元リーマン社員がFXツールでドル円予想

リーマンブラザーズに勤務した経験からビリオネアになる最短の方法はトレードしかないと確信し、トレードの中でも。最も少額で始められて、かつ、最もレバレッジが高くできるFXで財を成す事を決意しました。現在、ドル円をFXツールを駆使して予想し、その結果から売買するシステムトレードちっくな手法で売買を行い、まずは、ミリオネアへの道を目指しております。FXツールはFXプライム byGMOのぱっと見テクニカルを使っております。

 
 売買レート・チャート・リアルタイム売買比率表示ツールはみんなのFXより
0.3銭原則固定(例外あり)  外為どっとコム
0.3銭原則固定  GMOクリック証券
 FXトレーディングS
 YJFX!
 DMMFX
0.6銭原則固定  FXプライム byGMO
0.9銭原則固定  ライブスター証券
0.7〜1銭  アイネット証券
オススメ  ひまわり証券

2011年03月

DMM FX

3月30日のFXツールのドル円予想の結果

こんにちは。

直近のドル高トレンドが遂に頭打ちになってきました。この後のトレンドが
どうなるのか元リーマンブラザーズ社員必勝法のFXライブを駆使して、
直近のドル円相場を予想する上で最も適したテクニカル指標を探り、
その指標の売買シグナルをチェックします。
* FXライブセントラル短資が提供する無料分析ツール。詳細はコチラ

まずはスプレッドランキング1位のDMMFXから取引画面をキャプチャ。

DMMFX20110330


◆◆◆ドル円10分足チャート FX業者スプレッドランキング1位のDMMFXより
DMMFX20110330a


◆◆◆ドル円60分足チャート FX業者スプレッドランキング1位のDMMFXより
DMMFX20110330b


◆◆◆ドル円1日足チャート FX業者スプレッドランキング1位のDMMFXより
DMMFX20110330c


短期的にはこの前の超円高からの反発でドル高トレンドが継続しておりまし
たが、直近のチャートを見る限りトレンドが転換しつつあるようです。

では、直近1週間と24時間でのテクニカル指標の成績ランキングを
セントラル短資FXライブでチェック。

セントラル短資FXライブ ドル円5分足 直近1週間

セントラル短資FXライブ20110330


直近1週間ではストキャスティクスが1位の成績を誇っております。

セントラル短資FXライブ20110330b


1週間の間でストキャスティクスは4回の売買を行い75%の勝率で、
54Pipsの勝利を得ております。

セントラル短資FXライブ ドル円5分足 直近24時間

セントラル短資FXライブ20110330c


この24時間ではボリンジャーバンドが最も調子がよいテクニカル指標と
なります。

セントラル短資FXライブ20110330d


FXライブ売買シグナル ストキャスティクス

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 買い

FXライブ売買シグナル  ボリンジャーバンド

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 売り

FXライブ売買シグナル  総合判断

■ 5分足 ・・・ 売りやや有利
■ 60分足 ・・・どちらでもない
■ 日足 ・・・ 売り有利
■ 週足 ・・・ 売り有利


上述の結果から元リーマンブラーズ社員のドル円予想は売りです!

では東京市場の動きをDMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■東京欧州市場市場の動き■□

【Overview】

 30日午後の東京外国為替市場でドル円は買いが一服。15時時点では82.92−97円と12時時点(82.84円)と比べて8銭程度のドル高水準だった。米国が金融政策の正常化に向けて動き出すとの思惑から全般にドルが買われた流れに沿って、一時11日以来の高値となる83.01円まで値を上げた。日本株相場の上昇も円売り・ドル買いを後押しした。ただ、買いが一巡するとやや上値を切り下げた。市場では「11日の高値83.30円が上値の目処として意識されている」との指摘があり、いったん利益を確定する動きが出たようだ。

【ドル・円】【ユーロ・円】

ーロ円は堅調。15時時点では116.85−90円と12時時点(116.67円)と比べて18銭程度のユーロ高水準だった。13時過ぎに一時昨年5月14日以来の高値となる116.95円まで上値を伸ばした。(GI 中村知博)

【ユーロ・ドル】

ユーロドルはもみ合い。15時時点では1.4090−95ドルと12時時点(1.4084ドル)と比べて0.0006ドル程度のユーロ高水準だった。全般にドル高が進んだ影響で値を下げたものの、株高やユーロ円の上昇につれた買いが下値を支えたため相場は方向感が出なかった。

相場心理学ゾーン
ゾーンは、恐怖心のない無心の状態。その境地に達するトレーダになる事の
意味と重要性その境地に至る為の啓示をまとめたバイブル本を元リーマン
社員だけで限定キャンペーンで無料でプレゼント中!

⇒ ゾーンの極意の紹介はコチラ。


FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

ドル円予想に最も適したテクニカル指標を刻々と教えてくれるFXライブでドル円予想

こんにちは。
こんにちはうさぎ!

・・・たのし〜いなかま〜がぽぽぽ〜ん!ってACのCMが頭から離れない
元リーマンブラザーズ社員ですが、今晩もドル円で最も調子がよいテクニカル
指標を検証し、その指標の売買シグナル結果からドル円を予想します。

まずはスプレッドランキング1位のDMMFXから取引画面をキャプチャ。

DMMFX20110328


現在、ドル円は81円台後半。チャートを見てみると、

◆◆◆ドル円10分足チャート FX業者スプレッドランキング1位のDMMFXより
DMMFX20110328a


◆◆◆ドル円60分足チャート FX業者スプレッドランキング1位のDMMFXより
DMMFX20110328b


◆◆◆ドル円1日足チャート FX業者スプレッドランキング1位のDMMFXより
DMMFX20110328c


・・・と明らかにドル高トレンドを描いているドル円です。
ただ、直近の動きを見る限りはその動きも一服しつつあるような
印象も否めません。

ではそういった相場を受けて、個人投資家のドル円のポジション動向を
外為オンラインディールスコープで検証します。

★★★ ディールスコープ 1時間足 チャート
DMMFX20110328c


★★★ ディールスコープ 日足 チャート
DMMFX20110328c


⇒ ディールスコープとは
⇒ 外為オンライン評判
⇒ FXツール比較

個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 14,948人
■ ドル円売り ・・・  6,101人


