元リーマン社員がFXツールでドル円予想

リーマンブラザーズに勤務した経験からビリオネアになる最短の方法はトレードしかないと確信し、トレードの中でも。最も少額で始められて、かつ、最もレバレッジが高くできるFXで財を成す事を決意しました。現在、ドル円をFXツールを駆使して予想し、その結果から売買するシステムトレードちっくな手法で売買を行い、まずは、ミリオネアへの道を目指しております。FXツールはFXプライム byGMOのぱっと見テクニカルを使っております。

 
 売買レート・チャート・リアルタイム売買比率表示ツールはみんなのFXより
0.3銭原則固定(例外あり)  外為どっとコム
0.3銭原則固定  GMOクリック証券
 FXトレーディングS
 YJFX!
 DMMFX
0.6銭原則固定  FXプライム byGMO
0.9銭原則固定  ライブスター証券
0.7〜1銭  アイネット証券
オススメ  ひまわり証券

2011年07月

DMM FX

日曜に予想する8月のドル円ユーロ円豪ドル円 by ぱっと見テクニカル、ディールスコープ、FXライブ

おはようございます。

今日は六本木から遠く離れた場所におります。

とはいえ日本ですが、今までの34年間を振り返るととても
色々な想い出が浮かんできます。そのほとんどが同じ人との想い出
しか残っていないのはとても複雑ですが、そういった意味では、
最近は人生の記憶と並列に考えられるようになってきました。

ある意味、人生で2回、ドリームジャンボの当選くじのような
幸運なチケットをゲットしたのにそれを自分から破り捨てた・・・

そしてその度にドンドン自分が老いていく・・

ネガティブに考えると非常にブルーですが、ある意味人生のレバレッジ
はドンドンあがっている・・そう考えたいこのごろ。

今までの全ての事は10億円も稼げれば全て吹き飛ぶわけですから・・・
願わくば、1000億円稼いでフォーブスに載る・・・

なーんてね。

まぁ、何をするにも資本は必要で、その為にもFXで1000億円
を稼ぐ為の最初のステップだる1億円を稼がなければなんの意味も
ありません。

では激動の円高が進行した今月の為替相場から来月8月の相場の
ドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想を行ないます。

・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ
・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル


 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ FX業者ツール比較

[オススメ情報] 個人間金融にSBIが参入 SBIソーシャルレンディング

まず現在の為替相場を、
マイナススワップ金利比較では圧倒的NO1のDMMFXからキャプチャ。

 ⇒ DMMFXの評判

DMMFX731a


ドル円は怒涛の76円台に突入。81円あたりからショートしている人は
ガッツリもうかっている事でしょう。

■■■ ドル円60分足チャート

DMMFX731aa


■■■ ドル円1日足チャート

DMMFX731ab


まだまだ円高のチャート。では、ドル円の予想を・・・
FXプライムのぱっと見テクニカルからの予想結果。

■■■ ドル円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0731a


2本が円高、1本がドル高のドル円予想。
売買シグナルランキングを見ると、

ぱっと見テクニカルusd0731a_03


ドル円売りが2位、ドル円買いは12位と、売りが強いドル円予想結果。

では、セントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングを見ると、

FXライブusd_signal_0731a3


月末なので、今月最もパフォーマンスがよかったチャートは、MACD、
ストキャスティクスとDMI、移動平均が好調。
それらの売買シグナルを見てみると、

FXライブusd_signal_0731a3a


MACDとストキャスティクスはALL100%買いのシグナル。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd0731aa_02


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 25,594人
■ ドル円売り ・・・  3,149人


長期の時間足でみるとドル円ロングがここ最近ずっと多い事がわかる。

では、次は、ユーロ円のチャートをチェック。
マイナススワップ金利比較では圧倒的NO1のDMMFXからキャプチャ。

■■■ ユーロ円1日足チャート

DMMFX731ab


109円あたりを再度円高に試してるようなチャート。

FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円1日足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0731ab


2本がユーロ高、1本がよこばいのユーロ円予想です。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングは、

FXライブeur0731a_03c


ストキャスティクス、RSI、移動平均がよいパフォーマンスをあげて
おります。では売買シグナルを見てみると、

FXライブeur0731aa_03b


買いがおおい結果ですね。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur0731aa_02


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 7,861人
■ ユーロ円売り ・・・ 2,072人


では今週の予想しめくくりは豪ドル円予想です。まずはチャートから。

マイナススワップ金利比較では圧倒的NO1のDMMFXからキャプチャ。

■■■ 豪ドル円1日足チャート

DMMFX731abc


豪ドルもユーロ円と同様に直近の円高の抵抗線を試しに行っております。

ではFXプライムのぱっと見テクニカルから
予想です。

ぱっと見テクニカルaud0731aa_03


2本が豪ドル円高の豪ドル円予想です。

続いてセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングを見ると、

FXライブaud0731b_02


DMIとボリンジャーバンドが勝利をあげたテクニカル指標。
売買シグナルを見ると・・・

FXライブaud0731aa_02


総合判断ではALL買い!

個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud0731aa_02


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 8,262人
■ 豪ドル円売り ・・・ 1,337人


では、29日のNY市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【29日のNY市場】

(29日終値)
ドル・円相場(30日6時時点):前日比31銭安の1ドル=77.65円
ユーロ・円相場:同69銭安の1ユーロ=111.32円
ユーロ・ドル相場:同0.0034ドル安の1ユーロ=1.4333ドル
ダウ工業株30種平均:同96ドル87セント安の12143ドル24セント
ナスダック総合株価指数:同9.87ポイント安の2756.38
10年物米国債利回り:同0.14%低い(価格は高い)2.80%
WTI原油先物9月限:同1.74ドル安の1バレル=95.70ドル
金先物8月限:同15.00ドル高の1トロイオンス=1631.20ドル

[オススメ情報] SBIソーシャルレンディング

(主な米経済指標) <発表値> <前回発表値>
4−6月期米国内総生産(GDP、速報値)  前期比年率
1.3%  0.4%・改
7月米シカゴ購買部協会景気指数   
58.8 61.1
7月米消費者態度指数(ミシガン大調べ、確報値)
63.7 63.8
※改は改定値、▲はマイナスを表す。

・ドル円は続落。米商務省が29日発表した4−6月期の米国内総生産(GDP)速報値は実質で前期比年率1.3%増となり市場予想平均の1.8%増より弱かった上、1-3月期の確定値は1.9%増から0.4%増に下方修正された。シカゴ購買部協会が発表した7月景気指数(シカゴPMI)も58.8と6月の61.1から低下し、市場予想平均の60.0を下回ったほか、7月の米消費者態度指数(ミシガン大調べ、確報値)は63.7と速報値63.8から下方修正され、市場予想平均の64.0程度を下回った。米景気の先行きに不透明感が強まりドル売りが強まった。米連邦債務の上限引き上げ交渉に進展が見られないことも引き続きドルの重しだった。77.00円に観測されているオプションのバリアに絡んだ防戦買いが一時支えとなったが、米10年債利回りが2.80%を割り込むなど米金利の低下が進むと日米金利差縮小を意識した円買い・ドル売りが加速。取引終了間際に76.70円と3月17日以来の安値水準まで下げた。なお、ドルスイスフランは0.7851スイスフランと史上最安値を更新した一方、NZドル米ドルは0.8800米ドルと変動相場制移行後の高値を更新した。

・ユーロドルは3営業日ぶりに反発。一時1.4414ドルまで上昇した。米債務上限問題や29日に発表された米経済指標が軒並み弱い結果となったことを背景にユーロ買い・ドル売りが入った。市場参加者からは「1.4420ドルに売り注文があった」との指摘があり1.4360-63ドルまで伸び悩む場面があったが、取引終了にかけてドル売りが再開し上値を伸ばした。

・ユーロ円は3日続落。米国株相場やドル円の下落を受けて円買い・ユーロ売りが入った。110.385円まで下落する場面があった。

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は6日続落し、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は反落した。4−6月期米実質GDPが市場予想平均を下回り、1-3月期確定値が下方修正されたことを受けて、景気の先行きに不透明感が高まり幅広い銘柄売られた。米連邦債務上限の引き上げ交渉が難航していることも相場の重しだった。ダウ平均の下げ幅は一時150ドル超となった。エクソン・モービルやヒューレット・パッカード(HP)、メルクがそれぞれ2%超の下落となったほか、前日に赤字決算を発表したモトローラが下落。半面、決算がアナリスト予想を上回ったメットライフやスターバックスは買われた。

