本が円高ですが1本は結局ドル高に、反対に残り1本は最初はドル高
ですがその後円高にいくユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0818b


1本が円高、1本がユーロ高、1本がよこばいのユーロ円予想。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングを見ると、

FXライブeur_signal818


MACD、移動平均、ボリンジャーバンドがいい結果。
DMIもなんとかプラスの結果です。では、売買シグナルを
FXライブで、

FXライブeur818b


綜合判断は50%が売りシグナル。
ボリンジャーバンドはALL100%売りシグナル。
MACDは50%が買い、50%が売りシグナル。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur818


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 5,628人
■ ユーロ円売り ・・・ 2,592人


ユーロ円を売っている人が減る傾向が続いております。

では木曜日の変な早朝か深夜かわからな時間のFX予想ラストは、
豪ドル円予想です。
まずFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud818a


1本が円高其の後ドル高に、2本が豪ドル高の豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud818b


1本が円高、1本がよこばい、1本が豪ドル高の豪ドル円予想。

続いてセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングを見ると、

FXライブaud_signal818


ボリンジャーバンドが勝ち組の指標。
その売買シグナルをFXライブで見ると、

FXライブaud818a


綜合判断では50%が買い有利のシグナルです。
ボリンジャーバンドは手前50%が買で其の後50%が売の豪ドル円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud0818a


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 9,658人
■ 豪ドル円売り ・・・ 2,001人


売りが若干増えたような?しかし、世間がお休みモードな為か、
相場変動がないからか、あまり変化なし。

では、17日のニューヨーク外国為替市場・17日の欧州市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【17日のニューヨーク外国為替市場】

・17日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルは下値が堅い。4時時点では1.4449−54ドルと2時時点(1.4435ドル)と比べて0.0014ドル程度のユーロ高水準だった。ダウ平均が80ドル超安から10ドル超安まで下げ幅を縮めるにつれて、リスク許容度の改善を意識した買いが小幅に入った。もっとも、持ち高調整の域を出ず、1.44ドル台半ばで方向感のない動きが目立った。

・ドル円はこう着。4時時点では76.48−53円と2時時点(76.51円)とほぼ同水準だった。新規の取引材料に乏しく、本日安値圏の76.50円前後で値動きが細った。

・ユーロ円は4時時点では110.51−56円と2時時点(110.47 円)とほぼ同水準。

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

【17日の欧州市場】

(17日終値)
ドル・円相場(18日3時時点):17日15時時点比18銭安の1ドル=76.47円
ユーロ・円相場:同8銭高の1ユーロ=110.46円
ユーロ・ドル相場:同0.0044ドル高の1ユーロ=1.4444ドル
FTSE100種総合株価指数:前営業日比26.03ポイント安の5331.60
ドイツ株式指数(DAX):同45.96ポイント安の5948.94
10年物英国債利回り(18日3時時点):同0.126%低い(価格は高い)2.432%
10年物独国債利回り(18日3時時点):同0.121%低い(価格は高い)2.203%

(主な欧州経済指標) <発表値> <前回発表値>
6月ユーロ圏経常収支
 74億ユーロの赤字 56億ユーロの赤字・改
7月英雇用統計
 失業率 4.9% 4.8%・改
 失業保険申請件数 3万7100件 3万1300件・改
7月ユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値(前年比)
 2.5% 2.5%
※改は改定値を表す。▲はマイナス。

(各市場の動き)

・ユーロドルは上値が重かった。欧州市場の序盤は、スイス国立銀行(SNB)が発表したスイスフラン高抑制策に、一部で噂されていたユーロペッグ制や取引バンドの設定などが含まれていなかったことを受けてユーロスイスフランが売られたため、つれてユーロ売り・ドル買いが先行した。一時1.4325ドルと日通し安値を付けた。もっとも、3−4日分の英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨で、政策金利の据え置きが全会一致だったことや、一部の委員が一段の量的緩和の可能性を検討したことなどが示されると、ユーロポンドが急伸。ユーロドルにも買いが入り切り返した。その後は、時間外のダウ先物が持ち直したことを背景にした買いが入ったほか、「中東勢の買いが入った」「米系投機筋から買いが持ち込まれた」「欧州中央銀行(ECB)によるイタリア、スペイン国債購入観測を背景にユーロ買いが進んだ」との声が聞かれ上げ幅を拡大。現物の米国株が一時堅調に推移したことも買いを後押しし、23時前に日通し高値となる1.4517ドルまで上値を伸ばした。ただ、米国株はニューヨーク市場の中盤に差し掛かるにつれて失速。投資家のリスク許容度が低下しユーロドルの買い意欲も後退した。ユーロポンドの売りが強まったことや、買い戻しの進んだユーロスイスフランが再度売り込まれたことなども上値を抑えた。