・・・とそんな元リーマン社員と同様の思惑の方が多いのか、
ドル円買いがへって売っている人が増えております。

では、現在のドル円相場の予想するに最もパフォーマンスがよいテクニカル
指標をセントラル短資FXライブでチェック。

セントラル短資FXライブ ドル円5分足

セントラル短資FXライブ20110328


セントラル短資FXライブ20110328a


ドル円5分足ではストキャスティクスとRSIを使ってドル円を予想するのが
最もよい成果を得られそうです。

では、それらの売買シグナルを同じくセントラル短資FXライブで見てい
くと・・・

セントラル短資FXライブ20110328b


FXライブ売買シグナル ストキャスティクス

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 買い

FXライブ売買シグナル  RSI

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 買い

FXライブ売買シグナル  総合判断

■ 5分足 ・・・ どちらでもない
■ 60分足 ・・・どちらでもない
■ 日足 ・・・ 売り有利
■ 週足 ・・・ 売り有利


む〜、しばらくはドル円を売ったほうがよいというドル円予想となりました。
すなわちしばらくは円高に戻すといった予想をセントラル短資FXライブ
示しております。

では東京欧州市場の動きをDMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■東京欧州市場市場の動き■□

【Overview】

28日の欧州外国為替市場で円は売り先行後、買い戻し。対豪ドルで円売りが強まったことが、その他通貨にも円売りを誘った。時間外の米株価指数先物が上げ幅を広げたことも、投資家のリスク許容度の改善につながり一時円売りを促した。

 もっとも、高く始まった英・独の株価指数や、米株価指数先物の上昇が一服したほか、対ポンドやユーロで円買いが入ったため、円全般の下値が切り上がった。

【ドル・円】【ユーロ・円】

ドル・円は81円台後半でもみ合い。

 一方、ユーロ円は17時過ぎに1ユーロ=115円12銭前後と本日高値を付けた。ただ、国際通貨基金(IMF)が28日、スイス国立銀行(SNB)は早い段階で利上げを始めるべきとの認識を示したことを受けて対スイスフランでユーロ売りが強まったことや、ユーロ圏の財政懸念が引き続き相場の重しとなり、21時過ぎに114円56−61銭まで下押しした。

【ユーロ・ドル】

買い先行後、下げに転じた。豪ドル・米ドル相場が、「1.0300米ドルにはバリアオプションが観測されており、同水準の上抜けを狙った仕掛け的な買いが入った」、「豪クイーンズランド州の洪水に伴う保険金払い目的の豪ドル買いが入った」との指摘があり、値を上げたことにつれた。欧州株が高く始まったことも買いを誘い、17時過ぎに1ユーロ=1.40857ドル前後と本日高値を付けた。

 ただ、IMFがSNBに早期の利上げを促す認識を示したことをきっかけにユーロ・スイスフランが売り込まれると、ユーロ売り・ドル買いが出て値を下げた。格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)がポルトガルの銀行の格付けを引き下げたが、見通しのクレジットウォッチ・ネガティブの意味について「早ければ今週にも一段のソブリン債格下げを行う可能性を反映する」との見解を示したことが次第に意識されると、1.4024−29ドルまで下げる場面があった。

【その他クロス円】

ポンド円は一時売りに押された。ポーゼン・英中銀金融政策委員会(MPC)委員が27日に英地元紙とのインタビューで「英インフレ率は2012年半ばに1.5%まで低下するだろう」と述べたことが蒸し返された。1ポンド=130円15銭前後まで下げた。また、ポンド・ドルは1ポンド=1.5937ドル前後まで売り込まれる場面があった。

【日本市場】

・日経平均株価は反落。東京電力福島第1原発で放射性物質を含んだ汚染水の除去作業が難航していると伝わったことが投資家心理を冷やした。後場には先物主導で下げ幅を広げ、前営業日比で100円超安まで下落する場面もあった。一方で、市場では「期末ということで国内機関投資家などでは様子見姿勢が強い」との声も聞かれ、引けにかけては下げ幅を縮小した。個別ではファーストリテイリングやソフトバンクなどが相場の下げを主導。また、東京電力も一時ストップ安をつけるなど震災後の安値を更新した。

・債券先物相場は続落。決済日ベースで2010年の最終取引日を迎えたことから、持ち高調整目的の売りが持ち込まれたことが重しとなった。もっとも、全般には手控えムードが強く、売買高は2009年4月以来となる約2年ぶりの低水準にとどまった。

相場心理学ゾーン
ゾーンは、恐怖心のない無心の状態。その境地に達するトレーダになる事の
意味と重要性その境地に至る為の啓示をまとめたバイブル本を元リーマン
社員だけで限定キャンペーンで無料でプレゼント中!

⇒ ゾーンの極意の紹介はコチラ。


FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

放射能を撒き散らす史上最悪の原子力飛行機

福島原発で放射能汚染が話題になっておりますが、炉心をそもそも
空気で冷やして熱した空気で推進力を得るという恐怖の飛行機が開発された
時期がありました。

◆◆◆原子力推進エンジン Tory-IIC
放射能を撒き散らす史上最悪の飛行機c


◆◆◆原子力推進エンジン Tory-IIA
放射能を撒き散らす史上最悪の飛行機ca


放射能を撒き散らす史上最悪の飛行機a


しかも、米ロ超大国ともに原子力飛行機なる、原子炉を積んだ飛行機を
計画しておりました。

◆◆◆原子力飛行機(NB−36H)
放射能を撒き散らす史上最悪の飛行機ac


・・・たしかにもし実現すれば、人間の限界を除けばずっと空を飛んで
いられるまさに夢の飛行機です。

噂によればロシアは放射能汚染を気にせずに原子力推進に切り替えて
48時間飛行をしたという話があります。ただし、その搭乗員は
被爆してしまったそうです。

米国も超大きい飛行機に試験的に原子炉を積んで実験を行っていた
模様です。しかも、この飛行機を飛ばすに、万が一の事があった場合の
処理にそなえて何機もの飛行機が従軍するという大所帯。

結局は24時間空から見張っている必要がなくなって、
また、かなり実現不可能な事もあって、原子力飛行機の計画は頓挫
しましたが、原子力戦車なんてものが計画されていた事には
ぶったまげました。

◆◆◆原子力戦車
放射能を撒き散らす史上最悪の飛行機ac


こんなものを本気で実用化に向けて研究していたとは。。。

なすすべもありません。

相場心理学ゾーン
ゾーンは、恐怖心のない無心の状態。その境地に達するトレーダになる事の
意味と重要性その境地に至る為の啓示をまとめたバイブル本を元リーマン
社員だけで限定キャンペーンで無料でプレゼント中!