・米国債券相場は続伸。4−6月期米実質GDPが市場予想平均を下回った上、1-3月期確定値が下方修正されたため、米景気に慎重な見方が強まり、債券買いが強まった。米連邦債務上限の引き上げ交渉に進展が見られていないが、最終的には上限が引き上げられデフォルト(債務不履行)は回避できるとの見方が強い上、長期的な投資家は米GDPの結果を重視したため債券買いが優勢だった。

・原油先物相場は反落。米商務省が発表した4−6月期の米GDP速報値は実質で前期比年率1.3%増と市場予想平均の1.8%増を下回り、米景気回復ペースの鈍化で原油需要が後退するとの見方から売りが出た。また、米連邦債務上限の引き上げをめぐる交渉に依然として解決のメドが立たないことも、投資家心理を冷やした模様。一時94.95ドルと18日以来の安値を付ける場面もあった。

・金先物相場は3日ぶりに反発米商務省が発表した4−6月期の米GDP速報値が市場予想を下回り、米景気の先行きに不透明感が高まったことから、安全資産である金に逃避的な買いが集まった。また、米GDPの発表を受けて外国為替市場でドル安が進行したこともドルの代替資産とされる金の下支えに。米連邦債務上限の引き上げをめぐる交渉が引き続き難航していることも買い材料視され、一時1637.5ドルと史上最高値を更新した。

DMMFX
DMM FX

金曜日お昼のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想 by ぱっと見テクニカル、FXライブ、ディールスコープ

金曜日もお昼を過ぎました。
ドル円は更に円高へ。

マイナススワップ金利比較では圧倒的NO1のDMMFXからキャプチャ。

 ⇒ DMMFXの評判

DMMFX729a


■■■ ドル円10分足チャート

DMMFX729aa


■■■ ドル円60分足チャート

DMMFX729ab


どこまでいくのか円高は。。
それでは、今後のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想を下記の
要領で行います。

・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ
・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル


 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ FX業者ツール比較

[オススメ情報] SBIソーシャルレンディング

まず、ドル円の予想から。
FXプライムのぱっと見テクニカルからの予想結果。

■■■ ドル円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0729a


1本が円高、1本がドル高、1本がよこばいのドル円予想。
売買シグナルランキングを見ると、

ぱっと見テクニカルusd0729a_03


ドル円売りが2位、ドル円買いは8位と、まだまだ円高が続くという
ドル円予想結果。

では、セントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングを見ると、

FXライブusd_signal_0729a3


ストキャスティクスと移動平均、RSIが好調。
それらの売買シグナルを見てみると、

FXライブusd_signal_0729a3a


朝の予想と同様にRSIがALL買い予想。
ただ、移動平均は売りが多い。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd0729aa_02


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 25,593人
■ ドル円売り ・・・  2,776人


ドル円買いが増加し、売りが減少。

では、次は、ユーロ円のチャートをチェック。
マイナススワップ金利比較では圧倒的NO1のDMMFXからキャプチャ。

■■■ ユーロ円60分足チャート

DMMFX729ab


ドル円と同様に円高トレンド真っ最中。

FXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0729ab


朝と同様にユーロ円予想では3本がユーロ高のユーロ円予想です。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングは、

FXライブeur0729a_03c


MACD、DMI、移動平均がよいパフォーマンスをあげております。
では売買シグナルを見てみると、

FXライブeur0729aa_03b


ドル円とにたような結果のユーロ円予想。
では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur0729aa_02


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 8,125人
■ ユーロ円売り ・・・ 1,921人


朝からの動きはほとんどありません。

では今週の予想しめくくりは豪ドル円予想です。まずはチャートから。

マイナススワップ金利比較では圧倒的NO1のDMMFXからキャプチャ。

■■■ 豪ドル円60分足チャート

DMMFX729abc


豪ドルに対しても、ドル円・ユーロ円と同様に円高トレンド。

ではFXプライムのぱっと見テクニカルから
予想です。

ぱっと見テクニカルaud0729aa_03


3本が豪ドル円高の豪ドル円予想です。

続いてセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングを見ると、

FXライブaud0729b_02


唯一ストキャスティクスが勝利をあげたテクニカル指標。
売買シグナルを見ると・・・

FXライブaud0729aa_02


総合判断では朝の予想と同様にALL買い!
ただし、ストキャスティクスは後半売り。

個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud0729aa_02


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 8,083人
■ 豪ドル円売り ・・・ 1,400人


豪ドル円買いが増加し、売りが減少。

では、29日午前のアジア・オセアニア外国為替市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【29日午前のアジア・オセアニア外国為替市場】

・29日午前のアジア・オセアニア外国為替市場で円は底堅い動き。政府・日銀による円売り介入への警戒感が強まるなか、朝方は軟調に推移する場面があった。野田佳彦財務相は衆院財政金融委員会で、「最近の市場の動きは実勢から離れており、円が高すぎる」「円は一方的に偏った動きを示しており、マーケットを注視する」などと語った。ただ、仲値後は月末を迎えた国内輸出企業などからの円買いが入り、徐々に下値を切り上げた。「米下院はベイナー下院議長が提案した債務上限引き上げ法案を今晩採決しない」との報道が伝わると、円買い・ドル売りに弾みが付いた。時間外のダウ先物が急落したことも円の追い風となった。

・ドル・円は9時過ぎに一時本日高値となる1ドル=77円86銭前後まで値を上げたものの、米債務問題への懸念から売りが強まると一時3月17日以来の安値となる77円45銭前後まで値を下げた。

[オススメ情報] SBIソーシャルレンディング

・ユーロ・円は1ユーロ=111円56銭前後まで買いが先行した後、110円84銭前後まで売り込まれたもののその後持ち直した。ユーロ・ドルが急速に買い戻されたことにつれた。

・欧州の財政問題への懸念がくすぶるなか、ユーロ売りが先行。ベイナー下院議長が提案した法案の採決が延期となりダウ先物が100ドル超下落すると、投資家がリスク回避姿勢を強めユーロ売り・ドル買いが膨らんだ。11時30分過ぎに一時本日安値となる1ユーロ=1.4282ドル前後まで値を下げた。ただ、売りが一巡すると一転買い戻しが優勢に。米連邦債務の上限引き上げをめぐる協議が難航しているとして、全般にドルを売る動きが広がった。12時過ぎに一時1.43645ドル前後まで値を上げた。

DMMFX
DMM FX

金曜朝のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想 by ぱっと見テクニカル、ディールスコープ、FXライブ

おはようございます!
今日は金曜日の朝。ちょっと曇り気味の六本木の空ですが、超特急で、
ドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想を行ってまいります。

・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ
・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル


 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ FX業者ツール比較

[オススメ情報] ソーシャルレンディング比較

では、現在の為替相場を、マイナススワップ金利比較では圧倒的NO1のDMMFXからキャプチャ。

 ⇒ DMMFXの評判

DMMFX729_02_03


■■■ ドル円10分足チャート

DMMFX729_02a


朝方までずっと円高トレンドが続いておりましたが、直近では
その動きに若干反発が加わりましたが。

■■■ ドル円60分足チャート

DMMFX729_02b


60分足で見ると、77円60銭あたりが抵抗線になっております。
では、金曜日朝一のドル円をFXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0729_02a_02


2本が円高、1本がドル高のドル円予想。

■■■ ドル円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0729_02a_02b


1本が円高、2本がドル高のドル円予想。
売買シグナルランキングを見ると、

ぱっと見テクニカルusd0729_02a_03


ドル円売りが4位、ドル円買いは10位と、いぜん、売りが強い結果。

では、セントラル短資のFXライブで売買シグナルを見てみると、

FXライブusd_signal_0729_02a_02a


RSIがALL買い予想。
では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd0729_02a_02


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 25,076人
■ ドル円売り ・・・  3,495人


ドル円買いがちょっとだけ増えました。

では、ユーロ円をFXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0729_02a_a


ユーロ円予想では3本がユーロ高のユーロ円予想です。

次はセントラル短資のFXライブで売買シグナルを見てみると、

FXライブeur0729_02a_03b


ドル円と同様、RSIでALL買いシグナルのユーロ円予想。
では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur0729_02a_02


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 8,107人
■ ユーロ円売り ・・・ 1,984人


ユーロ円買いは手前で減少。売りはよこばい。

では金曜朝のしめくくりは豪ドル円予想です。FXプライムのぱっと見テクニカルから
予想です。

ぱっと見テクニカルaud0729_02a_03


2本が豪ドル円高、1本がよこばいの豪ドル円予想です。

続いてセントラル短資のFXライブで売買シグナルを見ると・・・

FXライブaud0729_02a_02


総合判断ではALL買い!