・ドル円は弱含み。22時30分過ぎに本日安値となる76.41円まで下げた。スイスフランやユーロ、豪ドルに対して一時ドル売り圧力が高まったことにつれて円買い・ドル売りが入った。米国株が上昇した場面ではクロス円と共に買われ76.59-62円まで戻したものの、株が失速している上、米10年債利回りの低下幅が拡大していることもあり、本日安値圏に沈んだ。

・ユーロ円も上値が重かった。米株高を材料に110.959円まで買われたものの、米国株が下げに転じたことや、対ポンドでユーロ売りが進んだ影響で上値が切り下がった。

・ロンドン株式相場は5営業日ぶりに反落。独仏首脳会談で欧信用不安が払しょくされなかったことが売りを誘った。サルコジ仏大統領が金融取引税を提案することを示唆したことが嫌気されて金融セクターが売られた。バークレイズは4%超の下げとなったほか、スダンダード・チャータード、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)、HSBCホールディングスも下落した。反面、商品相場の上昇を背景に素材セクターは上昇した。

・フランクフルト株式相場は続落。16日に行われた独仏首脳会談で、債務問題の解決に向けて具体策が発表されなかったことが相場の重しとなった。ドイツ銀行やコメルツバンク、ドイツ証券取引所など金融セクターの下げが大きかった。PCメーカーの米デルの決算がさえない内容だったことが嫌気されてインフィニオンテクノロジーズは3.85%安となった。

・欧州債券相場は上昇。株式相場の下落や、独仏首脳会談で欧州共同債に否定的な見解が示されたことが支えとなった。

⇒ FXスプレッド比較[2011/8/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX
◆[新型の金融商品] ソーシャルレンディング
DMM FX

17日水曜お昼のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想をぱっと見テクニカル、FXライブ、ディールスコープより。

こんにちは。
水曜日もヒルナンデスがはじまった時間です。

今日は沖縄でロケをやっていました。
・・・自分にとっては、沖縄は過去2人の長くつきあった彼女との想い出が
ありすぎて、もういきたくない場所のひとつです。

ちなみに追加で竹富島も石垣島も今はいける気がしません。

ネクストステージは沖縄ではなくて、ニューカレドニアの天国に一番近い島
とか、カリブ海のカンクーンもコスメル島とかに行きたいですよ。

でも、何はともあれ銭はいる。がんばってFXで稼ぎましょう。

■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ
・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル


 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ FX業者ツール比較

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

現在の為替相場をスプレッド比較1位DMMFXからキャプチャ。

現在キャンペーンを行っており圧倒的なスプレッドを提供しているDMMFX

DMMFXスプレッドキャンペーン


上記のようなキャンペーンを上手に使って取引費用を削減する事は大事です、

 ⇒ DMMFXの評判

DMMFXチャート0817_2


チャートも同じくDMMFXで見てみると、

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート0817_02


朝から見てもまだまだ円高方向のトレンドが続いております。

では、水曜日お昼のドル円予想をFXプライムのぱっと見テクニカルから。

■■■ ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0817a_02


1本が円高、2本がドル高、うち1本は円高方向に戻すドル円予想です。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0817ab_02


3本ともにドル高の予想ですが、3本とも其の後円高に戻すドル円予想。
売買シグナルランキングを見ると、

ぱっと見テクニカルusd0817aa_02


ドル円売りがついにトップの1位、ドル円買いが10位。
朝と同様にドル円売りがトップの状態が続いております。

では、セントラル短資のFXライブで売買シグナルを検証すると

FXライブusd_signal817ab_02


ストキャスティクスはALL100%買いシグナル。
綜合判断は50%が売りシグナル。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd0817aa_02