⇒ ゾーンの極意の紹介はコチラ。


FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

3月28日の週のドル円をFXライブで予想 by 元リーマン社員

今晩は。
先程、わが元リーマン社員の彼女がこの原発の危機にも関わらず、平常心で
取引していていく彼女に即発されて、相当気合をいれて今週のドル円を予想
していく所存。特にここ最近元リーマン社員の検証結果で信頼度が高い
セントラル短資FXライブを使って今週のドル円をテクニカルをメインに
予想します。

FXライブとは?
他FXツールの比較はコチラ

まずは、現在のドル円相場を見ていきます。

◆◆◆FX業者スプレッドランキング1位のDMMFXよりキャプチャ
DMMFX20110327


 ⇒ DMMFX評判評価

現在、ドル円相場は81円前半となっております。また、チャートは、

◆◆◆ドル円10分足チャート FX業者スプレッドランキング1位のDMMFXより
DMMFX20110327a


◆◆◆ドル円60分足チャート FX業者スプレッドランキング1位のDMMFXより
DMMFX20110327b


◆◆◆ドル円1日足チャート FX業者スプレッドランキング1位のDMMFXより
DMMFX20110327c


・・と、一旦は円高にいったもののドル高へ戻して、その後はジョジョに
円高へむかっているといったトレンド。

さて、そんな中、元リーマン社員のドル円予想法が炸裂します。
まずは現在のドル円予想に最も適したテクニカル指標をランキング形式
で最高の指標を炙り出し、更にその指標について、最新の売買シグナルを
最新のFX業者のツールであるFXライブで見ていきます。

FX業者が提供する優れた分析予測ツールを駆使して、冷酷にドル円を予想
する事が元リーマン社員がどんな状況下でも負けない必勝法の極意。

まずは、ドル円について色々な時間軸でみた場合のテクニカル使用の
パフォーマンスをチェック。

セントラル短資FXライブ ドル円直近24時間のテクニカル指標ランキング
セントラル短資FXライブ20110327


直近ではRSIがいいパフォーマンスをあげております。

セントラル短資FXライブ ドル円直近1ヶ月間のテクニカル指標ランキング
セントラル短資FXライブ20110327b


また直近1ヶ月間で見た場合では移動平均とボリンジャーバンドがランキングで
ワンツーフィニッシュです。

特に移動平均について詳細を見てみますと、
セントラル短資FXライブ20110327vb


FXライブとは?
他FXツールの比較はコチラ

274回で278pipsも勝利している事がよくわかります!!
また直近1週間で見てみたら、

セントラル短資FXライブ ドル円直近1週間のテクニカル指標ランキング
セントラル短資FXライブ20110327ab


ストキャスティクスが驚異的なパフォーマンスをあげております。
詳細を見てみると、
セントラル短資FXライブ20110327avb


異常なチャートです。

では、それら、テクニカルチャートの最新の売買シグナル状況から、
ドル円を予想します。尚、同じくセントラル短資FXライブから。

セントラル短資FXライブ ドル円売買シグナルによるドル円予想
セントラル短資FXライブ20110327ドル円予想


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ FXツール比較

FXライブ売買シグナル ストキャスティクス

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 買い

FXライブ売買シグナル  総合判断

■ 5分足 ・・・ どちらでもない
■ 60分足 ・・・どちらでもない
■ 日足 ・・・ 売り有利
■ 週足 ・・・ 売り有利


・・・これは相当にセントラル短資FXライブはドル円売りを推奨している
としかいいようがないでしょう!!!


ではニューヨーク市場の動きをDMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■ニューヨーク市場市場の動き■□

【Overview】

ドル・円相場(26日6時時点):前営業日比34銭高の1ドル=81.30円
ユーロ・円相場:同25銭安の1ユーロ=114.52円
ユーロ・ドル相場:同0.0096ドル安の1ユーロ=1.4080ドル
ダウ工業株30種平均:同50ドル03セント高の12220ドル59セント
ナスダック総合株価指数:同6.64ポイント高の2743.06
10年物米国債利回り:同0.04%高い(価格は安い)3.44%
WTI原油先物5月限:同0.20ドル安の1バレル=105.40ドル
金先物4月限:同8.70ドル安い1トロイオンス=1426.20ドル

【主な経済指標】

(主な米経済指標)  <発表値> <前回発表値>
10−12月期米GDP確定値 前期比年率 3.1% 2.8%
3月米消費者態度指数(ミシガン大調べ、確報値) 67.5 68.2
※改は改定値、▲はマイナスを表す。

【ドル・円】【ユーロ・円】

ドル円は続伸。米商務省が25日発表した10−12月期の米国内総生産(GDP)確定値が前期比年率3.1%増と改定値の2.8%増を上回り、市場予想平均の3.0%増より強かったことを受けた。プロッサー・米フィラデルフィア連銀総裁が「米連邦準備理事会(FRB)はそう遠くない将来に、出口戦略に着手する必要がある」「適時の出口戦略に失敗すれば、インフレや将来の経済の安定性に重大な結果をもたらすだろう」などと発言したと伝わると、金融引き締めが意識されて買いが加速した。81.496円まで上昇する場面が見られた。

ユーロ円は反落。欧財政懸念や対ドルでのユーロ売りがユーロ円相場を押し下げ、114.498円まで下げる場面があった。一方で、ドル円が買われた影響を受けて下落ペースが緩和された。

【ユーロ・ドル】

ユーロドルは反落。欧州連合(EU)や国際通貨基金(IMF)に救済を求める可能性が高まりつつあるポルトガルの国債利回りが、ユーロ導入来の高水準まで一時上昇するなど、財政問題が改めて売り材料視された。10−12月期米GDP確定値が予想を上回ったことも重しとなった。プロッサー・米フィラデルフィア連銀総裁の発言が伝わると売りが加速。一時1.4055ドルまで下落した。

【株式、債券、金、原油等の市場】

・米国株式相場は3日続伸。10-12月期米GDP確定値が予想を上回ったことを受けて、景気回復期待が高まった。オラクルが好決算を発表したことも、企業業績に対する期待感を高めた。日本で復興需要が高まるとして素材・エネルギー株が上げたことも相場を支えた。IBMやシェブロン、エクソン・モービル、AT&Tがそれぞれ1%超の上昇となった。好決算を発表したオラクルは1.1%の上昇。一方、業績見通しがアナリストの期待に届かなかったリサーチ・イン・モーションが10%超の下落となった。

・米国債券相場は長期ゾーンが3日続落。10-12月期米GDP確定値が予想を上回り、米景気に対する強気の見方が出て債券が売られた。プロッサー米フィラデルフィア連銀総裁が「そう遠くない将来に出口戦略に着手する必要がある」などと発言したと伝わると、金融引き締めが意識されて売りが加速した。利回りは一時3.45%まで上昇した。

