元リーマン社員がFXツールでドル円予想

リーマンブラザーズに勤務した経験からビリオネアになる最短の方法はトレードしかないと確信し、トレードの中でも。最も少額で始められて、かつ、最もレバレッジが高くできるFXで財を成す事を決意しました。現在、ドル円をFXツールを駆使して予想し、その結果から売買するシステムトレードちっくな手法で売買を行い、まずは、ミリオネアへの道を目指しております。FXツールはFXプライム byGMOのぱっと見テクニカルを使っております。

 
 売買レート・チャート・リアルタイム売買比率表示ツールはみんなのFXより
0.3銭原則固定(例外あり)  外為どっとコム
0.3銭原則固定  GMOクリック証券
 FXトレーディングS
 YJFX!
 DMMFX
0.6銭原則固定  FXプライム byGMO
0.9銭原則固定  ライブスター証券
0.7〜1銭  アイネット証券
オススメ  ひまわり証券

2010年06月

DMM FX

C-NEX評判評価 by元リーマン社員

C-NEXの最大の評判は証券会社のディーリングルームが
採用する程の約定力と低スプレッド。

↓クリックすると詳細な説明画面へ↓
C-NEX評判評価

通常の低スプレッド業者とは一線を画すスペックです。

◆◇C-NEX スペック一覧◇◆

シーネックスC-NEX評判評価
シーネックスC-NEX 評判 評価
初回入金額 レバレッジ 通貨ペア 資本金
100万円 100倍 9通貨 4.9億円
スプレッド(pips)の評判評価
ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 ユーロドル
0.2-0.8 0.8-2.3 1.0-2.5 1.5-2.5 0.2-0.8


また、C-NEXを他社と比較している表が下記。

◆◇C-NEX 他社とのスプレッド比較◇◆

C-NEX評判評価a

ドル円が低スプレッドなのは当然として、豪ドル円や
南アフリカランド円等の新興国通貨のスプレッドが異様
に低い事が一目瞭然です。

また、上級者向けだけあり、トレード画面の操作性も
最高性能を誇っております。

◆◇C-NEX 取引画面の操作性◇◆

C-NEX評判評価b

自分用にカスタマイズができるので
「使いづらい!」 「自分用に使いやすくなったら」というところに手が届いてます。

◆◇C-NEX 取引カバー先の比較◇◆

C-NEX評判評価c

また、カバーする銀行も上級者仕様。
他社との比較では圧倒的な11行でのカバー。

◆◇C-NEX 取引した感想◇◆

実際にC-NEXを使用した感想は下記の通り。

・JAVAで動く事からショボイPCだとちょっと遅いが、
通常のPCならば、使いやすいし軽い

・値動きは早く、大証FX等と違って板の上の数字がガンガン動く。

◆◇C-NEX キャンペーン◇◆

6月7日より、「50万通貨で取引スタートキャンペーン!」を実施中。
このキャンペーンをキッカケにC-NEXをご利用頂いてみてはいかがでしょうか。

C-NEX評判評価e
DMM FX

FXライブはドル円を買え買えと・・・

□■元リーマン社員の現在のポジション■□
現在のポジション : ドル円ショート(売)91.26円
現在の価格 ; 91.79円
現在の損益 ; −53pips
ロスカット価格 : 92.26円


このような状況です。ロスカット寸前まで追い込まれた
チャート。よもやこのよぬな仕打ちを受けるとは・・・

甘んじて受け入れねばなりません。。

□■現在の相場状況■□

DMMFXスプレッド20100614


DMMFXチャート20100614b

*DMMFXの取引画面よりキャプチャ
 ⇒ DMMFX評判評価

みるからにドル高トレンド。ここで円が買われる事は
ないように思えます。一瞬は利食いできる水準まで
円高が進行した事には非常に悔しい想いです。

ともあれ個人投資家の動きをチェックします。
個人投資家は若干ドル円買いから売りへ向かっています。
外為オンラインのディールスコープにて検証

□■外為オンラインディールスコープ個人投資家動向■□
外為オンラインディールスコープ100614

 ⇒ 外為オンライン評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール徹底比較

個人投資家の動向
■ ドル円買い ・・・ 10,327人
■ ドル円売り ・・・ 5,072人


では今後のドル円予測をセントラル短資ライブで
検証します。

□■セントラル短資FXライブ24時間ドル円テクニカルランキング■□

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング100614


ボリンジャーバンドがよいといってもいまいちパッと
しません。なので、今日は特別に直近1年間でのランキ
ングを掲載してみました!

□■セントラル短資FXライブ1年間ドル円テクニカルランキング■□

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング100614b


RSIが脅威のパフォーマンスを放っている事が特徴的
です。

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング100614c


この1年間でRSIは21回の売買シグナルを発し78%
もの勝率をたたき出し、結果、+2,108pipsもの
勝ちを手にしたのです。

で、実際にそのRSIの直近の売買シグナルを検証すると

□■セントラル短資FXライブ シグナルマップ■□
セントラル短資FXライブテクニカル指標シグナル100614


RSI

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 買い
■ 週足 ・・・ 買い

売買シグナル総合判断

■ 5分足 ・・・ 買い有利
■ 60分足 ・・・ 買い有利
■ 日足 ・・・ どちらでもない
■ 週足 ・・・ 売り有利


・・・ここは元リーマンブラザーズ社員の嗅覚を
信じてこのままドル円を売り続けます!!
いったれ〜!!