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 22,232人
■ ドル円売り ・・・  2,880人


個人投資家は朝と比べるとドル円買い増加、売り減少です。

次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0817aa_02


3本ともに円高方向。うち1本がその後ユーロ高のユーロ円予想。

■■■ ユーロ円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0817ab_02


2本が円高、1本がユーロ高ですが、円高を示している2本は其の後、
2本ともドル高にいくユーロ円予想。

次はセントラル短資のFXライブで売買シグナルを見てみると

FXライブeur817b_02


朝と同様、好調なテクニカル指標のRSIは75%がユーロ円買予想。
綜合判断は50%が買い有利の予想です。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur0817a_02


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 6,000人
■ ユーロ円売り ・・・ 2,428人


ユーロ円買が増加中です。

では水曜日朝のFX予想ラストは、豪ドル円予想です。
ではFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud817a_02


2本が円高ですが1本はそのあと豪ドル高。また、1本は豪ドル高ですが、
結局円高の豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud817b_02


2本が激しい円高、1本がよこばいの豪ドル円予想。

続いてセントラル短資のFXライブで売買シグナルを見ると、

FXライブaud817a_02


綜合判断では50%が買い有利のシグナル。
ボリンジャーバンドは100%が売り有利のシグナルです。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud0817aa_02


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 10,181人
■ 豪ドル円売り ・・・  1,736人


豪ドル円だけはほとんど動きがありません。

では、17日の東京外国為替市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【17日の東京外国為替市場】

・17日の東京外国為替市場でドル円は弱含み。12時時点では76.66−71円とニューヨーク市場の終値(76.78円)と比べて12銭程度のドル安水準だった。日経平均株価がさえない展開となったことを受けて、ユーロ円などクロス円が下落するとつれて76.66円まで値を下げる場面があった。もっとも、前日安値の76.659円が意識されると売りも一服。76円台後半で下げ渋った。

・ユーロ円は売り一服。12時時点では110.32−37円とニューヨーク市場の終値(110.62円)と比べて30銭程度のユーロ安水準だった。株安に伴うリスク回避の売りに押されて、10時30分過ぎには110.155円まで下落した。ただ、前日安値の110.10円が目先の下値目処として意識されたことから、その後は110円台前半で下げ渋りとなった。

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

・ユーロドルは12時時点では1.4389−94ドルとニューヨーク市場の終値(1.4406ドル)と比べて0.0017ドル程度のユーロ安水準だった。

⇒ FXスプレッド比較[2011/8/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較

DMMFX
◆[新型の金融商品] ソーシャルレンディング
DMM FX

水曜朝7時の最新のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想 by ぱっと見テクニカル、ディールスコープ、FXライブ

おはようございます。水曜日の朝7時過ぎです。
今日はちょっと曇り気味の六本木です。
そろそろ人生の選択を迫られる週末がきます。

・・・選択に際して人の占いは最悪でした。

でも占いよりテクニカル分析。あ、でも、なにかの占いは占いではなく
統計学にもとづくなんちゃらっていう意味ではテクニカルなのかも
しれませんね。

まぁ、それはさておき、あまり動きが無いドル円相場ですが、
今日もFX業者の各種無料ツールを組み合わせて、
ドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想を検証します。

■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ
・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル


 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ FX業者ツール比較

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

現在の為替相場をスプレッド比較1位DMMFXからキャプチャ。

現在キャンペーンを行っており圧倒的なスプレッドを提供しているDMMFX

DMMFXスプレッドキャンペーン


上記のようなキャンペーンを上手に使って取引費用を削減する事は大事です、

 ⇒ DMMFXの評判

DMMFXチャート0817aaa


チャートも同じくDMMFXで見てみると、

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート0817a


■■■ ドル円60分足チャート

DMMFXチャート0817ab


昨晩からはじょじょにドル高へいっておりますが、60分足チャートで
見た場合、76円90銭あたりではねかえされます。

では今朝の予想に!