・原油先物相場は続落。プロッサー・米フィラデルフィア連銀総裁などのタカ派発言を背景に外国為替市場でドル買いが進むと、ドル建てで決済される原油に割高感が生じた。7日以来の高値水準に接近したことで利益確定の売りも加わると、一時104.50ドルまで値を下げる場面があった。もっとも、リビアなど中東・北アフリカの政情不安に対する懸念が根強く残る中、下値も限られた。

・金先物相場は続落。時間外取引では狭い値幅内での小動きが続いたが、フロアー取引に入ると売りに押される展開に。外国為替市場で対ユーロなどを中心にドル高が進行し、ドルと「逆相関」が生じやすいとされる金には売りが出たほか、10−12月期の米GDP確定値が市場予想平均を上回ったことで、米景気に対する楽観的な見方が広がったことも「安全資産」である金の重しとなった。また、前日に史上最高値を更新したこともあり、週末を前に利益確定の売りが出やすかった面もあった。

相場心理学ゾーン
ゾーンは、恐怖心のない無心の状態。その境地に達するトレーダになる事の
意味と重要性その境地に至る為の啓示をまとめたバイブル本を元リーマン
社員だけで限定キャンペーンで無料でプレゼント中!

⇒ ゾーンの極意の紹介はコチラ。


FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

チェルノブイリ級放射能汚染の恐れがある中のリーマン社員の彼女のドル円ポジション

今晩は。

日本全国がテレビでバラエティー番組を再開している最中、
福島第一原子力発電所からの放射能漏れは以前進んでいると推測する
元リーマンブラザーズ社員です。

過去に放射能漏れというとチェルノブイリやスリーマイルの事故が
有名ですが、チェルノブイリの巨大化したつくしはびっくりします。

そんな中わが元リーマン社員の彼女はあの76円までいった津波のごとき
円高をくらい意気消沈中です。

* 元リーマン社員が彼女に使わせている外為オンラインからキャプチャ
外為オンライン評判20110327


・・・・おっと!意気消沈中かと思いきや激しくトレードして、
今までの負けを必死に取り返そうと頑張っております!

外為オンライン評判20110327b


⇒ 外為オンライン評判

これは、ちょっとびっくりです。ちなみに現在のチャートを見てみると、

★★★ 外為オンライン 1時間足 チャート
外為オンライン評判20110327avb


★★★ 外為オンライン 日足 チャート
外為オンライン評判20110327vb


と急激な円高の後はジョジョにドル高へ戻すドル円相場となっております。

また、このようなドル円相場の中、個人投資家はどのような動きをとっている
か同じく外為オンラインのディールスコープで検証しました。

★★★ ディールスコープ 1時間足 チャート
ディールスコープ20110327avb


★★★ ディールスコープ 日足 チャート
ディールスコープ20110327vb


⇒ ディールスコープとは
⇒ 外為オンライン評判
⇒ FXツール比較

個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 14,934人
■ ドル円売り ・・・  5,446人


短期で見れば個人投資家はドル円ロングの人が減っております。
ただ、長期のチャートで見れば、そろそろドル円ロングの人が増えて
きそうな反発しそうなチャートとなっております。

相場心理学ゾーン
ゾーンは、恐怖心のない無心の状態。その境地に達するトレーダになる事の
意味と重要性その境地に至る為の啓示をまとめたバイブル本を元リーマン
社員だけで限定キャンペーンで無料でプレゼント中!



FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

3連休明けの最新ドル円予想 by 元リーマンブラザーズ社員

今晩は。3連休明けのドル円予想を早速予測していきます。

まずは現在の相場をスプレッドランキング1位のDMMFXから抜粋します。
外為オンライン評判20110322


 ⇒ DMMFX評判評価

チャートを見てみると、

◆ ドル円10分足チャート(DMMFXから抜粋)
DMMFX20110322v


◆ ドル円1時間足チャート(DMMFXから抜粋)
DMMFX20110322a


◆ ドル円1日足チャート(DMMFXから抜粋)
DMMFX20110322aa


日足でみない限り直近のドル円相場は安定しているように見えます。
尚、この間の個人投資家のドル円のポジション推移をディールスコープ
検証します。

◆ ディールスコープ ドル円1時間足チャート(外為オンラインより抜粋)
ディールスコープ20110322aa


個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 17,433人
■ ドル円売り ・・・  3,851人


⇒ ディールスコープとは
⇒ FXツール比較

先日より若干ドル円を買った人が増えました。
それではセントラル短資FXライブで現在のドル円相場に最も適した
テクニカル指標を検証すると・・・

◆ テクニカル指標ランキング ドル円直近24時間 5分足
FXライブ20110322aa


◆ テクニカル指標ランキング ドル円直近24時間 5分足
FXライブ20110322aaa


上記長短ふたつの時間軸での予測結果現在は移動平均が最もパフォーマンスが
よさそう。早速その移動平均の現在の売買シグナルをセントラル短資
FXライブで検証すると・・・

◆ FXライブ 売買シグナル
FXライブ20110322aaaa


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ FXツール比較

FXライブ売買シグナル 移動平均

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 買い

FXライブ売買シグナル  総合判断

■ 5分足 ・・・ どちらでもない
■ 60分足 ・・・売り有利
■ 日足 ・・・ 売り有利
■ 週足 ・・・ 売り有利


む〜、セントラル短資FXライブのドル円予想では売りといった所です。

ではFXプライムぱっと見テクニカルチャート形状比較でドル円予想。

◆◆◆ 10分足ぱっと見テクニカルで形状予想
FXライブドル円予想20110322


◆◆◆ 1時間足ぱっと見テクニカルで形状予想
FXライブドル円予想20110322bc


FXプライム ぱっと見テクニカルのドル円予想

 ◆ 10分足では2本が円高の予想
 ◆ 1時間足では2本が円高の予想


・・・これは、ドル円を売れといっている上記の各種ドル円予想と同じです。
念のため、ぱっと見テクニカルのパターン分析での予想。
FXライブドル円予想20110322


こちらもばっちり売り予想です!