↓円高だと思う人は応援クリック!
元リーマン社員ブログ


ちなみにストキャスティクスはじめ各種チャートをアイネットFX見てみると、

□■アイネットFX各種テクニカルチャート■□

アイネットFX評判評価チャート100614


 ⇒ アイネットFX評判評価

直近の為替相場等をニュース(DMMFX
を使って)説明します。

□■本日のFX相場の動き■□

【Overview】
14日午後のアジア・オセアニア外国為替市場で円は下げ渋り。休場の中国市場などを除くアジア主要国・地域の株式相場が堅調だったことを受け、投資家のリスク回避姿勢が和らいだとの見方が広がり、円売りが優勢だった。市場参加者からは「大手証券が募集している外貨建て投信の設定をはやした円売り・外貨買いが観測された」との声が聞かれた。ただ、売り一巡後はもみ合いの展開に。市場では「サッカーワールドカップ南アフリカ大会が前週末から開幕したことで、特に欧州の市場参加者の相場への関心が薄れている」との指摘があり、欧州の取引時間帯に入ると値動きが鈍った。

【ドル・円】【ユーロ・円】
ドル・円は15時過ぎに一時本日高値となる1ドル=92円03銭前後、ユーロ・円は1ユーロ=112円20銭前後まで値を上げた後、それぞれ値動きが鈍っている。

【ユーロ・ドル】
もみ合い。午前中に一時本日高値となる1ユーロ=1.2208ドル前後まで値を上げたものの、その後失速。「1.2210−50ドルに観測されている短期投機筋のストップロスを付けることが出来ずに、戻り売りに押された」との指摘があった。もっとも、14日の欧州株相場が高く始まったこともあって、下値は限られた。

資本金48億円スプレッド1位DMMFX 
 ・ツール・その他全て徹底比較はコチラ
 ・スワップ金利比較はコチラ
 ・スプレッド比較はコチラ
 ・自己資本比率等スペック比較はコチラ

↓元リーマン社員に哀愁の念を感じたら応援クリック!
元リーマン社員ブログ
DMM FX

元リーマン社員のFX業者の選び方

DMMFXはスプレッドでは最強です。
固定スプレッドではないものの上限スプレッドを
ドル円0.5銭としているので、固定0.5銭で、
場合によってはもっと狭い時もあるでしょう。

⇒ FX業者スプレッド徹底比較

スワップ金利はフォレックストレードが1位です。
更にフォレックスは固定スプレッドドル円0.8銭と
DMMFXと比較しても遜色ないレベル。

⇒ FX業者スワップ金利徹底比較

ツールであれば、セントラル短資FXプライム
を使えばプロ同様のテクニカル分析が可能です。

⇒ FX業者ツール徹底比較

そして、自動売買やシステムトレードをしたい方は、

FXCMを使えばよいでしょう。

⇒ FXCM評判評価
DMM FX

今夜のドル円ツール予測からドル円を売りました。ゴールドマンサックスとMIXIの時価総額

ここ最近本業がとても忙しくなってきた元リーマンブラ
ザーズの社員っす。まあ忙しくなってきた事は日本の景
気も回復傾向にあるといえるのでしょうか?まあしかし
我々庶民の給料は上昇する気配は一向にないですがね。

世知辛い世の中です。そして、ゴールドマンサックスに
とっても米国のSECから色々とイチャモンつけられて
株価が2〜3割下がったとの事です。元々数兆円ある企
業の2割とかですから、ゴールドマンサックスの価値は
1兆円程度毀損した事になります。

