元リーマン社員がFXツールでドル円予想

リーマンブラザーズに勤務した経験からビリオネアになる最短の方法はトレードしかないと確信し、トレードの中でも。最も少額で始められて、かつ、最もレバレッジが高くできるFXで財を成す事を決意しました。現在、ドル円をFXツールを駆使して予想し、その結果から売買するシステムトレードちっくな手法で売買を行い、まずは、ミリオネアへの道を目指しております。FXツールはFXプライム byGMOのぱっと見テクニカルを使っております。

 
 売買レート・チャート・リアルタイム売買比率表示ツールはみんなのFXより
0.3銭原則固定(例外あり)  外為どっとコム
0.3銭原則固定  GMOクリック証券
 FXトレーディングS
 YJFX!
 DMMFX
0.6銭原則固定  FXプライム byGMO
0.9銭原則固定  ライブスター証券
0.7〜1銭  アイネット証券
オススメ  ひまわり証券

2007年06月

DMM FX

少し円高気味な相場ですかな

123円10銭あたりまで円高にもどっていますねぇ。

せっかくプラスマイナス0あたりまで損益をもどしたのに…

なかなかトレードは難しいものです。チャート的には121円と124円のBox相場でしょうか。

124円を再び越えてくるようならドルロングポジションを追加です。
DMM FX

久しぶりの電車

今の住居は会社から徒歩3分。

実家に戻る為に久しぶりに電車に乗っています。

さすが週末。ものすごい人込みに圧倒されそうです。
モルディブで一杯のみたいものです。

たまに人は何故必死に生きなくてはいけないのか考え込んでしまう事が多々あります。
DMM FX

これから発表予定の経済指標

123円33銭と、朝方の流れで引き続き円安方向にむかっています。

日足でみても、5分足でみても、上昇トレンドだと思います。

実際、122円台までいっていた円高も、影を潜めて123円台ですから。

[今日の経済指標]

15:00 [独] 5月小売売上高指数
17:30 [英] 5月消費者信用残高
17:30 [英] 5月モーゲージ承認件数
17:30 [英] 第1四半期GDP
17:30 [英] 第1四半期経常収支
18:00 [欧] 6月消費者信頼感
18:00 [欧] 6月鉱工業信頼感
18:00 [欧] 6月業況判断指数
18:00 [欧] 6月消費者物価指数速報
18:00 [欧] 6月サービス信頼感
18:00 [欧] 6月経済信頼感
18:30 [英] 6月GFK消費者信頼感調査
21:30 [米] 5月個人所得
21:30 [米] 5月個人支出
21:30 [米] 5月PCEデフレータ
21:30 [米] 5月PCEコア・デフレータ
22:45 [米] 6月シカゴ購買部協会景気指数
23:00 [米] 5月建設支出
23:00 [米] 6月ミシガン大消費者信頼感指数

なお、日本においては、午前中から2時までにかけて、多数の経済指標が発表されました。

・  5月失業率 3.8%
・  5月有効求人倍率 1.06
・  5月全世帯家計調査-消費支出 [前年比] +0.4%
・  6月東京都区部消費者物価指数 [前年比]-0.2%
・  5月全国消費者物価指数 [前年比] +-0%
・  5月全国消費者物価指数 [前年比:除生鮮] -0.1%

やはり、それほど、日本の経済は強そうでもない結果です。トヨタとかは好調なんですけどねぇ。

これなら、しばらくは円高へはいかない安心感があります。

なので、ドルロングポジション続行です。

6月20日 123.37 ドル4枚の買い ± 0 円
6月20日 123.34 ドル1枚の買い + 300 円

損益がプラスへ戻ってきました!!
DMM FX

円安ドル高の流れになるのか

日本のCPIが発表されましたが、予想通りの結果となり、先行指標の方は、予想に反して前年同月比マイナスです。

まぁ、これを受けて円が少し弱いですね。

もちろん、ドルロングポジション保持者の私にとっては、そう悪くはない話です。

やはり、日足でみるとまだまだ、ドル高のトレンドに変わるはないのではないでしょうか。

週末になりますが、まだ、ポジション続行です。

6月20日 123.37 ドル4枚の買い -6,000円
6月20日 123.34 ドル1枚の買い -1,200円

124円を抜けて、130円くらいまでいく事は・・・

さすがに、ないでしょうねぇ。121円あたりの下値抵抗線を割ってきたら、円高へのトレンドへ転換する!?
DMM FX

ジメジメした梅雨とドル

おはようございます!

なんか転職したら少しだけ鬱が改善したような…

ドルがまた買われていますね。123円付近のレベルからどちらへぬけるのか。

チャート的にはまだまだドル高にいきそうですから気合いのポジション続行です。
DMM FX

円安路線復活 退場はないよ

何気に、昨晩の122円20銭あたりまで進んだ、円高路線には、ドルロングポジションを持っている私には肝っ玉を冷やす思いでした。

今日は、一時123円40銭あたりまで戻した後に、123円08銭です。

現在のPLは、

6月20日 123.37 ドル4枚の買い -11,600円
6月20日 123.34 ドル1枚の買い -2,600円

となっております。

日足で見ると、以前円安トレンドだと思います。

121円50銭を超えて円高にいけば、ポジションを半分にしようと思います。

まぁ、後付みたいなもですが、ファンダメンタル的には、サブプライムローンの焦げ付きへの恐怖感が米国株、日本株が反転した事から、安心感が広がり、円キャリートレードが促進された・・・