続いて、同じくぱっと見テクニカルの売買シグナルでは、
FXライブドル円予想20110322d


FXライブドル円予想20110322aaa


売り予想を指示するドル円予想シグナルが多い事が見てとれます。
今後は円高へいく事を示唆
しております。

では欧州市場の動きをDMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■米国市場の動き■□

【Overview】

22日の欧州外国為替市場で円は下げ渋り。対ポンドでは英消費者物価指数(CPI)が予想を上回ったことを受けて、イングランド銀行(BOE、中央銀行)の利上げ期待が高まり円売りが出た。時間外の米株価指数先物や英・独の株価指数が高く推移しリスク許容度が高まる中で、金利水準の高いオセアニア通貨に対しても低金利の円を売る動きが見られた。もっとも、その後の英・独の株価指数がマイナス圏に沈むと円の買い戻しが入り、下値が切り上がった。対ユーロではポルトガルの緊縮財政策が可決されない可能性が出たため、財政問題が意識されて円が買い戻された。

日経平均株価:同401円57銭高の9608円32銭
東証株価指数(TOPIX):同37.74ポイント高の868.13
債券先物3月物:同34銭安の139円40銭
新発10年物国債利回り(15時時点):同0.040%高い1.245%

【主な経済指標】

(主な経済指標) <発表値> <前回発表値>
1月全産業活動指数 2.9% ▲0.3%・改

【ドル・円】【ユーロ・円】

ドル・円は81円ちょうどを挟みもみ合い。一方、ユーロ円は19時30分過ぎに1ユーロ=115円54銭前後まで上昇した。

【ユーロ・ドル】

上値が重い。対ポンドでのドル売りがその他通貨にも波及した流れに沿って値を上げ、一時1ユーロ=1.4249ドル前後と2010年11月4日以来の高値を付けた。もっとも、1.4250ドル前後にはオプションのバリアが観測されており、防戦売りが出て上値が徐々に切り下がった。更に、ポルトガルの緊縮財政策の先行き懸念が高まると、ユーロの買い持ち高の整理が進み、22時過ぎには1.4203−08ドル前後まで下押しした。

【ポンド・ドル】

堅調。英国立統計局が22日に発表した2月英CPIが市場予想を上回り、早期利上げ観測が強まったことを受けた。1ポンド=1.6401ドル前後と昨年1月19日以来の高値まで上昇した。

【株式、債券、金、原油等の市場】

・日経平均株価は大幅続伸。東京電力福島第1原発で原子炉への電力供給に見通しが立つなど、原発事故に対する過度の懸念が後退する中、連休中の欧米株式市場が上昇した流れを引き継いだ。市場関係者からは「主力株中心に海外勢からの買いが継続した」との声が聞かれ、引けにかけて400円を超す上げ幅となった。個別では、根岸製油所の生産装置の稼動を再開したJFホールディングスが11%超上昇したほか、東京電力の15%超高が目立った。

・債券先物相場は大幅反落。米財務省が1420億ドルの政府保有モーゲージ担保証券(MBS)を今月から売却する方針を明らかにしたことを受け、金融市場が正常化に近づきつつあるとの見方から、前日の米長期債が下落した影響を受けた。日経平均株価の400円超高も安全資産としての債券需要低下につながり、下げ幅が広がった。

相場心理学ゾーン
ゾーンは、恐怖心のない無心の状態。その境地に達するトレーダになる事の
意味と重要性その境地に至る為の啓示をまとめたバイブル本を元リーマン
社員だけで限定キャンペーンで無料でプレゼント中!



FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

大地震津波原発爆発後のドル円予想 by 元リーマンブラザーズ社員

原発問題も電源の復旧と共に、問題は今後の放射能汚染への対処になってきま
した。まあ元リーマン社員的には電源復旧と共に東京が放射能で潰滅となる
可能性なる可能性は随分へったのではないでしょうか?

原発問題のこれ以上の悪化の可能性の低下とともにドル円のトレンドは円高
傾向から、ドル高傾向へトレンド変換となる可能性が大きいのではないか?

そんなファンダメンタル的な予想をFXツールを駆使して、テクニカルの
面から検証していきます。

まず元リーマン社員流FXライブドル円予想法を駆使して今後のドル円を予想。
FXライブドル円予想20110315

FXライブセントラル短資が提供する無料FXツール

まずこの直近1ヶ月の動きをことごとく言い当てたテクニカル指標は、
結局、ボリンジャーバンドと移動平均
であるといえます。

ただ、長期的に見たら、ストキャスティクスもよい戦績を出しております。
FXライブドル円予想20110315b


では、そのテクニカル指標の最新の売買シグナルを素にドル円を予想。
FXライブドル円予想20110315c


 ⇒ FXライブとは
 ⇒ FXツール比較

FXライブ売買シグナル ボリンジャーバンド

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 買い

FXライブ売買シグナル 移動平均

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 買い

FXライブ売買シグナル  総合判断

■ 5分足 ・・・ 売り有利
■ 60分足 ・・・売り有利
■ 日足 ・・・ 売り有利
■ 週足 ・・・ 買い有利


短期的には売りを、長期的には買いのシグナルを示しております。
これを元に元リーマン社員の今後のドル円の予想は短期では円高、
長期的にはドル高という事となります。

続いてもう一つのFXツールの柱であるFXプライムぱっと見テクニカル
ツールを駆使してドル円を予想します。こちらの予想はもっとシンプル
です。画像を見てもらえればわかります。

まずはぱっと見テクニカルのチャート形状比較で今後のドル円の予想の
チャートをチェックします。

◆◆◆ 10分足ぱっと見テクニカルで形状予想
FXライブドル円予想20110315c


◆◆◆ 30分足ぱっと見テクニカルで形状予想
FXライブドル円予想20110315ac


◆◆◆ 1時間足ぱっと見テクニカルで形状予想
FXライブドル円予想20110315bc


◆◆◆ 1日足ぱっと見テクニカルで形状予想
FXライブドル円予想20110315dc


FXプライム ぱっと見テクニカルのドル円予想

 ◆ 10分足では2本が円高の予想
 ◆ 30分足では2本がドル高の予想
 ◆ 1時間足では1本がドル高の予想
 ◆ 1日足では2本がドル高の予想


こんな状況。では続いて、ぱっと見テクニカルのパターン分析での予想。
FXライブドル円予想20110315dcs


買い予想。

続いて、同じくぱっと見テクニカルの売買シグナルでは、
FXライブドル円予想20110315dcas


FXライブドル円予想20110315dcgs


といった予想です。

では米国市場の動きをDMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■米国市場の動き■□

【Overview】


ドル・円相場(19日6時時点):前日比1円69銭高の1ドル=80.57円

ユーロ・円相場:同3円69銭高の1ユーロ=114.25円
ユーロ・ドル相場:同0.0160ドル高の1ユーロ=1.4180ドル
ダウ工業株30種平均:同83ドル93セント高の11858ドル52セント
ナスダック総合株価指数:同7.62ポイント高の2643.67
10年物米国債利回り:同0.02%高い(価格は安い)3.27%
WTI原油先物4月限:同0.35ドル安の1バレル=101.07ドル
金先物4月限:同11.9ドル高い1トロイオンス=1416.1ドル