・・・しかし、2年の中期でみたゴールドマンサックス
の株価チャートを見るとそんなに下がっているようには
見えないですね。

ゴールドマンサックス


確かに180ドルくらいから140ドル程度へは下が
っておりますが、チャートで見るとそれほどでもない
ような気がします。

日本のインターネットベンチャー企業なんて、もっと
値下がりしましたよ。

例えば、有名どころでMIXIなんか時価総額数千億円
あったのに今や時価総額1000億円をかなり下回って
おります。

そんな中ソフトバンクはずっと時価総額2兆円あたり
をウロウロしております。

これからの情報化時代内需だけに頼ったとしても、
それなりに売り上げも見込めて安定しているのが携帯
電話ビジネスといった所でしょうか。

・・・話はドル円から大分それましたが、そういった
マクロ的な観点もたまに考えると長期的なトレンドも
見えやすくなってきます。

さて、翻ってドル円相場を見るとそれほどニュースも
なかったのか、あまり動いておりません。

□■現在の相場状況■□

DMMFXスプレッド20100610


DMMFXチャート20100610b


DMMFXチャート20100610c

*DMMFXの取引画面よりキャプチャ
 ⇒ DMMFX評判評価

91円から92円の1円程度の幅でボックス相場に
なっております。また、ポンド円やユーロ円、豪ド
ル円等は円安方面のトレンドになっております。

個人投資家は直近ドル買だったのが、減った模様です。
外為オンラインのディールスコープにて検証

□■外為オンラインディールスコープ個人投資家動向■□
外為オンラインディールスコープ100610

 ⇒ 外為オンライン評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール徹底比較

個人投資家の動向
■ ドル円買い ・・・ 11,013人
■ ドル円売り ・・・ 4,336人


では今後のドル円予測をセントラル短資ライブで
検証します。

□■セントラル短資FXライブ24時間ドル円テクニカルランキング■□

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング100610


直近24時間ではストキャスティクス・RSIが
1勝をあげております。

□■セントラル短資FXライブ1週間ドル円テクニカルランキング■□

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング100610b


そして一週間でも、ストキャスティクスがナンバー
ワンのパフォーマンスを挙げております。

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング100610c


詳細を見ると、直近1週間で8回の売買シグナルの内、75%は勝利し、125pipsも勝っているパフォーマンス結果です。

では、各テクニカル指標の現在のシグナル状況を
検証すると・・・

□■セントラル短資FXライブ シグナルマップ■□
セントラル短資FXライブテクニカル指標シグナル100610


ストキャスティクス

■ 5分足 ・・・ 売り
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 売り

売買シグナル総合判断

■ 5分足 ・・・ どちらでもない
■ 60分足 ・・・ どちらでもない
■ 日足 ・・・ どちらでもない
■ 週足 ・・・ 売り有利


・・・総合シグナル判断とストキャスティクスのシグナル
はずれておりますが、現在最も好調なテクニカル指標であ
るストキャスティクスが売り一色です。

ここはいっとかなきゃいつ勝負する??

ドル円を売りました。

□■元リーマン社員の現在のポジション■□
現在のポジション : ドル円ショート(売)91.26円
ロスカット価格 : 92.26円


いったれ〜!!

↓円高だと思う人は応援クリック!
元リーマン社員ブログ


ちなみにストキャスティクスはじめ各種チャートをアイネットFX見てみると、

□■アイネットFX各種テクニカルチャート■□

アイネットFX評判評価チャート100610


 ⇒ アイネットFX評判評価

直近の為替相場等をニュース(DMMFX
を使って)説明します。

□■本日のFX相場の動き■□

【Overview】
10日の欧州外国為替市場で円は買い先行後、売りに押し戻された。破たん懸念が高まっているBP株が急落し欧州株が安く始まると、リスク回避姿勢が強まるとの見方から円買いが先行した。ただ、その後の欧州株が持ち直したほか、ダウ先物の上げ幅が100ドル超となったため、円は売りに押し戻された。英・欧の金融イベントを控えて暫くもみ合いの展開となったが、いったん上昇が一服していたダウ先物が上げ幅を再度拡大すると円売りが進み下げ幅が広がった。現物のダウ工業株30種平均が200ドル超の上げ幅となると一段と円売りの勢いが増している。

【ドル・円】【ユーロ・円】
22時過ぎにドル・円は1ドル=91円48銭前後、ユーロ・円は23時過ぎに1ユーロ=110円80銭前後まで上昇した。

【ユーロ・ドル】
堅調。23時過ぎに1ユーロ=1.2134ドル前後まで上値を伸ばした。市場関係者からは「スペインの3年物国債の入札が堅調だったと受け止められたことがユーロの買い戻しを誘った」との指摘があった。欧州中央銀行(ECB)は10日に開いた定例理事会で、市場の予想通り政策金利を1.00%に据え置くことを決めたと発表。トリシェECB総裁が定例記者会見で「ユーロは非常に信頼できる通貨」と発言したことも支えとなったようだ。

資本金48億円スプレッド1位DMMFX 
 ・ツール・その他全て徹底比較はコチラ
 ・スワップ金利比較はコチラ
 ・スプレッド比較はコチラ
 ・自己資本比率等スペック比較はコチラ

↓元リーマン社員に哀愁の念を感じたら応援クリック!
元リーマン社員ブログ
DMM FX

元リーマン社員の今晩のドル円予測

おいおい。本当に今週はヨーロッパに左右されっぱなし
の世界経済。

ただ、為替市場への影響はそれほどではない。

基本的にダウや原油などが買われる時はドル買いになる
傾向があります。

ただ、景気がいい時は皆いけいけじゃんじゃんで高金利
なオーストラリアやイギリスなどの通貨が買われます。

なので、ダウがあがる時というのは世界の投資家が保有
するポートフォリオが米国に比重が高くおかれている以
上、儲けが出る事からリスクが高い金融商品にマネーが
流入しがちなのです。