個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud0729_02a_02


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 8,029人
■ 豪ドル円売り ・・・ 1,486人


豪ドル円買いが増加。

では、28日の東京外国為替市場、NY市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【28日の東京外国為替市場】

・28日の東京外国為替市場でドル円は小高い。8時時点では77.73−78円とニューヨーク市場の終値(77.65円)と比べて8銭程度のドル高水準だった。前日NY時間終盤にまとまった売りのフローに押された反動が出た。8時過ぎには77.815円まで小幅に上げた。市場関係者からは「本日は月末とあって仲値に向けたドル買い需要が意識される半面、仲値後は国内輸出企業から売りが出やすい」との声が聞かれた。なお、8時30分には6月全国消費者物価指数(CPI、生鮮食品を除く総合予想)や6月完全失業率などが発表されるほか、8時50分には6月鉱工業生産速報の発表を控えている。

・ユーロ円は8時時点では111.43−48円とニューヨーク市場の終値(111.32円)と比べて11銭程度のユーロ高水準だった。ドル円の買いがやや先行した流れに沿った。8時過ぎには111.51円まで上げた。

・ユーロドルは8時時点では1.4335−40ドルとニューヨーク市場の終値(1.4333ドル)とほぼ同水準。

【28日のNY市場】

(28日終値)
ドル・円相場(29日6時時点):前日比31銭安の1ドル=77.65円
ユーロ・円相場:同69銭安の1ユーロ=111.32円
ユーロ・ドル相場:同0.0034ドル安の1ユーロ=1.4333ドル
ダウ工業株30種平均:同62ドル44セント安の12240ドル11セント
ナスダック総合株価指数:同1.46ポイント高の2766.25
10年物米国債利回り:同0.04%低い(価格は高い)2.94%
WTI原油先物9月限:同0.04ドル高の1バレル=97.44ドル
金先物8月限:同1.70ドル安の1トロイオンス=1613.40ドル

(主な米経済指標) <発表値> <前回発表値>
前週分の米新規失業保険申請件数    
39万8000件 42万1000件・改
6月米住宅販売保留指数(仮契約住宅販売指数)
前月比
2.4% 8.2%
※改は改定値、▲はマイナスを表す。

[オススメ情報] ソーシャルレンディング比較

(各市場の動き)

・ユーロドルは続落。28日の欧州市場から、イタリアの国債入札が低調だったとの見方からイタリアとドイツの10年物国債の利回りスプレッドが拡大したことや、トレモンティ・イタリア財務相が辞任するとの噂などを背景にユーロが売られた流れを引き継ぐと、ニューヨーク市場の序盤に1.4253ドルまで下げた。ただ、欧州株が下げ止まったことや、米国株が一時上昇したことを受けてリスク回避姿勢は一服。ユーロ売り・ドル買いを進めてきた向きが反対売買を進めたため下げ幅が縮まった。

・ドル円は反落。米連邦債務上限の引き上げ交渉に進展が見られずデフォルト(債務不履行)への警戒感がくすぶっていることが相場の重しとなった。対ユーロでドル買いが進んだことがドル円相場を一時的に押し上げ、77.89-92円まで値を上げる場面があった。もっとも、取引終了前にまとまった売りが持ちこまれた影響で、欧州市場に付けた28日の安値77.627円に接近して取引を終えた。一部通信社が複数の米下院議員の話として、共和党のベイナー下院議長が提案した債務上限引き上げ案の採決は米国時間28日の18時(日本時間29日の7時)頃になるとの見通しを示したと報じたが、目立った反応はなかった。 28日に発表された米経済指標に対しては為替市場での反応は目立たなかった。

・ユーロ円は続落。欧州市場で欧信用不安やトレモンティ・イタリア財務相の辞任に関する噂を受けて売られた地合いを引き継ぎ一時110.836円まで下げた。しかし、欧州株が下げ止まったほか、米国株が一時上昇したこともあって下値を切り上げて引けた。

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は5日続落。前週分の新規失業保険申請件数が予想よりも強い結果となったことや、6月の米住宅販売保留指数が市場予想平均を上回ったことなどが好感されて買いが入り、80ドル超の上昇となる場面があった。しかし、米連邦債務の上限引き上げ交渉が難航していることが引き続き重しとなり買いは続かず指数は下げに転じた。AT&Tやエクソンモービルが2%超の下げとなったほか、キャタピラーやヒューレット・パッカード(HP)が1%超の下落。一方、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は4営業日ぶりに反発。債務上限問題が重しとなり伸び悩んだものの、シスコシステムズが投資判断が引き上げられたことを好感して買われたことが支えとなり、指数は小幅高で引けた。

・米国債券相場は反発。今後の米財政再建に伴う米景気の減速を織り込む形で債券買いが入った。米連邦債務の上限引き上げ交渉に進展が見られないことは引き続き相場の重しであるものの、最終的には債務上限が引き上げられデフォルト(債務不履行)は回避されるとの見方が多数を占めており、債券売りは目立たなかった。

・原油先物相場は小幅反発。熱帯暴風雨がメキシコ湾岸に向かっていると伝わり、同地域の石油製油施設の操業に懸念が広がったことが買いを誘った。また、米労働省が発表した前週分の新規失業保険申請件数が4月以来の低水準となり、雇用市場の改善で原油需要が高まるとの思惑も買い材料となった。半面、米連邦債務上限の引き上げをめぐる交渉は依然として難航しており、同国のデフォルト懸念がくすぶっていることが重しとなったため、上げ幅も限られた。

・金先物相場は続落。史上最高値付近での値動きを続けていることから利益確定の売りが出た。また、米労働省が発表した前週分の新規失業保険申請件数が4月以来の低水準となり、米雇用市場に改善の兆しが見られたことも安全資産である金需要を後退させた。その一方で、米連邦債務上限の引き上げをめぐる問題への懸念から押し目を拾う動きが下値を支えたため、下げ幅は限定的だった。

DMMFX
DMM FX

木曜日お昼のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想 by ぱっと見テクニカル、FXライブ、ディールスコープ

こんにちは。木曜日お昼のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想を
いきます。

・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ
・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル


 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ FX業者ツール比較

[オススメ情報] これからはAndroid/iphoneでFX。FXスマホを比較

まず木曜昼の為替相場をインヴァスト証券FX24からキャプチャ。
スワップ金利比較ランキング1位

 ⇒ インヴァスト証券FX24の評判はコチラ

インヴァスト証券FX2420110728_02a


■■■ ドル円10分足チャート

インヴァスト証券110728_02aa


10分足では直近円高へ。

■■■ ドル円60分足チャート

インヴァスト証券110728_02ab


1時間足では、円高がいったんとまっているようにみえますね。
では木曜お昼のドル円をFXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0728_02a_02


1本がドル高、2本が横ばいのドル円予想。

■■■ ドル円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0728_02a_02b


2本が円高、1本がドル高のドル円予想。
ここで、売買シグナルランキングを見ると、

ぱっと見テクニカルusd0728_02a_02aba


ドル円売りが2位、ドル円買いは9位です。
また、ドル円売りが強い結果に戻りました。

では、セントラル短資のFXライブで売買シグナルを見てみると、

FXライブusd_signal_0728_02a_02a


総合判断では手前どちらでもなく、その後買いから売りへ。

では、ユーロ円をFXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0728_02a_a


ユーロ円予想では2本がユーロ高(1本が円高へ)、1本がよこばいの
ユーロ円予想です。
次はセントラル短資のFXライブで売買シグナルを見てみると、

FXライブeur0728_02a_02b


総合判断では、75%が売りシグナル。

3番目に豪ドル円を予想します。FXプライムのぱっと見テクニカルから
予想です。

ぱっと見テクニカルaud0728_02a_03


2本が円高、1本がよこばいの豪ドル円予想です。

続いてセントラル短資のFXライブで、売買シグナルを見ると・・・

FXライブaud0728_02a_02


総合判断の100%が売りの豪ドル円予想です。

では、28日の東京外国為替市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【28日の東京外国為替市場】