【主な経済指標】

(主な経済指標) <発表値> <前回発表値>
特になし

【ドル・円】

ドル円は6営業日ぶりに反発。主要7カ国(G7)は18日朝、財務相・中央銀行総裁による電話会議を開き協調介入を実施することで合意した。東京市場では日本政府・日銀が円売り・ドル買い介入に踏み切り、欧州市場では欧州の中銀やイングランド銀行(BOE)が円売り介入を実施した。一時82.00円まで値を上げた。ただ、その後は次第に上値を切り下げる展開に。ドル円の上値では実需筋の売り注文が厚いうえ、断続的な介入ではなく予想より規模が小さかったとの見方から便乗して短期で買い上がった参加者から利益確定の売りが出た。米連邦準備理事会(FRB)とカナダ中央銀行(BOC)も円売り協調介入に参加したものの、戻りは鈍く80.51−54円まで下押しした。

【ユーロ・ドル】

ユーロドルは続伸。一時2010年11月5日以来の高値となる1.4185ドルまで値を上げた。欧州の取引時間帯に、欧州中銀よる円売り・ユーロ買い介入につれてユーロ高・ドル安が進んだ流れを引き継いで始まった。トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁が「『強い警戒』の文言を撤回するつもりはない」と述べると、改めて欧利上げ観測が強まりユーロ買いが広がった。市場では「ECBによるポルトガル国債買い入れ観測を背景に、ポルトガルとドイツ国債の利回り格差が縮小したこともユーロ買いにつながった」との指摘があった。

【ユーロ・円】

ユーロ円は4日ぶりに急反発。G7各国の円売り介入を受けて、欧州時間に一時115.56円まで値を上げたものの、買い一巡後はもみ合いの展開に。ドル円の失速を受けた円買い・ユーロ売りが入る半面、ユーロドルの上昇に伴う円売り・ユーロ買いが出たため相場は方向感が出なかった。

【株式、債券、金、原油等の市場】

・米国株式相場は続伸。日本経済成長の安定に向けてG7が為替の協調介入を実施したことや、「リビアが全ての軍事活動を停止すると宣言した」との報道が好感され買いが優勢となった。JPモルガン・チェースやウェルズ・ファーゴなど大手銀行が相次いで増配を発表し、金融株が買われたことも相場の押し上げ要因となった。ダウ平均は一時150ドル超上昇する場面があった。もっとも、その後は週末を控えて徐々に上げ幅を縮めた。「スティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)が辞任する見通し」との噂が伝わり、アップルが1%超下落。これにつれる格好でハイテク株が売られたことが相場の重しとなった。

・米国債券相場は続落。米国株相場の上昇やリビアの即時停戦宣言を受け、「安全資産」とされる債券に売りが出た。市場では「日本の福島原発事故に絡み、事態の悪化を示すような報道がなかったことも相場の重しになった」との声が聞かれた。

・原油先物相場は3日ぶりに反落。中東・北アフリカなどの地政学リスクの高まりを背景に、時間外取引では一時103.66ドルまで値を上げるなど買いが先行。ただ、「リビアが反政府側に休戦を申し出、全ての軍事活動を停止すると宣言した」と報じられると、同国の政情不安が緩和するとの期待が高まったことから、100ドル台前半まで急落する場面もあった。もっとも、反政府勢力は休戦申し入れを受け入れない方針を示すなど、内戦の収束には不透明感も根強く、その後は下げ幅を縮小して引けた。

・金先物相場は3日続伸。外国為替市場で対ユーロなどを中心にドル安が進行し、ドルと「逆相関」が生じやすいとされる金には買いが入った。また、中東・北アフリカ情勢の懸念が拡大し、地政学リスクが高まったことも買い材料視された。もっとも、引けにかけては「リビアが全ての軍事活動を停止すると宣言した」と報じられて中東の政情不安が緩和するとの期待が高まったため、やや上げ幅を縮小した。

相場心理学ゾーン
ゾーンは、恐怖心のない無心の状態。その境地に達するトレーダになる事の
意味と重要性その境地に至る為の啓示をまとめたバイブル本を元リーマン
社員だけで限定キャンペーンで無料でプレゼント中!



FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

大地震津波原発爆発でも生き残った元リーマンブラザーズ社員の彼女

今回の津波並みの円高に耐えた元リーマン社員の彼女の状況を暴露。

*元リーマン社員がFX初心者には自信を持って薦める外為オンラインより
外為オンライン評判20110315


外為オンライン評判20110315b

⇒ 外為オンライン評判

なかなか、元リーマン社員の彼女だけあって、かなり、この急激な相場
変動時にドル円をトレードしております。他の個人投資家の動きは、
76円台まで行った円高大津波に飲み込まれて大勢の方がドル円ロング
ポジションがロスカットされてしまった事が受けて取れます。
外為オンラインディールスコープで個人投資家のポジション動向閲覧可能

ディールスコープ20110315


⇒ ディールスコープとは
⇒ FXツール比較

個人投資家の動向

■ ドル円買い ・・・ 16,107人
■ ドル円売り ・・・  3,480人


同じく外為オンラインでドル円のチャートを見てみましょう。
外為オンライン評判ch20110315b

外為オンライン評判ch20110315bd


ドル円を買っていた方はお悔やみ申すしかありません。
しかしドル円を売っていた人はどんな気分なんでしょうか?
チャートを見る限りあの急激な動きの中で、個人投資家は利食いできずにいた
のが、現状ではないでしょうか?

ある意味、資金量に優る欧米の連中が我々アジアタイムでトレードする
日本人投資家のロスカットレベルを見抜いて集中攻撃すれば、いともたやすく
レバレッジが高い日本の個人投資家が瓦解するかよくしらしめた展開です。

寝るときは出来る限りレバレッジが高いポジションは閉じるべき。
そう思った元リーマン社員です。

相場心理学ゾーン
ゾーンは、恐怖心のない無心の状態。その境地に達するトレーダになる事の
意味と重要性その境地に至る為の啓示をまとめたバイブル本を元リーマン
社員だけで限定キャンペーンで無料でプレゼント中!
DMM FX

原発の放射能の影響で巨大奇形化した植物

まあチェルノブイリ原発奇形とか朝からググってとてもビビッた元リーマン。
チェルノブイリつくし巨大化


ちょっと、びびってしまいました。
もちろんこれ以上にもエグい被害状況の画像が、たくさんネットで見る事
ができますが、ちょっと、好奇心だけで見るには耐えがたく。

後は自己責任でGoogleで「チェルノブイリ 奇形」とでも検索して
ください。

FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
DMM FX

原発異常事態時のドル円を徹底予測 短期でショート・長期でロング予想!