まあ盟友あおのり君が語っている事もまんざらではない
でしょう。

さて、肝心の直近のドル円相場はそれほど動きがなく、
ボックス相場を形成しています。

□■現在の相場状況■□

DMMFXスプレッド20100609b


DMMFXチャート20100609b

*DMMFXの取引画面よりキャプチャ
 ⇒ DMMFX評判評価

91円50銭前後を行き来している相場です。もちろん
こんな相場では、個人投資家の動きはありません。
外為オンラインのディールスコープにて検証)。

□■外為オンラインディールスコープ個人投資家動向■□
外為オンラインディールスコープ100609b

 ⇒ 外為オンライン評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール徹底比較

個人投資家の動向
■ ドル円買い ・・・ 10,456人
■ ドル円売り ・・・ 4,673人


若干ドル円売りが増えた格好でしょうか。
そして、今後のドル円をセントラル短資ライブで
検証します。

まずは、直近の相場がテクニカル分析に適しているか
直近24時間でのテクニカルパフォーマンスランキング
を検証。

□■セントラル短資FXライブ24時間ドル円テクニカルランキング■□

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング100609b


ボリンジャーバンドだけは綺麗な損益曲線を描きつつ、
利益を出しておりますが、他のテクニカル指標は全滅。
それほどテクニカル指標に適した相場とはいえないで
しょう。

まあそうはいっても、ボリンジャーバンドでの現在の
シグナル状況をFXライブで検証すると、

□■セントラル短資FXライブ シグナルマップ■□
セントラル短資FXライブテクニカル指標シグナル100609b


ボリンジャーバンド

■ 5分足 ・・・ 買い
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 売り

売買シグナル総合判断

■ 5分足 ・・・ どちらでもない
■ 60分足 ・・・ 買い有利
■ 日足 ・・・ どちらでもない
■ 週足 ・・・ 売り有利


今日もそれほどすっきりした予測結果ではありません。
しかしこれはテクニカル分析をもとにトレード戦略を
たてる人々にはよい羅針盤ともいえるでしょう。

蛇足ですが、そのボリンジャーバンドをアイネットFXで、
各テクニカルチャートを検証すると・・・

□■アイネットFX各種テクニカルチャート■□

アイネットFX評判評価チャート100609b


 ⇒ アイネットFX評判評価

また現在の為替相場等をニュース(DMMFX
を使って)説明します。

□■本日のFX相場の動き■□

【Overview】
9日の欧州外国為替市場で円は米国時間にかけて売りが優位。英・独の株価指数や時間外のダウ先物がマイナス圏で推移し下げ幅を拡大すると、リスク許容度が高まった際に調達通貨として利用されやすい円が買い戻された。ただ、その後の欧州株やダウ先物は持ち直し上げ幅を拡大。株価の値動きに連動する形で円売りが出て値を下げている。新規の取引材料に乏しいため、短期スタンスの参加者は株価動向だけを取引の判断材料としており、株価連動の相場展開となった。

【ドル・円】【ユーロ・円】
22時過ぎにドル・円は1ドル=91円67銭前後、ユーロ・円は1ユーロ=110円28銭前後と本日高値をつけた。

【ユーロ・スイスフラン】
下げ渋り。1ユーロ=1.3735スイスフラン前後と導入来安値を更新した。ユーロ圏の財政・金融問題が長期化するとの見方や、スイス国立銀行(SNB)がこれまで行ってきたデフレ阻止目的のユーロ買い・スイスフラン売り介入の水準が引き下げられたとの観測などを受けた。「ユーロからの資金の逃避先として選好されている」との指摘が聞かれる。もっとも、ユーロドルの買いが強まっている影響で徐々に下げ幅が縮小している。

【ユーロ・ドル】
堅調。株価動向に一喜一憂する展開が続いたが、米国時間にかけてダウ先物の上げ幅が拡大すると前日高値1.2010ドル前後を上抜けた。22時過ぎに1ユーロ=1.2041ドル前後まで上昇した。

資本金48億円スプレッド1位DMMFX 
 ・ツール・その他全て徹底比較はコチラ
 ・スワップ金利比較はコチラ
 ・スプレッド比較はコチラ
 ・自己資本比率等スペック比較はコチラ

↓元リーマン社員に哀愁の念を感じたら応援クリック!
元リーマン社員ブログ
DMM FX

元リーマン社員の今夜のDMMFX、ディールスコープ、FXライブでの最新ドル円予測結果

今晩は。

今日は激しいウェイトトレーニングをしたにも関わらず
チューハイをがぶ飲みし、これからコンビニ弁当を食べ
る事から、通風が再発しないか不安です。

そんな不安はよそに相場は円高へ戻した後、少し反発し
ているといった所。

□■現在の相場状況■□

DMMFXスプレッド20100609


DMMFXチャート20100609

*DMMFXの取引画面よりキャプチャ
 ⇒ DMMFX評判評価

まぁ全体のトレンドは円高方向でしょうか。
そこで個人投資家の売買動向を外為オンライン
のディールスコープで調べると、

□■外為オンラインディールスコープ個人投資家動向■□
外為オンラインディールスコープ100609

 ⇒ 外為オンライン評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール徹底比較

個人投資家の動向
■ ドル円買い ・・・ 11,295人
■ ドル円売り ・・・ 4,033人


この円高へ戻したのはいずれドル高へ戻すと考えた個人
投資家が多いのでしょう。ドル買いが増えております。

では、セントラル短資FXライブで現在の相場がテクニカル
分析にあっているか検証し、ついで、好調なテクニカル
指標の現在の売買シグナルをチェックします。

□■セントラル短資FXライブ24時間ドル円テクニカルランキング■□

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング100609


テクニカル指標分析のパフォーマンスはよいようです。
ストキャスティクスやボリンジャーバンド、MACDあたり
が好調。

ボリンジャーバンドの詳細を見てみると、

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング100609b


直近24時間で18回のトレードの結果、66銭のプラス。
それでは、各指標の売買シグナル状況は、

□■セントラル短資FXライブ シグナルマップ■□
セントラル短資FXライブテクニカル指標シグナル100609


ボリンジャーバンド

■ 5分足 ・・・ 買い
■ 60分足 ・・・ 売り
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 売り