・28日の東京外国為替市場でユーロドルは売り一服。12時時点では1.4345−50ドルとニューヨーク市場の終値(1.4367ドル)と比べて0.0022ドル程度のユーロ安水準だった。ショイブレ独財務相の話として「ギリシャ支援について与党内で幅広い合意があり、野党からも支持がある」「ギリシャには競争力を回復するために10年間が必要」「米国が直前になって債務に関する合意に達すると確信」などと伝わったことをきっかけに、ユーロ売りが強まった。市場関係者からは「ショイブレ独財務相の発言が売り材料視された前日の値動きが改めて意識されたのでは」との声が聞かれ、一時1.4330ドルと前日安値の1.43393ドルを下抜けた。ただ、22日安値の1.43237ドルが目先のサポートとなり、1.43ドル台半ばまで値を戻した。

・ユーロ円は売り優位。12時時点では111.56−61円とニューヨーク市場の終値(112.01円)と比べて45銭程度のユーロ安水準だった。ショイブレ独財務相の話が伝わったことをきっかけに、ユーロが全面安となった流れに沿った。上海総合指数の1%超安に伴い、リスク回避姿勢を強めた投資家からも売りが出た。

[オススメ情報] これからはAndroid/iphoneでFX。FXスマホを比較

・与謝野馨・経済財政担当相は28日、大村秀章愛知県知事から為替介入を要請されたことについて「当面は8月2日のところだ」と語り、米国の債務上限引き上げ問題を見極める姿勢を示したほか、「(介入について)1兆円、2兆円するような話はなかなか難しい」との認識を示したと時事通信が伝えた。市場では「8月2日まで為替介入が実施されず、規模も大きなものとはならない」として為替介入への警戒感が後退し、円買い
・ユーロ売りが加速した。12時過ぎには111.55円まで下落した。

・ドル円は売りが強まった。12時時点では77.77−82円とニューヨーク市場の終値(77.96円)と比べて19銭程度のドル安水準だった。上海株安や与謝野経済財政担当相の発言を受けた売りが進んだ。12時過ぎには77.721円まで下押しした。

DMMFX評判
DMM FX

木曜朝一のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想 by ぱっと見テクニカル、FXライブ、ディールスコープ

そして木曜日。
六本木にも木曜日の朝がやってまいりました。

空はどんより曇っております。
ドル円は反発しましたね。
今後のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想をいってみます!

・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ
・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル


 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ FX業者ツール比較

[オススメ情報] これからはAndroid/iphoneでFX。FXスマホを比較

マイナススワップ金利比較では圧倒的NO1のDMMFXからキャプチャ。

 ⇒ DMMFXの評判

DMMFX728_03


■■■ ドル円10分足チャート

DMMFX728a


10分足ではいったんドル高に反発中。

■■■ ドル円60分足チャート

DMMFX728b


まだまだ円高トレンド。目先の77円50銭あたりの攻防でしょうか。
では、木曜日朝のドル円をFXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0728a_02


1本がドル高、1本が横ばい、1本がドル高のドル円予想。

■■■ ドル円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0728a_02b


2本が円高、1本がドル高のあと円高のドル円予想。
売買シグナルランキングを見ると、

ぱっと見テクニカルusd0728a_03


ドル円売りが8位、ドル円買いは5位と、買いが強い結果。

では、セントラル短資のFXライブで直近24時間のテクニカル指標ランキングは、

FXライブusd_signal_0728a_023a


DMI、RSI、移動平均が勝っている指標。
では、売買シグナルを見てみると、

FXライブusd_signal_0728a_02a


DMIは手前買いで後売り。
では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd0728a_02


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 24,991人
■ ドル円売り ・・・  4,112人


ドル円買いが昨晩からへり、売りが増加しております。

では、ユーロ円をFXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0728a_a


ユーロ円予想では1本が円高、2本がユーロ高(その後1本が円高)の
ユーロ円予想です。

次はセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングをチェックすると、

FXライブeur0728a_02b

MACDが直近24時間で100pipsあげております。
続けてFXライブで売買シグナルを見てみると、

FXライブeur0728a_03b

総合判断では、ALL売りシグナルのユーロ円予想。
では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur0728a_02


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 8,043人
■ ユーロ円売り ・・・ 1,918人


ユーロ円買いの増加、売りの減少が続いております。

木曜日の朝の最後に豪ドル円を予想します。FXプライムのぱっと見テクニカルから
予想です。

ぱっと見テクニカルaud0728a_03


2本が円高、1本が豪ドル高の豪ドル円予想です。

続いてセントラル短資のFXライブでテクニカル指標ランキングを見ると、

FXライブaud0728a_03


ストキャスティクスが1位で直近24時間で120pipsのプラス。
続けてFXライブで売買シグナルを見ると・・・

FXライブaud0728a_02


ストキャスティクスはALL売り予想!

個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud0728a_02


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 7,806人
■ 豪ドル円売り ・・・ 1,835人


変化はありませんが、全体としては豪ドル円買いが減少。

では、27日のNY市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【27日のNY市場】

(27日終値)
ドル・円相場(28日6時時点):前営業日比9銭高の1ドル=77.96円
ユーロ・円相場:同97銭安の1ユーロ=112.01円
ユーロ・ドル相場:同0.0142ドル安の1ユーロ=1.4367ドル
ダウ工業株30種平均:同198ドル75セント安の12302ドル55セント
ナスダック総合株価指数:同75.17ポイント安の2764.79
10年物米国債利回り:同0.03%高い(価格は安い)2.98%
WTI原油先物9月限:同2.19ドル安の1バレル=97.40ドル
金先物8月限:同1.70ドル安の1トロイオンス=1615.10ドル

(主な米経済指標) <発表値> <前回発表値>
6月米耐久財受注額
前月比 ▲2.1% 1.9%
輸送用機器を除く前月比 0.1% 0.7%・改
※改は改定値、▲はマイナスを表す。

(各市場の動き)

・ユーロドルは3営業日ぶりに反落。27日の欧州市場で、ショイブレ独財務相が「政府は欧州金融安定ファシリティー(EFSF)と欧州安定メカニズム(ESM)による流通市場での債券買い取りの全権委任を拒否する」「ユーロ圏の危機は1回限りの首脳会議で永久に解決されると考えるのは間違っている」と述べたことを背景にユーロが売られた流れを引き継いだ。ニューヨーク市場では米株安を受けた売りが出て下げ幅が拡大した。市場参加者からは「モデル系ファンドからの売りが目立った」との声が聞かれたほか、イタリア大手銀行ウニクレディットが大幅安となり、一時取引停止になっていたことも投資家心理を冷やした。一時1.43393ドルまで下げた。ただ、25日の安値1.4325ドルがサポートとして意識されると下げ止まり、引けにかけて下げ幅を縮小して取引を終えた。なお、米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が27日、ギリシャの格付けを「CCC」から「CC」に引き下げると発表したが、ムーディーズが25日に格下げを行っていたこともあり、反応はなかった。

・ドル円は3日ぶりに反発。対ユーロでドル高が進行したことが支えとなった。市場参加者から「米債務上限の引き上げ交渉が合意に至るとの出所不明の噂が広がったことも一時ドル買いを誘った」との指摘も聞かれた。78.17円まで上昇する場面があった。27日に公表された米地区連銀経済報告(ベージュブック)では「経済活動は4地域で穏やかな成長が続いたが、8地域では成長ペースが鈍化した」との見解が示されて、前回の報告よりも回復ペースの鈍化した地区が増えたことが明らかとなったが、目立った反応はなかった。なお、債務上限の引き上げ交渉が合意するとの噂に関してはその後関係者によって否定されている。

[オススメ情報] これからはAndroid/iphoneでFX。FXスマホを比較

・ユーロ円は反落。欧州市場でショイブレ独財務相の発言を嫌気して売られた地合いを引き継いだ。ニューヨーク市場では米株安を背景にした売りが出て下げ幅を拡大。111.95円まで値を下げる場面があった。

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に4日続落し、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は3日続落した。米連邦債務上限の引き上げ交渉に依然進展が見られないことが嫌気された。デフォルト(債務不履行)を回避した場合でも格下げリスクが高まっていることも相場の重しとなった。6月の米耐久財受注が予想に反して減少したことや、米連邦準備理事会(FRB)が発表したベージュブックで、回復ペースが鈍化している地区が増えたことなども売りを誘った。ダウ平均の下げ幅は一時200ドルを超した。キャタピラーが3.67%安、ユナイテッド・テクノロジーズが2.83%安、3Mが2.06%安となるなど下げが目立った。一方、四半期決算がアナリスト予想を上回ったボーイングが買われた。