まず、FXプライムのぱっと見テクニカルからドル円を予想します。

■■■ ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0817a


2本が円高、1本がドル高なんですが結局円高方向に戻すドル円予想です。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0817ab


1本は横ばいのあと円高に、1本はドル高、1本はよこばいのドル円予想。
売買シグナルランキングを見ると、

ぱっと見テクニカルusd0817aa


ドル円売りがついにトップの1位、ドル円買いが8位と、売りが最強に
シグナルを発しております。

では、セントラル短資のFXライブで直近のテクニカル指標ランキングを見ると、

FXライブusd_signal817aa


直近24時間ではMACDがプラスのテクニカル指標。
同じくFXライブで売買シグナルを検証すると・・・

FXライブusd_signal817ab


MACDはALL100%買いシグナル。これまた、
FXプライムのぱっと見テクニカルとは正反対のドル円予想結果となりました。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd0817aa


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 21,684人
■ ドル円売り ・・・  3,032人


個人投資家はお休みしているのか、はたまた、相場が動かないのもあって
あまり変化はないです。

次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0817aa


1本が円高、2本がユーロ高のユーロ円予想です。

■■■ ユーロ円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0817ab


1本が円高、2本がユーロ高うち1本は円高にいくユーロ円予想。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングを見ると、

FXライブeur_signal817


RSIが勝ち組指標です。それらの売買シグナルをFXライブで見てみると

FXライブeur817b


RSIは75%がユーロ円買い有利の予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur0817aa


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 5,760人
■ ユーロ円売り ・・・ 2,478人


ユーロ円を売っている人がジョジョに減っております。

では水曜日朝のFX予想ラストは、豪ドル円予想です。
ではFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud817a


1本が円高、2本が豪ドル高の豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud817b


1本が円高、1本がよこばい、1本が豪ドル高の豪ドル円予想。

続いてセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングを見ると、

FXライブaud_signal817


MACD、DMIとボリンジャーバンドが勝ち組の指標。
その売買シグナルをFXライブで見ると、

FXライブaud817a


綜合判断では50%が買い有利のシグナルです。
MACDでは75%がDMIでは50%が買い有利のシグナル。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud0817aa


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 10,140人
■ 豪ドル円売り ・・・  1,731人


世間がお休みモードな為か、相場変動がないからか、あまり変化なし。

では、17日のニューヨーク外国為替市場・16日の欧州市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【17日のニューヨーク外国為替市場】

・16日のニューヨーク外国為替市場で円は上値が重い。欧州の取引時間帯に発表されたドイツやユーロ圏の4−6月期国内総生産(GDP)速報値が予想を下回り、英・独の株価指数や時間外の米株価指数先物が引き続き軟調に推移したため、低金利の円は買いが先行した。その後、予想を上回る7月米鉱工業生産指数や、格付け会社フィッチが米国格付けを「AAA」で維持し見通しを「安定的」としたことを受けて円売り・ドル買いが入ったほか、株価の下げ幅縮小が円全体を押し下げた。

・独仏首脳会談後の記者会見でサルコジ仏大統領がユーロ防衛の決意を示すと、円売り・ユーロ買いが一時強まった。ただ、市場の一部で期待されていた欧州金融安定ファシリティー(EFSF)の規模拡大や欧州共同債の構想について、サルコジ仏大統領やメルケル独首相が支持を表明しなかったことが材料視され、対ユーロ中心に円が買い戻された。独仏が9月に欧州連合(EU)レベルで金融取引税を提案することが明らかとなり、ダウ平均が一時190ドル超下落したことも円の買い戻しを誘った。もっとも、その後のダウ平均が下げ幅を縮小すると、対資源国通貨中心に円は再び頭の重い展開となった。

【ドル・円】【ユーロ・円】
ドル・円は株安やクロス・円の下落が重しとなり、1ドル=76円66銭前後まで値を下げた。その後、強い7月米鉱工業生産指数や格付け会社フィッチの発表が好感され、76円93銭前後まで持ち直した。ただ、買いの勢いは長続きせず、中盤以降は76円76銭前後でのもみ合いに終始した。ユーロ・円は株安が嫌気され1ユーロ=110円11銭前後まで下げたが、株価の下げ渋りや独仏首脳のユーロ防衛の姿勢を受けて110円96−01銭前後まで上げた。その後、独仏首脳がEFSFの規模拡大や欧州共同債を支持しなかったことが売りを誘い、110円30−35銭前後まで失速したが、ダウ平均が下げ幅を縮めたため110円台後半まで値を戻した。