売買シグナル総合判断

■ 5分足 ・・・ どちらでもない
■ 60分足 ・・・ 買い有利
■ 日足 ・・・ どちらでもない
■ 週足 ・・・ 売り有利


・・・ちょっと、ボリンジャーと総合判断の結果に差が
あります。ここは様子見。ちなみにアイネットFXで、
各テクニカルチャートを検証すると・・・

□■アイネットFX各種テクニカルチャート■□

アイネットFX評判評価チャート100609


 ⇒ アイネットFX評判評価

では最後に、直近でのドル円相場の動きをDMMFX
を使って説明します。

□■本日のFX相場の動き■□

【Overview】
8日の欧州外国為替市場で円は上値限定。英・独の株価指数が下げ幅を広げたことや、時間外のダウ先物が下げに転じたことなどを受けて、投資家のリスク許容度が低下すると、豪ドルや財政問題を抱えるユーロなどに対して円を買い戻す動きが進んだ。対ポンドでは格付け会社が英国の財政状況の厳しさを指摘したことが円買いを誘った。
もっとも、英・独の株価指数の下げ幅が縮小し、ダウ先物の再びプラス圏に浮上したため、持ち高整理目的の円売りが出て上値を切り下げた。短期スタンスの売買が目立ち反対売買も早めになっているようだ。

【ドル・円】【ユーロ・円】
ドル・円は1ドル=91円23銭前後、ユーロ・円は1ユーロ=108円69銭前後と本日安値まで売られた。

【その他クロス円】
ポンド円は下落。一時1ポンド=131円31銭前後まで売られた。格付け会社フィッチが8日、「英国の財政状況は解決が困難である」との見解を示したことを受けた。ポンドドルも1ポンド=1.4373ドル前後まで下げる場面があった。

【ユーロ・ドル】
下げ渋り。ユーロ圏の財政問題が重しとなる中で、英・独の株価の下げ幅拡大やダウ先物が下げに転じたことなどを受けてリスクポジションを解消する動きが進みユーロ売り・ドル買いが出た。ポンドドルの下落や、スイス国立銀行(SNB)の為替介入スタンスが後退したとの観測が高まっていることを背景にユーロスイスフランが売られたことなども重しとなり、1ユーロ=1.1901ドル前後まで下げた。その後は、欧州株が下げ渋り、ダウ先物が持ち直したことにつれてポジション調整の買い戻しが入り下げ幅が縮まった。 

資本金48億円スプレッド1位DMMFX 
 ・ツール・その他全て徹底比較はコチラ
 ・スワップ金利比較はコチラ
 ・スプレッド比較はコチラ
 ・自己資本比率等スペック比較はコチラ

↓元リーマン社員に哀愁の念を感じたら応援クリック!
元リーマン社員ブログ
DMM FX

FXCM 評判 評価 by 元リーマン社員

FXCMは、国内FX業界取引高において3年連続1位の実績
*2005年版〜2007年版実績 出典:矢野経済研究所レポート

◆◇FXCM評判評価◇◆

FXCMの評判はなんといっても!!
自動システムトレードツール「らくちんFX」です。

色々なシステムトレードを選んで自動トレードが可能です!

元リーマンブラザーズ社員もこの機能にはとても注目して
おります!

◆◇らくちんFX◇◆

今回はドル円でパフォーマンス上位にきたシステムトレー
ド”Ribosome Robot”を検証。

FXCM 評判 評価a

FXCM 評判 評価b

FXCM 評判 評価c

FXCM 評判 評価d

上記のように、このシステムトレードは複雑なテクニカ
ル分析に基づいて月に数百回の取引を行うものとなって
おります。

◆◇FXCMスペックの評判評価◇◆

FXCM評判評価元リーマン社員
FXCM評判
初回入金額 レバレッジ 通貨ペア 資本金
500円 50倍 26通貨 10億円
スプレッド(pips)の評判評価
ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 ユーロドル
1.3 3.8 5.3 3.5 1.5
スワップ金利(買)の評判評価
ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 ユーロドル
8 3 15 96 -8
取引画面 シストレ画面 携帯画面
FXCMの取引画面の評判評価
FXCMのシステムトレード画面の評判評価
FXCMの携帯画面の評判評価

◆◇FXCMの口コミの評判評価◇◆

FXCMを使った一番の感想は世間の口コミ通り、
”注文がすべらない”。

他社で、注文が滑って入らない、約定までの時間が長い
等の不満がある有る方はFXCMで取引してみなさい!