・米国債券相場は長期ゾーンは反落。米5年債の入札が不調だったことが相場の重しとなった。28日の米7年債入札への警戒感が高まったようだ。米連邦債務の上限引き上げ交渉に依然進展が見られないことも嫌気された。「デフォルト(債務不履行)を回避したとしても、米国の格下げは避けられないとの見方が広がっていることも売りを誘った」との声が聞かれた。

・原油先物相場は反落。米エネルギー省が発表した週間在庫統計で、原油在庫が予想に反して大幅な在庫積み増しとなったことを嫌気した売りが出たほか、米商務省が発表した6月の米耐久財受注額(季節調整済みで半導体は除く)が予想よりも弱い結果となったことも売り材料視された。また、米株の大幅安で投資家のリスク志向が低下したことも重しとなり、一時97.17ドルまで下落する場面があった。

・金先物相場は4日ぶりに反落。共和党のベイナー下院議長による歳出削減案に共和党内からも反発の声が出たほか、民主党のリード上院院内総務が「上院民主党は全員反対する」と述べるなど、米連邦債務上限の引き上げをめぐる交渉に目立った進展が見られず、米国のデフォルト懸念が高まったことで買いが先行した。一時は1628.8ドルと史上最高値を更新。もっとも、その後は利益確定の売りが出て上げ幅を縮める展開に。対ユーロなどでドル高が進行し、ドルの代替資産とされる金需要が後退したことも重しとなった。

DMMFX
DMM FX

水曜昼の最新ドル円予想・ユーロ円予想・豪ドル円予想 by ディールスコープ、ぱっと見テクニカル、FXライブ

水曜日ももうすぐ正午です。
ちょっとムシムシした空です。

最近、人生についてよく考えてしまうのはイガイにこの時間帯だったりまします。

ま、あまり、クヨクヨせず、水曜日お昼の最新ドル円予想、ユーロ円予想、
豪ドル円予想を行います。

・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ
・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル


 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ FX業者ツール比較

[オススメ情報] これからはAndroid/iphoneでFX。FXスマホを比較

まず水曜昼の為替相場をインヴァスト証券FX24からキャプチャ。
スワップ金利比較ランキング1位

 ⇒ インヴァスト証券FX24の評判はコチラ

インヴァスト証券FX2420110727a


■■■ ドル円1分足チャート

インヴァスト証券110727aa


朝からは若干ドル高へ反発してはおりますが、

■■■ ドル円10分足チャート

インヴァスト証券110727ab


10分足ではまだまだ円高トレンド。
では水曜お昼のドル円をFXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0727a_02


2本がドル高、1本が横ばいのドル円予想。

■■■ ドル円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0727a_02b


1本が円高、2本がドル高のドル円予想。
ちょっとドル高の予想が多くなってきました。
ここで、売買シグナルランキングを見ると、

ぱっと見テクニカルusd0727a_02ab


ドル円売りが2位、ドル円買いは13位とまた、ドル円売りが強くなって
きているドル円予想結果。

では、セントラル短資のFXライブで売買シグナルを見てみると、

FXライブusd_signal_0727a_02a


総合判断では逆に50%が買いの予想。50%が売り。
MACDは朝とかわらずALL買いの予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd0727a_02


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 26,190人
■ ドル円売り ・・・  2,395人


ドル円買いが朝と比べると少し増えました。

では、ユーロ円をFXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0727a_a


ユーロ円予想では1本が円高、1本がユーロ高、1本がよこばいの
ユーロ円予想です。
次はセントラル短資のFXライブで売買シグナルを見てみると、

FXライブeur0727a_02b


総合判断では、50%が売りシグナルのユーロ円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur0727a_02


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 7,032人
■ ユーロ円売り ・・・ 2,787人


ユーロ円を買っている人が朝からさらに増えました。

3番目に豪ドル円を予想します。FXプライムのぱっと見テクニカルから
予想です。

ぱっと見テクニカルaud0727a_03


1本が円高、1本がよこばい、1本が豪ドル高の豪ドル円予想です。

続いてセントラル短資のFXライブで、売買シグナルを見ると・・・

FXライブaud0727a_02

総合判断の50%が売りの豪ドル円予想です。

個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud0727a_02


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 8,037人
■ 豪ドル円売り ・・・ 1,795人


朝からくらべると買いが減りました。

では、27日の東京外国為替市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【27日の東京外国為替市場】

・27日の東京外国為替市場でユーロドルは底堅い。10時時点では1.4528−33ドルとニューヨーク市場の終値(1.4509ドル)と比べて0.0019ドル程度のユーロ高水準だった。足もとの上昇に対する反動から、8時30分過ぎには1.4494ドルまで小幅に下げた。ただ、1.4500ドルを下回った水準では押し目買いが入り、下値は限られた。米下院共和党議員は「ベイナー下院議長が提案した債務上限引き上げ案は共和党議員の反対に直面しており、27日には採決されない」「債務上限引き上げ案の採決は明日に延期される」との認識を示したほか、 ベイナー下院議長報道官は「歳出削減の規模が債務上限の引き上げより大きいことを確実にするため、下院議長は債務計画を作り直す」と述べたと伝わった。米債務上限引き上げ交渉が難航していることが改めて意識され、ユーロ買い・ドル売りが持ち込まれると、前日高値の1.4526ドルを上抜けて目先のストップロスを誘発した。6月NBNZ企業信頼感指数がプラス47.6と前回のプラス46.5から改善したことが好感され、NZドル米ドルが0.8738米ドルと前日につけた変動相場制移行後の最高値0.8743米ドルに接近したことも相場の支えとなった。10時過ぎには1.4537米ドルと5日以来の高値を更新した。なお、市場関係者からは「10時30分発表の4−6月期豪消費者物価指数(CPI)を受けた豪ドル米ドルの動向を見定めたい」との声が聞かれた。

・ドル円は上値が重い。10時時点では77.85−90円とニューヨーク市場の終値(77.87円)とほぼ同水準だった。8時過ぎには78円台を回復する場面があった。ただ、対ユーロやNZドル中心にドル売り圧力が強まった影響を受けたほか、本日は月末のスポット応答日にあたり、仲値後に国内輸出企業から売りが持ち込まれた。10時前には77.83円と前日安値の77.828円に接近した。もっとも、市場では「まとまった規模のバリアオプションが観測されている77.75円に接近した場面では防戦買いが入りやすい」との声が聞かれ、いったん下げ止まっている。

・ユーロ円は小高い。10時時点では113.12−17円とニューヨーク市場の終値(112.98円)と比べて14銭程度のユーロ高水準だった。ユーロドルの上昇につれた買いで、10時過ぎには113.23円まで上げた。

[オススメ情報] これからはAndroid/iphoneでFX。FXスマホを比較

・27日の債券先物相場は上昇。先物中心限月である9月物は前日比15銭高の141円70銭で午前の取引を終えた。好調だった米2年債入札などを背景に、前日の米国債券相場が上昇した流れを引き継いだ。米債務上限引き上げ交渉が引き続き難航するなか、日経平均株価が軟調に推移したことも支えとなり、引けにかけて同16銭高の141円71銭まで上げた。

DMMFX評判
DMM FX

水曜朝一のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想 by ぱっと見テクニカル、FXライブ、ディールスコープ

おはようございます。
六本木は曇り気味。今日は雨がふるかもらしいので、傘が必要です。

日に日にブログの更新時間が遅くなっているのは、心の傷がいえてきた事から
よく寝れるからでしょうか?しかし、心の傷はいえても人生の傷はなかなか
なおりません。

今の自分が選んだ色々な人生の選択が、素晴らしい選択であっことを
いのります。

ではでは、水曜朝一のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想を
下記の要領で行っていきます。

・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ
・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル


 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ FX業者ツール比較

[オススメ情報] これからはAndroid/iphoneでFX。FXスマホを比較

水曜朝の為替相場は・・・
スワップ金利比較ランキング1位の
インヴァスト証券FX24からキャプチャ

 ⇒ インヴァスト証券FX24の評判はコチラ

インヴァスト証券FX2420110727


■■■ ドル円10分足チャート

インヴァスト証券110727a


■■■ ドル円1時間足チャート

インヴァスト証券110727b


・・・まさに円高トレンドの真っ最中。

ここ数日間続けてドル円売りシグナルを出し続けるFXプライム
ぱっと見テクニカルはさすが伊藤忠資本といった所でしょう。

では水曜朝一のドル円をFXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0727_02


1本が円高、2本が横ばいのドル円予想。

■■■ ドル円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0727_02b


2本が円高、1本がドル高のドル円予想。
まだまだ円高が続くドル円予想です。
では、売買シグナルランキングを見てみると、

ぱっと見テクニカルusd110727_02aa


今朝のランキングではドル円売りが6位、ドル円買いは10位。
まだまだドル円売りが優勢なドル円予想結果です。

では、セントラル短資のFXライブで売買シグナルを見てみると、

FXライブusd_signal_0727_02a


MACDは昨晩に続きALL買いのドル円予想。
総合判断では逆に50%が買いの予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd0727_02


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 25,728人
■ ドル円売り ・・・  2,349人


売りが若干へり、買いが若干増加しました。
では、ユーロ円をFXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ユーロ円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0727_a


ユーロ円予想では2本が円高、1本がユーロ高のユーロ円予想です。
次はセントラル短資のFXライブで売買シグナルを見てみると、

FXライブeur0727_02b


RSIでALL100%買いのユーロ円予想。
ただし、総合判断では、50%が売りシグナルのユーロ円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur0727_02


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 6,792人
■ ユーロ円売り ・・・ 3,113人


ユーロ円を買っている人がわずかに増えました。

3番目に豪ドル円を予想します。FXプライムのぱっと見テクニカルから
予想です。

ぱっと見テクニカルaud0727_03


2本が円高、1本がよこばいの豪ドル円予想です。

続いてセントラル短資のFXライブで、売買シグナルを見ると・・・

FXライブaud0727_02

これはバラバラの結果。

個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud0727_02


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 8,481人
■ 豪ドル円売り ・・・ 1,624人


では、26日の市場をNY市場
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【26日のNY市場】

(26日終値)
ドル・円相場(27日6時時点):前営業日比40銭安の1ドル=77.87円
ユーロ・円相場:同46銭高の1ユーロ=112.98円
ユーロ・ドル相場:同0.0133ドル高の1ユーロ=1.4509ドル
ダウ工業株30種平均:同91ドル50セント安の12501ドル30セント
ナスダック総合株価指数:同2.84ポイント安の2839.96
10年物米国債利回り:同0.05%低い(価格は高い)2.95%
WTI原油先物9月限:同0.39ドル高の1バレル=99.59ドル
金先物8月限:同4.60ドル高の1トロイオンス=1616.80ドル

(主な米経済指標) <発表値> <前回発表値>
5月米ケース・シラー住宅価格指数 139.87 138.46・改
7月米消費者信頼感指数 59.5 57.6・改
7月米リッチモンド連銀製造業景気指数 ▲1 3
6月米新築住宅販売件数
前月比 ▲1.0% ▲0.6%・改
件数 31万2000件 31万5000件・改
※改は改定値、▲はマイナスを表す。


(各市場の動き)

・ドル円は続落。一時77.828円と3月17日以来の安値まで下落した。米連邦債務上限の引き上げ交渉に進展が見られず、米国のデフォルト(債務不履行)が警戒されてドルが売られた。政府・日銀の円売り介入への警戒感も同時にあり、78円台前半で小動きが続いていたが、ニューヨーク市場の中盤以降は徐々にドル売りが優位になり78円台を割り込んだ。「米国がデフォルトを回避した場合でも、格付け会社による米格付けの引き下げが避けられないのではないか」との見方が広がっていることもドルの重しとなった。

 米経済指標が複数発表されたものの強弱まちまちの結果となった上、米連邦債務の上限引き上げに市場の関心が向かっていることあり、材料視されなかった。

・ユーロドルは大幅続伸。26日のアジア市場で米債務上限問題を背景にユーロ買い・ドル売りが進んだ地合いを引き継いだ。ニューヨーク市場ではロンドン16時(日本時間24時)のフィキシングに絡んだと見られる買いが入ったほか、中盤以降は全般的にドル売りが進んだ流れに沿って値を上げ1.4526ドルと5日以来の高値まで上げた。

・ユーロ円は3営業日ぶりに反発。対ドルでのユーロ高を受けた動き。もっとも、ドル円相場が下落した影響も受けたため上値は限定的だった。

[オススメ情報] これからはAndroid/iphoneでFX。FXスマホを比較

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は3日続落し、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は続落した。3Mの四半期決算で先行きに慎重な見通しが示されたことを受けて世界景気全体の不透明感が高まり株が売られた。米連邦債務上限の引き上げ交渉が難航しており、デフォルト(債務不履行)や格下げ懸念がくすぶっていることも相場全体の重しとなった。3Mは5.41%安となったほか、ボーイングが1.61%安、ユナイテッド・テクノロジーズが1.31%安となり指数を押し下げた。半面、昨日に続きマイクロソフトやヒューレット・パッカード(HP)などITセクターの一部が上げた。

・米国債券相場は反発。米2年債の入札が好調と受け止められたことが相場の支えとなった。「米政府が財政削減を進めることにより、米経済成長が鈍化するとの見方から債券を買う動きが見られた」との指摘もあった。利回りは一時2.93%まで低下した。

・原油先物相場は反発。米連邦債務の上限引き上げをめぐる協議が難航していることで、米国のデフォルト懸念が高まり、一時97.76ドルまで値を下げた。もっとも、売り一巡後は買い戻しが優位に。対ユーロなどでドル売りが進んだためにドル建てで決済される原油先物相場の投資妙味が高まったほか、市場では「7月の米消費者信頼感指数が前月から改善したこともプラス材料になった」との指摘があった。一時100.62ドルと6月10日以来の高値を付ける場面もあった。

・金先物相場は3日続伸。前日に史上最高値を更新した反動から、時間外取引では利益確定の売りに押される動きとなった。フロアー取引でも伸び悩む場面が見られたが、終盤にかけて米連邦債務問題の先行き不透明感から主要通貨に対してドル安が進行すると、ドルの代替資産とされる金に買い戻しの動きが広がった。押し目買いの動きもくわわり、フロアー取引後には1620.8ドルまで値を上げた。

DMMFX評判
DMM FX

火曜日夜のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想 by ぱっと見テクニカル、FXライブ、ディールスコープ

今晩は。
六本木にもいつものとおりに夜がきました。

・・・いままで色々ありましたが、いずれ私も死にます。
そうしたら、記憶も何も残りません。では、何の為に生きているのか?

その事の答えは出ない事は物理学専攻でなくてもわかっております。
ひとそれぞれ答えがあって、結局はその人がしねばそれさえもなくなります。

歴史上の人物になれば人類が生存する限りは残るでしょうけど、
いずれ地球は太陽に飲み込まれる可能性が高く、
この宇宙にも寿命があるとの事です。

まぁ、じゃあ、本能に忠実に生きるしかないっしょ!
という事で本能に忠実にいきるにはもちろんマネーが必要です。

目の前にはFXという一攫千金の場があるわけです。
これが100年前だったら、こんな場は個人投資家にはありませんでした。

では、今宵も夢を見るためにFXではりましょう!予想しましょう!