そんな感じでの円高から、円安へのショートタームでの転換の要因でしょうか。
DMM FX

円高⇒反発で少し円安

転職してドタバタしているこの数日間の間に、2円近くも円高に振れて、1時は122円80銭をこえるあたりまで円安が進みました。

いや〜、元々はプラスだったポジションが血生臭い含み損が発生して少しブルーですが…

今は反発して円安に少し戻しました。

しかし、これほど株式市場とドル円為替が相関性をもつようになったのは、日本の金利が歴史上最も低いからでしょう。

しかし、参院選に向けて金利があがる可能性が強く年末にかけては円高でしょうかな。
DMM FX

今週発表予定の経済指標

は、下記のようになります。

月末に、米国の重要指標が相次いで発表されます。また、本日に住宅関連指標も発表されます。

内容次第では、為替動きでそうね。

6月25(月)

(米) 中古住宅販売件数(5月)
(MX) 貿易収支(5月P)

6月26日(火)

(欧) ユーロ圏経常収支(4月)
(香) 貿易収支(5月)
(米) 新築住宅販売件数(5月)
(米) 消費者信頼感指数(6月)
(米) リッチモンド連銀製造業指数(6月)10

6月27日(水)

(NZ) 貿易収支(5月)
(PD) ポーランド基準金利発表
(米) 耐久財受注(5月)

6月28日(木)

(日) 鉱工業生産(5月P)
(NZ) 経常収支(1Q)3.929B
(NZ) 住宅建設許可(5月)
(独) 失業率(6月)
(加) 鉱工業製品価格(5月)
(米) 新規失業保険申請件数
(米) 実質GDP(1QF)
(米) FOMC政策金利発表5.25%
(仏) 失業率(5月)

6月29日(金)

(日) 有効求人倍率(5月)
(日) 全国消費者物価指数(5月)
(NZ) 実質GDP(1Q)0.80%
(仏) 実質GDP(1QF)
(仏) 生産者物価指数(5月)
(英) GDP(1QF)
(英) 経常収支(1Q)£12.7B
(欧) ユーロ圏消費者物価指数(6月)
(南ア) 貿易収支(5月)
(米) 個人所得(5月)
(加) GDP(4月)
(米) シカゴ購買部協会景気指数(6月)
(米) 建設支出(5月)
(米) ミシガン大学消費者信頼感指数(6月F)
DMM FX

今日から新しい職場

明日は、誕生日。ある意味、人生の区切りに転職をする・・・

非常に感慨深いものがあります。

以前の職場よりも、30分程度、出社が早く、Blogの更新も会社に行く前にしようと。

心に決めたのですが、今度の仕事は結構ハードそう。

システムトレードのツールを友人が購入、使用しているらしいですが、かなり運用成績がよいとの事。

私も、システムトレードに少し、興味があったりします。

現在のドル円為替は、123.86円。

ポジションは相変わらず、円ショート。

6月20日 123.37 ドル4枚の買い +18,800円
6月20日 123.34 ドル1枚の買い +5,000円

ひとつ気になるとしたら、国際決済銀行の年次レポートで円が急激に買われ、キャリートレードをしている多くの投資家が大損をこくと。

ある意味、グリーンスパンの予言する、中国発バブル崩壊のシナリオに近いです。

LTCMが破綻した90年代の通貨危機等がよい例でしょうね。

ただ、そうはいっても、中国北京オリンピックが開催される直前くらいまでは平気なのではと思っているので、ポジションはもちろん続行です。
DMM FX

日曜日に梅雨っぽい天気です

明日から、新しい会社です。

そこはかとない不安と、期待が入り混じった淡い気持ちです。

本音を言えば、快晴で迎えたかったです。

ドル円為替は、123円の後半です。現在のポジションは・・・

6月20日 123.37 ドル4枚の買い +16,800円
6月20日 123.34 ドル1枚の買い +4,500円
 東大式FX攻略法

みんなのFX

元リーマン社員限定タイアップ企画

FXプライム[直トレFX]

アイネットFX
元LB社員が取引に使うFX業者
SBIFXTRADE評判  ドル円0.27銭SBIFXトレード
豪ドル円0.99/ユロ円0.69/ポン円1.19
1$から取引可/スプレッド4桁表示
住信SBIネット銀行50%出資のSBIG

GMOクリック証券FX評判  株も売買可GMOクリック証券
米ドル/円0.3銭原則固定
YAHOO出資企業/資産2000億円
8万人使用iClickFXNEO/FXroid
最新キャッシュバック特集
カテゴリー別の記事
livedoor プロフィール
免責事項
当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び私に関係する全ての方は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。

外為どっとコム
DMM FXは初心者向け
ドル円予想に使うFXツール
FXツール FXプライム byGMOのぱっと見テクニカル

過去12年分のローソク足3000本から同じ値動きをしたチャートを表示し予想する機能
ぱっと見テクニカルツールa
⇒ ぱっと見テクニカルの評判評価
ドル円スプレッド比較
原則固定
(例外あり)
FX業者名
0.3銭  外為どっとコム
0.3銭 GMOクリック証券評判 GMOクリック証券
0.3銭 YJFX評判 YJFX!
0.3銭原則固定 DMMFX評判 DMMFX
0.4銭 みんなのFX評判 みんなのFX
0.6銭原則固定 FXプライム評判 FXプライム byGMO
0.7-1.0銭 アイネットFX評判 アイネット証券
0.9銭 ライブスター証券
株もFXも GMOクリック評判 GMOクリック証券
カブドットコム評判 カブドットコム証券

元リーマン社員がメディア掲載
元リーマンブラザーズ社員が取材①元リーマンブラザーズ社員が取材②
雑誌「BIG TOMORROW」5月号で取材受けて記事になりました。
⇒ 現在4.5万人超フォロワー!
元気の源!為替ブログランキング
皆様のクリックが・・・
元リーマン社員を救います!!


人気ブログランキング
最高、17位でファイト!

為替ブログ村
為替日記は、最高8位!
くりっく365のFX業者比較
  • ライブドアブログ