また、ただのロスカットではなかく、相場によって、
ロスカットが変化する”トレーリングストップ”機能も
搭載。

更に、FX業者の財務状況の健全性をあらわす自己資本
比率も300%以上(規制は120%以上)と、良好です。

この際にシステムトレードを試す意味でもFXCMへ口座
開設する事を元リーマンブラザーズ社員はオススメします。

また、2010年5月末から、1000通貨の取引を開始
した事も細かな資金管理が行えたグッドである。

FXCM 評判 評価 1000通貨

DMM FX

最新のドル円予測 by FXライブ ディールスコープ

本日はちと風邪気味の元リーマン社員。いつも遊びに来る
知人に風邪をうつされた模様で、咳がとまらぬ。

・・・まあ通風の症状に比べたら痛みなぞないに等しい。

管総理のおかげか、ドル高円安である。
今日はフォレックストレードで取引業者として、スプレッド
画面やチャートを挙げていこう。

さすがに屈強な金も下げている所を見ると、投資マネー
の安全圏への回避が上げられると思いますが、円安です。

□■現在の相場状況■□

フォレックストレードスプレッド20100607


フォレックストレードチャート20100607


フォレックストレードアレグロチャート20100607


フォレックストレードの取引画面よりキャプチャ
 ⇒ フォレックストレード評判評価

直近でドル高がガシガシ進んでおりますが、外為オンライン
の個人投資家の動きはどうでしょうか(ディールスコープ
にて調査)

□■外為オンラインディールスコープ個人投資家動向■□
外為オンラインディールスコープ100607

 ⇒ 外為オンライン評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール徹底比較

個人投資家の動向
■ ドル円買い ・・・ 10,139人(前回計測時+931)
■ ドル円売り ・・・ 4,936人(前回計測時−1257)


とこの円安ドル高で更にドル高になると思った人と円高
になると思ってドル売りした人がロスカットを喰らった
結果、ドル買いの人が増えてドル売りの人が急減したと
いえるでしょう。

そして、このような個人投資家のアテが外れた時こそ、
FX業者のテクニカル分析結果が気になる所。今夜も
最新のセントラル短資FXライブでの今後のドル円予測
結果を検証していきましょう!!

□■セントラル短資FXライブ24時間ドル円テクニカルランキング■□

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング100607


DMIが1位です。1回の取引で+76銭の結果。
ただ、ボリンジャーバンドでは直近の相場には相性が
悪かったのか15回の取引の結果−56銭の損という
結果になっております。

では、同じくFXライブで現在好調のDMIのシグナル
状況を大公開します。

□■セントラル短資FXライブ シグナルマップ■□
セントラル短資FXライブテクニカル指標シグナル100607


DMI

■ 5分足 ・・・ 買い
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 売り
■ 週足 ・・・ 売り

売買シグナル総合判断

■ 5分足 ・・・ 売り有利
■ 60分足 ・・・ 買い有利
■ 日足 ・・・ どちらでもない
■ 週足 ・・・ 売り有利


ちなみにDMI以外のチャート画面をアイネットFXで
検証すると、

□■アイネットFX各種テクニカルチャート■□

アイネットFX評判評価チャート100607


 ⇒ アイネットFX評判評価

では最後に、直近でのドル円相場の動きをDMMFX
を使って説明します。

□■本日のFX相場の動き■□

【Overview】
7日午後のアジア・オセアニア外国為替市場で円は伸び悩み。午前中に急ピッチで円高が進んだ反動で持ち高調整の円売りが出たほか、時間外のダウ先物が下げ幅を縮小したことを背景に円売りが出た。市場関係者からは「ロンドン8時(日本時間16時)に向けた投信絡みのフローが出たのでは」との声が聞かれた。もっとも、円売りは持ち高調整の域を出ず、ダウ先物の買い戻しが一服すると円売り圧力も後退した。その後は、新規の取引材料に乏しいこともあって、値動きが細っている。

【ドル・円】【ユーロ・円】
ドル・円は午前中に一時1ドル=90円97銭前後まで下げた後は、ショートカバーで91円63銭前後まで値を戻した。市場関係者からは「200日移動平均が位置する90円94銭前後が下値の目処として意識されている」との声が聞かれた。ユーロ・円も午前中に一時2001年11月22日以来の安値となる1ユーロ=108円06銭前後まで急落した反動で、109円台半ばまで値を戻した。

【ユーロ・ドル】
下げ渋り。午前中に一時2006年3月10日以来の安値となる1ユーロ=1.1876ドル前後まで値を下げた後は、ショートカバーで1.19ドル台半ばまで値を戻した。ただ、上値では欧州の財政・金融への不安を背景にした売りが厚く、戻りは鈍かった。

ユーロドルはもみ合い。10時時点では1.2169−74ドルとニューヨーク市場の終値(1.2161ドル)と比べて0.0008ドル程度のユーロ高水準で推移した。日本株高やユーロ円の買いを支えに、1.2183ドルまで上げる場面があった。

資本金48億円スプレッド1位DMMFX 
 ・ツール・その他全て徹底比較はコチラ
 ・スワップ金利比較はコチラ
 ・スプレッド比較はコチラ
 ・自己資本比率等スペック比較はコチラ

↓元リーマン社員に哀愁の念を感じたら応援クリック!
元リーマン社員ブログ
DMM FX

フォレックストレード 評判 評価 by 元リーマン

フォレックストレード 評判 評価 by 元リーマン社員
フォレックストレード評判評価

元リーマン社員も思わずゾッコンになり人生を変えさせら
れたフォレックストレードがなんと木下優樹菜をイメージ
ガールに起用しました!