・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ
・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル


 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ FX業者ツール比較

[オススメ情報] これからはAndroid/iphoneでFX。FXスマホ比較

マイナススワップ金利比較では圧倒的NO1のDMMFXからキャプチャ。

 ⇒ DMMFXの評判

DMMFX726_03


■■■ ドル円10分足チャート

DMMFX726_03b


■■■ ドル円60分足チャート

DMMFX726_03c


ついに77円台突入した、ドル円チャートです。凄い円高トレンド。
では、この火曜日夜のドル円をFXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0726_02


2本が円高、1本が横ばいのドル円予想。

■■■ ドル円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0726_02b


2本が円高、1本がドル高のドル円予想。
やはり、円高予想が強い。売買シグナルランキングを見てみると、

ぱっと見テクニカルusd110726_02aa


なんとドル円売り1位!ドル円買いは14位。
ドル円の売りと買いが1位と最下位です!!
これは売るっきゃないでしょ・・・

一応、セントラル短資のFXライブでのテクニカル指標ランキングを見てみると、

FXライブusd_signal_0726_02


MACDが調子がよい!ではそのMACDの売買シグナルを見てみると、

FXライブusd_signal_0726_02a


MACDはなんとALL買いのドル円予想。
総合判断では逆に75%が売り予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd0726_02


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 25,666人
■ ドル円売り ・・・  2,622人


買いが増加しました。

■■■ ユーロ円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0726_a


ユーロ円予想では1本が円高、1本が横ばい、1本がドル高の
ユーロ円予想です。

次はセントラル短資のFXライブで
テクニカル指標ランキングを見ると、

FXライブeur0726_02


MACD、ストキャスティクス、移動平均が最高のパフォーマンス。
売買シグナルを同じくFXライブで見てみると、

FXライブeur0726_02b


総合判断では、50%が売りシグナルのユーロ円予想。
ただ、MACDは買いが75%。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur0726_02


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 6,932人
■ ユーロ円売り ・・・ 3,083人


ユーロ円を売っている人が増えたような面持ちです。

3番目に豪ドル円を予想します。FXプライムのぱっと見テクニカルから
予想です。

ぱっと見テクニカルaud0726_03


2本が円高(内1本が同値の相場へ)1本が豪ドル高の豪ドル円予想です。

続いてセントラル短資のFXライブで、売買シグナルを見ると・・・

FXライブaud0726_02


75%が売りの豪ドル円予想です。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud0726_02


豪ドル円 個人投資家の動向

■ 豪ドル円買い ・・・ 8,603人
■ 豪ドル円売り ・・・ 1,596人


では、26日の市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【26日の欧州外国為替市場】

・26日の欧州外国為替市場でドル円はもみ合い。20時時点では78.05−10円と17時時点(78.06円)とほぼ同水準だった。オバマ米大統領の演説に対する失望感から全般にドルが売られやすい半面、市場では「77円台では政府・日銀による介入が意識されやすい」との指摘があり、78円台前半での神経質な値動きが続いている。ロイター通信社は26日、複数の関係筋の話として「日本の政策当局は外国為替市場で円高がじりじりと進んでいることについて警戒感を強めており、単独介入も排除しない考えである」と報じたが、今のところ目立った反応は見られない。

・ユーロドルは伸び悩み。20時時点では1.4478−83ドルと17時時点(1.4500ドル)と比べて0.0022ドル程度のユーロ安水準だった。欧州株相場の失速がユーロ売り・ドル買いを誘ったほか、イタリア・スペインとドイツ国債の利回りスプレッドが拡大したことなどが相場の重しとなった。市場では「1.45ドル台前半ではアジア系ソブリンネームの売りが出た」との指摘があった。なお、フランス中銀の報道官は26日、「欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのノワイエ・フランス中銀総裁は“strong vigilance”という単語は使っておらず、ECBは“strong alertness”(強い警戒)の状態にあると述べた」と説明した。
・ユーロ円はじり安。20時時点では113.01−06円と17時時点(113.18円)と比べて17銭程度のユーロ安水準だった。ユーロドルにつれた動きとなった。

[オススメ情報] これからはAndroid/iphoneでFXスマホ比較

【26日午後のアジア・オセアニア外国為替市場】

26日午後のアジア・オセアニア外国為替市場で円はドルに対しては下値が堅かった。オバマ米大統領の演説に対する失望感から全般にドルが売られた流れに沿った。円は午前中に急落する場面があったが、市場では「円の急落は政府・日銀による為替介入ではない可能性が高い」との見方が広がり、円を買い戻す動きが広がった。一方、円はドル以外の通貨に対しては弱含んだ。対ドルで欧州通貨やオセアニア通貨が買われたことに連動した円売り・欧州通貨買いや円売り・オセアニア通貨買いが出た。日本株や時間外のダウ先物の上昇も円の重し。

・ドル・円は午前中に一時1ドル=78円75銭前後まで急伸する場面もあったが、その後失速し77円台後半まで押し戻しされた。もっとも、市場では「77円台では政府・日銀による介入が意識されやすい」との指摘があり、すぐに78円台を回復している。

・ポンド・円は上昇。しばらくは1ポンド=127円台半ばでの推移が続いていたが、英国立統計局が発表した4−6月期の英国内総生産(GDP、速報値)成長率が物価変動の影響を除いた実質で前期比0.2%増、前年同期比0.7%増だったと分かるとポンド買いが優勢となった。市場の一部では「英GDP速報値は予想より弱い内容になる」との憶測が広がっていただけに、ほぼ予想通りの結果となったことを受けてポンドを買い戻す動きが強まったようだ。17時30分過ぎに一時本日高値となる128円34銭前後まで値を上げた。

・米債務上限引き上げをめぐる協議が手詰まり状態となっていることへの失望から、ユーロ買い・ドル売りが入りやすく一時5日以来の高値となる1ユーロ=1.45229ドル前後まで値を上げた。欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのノワイエ・フランス中銀総裁が「ECBは強い警戒の状態にある」と述べたこともユーロの支援材料。ただ、買いが一巡するとやや伸び悩んだ。市場では「1.45ドル台前半ではアジア系ソブリンネームの売りが出た」との指摘があり、1.44ドル台後半まで下押しした。「4日の高値1.4580ドルが上値の目処として意識されている」との声も聞かれた。

DMMFX評判
DMM FX

火曜昼のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想 by ぱっと見テクニカル、DMMFX、FXライブ

こんにちは。
火曜もお昼をすぎました。
ドル円は一時ドル高に急騰した後にもどりました。

マイナススワップ金利比較では圧倒的NO1のDMMFXからキャプチャ。

 ⇒ DMMFXの評判

DMMFX726_02


■■■ ドル円60分足チャート

DMMFX726_02b


直近で78円70銭あたりまでいっきにいっております。
では、その後のドル円、ユーロ円、豪ドル円を下記で予想。

・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ
・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル


 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ FX業者ツール比較

[オススメ情報] これからはAndroid/iphoneでFX。FXスマホ比較

では、火曜日お昼のドル円をFXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0726_2


3本とも変化なしのドル円予想。これではもうけようがありません。
また、売買シグナルランキングを見てみると、

ぱっと見テクニカルusd110726b2


ドル円売り4位、ドル円買いが7位。朝からほとんど変化はないですね。

また、セントラル短資のFXライブでの売買シグナルも見てみると、

FXライブusd_signal_0726_2


総合判断の75%が売りのドル円予想です。
では2番目にユーロ円の予想を行います。

■■■ ユーロ円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0726_02


ユーロ円予想では3本ともに円高。

次はセントラル短資のFXライブで、売買シグナルを同じくFXライブで見てみると、

FXライブeur0726_02

総合判断では、75%がどちらでもないユーロ円予想。

3番目に豪ドル円を予想します。FXプライムのぱっと見テクニカルから
予想です。

ぱっと見テクニカルaud0726_2


2本が豪ドル高の豪ドル円予想です。

続いてセントラル短資のFXライブで、売買シグナルを見ると・・・

FXライブaud0726_2


75%が売りの豪ドル円予想です。

では、26日の東京外国為替市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【26日の東京外国為替市場】

・26日の東京外国為替市場でドル円は荒い値動き。12時時点では78.13−18円とニューヨーク市場の終値(78.27円)と比べて14銭程度のドル安水準だった。オバマ米大統領の演説が新味の内容に乏しく、米債務上限引き上げ問題が進展しなかったとしてドル売りが優勢となった影響が残った。3月17日以来の安値となる77.883円まで下押しした。ただ、まとまった規模のオプションバリアが観測されている77.75円に接近した場面では防戦買いが入り、いったん下げ止まった。

市場の一部では「オバマ米大統領の演説後に政府・日銀が為替介入を行う」との噂が広がるなか、「邦銀からまとまった買いが持ち込まれた」「北朝鮮が西海岸で軍事演習を準備していると伝わったことが買いを誘った」との指摘があり、一転上昇する展開に。前日高値の78.56円を上抜けて目先のストップロスを断続的に巻き込み、78.75円まで急伸した。

もっとも、急伸した直後には78円台前半まで急ピッヂで失速した。「政府・日銀による為替介入ではない」との見方が広がったほか、対欧州・資源国通貨でドル売りが継続したことが重しとなり、12時過ぎには78.02−07円まで下落した。