今晩は。いやオハヨウございますでしょうか。相変わらず3連休初日の朝4時
に目が覚めた元リーマン社員です。

現在のドル円相場は81円付近です。

スプレッドランキング1位のDMMFXから抜粋。
DMMFX20110313a


 ⇒ DMMFX評判評価

この1週間は私にとって忘れられないものとなりました。なんといっても、
今回の地震は地震そのものよりも地震によって引き起こされた2次災害の
方がはるかに影響が大きいといえるでしょう。

日本の原子力政策に影響を及ぼすのは必須とし、退陣間際だった菅首相は、
息を吹き返し、千石も元に戻る。更には、そんなこんなしている内に、
次々の原子炉の燃料棒は溶解し、スリーマイル異常チェルノブイリ以下の
原発事故に発展。米軍は半径80KMに退避命令。

そんな状況下、ドル円は一時戦後最高値まで進み、その後、急激に値を
戻しました。

DMMFX20110313ab



そのおかげで、レバレッジを挙げてドル円をロングしていた個人投資家は
ほぼ全滅の事態。この元リーマン社員でさえも、一時、非常に危ない状況
でした。

では、そんな異常な相場をクールにいつも通り、FXツールを駆使して
ドル円を予想します。こんな時だからこそ、機関投資家相手にファンダ
メンタルで勝負するのは情報の質、早さ、正確さともにアマチュアが
勝てるはずがありません。

こういった時こそ、FXプライムぱっと見テクニカルと、
セントラル短資FXライブをドル円予想の羅針盤とすべきです。

まずはこの一週間で最もパフォーマンスがよかったテクニカル指標を
FXライブを使って検証します。

FXライブ20110313a


この一週間では、ドル円の1時間足で見た場合、ボリンジャーバンドが
ドル円を予想する上で最もパフォーマンスがよいようです。
16回の取引で488pipsも勝利を挙げております。

続いては、同じ一週間でもドル円の5分足で見た場合のパフォーマンス
1位は、、

FXライブ20110313b


FXライブ20110313c


・・・なんと、最もオーソドックスな移動平均がナンバーワンです!
65回の取引で587pipsも勝利を挙げております!

すげー。その移動平均とボリンジャーバンドの現在のシグナル状況を
同じくセントラル短資FXライブで検証すると、

FXライブ20110313d


FXライブ売買シグナル ボリンジャーバンド

■ 5分足 ・・・ 買い
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 買い

FXライブ売買シグナル 移動平均

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 買い

FXライブ売買シグナル  総合判断

■ 5分足 ・・・ 売りやや有利
■ 60分足 ・・・売り有利
■ 日足 ・・・ 売り有利
■ 週足 ・・・ 買い有利


・・・短期的にはドル円売り(ドル高予測)ですが、長期的には
ドル円買い(円高予想)です。

では、FXプライムぱっと見テクニカルを駆使したドル円予想の
結果は如何でしょうか?

まずは、各ドル円の時間足で直近の動きをチャートに重ねる形でドル円を
予想する形状比較を数パターンの時間足で見ていきます。

ぱっと見テクニカル20110313b


ぱっと見テクニカル20110313ba


ぱっと見テクニカル20110313bd


ぱっと見テクニカル20110313bg


 ⇒ FXプライム
 ⇒ FX業者ツール比較

 ◆ 10分足では1本が円高の予想
 ◆ 30分足では1本が円高の予想
 ◆ 60分足では1本が円高の予想
 ◆ 1日足では2本がドル高の予想


・・・なかなか難しい結果ですが、概ね直近では円高だが、その後ドル高
となるドル円予想結果


では、ぱっと見テクニカルでのシグナル発生状況を見ていくと、

ぱっと見テクニカル20110313bag


パターン分析では、短期的にはドル高で、長期で円高を示唆。

ぱっと見テクニカル20110313bghg


ぱっと見テクニカル20110313bhjhg


また、各通貨での売買シグナルランキングをぱっと見テクニカルで検証する
と、ドル円が売りランキング1位となっており。特に8時間足では、
3つの指標でドル円売りシグナルが発生しております。

・・・これらFXツールを勘案してドル円を総合的に予想すると、直近ではド
ル円を売っておき、ある程度利益がのった所で利益確定し、その後、
円高に戻す事を予想して、ドル円を買う、戦略をオススメします。


では欧州アジアオセアニア相場の動きをDMMFXから抜粋。

 ⇒ DMMFX評判評価

□■欧州アジアオセアニア相場の動き■□

【Overview】

日経平均株価:同244円08銭高の9206円75銭
東証株価指数(TOPIX):同19.59ポイント高の830.39
債券先物3月物:同4銭高の139円74銭
新発10年物国債利回り(15時時点):同0.010%高い1.210%
FTSE100種総合株価指数:前日比22.02ポイント高の5718.13
ドイツ株式指数(DAX):同7.52ポイント高の6664.40
10年物英国債利回り(19日3時時点):同0.037%低い(価格は高い)3.509%
10年物独国債利回り(19日3時時点):同0.019%高い(価格は安い)3.188%

18日午後のアジア・オセアニア外国為替市場で円は下げ渋り。野田財務相が18日午前、主要7カ国(G7)緊急電話会議後に協調介入を行うことを明らかにしたこともあって、海外時間での円売り介入を期待した売りが出た。欧州時間にむけて、欧州中央銀行(ECB)やイングランド銀行(BOE)の介入への期待が高まると、下げ幅が広がった。その後、英・独の株取引開始の日本時間17時にECBやBOEが円売り介入を行ったため、下げ幅は一段と広がったが、断続的な円売り介入の動きは見られなかった。介入期待で円売りを進めた参加者から一転円の買い戻しが強まり、円の下値が切り上がった。

【主な経済指標】

(主な経済指標) <発表値> <前回発表値>
1月景気動向指数改定値(CI)(日本)
先行指数 101.5 101.9
一致指数 105.9 106.2
2月独生産者物価指数(PPI、前月比) 0.7% 1.2%
2月スイス生産者輸入価格(前月比) 0.2% 0.1%
1月ユーロ圏経常収支 7億ユーロの赤字 125億ユーロの赤字・改
1月ユーロ圏貿易収支 148億ユーロの赤字  5億ユーロの赤字