Wikiによると東京の下町で生まれ育ち、江戸っ子気質
な木下優樹菜。小倉優子よりFXのイメージに会っている
と思うのは元リーマン社員だけでしょうか?

□■フォレックストレードの評判まとめ■□

フォレックストレードはスワップ金利比較で一位。

FX業者スワップ金利比較 *2010年5月更新
FX業者名 ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZ円 ランド円 合計
フォレックス・トレード 6 6 14 99 46 230 401
外為オンライン 6 5 14 98 45 220 388
アイネットFX 6 5 14 98 45 220 388

 ⇒ FX業者スワップ金利比較

また、固定スプレッドFX業者ランキングでも銅メダル。

 FX業者スプレッド徹底比較
 順位  業者名  ドル円
No.1
 みんなのFX

0.7銭固定

No.1
 フォレックストレード

0.8銭固定



FX業界でも固定スプレッドでは業界最高峰に君臨します。
また、フォレックストレードはこの固定スプレッド業界に
最初に、固定でスプレッド1銭以下の風穴をぶち開けた
パイオニアといえるでしょう。

フォレックストレード評判評価

また、アレグロチャートという、為替と原油やダウ、金、
日経平均等の他の指標と一緒に比較できるチャート機能も
装備しております。

□■フォレックストレードの評判のアレグロチャート■□

フォレックストレードアレグロチャート評判評価

また、FX業者という今最も競争激化の業界だけに出
血大サービスキャンペーン。もし1000万預けたら
10万円プレゼント!

□■フォレックストレードのキャンペーン■□

フォレックストレード評判評価b

また、iphone専用アプリを使うと更に3000円!!

フォレックストレード評判評価c

□■フォレックストレードのスペック■□

フォレックストレード評判評価
フォレックス・トレード評判評価
初回入金額 レバレッジ 通貨ペア 資本金
0円 400倍 14通貨 7億2千万円
固定スプレッドの評判評価
ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 ユーロドル
0.8 1.8 2.8 2.0- 2.0-
スワップ金利(買)の評判評価
ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 ユーロドル
8 3 11 94 2

□■フォレックストレードの取引画面■□

フォレックストレードアレグロチャート評判評価取引画面

□■フォレックストレードのチャート■□

フォレックストレードアレグロチャート評判評価チャート画面

フォレックストレードは元リーマン社員が固定スプレッ
ド派にオススメする最有力FX業者です!

フォレックストレード評判評価e

DMM FX

お昼の元リーマン社員のドル円予測結果 by FXライブ & ディールスコープ

昨晩は前の会社の同僚連中と飲んでいたところ、
通風っぽくなってきて、急遽、彼女に痛み止めを
持ってきてもらう為に早々と退散。

ビールは飲みすぎると如何ですなぁ・・・

しかし、元同僚が1から会社を立ち上げて部下20人
まで成長しているとは・・・

なんとも、頑張らなければいけない世代になってまい
りました。人生ゲームならば中盤も真ん中を過ぎた
あたりです。

・・日本の政治があわただしくなってきましたね。
どうやら、管さんが首相になる模様です。
管さんは円安へ誘導するといった思惑が強く、円が売られて
ますね。

□■現在の相場状況■□

DMMFXスプレッド20100604


DMMFXチャート20100604

DMMFXの取引画面よりキャプチャ
 ⇒ DMMFX評判評価

ちょっと前までは、民主も自民も駄目で、遂に第三勢力か?
と思われました。三国志の時代ではないですが、昔から
アジアは3本の足によって支えられる事で安定する民族
なんだといった知人もおりました。

そんな世相だからこそ、為替が急激に動く可能性があり
その時にレバレッジ最大で勝負していたらかなりの利益
となります。

個人投資家はジョジョにドル円買いポジションを利食い
している様子(外為オンラインディールスコープ調べ)。

□■外為オンラインディールスコープ個人投資家動向■□
外為オンラインディールスコープ100604

 ⇒ 外為オンライン評判
 ⇒ ディールスコープとは
 ⇒ FX業者ツール徹底比較

個人投資家の動向
■ ドル円買い ・・・ 9,208人
■ ドル円売り ・・・ 6,193人


ドル円を売っている人がジョジョに増えてきているのが
気にかかる所。

そんな中直近24時間でのテクニカル指標のパフォーマ
ンスランキングを確認することで、直近の為替相場がテ
クニカル分析に基づいたトレードに適しているか判断し
ていきます(セントラル短資のFXライブにて検証)。