[オススメ情報] これからはAndroid/iphoneでFXスマホ比較

・ユーロドルは買い優勢。12時時点では1.4469−74ドルとニューヨーク市場の終値(1.4376ドル)と比べて0.0093ドル程度のユーロ高水準だった。オバマ米大統領の演説で米債務上限引き上げに向けた具体的な進展が見られなかったことが失望され、ドルが全面安となった流れに沿った。前日高値の1.44179ドルを上抜けてストップロスを断続的に誘発し、12時過ぎには1.4488ドルまで大きく値を伸ばした。

・ユーロ円は底堅い。12時時点では113.05−10円とニューヨーク市場の終値(112.52円)と比べて53銭程度のユーロ高水準だった。ドル円が急伸した直後に失速した地合いに沿った。一時113.545円まで上げ幅を広げた後、112円台後半まで値を下げた。ただ、ユーロドルの買いが継続したことが支えとなり、113円台を回復した。

DMMFX評判
DMM FX

火曜朝一のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円予想 by ぱっと見テクニカル、FXライブ、ディールスコープ

おはようございます。
7月最後の週の火曜日は曇り空ではじまっている六本木です。

昨晩からドル円はそれほど動いておりません。

さて、今日はよく寝たので、頭が逆にぼ〜っとして、元彼女の事さえも
よくわからなくなってきました。

ただ、一つあるのは、マネーisエブリシング。リーマンブラザーズ
で習った社会で唯一信じる事ができる格言です。

それでは、火曜朝一のドル円予想、ユーロ円予想、豪ドル円を
行いましょう。

・個人投資家の動向を検証する外為オンラインのディールスコープ
・直近のテクニカル指標のランキングを出すセントラル短資のFXライブ
・見れば一目瞭然のFXプライムのぱっと見テクニカル


 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FXライブとは
 ⇒ ぱっと見テクニカル評判
 ⇒ FX業者ツール比較

[オススメ情報] これからはAndroid/iphoneでFX。FXスマホ比較

では、まず現在の為替相場を
スワップ金利比較ランキング1位の
インヴァスト証券FX24からキャプチャ

 ⇒ インヴァスト証券FX24の評判はコチラ

インヴァスト証券FX2420110726a


■■■ ドル円10分足チャート

インヴァスト証券110726_02b


10分足でみた昨晩からの動きはそれほどありません。
では、火曜日のドル円をFXプライムのぱっと見テクニカルから予想します。

■■■ ドル円10分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0726


3本が円高。その後、1本がドル高のドル円予想です。

■■■ ドル円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルusd0726a


2本がドル高、1本がよこばいのドル円予想です。
また、売買シグナルランキングを見てみると、

ぱっと見テクニカルusd110726b


ドル円売り4位、ドル円買いが7位。昨晩までは買い有利でしたが、
反転しております。

また、セントラル短資のFXライブでの売買シグナルも見てみると、

FXライブusd_signal_0726


総合判断では売りが多いのは昨晩と同様のドル円予想です。
では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープusd0726


ドル円 個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 25,435人
■ ドル円売り ・・・  3,056人


若干売りが減りました?
では2番目にユーロ円の予想を行います。

■■■ ユーロ円60分足予想 *FXプライムのぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカルeur0726


ユーロ円予想では2本が円高、1本が横ばいのユーロ円予想です。

次はセントラル短資のFXライブで、売買シグナルを同じくFXライブで見てみると、

FXライブeur0726

総合判断では、50%が売りシグナルのユーロ円予想。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープeur0726


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 7,549人
■ ユーロ円売り ・・・ 2,508人


昨晩蚊らの動きはありません。いぜんとしてユーロ円買いが多いです。

3番目に豪ドル円を予想します。FXプライムのぱっと見テクニカルから
予想です。

ぱっと見テクニカルaud0726


2本が円高、1本が豪ドル高(その後横ばい)の豪ドル円予想です。

続いてセントラル短資のFXライブで、売買シグナルを見ると・・・

FXライブaud0726


50%が売りの豪ドル円予想です。

では、個人投資家の売買動向を外為オンラインのディールスコープで検証。

ディールスコープaud0726


ユーロ円 個人投資家の動向

■ ユーロ円買い ・・・ 9,049人
■ ユーロ円売り ・・・ 1,422人


では、25日のニューヨーク外国為替市場を
DMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

【25日のニューヨーク外国為替市場】

25日のニューヨーク外国為替市場で円は上値が重かった。米連邦債務の上限引き上げをめぐる協議が難航していることで、投資家のリスク許容度低下が意識され、リスク回避目的の買いが円に対して入った。また、米国株式相場が寄り付きから軟調な展開となったことも、円全体の押し上げ材料となった。ただ、一時は前営業日比で140ドル超まで下げたダウ平均がその後に下げ幅を縮めると、徐々に円は上値の重い展開に。投資家のリスク志向が改善するとの思惑から円売り・外貨買いが入り、円は対資源国通貨などを中心にとして次第に上げ幅を縮める動きとなった。なお、米連邦債務の上限引き上げをめぐる問題では、米共和党のベイナー下院議長と米民主党のリード上院院内総務がそれぞれ、米債務上限の引き上げと歳出削減案を提案。ベイナー下院議長が米債務上限を2段階に分けて引き上げる案を発表した一方で、リード上院院内総務は一括での米債務上限引き上げ案を提示するなど、依然として協議がこう着状態にあることが明らかとなったが、提案自体に対する反応は見られなかった。

[オススメ情報] これからはAndroid/iphoneでFXスマホ比較

・ドル・円はもみ合い。方向感に乏しく、1ドル=78円台前半でのもみ合いに終始した。

・ユーロ・円は下値が堅い。ダウ平均が下げ幅を広げた場面で1ユーロ=112円03銭前後と日通し安値を付けたものの、その後は米株が下げ幅を縮小したことに伴って下値を切り上げる展開に。112円台後半まで値を戻した。

・下値が堅い。米株安を嫌気した売りにくわえて、ロンドン16時(日本時間24時)のフィキシングに向けた売りも出たため、24時前には1ユーロ=1.4325ドル前後と日通し安値を付けた。もっとも、その後は買い戻しが優勢に。市場では「1.4325ドル前後に観測されていた買い注文が下値を支えた」との指摘が聞かれたほか、ダウ平均の下げ幅縮小で投資家のリスク志向改善を意識した買い戻しも入った。一時は1.4396ドル前後まで下値を切り上げる場面もあった。

DMMFX評判
 東大式FX攻略法

みんなのFX

元リーマン社員限定タイアップ企画

FXプライム[直トレFX]

アイネットFX
元LB社員が取引に使うFX業者
SBIFXTRADE評判  ドル円0.27銭SBIFXトレード
豪ドル円0.99/ユロ円0.69/ポン円1.19
1$から取引可/スプレッド4桁表示
住信SBIネット銀行50%出資のSBIG

GMOクリック証券FX評判  株も売買可GMOクリック証券
米ドル/円0.3銭原則固定
YAHOO出資企業/資産2000億円
8万人使用iClickFXNEO/FXroid
最新キャッシュバック特集
カテゴリー別の記事
livedoor プロフィール
免責事項
当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び私に関係する全ての方は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。

外為どっとコム
DMM FXは初心者向け
ドル円予想に使うFXツール
FXツール FXプライム byGMOのぱっと見テクニカル

過去12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想する機能
ぱっと見テクニカルツールa
⇒ ぱっと見テクニカルの評判評価
ドル円スプレッド比較
原則固定
(例外あり)
FX業者名
0.3銭  外為どっとコム
0.3銭 GMOクリック証券評判 GMOクリック証券
0.3銭 YJFX評判 YJFX!
0.3銭原則固定 DMMFX評判 DMMFX
0.4銭 みんなのFX評判 みんなのFX
0.6銭原則固定 FXプライム評判 FXプライム byGMO
0.7-1.0銭 アイネットFX評判 アイネット証券
0.9銭 ライブスター証券
株もFXも GMOクリック評判 GMOクリック証券
カブドットコム評判 カブドットコム証券

元リーマン社員がメディア掲載
元リーマンブラザーズ社員が取材①元リーマンブラザーズ社員が取材②
雑誌「BIG TOMORROW」5月号で取材受けて記事になりました。
⇒ 現在4.5万人超フォロワー!
元気の源!為替ブログランキング
皆様のクリックが・・・
元リーマン社員を救います!!


人気ブログランキング
最高、17位でファイト!

為替ブログ村
為替日記は、最高8位!
くりっく365のFX業者比較
  • ライブドアブログ