【スイスフラン・円】
大幅安。1スイスフラン=96円46銭前後まで下げ幅を広げた。欧州の取引時間帯には「スイス国立銀行(中央銀行、SNB)が為替フォワード市場でレートチェックをしている」との噂が広がったほか、17日にスイス金融当局が追加のスイスフラン高対抗策を発表するとの思惑から、スイスフランが全面安となった流れに沿った。

【ユーロ・ドル】
買い戻し一服。欧州株安を背景に1ユーロ=1.43541ドル前後まで値を下げたが、注目の独仏首脳会談を控えてさらに売りを進める展開にはならなかった。独仏首脳がユーロを防衛する決意を表明したことが買い材料視されると、1.4473ドル前後まで持ち直した。ただ、EFSFの規模拡大や欧州共同債の導入が支持されなかったことが失望され、1.4400ドル前後を割り込んだ。なお、独仏首脳はユーロ圏17カ国による経済政府の設立や債務抑制に関する規定の憲法明記、独仏企業に対する法人税の共通化などを提案することも明らかにした。

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

【16日の欧州市場】

(各市場の動き)

・ユーロドルは上値が重かった。ドイツの4−6月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値や、4−6月期ユーロ圏GDP(季節調整済み)速報値が市場予想平均を下回ったことが重しとなったほか、時間外のダウ先物の下落を受けた売りも出て21時前に1.4355ドルと本日安値を付けた。その後、現物の米国株が安く寄り付いた後、一時下げ幅を縮小したため、つれる格好でユーロドルにも買いが入り切り返した。パリで行われた独仏首脳会談後の共同会見で、サルコジ仏大統領が「メルケル独首相とユーロを防衛する決意を共有」「ユーロ圏に経済政府を設立ことを提案すると決定」などと述べると欧州共同債への期待が高まり日通し高値となる1.44725ドルまで買われた。ただ、サルコジ仏大統領は「独仏は9月に金融取引税を提案する」「ユーロ圏救済基金の規模は十分大きく、現時点で増額する必要はない」との認識を示した上、メルケル独首相は「欧州共同債は現時点でわれわれの支援とならない」などと語ったため、欧州金融安定ファシリティー(EFSF)の規模拡大や欧州共同債の導入に対する期待がはく落し買いは失速した。1.4376-79ドルまで下押しする場面があった。

・ドル円は一進一退。株安を受けたクロス円の売りが重しとなり21時過ぎに76.66円と日通し安値を付けた。もっとも、7月米鉱工業生産指数が予想を上回ったことや、格付け会社フィッチが、米国格付けを「AAA」で維持し、見通しは「安定的」としたと発表したことなどを受けて買いが入り22時過ぎには76.93円まで上げた。その後、米10年債利回りが低下幅を拡大したことが重しとなり、再び値を下げている。

・ユーロ円も上値が重かった。ダウ先物の下げやドイツやユーロ圏のGDPがさえない結果だったことなどが重しとなり21時過ぎに110.101円まで下げた。

 サルコジ仏大統領の発言が伝わると111円台を回復したがEFSFや欧州共同債に否定的な見解が明らかになると買いが後退し、110円台半ばまで値を消した。

・ロンドン株式相場は4日続伸。ドイツとユーロ圏の実質GDPが予想を下回ったことが売りを誘い一時下げたものの、7月米鉱工業生産が予想を上回ったことが支えとなり指数は小幅ながらプラス圏で引けた。JPモルガン・チェースが投資判断を引き上げたスタンダード・ライフが買われたほか、ICAP、オールド・ミューチュアル、プルデンシャルなどの金融セクターが上げた。

・フランクフルト株式相場は4営業日ぶりに反落。ドイツの4−6月期のGDP(季節調整済み)速報値や、4−6月期ユーロ圏GDP(季節調整済み)速報値が市場予想平均を下回ったことが嫌気された。商用車のマンが3%超の下落となったほかRWE、ティッセンクルップ、インフィニオンテクノロジーズがそれぞれ2%超の下げ幅となった。反面、ドイツテレコムやフレセニウス・メディカル・ケア、SAPなどが買われて指数を下支えした。