□■セントラル短資FXライブ24時間ドル円テクニカルランキング■□

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング100604


ぱっとみストキャスティクスとDMIは使えそうな感じ
です。ただ、RSI等は大損こいているので、そこまで
現在の相場がテクニカル指標に適した相場とはいえない
でしょう。

では、週末なので、今週1週間でのパフォーマンス
ランキングを見てみると・・・

□■セントラル短資FXライブ1週間ドル円テクニカルランキング■□

セントラル短資FXライブテクニカル指標ランキング100604b


移動平均のみプラスで、今週はテクニカル分析はあまり
向いていない相場だったといえるでしょう。

そんな中、各テクニカル指標の売買シグナルの状況は、
セントラル短資のFXライブにて検証)

□■セントラル短資FXライブ シグナルマップ■□
セントラル短資FXライブテクニカル指標シグナル100604


移動平均

■ 5分足 ・・・ 買い
■ 60分足 ・・・ 買い
■ 日足 ・・・ 買い
■ 週足 ・・・ 買い

売買シグナル総合判断

■ 5分足 ・・・ 売りやや有利
■ 60分足 ・・・ 買い有利
■ 日足 ・・・ どちらでもない
■ 週足 ・・・ 買い有利


各テクニカル分析チャートをアイネットFXで
見ていきます。

□■アイネットFX各種テクニカルチャート■□

アイネットFX評判評価チャート100604


 ⇒ アイネットFX評判評価

では最後に、直近でのドル円相場の動きをDMMFX
を使って説明します。

□■本日のFX相場の動き■□

【Overview】

4日午前の東京外国為替市場でドル円は上値が重い。10時時点では92.73−78円とニューヨーク市場の終値(92.69円)と比べて4銭程度のドル高水準となった。日本株が小幅ながら上昇していることを受けて円売りが出たほか、仲値決済に向けた円売り・ドル買いも出て値を上げた。10時過ぎに前日高値92.81円を上抜けて92.85円と5月18日以来の高値をつけた。もっとも、引き続き国内輸出企業からの売りが厚く、上昇の勢いがそがれている。

ユーロ円も小高い。10時時点では112.84−89円とニューヨーク市場の終値(112.73円)と比べて11銭程度のユーロ高水準だった。日本株高を受けた買いが円売り・ユーロ買いが入り10時過ぎに113.08円まで上昇した。

ユーロドルはもみ合い。10時時点では1.2169−74ドルとニューヨーク市場の終値(1.2161ドル)と比べて0.0008ドル程度のユーロ高水準で推移した。日本株高やユーロ円の買いを支えに、1.2183ドルまで上げる場面があった。

資本金48億円スプ/スワップ1位DMMFX1万円キャッシュバック 
 ・ツール・その他全て徹底比較はコチラ
 ・スワップ金利比較はコチラ
 ・スプレッド比較はコチラ
 ・自己資本比率等スペック比較はコチラ

↓元リーマン社員に哀愁の念を感じたら応援クリック!
元リーマン社員ブログ
 東大式FX攻略法

みんなのFX

元リーマン社員限定タイアップ企画
FXプライムbyGMO「選べるミラートレーダー」

FXプライム[直トレFX]

アイネットFX
元LB社員が取引に使うFX業者
SBIFXTRADE評判  ドル円0.27銭SBIFXトレード
豪ドル円0.99/ユロ円0.69/ポン円1.19
1$から取引可/スプレッド4桁表示
住信SBIネット銀行50%出資のSBIG

GMOクリック証券FX評判  株も売買可GMOクリック証券
米ドル/円0.3銭原則固定
YAHOO出資企業/資産2000億円
8万人使用iClickFXNEO/FXroid
最新キャッシュバック特集
カテゴリー別の記事
livedoor プロフィール
免責事項
当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び私に関係する全ての方は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。

外為どっとコム
DMM FXは初心者向け
ドル円予想に使うFXツール
FXツール FXプライム byGMOのぱっと見テクニカル

過去12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想する機能
ぱっと見テクニカルツールa
⇒ ぱっと見テクニカルの評判評価
ドル円スプレッド比較
原則固定
(例外あり)
FX業者名
0.3銭  外為どっとコム
0.3銭 GMOクリック証券評判 GMOクリック証券
0.3銭 YJFX評判 YJFX!
0.3銭原則固定 DMMFX評判 DMMFX
0.4銭 みんなのFX評判 みんなのFX
0.6銭原則固定 FXプライム評判 FXプライム byGMO
0.7-1.0銭 アイネットFX評判 アイネット証券
0.9銭 ライブスター証券
株もFXも GMOクリック評判 GMOクリック証券
カブドットコム評判 カブドットコム証券

元リーマン社員がメディア掲載
元リーマンブラザーズ社員が取材①元リーマンブラザーズ社員が取材②
雑誌「BIG TOMORROW」5月号で取材受けて記事になりました。
⇒ 現在4.5万人超フォロワー!
元気の源!為替ブログランキング
皆様のクリックが・・・
元リーマン社員を救います!!


人気ブログランキング
最高、17位でファイト!

為替ブログ村
為替日記は、最高8位!
  • ライブドアブログ