【ドル・円】

ドル円は上値が重い。主要7カ国(G7)は18日朝、財務相・中央銀行総裁による電話会議を開き協調介入を実施することで合意した。アジア市場で、日本政府・日銀が円売り・ドル買い介入に踏み切り、円安・ドル高が進んだ流れを引き継いで始まった。欧州の取引時間帯に入り、欧州の中銀やイングランド銀行(BOE)が円売り介入を実施すると一時82.00円まで上値を伸ばした。ただ、その後は次第に上値を切り下げた。ドル円の上値では実需筋の売り注文が厚いうえ、断続的な介入ではなく予想されたよりも規模が小さかったため失望売りが出た。ニューヨーク市場でも、米連邦準備理事会(FRB)とカナダ中央銀行(BOC)が円売り協調介入に参加したものの、戻りは鈍く一時80.75−78円まで下押しした。

野田佳彦財務相が「日本当局の要請に基づき協調介入に参加で合意」「午前9時に協調介入を実施」「介入対象はドル円」「それぞれの当局はそれぞれの市場オープン時から行動」などと述べると、買いが優勢に。G7声明として「日本当局からの要請に基づき、米国、英国、カナダ当局及び欧州中央銀行は、2011年3月18日に、日本とともに為替市場における協調介入に参加する」「我々は、為替市場をよく注視し、適切に協力する」など伝わったことも買いを後押しした。16時前には81.93円まで上げ幅を広げた。もっとも、市場関係者からは「81.50−82.00円にかけては国内輸出企業などからの売り注文が厚い」との声が聞かれ、81.50円を上抜けてからの上昇の勢いは緩やかだった。

【ユーロ・ドル】

ユーロドルはしっかり。一時2010年11月5日以来の高値となる1.4184ドルまで値を上げた。欧州中銀による円売り・ユーロ買い介入につれてユーロ買い・ドル売りが先行。その後伸び悩む場面もあったが、市場では「米大手銀がユーロドルを買い推奨したことを手掛りにユーロ高が進んだ」との指摘があり持ち直した。トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁が「『強い警戒』の文言を撤回するつもりはない」と述べると、改めて欧利上げ観測が強まりユーロ買いが優勢となった。市場関係者からは「ECBによるポルトガル国債買い入れ観測を背景に、ポルトガルとドイツ国債の利回り格差が縮小したこともユーロ買いにつながった」との声も聞かれた。

【ユーロ・円】

ユーロ円は一進一退。G7各国の為替協調介入を受け一時115.56円まで値を上げたものの、買いが一巡するともみ合いの展開に。ドル円の失速を受けた円買い・ユーロ売りが入る半面、ユーロドルの上昇に伴う円売り・ユーロ買いが出たため相場は方向感が出なかった。

【株式、債券、金、原油等の市場】

・日経平均株価は大幅反発。G7が協調介入で合意したことを受け、外国為替市場で円安が進行したことが投資家心理の改善につながった。市場では「海外勢からの買いが目立った」との声が聞かれ、日経平均株価は300円超高となった。ただ、「原発事故への懸念が根強い中、3連休を前に持ち高を傾けにくい」との指摘もあり、買い一巡後は伸び悩んだ。個別では、東京電力の18%超高、太平洋セメントの15%超高が目立った。

・債券先物相場は3営業日ぶりに小幅反発。強い米経済指標を背景に、前日の米長期債が下落した流れを引き継いだ。G7の協調介入合意を背景にした日本株高も重しとなり、安く始まった。ただ、売り一巡後は日本株の伸び悩みや3連休を意識した買い戻しが入り、午後には上げに転じた。

・ロンドン株式相場は続伸。日本経済成長の安定に向けてG7が協調介入を実施したことや、「リビアが全ての軍事活動を停止すると宣言した」との報道が好感され買いが優勢となった。リオ・ティントやBHPビリトンなど素材株の上昇が目立ったほか、ロイヤル・ダッチ・シェルやBPなどエネルギー株の一角に買いが入った。

・フランクフルト株式相場は小幅ながら続伸。日本経済成長の安定に向けてG7が協調介入を実施したことや、「リビアが全ての軍事活動を停止すると宣言した」との報道が好感され買いが入った。個別では、ダイムラー(2.28%高)やBMW(2.16%高)、フォルクスワーゲン(1.30%高)など自動車株の上げが目立った。半面、イーオン(1.55%安)やアリアンツ(1.20%安)、ミュンヘン再保険(1.64%安)などが売られ指数の重しとなった。

・欧州債券相場は下落。株高や米債安を受けた。

FX業者ツール比較
FX業者スワップ金利比較
FX業者自己資本比率等スペック比較
FX業者iphone比較
 東大式FX攻略法

みんなのFX

元リーマン社員限定タイアップ企画

FXプライム[直トレFX]

アイネットFX
元LB社員が取引に使うFX業者
SBIFXTRADE評判  ドル円0.27銭SBIFXトレード
豪ドル円0.99/ユロ円0.69/ポン円1.19
1$から取引可/スプレッド4桁表示
住信SBIネット銀行50%出資のSBIG

GMOクリック証券FX評判  株も売買可GMOクリック証券
米ドル/円0.3銭原則固定
YAHOO出資企業/資産2000億円
8万人使用iClickFXNEO/FXroid
最新キャッシュバック特集
カテゴリー別の記事
livedoor プロフィール
免責事項
当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び私に関係する全ての方は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。

外為どっとコム
DMM FXは初心者向け
ドル円予想に使うFXツール
FXツール FXプライム byGMOのぱっと見テクニカル

過去12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想する機能
ぱっと見テクニカルツールa
⇒ ぱっと見テクニカルの評判評価
ドル円スプレッド比較
原則固定
(例外あり)
FX業者名
0.3銭  外為どっとコム
0.3銭 GMOクリック証券評判 GMOクリック証券
0.3銭 YJFX評判 YJFX!
0.3銭原則固定 DMMFX評判 DMMFX
0.4銭 みんなのFX評判 みんなのFX
0.6銭原則固定 FXプライム評判 FXプライム byGMO
0.7-1.0銭 アイネットFX評判 アイネット証券
0.9銭 ライブスター証券
株もFXも GMOクリック評判 GMOクリック証券
カブドットコム評判 カブドットコム証券

元リーマン社員がメディア掲載
元リーマンブラザーズ社員が取材①元リーマンブラザーズ社員が取材②
雑誌「BIG TOMORROW」5月号で取材受けて記事になりました。
⇒ 現在4.5万人超フォロワー!
元気の源!為替ブログランキング
皆様のクリックが・・・
元リーマン社員を救います!!


人気ブログランキング
最高、17位でファイト!

為替ブログ村
為替日記は、最高8位!
くりっく365のFX業者比較
  • ライブドアブログ