・欧州債券相場はほぼ横ばい。

⇒ FXスプレッド比較[2011/8/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX
◆[新型の金融商品] ソーシャルレンディング
DMM FX

火曜夜のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想 by ぱっと見テクニカル、ディールスコープ、FXライブ

お盆も火曜日。
自分って結構何でも悲観的になるタイプで、よくないですね。

一番プロジェクトやチームをダメにするのは、馬鹿なポジティブより賢い
ネガティブな人とどっかのビジネス書にのってました。

たしかに、生半可あたま良くてネガティブだとダメだしばっかりで、
一緒にいるだけでブルーはいりそうです。

しかしFXの世界は常に一人。ネガティブだろうがポジティブだろうが、
馬鹿でも賢くても稼いだ奴が一番偉い。

・・・そして、それはリーマンブラザーズにも通じる所がありました。
やっぱ、FXで稼ぐしかないっしょ。レバ25倍ですが、それでも
流動性が高くて、一攫千金が狙えるのがFXでしょう。

それでは、火曜日ももうすぐ終わる夕方ですが、今晩のドル円予想、
ユーロ円予想、豪ドル円予想を検証します。

■■■ 元リーマン社員が駆使するFX業者の無料ツール一覧

・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ
・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル


 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ FX業者ツール比較

[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

現在の為替相場をスプレッド比較1位DMMFXからキャプチャ。

現在キャンペーンを行っており圧倒的なスプレッドを提供しているDMMFX

DMMFXスプレッドキャンペーン


上記のようなキャンペーンを上手に使って取引費用を削減する事は大事です、

 ⇒ DMMFXの評判

DMMFX0816a2


昨晩から動き本日にかけて、それほど動きはないですね。
チャートも同じくDMMFXで見てみると、

■■■ ドル円10分足チャート

DMMFXチャート0816a2


今日一日の動きだけでは、小刻みに振動しているだけで、
トレンドは見当たりません。

というわけで、FXプライムのぱっと見テクニカルからドル円を予想します。

■■■ ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0816a3


1本が円高、1本が横ばい、1本がドル高のドル円予想です。

■■■ ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0816ab3


2本が円高、1本がドル円高のドル円予想。
売買シグナルランキングを見ると、

ぱっと見テクニカルusd0816aa2


ドル円売りが1位、ドル円買いが12位で売りが強くなってきました。

では、セントラル短資のFXライブで売買シグナルを検証すると・

FXライブusd_signal110816a2


綜合判断は50%が売り有利。
ストキャスティクスは100%買いシグナル、対して
ボリンジャーは100%売りシグナルのドル円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd0816a2


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 21,141人
■ ドル円売り ・・・  3,932人


ドル円を売っている個人投資家が午前中より増加しました。

次に、ユーロ円を
FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0816a2


2本がユーロ高(内1本がもとに戻す)1本がユーロ高の予想です。

■■■ ユーロ円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0816ab2


2本が円高、1本がよこばいのユーロ円予想。

次はセントラル短資のFXライブで売買シグナルを見てみると、

FXライブeur0816aa2


綜合判断では50%がユーロ円買い有利の予想。
ボリンジャーは100%がユーロ円売り予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur0816a2


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 5,740人
■ ユーロ円売り ・・・ 2,855人


ユーロ円を午前からは変化なし。

では火曜日夕方最後のFX予想は、豪ドル円予想です。
ではFXプライムのぱっと見テクニカルから豪ドル円を予想です。

■■■ 豪ドル円10足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud0816a2


1本が円高、2本が豪ドル高の豪ドル円予想。

■■■ 豪ドル円1時間足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルaud0816aa3


2本がよこばい、1本が豪ドル高の豪ドル円予想。

続いてセントラル短資のFXライブで売買シグナルを見ると、

FXライブaud0816a2


綜合判断では50%が買い有利のシグナルです。
ボリンジャーバンドは午前と同様100%売りのシグナル。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud0816a2


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 10,162人
■ 豪ドル円売り ・・・  1,804人


買いが増加。

では、16日午後のアジア・オセアニア外国為替市場。
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【16日午後のアジア・オセアニア外国為替市場】

【Overview】

16日午後のアジア・オセアニア外国為替市場で円は強含んだ。時間外のダウ先物が下落し、投資家がリスクを取りにくくなるとの見方から円買い・外貨売りが入った。ユーロに対しては、4−6月期独国内総生産(GDP)速報値が市場予想を下回ったことが円買いを誘った。欧州勢が加わる時間帯になると、欧州株が下落したことなどを手掛かりに円高が一段と進んでいる。

【ドル・円】【ユーロ・円】

ドル・円は小動き。ユーロ・円などクロス円の下落につれた売りが出て一時1ドル=76円75銭前後まで下げたものの、円売り介入に対する警戒感は根強く下値は限定的だった。今日の高値は午前中に付けた76円91銭前後で値幅は16銭程度と小さかった。一方、ユーロ・円は軟調。予想を下回る独経済指標を理由にユーロ売りが出たほか、株価の下落に伴う円買い・ユーロ売りが入った。15時30分過ぎに一時本日安値となる1ユーロ=110円35銭前後まで値を下げた。
[オススメ情報] これからはFXスマホ
[新型の金融商品] ソーシャルレンディング

【ユーロ・ドル】

4−6月期独GDP速報値が予想より弱い内容となったことがユーロ売りを誘ったほか、株価の下落が相場の重しとなり一時1ユーロ=1.4365ドル前後まで値を下げた。もっとも、その後は欧州中央銀行(ECB)によるイタリア、スペイン国債購入観測を背景に下げ渋った。市場では「一目均衡表雲の上限が位置する1.4388ドル前後がポイントとして意識されている」との指摘があった。

⇒ FXスプレッド比較[2011/8/1更新]
⇒ FXスワップ金利比較
⇒ FXスマホ比較
⇒ FXツール比較
⇒ FXスペック比較
DMMFX
◆[新型の金融商品] ソーシャルレンディング
 東大式FX攻略法

みんなのFX

元リーマン社員限定タイアップ企画

FXプライム[直トレFX]

アイネットFX
元LB社員が取引に使うFX業者
SBIFXTRADE評判  ドル円0.27銭SBIFXトレード
豪ドル円0.99/ユロ円0.69/ポン円1.19
1$から取引可/スプレッド4桁表示
住信SBIネット銀行50%出資のSBIG

GMOクリック証券FX評判  株も売買可GMOクリック証券
米ドル/円0.3銭原則固定
YAHOO出資企業/資産2000億円
8万人使用iClickFXNEO/FXroid
最新キャッシュバック特集
カテゴリー別の記事
プロフィール

元リーマンブラザー...

免責事項
当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び私に関係する全ての方は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。

外為どっとコム
DMM FXは初心者向け
ドル円予想に使うFXツール
FXツール FXプライム byGMOのぱっと見テクニカル

過去12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想する機能
ぱっと見テクニカルツールa
⇒ ぱっと見テクニカルの評判評価
ドル円スプレッド比較
原則固定
(例外あり)
FX業者名
0.3銭  外為どっとコム
0.3銭 GMOクリック証券評判 GMOクリック証券
0.3銭 YJFX評判 YJFX!
0.3銭原則固定 DMMFX評判 DMMFX
0.4銭 みんなのFX評判 みんなのFX
0.6銭原則固定 FXプライム評判 FXプライム byGMO
0.7-1.0銭 アイネットFX評判 アイネット証券
0.9銭 ライブスター証券
株もFXも GMOクリック評判 GMOクリック証券
カブドットコム評判 カブドットコム証券

元リーマン社員がメディア掲載
元リーマンブラザーズ社員が取材①元リーマンブラザーズ社員が取材②
雑誌「BIG TOMORROW」5月号で取材受けて記事になりました。
⇒ 現在4.5万人超フォロワー!
元気の源!為替ブログランキング
皆様のクリックが・・・
元リーマン社員を救います!!


人気ブログランキング
最高、17位でファイト!

為替ブログ村
為替日記は、最高8位!
くりっく365のFX業者比較
  • ライブドアブログ